株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[9619]イチネンHD

[2398]ツクイHD 
[1部]業種:サービス業
終値785円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

神奈川地盤の高齢者介護サービス大手。在宅介護主力に全国展開。老人ホームも。 本日大幅ギャップアップスタートからストップ高の一本値で昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、投資ファンドMBKパートナーズ系のMBKP Lifeが完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表しています。TOB価格は924円としており、買い付け期間は9日から3月24日まで。TOB成立後は上場廃止となり、会社側ではTOBに賛同の意を表明しています。明日も株価はTOB価格にサヤ寄せする格好での上昇が見込まれ、一巡後は安定する筈です。



[6707]サンケン電気 
[1部]業種:電気機器
終値5,150円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

パワー半導体が主力。通信・民生用電源を展開。自動車と家電向けを拡大。 本日寄り前から大量の買いものを集めストップ高の一本値で急反発しました。同社は昨日引け後に、旧村上ファンド出身者が設立した投資ファンド、エフィッシモ・キャピタル・マネージメントが、同社に対してTOBを実施すると発表しています。TOB価格は5,205円に設定されており、買い付け期間は2月9日から3月24日まで。株価は明日には完全合致が見込まれ、TOB価格を意識した小動きが始まります。



[6366]千代田化工建設 
[2部]業種:建設業
終値482円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

三菱系の総合エンジニアリング大手。LNGプラント世界首位級。米LNGプロジェクト合意。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。今朝の日経新聞では、同社はカタールの国営石油会社からLNG(液化天然ガス)プラントの設計、調達、建設業務を受注すると報じられており、受注額は1兆数千億円と見られ、日本企業が受注したLNGプラントで最大級になるとのことです。2025〜27年の完成を目指すとのことで今朝正式に発表しています。仏企業との共同受注ながら受注額が1兆数千億という規模だけに、業績へのインパクトは大きくなるとの期待に繋がっているようです。この材料で同社株はどこまで見直されるか明日以降の動向が注目されます。なお、[6330]東洋エンジニアリングも刺激を受けて買われています。



[1787]ナカボーテック 
[JQ]業種:建設業
終値5,100円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

防食防さび専業エンジニアリングで業界トップ。診断から補修まで。RCなど育成。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第3四半期累計の経常損益は5.8億円の黒字に浮上。併せて通期の同利益を従来予想の6.7億円から11億円へと64.2%上方修正し、期末一括配当を従来計画の130円から220円に大幅増額修正、株主還元の拡充などを好感する買いが向かいました。ただ、流動性の乏しい銘柄のため、注意が必要です。



[4927]ポーラ・オルビスHD 
[1部]業種:化学
終値2,427円/前日比+257円
▼クリックで株探ページ▼

化粧品大手。ポーラとオルビスが2大ブランド。ポーラはエステ併設店展開。医薬品も。 本日大幅上昇です。同社は昨日引け後に前期業績の大幅な上方修正を発表。市場コンセンサスも大きく上回っています。既に終わった期ながら足元は想定以上に回復してきていることが示されたと言え、今期への期待が一段と強まった様子です。今期は新型コロナウイルスによる悪影響も軽減することから、大幅増収増益になるとの見方が多い様子です。同社は12日に本決算発表を予定しており、今期業績予想でどのような数字を出してくるのか注目されます。なお、今期である2021年12月期連結営業利益のコンセンサスは200億円程度となっています。保守的に出してくる恐れもありそうだとの声も聞かれました。



[5698]エンビプロHD 
[1部]業種:鉄鋼
終値763円/前日比+71円
▼クリックで株探ページ▼

資源リサイクル大手。金属スクラップを収集、加工、販売。高品位に強み。プラごみも。 本日大きな窓を空けて続急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2021年6月期連結業績予想について発表。売上高を288億6,000万円から前期比5.4%増の357億円へ、営業利益を5億1,000万円から同26.5%増の10億円へ、純利益を4億1,000万円から同44.5%増の8億7,000万円へ上方修正し、営業減益予想から一転して増益予想としました。更に、期末一括配当予想を10円から15円へ引き上げています。本日の株価は高寄り後押し戻されて終えており、明日は先ず早期に落ち着き処を見出したい処です。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値2,006円/前日比-399円
▼クリックで株探ページ▼

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日大幅安です。後場終盤に突如売り込まれる動きになっています。同社は14時38分にエディネットで有価証券届出書を出しており、それによれば第46〜48回の新株予約権を発行するとのことです。全て行使された際の希薄化は9.75%ということから、これが嫌気されて売り込まれた格好です。大引けに掛けて売り込まれて、希薄化以上となる16%超の下落で引けています。引け後に同社は適時開示で正式発表しており、明日改めて売られるのか注目です。既に本日の下落で織り込まれた面もありますが、やはり引け後に適時開示で新たに知る投資家も多いだけに、それなりの嫌気売りは明日も出てくるとの見方が多いようです。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値12,740円/前日比+750円
▼クリックで株探ページ▼

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日大幅上昇です。特に材料は見当たりませんが、同社株は足元でジリジリと下値を切り上げてきており、本日は後場に入ってから一段高となっています。同社は明日本決算発表を予定しており、期待する買いが足元で入ってきているのではとの見方です。同社は2020年12月期業績予想をレンジで示していますが、既に利益面は3Q時点で通期予想のレンジ上限を大幅に超過しています。また、今期である2021年12月期も大幅増収増益という期待も強いだけに期待する向きも多いようです。ただ、今期見通しは開示するか不透明であり、開示するとしてもレンジでの開示になるとの見方が多いようです。また、前期業績に関しては4Q期間である10-12月期は大型プロモーションなどにより販売費および一般管理費が大きく増加すると明らかにしているだけに、過度な期待は危険との声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9619]イチネンHD
終値1,360円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績・配当修正を発表。2019年3月期第2四半期累計の連結最終利益予想を従来の19.8億円から32.8億円に65.7%上方修正し、増益率は2.9%増から70.5%増に急拡大しました。2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しです。また、上期業績の好調に伴い通期の連結最終利益予想も従来の38.6億円から51.6億円に33.7%上方修正。更に、今期の上期配当を従来計画の18円から20円に増額し、下期配当も従来計画の18円から20円に増額修正しました。年間配当は40円となります。




[1979]大気社
終値3,590円/前日比+30円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は10日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は3,260円から3,700円に引き上げています。同証券では業績予想を上方修正、併せて目標株価を引き上げるとしています。良好な国内製造業設備投資を受けて国内産業空調が従来想定よりも順調に推移すると見込んでいます。2019年3月期上期の連結営業利益は55億円と会社側計画41億円を上回り、上方修正の可能性があると見ているとのことです。一方で、塗装システム受注は伸び悩んでおり、下半期以降はカタリストに乏しいと評価しています。




[6758]ソニー 
終値6,335円/前日比+90円
Yahooの株価リンクはこちら 

クレディスイス証券は11日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を6,000円から8,500円にそれぞれ引き上げています。2019年3月期第1四半期決算、業界動向を踏まえ業績予想を上方修正、バリュエーション手法を見直し、投資判断と目標株価を引き上げるとしています。好調な決算発表を受けて株価は既に上昇しているものの、第2四半期も好調な決算が期待出来ること、2020年3月期に向けてもCISを中心に利益成長が期待出来ることなどから、強い株価モメンタムが継続すると予想しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3923]ラクス
終値2,286円/前日比+205円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は4日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は2,300円から2,630円に引き上げています。同社は中小企業においても業務効率の改善に役立つクラウドサービスの利用が加速し、中期的に高い利益成長を予想する見方に変更は無いとコメント。また、DCF法による目標株価算出手法にも変更は無く、業績予想の上方修正に伴い目標株価を引き上げるとしています。




[9619]イチネンHD
終値1,343円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は4日付で、投資判断「A」、目標株価1,900円でカバレッジを開始しています。 同社は自動車リース、メンテナンス受託、燃料販売からなる自動車リース関連が主軸ですが、農業にも参入するなど、事業領域に囚われない規模拡大を目指しているとコメント。M&Aも活用しながら手堅く事業領域を拡大していくやり方は、これからも同社の安定成長に寄与していくと予想しています。




[3421]稲葉製作所
終値1,291円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年7月期の連結経常利益予想を従来の2.5億円から6.6億円に2.7倍上方修正し、減益率は71.9%減から24.7%減に縮小する見通しとなりました。個人消費の回復を受け、年度後半の鋼製物置販売が堅調であったことに加え、製品価格改定前の駆込み需要もあり、鋼製物置事業の売上高は計画を上回る見込みであるとしています。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ