株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[9145]ビーイングHD

[1945]東京エネシス 
[1部]業種:建設業
終値1,052円/前日比+149円
▼クリックで株探ページ▼

発電所の関連設備エンジニアリング。東電関連が中心。再生可能エネ機器設備も。 買い気配スタート後も上値追いが続き昨年来高値を更新し、一時ストップ高まで買われています。同社は太陽光発電システムの設置で、地盤調査にはじまり部材の調達、施工、メンテナンスに至るまで一貫して手掛けるEPC(設計・調達・建設)事業者としての実力を発揮しており、脱炭素関連をテーマに投資資金の攻勢が加速した格好です。株価は一気に1,000円大台に乗せてきており、目先は2019年10月高値1,066円レベルがポイントになるでしょう。



[5724]アサカ理研 
[JQ]業種:非鉄金属
終値4,005円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

電子部品等からの貴金属回収・精錬。独自技術に強み。環境事業に注力。 本日ストップ高まで買われました。先週末の日経新聞では、中国政府は15日にレアアースの統制を強化すると発表したと報じています。これまでは生産分野を管理してきましたが、輸出を含めたサプライチェーン全体に統制の対象を広げるとのことです。同社株は以前、中国によるレアアースの対米輸出規制懸念から派手に買われた経緯があり、今回も思惑的に買われています。同様に[3036]アルコニックスも関連株として大きく買われています。また、同社は先週末にリチウムイオン電池再生事業に係る量産プラント導入に際して工場を増設すると発表したことも好感されています。



[4058]トヨクモ 
[M]業種:情報・通信業
終値2,666円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

安否確認サービスなど法人向けクラウドサービス事業を手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末15日引け後に業績修正を発表。2020年12月期の経常利益を従来予想の1.8億円から2.3億円に27.2%上方修正しました。既存サービスがパンデミックなど非常時の連絡手段や情報共有ツールとしての認知が拡大したことが要因になっています。株価は昨年11月以降、安値圏での推移を強いられていたこともあって割安感も強く、ここからの新たなトレンド形成が期待されます。



[9625]セレスポ 
[JQ]業種:サービス業
終値583円/前日比-64円
▼クリックで株探ページ▼

イベントの企画・運営。建設式典・スポーツイベントに強み。企業の販促支援等も。 本日大幅安です。先週末、NYタイムズが今夏に予定されている東京五輪について、新型コロナウイルスの影響で開催見通しが日々厳しさを増しており、第2次大戦後初の五輪開催中止に追い込まれる可能性があると報じています。日本や欧米での新型コロナウイルス感染拡大が続き、国際オリンピック委員会らの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたとのことです。これが嫌気され、同社株などオリンピック関連株が売られています。同社株はオリンピック関連としての市場の位置付けが強く、オリンピック開催期待から仕込んでいた個人投資家も多かった模様です。同様に[4324]電通グループなども安くなっています。



[1934]ユアテック 
[1部]業種:建設業
終値943円/前日比+89円
▼クリックで株探ページ▼

東北電力系総合電気工事会社で依存度4割。風力・太陽光発電で実績。 本日窓を空けて急反発し、昨年来高値を更新しています。同社は洋上風力発電事業に経営資源を投下し、秋田県など日本海側を中心に大手商社やゼネコンとジョイントする形でプロジェクトに取り組んでおり、政府が「グリーン成長戦略」で洋上風力発電に国策的支援を強めるなか、追い風が意識されているようです。また、同社は年20円配当を続けているにも関わらず株価は依然PBR0.5倍台にあり、上値余地は残されていそうです。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値10,790円/前日比+870円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅反発です。またしても大台1万円割れ水準で反発した格好となりました。その水準には200日移動平均線が走っており、先週末には終値でそれを久々に割り込んでいました。本日はJPモルガン証券が強気なレポートを出しており、それが見直し買いに繋がっているとの見方です。同証券は、クラウドサインは今後期待されている政府機関への導入本格化を契機に、ティッピングポイントを迎える可能性があると見ているようで、利食いは尚早だと指摘しています。投資判断は「強気」を継続し、目標株価を従来の12,000円から16,000円まで大きく引き上げています。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[9145]ビーイングHD 
[2部]業種:陸運業
終値1,514円/前日比+131円
▼クリックで株探ページ▼

生活物資に特化した物流事業や物流コンルティング、旅客事業などを展開する。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しました。同社は先週末15日引け後に、2020年12月期通期業績を大幅に上方修正しました。営業利益予想は従来の5億2,000万円から前期比39.1%増の7億5,100万円と減益見通しから一転、4割近い増益となる見込みです。株価は先月の高値水準から大きく調整していただけに、見直しの動きが強まる格好となっており、明日以降は戻りの強さや継続性が試される局面になります。



[6195]ホープ 
[M]業種:サービス業
終値2,764円/前日比-336円
▼クリックで株探ページ▼

自治体広告や官民連携促進、電力供給等、自治体に特化したサービスを展開。 本日大幅安です。同社は先週末、JEPXにおける電力取引価格高騰による影響と今後の対応についてコメントを発表しており、それによれば第2四半期について、12月中旬以降複数の要素に起因する電力取引価格の高騰に対しては予測水準を超えるものであり、リスクヘッジの範囲を超える非常に厳しい水準で現在も推移しているとのことです。そのため、同社業績に与える影響は大きいとのことで、第2四半期業績の修正予想および通期業績予想につきましては現在再度精査中だとのことです。このコメントから結構な下方修正になるのではとの懸念に繋がり、本日は改めて売られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2667]イメージワン 
[JQ]業種:卸売業
終値660円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

衛星画像販売、自社で開発の医療画像システムが主体。ドローンや医薬販売も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、ダナフォーム社との新型コロナウイルス検査運用システムの開発が完了したことを発表。自治体・医療機関および空港などの防疫において同システムを積極的に販売していくことで収益貢献を目指す方針です。これを材料視する形で買いを呼び込む展開となっており、1月15日に付けた年初来高値802円に向けた上昇も期待されます。



[4019]スタメン 
[M]業種:情報・通信業
終値1,779円/前日比+89円
▼クリックで株探ページ▼

社内コミュニケーション活性化のためのプラットホーム「TUNAG」の開発や提供を手掛ける。 本日確りと反発しています。同社の既存株主だった[3662]エイチームが昨日引け後に、同社株を12月15日〜17日に売却し、売却益7.7億円を計上すると発表。上場時、エイチームは同社株を40万株保有していました。全て売ったのかは不明ながら、市場では全株売却したとの見方が多いようです。同社株は上場後、弱含みの動きを昨日まで続けていただけに、エイチームの売りが重しになっていたようです。それを受け本日はアク抜け的に買われています。ただ、同社の既存株主にはジャフコ系などのVCが3社おり、株数は3社で127万5000株あります。それも今の株価水準ではロックアップ解除されている状態だけに、その売りも未だ出尽くしていないとの見方は多く、それだけに上値追っていくには、まだ日柄が必要ではとの声が聞かれました。



[3904]カヤック 
[M]業種:情報・通信業
終値900円/前日比+77円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告制作、ソーシャルゲームが主力。ゲームコミュニティ「Lobi」も運営。開発力に強み。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年12月期の連結経常損益を従来予想の4.6億円の黒字から6億円の黒字へと30.4%上方修正。また、12月末の株主を対象に社員食堂で食事を会員価格で提供する優待制度なども発表しました。株価は本日、25日・75日両移動平均線をブレイクしましたが、900円から上は戻り売りの圧力も強く、この水準を維持出来るかどうかで方向性が決まりそうです。



[3386]コスモ・バイオ 
[JQ]業種:卸売業
終値1,237円/前日比+105円
▼クリックで株探ページ▼

バイオ専門商社。研究用試薬や実験機器、臨床検査薬など販売。開発製造も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に配当修正を発表。2020年12月期の年間配当を従来計画の18円から34円へと大幅増額修正し、同期の純利益予想は前期比126.9%増の5.4億円でしたが、11月6日に発表した第3四半期累計決算では5.75億円となり、通期予想を超過していました。本日、一時ストップ高を付けたあとは利益確定売りなどに押される場面も見られましたが、底堅さも感じられ、株主還元の拡充を好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[7325]アイリックコーポレーション 
[M部]業種:保険業
終値1,125円/前日比+144円
▼クリックで株探ページ▼

来店型保険ショップ「保険クリニック」の展開。保険分析・販売支援システム提供、教育も。 本日一時ストップ高となりました。同社は今朝、100%子会社であるインフォディオ社が提供するスマートOCRが組み込まれたJTBが独自開発した証憑書類電子保存化システムが稼働開始すると発表。これにより年間約570万枚のペーパーレス化、約7億円の経費削減に貢献するとのことです。同社株は度々、子会社の手掛けるOCRシステム事業絡みの材料で動意付くことがありますが、今回JTBが採用したとのことで、改めてこの事業への先行き期待が意識された様子です。同じくクラウド型OCRサービスを手掛ける[4488]AI insideの業績が飛躍していることから、同社のOCRシステム事業への期待も強く、今後も関連材料で物色される場面は度々出てきそうだとの見方は多いようです。



[9145]ビーイングHD 
[2部]業種:陸運業
終値1,897円/前日比+345円
▼クリックで株探ページ▼

生活物資に特化した物流事業や物流コンルティング、旅客事業などを展開する。 本日大幅続伸となり、連日で上場時来高値を更新しています。同社は直近IPOで生活物資に特化した物流事業が主力事業の企業で、上場初日は初値形成後に売られたものの、売り一巡後は切り返してきています。公開価格は1,000円で、それ程初値が高騰しなかったことから見直し買いが入っているとの見方です。北陸地盤で東証2部銘柄で、事業的にも人気化しにくいIPOですが、全国的な新型コロナウイルス感染拡大により、物流需要は今後も拡大して行くとの期待から買ってきている向きが居るのではとの声も聞かれました。ただ、今期は新型コロナウイルスの影響でドラッグストアやスーパー向け業務が好調な一方、コンビニ向け業務が苦戦しているとのことで、今期減益見通しとなっています。それだけに同社に取ってコロナ禍はどちらかと言えば悪影響との見方もあり、来週も買いが続くのか注目されます。



[2130]メンバーズ 
[1部]業種:サービス業
終値2,216円/前日比+156円
▼クリックで株探ページ▼

企業サイトやSMMのデザイン制作・運用が主体。マーケティング支援、クリエーター派遣も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線で続急伸しました。東海東京証券では投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価を2,720円としています。企業がデジタル対応を迫られる局面ではデジタル人材への需要が高まると見られることやEMC事業では顧客接点を Web周辺領域に拡張することで社数および稼働率向上が期待されること、積極的な人材採用による人員増加が期待されることなどを注目点としています。本日の大幅高で株価は15日ザラ場の直近高値2,175円を捉えており、年初来高値更新が目標になってきます。



[7092]Fast Fitness Japan 
[M]業種:サービス業
終値4,500円/前日比+660円
▼クリックで株探ページ▼

24時間型フィットネスクラブ「エニタイムフィットネス」の運営事業を手掛ける。 本日大幅続伸となり連日で上場来高値を更新しています。24時間年中無休のフィットネスクラブ「ANYTIME FITNESS」を国内におけるマスターフランチャイジーとして全国で展開しています。10月末時点で、直営店とFC店合わせて842店舗運営しており、新型コロナウイルスは逆風とも言えるものの、同社はコロナ禍でも店舗数を増やしており、今後も年間200店のペースでの開業を続け、中期的に3000店舗を目指すとのことです。逆に新型コロナウイルスは、飲食店の撤退などから出店チャンスも増えるとの見方もあるようで、今期業績は減収減益計画ながら経済正常化へ向かえば業績急拡大するとの期待も強い様子です。それを期待して中長期資金も買いに来ているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ