株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6962]大真空

[6938]双信電機 
[1部]業種:電気機器
終値529円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

日本ガイシ系電子部品メーカー。産業用ノイズ除去フィルターなど柱。情報機器向けも。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常損益は4,300万円の黒字に浮上し、従来予想の2,000万円の黒字を上回って着地。2022年3月期の同利益は前期比14倍の6億円に急拡大する見通しを示しました。ただ、ボリンジャーバンドの+3σを超えるなど過熱警戒感も懸念される水準に達しており、調整入りも想定されます。



[5486]日立金属 
[1部]業種:鉄鋼
終値2,120円/前日比+225円
▼クリックで株探ページ▼

高級金属製品や磁性材料等で世界高シェア。日立電線と合併。環境分野開拓。 本日大幅高です。一昨日28日に、[6501]日立製作所が正式に米投資ファンドのベインキャピタルなどの日米ファンド連合に同社株の売却を発表。それに伴い、ベインキャピタルは同社株を一般株主から1株2,181円でTOBを実施するとのことです。事前報道で買収額は8,000億円超と報じられていただけにTOB価格は1,900円台になるとの見方が多かったものの、実際の買収額は8,100億円超で、ほぼ事前報道通りでした。ただ、日立製作所が保有する同社株は1株1,674円で取得し、残りの株主からは1株2,181円のTOBで取得するとのことで、本日はそれにサヤ寄せする格好で始まるもTOB価格2,181円からは結構乖離しています。TOBは11月下旬を目途に実施とのことで、未だ日柄が多いだけにTOB価格からの乖 離が大きいのは止むを得ないと言えます。日柄と共に徐々にサヤ寄せしていくのではと見られています。



[9696]ウィザス 
[JQ]業種:サービス業
終値575円/前日比+69円
▼クリックで株探ページ▼

学習塾「第一ゼミナール」主力。ICT教育。通信制高校生サポートや個別指導塾も。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反発し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が160億円から前の期比7.5%減の162億7,000万円へ、営業利益は5億円から同23.2%減の10億8,000万円へ、最終損益は1億5,000万円の赤字から同90.8%増の6億2,000万円の黒字へ上振れて着地したようだとしています。株価は昨年6月の戻り高値を更新した処で上げ一服となりましたが、目先はこの600円レベルがポイントとなりそうです。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値2,775円/前日比-225円
▼クリックで株探ページ▼

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 本日大幅安です。同社は一昨日28日に子会社が手掛けるスマートフォン向けの新マッチングアプリ「恋庭」の配信を開始したと発表。ただ、好感する動きは見られず本日は朝から売られています。既に4月12日には「恋庭」配信日が4月28日に決定したと発表していただけに目新しさは乏しく、4月12日以降配信開始へ向けてイベントドリブン的に同社株を買っていた向きも多いと思われ、配信開始で出尽くし的に売られた格好です。セールスランキングが圏外になっているとのことが嫌気されているとの見方もありますが、ゲームの性質上セールスランキング上位になるような可能性は低いとの声も少なくありません。それだけに市場では過剰に期待され過ぎていたのではと見られています。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値2,248円/前日比+298円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年9月期の連結業績予想について発表。売上高を5,000億円から前期比25.4%増の6,000億円へ、営業利益を300億~350億円から同69.7~84.5%増の575億~625億円へ上方修正し、併せて期末一括配当予想を9.25円(株式分割考慮)から10円へ引き上げています。本日の株価は大幅ギャップアップスタート後も上げ幅を広げており、新しいステージ入りを匂わせています。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,864円/前日比-251円
▼クリックで株探ページ▼

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日大幅安です。同社は一昨日28日に、大幅増収増益の1Q決算と中間・通期業績の上方修正を発表。市場コンセンサスは無いものの、四季報予測は大きく上回っています。それが好感されて買い優勢で始まるも寄り後は売られてしまう動きになっています。そのままマイナス圏まで売られ、下げ幅を拡大する動きとなって出尽くし的な格好になっています。新型コロナウイルスの影響が追い風になっており、所謂ウィズコロナ銘柄だけに今期業績がピークとの見方が多いようで、買い手より手仕舞う向きが多い様子です。ただ、コロナ収束後も同社サービスの需要はなくならず、緩やかながらも業績拡大は続くとの見方も少なくありません。それだけに更に下げれば買いも入る期待があるとの声も聞かれました。



[6378]木村化工機 
[1部]業種:機械
終値801円/前日比+96円
▼クリックで株探ページ▼

化学プラント主力。原発関連の容器、濃縮機器に強み。公害防止用機器も。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反発し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が203億円から前の期比3.9%増の215億1,000万円へ、営業利益は10億2,000万円から同8.6%増の19億円へ、最終損益は7億2,000万円から同9.5%増の13億3,000万円へ上振れ、減益予想から一転して営業増益で着地したようだとしています。株価は直近レンジを上放れてきており、次なる目標は2019年12月高値839円になります。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値30,300円/前日比-7,000円
▼クリックで株探ページ▼

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は一昨日28日引け後に、OEMパートナーであるNTT西日本から、AI-OCRサービスのライセンスの内、未使用分について期間満了日をもって更新を行わない旨の通知を受けたと発表。NTT西日本が販売した多くのユーザーが、AI-OCRサービスのライセンスを1年間の最低利用期間を待たずに解約しているとのことです。その数は9284件中、8割超となる7636件が5月から6月に不更新が見込まれるとのことです。もし、NTT西日本が全てのライセンスを更新しない場合、今期売上高へ与える影響は17.63億円にもなるとのことだけに業績へのインパクトは多大だと見られています。また、連想的にNTT西日本だけでなく、他の販売先の不更新も警戒されている模様で、何れにせよ高成長をかなり織り込んで同社株は買われてきただけに、成長期待も剥落した格好で下値は深いと見る向きも多いようです。先ずは5月12日に予定している本決算で示す今期見通しが注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,175円/前日比+165円
Yahooの株価リンクはこちら

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日買い気配スタートから急反発し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、ライブ配信拡張ツール「Doneru(どねる)」などの運営を行うZEROUM社と資本・業務提携したと発表。今回の提携により、同社が運営するポイントサイト「モッピー」とのポイント連携準備が進行中で、Doneruでモッピーポイントを使った投げ銭(ドネる)が、来年以降可能になる予定とのことです。本日の大幅高で株価はここ数日の保ち合いレンジを上放れており、一段高となれば更に値動きは軽くなります。



[7726]黒田精工 
[2部]業種:機械
終値2,265円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体装置向け直動関連機器や精密金型が主力。工作機械、計測システムも。 本日もEV関連株が色々と派手に物色されており、同社株もその流れが続いている格好です。本日はストップ高まで買われて2018年6月以来の高値水準になっています。先月中旬以降から確りとした展開となっており、先月末から物色が加速している格好です。同社の金型内接着積層技術「グルー・ファステック」は、EVなど駆動用モーターに採用されていることから、EV関連株との位置付けが強く、更に小型の貸借銘柄ということも物色加速に繋がっているようです。同社株はこのグルー・ファステックネタで、ちょうど4年前の2016年11月末から12月に掛けて大相場を作った経緯があり、その記憶がまだ残っている個人投資家も多いだけに思惑買いも入り易いようです。来週の動向が注目されます。



[6962]大真空 
[1部]業種:電気機器
終値2,537円/前日比+226円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶デバイス大手。音叉型など高シェア。人工水晶素材から一貫生産。 本日大きな窓を空けての大陽線で10連騰し、年初来高値を更新しました。高速通信規格5Gの商用サービス普及の過程で基地局投資が今後一段と加速する状況にある中、同社は水晶デバイス専業大手で技術力の高さを売り物としており、水晶発振器ではこれまでのTCXO(温度補償水晶発振器)よりも小型で低消費電力のOCXO(恒温槽付水晶発振器)を開発しています。株価は、7月以降レジスタンスとなっていた2,400円台を上抜けてきましたが、目先はこのレベルを固められるかが焦点になりそうです。



[4755]楽天 
[1部]業種:サービス業
終値1,040円/前日比-82円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販大手。金融、旅行、電子書籍など幅広く展開。携帯電話に参入。 本日大幅安です。昨日、[9437]NTTドコモが正式に新プランの料金を発表。月額2,980円でデータ利用量20ギガ、1回5分間までの国内通話無料、5Gにも対応し、データ通信は海外でも追加料金無しで利用可能です。楽天モバイルは月額2,980円でデータ利用量無制限のため、NTTドコモより安いと言えますが、20ギガ以内しか使わない楽天ユーザーは、NTTドコモの新プランへ移行する人もかなり出てくるとの懸念も強いようです。それに同社の通信網は未だ整備途上で、やはりNTTドコモの通信網を直で利用出来るのは大きいだけに同社はNTTドコモの新プランに対抗して値下げしてくる可能性もあるのではとの見方もあります。何れにせよ同社の携帯電話事業への不透明感は強まったと言え、本日は見切り売りに繋がっています。



[6902]デンソー 
[1部]業種:輸送用機器
終値5,733円/前日比+413円
Yahooの株価リンクはこちら

トヨタ系の自動車部品国内首位、世界2位。カーエアコンで高シェア。技術力に強み。 本日大幅続伸となり、年初来高値を更新しています。EV関連で買われているとの見方もありますが、足元でアナリストによる強気なレポートが相次いでおり、見直し買いが加速しているような格好です。先月末には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が「強気」継続で目標株価を6,300円まで引き上げ、今月に入ってはUBS証券が2日付で「Buy」継続、目標株価を6,700円まで引き上げ、更にゴールドマン・サックス証券は3日付で投資判断を「買い」へ格上げし、目標株価を6,500円まで引き上げています。ゴールドマン・サックス証券は同社を電動化の恩恵を受ける筆頭銘柄だと指摘しています。また、4日付でみずほ証券が「買い」継続で目標株価を6,200円まで引き上げたことが本日伝わっています。来週も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値496円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、第4四半期に受取保険金1,000万円を営業外収益として計上すると発表。10月頃より加入していたマネジメントリスクプロテクション保険に基く保険金を11月30日に受け取ったことが要因です。なお、同営業外収益は来年2月中旬に発表する2020年12月期決算において織り込む予定としています。足元の株価は底値水準に達していたため、目先は5日移動平均線ブレイクに期待が掛かります。



[9424]日本通信 
[1部]業種:情報・通信業
終値194円/前日比+4円
Yahooの株価リンクはこちら

仮想移動体通信事業のパイオニア。MVNOの付加サービス提供。デジタルID構築強化。 本日前場は軟調推移でしたが、後場から買われています。同社は12時半にNTTドコモの新料金対抗プラン投入を発表。「MVNO潰し」ではないかと言われているNTTドコモの新料金に対してMVNOの代表として対抗プランを1,980円で投入するとのことです。これが好感されて買われましたが、上値は重く、現状でも赤字企業だけに値下げによりかなり収益悪化に繋がるとの懸念も強い様子です。値下げによりユーザーが増えれば良いですが、値下げ分を補える程の増加は見込めないとの見方も多く、同社が言うようにNTTドコモの新プランは本当にMVNO業者を潰すことなりそうです。MVNO首位級の[3774]インターネットイニシアティブは本日大幅安となっています。



[5955]ヤマシナ 
[2部]業種:金属製品
終値79円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

ねじを生産。十字穴ねじが主力、自動車・家電向け中心。試験・分析サービスも。 本日後場14時過ぎから出来高を伴い急伸し、年初来高値を更新しました。同社は本日、インドIT大手のテックマヒンドラとインフラなどを管理するシステムの研究開発と提案を行うことで合意したと発表。テックマヒンドラが持つ5Gなどのネットワーク技術やITシステムの構築、センサーなどの開発力とヤマシナの部品開発力を融合させ、クルマやインフラ、工場などに提案出来る部品も含めた革新的な管理システムを研究開発するとしています。本日の株価はザラ場高値から大きく上げ幅を縮めており、週明けの落ち着き処が重要になります。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ