株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6656]インスペック

[2183]リニカル 
[1部]業種:サービス業
終値979円/前日比+85円
▼クリックで株探ページ▼

医薬品の開発業務を受託。臨床試験の2・3相に特化。医薬品販売支援も。 本日寄り直後から商いを伴い急伸し、大幅反発しました。同社は昨年9月に北里研究所とイベルメクチン誘導体による新型コロナウイルスに対する画期的治療薬創出および抗ウイルス薬の基盤構築を目的とした治験業務委託契約を締結し、今年6月に共同研究開発をスタートさせており、展開が注目されています。本日の株価は、前場早い時間帯に急速に上値を追い1,000円台回復場面があるも、先週末の年初来高値に届かず長い上影を残しており、目先はこの高値1,029円を捉えることが出来るかが焦点になります。



[3649]ファインデックス 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,215円/前日比+172円
▼クリックで株探ページ▼

医療システム会社。医療用画像管理システム「Claio」が主力、国立病院の採用多い。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。昨日引け後に同社は今後の経営方針について、「Visionfor2025」を策定したと発表。Visionfor2025は、2021年1月から2025年12月までの5ヵ年計画で、2025年12月期には売上高108億円、経常利益49億円を目標にするとのことです。前期実績が売上高40.04億円、経常利益6.43億円だっただけにインパクトが強かった様子です。実際に目標達成出来るかは当然不透明ながら、見直し買いを入れるキッカケにはなった様子です。基本的には買いも続き難い材料との見方が多いですが、明日以降の動向が注目されます。



[8070]東京産業 
[1部]業種:卸売業
終値656円/前日比+48円
▼クリックで株探ページ▼

三菱系の機械専門商社。三菱パワーが主力。再生可能エネルギー、プラントに強み。 本日大幅上昇です。同社は昨日引け後に大株主の[8058]三菱商事が全株を売り出すと発表。売り出す株数は334万7600株となり、発行済み株式数の14%弱にもなります。一時的な需給悪化懸念に繋がりますが、本日は朝から買い優勢で始まっています。同社はこの売り出しに合わせて、200万株・10億円を上限とする自社株買いを行うと発表していることから、言う程の需給悪化に繋がらないとの見方から安心感に繋がっている様子です。三菱商事が売り出すことで、持ち合い解消になり、更に来年の東証市場区分再編で、プライム市場への期待にも繋がっている様子です。売り出しイベントを通過するまで更なる上値は期待は乏しいとの見方が多いですが、明日以降底堅い推移を続けられるか注目されます。



[6656]インスペック 
[2部]業種:電気機器
終値2,404円/前日比+362円
▼クリックで株探ページ▼

x 半導体やIT関連デバイスの外観検査装置メーカー。プリント基板のパターン検査など。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に、車載フレキシブル基板向けロールtoロール型検査装置の受注を獲得したと発表。動車分野向け検査装置では同社初となります。計画には織り込み済みで業績に与える影響は無いとしていますが、市場拡大が期待されている分野だけに今後の展開に期待が高まっています。ただ、上値の節目水準に達しており、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[9519]レノバ 
[1部]業種:電気・ガス
終値4,520円/前日比+345円
▼クリックで株探ページ▼

再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。 本日大幅高です。読売新聞が独自ニュースとして、環境省は温室効果ガスの削減に向け2030年度の太陽光発電の導入目標を積み増す方針を決めたと報じています。これにより、2030年度の太陽光発電容量は、既に増加を見込んでいる部分も含め現行導入目標の1.7倍にあたる1億800万キロ・ワット以上となる見通しとのことです。6日に開かれる政府の有識者会議で積み増し案を示すとのことです。これを受けて本日は同社株など太陽光関連株には買われている銘柄が見られています。他にも[3856]Abalanceや[1407]ウエストHD、[6255]エヌ・ピー・シーなども買われました。昨日は熱海で起こった土石流の要因が、山頂部でのメガソーラー設置の影響があったのではとの見方が一部で出ていたことから、太陽光関連株には売られたものが目立っていました。本日は一転、読売新聞記事を機に買戻しとなった様子です。



[3923]ラクス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,360円/前日比+200円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向けクラウドで開発・販売・支援。メール管理の大手。経費精算ソフトも。 本日寄り付きに伴う商いが一巡したあとに上値追いが加速して大幅反発し、上場来高値を更新しました。M&A戦略に積極的で海外企業も対象にした買収で業容拡大を図っており、5月に開示した2026年3月期を最終年度とする中期経営計画では、2026年3月期の最終利益を100億円以上(前期実績は29億3,600万円)にする目標を掲げています。直近の株価は6月7日に引け値ベースで2,000円大台を回復した後異彩を放つ上昇トレンドを形成しており、本日更に一段高で継続的な実需買いが流入しており、流れは変わっていません。



[7974]任天堂 
[1部]業種:その他製品
終値66,760円/前日比+1,610円
▼クリックで株探ページ▼

ゲーム機メーカー最大手。ソフト開発力に強み。海外でも高シェア。高収益体質。 本日確りと上昇しています。日経新聞社はみなし額面などに関するコンサルテーションの結果を発表。ほぼ原案通りの決定となりました。これを受け改めて同社の日経平均新規採用期待が高まり、本日は買いが集まった様子です。SMBC日興証券では、この新ルールに沿って今秋の日経平均定期見直しの対象銘柄を予想しており、新規採用候補として同社株を挙げています。同社株の流動性順位は全体でも5位と非常に高いため、採用の可能性は非常に高いと考えるとのことです。一方、除外銘柄候補として[9412]スカパーJSAT HDを挙げています。日経平均定期見直しは例年9月上旬に発表されます。それまでは大きくは崩れない展開が続きそうだとの見方も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[1717]明豊ファシリティワークス 
[1部]業種:サービス業
終値780円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

オフィスの設計・施工管理。移転・新設など支援、コンストラクションマネジメントが主力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の経常利益を従来予想の7億円から9億円に28.6%上方修正しました。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の16.5円から25.5円に大幅増額修正しました。株価は節目の700円処をブレイクしたことで新値追いが期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[6195]ホープ 
[M]業種:サービス業
終値1,635円/前日比-500円
▼クリックで株探ページ▼

自治体広告や官民連携促進、電力供給等、自治体に特化したサービスを展開。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、未定としていた2021年6月期業績予想を発表。大幅赤字転落の見込みで資本増強実施しない場合、31.67億円から22.91億円の債務超過となる見込みです。また、今後2021年1月分の不足インバランス料金を含む多額の支払いが生じる予定であることから、それらを踏まえて引き続き様々な方法での資金調達を検討しているとのことです。資本増強方法として規模的にも公募増資は難しいと思われ、新株予約権となれば行使まで時間を要する可能性も高いだけに第三者割当増資しかないとの見方です。問題は引受先が出てくるかどうかで、引受先が出てくれば好感される可能性もありますが、出てこないと最悪破綻もあり得るとの懸念から本日は見切り売りが殺到している状況です。



[6325]タカキタ 
[1部]業種:機械
終値706円/前日比+45円
▼クリックで株探ページ▼

飼料系農機が主体。風力発電軸受も。クボタ、井関、ヤンマーと資本提携。 本日大きな窓を空けて続急伸しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期単独業績について発表。売上高が58億円から前期比1.1%増の65億300万円へ、営業利益は1億5,600万円から同5.6%増の3億9,900万円へ、純利益が1億2,000万円から同19.8%増の3億1,400万円へ上振れ、減益予想から一転して営業増益で着地したようだとしています。直近のシコリ玉が700円処に貯まっており、目先の株価は700円を固めつつ3月30日の戻り高値738円をブレイクすると景色が変わってきそうです。



[6230]SANEI 
[2部]業種:機械
終値3,515円/前日比+330円
▼クリックで株探ページ▼

水栓部品を主とした水周り製品の企画・製造・販売を手掛ける。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反騰しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が214億円から前の期比3.5%増の221億円へ、営業利益は12億円から同43.4%増の15億6,000万円へ、純利益は7億6,000万円から同30.8%増の9億5,000万円へ上振れて着地したようだとしています。本日の株価は軟調地合いもあり、ザラ場高値から押し戻されましたが、引け値ベースでの上場来高値を更新しており、残るはザラ場高値4,025円ということになります。



[3137]ファンデリー 
[M]業種:小売業
終値805円/前日比+46円
▼クリックで株探ページ▼

生活習慣病予防向け健康食宅配サービス。医療機関重点にカタログを配布。 本日大幅続伸で連日の年初来高値を更新しています。同社は本日10時頃に、同社運営の「らくだ6.0プロジェクト」賛同企業に食品大手のエースコック社が新規加入したと発表。同プロジェクトは、1日あたり6.0グラム未満の塩分摂取量を目標として健康意識を高めることが目的としています。本日の株価は悪地合い下にも関わらず終日ジリ高傾向を維持しており、5日線を意識した押し目買いが通用する流れが続いています。



[3021]パシフィックネット 
[2部]業種:サービス業
終値3,695円/前日比+225円
▼クリックで株探ページ▼

中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。テレワーク用レンタルを強化。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では売上高100億円以下の中堅上場企業「NEXT1000」を対象に、3年前と比較した従業員1人あたりの営業利益額の伸び率ランキングが紹介されており、同社が1位となっています。企業紹介的な記事も掲載されており、同社の収益は構造改革によって安定してきているとのことです。注力したのは法人向けのITサブスク事業で、PCなどの情報機器を中長期でレンタルして月額利用料を得るストック型です。機器を貸し出すだけではなく、ITの運用・保守・管理も丸ごと請け負うことで、ITサブスク事業の売上高は伸びており、直近では連結売上高に占めるストック収益の比率が6割にまで高まっているとのことです。今後も成長余地は大きそうだとも書かれており、本日は見直す動きに繋がっています。



[6656]インスペック 
[2部]業種:電気機器
終値2,430円/前日比+254円
▼クリックで株探ページ▼

半導体やIT関連デバイスの外観検査装置メーカー。プリント基板のパターン検査など。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、海外企業よりロールtoロール型検査装置を複数台受注した他、国内企業からも高性能フラットベッド型検査装置を受注し、合計約4.8億円の受注を獲得したと発表。市場の注目度も高いロールtoロール型検査装置の受注獲得で、先行きの期待感が高まる形になっています。ただ、75日線付近からの上値は重く、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[7363]ベビーカレンダー 
[M]業種:サービス業
終値11,540円/前日比+250円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日確りと続伸しています。本日の引け値次第では信用取引の増担保規制が解除となる条件を満たすことから、その期待買いによって支えられている様子です。先週の13日にも解除となる可能性がありましたが、買われ過ぎてしまい解除条件を満たせず翌日には失望的に派手に売られていました。今回は辛うじてギリギリに解除条件をクリアして引けています。恐らく解除になると思われますが、同社株は本日含めて足元解除期待から買われてきていただけに、実際に解除されても出尽くし的な動きになる恐れもあるのではとの声も聞かれました。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3689]イグニス  [M]業種:情報・通信業
終値1,203円/前日比+195円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。本日前場10時前にプラス圏に浮上するとその後ジリジリと上げ幅を拡げ急反発しています。新型コロナウイルス感染拡大を背景に外出を控える動きが出ており、それに伴い巣ごもり消費で需要を捉えるゲーム関連は、全体リスク回避相場にあっても相対的に優位性を持っている状況で、同社株の他に[3911]Aimingなどゲーム関連の一角に物色の矛先が向きました。小型で足も軽く個人投資家などの短期資金による消去法的な買いが集まり易い側面もあり、株価は今回も75日移動平均線がサポートとして機能した格好となっており、一段高への地均しを進めたい処です。



[6656]インスペック  [2部]業種:電気機器
終値2,510円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体やIT関連デバイスの外観検査装置メーカー。プリント基板のパターン検査など。連日のストップ安になっています。先週末に同社は大幅減収減益となる3Q決算と2020年4月期連結業績の大幅な下方修正を発表しており、それが嫌気した売りが続いています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中国企業に納入予定だった物が出荷時期が大きく遅延していることや中国企業との大型商談の進捗が滞るなどの影響が下方修正要因だとのことです。これを受け東海東京調査センターでは、ネガティブと指摘し、投資判断を従来の「OP」から「UP」に二段階引き下げ、目標株価を従来の3,000円から1,400円まで大幅に引き下げています。唯一同社株をカバレッジしている同センターが、手のひらを返した格好となっており、見切り売りに繋がっている面もあるようです。



[3772]ウェルス・マネジメント  [2部]業種:不動産業
終値952円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

アセットマネジメント事業を展開。不動産ファンド活用のホテル運営や媒介業務。 本日急速に買い戻される展開で大幅反発し、ストップ高を達成しました。全体相場の波乱に流されて株価は急落していましたが、ファンダメンタルズを度外視した売りで目先のリバウンドを見込んだ短期資金が流入したようです。業績は好調で、2020年3月期は営業利益段階で前期比3.8倍の28億円を計画しています。また、パナソニックホームズ社と上場REIT組成に向けた基本合意書を締結するなど、今後の展開力に磨きをかけており、PER3倍台と超割安圏にあることからも水準訂正は続く可能性があります。



[4587]ペプチドリーム  [1部]業種:医薬品
終値4,490円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。特殊ペプチドを使った医薬品候補物質を大手と共同開発。本日大幅反発です。今朝の日経新聞では、同社のリード・パトリック社長のインタビューが掲載されており、それによれば収益基盤が安定したことで、「今後は自社での創薬にも力を入れる」と話しています。自社で創薬を手掛ければ、中長期的に成長スピードを落とさずに済むという狙いもあるとのことです。目新しいことではありませんが、この記事を機に本日は見直し買いに繋がっている模様です。ただ、本日は全体的なリバウンドの動きも追い風になっていると言え、物色が続くかどうかは地合い次第との見方が多いようです。



[7039]ブリッジインターナショナル  [M]業種:サービス業
終値1,804円/前日比+222円
Yahooの株価リンクはこちら

電話やメールを活用して企業の営業やマーケティング支援。BPO事業が主力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しています。政府が本日の閣議で、新型コロナウイルスの更なる感染拡大に備えて「緊急事態宣言」の発令を可能とする新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を決定しました。今後、国会に提出され13日に成立する公算が大きいとされますが、緊急事態宣言が発令されれば企業の営業活動にも支障が出る可能性があることから、電話やメールなど非対面手段で営業活動を行うインサイドセールスのアウトソーシングサービスを展開する同社株に思惑的な買いが向かった格好です。今後も度々人気化する場面がありそうです。



[2929]ファーマフーズ  [2部]業種:食料品
終値802円/前日比-38円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。検査薬の開発も。アジア開拓。 本日前場は連日で寄らずのストップ安売り気配となっていましたが、後場の地合い改善を受けストップ安で寄り付いています。寄り後は急速に下げ幅を縮小する動きに。いくら期待に届かなかったとは言え、上方修正に配当増額修正であり、ストップ安2連続は過剰反応との見方も多い模様です。全体悪地合いの影響で追い証絡みの投げ売りも出ていた様子で後場には全体的に更にリバウンドの地合いになってきたことから、同社株にも買いを入れてきた向きが増えた様子です。乱高下しながらも一時プラス圏まで買われる場面も見られ、目先何処まで戻せるか注目されます。



[2160]ジーエヌアイグループ  [M]業種:医薬品
終値1,235円/前日比+104円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。本日大きく急伸しました。本日、中国子会社の北京コンチネント薬業有限公司が、武漢市同済病院が行っている臨床研究に抗線維化薬のピルフェニドンを提供していると発表。これは新型コロナウイルスに対するピルフェニドンの有効性と安全性を評価するためとなります。これを受けて将来の成長に資する可能性があるとの期待から買いが入りました。一時はストップ高を付ける展開でしたが、後場からは売りの圧力も強まっており、過度な期待は禁物とも取れます。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス  [M]業種:精密機器
終値483円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。 本日大幅反発となり、後場には一時ストップ高まで買われました。今朝の日刊工業新聞では、同社は遺伝子検査装置を新型コロナウイルス検出装置として拡販すると報じられています。欧州市場の現地販売代理店を通して自社ブランド製品として販売を始めたとのことで、日本では早期に医療機器としての認可取得を目指し、販売を開始する計画だとのことです。認可取得後は営業活動を本格化し、空港や港湾、保健所、病院などへの導入を進めるとのことで後場には正式発表しています。足元で売り込まれていたこともあり、リバウンドのキッカケとなった面もある様子です。明日も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2373]ケア21 [JQ]業種:サービス業
終値1,646円/前日比+42円
Yahooの株価リンクはこちら  

関西を地盤に介護サービスを展開。訪問型が主力。施設介護にも意欲。ケア21は本日引け後に決算を発表。2019年10月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比6.9倍の6.3億円に急拡大し、通期計画5億円に対する進捗率が126.4%と既に上回りました。5-7月期の連結経常利益は前年同期比62.9%増の2.5億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.6%から4.9%に改善しています。
「介護サービス」

図解 介護保険のしくみと使い方がわかる本 (介護ライブラリー)



[3854]アイル [1部]業種:情報・通信業
終値1,758円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系システム開発会社。中小向け中心。ネットショップと在庫の総合管理システム展開。アイルは本日引け後に決算を発表。2019年7月期の連結経常利益は前の期比78.0%増の9.7億円に拡大し、2020年7月期も前期比26.1%増の12.2億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。10期連続増収、5期連続増益になります。同時に前期の年間配当を12円から16円に増額し、今期も前期比4円増の20円に増配する方針としています。
「在庫の総合管理システム」

SEがはじめて学ぶ在庫管理



[6656]インスペック [2部]業種: 電気機器
終値1,675円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体や液晶向けの外観検査装置メーカー。回路の断線・接触など検査。インスペックは本日引け後に決算を発表。2020年4月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比167倍の1.6億円に急拡大し、通期計画2.9億円に対する進捗率は57.6%に達しました。5-7月期、第1四半期の売上営業利益率は前年同期の2.3%から19.7%に急改善しています。
「外観検査装置」

映像情報インダストリアル 2016ー4 特集:外観検査で品質をコミット




このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3687]フィックスターズ [1部]業種:情報・通信業
終値1,776円/前日比-34円
Yahooの株価リンクはこちら  

システムを高速化させるソフト開発会社。関連するハードウエア販売も展開。岩井コスモ証券は5月31日付で、投資判断「A」、目標株価2,500円でカバレッジを開始しています。自動運転、ロボット、IoT、AI、量子コンピューターなど従来よりも大量データの高速処理を必要とする製品やサービスの開発が増える5G社会の到来も追い風にして中期的な成長が期待出来る企業として注目したいとコメント。自動運転などの開発に関わるソフトウエアの伸長により、同証券では2019年9月期に前期比3割弱の連結営業増益を予想するとしています。

改訂新版 OpenCL入門 1.2対応 マルチコアCPU・GPUのための並列プログラミング
株式会社フィックスターズ (著), 土山 了士 (著), & 5 その他



[6267]ゼネラルパッカー [JQ]業種:機械
終値2,237円/前日比+92円
Yahooの株価リンクはこちら 

自動包装機械中堅。食品向け中心に粉末・顆粒に力。ロータリー式技術に強み。同社は本日引け後に決算を発表。2019年7月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.6倍の5億4700万円に急拡大し、通期計画6億円に対する進捗率は91.2%にまで達しています。2-4月期の連結経常利益も前年同期比2.1倍の1億8,400万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の5.8%から10.5%に大幅改善しています。
「自動包装機械」

AKZIM 自動真空パック器 密封パック機 小型 真空包装機 脱気シーラー ミニ真空シーラー 家庭用 鮮度長持ち 日本語取扱説明書付き 10個パック袋付き



[6656]インスペック [2部]業種:電気機器
以前の記事
終値1,072円/前日比-53円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体や液晶向けの外観検査装置メーカー。回路の断線・接触など検査。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年4月期の連結経常損益予想を従来の2億1,000万円の黒字から2億7,600万円の黒字に31.4%上方修正し、13期ぶりに過去最高益を更新する見通しを示しています。通期の売上高は前回予想を下回る結果となったものの、原価改善および経費削減に努めた結果、経常利益および当期純利益は前回予想を上回る見込みとなったとしています。
「回路の断線・接触など検査」


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2373]ケア21 [JQ]業種:サービス業
以前の記事
終値1,280円/前日比+19円
Yahooの株価リンクはこちら  

関西を地盤に介護サービスを展開。訪問型が主力。施設介護にも意欲。同社は本日引け後に決算を発表。2019年10月期第1四半期の連結経常損益は、前年同期4,300万円の赤字から1億2,100万円の黒字に浮上し、上期計画8,000万円に対する進捗率は151.3%と既に超過達成しました。11-1月期の売上営業利益率も前年同期の0.6%から3.5%に大幅改善しています。
福祉関連

2018年(第21回試験) ケアマネジャー試験 合格指南DVD講座



[6656]インスペック [2部]業種: 電気機器
以前の記事
終値1,514円/前日比-78円
Yahooの株価リンクはこちら 

半導体や液晶向けの外観検査装置メーカー。回路の断線・接触など検査。同社は本日引け後に決算を発表。2019年4月期第3四半期累計の連結経常損益は、前年同期2億6,800万円の赤字から1億8,000万円の黒字に浮上し、通期計画2億1,000万円に対する進捗率は85.7%にまで達しました。また、11-1月期の連結経常利益も前年同期比3.2倍の6,400万円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の3.0%から14.0%に急改善しています。
断線・接触の検査関連

以ケーブルテスター トーンプローブ MT-7071



[6807]日本航空電子 [1部]業種:電気機器
終値1,479円/前日比+19円
Yahooの株価リンクはこちら 

NEC系コネクター大手。小型、高速伝送で競争力。防衛省向け電子部品にも力。岡三証券は7日付で、投資判断を「中立」から「強気」に、目標株価を1,330円から2,000円にそれぞれ引き上げています。同証券では、コネクタ事業における携帯機器向けを中心とする販売低迷を考慮し、2019年3月期連結営業利益見通しを175億円に下方修正するとしています。一方で、2019年3月期に伸び悩んだUBS Type-Cの販売が、2020年3月期以降業績を牽引する可能性が高いと考え、投資判断を引き上げるとしています。

日本航空電子MX34シリーズ20極Fコネクタ(端子付)/20P025K-MX34-JAE-F


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6656]インスペック [2部]業種:電気機器
終値5,990円/前日比+340円
Yahooの株価リンクはこちら  

半導体や液晶向けの外観検査装置メーカー。回路の断線・接触など検査。同社は本日引け後に決算を発表。2019年4月期第2四半期累計の連結経常損益は前年同期2億8,800万円の赤字から1億1,600万円の黒字に浮上して着地しました。併せて通期の同損益予想を従来の1億6,800万円の黒字から2億1,000万円の黒字に25.0%上方修正しています。また、8-10月期の連結経常損益も黒字に浮上しました。




[9734]精養軒 [JQ]業種:サービス業
終値1,029円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら 

仏料理店老舗。旗艦店「上野精養軒」。美術館、百貨店などに直営店を展開。同社は本日引け後に決算を発表。2019年1月期第3四半期累計の非連結経常損益は前年同期5,300万円の赤字から7,500万円の黒字に浮上して着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の8,800万円から1億1,800万円34.1%上方修正、増益率は8倍から11倍に拡大する見通しとなっています。今夏の猛暑などにより、一時低迷するも営業活動の強化および業務の効率化を推進して改善したとのことです。




[7211]三菱自動車工業 [1部]業種:輸送用機器
終値683円/前日比-2円
Yahooの株価リンクはこちら 

日産自の傘下入り。軽・EV開発、部品調達など協業拡大。東南アジアに強み。SMBC日興証券は6日付で、投資判断を「2」から「1」に、目標株価を900円から1,000円にそれぞれ引き上げています。2017年後半からインドネシアを皮切りにタイ、フィリピンとアセアン地域での投入が続いているXpanderは好調を維持、台当たり限界利益は2019年3月期第1四半期25万円から第2四半期30万円と新車効果により改善しており、同モデルは来年に掛けては[7201]日産自動車向けOEM供給も始まる見込みとコメントしています。


6656 インスペック 
7211 三菱自動車工業
9734 精養軒 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ