株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6954]ファナック

[8806]ダイビル 
[1部]業種:不動産業
終値1,764円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

商船三井系のビル賃貸老舗。地盤の大阪と東京に好立地物件保有。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値で4営業日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新しました。同社の親会社である[9104]商船三井が、完全子会社化を目指してTOBを実施すると発表しています。TOB価格は2,200円で買い付け期間は本日から2022年1月18日までで、TOB完了後に同社株は上場廃止となります。同社はTOBに対して賛同の意を表明しており、TOB価格に完全サヤ寄せを目指す動きとなります。



[5659]日本精線 
[1部]業種:鉄鋼
終値5,080円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

大同特殊鋼系でステンレス鋼線最大手。ばね、ネジ等向け主力。金属繊維を強化。 本日大幅買い気配スタートからストップ高の一本値で続急伸しました。同社は昨日引け後に、[5471]大同特殊鋼が同社に対してTOBを実施すると発表しています。TOB価格は1株5,300円で、買い付け予定数は49万6600株(下限は44万1400株、上限は49万6600株)、買い付け期間は本日から2022年1月18日までで、新たなリリースが無ければ株価は明日、TOB価格にサヤ寄せして落ち着いた動きに入っていきます。



[6634]ネクスグループ 
[JQ]業種:電気機器
終値165円/前日比+18円
▼クリックで株探ページ▼

通信機器開発が祖業。衣料・雑貨、ネット旅行が主力。フィスコと株式持ち合い。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われる場面も見られました。同社は昨日、事業基盤再構築を目的とした構造改革の実施を決定したと発表。その中で同社は現在注目されている「メタバース」の分野に進出することも明らかにしています。メタバースの仮想空間で提供されるサービスやデジタルコンテンツの取り扱い、ブロックチェーン技術を利用したトークン「ネクスコイン」を活用したサービスの提供、更に仮想空間を楽しむためのハードウェアの開発・販売などを検討しているとのことです。これが好感されて朝方派手に物色されるもストップ高の売り圧力が強く、結局崩れて上げ幅を縮小しています。足元で地合いが悪化していることも売り急ぐ向きが多くなっている要因との声も聞かれました。



[3799]キーウェアソリューションズ 
[2部]業種:情報・通信業
終値592円/前日比+20円
▼クリックで株探ページ▼

総合基幹業務システムサービス。インフラ関連が主体。NECが筆頭株主で依存度大。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に、JR東日本情報システムとの資本業務提携を発表。両社の人材・スキルの交流によるシステム開発運用、AIやIoTなどの新規事業分野における技術交流。両者の社の顧客基盤・販路を活用した自社商材の外販力の強化などを掲げています。株価は一時25日移動平均線を大きく上振れましたが、戻り圧力も強く、同線を下回っての大引けで上値は重く、再度5日線付近への調整も考えられます。



[6095]メドピア 
[1部]業種:サービス業
終値3,900円/前日比+325円
▼クリックで株探ページ▼

医師コミュニティサイト運営。医師転職支援、薬剤評価掲示板、健康相談も運営。 本日大幅上昇です。大和証券が同社株の投資破断を「3(中立)」から「2(アウトパフォーム)」へ格上げしたことが刺激になっている模様です。ドクタープラットフォーム事業が従来の同証券想定を上回るペースで成長すると考えることが、格上げの主な理由とのことです。医師会員数増加などによる単価上昇や新サービス拡充が成長ドライバーになると見ており、新サービスや単価上昇の効果は下期以降に大きく発現すると見込んでいるとのことで、1Q(10-12月)の同事業売上高は前年同期比24%増とやや低成長と予想され、短期的には株価下落の可能性があろうとも指摘しています。それでも向こう12ヵ月の目標株価は4,800円としており、時価を大きく上回ることから本日は見直す動きに繋がっています。明日以降も見直し買いが続くのか注目されます。



[4591]リボミック 
[M]業種:医薬品
終値638円/前日比-38円
▼クリックで株探ページ▼

東大発の創薬ベンチャー。RNA活用した分子標的薬を開発。大手製薬と提携。 本日大幅安です。本日にも増担保規制が入る恐れがあるため、警戒感から売られています。足元で増担保規制が入った[2158]FRONTEOが、それを機に連日ストップ安となっていることから、今まで以上に増担保規制を警戒する向きも多い様子です。同社株は来年1月10日からサンフランシスコで開催されるJPモルガンHealthcareConferenceへの期待から足元で相場を作っている状況ですが、増担保規制への警戒から一旦売って、また下値で買い戻そうと思っている向きも多いのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[7623]サンオータス 
[JQ]業種:小売業
終値389円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

神奈川地盤にガソリンスタンドを経営。輸入車販売やレンタカー事業も展開。 本日後場14時過ぎから急伸し、一時ストップ高まで買われました。本日14時頃に、[5020]ENEOS HDとシェア型マルチモビリティー共同実証契約を締結し、超小型電気自動車と電動アシスト付き自転車のシェアリングサービス実証実験の開始を発表。この実証実験から得られた活用データの集積や検証により、新たなモビリティサービスの開発や他のエリアに向けた展開をENEOSと連携して検討を行い、今後の実用化を目指していくとしています。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値2,900円/前日比-700円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日3日連続のストップ安で、昨日と本日はザラ場寄らずとなっています。特に悪材料は見当たりませんが、急落前は非常に強い動きを続けており、テクニカル的にも過熱感が強まっていました。11月26日の引け後には信用増担保規制が入ったことで、翌営業日の29日には規制を機に手仕舞い売りが強まりストップ安まで売られました。ちょうど同じタイミングで、新型コロナウイルスのオミクロン株によるリスク・オフの動きが強まったことで地合いが悪化。それにより積極的な押し目買いも入り難くなり、昨日本日とザラ場寄らずになってしまった格好です。ただ、明日は下限値幅4倍となるため、リバウンド期待の短期資金も集まって乱高下が見られそうです。明日は確り反発出来るのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7735]SCREEN HD 
[1部]業種:電気機器
終値10,400円/前日比+790円
▼クリックで株探ページ▼

半導体・液晶製造装置が主力。ウエハ洗浄装置で世界首位。画像処理機器も。 本日大幅買い気配スタートから3営業日続伸しました。同社は昨日引け後に、2022年3月期連結業績について発表。売上高が3,915億円から前期比27.7%増の4,090億円へ、営業利益は445億円から同2.2倍の545億円へ、純利益は280億円から同2.4倍の360億円へ、年間配当は180円から231円へ、当初の会社計画を上回りそうだとしています。本日の株価は大幅高も4月高値以降のレジスタンスラインを超えられずにおり、同ラインを明確に上放れなければ戻り売りに押されることになります。



[6804]ホシデン 
[1部]業種:電気機器
終値1,202円/前日比+97円
▼クリックで株探ページ▼

情報通信部品大手。コネクター、スイッチなど主力。ゲーム関連は任天堂比率が大。 本日幅上昇となり、年初来高値を更新しています。昨夕提出された大量保有報告書によれば、アクティビストで知られる旧村上ファンド系の投資会社シティインデックスイレブンスが同社株を大量保有(5.08%)していることが明らかになっています。保有目的は「純投資・重要提案行為等を行うため」としています。更に買い増すとの思惑も出ているようで、本日は物色材料になっている格好です。ただ、[7516]コーナン商事のように大量保有報告書を出したあと、買い増しせず少しづつ手仕舞いに動くという恐れもあるとの声も聞かれました。ちなみにシティインデックスイレブンスの平均買いコストは大量保有報告書によれば約946円となっています。



[4356]応用技術 
[JQ]業種:情報・通信業
終値5,870円/前日比+410円
▼クリックで株探ページ▼

トランスコスモス子会社。業務効率化ソフトが主力。構造解析、防災環境解析に定評。 本日寄り前から大量の買いを集め続急伸し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、12月31日(実質12月30日)を基準日として1株を2株とする株式分割を行うと発表。株式の投資単位あたりの金額を引き下げ、投資家がより投資しやすい環境を整えると共に、株式の流動性向上と投資家層拡大し、株主数の増加を図る目的としています。本日の株価は新値を更新した処で押し戻されており、目先6,200円台を固められるかが焦点になりそうです。



[6807]日本航空電子工業 
[1部]業種:電気機器
終値1,882円/前日比+198円
▼クリックで株探ページ▼

NEC系コネクター大手。小型、高速伝送で競争力。防衛省向け電子部品にも力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2022年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比11倍の89.4億円に急拡大し、従来予想の75億円を上回って着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の145億円から175億円に20.7%上方修正し、増益率は84.0%増から2.2倍に拡大する見通しとなっています。株価は7月中旬以降75日移動平均線に頭を抑えられてきましたが、本日の上放れで中期波動の上昇転換を印象付けています。



[4726]SBテクノロジー 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,130円/前日比+249円
▼クリックで株探ページ▼

ECサイト運営受託からクラウド、セキュリティ、データ分析へ軸足シフト。自社サービスを拡大。 本日大きな窓を空けて続伸しています。同社は昨日引け後に、2022年3月期第2四半期連結決算を発表。売上高が313.16億円、営業利益が22.05億円、経常利益が21.89億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が13.15億円となり、四半期純利益は第2四半期として過去最高となりました。また、通期の連結業績予想について、4月27日に公表した連結業績予想から修正しています。本日の株価は高寄り後も一段高を形成しており、52週移動平均線をブレイクすると景色が変わりそうです。



[7072]インティメート・マージャー 
[M]業種:サービス業
終値3,755円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

フリークHD傘下でデータマネジメントプラットフォームの提供やコンサルティング。消費データに強み。 本日年初来高値を更新しています。前場から買われていましたが、後場は特買いで始まりストップ高まで買われています。特に新たな材料見当たりませんが、ローソンが会員データとAIを活用したレシートやローソンアプリへの広告配信事業を2022年3月より開始すると発表しており、同社などの技術を活用するとのことだけに材料視されているとの見方です。ただ、これは26日に発表されており、既に昨日時点で一部で報じられていましたが、昨日は殆ど材料視されていませんでした。しかし、本日改めて材料視された格好になっており、この材料を知らなかった人は多いようで、SNS上で煽られたことで知れ渡り、見直し買いが集まったとの見方です。明日以降、上場時に付けていた上場来高値4,060円を取りにいけるか注目されます。



[4373]シンプレクスHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,590円/前日比+146円
▼クリックで株探ページ▼

コンサルティングサービスやシステム開発、運用保守などを手掛ける。 本日大幅上昇です。同社は本日引け後に2Q決算発表を予定しています。上場時に公表している1Q実績からも通期業績の上方修正期待も強い様子です。また、同社は東証1部直接上場だけに、本日の終値ベースでTOPIXに組み入れられるだけに、パッシブファンドによる特需買いが大引けに入ることから、その期待買いも本日の上昇に繋がっている面もあるようです。明日はTOPIX組み入れイベント通過となるため、出尽くし的に売られ易いと言えるものの、結局は決算次第になりそうだとの見方が多いようです。なお、引け後に発表された2Q決算は大幅増益決算となるも通期業績は据え置いています。この決算発表を受け明日の動向が注目されます。



[6954]ファナック 
[1部]業種:電気機器
終値22,250円/前日比-2,110円
▼クリックで株探ページ▼

NC装置で世界トップ。産業用ロボットに強み。小型マシニングセンタも。 本日大幅安となり、本日の日経平均を75円近く押し下げています。同社が昨日引け後に発表した2Q決算は大幅増収増益ながらも計画未達となっており、市場コンセンサスも下回っています。四半期ベースでは7-9月期は急失速している状況で、通期業績予想は下方修正しています。1Q決算発表時に通期業績は上方修正されており、コンセンサスでは通期は再度上方修正されるとの見方も強かっただけに失望感が強い決算になっています。決算説明資料によれば中国での受注減少が重しなっていますが、下期の想定為替レートは1ドル105円のままとしており、下方修正された数字はかなり保守的に見積もっているとの見方も多い模様です。明日以降下げ渋りが見られるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4657]環境管理センター  [JQ]業種: サービス業
終値482円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

環境総合コンサルタント。超微量分析に強み。放射線量測定、環境経営支援なども。 本日大きな窓を開けて続急伸し、ストップ高を達成しています。同社は先週末24日引け後に、2020年6月期第3四半期累計連結業績を発表。売上高が前年同期比9.4%増の34億6,000万円、営業利益は同11.8%増の2億8,500万円に伸びて着地しました。主力の環境調査部門の受注が2桁増加した上、受託試験やアスベスト測定を行う応用測定部門や原発事故に起因する放射能を測定する放射能部門も大きく伸びました。株価は中国持ち分法適用会社が日本向けマスクの輸出を3月から開始したことでも注目を集めてきましたが、第3四半期累計営業利益は通期計画を大きく超過しており、その注目は未だ続きそうです。



[8462]フューチャーベンチャーキャピタル  [JQ]業種:証券・商品
終値695円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系ベンチャーキャピタル。投資先の育成に注力。地方自治体、地銀と連携。本日寄り前から大量の買いものを集めストップ高で寄り付きました。先週末24日のテレビ東京系報道番組「ワールドビジネスサテライト」で、同社の出資先である医療関連ベンチャー、セルスペクト社が抗体検査の最前線として紹介されました。同社では同キットにより抗体検査全体の精度を引き上げたい考えだとのことです。本日の株価はザラ場の多くの時間をストップ高に張り付いたまま終えており、目先は75日移動平均線ブレイクからの一段高が見込まれます。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス  [M]業種:密機器
終値754円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。 本日大幅ギャップアップスタートから年初来高値を大幅に更新し、ストップ高を達成しています。新型コロナウイルス向けでは遺伝子検査装置などへの需要が期待される状況にありましたが、フランスのエリテック社と共同開発した全自動PCR検査システムがフランスの医療現場で既に利用されており、先週末24日に同社はフランス大使から礼状を受け取ったことを発表しています。本日の株価は高寄り後も強張り続けており、新展開に入った感があります。



[6954]ファナック  [1部]業種:電気機器
終値16,630円/前日比+1,775円
Yahooの株価リンクはこちら

NC装置で世界トップ。産業用ロボットに強み。小型マシニングセンタも。本日大幅上昇となり、本日の日経平均を64円近く押し上げています。同社が先週末発表した本決算は、前期業績大幅減収減益ながら計画は上振れての着地となっており、更に1-3月期の受注高が前四半期比で増加しています。今期見通しは上期計画だけ開示しており、大幅減収減益計画となっています。新型コロナウイルスによる影響で特に上期は酷くなると既に見られていただけに、改めて嫌気する動きは見られず1-3月期が良かっただけに、新型コロナウイルス終息で同社業績は急回復するとの期待も強いようで、本日は好感する動きが優勢となっています。一緒に自社株消却も発表していることや決算を受けて野村證券が2段階格上げしたことも追い風になっている様子です。



[4487]スペースマーケット  [M]業種:情報・通信業
終値874円/前日比+145円
Yahooの株価リンクはこちら

遊休不動産などのスペースを貸し借りする「スペースマーケット」を運営。本日大きく急伸しました。同社は先週末24日、NTT東日本とパートナー連携を行い、新型コロナウイルス感染拡大でニーズが増加中のサテライトオフィスを最短即日で契約出来るサテライトオフィス支援サービスを開始すると発表しました。株価は日経平均に連れ安を余儀なくさていたことで割安感も強く、目先は75日線をブレイクし、強い上昇トレンド形成も見込まれます。



[4424]Amazia  [M]業種:情報・通信業
終値4,765円/前日比+265円
Yahooの株価リンクはこちら

電子コミック。フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」などを展開。ユーザー向けを創出。本日大幅上昇です。[3658]イーブックイニシアティブジャパンが、先週末に本決算を発表し、前期業績は計画上振れとなり、今期業績は2桁増収増益計画を示しています。全国的な外出自粛による巣ごもり需要もある様子です。この決算を受けて、イーブックイニシアティブジャパンは本日ストップ高まで買われており、それが同社株など他の電子書籍関連銘柄にも刺激になっているとの見方です。同社は2月6日に発表した1Q(10-12月期)決算が非常に良かっただけに、巣ごもり需要で2Q以降の業績は更に良くなりそうだとの期待が改めて強かった様子です。それだけに中間・通期業績は大きく上方修正されるのではとのことです。なお、同社は5月11日に2Q決算発表を予定していますが、その前に上方修正が出てくるとの期待も強いようです。本日は[3981]ビーグリーと[3641]パピレスも買われています。



[3668]コロプラ  [1部]業種:情報・通信業
終値894円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホゲームで急成長。ゲームアプリの課金収入が収益源。VR分野や海外に展開。本日大幅上昇です。先週末同社は、同社が手掛けるスマートフォン向けアクションRPG「白猫プロジェクト」と、大人気TVアニメ「鬼滅の刃」のコラボイベント開催を決定したと発表。これが好感されて本日は物色材料となっている様子です。これにより課金が増えるとの思惑にも繋がっている様子で空売りも多く入っている銘柄だけに、買戻しのキッカケとなった面もあるようです。また、巣ごもり関連の出遅れとして買いを入れるキッカケになった面もある模様です。ただ、逆に外出自粛で「ドラクエウォーク」は落ち込むのは必至なだけに続く買いにはならないとの見方も多いようです。



[4348]インフォコム  [1部]業種:情報・通信業
終値2,583円/前日比-323円
Yahooの株価リンクはこちら

情報システム構築会社。ネット配信と両輪。電子コミックで最大級。医療関連強化。本日大幅安です。同社は本日昼に本決算を発表。前期業績は、ほぼ会社計画通りでサプライズはありませんが、今期見通しが失望されて後場から派手に売り込まれています。今期見通しは2桁増収ながら1桁増益計画に留まっており、同社は電子書籍事業も手掛けることから、巣ごもり需要で期待感も強かった様子で、前期業績は会社計画上振れ着地を期待していた向きも多かった様子です。今期見通しは四季報予測を大きく下回っており、新たな株主還元策の発表も無かったことも嫌気されたようです。明日以降下げ渋れるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ