株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[8022]ミズノ

[8022]ミズノ 
[1部]業種:その他製品
終値2,279円/前日比+147円
▼クリックで株探ページ▼

スポーツ用品大手。ゴルフ・野球・競泳に強み。ブランド力に定評。海外強化。 本日買い先行スタートから大幅続伸しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。営業利益が15億円から前の期比45.7%減の34億円へ、純利益は15億円から同15.7%減の39億円へ上振れて着地したようだとしています。在庫コントロールが期末まで順調に進捗したことや高粗利品の構成比率が高まったこと、更に組織のフラット化などによる経費管理を強化したことなどが寄与したようです。株価は2,200円処のシコリが多い価格帯を払いつつあり、2,300円商いとなると新展開入りの可能性が高まります。



[4888]ステラファーマ 
[M]業種:医薬品
終値721円/前日比-141円
▼クリックで株探ページ▼

ステラ ケミファの子会社でホウ素医薬品の開発・製造販売を手掛ける。 本日大幅安です。昨日新規上場した銘柄ですが、昨日はストップ高で引けていました。その流れのまま本日買い気配で始まり、ストップ高まで寄らなかったものの、その後ストップ高で寄り付くと急落し、商い伴って売られてストップ安まで売り込まれました。赤字のバイオベンチャー企業だけに物色の勢いが止まれば逃げ足も速く、新たな買いも入り難くなり、需給はあっと言う間に悪化してしまいます。既存株主にベンチャーキャピタルはおらず180日間のロックアップが掛かっているものの、第2位株主のINCJが保有する700万株に対しては公開価格1.5倍以上でロック解除されます。その売りが出てきたのではとの声も聞かれました。暫く上値の重い展開は止むを得ないとの見方が多いようです。



[2715]エレマテック 
[1部]業種:卸売業
終値1,178円/前日比+113円
▼クリックで株探ページ▼

電子部品・材料商社。顧客ニーズの設計部品が中心。豊田通商傘下で多角。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期通期の連結決算を発表。営業利益は前期比14.6%増の54億6,300万円(従来予想は44億円)で着地しました。また、期末配当を従来計画比4円増額の23円とすることも発表。これにより、中間配当13円と合わせた年間配当は前期比4円増の36円となります。本日の株価は一時2020年1月以来となる1,200円台乗せを達成した訳ですが、高寄り後は伸び悩んで引けており、先ずは地均しを進めたい処です。



[6088]シグマクシス 
[1部]業種:サービス業
終値2,108円/前日比+209円
▼クリックで株探ページ▼

経営コンサル。IT戦略立案から実行まで一括。M&Aコンサルやリモートワーク、クラウドなど。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比17.0%減の17.9億円になりましたが、2022年3月期は前期比39.1%増の25億円に拡大。今期の年間配当は前期比2円増の24円へと増配。また、[8001]伊藤忠商事と資本・業務提携を発表しました。これを受けて株価は大幅高となりましたが、過熱感も感じられる水準に達しており、注意が必要です。



[7368]表示灯 
[2部]業種:サービス業
終値2,799円/前日比+239円
▼クリックで株探ページ▼

駅周辺案内図の広告や屋外広告などの設置・運営を手掛ける。 本日大幅高となり、朝方には一時ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に前期業績の大幅な上方修正を発表。前期比減収減益計画から一転して増収増益になっています。12月以降、大口の新規取引や追加受注があったことに加え、リモート営業が増加したことによる出張費の減少などにより販売費および一般管理費を抑制出来たことが上方修正要因とのことです。上場間もない状況での上方修正だけに印象も良かった様子です。また、昨日には上場日に付けていた上場来安値を更新していたこともあり、見直し買いのキッカケとなった面もあるようです。ただ、今期業績は増益となるかは不透明との見方も多く、買いも続かず上げ幅はかなり縮小しています。来月中旬に予定している本決算発表には注意が必要です。なお、小池都知事が東京都内で午後8時以降は消灯を要請と発言したことが終盤に伝わると思惑的に更に上げ幅を縮小しています。



[7043]アルー 
[M]業種:サービス業
終値1,500円/前日比+151円
▼クリックで株探ページ▼

法人向けに管理職講座や英会話など人材育成事業。海外派遣研修に強み。 本日確りした寄り付き後に上値追いが加速して急反騰しました。同社は昨日引け後に、ヤフーとDX(デジタルトランスフォーメーション)人材育成の分野で連携すると発表しました。ヤフーから提供を受けたDX人材教育に関するコンテンツを、同社のオンライン研修やeラーニングサービスなどで活用するとのことです。今後の業容拡大を期待した買いで本日の株価は大幅高となりましたが、3月18日以来となる25日移動平均線超での引けを達成しており、トレンド転換が期待されます。



[7078]INCLUSIVE 
[M]業種:サービス業
終値2,473円/前日比+74円
▼クリックで株探ページ▼

メディア企業のネットサービス運営支援。企画、制作から収益化支援まで。 本日確りと続伸しています。本日2,460円以下で引ければ、信用取引の増担保規制が解除となる条件を満たしたものの、買い気が強過ぎて買われ過ぎたため条件を満たせず規制解除を拒否した格好になっています。ある意味、強いと言えるものの、解除期待で先回り的に買っていた向きも多いと思われ、そういう向きは週明け手仕舞いしてくるとの見方も多いようです。週明けも強い動きを見せるのか、解除不発で売られるのか注目されます。



[3912]モバイルファクトリー 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,424円/前日比-95円
▼クリックで株探ページ▼

スマホ向けゲームなどコンテンツサービスの開発配信。位置情報連動型ゲームに注力。 同社は本日12時15分に1Q決算を発表。減収減益決算となっており、好感出来る決算ではないものの、一緒に公表された決算説明資料の内容が好感されたようで後場買い気配スタートとなりました。同社が手掛けるデジタルデータをブロックチェーン上で個人の資産として保有可能とするトークン生成・販売のプラットフォーム「ユニマ」で、各種NFT独占製品化、順次販売開始すると書かれています。また、今年の夏には位置情報連動型ゲーム「駅メモ! Our Rails」と連動する駅トークンを独占販売する予定とのことで、更に「駅メモ!」シリーズに登場する個性的なパートナー「でんこ」のNFTトレーディングカードを発売するとのことです。そのユニマの事前登録を4月23日に開始するとも書かれており、これらが好感されたとの見方です。ただ、寄り後は結局売られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6613]QDレーザ 
[M]業種:電気機器
終値1,569円/前日比+144円
▼クリックで株探ページ▼

半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアなどの開発・製造・販売を手掛ける。 本日買い気配で寄り付いたあとに上値追いが本格化し、大幅反発しています。オランダの半導体製造装置大手ASMLが発表した2021年12月期第1四半期決算が市場予想を上回ったと伝えられ、半導体需要の強さが改めて意識される中、半導体レーザおよび視覚情報デバイスを開発製造している同社株が関連銘柄の一角として物色されたようです。次なる株価目標は3月12日の戻り高値1,678円になりそうで、このレベルのブレイクがなければ25日移動平均線を意識した調整入りが考えられます。



[3668]コロプラ 
[1部]業種:情報・通信業
終値790円/前日比-58円
▼クリックで株探ページ▼

スマホゲームで急成長。ゲームアプリの課金収入が収益源。VR分野や海外に展開。 本日大幅安となり、年初来安値を更新しています。同社は昨日、[7974]任天堂による同社に対する損害賠償請求金額が49.5億円から96.99億円に変更されたと発表。任天堂は自社の特許権を侵害されたとして、同社のスマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の提供差し止めと損害賠償を求めており、同社は特許権侵害を否定しています。既に市場でも忘れ去れていたことだけに改めてこの問題が意識されたようで、先行き不透明感から売られています。白猫プロジェクトは同社の主な収益源となっているだけに、その提供差し止めとなれば業績への悪影響はかなり大きく、明日以降下げ渋りが見られるか注目されます。



[4286]レッグス 
[1部]業種:サービス業
終値1,921円/前日比+343円
▼クリックで株探ページ▼

販促グッズ企画など、マーケティング活動を支援。食品、飲料、流通向けが主体。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年12月期の連結経常利益を従来予想の13億円から17億円に30.8%上方修正しました。また、非開示だった2021年12月期第2四半期累計の業績予想は連結経常利益が前年同期比2.5倍の8.5億円を見込みます。業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の24~28円から32~36円に増額修正しました。株価は2,000円大台乗せに期待されますが、上値では売りの圧力も強く、調整入りも見込まれます。



[3856]Abalance 
[2部]業種:電気機器
終値6,870円/前日比+690円
▼クリックで株探ページ▼

創業のソフト開発から主力を太陽光発電事業にシフト。建機販売も。海外進出。 本日大幅高となり、上場来高値を更新しています。本日から気候変動サミットが米国主催で開幕され、日本や中国など主要排出国・地域の首脳40人が出席予定で、米国は2030年までの温室ガス削減目標の大幅引き上げを発表する見込みです。同社が昨年子会社化した太陽光パネルを製造するベトナムのVSUN社は、米国から大型受注が相次いでいるとのことから、バイデン銘柄として以前から市場で意識されている銘柄だけに今回のサミットで思惑的に買われるとの期待から、先回り的に買っている向きも多いようです。明日以降も強い動きを続けられるか注目されます。



[3434]アルファ  
[1部]業種:金属製品
終値1,213円/前日比+91円
▼クリックで株探ページ▼

自動車ロックシステム大手。日産向け過半。住宅、ロッカー用施錠部品や宅配ボックスも。 本日大幅ギャップアップスタートから3営業日ぶりに急反騰し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に2021年3月期連結業績予想の上方修正と増配を発表。前3月期の売上高を450億円から前の期比21.1%減の475億円に見直した他、営業利益は4億円から同55.8%減の8億円、最終損益は8億円の赤字から1億円の黒字(前期12億1,000万円の赤字)に修正しました。本日の大幅高で株価は先月末からの下げ分を一時取り戻しましたが、大きく跳ね返されて終えており、一巡感台頭の有無がポイントになるでしょう。



[6951]日本電子 
[1部]業種:電気機器
終値6,080円/前日比+360円
▼クリックで株探ページ▼

電子顕微鏡世界最大手。分析機器・半導体関連・医療機器等も。ニコンと提携。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。本日はクレディ・スイス証券が同社株の投資判断を最上位に格上げし、目標株価を7,370円まで大幅に引き上げたことが刺激になっています。同社株を巡っては先週、ゴールドマン・サックス証券が新規「買い」、目標株価8,000円でカバレッジを開始したばかりです。その強気なレポートを機に同社株は居場所を大きく変えてきています。足元は高値圏揉み合いとなっていましたが、クレディ・スイス証券による格上げを機に上放れてきた格好です。相次ぐアナリストによる強気レポートを受けて、5月14日予定の本決算への期待も高まっているだけに、それまでは下げれば買われる展開が続きそうです。



[6696]ピースリー 
[M]業種:電気機器
終値890円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

情報機器装置の開発・製造販売。STBが主力。デジタルサイネージ端末にも注力。 本日大きく急伸しました。同社は本日、紫外線照射によるウイルス不活化・殺菌機能を搭載した新製品「BIRD SAFE」を5月1日から予約販売を開始すると発表。紫外線は非接触で環境のウイルスを不活化出来、新型コロナウイルスに対して大変有効な手段として期待が高まっています。長らく底値圏で揉み合いとなっていた株価の刺激材料となり、75日線をブレイクしましたが、戻り圧力の高まりも感じられ、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[3903]gumi 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,362円/前日比+155円
▼クリックで株探ページ▼

ソーシャルゲームからスマホアプリ開発が主力に。海外に強み。他社ゲームの海外配信も。 本日前場はマイナス圏での推移となっていましたが、後場から物色されて年初来高値を更新しています。同社が出資するブロックチェーン向けゲーム開発企業double jump.tokyo社が、カナダのDapperLabs社と提携し、DapperLabs社が開発するブロックチェーン「Flow」へのNFTやブロックチェーンゲームなどの対応、ValidatorNodeの運用を開始すると12時に発表しています。FlowチェーンへのNFT・ブロックチェーンゲームの対応およびFlowの日本進出を支援するとのことで、double jump.tokyo社が今月9日にNFT事業支援サービス開始すると発表してから、同社株の相場が始まっている格好です。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック



8022ミズノ

ミズノ(8022) 東証1部 / その他製品 / 100株単位
スポーツ用品大手。シューズ成長。ゴルフ・野球・競泳に強み。ブランド力に定評。海外事業拡大中強化。オーナー系。

当日の株価:3,245円/前日比:+35
予想PER:17.8
実績PBR:0.91
配当利回り: 1.54%
優待制度:あり、なし
信用倍率0.42倍

①.【ミズノ、前期経常を40%上方修正】ミズノ <8022> が4月18日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の55億円→77億円(前の期は15.2億円)に40.0%上方修正し、増益率が3.6倍→5.0倍に拡大する見通しとなった。会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の15.4億円→37.4億円(前年同期は19.4億円)に2.4倍増額し、一転して92.0%増益計算になる。(18/4/18)
②.当事業年度において、主にランニングシューズが伸び悩んだ結果、売上高は前期実績を下回る見込みとなりました。利益については、生産、仕入コストの低減、在庫の適正化が計画以上に進捗したことによる売上総利益率の向上や、ゴルフビジネスの収益改善、競技スポーツ品販売事業の計画以上の伸長等により、営業利益、経常利益、当期純利益はそれぞれ前期実績を上回る見込みとなりました。(18/4/18) 
③.【美津濃<8022>3ヶ月後予想株価:3,500円】国内トップの総合スポーツ用品メーカー。強みはシューズ、野球やゴルフ用品。スポーツ施設やスクール運営も手掛ける。米州、欧州、アジア等、海外事業拡大中。18.3期3Q累計の営業益は大幅な黒字転換と回復鮮明。18.3通期の売上高は前期とほぼ変わらずも、営業益は約3.8倍の増益予想。為替要因による仕入原価低減や米国事業の回復が当初予想を上回る見込み。利益の進捗率は90%超。株価は業績の伸長により上値ブレイクへ。(18/3/10) 
④.【コスト低減】柱のランニングシューズで米国の回復鈍いが、過剰在庫一掃で採算は改善。仕入れ原価低減も効く。19年3月期も米国のランニングシューズ販売の回復緩慢だが在庫管理徹底続く。営業増益確保。  
⑤.【ゴルフ】国内は競技人口減少で低迷していたゴルフが下げ止まりの兆し。欧米はカスタムクラブ好調。公園、体育館、プールなどスポーツ施設運営受託が堅調に推移。 

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 9,229
投資CF : -1,150
財務CF : -7,572
現金等 : 14,448

財務(百万円)
自己資本比率 : 60.5%
利益剰余金 : 31,676
有利子負債 : 22,850

テーマ
[スポーツ用品][テニス][水着][クールビズ][フィットネスクラブ][ゴルフ][風力発電][サマーストック][中国関連][東京オリンピック][ウエアラブル端末][燃料電池車][その他製造業][サッカーW杯][スポーツ][マラソン][ランニングシューズ][冬季五輪][吸湿発熱機能繊維][燃料電池部材・部品]

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ