株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6668]アドテックプラズマテクノロジー

[6881]キョウデン 
[2部]業種:電気機器
終値430円/前日比+28円
▼クリックで株探ページ▼

プリント配線基板の試作品が主力。混和材、ガラス繊維原料も展開。 本日寄り前から大量の買いを集めて大幅反発しました。同社は昨日引け後に、2022年3月期の連結業績予想について発表。売上高を506億円から前期比15.9%増の545億円へ、営業利益を30億円から同73.3%増の41億円へ、純利益を19億円から同6.4%増の28億円へ上方修正しています。本日の株価は高寄り後の一段高場面も見られましたが、大引けに向けて垂れ安値圏で終えています。年初来高値に向かうのか、25日移動平均線に引き寄せられるのか、週明けくらいまでの反応が重要になります。



[6668]アドテックプラズマテクノロジー 
[2部]業種:電気機器
終値1,790円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

高周波プラズマ電源装置最大手。液晶、半導体装置向け主力。技術に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社が昨日引け後に発表した本決算が好感されています。前期計画を超過しての着地となっており、今期見通しは前期以上の大幅増収増益計画となっています。市場コンセンサスや会社四季報予想をも上回る数字になっています。足元は半導体需要のピークアウトが近いとの懸念から半導体株が下落しており、その影響もあって同社株も弱含みの展開を続けて随分と売られてきた格好でした。今期見通しへの警戒感もあった様子だけに、この強い見通しなら同社株の見直し余地は大きいとの見方も多いようです。今回の決算を受け同社株はどこまで見直されて買われるのか、明日以降の動向が注目されます。



[4439]東名 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,290円/前日比+99円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向け光回線サービスの提供や、情報通信機器・環境商材の販売。 本日10時前から商いを伴って急伸して大幅反発し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2022年8月期の連結経常利益が前期比50.9%増の6億8,200万円になりそうだと発表。今期は主力のオフィス光119事業で販売チャネル増加を通じて光回線サービスの新規顧客獲得を進めるとのことです。併せて配当を前期比1円増の12円に増配する方針も示しています。株価は直近で上値抵抗となってきた1,260円台を上放れ、居所を変える可能性が高まっています。



[3479]ティーケーピー 
[M]業種:不動産業
終値1,867円/前日比+214円
▼クリックで株探ページ▼

貸会議室大手。機材レンタル・短期オフィス・宿泊サービスなど展開。大塚家具と提携。 本日大幅上昇です。同社は昨日引け後に2Q決算を発表。四半期ベースの6-8月期は大幅増収で営業黒字に転換しています。ワクチン接種会場の利用や同社運営アパホテルで新型コロナウイルス感染者の軽症者用宿泊療養施設としての貸出しが収益化しているとのことだけに特需的な面もありますが、経済正常化により主力の貸会議室需要も高まることを考慮すれば、今後業績は更に回復出来るとの見方も多いようです。この決算を受けSMBC日興証券では、先日下方修正した通期計画は保守的だと指摘しています。また、同社は決算と同時に日経新聞との業務提携も発表していますが、それに関してもポジティブだと指摘しています。本日朝方に買われたあとは上げ幅を縮小していましたが、同社は11時から決算説明会を開催しており、それを受けてか後場は再び買われています。明日以降の動向が注目されます。



[4374]ROBOT PAYMENT 
[M]業種:情報・通信業
終値3,605円/前日比+245円
▼クリックで株探ページ▼

インターネット決済代行サービスや請求関連業務の自動化などの提供を手掛ける。 本日大幅買い気配スタートから急反発しています。同社は昨日引け後に、請求管理ロボの「定期請求システム」に関する特許を取得したと発表。今回取得した特許内容は、請求管理ロボのコンセプトでもある「請求から入金消込」の一連の業務を自動で行うことを特徴とした「定期請求」に関するものになるとのことです。株価は上場来高値3,995円を視界に捉えた格好ですが、勢いよく新値更新となれば意外高があり得る状況です。



[4397]チームスピリット 
[M]業種:情報・通信業
終値804円/前日比+55円
▼クリックで株探ページ▼

勤怠・業務管理向けクラウド型サービス「TeamSpirit」の提供。米セールスフォースと提携。 本日大幅高です。同社は昨日引け後に本決算を発表。前期業績は既に先月末に修正済みで公表済みですが、注目の今期見通しは赤字転落との予想になっています。これが嫌気されて本日売られて始まったものの、寄り後は買われる動きになりました。今期売上高予想は前年比で14〜16%増収計画となっており、成長は続けられる見込みとなっていることが買い安心感に繋がっています。利益面は赤字計画ですが、今期は開発を中心に成長投資を大幅に拡大させるとのことだけに、止むを得ないとの見方も多い様子です。また、この決算を受けゴールドマン・サックス証券が目標株価引き下げたものの、投資判断は「買い」を継続したことも安心感に繋がっているとの声も聞かれました。それに同社株は年初来安値水準にあり、上場した2018年に付けていた上場来安値が射程圏という状況だっただけに、アク抜け的な動きも出易かったようです。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[7816]スノーピーク 
[1部]業種:その他製品
終値5,200円/前日比+450円
▼クリックで株探ページ▼

高価格帯のアウトドア用品を製造販売。アパレルも展開。米・台湾など海外にも。 本日ギャップアップスタートから大幅続伸しました。同社は昨日引け後に、9月度の連結売上高が前年同月比38.5%増になったと発表。国内の販売別では直営店とECが共に伸び、継続的な強いキャンプ需要と気温低下に伴う秋冬商品の販売進展が寄与しているとのことです。本日の株価は上を向いた5日線をサポートに25日線に向けた大陽線を形成した訳ですが、この25日線の下げ角度が鈍化してきており、ブレイクすると新値更新が見えてきます。



[7370]Enjin 
[M]業種:サービス業
終値2,869円/前日比-601円
▼クリックで株探ページ▼

法人や経営者、医療機関向けPR支援サービスの提供などを手掛ける。 本日大幅安となり、節目の3,000円も割り込んで引けています。同社が昨日引け後に発表した1Q決算が失望されています。決算説明資料によれば、売上高は前年同期比38.7%増、営業利益94.9%増と大幅増収増益となっていますが、好感する動きは見られず通期計画への進捗率が低いことが嫌気されている模様です。ただ、同社は2Q以降に売上高が積み上がっていく傾向があるとのことだけに、進捗率が低くくても問題は無いとの見方も多いようです。しかし、7月の本決算発表以降、同社株は結構買われただけに、上値で捕まっている個人投資家も非常に多いようです。そういう人達が、今回の決算発表で見切り的に売ってきたとの声も聞かれました。ただ、既に7月の本決算発表後に上げた分は本日の下落で全て吐き出しているだけに、売り一巡後は買い場になると見る向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6967]新光電気工業 
[1部]業種:電気機器
終値3,585円/前日比+360円
▼クリックで株探ページ▼

富士通系の半導体パッケージ・リードフレーム大手メーカー。インテルなど海外へ供給大。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期決算を発表。営業利益は前期比7.2倍の233億2,800万円と急拡大しました。パソコンやデータセンター用のサーバー向けで主力のフリップチップタイプパッケージが大幅に伸びて収益を押し上げています。年間配当は従来計画の25円から30円に増額。更に2022年3月期も好調が続く見通しにあり、営業利益は前期比43%増の334億円と急成長が続く見通しで、配当も前期比5円増配の35円を計画しています。本日の株価は空中戦で25日線を上回ってきており、年初来高値チャレンジ局面に入っています。



[5009]富士興産 
[1部]業種:卸売業
終値1,290円/前日比+179円
▼クリックで株探ページ▼

ENEOS系石油販社。軽油や灯油が主体。北海道でガス小売りや建機レンタル等も。 本日大幅上昇です。シンガポールを拠点とする運用会社のアスリード・キャピタルは同社株にTOBを実施すると発表。TOB価格は1株当たり1,250円とのことです。既にアスリード・キャピタルは同社株を16.8%保有しているとのことで、経営陣から企業価値向上の方針について納得出来る方策が提示されず中長期的な企業価値向上のために非公開化が必要との理由でTOBに踏み切った模様です。買い付け比率の下限は40%に設定しており、上限は設けていません。本日は寄り付きからTOB価格を上回っており、思惑的に買われている模様です。TOB阻止のため、筆頭株主のENEOS辺りが対抗TOBしてくるのではとの思惑もあるようです。そもそもアスリード・キャピタルが提示したTOB価格1,250円は年初来高値にも届かない水準で、アスリード・キャピタルもTOBを本気で成立させる気は無いのではとの声も聞かれました。同社経営陣のケツを叩くための牽制的なTOBだとの見方です。



[7283]愛三工業 
[1部]業種:輸送用機器
終値762円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

トヨタ系自動車部品メーカー。電子式燃料噴射装置部品やポンプなどが主力。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比27.4%減の49.8億円となりましたが、従来予想の33億円を上回って着地。2022年3月期は前期比2.0倍の100億円に拡大する見通しを示しました。また、前期の年間配当は16円から18円に増額し、今期も前期比9円増の27円に増配。これを受けて大きく買いが流入しましたが、ボリンジャーバンドの+3σ付近からの上値は重く注意が必要です。



[6807]日本航空電子工業 
[1部]業種:電気機器
終値1,940円/前日比+252円
▼クリックで株探ページ▼

NEC系コネクター大手。小型、高速伝送で競争力。防衛省向け電子部品にも力。 本日大きく反発して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比44.6%減の78.8億円に落ちみましたが、従来予想の57億円を上回って着地。また、2022年3月期は前期比84.0%増の145億円にV字回復する見通しを示しました。また、5ヵ年の中期計画では2026年3月期経常利益は300億円としており、高い利益成長計画を評価する動きが優勢です。



[6668]アドテックプラズマテクノロジー 
[2部]業種:電気機器
終値1,756円/前日比+134円
▼クリックで株探ページ▼

高周波プラズマ電源装置最大手。液晶、半導体装置向け主力。技術に強み。 本日大幅続伸となり、年初来高値を約3ヵ月ぶりに更新しています。本日は東海東京調査センターが、同社株を新規「OP」でカバレッジを開始したことが伝わっており、材料視されています。それによれば4月23日に決算説明会が行われ、受注高は2020年10月を底に急速に改善し、2021年2月には10月比倍増以上になり、3月と4月も高水準を持続しているとの説明があったとのことです。これを受けALD用プラズマ高周波電源装置を主力とする受注高は拡大していくと予想しています。また、今期業績は会社計画を上回ると予想しており、来期は営業利益今期予想比で51.7%増と急拡大すると予想しています。目標株価は3,000円に設定しており、時価を大きく上回る水準だけに見直す動きが強まった様子です。今後も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[6676]メルコHD 
[1部]業種:電気機器
終値4,315円/前日比+380円
▼クリックで株探ページ▼

Wi-Fi関連などPC周辺機器のバッファローを傘下。製麺のシマダヤ、金融事業も。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比84.6%増の90.7億円に拡大し、2022年3月期も前期比10.2%増の100億円に伸びる見通しを示しました。同時に今期の年間配当は前期比10円増の80円に増配することも発表。堅調に下値を切り上げてる株価の刺激材料となっており、新値追いに期待されますが、過熱感も感じられる水準に達しており、調整入りも考えられます。



[7343]ブロードマインド 
[M]業種:保険業
終値1,193円/前日比+175円
▼クリックで株探ページ▼

様々な金融商品をワンストップで取り扱うフィナンシャルパートナー事業を手掛ける。 本日大幅上昇です。同社は昨日、金融市場AIに特化したサービス展開をするAlpacaJapan社と業務提携契約を締結したと発表。同社アドバイザーの知見とAlpacaのAI技術とを融合した「次世代型金融プラットフォーム」を共同構築し、今夏より株式投資における新サービスの提供を開始する予定とのことです。似たような資産運用サービスを手掛ける[7342]ウェルスナビは上場後に強い相場を作っていることから、同社の株式投資における新サービスへ期待する向きも多いようです。同社株は上場後、殆ど良いところ無しで売り込まれてきており、株価は上場来安値水準にある状況です。それだけに値ごろ感もあり、これを機に見直される展開になっていくと期待する声も聞かれました。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値1,950円/前日比+42円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日確りと反発しました。本日引け後に同社は2Q決算発表予定となっており、期待感から改めて買いが入ってきたとの見方です。同社子会社のCygamesが開発し、提供しているスマートフォン向けゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」への期待が強いようで、2Q業績に寄与するとの見方も多い様子です。引け後に発表された2Q決算は大幅増収増益で市場コンセンサスを大きく上回っています。更に通期業績は大きく上方修正しており、それも市 場コンセンサスを大きく上回っています。想定以上の好決算との見方が多いものの、コンセンサス上振れることも想定され、同社株は買われていた面もあり、信用買い残も多い銘柄だけに上値は重いとの見方も少なくありません。祝日明けとなる明後日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3353]メディカル一光グループ 
[JQ]業種:小売業
終値7,840円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

イオン系調剤薬局チェーン。三重地盤で関西に展開。介護付き有料老人ホームも柱。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、2月28日にを基準として1株を2株へと株式分割すると発表。現状、発行株数は僅か200万株程で、しかも親会社が発行枚数の30%を占めるなど流通枚数が少ないこともあって本日は一度も寄らずに大引けを迎えました。昨年来高値の8,820円に向けた動きにも期待されますが、逆に少ない売りで大きく下げてしまいますので、ここからはリスクも伴うでしょう。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値1,875円/前日比+90円
▼クリックで株探ページ▼

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日確りと買われるも買い一巡後は上げ幅を縮小しており、上値の重さも見られています。昨晩、日経新聞電子版で同社はワクチン保冷庫の増産を急いでいると報じられています。100人規模の増員も進め、月産台数を従来の10倍強に高めたとのことです。これを受け改めて期待感から買われたようですが、同社株はこのワクチン保冷庫ネタで随分と買われてきただけに目新しさは乏しく、ある程度織り込んでいるとの見方も多いようです。また、今朝の日経新聞では、[6752]パナソニックがワクチン保冷器を開発したと報じています。摂氏-70度以下を18日間保持出来、低温管理が必要な米ファイザー製のワクチンにも対応するとのことで、今春中の販売を目指すとのことです。パナソニックの参入で需要が食われるとの懸念も重しになっているとの見方もあります。



[6668]アドテックプラズマテクノロジー 
[2部]業種:電気機器
終値1,619円/前日比+159円
▼クリックで株探ページ▼

高周波プラズマ電源装置最大手。液晶、半導体装置向け主力。技術に強み。 本日買い気配スタートからの一段高で大幅続伸となりました。高速通信規格5Gの基地局関連投資や5G対応スマートフォンの量産を背景に半導体市況の回復が顕著となっており、関連装置メーカーも商機が高まっているようです。機関投資家の買い増しの動きなども観測される中での急伸ですが、株価は昨年来高値2,030円まで未だ400円強の距離があり、出遅れ修正狙いの買いがどこまで継続されるか注目されます。



[4812]ISID 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,655円/前日比+265円
▼クリックで株探ページ▼

システム開発会社。金融・製造向けに強み。電通向け社内システム構築が収益源。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。特に材料は見当たりませんが、今朝の日経新聞で[4324]電通グループが本社ビルを売却する検討に入ったと報じられており、売却額は国内の不動産取引として過去最大級の3,000億円規模になると見られるとのことです。売却資金は事業構造改革や成長投資に充てるとのことで、子会社である同社株に思惑買いが入っているとの見方です。グループ再編などで親子上場解消期待もある様子です。また、電通グループが筆頭株主で資本業務提携している[4923]セプテーニHDも大きく買われています。こちらは電通グループによる子会社化への期待もあるようです。なお、電通グループ自体も確りと上昇しており、自社株買いなど株主還元への期待もあるようです。



[2342]トランスジェニック 
[M]業種:サービス業
終値751円/前日比+102円
▼クリックで株探ページ▼

熊本大発のVB。マウス使った遺伝子解析に強み。研究用マウス作製技術で優位性。 本日寄り前から大口の買い注文を集め4営業日大幅続伸し、連日で昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、子会社医化学創薬が「SARS-CoV-2スパイクタンパク質」に対する抗体を26日から販売開始することを発表しています。株価は、昨日まで連日でストップ高の一本値と人気化し、本日も投資資金の攻勢が継続し一段高となりましたが、高寄り後大陰線を強いられており、1つのポイントを迎えています。



[6208]石川製作所 
[1部]業種:機械
終値1,780円/前日比-117円
▼クリックで株探ページ▼

織機縮小、段ボール製函印刷機が主力。防衛機器を拡大。筆頭株主にレンゴー。 本日大幅安です。本日は防衛関連株に売られているものが目立っています。それらは昨日買われていました。昨日、米国でバイデン大統領就任式が無事通過し、一部では米国と敵対する北朝鮮やイランが、大統領就任式に合わせて軍事力誇示のため、何らかのアクションを起こすのではとの思惑もありましたが、それが無かったことで本日は売られているとの見方です。先週、北朝鮮では前回開催から僅か3ヵ月という異例の短期間で軍事パレードが行われており、更に北朝鮮はバイデン大統領就任に合わせてミサイルの試験発射を計画している可能性があるとワシントンポストでは報じられていました。それに期待して昨日は防衛関連株を買っていた向きが、本日失望的に投げてきた模様です。



[4479]マクアケ 
[M]業種:情報・通信業
終値9,490円/前日比+1,280円
▼クリックで株探ページ▼

クラウドファンディングのプラットフォーム「Makuake」を運営する。アリババグループと提携。 本日大きく急伸して2連騰です。昨日、世界最大級の米クラウドファンディング運営会社「Indiegogo」と業務提携すると発表。今回の提携によって相互の顧客を融通します。世界最大級のクラウドファンディング企業との提携で、今後は同社のグローバル展開への期待が強まっています。株価は75日移動平均線を目指す展開となっており、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[8617]光世証券 
[1部]業種:証券・商品
終値645円/前日比-64円
▼クリックで株探ページ▼

独立系証券。大阪、東京に拠点。自己売買に特化。富裕層に営業基盤。 本日大幅安です。同社は本日14時に3Q決算を発表。累計では黒字転換となっているものの、四半期ベースで見れば10-12月期は赤字転落となっています。直近では[8614]東洋証券や[8613]丸三証券、[8706]極東証券、[8622]水戸証券、[8624]いちよし証券、[8700]丸八証券が相次ぎ3Q業績の速報値を発表しており、何れも10-12月期は非常に強い数字となっています。それらを受け同社の業績期待もあったようで、先回り的に買っていた向きもいる様子です。それだけに同社の赤字となる10-12月期決算はネガティブサプライズと言え、派手に売り込まれるのも無理はないと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7434]オータケ [JQ]業種:卸売業
終値2,181円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年5月期の最終利益を3億円から9億円へ3倍上方修正し、13期振りに過去最高益を更新する見通しとなったことが好材料視されました。名古屋市に保有する土地や建物を売却することに伴い、売却益6.6億円が発生し、最終利益を押し上げています。ただ、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、少ない売りで大きく下げてしまう恐れがあり、注意が必要です。



[4364]マナック [2部]業種:化学
終値848円/前日比+133円
Yahooの株価リンクはこちら 

本日大きく急伸しました。中国・武漢で流行している新型コロナウイルスの国内上陸やインフルエンザの流行を背景に医薬品関連銘柄などに物色の矛先が向いている中、同社は[4523]エーザイが販売する「イータック抗菌化スプレー」の主成分を開発・供給している事から人気化。株価は10月以降上昇基調にありましたが、今年に入ってから上げ足を加速させています。ただ、過熱感も出てきており、同社株への物色もそうは続かないと見る向きは多いようです。



[3816]大和コンピューター [JQ]業種:情報・通信
終値2,388円/前日比+373円
Yahooの株価リンクはこちら  

本日買い気配スタートからの大陽線で大幅6営業日続伸し、連日で昨年来高値を更新しました。農林水産省のスマート農業技術の開発・実証プロジェクトに参画するなど農業ICT関連としても関心が高く、AI(人工知能)を活用したメロンの等級判断などユニークな取り組みにも注目が集まっています。本日の大幅高で株価は2015年7月以来の高値圏に達した訳ですが、当時は往って来いを強いられており、今回は差を見せつけられるか注目されます。



[6668]アドテックプラズマテクノロジー [2部]業種:電気機器
終値1,930円/前日比+84円
Yahooの株価リンクはこちら 

本日6連騰となり、昨年来高値を更新しています。決算発表以降確りとした動きを続けています。引き続き好決算を受けての見直し買いが継続している格好です。また、昨日付で、いちよし証券がレーティング未付与ながらも「半導体投資需要の底打ちにより、中長期的な業績拡大フェーズの端緒に就いたと見る」と好感出来るレポートをリリースしていることも追い風になっているようです。近い内に同証券がカバレッジを開始してくるのではとの期待にも繋がっている様子です。短期的には節目の2,000円が意識されそうとの見方も多く、来週も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[6239]ナガオカ [JQ]業種:機械
終値3,380円/前日比+502円
Yahooの株価リンクはこちら 

本日大幅高となり、上場来高値を更新してストップ高まで買われました。昨日同社は1株を2株に分割すると発表。これが好感されている模様です。基本的に株式2分割は、これだけ派手に買われる材料でもないものの、同社株は11月に決算発表してから見直し買いにより大きく上昇してきており、強い相場形成中だけに、少しの材料でも派手に物色され易い状況となっています。好決算発表後も自社株買いを連発して発表するなど株主還元策も打ち出していることから、今後も何らかの材料を出してくるとの期待も強い様 子です。一先ず次回の決算発表である2月13日までは、大きく相場は崩れないのではとの見方も多いようです。



[3690]イルグルム [M]業種:情報・通信業
終値1,620円/前日比+205円
Yahooの株価リンクはこちら  

本日後場途中まで軟調推移となっていましたが、13時に急騰して一時ストップ高まで買われました。同社が手掛けるマーケティング効果測定プラットフォーム「アドエビス」が2019年10月より提供する3rd party Cookieを使わない新しい計測方法「CNAMEトラッキング」の導入企業が、300社を突破したと発表。昨日は米グーグルがCookieの外部提供を取り止めるとの報道が出て、同社株も恩恵を受けるとの見方から買われていました。本日はあっさり反落していましたが、タイミング良くCookie絡みの材料を出したことで、短期資金など個人投資家が飛びついた様子です。この発表で実際に同社は恩恵を受けるとの見方が改めて強まったと言えるでしょう。週明けも物色が続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ