株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7895]中央化学

7238 曙ブレーキ工業(株) [1部]業種:輸送用機器
終値241円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系ブレーキ大手。国内外で高シェア。トヨタ、日産など供給メーカー多。アジア強化。 本日大きな窓を空け急反騰しています。同社は先週末29日引け後に、2020年3月期の連結業績を発表。経常損益は前期28億800万円の赤字から11億2,100万円の黒字に浮上して着地しました。従来予想4億円の黒字を大幅に上回っています。北米や中国向けの大幅な受注減少で売上高は2割減少したものの、日本での固定費削減や北米での人員適正化、経費削減などの構造改革効果で採算は大きく改善したようです。本日の大幅高で株価はコロナショックによる急落分を取り返しており、年初来高値249円処がポイントになってきそうです。



4387 (株)ZUU [M]業種:情報・通信業
終値5,200円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

資産運用支援サイト「ZUU online」運営。金融機関の集客支援や転職紹介も。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末29日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常損益は1.2億円の赤字に転落しましたが、2021年3月期は1億円の黒字に回復する見通しとなりました。買収子会社や金融系プラットフォームの構築などに一定の時間を要するものの、トップラインの成長により黒字化を図るとしています。株価は4月以降、大きく値を上げていますが、流動性の乏しい銘柄でもあるため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



3788GMOクラウド(株) [1部]業種:情報・通信業
終値6,480円/前日比+910円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅高となり一時ストップ高まで買われました。同社が手掛ける「GMO電子契約サービスAgree」への期待から相場を続けているとの見方です。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請を受けて、テレワークを実施する企業が相次ぎ、それにより「脱はんこ」の流れが一段と強まっています。政策の後押しもあり、今後一段と「脱はんこ」の流れ加速するとの見方が多く、同社の電子契約サービス事業などには追い風になると期待されています。同様に電子契約サービスを手掛ける[6027]弁護士ドットコムも強い相場を続けており、そういった動きも刺激になっているとの見方です。



2372(株)アイロムグループ [1部]業種:サービス業
終値2,788円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

本日寄り直後から商いを伴い急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。化学工業日報が29日、「開発中の新型コロナウイルスワクチンについて6月にも非臨床試験を開始する」と報じています。記事によると日本と中国で試験を行い、マウスを用いた中和抗体誘導能試験などを実施するとのことです。その結果を踏まえて早ければ夏にも第1相臨床試験に入るとしています。株価は2018年5月以来2年ぶりの高値水準に上昇しており、当時の高値3,545円にどこまで迫れるか注目されます。



6027 弁護士ドットコム(株) [M]業種:サービス業
終値9,640円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅続伸となり上場来高値を更新しています。大台の10,000円台に乗せる場面も見られました。今朝の日経新聞では、同社はビデオ通話を使いオンライン上で弁護士が相談者と面談出来るサービスを始めると報じています。同社サービスを利用する弁護士が対象で、月10件まで面談が出来るとのことで新型コロナウイルス感染予防のため、対面を避けたい需要に対応するとのことです。当面は無償で提供するとのことですが、今後は利用状況から有償化を検討するとのことで、何れ新たな収益源になるとの期待も強い様子です。朝方には正式発表しています。同社株は電子契約サービス「クラウドサイン」事業の将来性から強い相場が続いていますが、大台到達で達成感が出てくるのか注目されます。



7895 中央化学(株) [JQ]業種:化学
終値714円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

樹脂製食品容器大手。素材開発力に強み。高機能品育成。三菱商事傘下。 本日寄り付きに伴う商い一巡後に急伸し、ストップ高に買われました。同社は先週末29日、環境配慮型素材「タルファー」を開発し、これを用いた新製品を発売すると発表。タルファーは、素材の半分以上がタルク(滑石)で出来ており、プラスチックの使用量を半分にすることが出来る新素材で、タルクは医療・化粧品など様々な用途で使用され、ポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストにも収載されており、これを使用することで、CO2削減効果が石油化学由来プラスチックの使用50%以下になるとしています。株価は2週間程続いた600円処での保ち合いを明確に上放れており、新たな流れが始まった印象です。



7047ポート [M]業種:サービス業
終値959円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

学生向けに会員制の就活サイト「キャリアパーク」を運営。カードローンや医療相談も。 本日大幅上昇となり一時ストップ高となっています。今朝9時に同社はテレメディーズが提供している高血圧オンライン診療支援サービス「テレメディーズBP」の機能を全国300店舗のパチンコホールを運営するマルハンに導入することが決定したと発表。今回の導入にあたっては、高血圧診療に限らず総合内科および内科領域別専門医から診療を受けられるシステムを提供するとのことです。マルハンでは全従業員に対し、 オンライン診療の積極活用を推進して行くとのことで好材料視されています。小型株でオンライン診療関連材料だけに物色材料になった面もあるようです。年初来高値1,028円を明日以降獲りに行けるか注目されます。



7317松屋アールアンドディ [M]業種:輸送用機器
終値2,330円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車安全装置縫合システムやレーザー裁断機の開発・販売などを手掛ける。 本日後場ザラバ寄らずのストップ高となっています。昼頃に同社はアイソレーションガウン(防護服)の大口案件を受注し、子会社が生産開始したと発表。受注金額は非開示ですが、約50万着受注したとのことです。この受注が2021年3月期業績に与える影響としては、売上高および利益に相当程度寄与する見込みだとのことです。それだけに見直し買いに繋がっています。具体的にどの程度業績へ寄与するかは不透明だけに、過度な期待は禁物ながら具体的な業績予想などが出てくるまでは期待は続くとの見方もあります。明日以降、この材料で何処まで見直されるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[5817]JMACS  [2部]業種:非鉄金属
終値457円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

電線中堅。計装・制御用主力で警報用に強み。画像処理やFA表示システムも。 本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年2月期の連結経常損益は8,200万円の黒字(前期1.1億円の赤字)に浮上し、2021年2月期の同利益は前期比84.1%増の1.5億円に拡大する見通しとなりました。また、10円配当を実施しているにも関わらずPBRが0.4倍前後と株価が会社解散価値の半値以下にあり、見直し買いを誘発する形となっています。本日、75日移動平均線をブレイクしたことで上昇力の加速も見込まれます。



[7065]ユーピーアール  [2部]業種:サービス業
終値2,776円/前日比+216円
Yahooの株価リンクはこちら

荷積み用パレットなどの物流機器のレンタルや販売を手掛ける。本日大幅続伸となり、一時ストップ高まで買われて8連騰を達成しています。同社が昨日発表した2Q決算が好感されています。前年同期比大幅増益となっており、通期計画への進捗率も高くなっており、1月に発表した1Q決算も良く、業種的に2Q決算も良いとの期待が強かっただけに足元で買われてきていましたが、出尽くしとならず改めて買われています。決算発表説明資料によれば、新型コロナウイルスによる業績への影響はプラスとマイナスの両面があり、全体で見ると影響は軽微だとのことです。これが安心感となり改めて見直し買いが入ってきた様子です。なお、同社と同業に近い[4690]日本パレットプールも本日ストップ高まで買われる場面が見られました。



[6532]ベイカレント・コンサルティング  [1部]業種:サービス業
終値6,440円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

企業戦略立案・課題解決・実行までを提供する総合コンサル。高い専門性が力。本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年2月期の税引き前利益は前期比81.9%増の79.7億円に拡大し、従来予想の69.4億円を上回って着地しました。5期連続で過去最高益を更新し、5期連続増収、5期連続増益となりました。同時に前期の年間配当を60円から90円に増額することも発表。株価は反騰局面にあり、昨日にはゴールデンクロスを形成するなど昨年末の水準まで戻してきており、株主還元などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[7895]中央化学  [JQ]業種:化学
終値625円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

樹脂製食品容器大手。素材開発力に強み。高機能品育成。三菱商事傘下。本日大幅高となり、ストップ高まで買われました。朝日新聞デジタルでは、新型コロナウイルス感染拡大による休業要請などに絡み、東京都は飲食店が宅配やテイクアウトを新たに始める際の初期費用を助成する方針を固めたと報じています。1事業者あたり最大100万円の助成をするとのことで、テイクアウトや宅配で使う容器や店舗の小規模な改装に係る費用を助成の対象に想定しているとのことです。これが前場中に報じられると同社株は一段高となっています。同社は食品包装容器を手掛けているだけに恩恵を受けるとの思惑です。[7947]エフピコも確りで[2484]出前館も買われています。本日、小池都知事が都の緊急対策を発表する見通しです。明日も物色が続くか注目されます。



[4490]ビザスク  [M]業種:情報・通信業
終値1,630円/前日比+230円
Yahooの株価リンクはこちら

ビジネス分野に特化した「ナレッジシェアリングプラットフォーム」の運営を手掛ける。本日大幅ギャップアップスタートから急反発し、一時ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、2020年2月期単独決算を発表。売上高が前期比60.2%増の9億8,300万円、営業利益は同2.8倍の7,100万円、最終利益は同92.3%増の5,200万円となり、営業利益が従来予想の6,000万円を上回り過去最高益を更新しました。主力のスポットコンサル設営サービス「ビザスクinterview」が、法人クライアント口座数が前の期前の329口座から485口座に拡大するなど着実に成長したようです。本日の大幅高で株価は上場来高値1,905円を視野に捉えたと言えそうです。



[6064]アクトコール  [M]業種:サービス業
終値1,265円/前日比+178円
Yahooの株価リンクはこちら

賃貸住宅入居者向け水回りトラブル等駆け付けサービスを展開。業務代行も。 本日大きな窓を開けて続急騰しています。同社は昨日引け後に、2020年9月期(10ヵ月変則決算)の第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比9.7%増の11億9,000万円、経常利益は同46.8%増の2億400万円に伸びて着地しました。住生活関連総合アウトソーシング事業で緊急駆けつけ等会員制サービスの新規獲得が引き続き順調に推移したことが寄与したとしています。本日の株価は高寄り後に75日線レベルまで押し戻されており、目先は同ラインレベルがポイントとなります。



[3915]テラスカイ  [1部]業種:情報・通信業
終値2,650円/前日比-360円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドシステムの導入支援や開発。セールスフォースと提携。LINEがカスタマーサポートに採用。本日大幅安です。昨日発表した本決算で示した今期見通しが嫌気されています。前期業績は計画上振れ着地となったものの、今期見通しは大幅な減益計画となっています。しかも新型コロナウイルス感染拡大による業績への影響は現時点で見通すことが困難なため、業績予想には織り込んでいないとのことです。引き続き積極的な人員採用を計画していることから、人件費増加を見込んでいるとのことで、それが減益要因の模様です。新型コロナウイルスの影響により、更に減益幅拡がるのではとの警戒から見切り売りに繋がっている様子です。ただ、業種的に新型コロナウイルスの影響は限定的ではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9326]関通  [M]業種:倉庫・運輸
終値2,350円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースを展開する顧客企業の配送センター代行業務などを手掛ける。本日大幅高となり、上場来高値を更新してストップ高まで買われました。同社が昨日発表した本決算では、利益面が会社計画を大きく超過しての着地となっています。今期見通しは新型コロナウイルス感染拡大による影響が不透明とのことで非開示となっていますが、同社は通販業者の配送センター業務代行事業を手掛けており、悪影響は限定的で逆に巣ごもりで通販需要が拡大しているだけに、同社事業には追い風になるとの見方も強い模様です。この決算を受けて、朝方は売られる場面も見られましたが、売り一巡後は確りと買われています。既に足元で大きく買われてきただけに朝方は出尽くし的な売りも出た様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7980]重松製作所 [JQ]業種:その他製品
終値1,308円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら  

産業用防毒マスクで首位。米3MへOEM供給。官公庁向けで実績。防塵用も。本日寄り前から大量の買いものを集め大幅続伸し、昨年来高値更新を更新してストップ高まで買われました。中国の湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が広がっており、患者は北京市や広東省に拡大、日本やタイの他、韓国でも発症者が確認されています。また、中国政府の専門家チームのトップが20日、「人から人に感染していることは間違いない」とコメントしたとも伝わっており、産業用マスクの同社株や[7963]興研なども大幅高しました。今後も様々なニュースで株価は上下するでしょう。



[1883]前田道路 [1部]業種:建設業
終値3,835円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら 

前田建設系の道路舗装大手。小型工事に強く収益の柱。合材販売も。 本日ストップ高です。[1824]前田建設工業によるTOB(株式公開買付)価格3,950円にサヤ寄せする格好ですが、前田建設工業は全株取得は目指しておらず買付株数に上限(所有割合51.00%)を設けています。前田建設工業は、同社株を既に保有しているだけに、TOBで買い付ける上限は2181万1300株(所有割合26.32%)だけとなります。それだけにサヤ寄せし難いTOBながら同社は前田建設工業のTOBに反対しており、対抗する構えを示しています。ホワイトナイト探しは対抗策の選択肢になるとのことで、それ以外の対抗策も検討するとのことだけにTOB合戦となる期待もあると言え、明日以降TOB価格3,950円を超えてくる可能性もあるのではとの声も聞かれました。



[7895]中央化学 [JQ]業種:化学
終値655円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら 

樹脂製食品容器大手。素材開発力に強み。高機能品育成。三菱商事傘下。 本日前場10時前から出来高を伴い一段高となり、ストップ高を達成しています。本日付の日経新聞朝刊で「中国政府がプラスチック製品の大規模な利用規制に踏み切る」と報じています。記事によると中国では、2020年末までに全国の飲食店でプラスチック製ストローの利用を禁じ、買い物袋や出前の容器などへの規制も順次広げるとのことです。環境対応容器のラインアップが充実している同社株に思惑的な買いが入った格好ですが、プラスチックごみの輸入を全面的に禁止することも盛り込んだとあり、日本国内の一層の脱プラスチックの動きが強まる可能性もあります。



[6104]東芝機械 [1部]業種:機械
終値3,350円/前日比-355円
Yahooの株価リンクはこちら 

射出、ダイカストの成形機が中心。大型工作機、半導体製造装置も。東芝と離別。 本日大幅安です。昨日、TOB発表が無かったことから本日は安く始まるも寄り後は買われる動きになりました。寄り付き数分後には日経新聞電子版が「旧村上ファンド系、東芝機械に敵対的TOB」と報じると同社株は急騰し、一時4,000円台に乗せる場面も見られました。しかし、TOB価格は1株3,456円とのことだけに買いも続かず株価は大きく反落する動きになっています。結局TOB価格も割り込んでの推移となっており、日経新聞電子版の見出しだけで短期資金が飛び付いただけとの見方です。同社は買収防衛策を取る意向とのことですが、村上氏側は同社が買収防衛策を進める場合は差し止め仮処分などの適切な対応を取るとのことです。何れにせよ市場が期待するようなTOB価格引き上げなどは望めそうもないとの声も多く、今後の展開が注目されます。



[7782]シンシア [1部]業種:精密機器
終値762円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら 

使い捨てコンタクトレンズ大手。ネットやドラッグストアなどで販売。カラコンに注力。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2019年12月期の連結経常利益を従来予想の6,000万円から1.5億円に2.6倍上方修正。増益率が2.3倍から6.0倍に拡大する見通しとなりました。業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の2円から4円に大幅増額修正しました。また、新たに導入する株主優待の内容も発表し、200株以上保有の株主を対象に同社ブランド商品の割引券を贈呈します。株主還元を好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[6560]エル・ティー・エス [M]業種:サービス業
終値1,980円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

企業変革と働き方改革を促進。長期の契約が特徴。企業の効率化コンサル。本日大幅高となり、ストップ高まで買われています。今朝の日経新聞では、同社の今期である2020年12月期の連結営業利益は4億円程度と前期推定比で3割増になりそうだと報じられています。売上高は50億円と同35%増になる見通しで、何れも四季報予測を上回っており、好材料視されています。それに2019年12月期は売上高が前期比2割強増の37億円、営業利益が1割増の3億円強と、何れも従来予想を上回った模様だとのことです。また、2月7日の決算発表時には2023年頃までに売上高を80億円、営業利益を12億円まで高める長期目標も公表すると見られるとのことで、強い目標値と言え見直し買いに繋がった様子です。



[6696]トランザス [M]業種:電気機器
終値1,545円/前日比+145円
Yahooの株価リンクはこちら 

情報機器装置の開発・製造販売。STBが主力。ウェアラブル端末にも注力。 本日大きく急伸して昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、東南アジアの商業施設サイネージを展開するシンガポール企業に対して、センサー連動型サイネージ2000台を納品したと発表しました。また、チャネル編成や動画配信を行うためのクラウド型CMSを端末に合わせて提供し、東南アジアでもサイネージの配信ビジネスを開始したとしています。株価は昨年10月以降、下値切り上げの底堅い展開となっており、新値追いへの期待も高まっています。



[8202]ラオックス [2部]業種:小売業
終値347円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら 

中国蘇寧電器集団の傘下。国内はインバウンド向け、中国で日本製品を販売。 本日ストップ高となり、25・75・200日の各移動平均線を一気に上抜き、一目均衡表の雲も上抜いています。今朝の日経新聞では、同社社長のインタビュー記事が報じられており、2020年12月期の連結最終損益が3期ぶりの黒字に転換するとの見通しを明らかにしたとのことです。同社社長曰く、膿はほぼ出し切ったと強調、今期は人件費削減などの効果が出るとのことです。また、黒字を達成したらすぐ復配の検討に入るとも述べており、見直し買いに繋がったようです。ただ、中国で感染が拡大している新型コロナウイルスへの警戒も強く、今週24日から始まる春節は同社に取っても稼ぎ時だけに、買いも続き難いとの声も聞かれました。しかし、それだけに空売りも入り易く踏み上げ相場に期待する向きもいるようです。なお、同社は2月14日に本決算発表を予定しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ