[6982]リード 
[2部]業種:輸送用機器
終値888円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

SUBARU向け車両部品生産が主体。シャーシ、バンパー、スポイラーなど。照明機器撤退。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末2日引け後に、自動車用外装樹脂部品で熱や経年に伴う収縮変化を防ぐアニール処理に関して特許を出願したと発表。部品費の削減による価格競争力の向上、環境配慮工程の実現などに繋がり、採用拡大が見込まれます。安値圏で推移していた株価の材料となり、ここから新たなトレンド形成が期待されます。



[4766]ピーエイ 
[2部]業種:サービス業
終値230円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

東日本で無料求人情報誌発行。モバイル求人サイトも運営。保育園、人材派遣も。 本日ストップ高まで買われています。本日も「こども庁」創設で恩恵を受けると期待されている子育て関連事業を手掛ける銘柄が色々と物色されています。同社株も先週末物色されていましたが限定的でした。ただ、本日は関連株物色に拡がりが見られており、同社株は小型低位株ということもあり、ストップ高まで買われています。同社子会社が福島県などで保育施設を運営しており、本日は同社株の他に[7363]ベビーカレンダー、[2152]幼児活動研究会もストップ高まで買われています。この2銘柄は連日ストップ高となっています。他にも派手に物色されている銘柄は多く、「こども庁」関連株物色が加速している格好です。しかしながら、ここまで派手に物色されている銘柄が続出すれば、ピーク感も否めないとの声も聞かれました。



[4187]大阪有機化学工業 
[1部]業種:化学
終値4,465円/前日比+545円
▼クリックで株探ページ▼

独立系のエステル化成品中堅。塗料用樹脂原料が主力。半導体材料も。 本日大幅ギャップアップスタートからの大陽線で3営業日続伸し、年初来高値を更新しています。同社は先週末2日引け後に、2021年11月期第1四半期業績を発表しました。営業利益が前年同期比37%増の15億3,300万円と大幅な伸びを達成し、今中間期計画に対する進捗率は68%に達しており、上方修正含みとなっています。株価は上値指向を強め4,000円大台乗せを達成したあとも1月高値をブレイクしており、新たな展開に入った感があります。



[4180]Appier Group 
[M]業種:情報・通信業
終値2,060円/前日比-240円
▼クリックで株探ページ▼

企業の経営課題の解決を支援するAI搭載のプラットフォームを提供する。 本日大幅反落です。先週末ストップ高まで買われ、本日も朝方に2,500円台まで上昇し、上昇率は11%超となる場面も見られたものの、後場にはマイナスに転じると一段安となり、結局10%超の下落で引けています。同社株の大きな下落に刺激を受けて、直近IPOの一角である[9327]イー・ロジットや[7343]ブロードマインド辺りが上げ幅を縮小する動きになっていました。ただ、影響受けていない直近IPOもあることから、確りとした買いは個別に入っている様子です。同社株にも先週は短期資金ではない確りとした買いが入っていたとの声も聞かれましたが、明日も下げるようですと暫く上値の重い展開が続きそうだと見る向きは多いようです。



[7715]長野計器 
[1部]業種:精密機器
終値1,105円/前日比+92円
▼クリックで株探ページ▼

圧力計・圧力センサー大手。機械式圧力計で世界シェア首位。車載向け主力。 本日大きく急伸しました。同社は先週末2日引け後に、新開発した圧力センサーが[7203]トヨタ自動車の燃料電池自動車「MIRAI」に採用されたと発表。今後の燃料電池自動車の普及に対応するため、生産能力も強化していくことを示しています。また、水素関連銘柄としての高い位置付けが改めて認識される状況となっています。株価は節目を抜けましたが、ここからの上値は限定的と見る向きも多いようです。



[8001]伊藤忠商事 
[1部]業種:卸売業
終値3,578円/前日比+71円
▼クリックで株探ページ▼

総合商社大手。非資源事業が主力。中国ビジネスに強み。傘下にファミマなど。 本日同社株含め総合商社5社が何れも確りと買われています。日本時間朝方に、米投資会社バークシャー・ハサウェイが5日、円建て社債の発行条件を決めるための需要調査を開始したとブルームバーグが報じました。主幹事のJPモルガンが資料で明らかにしたとのことで、利率や発行額は8日に確定する予定とのことです。昨年、バークシャー・ハサウェイは日本で起債し、その調達した資金で総合商社5社の株式を何れも5%超取得した経緯があります。その際には、価格次第では最大9.9%まで保有比率を高める可能性があると報じられていただけに、更に買ってくるのではとの思惑の模様です。ただ、現在の株価では買わないのではとの見方も多く、他のバリュー株を買ってくる可能性が高いのではと見られています。



[5989]エイチワン 
[1部]業種:金属製品
終値896円/前日比+97円
▼クリックで株探ページ▼

ホンダ系の車骨格部品メーカー。航空機部品も。インドやタイなど海外展開。 本日大幅買い気配スタートからの一段高で急騰し、年初来高値を更新しました。同社は米国や中国をはじめ世界的な自動車販売回復を背景に、2022年3月期は収益V字回復の公算が大きいと見られています。電気自動車対応でも車体軽量化による消費電力の低減や強度・耐性の維持など軽量化技術と設計ノウハウは強みで、PBRが先週末終値時点で0.3倍台と超割安圏にあり、自動車部品業界再編の思惑も株価を刺激しているようです。株価は昨年末12月14日高値926円を上方ブレイクすると景色が変わりそうです。



[6521]オキサイド 
[M]業種:電気機器
終値6,740円/初値比+200円
▼クリックで株探ページ▼

酸化物単結晶や光部品、レーザ光源、計測装置などの開発や販売を手掛ける。 本日新規上場した銘柄です。公開価格2,800円に対して初値は6,540円となりました。大引け間際に初値を形成して直ぐに特買いとなっており、そのまま寄らずに引けています。同社は主に光を使った計測分野の装置メーカーや光学製品メーカーに、半導体検査装置や陽電子放射断層撮影装置などに搭載される酸化物単結晶を提供しています。NTTグループや日立ハイテク、[7731]ニコン、[6920]レーザーテックから出資を受けており、資本提携しています。半導体需要の旺盛さから同社事業にも追い風になっているようで、業績は足元で拡大しています。それだけに人気化し易いIPOとの見方も多いようです。既に公開価格1.5倍以上となっていることから、ロックアップ解除となっているベンチャーキャピタル保有株もそれなりにあるだけに、明日以降その売りを熟して上げていけるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。