株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6937]古河電池

[4421]ディ・アイ・システム 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,332円/前日比+391円
Yahooの株価リンクはこちら

システムインテグレーション事業やIT教育サービス事業。通信、金融、官公庁向けに強み。 本日窓を開けて急伸しました。同社は先週末20日引け後に配当修正を発表。12月31日基準日として1株を2株に株式分割する事に伴い、年間配当を従来計画の25円から12.5円に修正しましたが、実質配当は変わりません。株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的で、これを好感視する形で一時ストップ高を付けるなど買いが流入しました。引き続き買い優勢との見方も強く、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[6070]キャリアリンク 
[1部]業種:サービス業
終値1,780円/前日比+292円
Yahooの株価リンクはこちら

企業や官公庁向け人材派遣、業務請負。アウトソーシングやコールセンターに強み。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。先週20日に発売されたダイヤモンドZAiで、「【10倍株】5つの鉄則&注目株68」との特集記事が掲載され、その中で今後の「10倍株」候補の1つとして同社株が取り上げられている模様です。雑誌では他にも多数紹介されていますが、先週末21日にダイヤモンドZAi ONLINEでは、その特集記事から2銘柄が紹介されています。その内の1つが同社株で、本日の買い材料に繋がっているとの見方です。もう1銘柄は[3696]セレスが紹介されており、やはり大幅高となっています。所謂テンバガー候補は個人投資家が食い付き易いネタなだけに、物色が続く期待もあるのではとの声も聞かれました。



[6045]レントラックス 
[M]業種:サービス業
終値509円/前日比+59円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットの成果報酬型広告サービスや検索連動型広告代行。健康産業、不動産が多。 本日大きく急伸しました。同社は先週末20日引け後に10月度の月次売上高を発表。前年同月比40.6%増の10.4億円と急拡大しており、これがポジティブサプライズとなって株価を強く刺激しました。なお、2021年3月期業績予想は営業利益段階で前期比21.7%増の2.7億円円を計画していますが、上方修正の可能性も意識される展開となっています。ただ、株価はトリプルトップを形成し、ここから下落局面となることも想定されます。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値364円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日大幅続伸です。ビットコインの上昇を受けて、先週末に掛け買われていましたが、連休明けとなる本日は一段高になっています。先週末からビットコイン以外の仮想通貨が急伸してきており、同社傘下のコインチェックには追い風になるとの見方で見直されています。イーサリアム、リップル、ステラルーメンなどが連休中急騰しており、コインチェックは多くの仮想通貨を取り扱っており、業績寄与がかなり期待出来るとの見方に繋がっています。空売りも増えてきているだけに、踏み上げ的な思惑も強まっている様子です。仮想通貨動向に刺激を受けそうですが、仮想通貨物色はまだ続くとの見方も多いようで、明日も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[6955]FDK 
[2部]業種:電気機器
終値1,361円/前日比+198円
Yahooの株価リンクはこちら

富士通系。電気エネルギー事業に注力。電池軸にエンジニアリング。次世代電池模索。 本日大きな窓を空けて続急伸し、先週末に続き連日で年初来高値を更新しました。同社が直近で積層可能な10Ah水素/空気二次電池を開発したことを発表しており、同製品を用いた蓄電池システム開発を進め、2022年度の量産化を目指しています。業績面でも、2021年3月期営業利益を従来計画10億円から前期比54.5%増の13億円へと大幅増額修正しています。株価は先週末20日からの連続大陽線でレンジを明確に上放れ、2018年10月以来約2年1ヵ月ぶりの高値圏に浮上。値動きの荒い展開が続きそうです。



[9202]ANA HD 
[1部]業種:空運業
終値2,483円/前日比-49円
Yahooの株価リンクはこちら

国内線、国際線で首位。アジア近距離路線に強み。傘下にエアJ、ピーチ、ウイングス。 本日軟調です。先週末ロイターが、同社は公募増資で資金調達する方向で最終調整に入ったと報じています。2,000億円規模を想定しており、近く取締役会で決議するとのことです。[9201]日本航空が既に公募増資に踏み切っていることから、同社の公募増資はある程度警戒されていたものの、改めて嫌気されています。ただ、後場には物色されてプラスに転じる場面も見られました。菅政権が新たに設置した成長戦略会議の有識者メンバーの竹中平蔵氏が航空業界に対して、資本注入を含む大胆な公的支援の実行に向けた備えが必要だと提言し、更に業界再編を進めるべきだとの考えを示したと、ブルームバーグが報じています。この際、ANA HDと日本航空が一緒になったらいいとの見解を示したとのことです。これが材料視されて物色されたものの、物色一巡後は結局売られて往って来いとなっています。公的支援や日本航空との経営統合の可能性は現実的では無いとの見方も多い様子で、それより目先の公募増資への懸念が強い模様です。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,589円/前日比+293円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日買い気配スタート後も右肩上がりの展開となり大幅続伸し、一時ストップ高を付けています。同社は自動車用を主力とする二次電池メーカーで、親会社[5801]古河電気工業と共同開発した「バイポーラ蓄電池」に市場の関心が高まっているようです。来年度中にサンプル出荷を始める見通しにあり、再生可能エネルギー関連の有力株として頭角を現してきた格好でしょう。目先は6月19日の年初来高値2,096円にどこまで近付けるか注目されます。



[3810]サイバーステップ 
[2部]業種:情報・通信業
終値771円/前日比-150円
Yahooの株価リンクはこちら

オンラインゲーム開発大手。海外で人気。「ぐでたま」などゲーム課金収入が収益源。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。ネット上の旬な情報を国内外からジャンル問わず幅広く紹介するメディア「ねとらぼ」が、オンラインクレーンゲーム「トレバ」で、景品を獲得されそうになるとスタッフが裏操作しているとの疑惑について、ねとらぼ編集部が取材した処、同サービスを運営する同社が不正の事実を認めたと報じています。トレバは同社の収益柱と言えるだけに、その事業の先行き不透明感が意識され、本日は失望売りが殺到しています。同社はこの件に関して未だ何も発表しておらず、どのようなコメントを発表するのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4350]メディカルシステムネットワーク 
[1部]業種:小売業
終値524円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬品情報仲介で出発、調剤薬局持ち株会社に。後発医薬品製販に進出。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末6日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比78.2%増の13.9億円に拡大し、併せて通期の同利益を従来予想の16億円から25億円56.3%上方修正し、増益率が2.6%増から60.3%増に拡大する見通しとなりました。株価は底値近辺で推移していたこともあって割安感も強く、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[9201]日本航空 
[1部]業種:空運業
終値1,641円/前日比-202円
Yahooの株価リンクはこちら

国際線、国内線2位。公的資金の更生終結。豪カンタス航空と合弁で格安航空。 本日大幅安となり、上場来安値を更新しています。同社が先週末に発表した公募増資が嫌気されています。既に公募増資懸念は言われていたものの、今回の公募増資による新株発行数は発行済み株式数の3割近くになることから、希薄化懸念が改めて嫌気されています。本日の動きからも公募売出価格決定期間入りとなる11月18日までは、弱含みの展開が続きそうとの見方が多いようです。実際にそうなれば、公募売出価格決定後はアク抜け的に買われる動きになってくることが想定されます。ただ、世界的に新型コロナウイルス感染拡大が依然として続いていることから、先行き不透明感は拭えず一旦はアク抜けになったとしても、買いも続き難く、その後は改めて売られる懸念もあるのではとの声も聞かれました。



[3562]No.1 
[JQ]業種:卸売業
終値1,607円/前日比+176円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器・情報セキュリティ関連機器の販売や保守。中小企業向け定額サービス。 本日付の朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日は高寄り後の大陽線で続急伸しました。2021年2月期営業利益は前期比56%増の5億6,300万円と急拡大を見込み、また、同社子会社のアレクソンは業績面で多大に貢献している他、展開材料が豊富です。直近の株価は先月21日に2,317円の上場来高値を形成して以降調整局面にありましたが、業績内容は良好で75日移動平均線を足場とした買い直しの継続に期待が集まります。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値519円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日ストップ高まで買われて今年1月以来となる500円台に乗せています。米大統領選の動向に振り回されながらもバイデン氏の勝利がほぼ確実となり、7日夜にはバイデン氏が勝利宣言を行ったことから、改めてバイデン関連銘柄として、同社株など省エネ関連株が本日は総じて物色されています。同社は米国で太陽光関連事業手掛けることから、バイデン次期大統領による政策で恩恵を受けるとの期待が強い様子です。続く物色にはならないとの見方も多いですが、それだけに空売りも入り易く、踏み上げ相場に発展する可能性もあると期待する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9514]エフオン 
[1部]業種:電気・ガス
終値1,021円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

省エネ支援とバイオマス発電の両輪。自社発電所も運営。燃料の外販を拡大へ。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末6日引け後に決算を発表。2021年6月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比15.0%増の7.8億円に伸び、7-12月期計画の14億円に対する進捗率は55.8%となりました。株価は10月22日の1,050円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して反騰局面にあったため、上げ足を加速させました。目先、1,050円奪還を通過点にシコリのない青天井相場への発展が想定されます。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,227円/前日比+125円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅高です。蓄電池関連として改めて見直されているとの見方です。米大統領選はバイデン勝利がほぼ確定的で、本日は改めて再生可能エネルギー関連株が買われていますが、再生可能エネルギーの普及拡大には高性能な蓄電池が必要不可欠との見方が多く、日本でも先月経済産業相が、再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明しており、蓄電池などへも投資していくと述べています。大規模なクリーンエネルギー投資を掲げているバイデン氏が次期米大統領になることで、世界的にクリーンエネルギーシフトの流れが強まると見られており、そうなれば蓄電池にも注目が高まってくると言えるでしょう。



[3660]アイスタイル 
[1部]業種:情報・通信業
終値465円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

化粧品の口コミサイト「@コスメ」を運営。20-30代女性に照準。店舗展開、通販も。 本日大きな窓を開けて続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は先週末6日引け後に、[4497]ロコガイドを割当先とする第三者割当により、610万株の新株を発行すると発表。今回発行する新株の払込期日は11月25日の予定で、発行価格は1株当たり345円、調達資金約21億円は長期借入金の返済に当てる方針としています。財務基盤の強化の他、小売店舗に対するサービス付加価値の向上などが期待されており、株価の一段高が期待されています。



[4523]エーザイ 
[1部]業種:医薬品
終値7,819円/前日比-2,421円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬大手。神経系と消化器系に強み。がん関連や認知症薬分野に進出。 本日大幅安です。同社が米バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬について、6日にFDA(米食品医薬品局)が諮問委員会を行い、有効性に対して否定的な見解を公表。追加の臨床試験の必要性も示唆しています。FDAは2021年3月までに最終的な可否を判断する予定ですが、これにより承認の期待は大きく後退しています。これが日経新聞など各紙で報じられており、失望されています。先週にはFDAのスタッフが諮問委員会前にまとめた報告書で有効性を示したと報じられ、期待感から同社株は派手に上昇していただけに失望の度合いも大きかったようで、先週上げた分以上に本日は下げてしまっています。ただ、これで承認期待が完全に消えた訳では無いだけに、本日の下落は過剰反応との見方も多く、更に売られれば買いに動く向きも増えてくるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値165円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、北海道文教大学と包括連携協定を締結すると発表。今回の連携で北海道文教大学が持つ食品・栄養分野、医療分野、美容分野などの専門知識および幅広い人的ネットワークと同社が有する販売網および業界知識などを組み合わせ、アンチエイジングや健康寿命の延伸に繋がる商品・サービスなどを提供する予定です。株価は年初来高値186円ブレイクに期待が掛かります。



[6380]オリエンタルチエン工業 
[2部]業種:機械
終値690円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

小型チェーン主体。農機、事務機械向けに定評。精密機器関連部品も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線でストップ高まで買われました。東証が昨日引け後に、同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2020年9月30日時点の流通株式の時価総額が5億円以上となり、流通株式時価総額に関する上場廃止基準に該当しなくなったためとしています。本日46万株超の買いものを残して終えており、年初に記録した年初来高値744円を視野に捉えています。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値1,005円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、「不動産ファンド、日本で大型投資 グリーンオークが1兆円」と報じられており、不動産投資事業手掛ける同社には追い風との見方に繋がっています。また、国交省は昨日、不動産売買の重要事項説明をテレビ電話などの非対面でも認める方針を明らかにしたとも報じられていることも追い風になっているようです。明日以降、1月に付けている年初来高値1,110円を取りにいくか注目されます。なお、不動産非対面関連としては、[6093]エスクロー・エージェント・ジャパン、[4054]日本情報クリエイト、[3796]いい生活が本日買われています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値395円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日小幅安です。同社は昨日引け後に本決算を発表。今期見通しは大幅減収減益計画となっており、大きく売られて始まったものの、寄り後は下げ渋っており、下げ幅縮小の動きになっています。先週末から決算警戒もあって売られてきたことからアク抜けてきな格好になっています。また、同社は米国で太陽光関連事業を手掛けることから、バイデン銘柄という見方も多く、決算発表後の買いを狙っていた向きも多いようです。更に日経新聞電子版で、梶山経産相が太陽光や風力などの再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明したと報じられたことも追い風になった様子です。明日以降も買われていく展開になるのか注目されます。



[3021]パシフィックネット 
[2部]業種:小売業
終値2,552円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。テレワーク用レンタルを強化。 10月9日付の弊社朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日大幅高で年初来高値を更新しています。同社は昨日、第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.3%増の11億6.500万円、営業利益は同15.9%増の1億5,000万円、純利益は同22.8%増の1億100万円と2桁増益で、売上高・営業利益が第1四半期として過去最高となりました。株価は時間差で急速に上値を追い始めましたが、売り上がりも一手と言った処でしょう。



[3788]GMOグローバルサインHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値12,420円/前日比+1,560円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅上昇となり上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、「電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後200億円市場に」と報じられています。その記事内で[6027]弁護士ドットコムの1強体制に楔を打ち込もうとする動きも出てきたとのことで、日通系で「ワンサイン」を運営するワンビシアーカイブズと同社は2020年度中を目途に両社の顧客が互いのサービスを利用出来る仕組みを整えると報じられています。これを受け顧客獲得拡大に繋がるとの期待から、見直すキッカケとなったようです。足元で弁護士ドットコムは大きく買われてきており、連日で上場来高値を更新しているだけに、同社株は出遅れているとの声も聞かれました。同社の時価総額は1,000億円台ですが、弁護士ドットコムは3,000億円超となっています。



[3236]プロパスト 
[JQ]業種:不動産業
終値160円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏でマンション開発、販売代理を展開。土地再開発、中古不動産再生も。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年5月期第1四半期の経常利益は前年同期比23.7%増の9.9億円に伸びました。首都圏を中心に賃貸開発事業が伸長し、利益が拡大。通期予想は前期比1.2%増の15.55億円で据え置いていますが、進捗率は69.8%に達しており、近く上方修正される可能性があるとの期待が広がっています。7月1日に付けた高値189円を目指す動きにありますが、170円から上は売り圧力も強く、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,174円/前日比+85円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅上昇です。14時過ぎに日経新聞電子版が、梶山経産相が日経新聞のインタビューに応じ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「他の電源に比べ上位の主力電源にしていく」と表明したと報じました。また、普及の基盤となる高性能な蓄電池や洋上風力の整備などに予算を厚く配分する考えも示したとのことです。この記事を受けて、蓄電池を手掛ける同社株などに物色資金が集まりました。他にも蓄電池関連で[6674]ジーエス・ユアサコーポレーション、[5333]日本ガイシ、[6653]正興電機製作所や[6864]エヌエフHD、再生エネルギー関連で[9519]レノバ、[9517]イーレックス、[9514]エフオンなどが動意付いています。政策絡みのネタなだけに明日以降も物色が続くと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2397]DNAチップ研究所 
[2部]業種:サービス業
終値1,022円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

DNAチップ開発、遺伝子受託解析が主力。研究所などに販売。実験キット販売も。 本日寄り前から大量の買いを集め大幅5営業日続伸、連日で年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は肺癌細胞診検体を対象とした遺伝子パネル解析技術の有用性の検証について、聖マリアンナ医科大学と共同研究契約を締結しており、5月20日に聖マリアンナ医科大学倫理審査委員会の承認を取得したことを受けて本格的な臨床研究を開始し、マーケットの注目を集めています。株価の現値上方には、2019年3月高値1,061円、その前の1月高値1,247円が存在しています。



[2342]トランスジェニック 
[M]業種: サービス業
終値479円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

熊本大発のVB。マウス使った遺伝子解析に強み。研究用マウス作製技術で優位性。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、熊本大学および群馬大学と共同で出願していた「炎症可視化マウス作製とその応用」が、米国特許庁から特許査定を受けたと発表しました。なお、同件による2021年3月期業績への影響は無いとしています。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値918円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日、リチウムイオン電池比でトータルコストを半分以下に抑えることが可能な次世代2次電池である「バイポーラ型蓄電池」を[5801]古河電気工業と共同開発したことを発表。2021年度中にサンプル出荷、2022年度から電力会社などに製品を出荷する予定としています。同製品は再生エネルギー活用の本命にも位置付けられるなど期待度も高く、引き続き買い優勢の展開と見る向きが多いようです。



[4974]タカラバイオ 
[1部]業種:化学
終値3,385円/前日比+503円
Yahooの株価リンクはこちら

遺伝子研究用試薬と機器販売が主力。IPS細胞を使った再生医療に積極。 本日ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞一面で、同社は新型コロナウイルス感染有無を調べるPCR検査を2時間弱で最大5000件超を検査する手法を開発したと報じられています。主流のスイス製薬大手ロシュの手法に比べて処理能力は14倍以上向上するとのことで、FDA(米食品医薬品局)のEUA(緊急使用許可)を申請中で近く承認を得られる見通しだとのことです。承認されて米国で販売すれば業績への寄与も大きいとの期待から高値圏ながら改めて見直し買いが入っている様子です。[4563]アンジェスと共同開発している新型コロナウイルスワクチンへの期待もあるだけに、同社株は上場来高値目指すのではと期待する声も聞かれました。



[3911]Aiming 
[M]業種:情報・通信業
終値732円/前日比-90円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。 本日大幅安です。既に公表されている通り、スクエニと共同開発している新作スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」の事前登録が本日から開始されました。配信開始は夏になる模様です。これが伝わると後場急落気味に売られています。既に同社株はドラゴンクエストタクトへの期待感から、かなり前から相場を作っていただけに出尽くし的な動きになった様子です。配信開始されるまでは押し目買いも入りそうですが、基本的にドラゴンクエストタクトの思惑相場は一先ず終わったとの声も聞かれました。再度相場を作れるかどうかは、配信開始後のセールスランキング次第になりそうです。



[3903]gumi 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,010円/前日比-16円
Yahooの株価リンクはこちら

ソーシャルゲームからスマホアプリ開発が主力に。海外に強み。他社ゲームの海外配信も。本日下げ渋りました。足元は前期業績の上方修正を好感して買われていましたが、昨日引け後に本決算を発表。今期見通しは非開示としていることから、本日は手仕舞い売りに繋がった様子です。ただ、朝方に売られたあとは下げ渋りプラスに転じる場面も見られました。決算説明資料によれば、今期は主力のモバイルオンライン事業で前期を大幅に上回る過去最高の利益を目指すとのことだけに今期業績への期待も強いようで、下げた処では買いたい向きも多いようです。明日以降も底堅い動きを続けられるか注目されます。



[3680]ホットリンク 
[M]業種: 情報・通信業
終値552円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

SNSやネット掲示板などビッグデータ分析・活用するサービス。訪日客向け支援等。 本日安寄り後の急動意で大幅続伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。アフターコロナで活躍余地の高いAI関連の一角としてマーケットの注目度が高い状況ですが、米国子会社が世界最大級の知識共有プラットフォームQuoraと独占的データパートナーシップを締結するなど提携政略も積極推進しており、業容拡大効果に期待する買いも呼び込んでいるようです。直近の株価は1日の高値から調整中で5日線も下を向いていましたが、本日の大陽線で形勢逆転しています。



[9876]コックス 
[JQ]業種:小売業
終値245円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

イオン系のカジュアル衣料専門店。SC軸に全国展開。靴販売も。ECを強化。 本日ストップ高です。同社が6月1日から販売している夏でも快適に着用出来る「ひやマスク」への期待から買われています。昨日辺りからテレビなどで夏のマスク着用による暑さ問題が取り上げられており、同社の「ひやマスク」の需要が期待出来るのではとの思惑が強まっている様子です。本日昼にはイオンが同社開発の「ひやマスク」を順次全国のグループ企業で販売すると発表。グループ企業で総力を挙げ店舗やオンラインで順次販売とのことから、更に思惑が強まり、後場には一段高となってストップ高まで買われました。今後この「ひやマスク」がマスコミなどで取り上げられるとの期待も強い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7777]スリー・ディー・マトリックス [JQG]業種:精密機器
終値486円/前日比+64円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオベンチャー。ペプチド技術を応用し、医療製品を開発。国内外に展開。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[4563]アンジェスや大阪大学などが進める「プラスミドDNA製造技術を用いた新型コロナウイルス感染症向け予防用DNAワクチンの共同開発」に参画することを発表。アンジェスと共同で国内での臨床データを収集し、抗体検査キットの利用可能性を検討することが目的としています。これを受けて株価を強く刺激する形となっており、年初来高値更新に期待が掛かります。



[6045]レントラックス  [M]業種: サービス業
終値471円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットの成果報酬型広告サービスや検索連動型広告代行。健康産業、不動産が大。本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、4月の売上高が前年同月比65.2%増の12.8億円だったと発表しました。2ヵ月連続で伸びており、これを手掛かり材料として投資資金が攻勢を掛けました。株価は3月17日に底値を付けましたが、月次売り上げが好調に推移していることが好感視され、上昇トレンドを形成しています。引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[7779]CYBERDYNE  [M]業種:精密機器
終値499円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日大幅高です。一時2月下旬以来となる500円台を付けています。昨晩、日経新聞電子版で、同社は日本信号は駅構内などで使える車椅子大の自動走行する清掃ロボットを月内に商用化すると報じられています。新型コロナウイルスの感染防止対策として、消毒液の噴霧や紫外線の照射をしながら自動で巡回するとのことです。同社が開発し、日本信号が持つJRや大手私鉄、駅ビル事業者などへの販売網を通じて導入を促すとのことです。中国や欧米などに続き、日本でも新型コロナウイルス感染防止に向けて、ロボットを活用した消毒作業が広がると見られ、需要も期待されている模様です。それだけに見直し買いに繋がった様子です。



[4661]オリエンタルランド  [1部]業種:サービス業
終値15,195円/前日比+790円
Yahooの株価リンクはこちら

東京ディズニーランド・シーを運営。入園者数世界有数。ホテルや商業施設なども。 本日大幅高となり今年1月以来の15,000円台に乗せ、200日移動平均線も上抜いています。米フロリダのディズニーランドが営業を一部再開すると発表していることや米企業による新型コロナウイルスワクチンの開発期待が高まったことが追い風になっています。日本でも感染数が減少してきており、今週21日にも東京都など未だ緊急事態宣言が解除されていない首都圏も解除の是非が検討される見込みであり、営業再開も近いとの期待も強まっています。ただ、同社株は既にコロナショック以前の株価水準に戻していることもあり、実際に営業再開が決まれば出尽くしとなる恐れもありそうだとの声も聞かれました。なお、本日は他にもレジャー関連株には買われている銘柄が目立っています。



[7181]かんぽ生命保険  [1部]業種:保険業
終値1,322円/前日比+68円
Yahooの株価リンクはこちら

日本最大の生命保険会社。小口、簡易保険に強み。第一生命と提携。本日大幅高です。本日13時半に日経新聞電子版が、[6758]ソニーが[8729]ソニーフィナンシャルHDに対してTOB(株式公開買付)を実施し、今夏を目途に完全子会社化すると報じています。これを受けソニーフィナンシャルHDは急騰し直ぐに売買停止になりましたが、その後やや遅れて同社株が買われてくる動きになっています。ソニーフィナンシャルHDは日経平均採用銘柄だけに、ソニーが完全子会社化すれば上場廃止となり、替わりに同社株が日経平均に採用されるのではとの思惑です。同じ金融セクターでしかもソニーフィナンシャルHDと同じ保険業であり、同社株が代替で採用される可能性は高いのではとの見方が多い様子です。他にも金融セクターから[8410]セブン銀行や[8473]SBI HDも可能性があるとの見方から買われました。明日以降も買い続くかは微妙ながら、株価の下支え要因にはなりそうです。



[6937]古河電池  [1部]業種:電気機器
終値841円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日後場14時過ぎから商い急増を伴い急伸し、ストップ高まで買われています。同社は本日14時に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比20.0%増の32.3億円に伸び、8期連続増収となりました。1-3月期の連結経常利益も前年同期比58.6%増の14.7億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.8%から8.3%に改善しています。株価は、14時以降の動意で値動きが荒くなりそうなところも14時04分以降ストップ高に張り付いており、一段高を匂わせています。



[7687]ミクリード  [M]業種: 卸売業
終値1,031円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

旬の食材からデザートまで飲食店向け業務用食材の企画、販売を手掛ける。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反発し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、東証が19日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を70%以上とする)を解除すると発表。日証金も増担保金徴収措置の解除を発表しており、信用規制の解除により資金流入の活発化を期待する買いが入ったようです。直近の株価は、4月22日に上場来高値を付けて以降スピード調整を強いられてきましたが、本日の大幅高をキッカケに流れが変わる可能性が出てきています。



[1847]イチケン  [1部]業種: 建設業
終値1,374円/前日比+156円
Yahooの株価リンクはこちら

建設会社中堅。商業施設建築・内改装が主体。全国展開、マルハン系に。本日大幅上昇です。同社は14時に本決算を発表。前期業績は会社計画上回っての着地となっており、今期見通しはほぼ横這いと言った予想になっています。配当見通しも前期同様90円予想です。同社はパチンコ大手マルハン系で、商業施設の建設・内改装が主力事業だけに、新型コロナウイルスによる影響で決算への警戒感も強かった銘柄だけに株価は2月下旬以降、大きく売り込まれてきました。しかし、この見通しなら買いだとの見方で買われた様子です。ただ、決算短信に記載された今後の見通しのコメントによれば、新型コロナウイルスの影響については、現時点においてその影響額を合理的に見積もることが困難であることから、業績予想には織り込んでいないとのことです。そのため、上値は買い難いとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ