株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6664]オプトエレクトロニクス

[6664]オプトエレクトロニクス 
[JQ]業種:電気機器
終値673円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年11月期第1四半期の連結経常損益は2.6億円の黒字に浮上し、通期計画の4.1億円に対する進捗率は63.0%となりました。米国では2次元ハンディースキャナーL-22Xが、新型コロナウイルスの検査装置の付属機器として採用されたことなどから増収を確保。過熱感も感じられず引き続き買い優勢との見方が強いようです。



[4478]フリー 
[M]業種:情報・通信業
終値9,430円/前日比+1,180円
▼クリックで株探ページ▼

スモールビジネス向けクラウドERPサービスの提供。会計や会社設立、開業支援など。 本日大幅反発です。昨日、日経新聞電子版で同社は米ザピアーが手掛けるウェブアプリの統合ツールを活用し、会計ソフト利用者の業務効率化を支援すると報じています。ザピアーを使うと米グーグルや米ドロップボックスなどが手掛けるサービス3000種類以上と連携出来るとのことで、アプリストアに統合ツールの「ザピアー」を掲載し、利用を促すとのことです。また、昨日海外での公募売出価格が8,002円に決定しており、同社株はこの海外での公募売出を発表してから売り込まれてきただけに、価格決定で一先ずアク抜け的に買われたとの見方もあります。ただ、この公募売出株の受渡日は4月7日だけに、それを通過するまでは手掛け難いとの声も聞かれました。目先どこまで戻せるのか注目されます。



[6730]アクセル 
[1部]業種:電気機器
終値1,003円/前日比+136円
▼クリックで株探ページ▼

画像処理や音声出力用のファブレス半導体メーカー。パチンコ向け中心。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の3.2億円から6.8億円へと2.1倍上方修正。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の11円から27円へと大幅増額修正しました。上振れ期待はあったものの、第3四半期までは減益決算であったため、サプライズ感が強かった模様です。ただ、ボリンジャーバンドの+3σを超え、過熱感も懸念されるため、慎重に動きを見たい処です。



[5486]日立金属 
[1部]業種:鉄鋼
終値1,785円/前日比-41円
▼クリックで株探ページ▼

高級金属製品や磁性材料等で世界高シェア。日立電線と合併。環境分野開拓。 本日軟調です。昨夕、時事通信にて[6501]日立製作所が上場子会社の同社売却先候補を2つの日米投資ファンド連合に絞り込んだことが25日、分かったと報じられています。来月にも売却先が内定する見通しで、買収総額は7,000億円を超え、今年最大級のM&Aになる可能性があるとのことです。同社株の時価総額は昨日終値で7,831億円程。金融関係者は「市場価格が実際の企業価値よりも高くなる恐れがある」と指摘するとも報じられており、時価より高い価格で売却するとの期待が剥落し、本日は売られています。ただ本日の終値でも時価総額は7,656億円もあり、仮に買収額が7,000億円なら1株1,632円程度となるため、実際幾らになるのか注目されます。なお、読売新聞では日立製作所は月内にも売却先を決め、同社の全株式を手放す方針と報じています。何れにせよ近い内に決まる見通しです。



[7212]エフテック 
[1部]業種:輸送用機器
終値788円/前日比+85円
▼クリックで株探ページ▼

ホンダ系部品会社。4輪サスペンションなど足回り部品に強み。海外生産を強化。 本日買い気配スタート後も一段高となり、続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想について発表。売上高を1,840億円から前期比11.8%減の1,930億円へ、営業利益を24億円から同11.9%減の36億円へ上方修正しました。なお、同時に未定としていた期末配当を8円にすると発表しており、年間配当は8円で前期実績に対しては12円の減配になる予定です。本日の大幅高で株価は、昨年1月の昨年来高値825円を視界に捉えています。



[2395]新日本科学 
[1部]業種:サービス業
終値701円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

前臨床試験受託で国内首位。基礎研究から臨床試験も受託。製剤に注力。 本日大幅高です。同社は本日12時半に2021年3月期業績の大幅上方修正を発表。進捗率から上方修正は期待されていたものの、想定以上の上方修正との見方が多く、大幅減益予想だったものが、一転して前期比で増益見通しに転じています。この通りに4Q着地すれば、4Qの1-3月期業績は前年同期比で大幅増収増益での着地となります。更に3月末の配当見通しを1株5円から20円に大きく増額修正しており、普通配当を10円に増額し、特別配当10円を実施するとのことです。権利取り最終日は週明け月曜日ということもあって、買いも入り易かった様子です。同社株は、2月の3Q決算発表を受け失望的に売り込まれてきただけに、その水準までは戻しても不思議はないとの声も聞かれました。



[5277]スパンクリートコーポレーション 
[JQ]業種:ガラス・土石
終値362円/前日比+28円
▼クリックで株探ページ▼

関東・東北地盤のスパンクリート(穴あきPC版)最大手。壁材や床材向けに強み。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に、[1720]東急建設と合弁契約を締結し、新事業としてプレキャスト製品の製造・販売を行う合弁会社「岩瀬プレキャスト」を設立すると発表。建設生産システムのデジタル化や脱炭素社会実現に取り組むとしています。寄り付きこそ大きく値を上げましたが、400円処からの上値は重く、引けに掛けて上げ幅を縮小させています。ここからは調整入りも想定されるため、注意が必要です。



[4499]Speee 
[JQ]業種:情報・通信業
終値3,460円/前日比+484円
▼クリックで株探ページ▼

データ資産を利活用したマーケティング支援。中古物件、外装リフォーム仲介も手掛ける。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。本日はSBI証券が同社株の投資判断を新規「買い」でカバレッジを開始しており、見直し買いに繋がっているとの見方です。今期業績は会社予想を上回ると予想しており、来期以降は50%超の増益を続けると予想しています。目標株価は5,500円と設定しており、時価を大きく上回ることから好感されているようです。また、昨日前引け後に同社子会社がNTTデータとブロックチェーン間のインターオペラビリティ実現に向け技術連携と発表しています。それを好感して昨日後場も買われましたが、それを引き続き好感する買いも入っている模様です。来週も見直し買いが続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6664]オプトエレクトロニクス 
[JQ]業種:電気機器
終値477円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年11月期の連結経常損益は3.5億円の赤字に赤字幅が拡大しましたが、従来予想の5.3億円の赤字を上回って着地しました。なお、2021年11月期は4.1億円の黒字に浮上する見通しを示しています。また、米国では2次元ハンディスキャナの案件が継続し、増収となる見込みです。株価は75日移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[9758]ジャパンシステム 
[JQ]業種:情報・通信業
終値494円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

米HP系ソフト開発中堅。NTTデータ2次受けと自治体支援ソフトなどが主力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、香港や東京に拠点を置く投資会社ロングリーチグループ傘下のJSL HDが同社株に対してTOBを実施し、完全子会社化を目指すと発表しました。買い付け期間は12月25日から2021年2月15日までで、TOB価格が昨日引け値を42.5%上回る1株590円とあって、本日の株価はこれにサヤ寄せする格好でストップ高まで買われましたが、週明け28日もストップ高は+80円ですので連続ストップ高が見込まれます。



[9610]ウィルソン・ラーニングワールドワイド 
[JQ]業種:サービス業
終値297円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

企業向け人材育成コンサル大手。金融、IT、医療に強み。日米欧で世界展開。 連日のストップ高です。同社は一昨日、レッド・エデュケーション社と販売代理店契約を締結したことを発表。更に最先端のアセスメントプラットフォームを提供するProfiling Online社と戦略提携も発表しており、昨日はこれらが材料視されてストップ高まで買われていました。本日は売り優勢で始まっていたものの、寄り後は改めて物色されています。また、同社株は超小型の貸借銘柄で、しかも低位株ということから動意付けば短期資金も集まり易い模様です。踏み上げの思惑も加わって前場は大商いになっており、これを受け日証金は後場から売り禁を決め、後場はストップ高買い気配が続く展開になっています。このまま続くかどうかは、日証金速報と逆日歩次第となります。月曜の動向が注目されます。



[3356]テリロジー 
[JQ]業種:卸売業
終値473円/前日比+41円
▼クリックで株探ページ▼

通信機器や情報セキュリティ品を輸入販売。米新興メーカーの最新技術発掘に強み。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、子会社のテリロジーサービスウェアが開発・販売を行う多言語映像通訳サービス「みえる通訳」をNTT東日本が取扱いを開始したと発表。NTT東日本が持つ顧客基盤と通信インフラを融合させ、幅広い顧客のニーズに応えるとしています。株価は大きく売り込まれていましたが、これを刺激材料に上値を試す展開が予想されます。目先、25日線を明確にブレイク出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6196]ストライク 
[1部]業種:サービス業
終値5,290円/前日比-740円
▼クリックで株探ページ▼

公認会計士、税理士主体のM&A仲介業務。ネット活用のマッチングシステムに強み。 本日大幅安です。同社が昨日発表した1Q決算は大幅減収減益となっており、上期計画据え置きながら進捗率が低く嫌気されています。翌四半期にズレ込んだ大型案件が3組あったようで、中小型案件でも成約の遅延が生じた結果、当初計画を下回る売上実績になったとのことです。ただ、2Q以降で成約遅延案件の解消が見込まれることから、業績予想は変更しないとのことです。しかし、説明資料を見ますと、コロナ禍で業績が悪化している会社も多く、売手希望に叶うM&Aマッチング先を探索することが困難な場合には受託しないよう新規受託は従来以上に配慮しているとのことで、成約面では買手候補がより意思決定に慎重となっている状況から、条件交渉が長期化する傾向が見られるとのことです。このことからも2Q以降の巻き返しは難しいのではとの見方も多いようで、本日は見切り売りに繋がっています。



[6080]M&Aキャピタルパートナーズ 
[1部]業種:サービス業
終値5,990円/前日比-70円
▼クリックで株探ページ▼

独立系の中小向けM&A仲介サービス会社。16年にレコフを買収。事業承継に強み。 本日軟調です。東海東京調査センターが同社株の投資判断を「アウトパフォーム」へ引き上げ、目標株価を7,600円まで大きく引き上げています。それによれば、今期業績は会社計画を上回ると予想しており、前年のコロナ禍の影響が一巡し、成長ペースは回復すると指摘しています。ただ、これを好感する動きは朝方に少し見られたものの、限定的で結局売られる動きになっています。やはり同業と言えるストライクの弱い決算が刺激になっているようで、同社業績への警戒感にも繋がっているようです。同様の理由で[2127]日本M&Aセンターも軟調な動きとなっています。



[3315]日本コークス工業 
[1部]業種:石油・石炭
終値80円/前日比+10円
▼クリックで株探ページ▼

石炭、コークス大手。粉体化工機製造など総合エンジニアリング事業も手掛ける。 本日13時過ぎから商いを伴い急伸し、年初来高値を更新しています。同社は本日13時頃に、2021年3月期通期の連結業績予想修正を発表。営業利益見通しを前期比3.5倍の57億円に上方修正した他、期末一括配当を従来計画比1円増額の3円に引き上げました。中核のコークス事業でコスト削減効果に加え、原料炭価格が下落する一方でコークス市況が高騰したことが主な要因だとしています。本日の株価はザラ場に年初来高値を更新するも長い上影を引いており、一段高を目指すなら80円近辺を固めたい処です。



[4485]JTOWER 
[M]業種:情報・通信業
終値9,920円/前日比+270円
▼クリックで株探ページ▼

国内外における通信インフラのシェアリングやその関連ソリューションを提供する。 本日前場は弱含みの揉み合いでしたが、後場から買われてくる動きになっています。同社は本日昼に、Sub6帯域を活用したローカル5G・SAシステムの実験試験局免許を取得し、ローカル5Gの実証を開始したと発表。これを受け後場から買われた模様です。本日のほぼ高値圏で引けており、上場来高値も射程圏となっていることから、年末へ向けて上放れていくとの期待もある状況です。今年は5G元年と言えますが、同社株は関連株として大相場を作った経緯から、来年も更に相場が続くと期待する声も多く聞かれます。来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9325]ファイズHD [1部]業種:倉庫・運輸
終値545円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら  

EC運営企業の物流センターの管理・梱包・配送まで受託。宅配サービスも。本日ストップ高を付けました。同社は先週末7日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期非連結比33.3%増の2.1億円に拡大し、通期計画の2.4億円に対する進捗率は85.1%に達しました。株価は昨年の秋以降、業績悪化などを理由に大きく売り込まれ、大底を打っていましたが、今回大幅に収益が改善したことで強く反発しており、元の水準まで戻る勢いがあります。



[3604]川本産業 [2部]業種:繊維製品
終値2,100円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。本日ストップ高です。本日も新型コロナウイルス関連銘柄に物色されているもの目立っています。この土日に、マスク不足や防護服不足などが引き続き報じられており、中国では新型コロナウイルス感染拡大が未だ続いている状況です。また、先週末に提出された大量保有報告書では、同社株を大量保有していたシンプレクス・アセット・マネジメントが保有株をほぼ売却したことが明らかになっており、受け皿となった個人投資家のシコリが警戒されるものの、シンプレクスの利食い売りが終わったとの見方から買われている面もある様子です。後場には、クルーズ船で新たに60人の感染が確認されたとの報道も追い風となりストップ高まで買われました。ただ、同社は引け後に3Q決算を発表しており、それを受け明後日どういう動き見せるのか注目されます。



[2395]新日本科学 [1部]業種:サービス業
終値704円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら 

前臨床試験受託で国内首位。基礎研究から臨床試験も受託。製剤に注力。本日大きな窓を開けて急反発しています。同社は先週末7日引け後に、2020年3月期業績を修正。連結経常利益予想を従来の20億円から30億円に50.0%上方修正しました。増益率は24.0%増から86.0%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。国内前臨床の豊富な受注残高を背景に稼働率が想定を上回り採算が改善することが寄与したようで、今期業績の上方修正は昨年11月に続き2回目となります。1月急騰時にも718円を高値に往って来いとなった経緯があり、今回も明後日の動向や引け方がポイントとなりそうです。



[8848]レオパレス21 [1部]業種:不動産業
終値379円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

建築請負と賃貸が主力。単身者向けアパート「レオパレス21」。補修費用が重荷に。本日大幅高です。先週末同社は3Q決算を発表。大幅赤字となっていますが、四半期ベースでは7-9月期より赤字縮小しており、純利益は黒字転換となっています。また、一緒に発表した1月の月次データでは、入居率が80.19%となっており、同社がアパートオーナーに支払う金額を家賃収入が上回る逆鞘の目途となる80%を4ヵ月ぶりに上回っています。これらが好感されて買われているとの見方です。ただ、本日提出された大量保有報告書ではオデイ・アセットが、同社株の保有比率を減らしてきていることが明らかになっており、未だ大量保有しているだけに更に売ってくるのではと警戒する声も聞かれました。



[8023]大興電子通信 [2部]業種:卸売業
終値1,169円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら 

富士通特約店。情報通信機器販売とシステム開発が両輪。クラウド型に注力。本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末7日引け後に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.7倍の14億円に急拡大しました。なお、直近3ヵ月の実績である10-12月期連結経常損益も前期は1億円の赤字でしたが、2.5億円の黒字に浮上しました。通期計画の14.2億円に対する進捗率も99.0%に達しており、業績上振れを期待する買いがどこまで続くか注目されます。



[6664]オプトエレクトロニクス [JQ]業種:電気機器
終値610円/前日比+43円
Yahooの株価リンクはこちら 

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。米ハネウェルから同社に対して特許権侵害を理由とする米国への輸入差し止めおよび損害賠償を求めた訴訟について、この度和解が成立したと今朝9時に発表。この訴訟問題が先行き不透明感に繋がり同社株の重石になっていただけに和解成立で安心感に繋がっています。ただ、和解金額や和解内容の詳細は秘密保持条項が和解契約に含まれているため、開示は出来ないとのことです。しかし、1Q決算に和解金を特別損失として計上するとのことで、それにより和解金額は明らかになる見通しです。金額が不明なことや和解内容の詳細が気になるとの声も多いだけに買いも続き難いと見られます。



[7740]タムロン [1部]業種:精密機器
終値2,650円/前日比+284円
Yahooの株価リンクはこちら 

レンズ専業大手。一眼レフ用交換レンズで世界的。デジカメ用も。監視カメラ用強化。本日大幅ギャップアップスタートから急反発しました。同社は先週末7日引け後に、2019年12月期決算を発表。営業利益が前期比29%増の69億8,200万円と大幅な伸びを確保し、今期予想は前期比強含み横這いを予想しているものの、売上高は増収基調を維持する見通しとなっています。また、決算発表を受け野村證券が同社株の投資判断「Buy」継続とし、目標株価を3,200円から3,850円に大幅に引き上げており、12月13日の昨年来高値更新の有無が目先の最大の焦点となるでしょう。



[7826]フルヤ金属 [JQ]業種:その他製品
終値6,300円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら 

白金中心に貴金属の製造・加工・回収。レアメタルの回収・精製・改鋳に強み。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。先週末発表した2Q決算は大幅減益ながら市場コンセンサスは上回っており、それが好感されて買われています。また、この決算を受けて、いちよし証券が本日付でレポートを出しており、10-12月期利益は同証券の予想を上回ったとのことで、薄膜、センサーの回復が想定を上回るペースだと指摘。中期ベースでは触媒リサイクル、有機EL などケミカル部門に期待するとのことです。投資判断「A」継続で、フェアバリューを従来の7,200円から8,600円まで引き上げています。時価を大きく上回る水準だけに追い風になった面もあるようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[6664]オプトエレクトロニクス
終値702円/前日比+7円
Yahooの株価リンクはこちら 

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。同社は本日引け後に決算を発表。2018年11月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比59.4%増の2億9,800万円に拡大しました。通期計画1億6,300万円に対する進捗率は182.8%と既に大幅超過達成しています。また、6-8月期の連結経常損益も1億9,400万円の黒字に浮上し、売上営業損益率は前年同期の-0.6%から10.7%に急改善しました。




[6541]グレイステクノロジー 
終値3,300円/前日比+501円
Yahooの株価リンクはこちら 

産業機械を中心とした各種マニュアルの作成・管理・運用システムの提供。ゴールドマン・サックス証券は20日付で、投資判断「買い」、目標株価4,600円でカバレッジを開始しています。同社の真骨頂は独自のノウハウやシステムによってマニュアルを仕組み化する技術と、それをクラウド上で保管、ユーザーや技術開発者がどこからでも容易に閲覧・アップデートを可能にするところにあるとコメントしています。




[4592]サンバイオ
終値3,680円/前日比+115円
Yahooの株価リンクはこちら 

再生細胞治療薬の開発。脳神経系疾患の治療薬に期待。野村証券は20日付で、投資判断「Buy」を継続、目標株価は4,500円から4,800円に引き上げています。2019年1月期第2四半期決算は順調とコメント。2019年1月期下期にSB623外傷性脳損傷のフェーズ2試験結果、2020年1月期7月中間期はSB623慢性期脳梗塞のフェーズ2b試験結果(米国)が発表予定であり、重要なカタリストとして注目しているとのことです。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ