株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6330]東洋エンジニアリング

[3054]ハイパー 
[1部]業種:卸売業
終値639円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

法人向けパソコン、事務用品販売。設置・保守やアスクル代理店も。テレワーク関連注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、エプソン販売とオフィス向けインクジェットプリンターをはじめとする商品・サービスの販売強化に向けて業務提携すると発表。今後の資本提携を視野に入れた提携で、業容拡大が意識される状況です。上昇基調にあった株価は本日75日線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,147円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日ストップ高です。同社は今朝寄り前に、同社が共同開発するCOVID-19治療薬AV-001の第1相臨床試験で、安全性と忍容性を確認し良好な結果が得られたと発表。これが好感されています。フェーズ1では、20歳から63歳までの健康成人48名を対象に、AV-001の単回投与および連続投与で、安全且つ良好な忍容性を示したとのことです。これらのデータを米FDAに提出して、次のステップである重度のCOVID-19患者での有効性を評価する前期第2相臨床試験について協議する予定だとのことです。同社の新型コロナウイルス感染症向けDNAワクチンへの期待も強いですが、この発表で治療薬への期待も高まった様子です。ただ、発行済みの新株予約権の行使期間が本日からとなっており、まるでそれに合わせて発表してきたようだとの声も聞かれました。早速、本日250万株分の新株予約権が841円で行使された模様で、未だ1750万株分の新株予約権が残っています。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値669円/前日比+40円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 同社は本日11時30分に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益予想を従来の5億円から25億円に5.0倍上方修正し、一転して1.3%増益見通しとなりました。売上高の減収による減益影響がある一方で、海外子会社が手掛ける複数プロジェクトにおける採算改善、販管費におけるプロポーザル費用の抑制等により、前回公表値に対して10億円増益の15億円となる見込みとしています。本日の上昇で株価は5日移動平均線をブレイクしてきており、明日も同ライン超が固まれば直近高値奪回への態勢が整うことになります。



[4582]シンバイオ製薬 
[JQG]業種:医薬品
終値1,145円/前日比-118円
▼クリックで株探ページ▼

がん、血液、ペインマネジメントの3分野に特化。他社の新薬候補の製品化も。 本日大幅続落です。同社は今朝、再発又は難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫を対象としたトレアキシン液剤「RTD製剤」とリツキシマブ併用療法に関する承認申請を発表。これを受け買われて始まるも寄り後は買いも続かず売り込まれる動きになっています。節目の1,000円で下げ止まり、その後はやや戻しての推移となっていましたが、後場14時過ぎにプラス圏まで買われる場面も見られました。同社HP上で、「東証のHP記載の上場廃止猶予期間に関する公表内容について」と題するコメントを掲載。同社株は、来年4月東証が予定している制度改正により、上場廃止基準については見直され解除される予定であることや今期業績予想は発表した通りであり、黒字化の予想には変更が無いこと を改めて説明しています。既に2月の決算短信でも書かれていることですが、やはり上場廃止猶予期間入りで改めて売り込まれたことに納得出来ない様子です。これを受けプラス圏まで戻したものの、買いは続かず結局売られています。この動きからも依然として売りたい向きは多い様子です。



[3751]日本アジアグループ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,019円/前日比+87円
▼クリックで株探ページ▼

太陽光、測量、不動産、金融の4事業が主力。国際航業HDを完全子会社化。 本日確りしたスタート後に上値追いが進み大幅続伸しています。同社は昨日引け後に、財務省に提出された変更報告書で、旧村上ファンド系の投資会社シティインデックスイレブンスと共同保有者の同社株保有割合が25.87%から30.77%に上昇したことが判明しました。本日の株価はこれを受け思惑的な買いで上昇しましたが、現値の上方は先週窓を空けて急落した価格帯で、値動きが荒くなることも考えられます。



[7685]BuySell Technologies 
[M]業種:卸売業
終値2,828円/前日比+323円
▼クリックで株探ページ▼

出張買取を中心に多様なリユース商材の買取や販売。鎌倉新書と提携。 本日大幅上昇です。SBI証券が強気なレポートをリリースしており、見直し買いに繋がっているとの見方です。それに因れば、2020年12月期から2023年12月期までの平均成長率は売上高35.6%、営業利益43.3%に達すると予想している模様です。投資判断を買い継続として、目標株価を3,860円まで引き上げています。また、同社は昨日11時にユニマット リタイアメント・コミュニティとの業務提携を発表しており、昨日は地合い悪かったこともあって全く材料視されずスルーされていたものの、本日改めて好感する買いが入っているとの声も聞かれました。明日以降も買い続くか注目されます。



[4499]Speee 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,976円/前日比+273円
▼クリックで株探ページ▼

データ資産を利活用したマーケティング支援。中古物件、外装リフォーム仲介も手掛ける。 本日後場買い気配スタートから急伸して大幅反発しました。同社は本日11時30分に、子会社Datachainがブロックチェーン間の相互運用性の実現に向け、[9613]NTTデータと技術連携を開始したと発表しています。両社はこの実証実験の結果を踏まえ、証券や保険などの金融分野をはじめ貿易や電力取り引きといった様々な分野での応用を検討していくとのことです。株価は本日大幅高となりましたが、直近高値レベルを抜き切っておらず3,100円水準を上放れて新展開入りということになります。



[7363]ベビーカレンダー 
[M]業種:サービス業
終値8,250円/初値比-1,150円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日新規上場した銘柄です。公開価格は4,200円で初値は9,400円となりました。初値形成後は荒い動きで派手に買われる場面も見られましたが、結局売られて終えています。同じく本日新規上場した[4179]ジーネクストも乱高下しながらも陰線で終えており、昨日新規上場した[6614]シキノハイテックや[4178]Sharing Innovationsも本日陰線引けとなっています。他にも直近IPOには売られている銘柄が目立っています。3月末権利取りが近いことで、動き難い個人投資家も多く、年度末が近いことからファンド勢も動けない状況だけにIPOには資金も集まり難くなっている模様です。また、昨日は著名個人投資家の片山晃氏が[4883]モダリスで制度ロックアップ違反を行ったことが明らかになったこともIPOに対しての疑心暗鬼に繋がっているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3936]グローバルウェイ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,748円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

転職・就職口コミ情報サイト「キャリコネ」展開。有料職業紹介も。クラウド型のアプリ支援。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結最終損益を従来予想の1.6億円の赤字から1.55億円の赤字に上方修正し、赤字幅が縮小しました。また、個人の時間を取引出来るタイムチケットを暗号資産交換所のBitmartで売買する基本契約を締結したと発表。これを受けて株価は本日75日移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,108円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、JR東日本スタートアップとの合弁会社TTGがファミリーマートと2月26日に資本業務提携契約を締結したと発表。併せてTTGが開発した無人決済システムを活用した実用化店舗「ファミマ!!サピアタワー/S店」を3月31日にオープンすることも発表しています。今後の業容拡大を期待する買いが流入しており、引き続き買い優勢との見方が強いようです。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値641円/前日比+65円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 本日大幅上昇です。SMBC日興証券が同社株を新規「1」でカバレッジを開始しています。今後6〜12ヵ月の目標株価は970円に設定。2015年に受注した米国エチレンプラントのEPC案件で追加費用が重なり、業績が低迷してきましたが、この案件は2020年3月期に完工し追加費用リスクはピークアウトしたため、中長期で業績回復に転じると予想するとのことです。更に2050年CO2ネットゼロに向け2兆円の受注ポテンシャルを持つと指摘しており、その超長期ポテンシャルを織り込めば、株価のアップサイド余地は大きいと見るとのことです。これを受け見直し買いに繋がっています。目標株価への時価との乖離も大きいことから、明日以降も確りとした展開が続くのではと見る向きが多いようです。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,065円/前日比+125円
▼クリックで株探ページ▼

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日寄り後に上値追いが加速して急反発しています。同社は本日寄り前に、開発中の新型コロナDNAワクチンの第2/3相臨床試験において関西および関東の8施設で500症例の接種を完了したことを発表しました。株価は2月下旬に下放れ、先週後半から終値で4桁大台をも下回った処から本日満を持して切り返しましたが、未だ直近安値圏にあるとも考えられ、上値余地は残されていると見る向きが多そうです。



[6182]ロゼッタ 
[M]業種:サービス業
終値2,491円/前日比-269円
▼クリックで株探ページ▼

人工知能型機械翻訳のソフト提供。研究・開発や産業企業向け専門に翻訳。 本日大幅安です。昨日、「言語フリーの世界」プレス発表会が行われましたが、特に話題とならずマスコミなどでも目立って取り上げられていません。それだけに本日は出尽くし的に売られている模様です。同社は先月24日に子会社MATRIXが、VR上にリアルタイムの通訳システムを組み込み言語フリーの世界を実現したと発表し、3月9日にプレス発表会を行うことを明らかにしていました。それを受け同社株は買われてきただけに本日は出尽くし的に売られるのも無理はないとの声も聞かれました。11時にはVR・ARを含むXR市場の創造に取り組むSynamon社が、同社と「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発すると発表しましたが、好感する動きは殆ど見られず明日以降、下げ渋りが見られるか注目されます。



[6239]ナガオカ 
[JQ]業種:機械
終値797円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

石油プラント内部装置大手。取水設備スクリーンに強み。海水淡水化などに注力。 本日ギャップアップスタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、中国子会社の那賀設備がスクリーン・インターナルの大口受注を獲得したと発表。中国で建設が決定した新規プロピレン・プラントにスクリーン・インターナルが採用されました。受注金額は約6億円、契約納期は2022年2月としています。本日の株価は高寄り後も上値追いが見られたものの、長い上影を残しており、先ずは昨年11月と先月2月と二度に渡り戻り高値を形成した770円台超を固めたい処です。



[2413]エムスリー 
[1部]業種:サービス業
終値7,264円/前日比-479円
▼クリックで株探ページ▼

ソニー系。製薬会社のマーケ支援。医師向けサイトで情報提供。訪問介護も。 昨晩のNY市場ではハイテク株などのグロース株が大きく買われたことから、足元で弱い動きを続けている同社株も買い先行で始まりました。しかし、寄り後は買いも続かずあっさりとマイナスに転じると下げ幅を拡大する動きになっています。この動きからも継続的に売っている向きが結構いるとの見方です。同社株は昨年随分と大きく上昇した銘柄だけに、時期的にもファンド勢の手仕舞い売りが継続的に出ているとの見方が多いものの、そういった換金売りはせいぜい3月中旬までだとの見方も多く、7,000円付近を200日移動平均線が走っていることもあり、その辺では下げ止まると期待する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[7412]アトム 
[2部]業種:小売業
終値786円/前日比-54円
▼クリックで株探ページ▼

回転ずし、居酒屋、ステーキの外食中堅。名古屋から東に展開。コロワイド傘下。 本日大幅安となり、本日の安値で引けています。同社の親会社コロワイドが、保有する同社株の一部を売り出すと発表してから弱い動きを続けています。本日から売出価格決定期間入りとなることから思惑的に売られています。売出価格が決まれば、それが意識されて買い向かう個人投資家も多いと見られており、本日にも売出価格が決まるなら明日以降は下げ渋ると期待する向きも多いようです。本日、売出価格が決まれば受渡日は17日となり、それまで売出価格を維持出来るか注目されます。先ずは売出価格が幾らになるのか注目です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[8301]日本銀行 
[JQ]業種:銀行業
終値47,000円/前日比+7,000円
▼クリックで株探ページ▼

日銀法に基づく認可法人。中央銀行。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅5営業日続伸で、3日連続ストップ高にて昨年来高値を更新しました。特段材料は無いものの、同社株は1980年代後半のバブル期に投機対象になった経緯があり、投資資金が溢れている株式市場の熱狂を象徴しているという見方です。株価は4万円乗せを達成したあとも騰勢を強めており、2018年5月以来の47,000円台となっていますが、商いは薄く短期的な需給要因で動いていると見られ、ババ抜き状況に入っていると思われます。



[9603]エイチ・アイ・エス 
[1部]業種:サービス業
終値2,375円/前日比+143円
▼クリックで株探ページ▼

格安航空券販売の最大手。個人旅行に強み。ハウステンボス、ホテルの運営も。 本日大幅高です。本日は旅行関連株などアフターコロナ株に買われている銘柄が目立っています。一都三県は緊急事態宣言を延長するよう政府に要請する方向で検討に入ったと報じられていますが、嫌気する動きは見られず逆にアク抜け的に買われているような格好です。今週は旅行関連などアフターコロナ株に売られているものが目立っていましたが、東京都などの緊急事態宣言延長懸念もあったのではと見られています。実際に一都三県の緊急事態宣言延長が正式に決まれば、これらの銘柄がどういう動きを見せるのか注目されます。何れにせよアフターコロナ株は押し目を作りながらも買われていく展開が続くと見る向きも多いようです。



[2764]ひらまつ 
[1部]業種:小売業
終値206円/前日比+23円
▼クリックで株探ページ▼

高級レストランを展開。創業者の平松氏がシェフを兼任。ホテル事業も手掛ける。 本日前場寄り後の急伸で大幅反発しました。同社創業者で元代表取締役社長の平松氏が設立・運営するひらまつ総合研究所から提起されていた損害賠償等請求訴訟について、同社は3月1日に和解が成立し、円満に全ての紛争が解決したと発表。総額12.4億円の請求を内容とする訴訟が提起されていましたが、1.7億円の支払いなどで和解した模様です。株価はリスク要因払拭により、買い安心感が強まる格好で上昇しましたが、妥当値が見出し難い案件で需給勝負になっているため、回転メインの対象になりそうです。



[4028]石原産業 
[1部]業種:化学
終値907円/前日比+64円
▼クリックで株探ページ▼

酸化チタンの最大手。機能材や環境商品など。自社開発農薬も世界展開 本日大幅高です。いちよし証券が同社株の投資判断を「A」継続とし、フェアバリューを1,800円まで引き上げたことが追い風になっているとの見方です。10-12月期は営業赤字に転落 しましたが、1-3月期は農薬の需要期になるため、40億円の黒字になると指摘。また、足元で酸化チタンのアジア市況が底打ちしており、同社も値上げを打ち出して来期は4期ぶりのスプレッド改善の公算が高まっているとのことです。来期には工場もフル稼働となり、業績の大幅な改善が期待されるとのことです。フェアバリュー1,800円は時価を大きく上回る水準だけに見直し買いにキッカケとなった様子です。明日以降、昨年来高値1,066円を目指す展開になるか注目されます。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値639円/前日比+73円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 本日小確りで寄り付いたあとから上値追いが本格化して続急伸しました。世界的に脱炭素への取り組みが加速する中、火力発電用燃料としてアンモニアが注目されており、肥料の原料であるアンモニアの知見で同社の存在感が高まっているようです。業績面でも通期見通しの大幅な上振れが期待出来る状況にあると言えるでしょう。本日の大幅高で株価は昨年2月以来の600円台乗せを達成しており、昨年来高値700円を視界に捉えた格好です。



[7412]アトム 
[2部]業種:小売業
終値905円/前日比-53円
▼クリックで株探ページ▼

回転ずし、居酒屋、ステーキの外食中堅。名古屋から東に展開。コロワイド傘下。 本日大幅安です。同社は昨日、親会社のコロワイドが保有する同社株の一部を売り出すと発表。最大で2300万株、発行済み株式数の12%近くにもおよびます。これにより、浮動株が増えることになり、需給悪化に繋がることから本日は大きく売られて始まっています。ただ、寄り後は下げ渋りも見られており、押し目買いも入っているようで高値引けとなりました。優待人気も高い銘柄であり、今月末は権利取りだけにチャンスとばかりに優待目当てで買いを入れる個人投資家も多い様子です。ただ、コロワイドの一部売り出しにより、優待目的で保有する個人投資家増がえることになり、同社の優待コストが大きく増加するのは必至で、優待改悪に踏み切らざるを得なくなると警戒する声も聞かれました。



[2670]エービーシー・マート 
[1部]業種:小売業
終値6,230円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

靴小売店「ABCマート」を全国展開。スポーツ、カジュアルが軸。海外出店を強化。 本日確りした寄り付き後に右肩上がりの展開となり、反発しています。同社は昨日引け後に、2021年2月期2月度の売上高を発表。既存店が前年同月比9.8%減で、全店が同8.5%減と共に減収でしたが、それぞれ1月度から勢いが回復しました。2月度は前年に比べ営業日が1日少ない曜日並びで、緊急事態宣言の影響もありましたが、中旬以降客数が伸び、全国的に回復傾向となったようです。本日の大幅高で株価は直近上値を放れており、先月からの下降トレンドが転換するか注目されます。



[7004]日立造船 
[1部]業種:機械
終値770円/前日比+57円
▼クリックで株探ページ▼

ゴミ焼却発電設備を主柱に船舶用機器、シールド掘進機など。造船を分離。 本日大幅上昇となり、昨年来高値を更新しています。昨夕提出された大量保有報告書によれば、米投資ファンドのラザード・アセットが同社株を大量保有していることが明らかになっています。2月26日時点で発行済み株式数の5.12%にあたる871万400株を保有しています。これが追い風になっているとの見方に加え、本日は景気敏感株などのバリュー株に買われている銘柄が目立っており、その流れも同社株には追い風になっているとの見方もあります。同社株は脱炭素関連として以前から見直し買いが継続的に入っており、ラザード・アセット以外にも買ってきているファンド勢が多いとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ