株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[7060]ギークス

[7519]五洋インテックス 
[JQ]業種:卸売業
終値168円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

インテリア専門商社。高級カーテン中心。輸入素材比率大。医療検査事業に参入。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、抗ウイルスカーテンをナスクナノテクノロジー社と共同開発し、4月1日に発売すると発表。ナノコーティング剤をカーテンに加工することで細菌・ウイルスを破壊し、カビの発生を抑制します。公共施設などにも採用される予定もあり、大きく買いが流入しました。株価は底値圏で推移していたこともあって割安感も強く、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4696]ワタベウェディング 
[1部]業種:サービス業
終値352円/前日比-55円
▼クリックで株探ページ▼

海外挙式サービスの草分けでシェア過半。雅叙園、メルパルク運営。婚礼衣装販売も。 本日大幅安です。朝方に読売新聞オンラインが独自ニュースとして、同社は私的整理の一種である事業再生ADRを使って経営再建を目指す方向で最終調整に入ったと報じています。新型コロナウイルス感染拡大で婚礼需要が激減し、昨年末時点で8億円の債務超過に陥っており、19日にも発表するとのことです。これを受け大幅安で始まるも寄り後は下げ渋っています。先週には第57期定時株主総会招集通知で、昨年12月末時点でZOZO創業者の前澤友作氏が同社株を0.94%にあたる9万3200株保有していることが明らかになり、思惑的に同社株は買われていました。現在も保有しているかは不透明ながら前澤氏がスポンサーとして名乗りを上げる期待もあるのではとの見方もあるようです。何れにせよスポンサーは出てくるとの見方が強く、押し目買いも入り易いようです。なお、後場には日経ビジネスオンラインで、スポンサーにキャベジンコーワの興和が浮上と報じています。今後の展開が注目されます。



[3464]プロパティエージェント 
[1部]業種:不動産業
終値2,300円/前日比+212円
▼クリックで株探ページ▼

東京23区や横浜地区で資産運用型不動産の開発・販売・管理を手掛ける。 本日寄り付きに伴う商い一巡後から上値追いが本格化し、上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に連結決算を発表。従来、非連結としていた2021年3月期決算を連結決算に移行し、2021年3月期の連結経常利益は前期非連結比6.8%増の16.5億円見通しとなりました。2021年1月のクレイシアIDZ学芸大学の竣工に伴い、その主力事業である「FreeiD事業」が本格的に開始したため、今後の質的重要性を勘案し、2021年3月期第4四半期より連結決算へ移行します。株価は青天井圏をどこまで駆け上がれるか注目されます。



[4395]アクリート 
[M]業種:情報・通信業
終値1,380円/前日比+51円
▼クリックで株探ページ▼

企業から個人向けのSMS(ショートメッセージ)配信代行サービス。認証用途が拡大。 本日一時1,545円まで買われる場面も見られました。LINE利用者の個人情報が中国の関連会社で閲覧可能な状態になっていた問題を受けて、武田総務相は19日の記者会見で総務省が採用活動や意見募集などで使っているLINEの運用を停止する考えを示したと前場中に報じられました。全国の自治体では、住民の利便性向上や業務効率化のため、保育所の入所申請や住民からの相談業務、粗大ゴミの収集などでLINEを活用しています。実際に自治体でのLINE利用停止が決まれば代替えとしてSMS(ショートメッセージサービス)を利用するようになるのではとの思惑で、SMS配信代行サービスを手掛ける同社株が物色された様子です。同様にSMS関連で[2323]fonfunも買われました。ただ、後場は買い一巡後に垂れており、この動きからも物色が続くと見ている向きは乏しい様子です。



[7060]ギークス 
[1部]業種:サービス業
終値1,768円/前日比+154円
▼クリックで株探ページ▼

ITフリーランスの働き方支援や企業とのマッチング事業。フィリピンでIT人材育成事業。 本日買い先行スタートから大幅反発しました。同社は昨日引け後に、従来無配を予定していた2021年3月期の期末配当予想について、初配当となる10円を実施すると発表。普通配当5円に加えて、2020年4月3日付でマザーズから東証1部へ市場変更したことを記念して5円の記念配当を実施します。本日の大幅高で株価は、1月後半から続いた1,600円近辺でのレンジ相場を上放れてきており、目先の目標は昨年1月に付けた昨年来高値1,793円ということになります。



[3856]Abalance 
[2部]業種:電気機器
終値4,860円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

創業のソフト開発から主力を太陽光発電事業にシフト。建機販売も。海外進出。 本日大幅上昇です。本日発売された会社四季報「春号」の内容が好感されているとの見方です。業績予想は前号から上方修正されており、文言には同社が昨年子会社化した太陽光パネルを製造するベトナムのVSUN社が、バイデン米政権から大型受注相次ぐと書かれています。更にVSUN社はベトナムのハノイ市場の計画ありとも書かれており、これらが好感されて本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。同社株は前回も四季報発売日に、内容が好感されてストップ高まで買われ、その後も上昇基調を続けた経緯があるだけに今回も四季報を機に上昇基調になってくるのではとの期待もある様子です。



[3976]シャノン 
[M]業種:情報・通信業
終値2,612円/前日比+181円
▼クリックで株探ページ▼

クラウドでマーケティング業務自動化、企画・開発・販売。コンサルティングにも強み。 本日後場寄り直後から急伸し大幅続伸となりました。同社は本日12時30分頃、4月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表。投資単価当たりの金額を引き下げることで、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的とのことです。効力発生日は5月1日で、直近の株価は11-1月期決算の発表を受け先週末に急騰劇を演じていましたが、その後の中段保ち合いを経ての本日一段高を達成しており、まだ上値余地は残っていそうです。



[9983]ファーストリテイリング 
[1部]業種:小売業
終値91,020円/前日比-5,910円
▼クリックで株探ページ▼

SPA大手で世界3位。「ユニクロ」を世界展開。「ジーユー」「セオリー」なども。M&A狙う。 本日大幅安です。本日後場寄り後に日銀が金融政策決定会合の結果を公表。ETF買入れについて年間増加ペースの上限を12兆円と据え置いたものの、年間6兆円目安に買い入れるとの文言は削除しました。これに関しては既に報じられていたこともありサプライズ感は無いものの、ETF買入れについては今後、指数の構成銘柄が最も多いTOPIXに連動するもののみを買い入れることにするとのことです。これを受け日経平均寄与度が大きい同社株が売られる動きになっています。日銀によるETF買入れで同社株はかなり嵩上げされているとの見方もあることから、徐々に是正されるとの警戒で見切り売りに繋がった様子です。来週も弱含みの展開になる恐れもあるのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4978]リプロセル  [JQG]業種:化学
終値396円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオベンチャー。iPS細胞関連の研究試薬など東大・京大と研究。製造受託にも。本日ストップ高を付けました。同社は本日10時に、新型コロナウイルス用ワクチンの開発を目指す国際的研究コンソーシアムへの参加を発表。医療従事者や感染者の家族など感染リスクの高い人々を初期のターゲットとし、鼻腔内への投与でワクチン効果を狙うとしています。また、将来新型コロナウイルスが変異した場合にもワクチン効果が維持されるようにデザインする予定とのことです。株価は3月13日に付けた安値から反騰場面にあり、一目均衡表でも本日雲を抜けたことで、2月に付けた高値436円を目指す動きにあります。



[5704]JMC  [M]業種: 非鉄金属
終値643円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

3Dプリンター・砂型鋳造による試作、樹脂・金属部品を生産。CTスキャンの3D化も。本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末に広島大学などの研究チームが、動力を必要としない人工呼吸器の部品を開発したと発表。3Dプリンターで製作出来、新型コロナウイルス感染拡大で人工呼吸器が不足している海外を含め、医療現場での実用化を目指すとのことです。これが読売新聞オンラインで報じられており、本日の日本市場では3Dプリンター関連株には追い風になっている様子です。同社は医療用向けの3Dプリンター出力事業を手掛けており、株価は上場来安値圏で時価総額も小さい小型株だけに物色が続く期待もあるのではとの見方が多い様子です。



[7932]ニッピ  [JQ]業種:その他製品
終値3,290円/前日比+453円
Yahooの株価リンクはこちら

コラーゲン・ゼラチンなど化粧品が主力。皮革も展開。iPS細胞開発に注力。 本日ストップ高の一本値で続急伸しています。同社は先週末27日引け後に、東京都足立区千住に保有する土地の売却に伴い、固定資産譲渡益が発生する見通しとなったと発表。これに伴い、2021年3月期に売却益52億9,200万円を特別利益に計上する見込みとなりました。5月15日発表予定の2021年3月期業績予想に織り込む予定としています。本日は差し引き11万株超の買いものを残して終えましたが、明日以降寄り後の方向性が重要視されます。



[2345]アイスタディ  [2部]業種:情報・通信業
終値981円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

IT技術者向け学習ソフトを開発・販売。eラーニングが主力。ブロックチェーンも。カイカ傘下。 本日ストップ高の一本値で、eラーニング関連として買われています。先週土曜日に、安倍首相が記者会見し、新型コロナウイルスについて国内での感染が急拡大してもおかしくはなく、長期戦を覚悟する必要があるとの見解を示し、最大限の警戒を呼び掛けました。小中高校の春休み明けからの再開方針見直しもあり得るとも発言しており、これを受け学校再開は難しいのではとの見方が強まり、eラーニング需要が高まるとの思惑から関連株に買いが見られています。[3998]すららネットや[3933]チエルも買われており、明日以降も物色が続くか注目されます。



[4441]トビラシステムズ  [M]業種:情報・通信業
終値1,400円/前日比+234円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホや固定電話向けの迷惑情報フィルタリングサービス提供。ソフトバンクが採用。本日買い気配スタートから続急伸しました。同社はスマートフォン向けのクラウドビジネスフォン「トビラフォンCloud」を本日30日正午から販売開始すると発表。これまで社内でしか内線をせなかった従来型のビジネスフォンに替わり、社内外どこにいても内線、保留、転送などを使用出来ることから、テレワーク環境を支援するとしています。なお、会社側では業績への影響は軽微としているため需給相場になりますが、25日移動平均線レベルを固められれば一段高へ向かうことになりそうです。



[6849]日本光電  [1部]業種:電気機器
終値4,335円/前日比+375円
Yahooの株価リンクはこちら

医用電子機器メーカー。脳波計は世界首位。生体情報モニターに注力。AEDも。本日大幅続伸となり、連日で高値を更新しています。引き続き新型コロナウイルス感染拡大により世界的に人工呼吸器の不足が懸念されており、同社は人工呼吸器を手掛けていることから、特需期待で買われています。また、今朝の日経新聞では、西村康稔経済財政・再生相は29日、新型コロナウイルス感染拡大に備え、人工呼吸器の増産を関連企業に要請する方針を明らかにしたと報じられています。この報道も追い風になっている模様です。同社株は時価総額も大きいだけに、物色は続き難いとの見方も多いものの、人工呼吸器需要は今後更に拡大するのは必至だけに、大きくは崩れ難いとの声も多く、他にも[6960]フクダ電子や[8086]ニプロなども関連株として買われています。



[7060]ギークス  [M]業種:サービス業
終値1,123円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ITフリーランスの働き方支援やITフリーランスと企業のマッチング事業を展開。本日大きく急伸しました。同社は先週末27日引け後に、東京証券取引所の承認を受けて、4月3日付で東証マザーズから東証1部へ市場変更することになったと発表しました。本日はTOPIX連動ファンドなどによる買い需要を先取りする形で買いが入っています。なお、2月の決算発表において、4-12月期の連結経常利益が15.7%に伸び、通期計画に対する進捗率も84.7%に達するなど好調な業績も背景に強い上昇トレンド入りも見込まれます。



[9969]ショクブン  [2部]業種: 小売業
終値286円/前日比+35円
Yahooの株価リンクはこちら

中京地盤の家庭向け食材宅配大手。夕食材料が主力。介護食材の供給も。 本日大幅高です。新型コロナウイルスの感染者が国内で一段と増えてきており、首都圏ロックダウンの警戒感も高まってきています。それを受け食材宅配を手掛ける同社には追い風になるのではとの思惑から改めて物色されています。2月にも特需期待で買われる場面が見られていましたが、今月は地合いが一段と悪化したことで同社株も売られていました。しかし、最近は戻り基調を続けています。同社は東海地区中心に事業展開していますが、首都圏が実質的なロックダウンとなれば、東海地区なども警戒感が高まるとの見方も多く、小型の貸借銘柄だけに物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ