株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7363]ベビーカレンダー

[2736]フェスタリアHD 
[JQ]業種:小売業
終値1,720円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

宝飾品を製造販売。眼鏡や時計も。百貨店中心にSCなどにも全国展開。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年8月期第2四半期累計の連結経常損益を従来予想の1.1億円の黒字から2.5億円の黒字に2.2倍上方修正し、17期振りに上期の過去最高益を更新する見通しを示しました。株価は新値追いに期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[2338]ビットワングループ 
[2部]業種:情報・通信業
終値870円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

まつげサロンが主力。5GとAI融合の関連開発に注力。仮想通貨事業は撤退。 本日高寄り直後の一段高で急反発し、年初来高値を更新して早々にストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、香港子会社が医療用品の卸売りや貿易を手掛けるシンガポール企業と医療・ヘルスケア事業に関する資本業務提携に向けた覚書を締結したと発表。両社は今後、180日以内に資本・業務提携契約の詳細な条件について合意に達するよう独占的に交渉・協議を行うとのことです。本日11万株超の買いを残しており、完全合致からが勝負になります。



[6172]メタップス 
[M]業種:サービス業
終値1,375円/前日比+108円
▼クリックで株探ページ▼

オンライン決済代行などのファイナンス関連を主軸にマーケティング関連事業に注力。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、政府の規制改革推進会議の作業部会が、解禁が議論されている給与のデジタル払いについて関係団体へのヒアリングを実施し、厚労省は近く具体的な制度案を示し、2021年度の出来る限り早期に実現する方針を説明したとのことです。これを受け給与のデジタル払い解禁期待が一段と強まり、恩恵を受けるとの期待がある同社株の買い材料になっている様子です。同社グループ企業であるpringが、法人から個人のスマートフォンに簡単送金出来るサービスなどを手掛けています。今年1月にも給与のデジタル払い解禁期待で同社株は物色された経緯がありますが、翌日にはあっさり売られていたことから今回も買いは続き難いとの見方も多い模様です。明日以降の動向が注目されます。



[7363]ベビーカレンダー 
[M]業種:サービス業
終値10,050円/前日比-3,000円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日大幅反落となり、ストップ安まで売られています。昨日は「こども庁」関連として連日ストップ高となっており、上場来高値を更新していました。しかし、引け後には東証が同社株を6日から増担保規制を実施すると発表。それを受け本日は朝から売られており、水を差された格好になっています。先日も直近IPOの[6614]シキノハイテックが強い物色を続けていたものの、増担保規制をキッカケに下落基調に転じています。3月1日から規制ガイドラインが改正されており、それにより直近IPOでも早期に増担保規制が入り易くなっています。最近直近IPOが弱いのは、この影響もあるのではとの声も聞かれました。上場後に強い相場を作っていても増担保規制で水を差されるという警戒がある以上、買いも続き難くなり、早めに利食いする向きも増えることになっています。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値1,083円/前日比+86円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日確りしたスタート後も上値追いが進み大幅反発しました。同社株の株高の背景にあるのはビットコイン価格の上昇で、過剰流動性を背景にここ最近は再び上昇傾向が強くなっており、ビットフライヤーによると今朝8時時点のビットコイン価格は前日比で約45,000円値上がりし、648,000円台まで上昇しています。株価は、実質新値度入り相場となった3月30日から本日までの6営業日を5勝1敗で200円近く切り上げましたが、3月19日高値をブレイクした意味は大きく一段高相場が期待されます。



[2927]AFC-HDアムスライフサイエンス 
[JQ]業種:食料品
終値1,009円/前日比-176円
▼クリックで株探ページ▼

健康食品の受託製造・販売。自社ブランド品を強化。通販や卸にも注力。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に大幅増収増益となる2Q決算と通期業績の上方修正を発表。通期業績の上方修正は今年1月に次いで早くも2度目となります。それでも本日は朝から売られています。1Qの数字からも更なる上方修正期待も強かったと言え、1Q決算発表以降同社株は大きく上げてきていただけに、本日は出尽くし的に売られています。足元の業績好調要因は巣ごもり需要による恩恵も強いことから業績ピーク感も警戒されている面もあるようです。更に売られれば買いも入りそうですが、次の決算を確認するまで上値は買い難いとの声も多く、明日以降節目の1,000円辺りで下げ渋れるか注目されます。



[5817]JMACS 
[2部]業種:非鉄金属
終値559円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

電線中堅。計装・制御用主力で警報用に強み。画像処理やFA表示システムも。 本日買い気配スタートから3営業日大幅続伸で年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、自社が提供している介護現場サポートシステム「JSEEQ-Care(ジェイシークケア)」が、かんでんジョイライフ社が展開する有料老人ホーム5箇所に採用されたと発表。[9503]関西電力子会社に採用されたことで、更なる需要拡大が期待されているようです。本日の大幅高で株価は52週MAに急接近しており、同ラインをサポートに変えられれば新展開入りとなります。



[2656]ベクター 
[JQ]業種:小売業
終値425円/前日比+60円
▼クリックで株探ページ▼

ソフト販売。ゲーム開発は撤退。スマホ向けが主力。ソフトバンク傘下で販売力を拡大。 本日後場14時過ぎから突如動意付き一時ストップ高まで買われました。14時過ぎに日経新聞電子版が、衆議院は6日の本会議で行政手続きの押印廃止を盛ったデジタル社会形成関係整備法案を可決したと報じたことがキッカケです。政府は押印が必要なおよそ15000の手続きの内、99%超を廃止する方針とのことです。これを受け電子署名サービスを手掛ける同社株に追い風になるとの見方から物色された様子です。やはり関連サービスを手掛ける[4736]日本ラッドも物色されてストップ高まで買われています。[6027]弁護士ドットコムや[3788]GMOグローバルサインも買われているが限定的で、小型で値動き期待のある同社株や日本ラッドに資金は集中した格好です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2926]篠崎屋 
[2部]業種:食料品
終値136円/前日比7円
▼クリックで株探ページ▼

豆腐の企画・製造・販売。首都圏中心に「三代目茂蔵」を展開。小売に特化。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。非開示だった2021年9月期第2四半期累計の業績予想は経常利益が前年同期比2.5倍の5,600万円に拡大する見通しと発表。同時に従来未定としていた上期配当を見送る方針を示し、通期予想は引き続き非開示としています。120円近辺で揉み合いとなっていた株価の刺激材料となりましたが、過熱感も懸念される水準に達しており、注意が必要です。



[7363]ベビーカレンダー 
[M部]業種:サービス業
終値10,050円/前日比+1,500円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日ストップ高です。直近IPOで上場後は方向感の乏しい展開を続けていましたが、本日一気に引け値ベースでの高値を超えてきています。今朝の日経新聞での『首相「子ども庁」検討指示』との報道が刺激になっている様子です。この報道を受けて、本日は子育て関連株に買われている銘柄が目立っています。同社は妊娠や出産、育児に関する専門サイトおよびアプリ「ベビーカレンダー」を運営しており、追い風になるのではとの思惑に繋がっている模様です。更に同社株は直近IPOということもあって、動意付けば短期資金も集まり易く、派手に物色された格好です。これを機に来週、上場来高値を超えてくるか注目されます。なお、子育て関連として他にも[2749]JP HD、[7358]ポピンズHD、[2152]幼児活動研究会、[7037]テノ.HD、[6557]global bridge HD、[7084]Kids Smile HDも買われました。



[3865]北越コーポレーション 
[1部]業種:パルプ・紙
終値558円/前日比+44円
▼クリックで株探ページ▼

総合製紙中堅。上質紙・白板紙が2本柱。新潟工場は高効率。紙加工に注力。 本日寄り前から大量の買いものを集め5営業日ぶりに急反発し、年初来高値を更新しています。香港の投資ファンドであるオアシス・マネジメントが1日付で関東財務局に大量保有報告書を提出したことが明らかになりました。報告書によると、オアシスの同社株保有比率は5.28%となり、新たに5%を超えたことが判明しています。本日の株価は高寄り直後に急速に押し戻されるも、その後再び上値を追うという流れで終えており、週明け引き継げるか否かが焦点になりそうです。



[6855]日本電子材料 
[1部]業種:電気機器
終値2,149円/前日比+216円
▼クリックで株探ページ▼

半導体検査器具大手。ウエハー検査のプローブカードに強み。海外比率高める。 本日大幅上昇です。久しぶりに動意付いています。本日も[8035]東京エレクトロンなど半導体関連株が朝から買われており、それが刺激となって同社株など中小型の半導体関連株にも見直し買いが入ってきた様子です。主力系半導体関連株は既にかなり買われてきて高値圏にあるものも少なくないだけに手掛け難さも出てきており、比較的出遅れている中小型半導体関連株を見直す動きが強まってきたようです。これを機に来週以降、上昇基調を続けていけるか注目です。本日は他にも[6890]フェローテックHD、[6668]アドテックプラズマテクノロジー、[4369]トリケミカル研究所、[6264]マルマエ、[7717]ブイ・テクノロジー、[6315]TOWA、[6323]ローツェ、[6871]日本マイクロニクス、[8155]三益半導体工業なども買われています。



[4880]セルソース 
[M]業種:医薬品
終値13,690円/前日比+1,420円
▼クリックで株探ページ▼

脂肪・血液由来の細胞加工など再生医療関連や化粧品の開発・販売。 本日買い気配スタートからの一段高で大幅3連騰し、上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、[4554]富士製薬と不妊治療領域で事業提携すると発表しました。同社は2020年に産婦人科領域に参入し、不妊治療を目的とした同サービスの提供を開始。今回の提携を通じ、富士製薬が同社の血液由来加工受託サービスについて販売支援を行うとのことです。本日の株価は高値圏を維持して終えており、青天井圏を駆け上がる可能性も出てきています。



[4052]フィーチャ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,586円/前日比+79円
▼クリックで株探ページ▼

先進運転支援システムなど画像認識ソフトウェアの開発を手掛ける。 業種 本日大幅上昇です。昨晩共同通信が、国交省は1日に自動車後方の状況が確認出来るバックカメラか、センサーの装備を自動車メーカーに義務付ける方針を明らかにしたと報じています。道路運送車両法に基く保安基準を6月に改正し、早ければ来年5月以降に販売する新車へ適用するとのことです。これを受け関連株として買われている模様です。同社の主要販売先である[6632]JVCケンウッドも買われています。他にも[6697]テックポイント、[6629]テクノホライゾンなども関連株として買われているとの見方です。何れも業績への影響は限定的になりそうだとの見方も多く、物色が続くネタにはなり難いとの声も聞かれました。



[6858]小野測器 
[1部]業種:電気機器
終値606円/前日比+57円
▼クリックで株探ページ▼

デジタル計測機器メーカー。回転・振動・騒音計で最大手。自動車業界向け主軸。 本日後場急伸して大幅反発し、一時ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。同社は本日、高分解能・高応答な計測が可能で化石燃料では不要だった耐腐食性能が求められるアルコール混合燃料にも対応した新型流量検出器「FPシリーズ」を開発したと発表しています。本日の株価は大陽線も長い上影を残しており、2月2日からのパターンとなるのか、早期に本日高値奪還に向かうのか、週明け早々の反応が重要になります。



[6036]KeePer技研 
[1部]業種:サービス業
終値2,200円/前日比-239円
▼クリックで株探ページ▼

自動車ボディーのコーティング材料を販売。直営、FC店も展開。施工技術支援も。 本日大幅安です。同社が昨日引け後に発表したキーパーラボ運営事業の月次が嫌気されている模様です。3月の既存店売上高は前年同期比29.5%増となったものの、1月の48%増、2月の44%増から伸び率が鈍化しています。3月は毎週末のように降る春の嵐による大雨の影響が響いたとのことで、リピート客が少し買い控えをして、4月にズレ込んでいるようです。しかし、天候の影響を受けた結果のため、同社は全く心配はしていないとのことで、4月への予約に繋がっているとのことです。ただ、同社の株価は上場来高値水準にあったこともあり、本日は出尽くし的な動きもある様子です。更に下げれば買いも入ってくると見る向きは多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3054]ハイパー 
[1部]業種:卸売業
終値639円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

法人向けパソコン、事務用品販売。設置・保守やアスクル代理店も。テレワーク関連注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、エプソン販売とオフィス向けインクジェットプリンターをはじめとする商品・サービスの販売強化に向けて業務提携すると発表。今後の資本提携を視野に入れた提携で、業容拡大が意識される状況です。上昇基調にあった株価は本日75日線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,147円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日ストップ高です。同社は今朝寄り前に、同社が共同開発するCOVID-19治療薬AV-001の第1相臨床試験で、安全性と忍容性を確認し良好な結果が得られたと発表。これが好感されています。フェーズ1では、20歳から63歳までの健康成人48名を対象に、AV-001の単回投与および連続投与で、安全且つ良好な忍容性を示したとのことです。これらのデータを米FDAに提出して、次のステップである重度のCOVID-19患者での有効性を評価する前期第2相臨床試験について協議する予定だとのことです。同社の新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンへの期待も強いですが、この発表で治療薬への期待も高まった様子です。ただ、発行済みの新株予約権の行使期間が本日からとなっており、まるでそれに合わせて発表してきたようだとの声も聞かれました。早速、本日250万株分の新株予約権が841円で行使された模様で、未だ1750万株分の新株予約権が残っています。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値669円/前日比+40円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 同社は本日11時30分に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益予想を従来の5億円から25億円に5.0倍上方修正し、一転して1.3%増益見通しとなりました。売上高の減収による減益影響がある一方で、海外子会社が手掛ける複数プロジェクトにおける採算改善、販管費におけるプロポーザル費用の抑制等により、前回公表値に対して10億円増益の15億円となる見込みとしています。本日の上昇で株価は5日移動平均線をブレイクしてきており、明日も同ライン超が固まれば直近高値奪回への態勢が整うことになります。



[4582]シンバイオ製薬 
[JQG]業種:医薬品
終値1,145円/前日比-118円
▼クリックで株探ページ▼

がん、血液、ペインマネジメントの3分野に特化。他社の新薬候補の製品化も。 本日大幅続落です。同社は今朝、再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたトレアキシン液剤「RTD製剤」とリツキシマブ併用療法に関する承認申請を発表。これを受け買われて始まるも寄り後は買いも続かず売り込まれる動きになっています。節目の1,000円で下げ止まり、その後はやや戻しての推移となっていましたが、後場14時過ぎにプラス圏まで買われる場面も見られました。同社HP上で、「東証のHP記載の上場廃止猶予期間に関する公表内容について」と題するコメントを掲載。同社株は、来年4月東証が予定している制度改正により、上場廃止基準については見直され解除される予定であることや今期業績予想は発表した通りであり、黒字化の予想には変更が無いこと を改めて説明しています。既に2月の決算短信でも書かれていることですが、やはり上場廃止猶予期間入りで改めて売り込まれたことに納得出来ない様子です。これを受けプラス圏まで戻したものの、買いは続かず結局売られています。この動きからも依然として売りたい向きは多い様子です。



[3751]日本アジアグループ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,019円/前日比+87円
▼クリックで株探ページ▼

太陽光、測量、不動産、金融の4事業が主力。国際航業HDを完全子会社化。 本日確りしたスタート後に上値追いが進み大幅続伸しています。同社は昨日引け後に、財務省に提出された変更報告書で、旧村上ファンド系の投資会社シティインデックスイレブンスと共同保有者の同社株保有割合が25.87%から30.77%に上昇したことが判明しました。本日の株価はこれを受け思惑的な買いで上昇しましたが、現値の上方は先週窓を空けて急落した価格帯で、値動きが荒くなることも考えられます。



[7685]BuySell Technologies 
[M]業種:卸売業
終値2,828円/前日比+323円
▼クリックで株探ページ▼

出張買取を中心に多様なリユース商材の買取や販売。鎌倉新書と提携。 本日大幅上昇です。SBI証券が強気なレポートをリリースしており、見直し買いに繋がっているとの見方です。それに因れば、2020年12月期から2023年12月期までの平均成長率は売上高35.6%、営業利益43.3%に達すると予想している模様です。投資判断を買い継続として、目標株価を3,860円まで引き上げています。また、同社は昨日11時にユニマット リタイアメント・コミュニティとの業務提携を発表しており、昨日は地合い悪かったこともあって全く材料視されずスルーされていたものの、本日改めて好感する買いが入っているとの声も聞かれました。明日以降も買い続くか注目されます。



[4499]Speee 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,976円/前日比+273円
▼クリックで株探ページ▼

データ資産を利活用したマーケティング支援。中古物件、外装リフォーム仲介も手掛ける。 本日後場買い気配スタートから急伸して大幅反発しました。同社は本日11時30分に、子会社Datachainがブロックチェーン間の相互運用性の実現に向け、[9613]NTTデータと技術連携を開始したと発表しています。両社はこの実証実験の結果を踏まえ、証券や保険などの金融分野をはじめ貿易や電力取り引きといった様々な分野での応用を検討していくとのことです。株価は本日大幅高となりましたが、直近高値レベルを抜き切っておらず3,100円水準を上放れて新展開入りということになります。



[7363]ベビーカレンダー 
[M]業種:サービス業
終値8,250円/初値比-1,150円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日新規上場した銘柄です。公開価格は4,200円で初値は9,400円となりました。初値形成後は荒い動きで派手に買われる場面も見られましたが、結局売られて終えています。同じく本日新規上場した[4179]ジーネクストも乱高下しながらも陰線で終えており、昨日新規上場した[6614]シキノハイテックや[4178]Sharing Innovationsも本日陰線引けとなっています。他にも直近IPOには売られている銘柄が目立っています。3月末権利取りが近いことで、動き難い個人投資家も多く、年度末が近いことからファンド勢も動けない状況だけにIPOには資金も集まり難くなっている模様です。また、昨日は著名個人投資家の片山晃氏が[4883]モダリスで制度ロックアップ違反を行ったことが明らかになったこともIPOに対しての疑心暗鬼に繋がっているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ