株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6255]エヌ・ピー・シー

[4350]メディカルシステムネットワーク 
[1部]業種:小売業
終値524円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬品情報仲介で出発、調剤薬局持ち株会社に。後発医薬品製販に進出。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末6日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比78.2%増の13.9億円に拡大し、併せて通期の同利益を従来予想の16億円から25億円56.3%上方修正し、増益率が2.6%増から60.3%増に拡大する見通しとなりました。株価は底値近辺で推移していたこともあって割安感も強く、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[9201]日本航空 
[1部]業種:空運業
終値1,641円/前日比-202円
Yahooの株価リンクはこちら

国際線、国内線2位。公的資金の更生終結。豪カンタス航空と合弁で格安航空。 本日大幅安となり、上場来安値を更新しています。同社が先週末に発表した公募増資が嫌気されています。既に公募増資懸念は言われていたものの、今回の公募増資による新株発行数は発行済み株式数の3割近くになることから、希薄化懸念が改めて嫌気されています。本日の動きからも公募売出価格決定期間入りとなる11月18日までは、弱含みの展開が続きそうとの見方が多いようです。実際にそうなれば、公募売出価格決定後はアク抜け的に買われる動きになってくることが想定されます。ただ、世界的に新型コロナウイルス感染拡大が依然として続いていることから、先行き不透明感は拭えず一旦はアク抜けになったとしても、買いも続き難く、その後は改めて売られる懸念もあるのではとの声も聞かれました。



[3562]No.1 
[JQ]業種:卸売業
終値1,607円/前日比+176円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器・情報セキュリティ関連機器の販売や保守。中小企業向け定額サービス。 本日付の朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日は高寄り後の大陽線で続急伸しました。2021年2月期営業利益は前期比56%増の5億6,300万円と急拡大を見込み、また、同社子会社のアレクソンは業績面で多大に貢献している他、展開材料が豊富です。直近の株価は先月21日に2,317円の上場来高値を形成して以降調整局面にありましたが、業績内容は良好で75日移動平均線を足場とした買い直しの継続に期待が集まります。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値519円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日ストップ高まで買われて今年1月以来となる500円台に乗せています。米大統領選の動向に振り回されながらもバイデン氏の勝利がほぼ確実となり、7日夜にはバイデン氏が勝利宣言を行ったことから、改めてバイデン関連銘柄として、同社株など省エネ関連株が本日は総じて物色されています。同社は米国で太陽光関連事業手掛けることから、バイデン次期大統領による政策で恩恵を受けるとの期待が強い様子です。続く物色にはならないとの見方も多いですが、それだけに空売りも入り易く、踏み上げ相場に発展する可能性もあると期待する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9514]エフオン 
[1部]業種:電気・ガス
終値1,021円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

省エネ支援とバイオマス発電の両輪。自社発電所も運営。燃料の外販を拡大へ。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末6日引け後に決算を発表。2021年6月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比15.0%増の7.8億円に伸び、7-12月期計画の14億円に対する進捗率は55.8%となりました。株価は10月22日の1,050円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して反騰局面にあったため、上げ足を加速させました。目先、1,050円奪還を通過点にシコリのない青天井相場への発展が想定されます。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,227円/前日比+125円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅高です。蓄電池関連として改めて見直されているとの見方です。米大統領選はバイデン勝利がほぼ確定的で、本日は改めて再生可能エネルギー関連株が買われていますが、再生可能エネルギーの普及拡大には高性能な蓄電池が必要不可欠との見方が多く、日本でも先月経済産業相が、再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明しており、蓄電池などへも投資していくと述べています。大規模なクリーンエネルギー投資を掲げているバイデン氏が次期米大統領になることで、世界的にクリーンエネルギーシフトの流れが強まると見られており、そうなれば蓄電池にも注目が高まってくると言えるでしょう。



[3660]アイスタイル 
[1部]業種:情報・通信業
終値465円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

化粧品の口コミサイト「@コスメ」を運営。20-30代女性に照準。店舗展開、通販も。 本日大きな窓を開けて続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は先週末6日引け後に、[4497]ロコガイドを割当先とする第三者割当により、610万株の新株を発行すると発表。今回発行する新株の払込期日は11月25日の予定で、発行価格は1株当たり345円、調達資金約21億円は長期借入金の返済に当てる方針としています。財務基盤の強化の他、小売店舗に対するサービス付加価値の向上などが期待されており、株価の一段高が期待されています。



[4523]エーザイ 
[1部]業種:医薬品
終値7,819円/前日比-2,421円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬大手。神経系と消化器系に強み。がん関連や認知症薬分野に進出。 本日大幅安です。同社が米バイオジェンと共同開発したアルツハイマー病治療薬について、6日にFDA(米食品医薬品局)が諮問委員会を行い、有効性に対して否定的な見解を公表。追加の臨床試験の必要性も示唆しています。FDAは2021年3月までに最終的な可否を判断する予定ですが、これにより承認の期待は大きく後退しています。これが日経新聞など各紙で報じられており、失望されています。先週にはFDAのスタッフが諮問委員会前にまとめた報告書で有効性を示したと報じられ、期待感から同社株は派手に上昇していただけに失望の度合いも大きかったようで、先週上げた分以上に本日は下げてしまっています。ただ、これで承認期待が完全に消えた訳では無いだけに、本日の下落は過剰反応との見方も多く、更に売られれば買いに動く向きも増えてくるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値65,900円/前日比+6,600円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 朝方の確りしたスタート後も継続的に買いが入り、日通しで右肩上がりの展開となりました。本日の大幅高で株価は先月21日に付けた上場来高値67,200円に顔合わせしており、中期的な成長が期待出来るとの見方が一般的な銘柄ですので、明確な新値更新となれば、その払い方によっては青天井圏を更に駆け上がる可能性も出てきています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値380円/前日比-15円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日買い優勢で始まり、寄り後も値を伸ばす展開で、一時12%超の上昇となる場面も見られました。米大統領選でバイデン氏勝利を見込み、再生エネルギー関連はバイデン関連との見方から前場は買われていた模様です。しかし、トランプ氏が激戦州でリードしてくると、トランプ氏再選の可能性が意識され、バイデン関連銘柄が後場売られる展開になっています。同社株は後場特売りで始まっており、前場の上昇分を全て吐き出して始まり、後場寄り後も弱含みの展開でマイナスに転じています。同様に[9519]レノバなども後場大きく売られました。



[8101]GSIクレオス 
[1部]業種:卸売業
終値2,158円/前日比+292円
Yahooの株価リンクはこちら

繊維主力の専門商社。繊維原料と婦人服が柱。環境保全型ビジネス拡大へ。 本日大きく急伸しました。同社は2日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.9倍の22.5億円に急拡大しました。新型コロナウイルス感染防止用の医療・衛生消耗品の需要に対応した他、巣ごもり需要および海外市場拡大でホビー関連商材が伸長したことが利益を押し上げました。なお、通期計画の20億円に対する進捗率が112.6%と既に上回っており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[5803]フジクラ 
[1部]業種:非鉄金属
終値362円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

電線3強の一角。フレキシブルプリント基板で世界的。電子電装に力。不動産事業も。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。計画を大幅に上回る2Q決算が好感されています。元々の予想は前年同期比大幅減収減益計画で、純利益は赤字転落との見通しでしたが、実際は減収には変わりないものの、営業利益、経常利益は大幅増益での着地となっており、純利益は黒字で着地。未定だった通期業績見通しも開示しており、営業利益、経常利益は市場コンセンサスを上回っています。ただ、純利益は構造改革費用計上により大幅赤字計画で、それはコンセンサスより悪く、年間配当は無配としています。それでも嫌気する動きは見られず好感されています。SMBC日興証券では、この決算をポジティブと評価しており、超多芯ケーブルの同社への業績貢献の大きさはサプライズであり、好印象だったと指摘しています。空売りも多く入っている銘柄だけに買戻しの動きもあったのではとの声も聞かれました。明日以降も買いが続くか注目されます。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値11,940円/前日比+1,390円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日買い気配スタートからの大陽線で3営業日ぶりに大幅反発しています。同社は本日、同社運営のネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」が、Googleによるデジタルスキルトレーニングプロジェクト「Grow with Google」のパートナーとして、中小企業のオンラインショップ立ち上げを支援するため、「はじめてのオンラインショップ支援プログラム」に参画したち発表しました。本日の急反騰で株価は、直近下落相場前の先月19日以来に5日線を上回って引けており、短期トレンドの転換に期待が集まる処です。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,020円/前日比+760円
Yahooの株価リンクはこちら

製造派遣・請負の中堅。国内外で電機・精密など。ソニー車載関連事業を譲受。 本日大幅上昇となり、久しぶりに25日線を回復しています。日経新聞が売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3月中旬以降に上場来高値を付けた企業をランキングした処、同社株が1位になったと昨日の日経新聞で報じられています。企業紹介記事も掲載されており、見直し買いに繋がっている模様です。同様に2位の[7707]プレシジョン・システム・サイエンス、3位の[3681]ブイキューブも企業紹介記事が掲載されており、何れも本日は確りと買われています。明日以降も見直し買いが継続するか注目されます。



[2162]nms HD 
[JQ]業種:サービス業
終値282円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

本日前場9時台に商いを伴い急伸し後場一段高で大幅続伸となっています。同社は本日9時30分頃に、2021年3月期第2四半期累計の連結業績予想を修正。営業損益見通しを従来の1億円の赤字から1億4,000万円の黒字に上方修正しました。ヒューマンソリューション事業で半導体・電子部品関連など繁忙な業種で人材供給ニーズが続いた他、エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業で固定費削減による利益の確保に努めたことが利益を押し上げる主な要因だとしています。コロナショック以降の戻り局面での株価は300円処がレジスタンスになることが多く、今回もこのレベルがポイントになるでしょう。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,098円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ストップ高まで買われています。同社は14時にJR東日本スタートアップ社との合弁会社TTG(TOUCH TO GO)が、[8028]ファミリーマートとTTGが開発した無人決済システムを活用するコンビニエンスストアの実用化に向けて業務提携したことを発表。本業務提携による1号店を2021年春頃にオープンする予定とのことです。ファミリーマートとの提携により、同社がライセンス給与している無人決済システムが将来的に本格普及していくとの期待が強まり、見直し買いに繋がっています。同社株は決算発表を機に売り込まれてきており、この材料でどこまで戻せるか注目されますが、いちよし証券を割当先とする新株予約権が未だ多く残っているだけに、それが重しになる警戒もあるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値165円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、北海道文教大学と包括連携協定を締結すると発表。今回の連携で北海道文教大学が持つ食品・栄養分野、医療分野、美容分野などの専門知識および幅広い人的ネットワークと同社が有する販売網および業界知識などを組み合わせ、アンチエイジングや健康寿命の延伸に繋がる商品・サービスなどを提供する予定です。株価は年初来高値186円ブレイクに期待が掛かります。



[6380]オリエンタルチエン工業 
[2部]業種:機械
終値690円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

小型チェーン主体。農機、事務機械向けに定評。精密機器関連部品も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線でストップ高まで買われました。東証が昨日引け後に、同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2020年9月30日時点の流通株式の時価総額が5億円以上となり、流通株式時価総額に関する上場廃止基準に該当しなくなったためとしています。本日46万株超の買いものを残して終えており、年初に記録した年初来高値744円を視野に捉えています。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値1,005円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、「不動産ファンド、日本で大型投資 グリーンオークが1兆円」と報じられており、不動産投資事業手掛ける同社には追い風との見方に繋がっています。また、国交省は昨日、不動産売買の重要事項説明をテレビ電話などの非対面でも認める方針を明らかにしたとも報じられていることも追い風になっているようです。明日以降、1月に付けている年初来高値1,110円を取りにいくか注目されます。なお、不動産非対面関連としては、[6093]エスクロー・エージェント・ジャパン、[4054]日本情報クリエイト、[3796]いい生活が本日買われています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値395円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日小幅安です。同社は昨日引け後に本決算を発表。今期見通しは大幅減収減益計画となっており、大きく売られて始まったものの、寄り後は下げ渋っており、下げ幅縮小の動きになっています。先週末から決算警戒もあって売られてきたことからアク抜けてきな格好になっています。また、同社は米国で太陽光関連事業を手掛けることから、バイデン銘柄という見方も多く、決算発表後の買いを狙っていた向きも多いようです。更に日経新聞電子版で、梶山経産相が太陽光や風力などの再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明したと報じられたことも追い風になった様子です。明日以降も買われていく展開になるのか注目されます。



[3021]パシフィックネット 
[2部]業種:小売業
終値2,552円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。テレワーク用レンタルを強化。 10月9日付の弊社朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日大幅高で年初来高値を更新しています。同社は昨日、第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.3%増の11億6.500万円、営業利益は同15.9%増の1億5,000万円、純利益は同22.8%増の1億100万円と2桁増益で、売上高・営業利益が第1四半期として過去最高となりました。株価は時間差で急速に上値を追い始めましたが、売り上がりも一手と言った処でしょう。



[3788]GMOグローバルサインHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値12,420円/前日比+1,560円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅上昇となり上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、「電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後200億円市場に」と報じられています。その記事内で[6027]弁護士ドットコムの1強体制に楔を打ち込もうとする動きも出てきたとのことで、日通系で「ワンサイン」を運営するワンビシアーカイブズと同社は2020年度中を目途に両社の顧客が互いのサービスを利用出来る仕組みを整えると報じられています。これを受け顧客獲得拡大に繋がるとの期待から、見直すキッカケとなったようです。足元で弁護士ドットコムは大きく買われてきており、連日で上場来高値を更新しているだけに、同社株は出遅れているとの声も聞かれました。同社の時価総額は1,000億円台ですが、弁護士ドットコムは3,000億円超となっています。



[3236]プロパスト 
[JQ]業種:不動産業
終値160円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏でマンション開発、販売代理を展開。土地再開発、中古不動産再生も。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年5月期第1四半期の経常利益は前年同期比23.7%増の9.9億円に伸びました。首都圏を中心に賃貸開発事業が伸長し、利益が拡大。通期予想は前期比1.2%増の15.55億円で据え置いていますが、進捗率は69.8%に達しており、近く上方修正される可能性があるとの期待が広がっています。7月1日に付けた高値189円を目指す動きにありますが、170円から上は売り圧力も強く、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,174円/前日比+85円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅上昇です。14時過ぎに日経新聞電子版が、梶山経産相が日経新聞のインタビューに応じ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「他の電源に比べ上位の主力電源にしていく」と表明したと報じました。また、普及の基盤となる高性能な蓄電池や洋上風力の整備などに予算を厚く配分する考えも示したとのことです。この記事を受けて、蓄電池を手掛ける同社株などに物色資金が集まりました。他にも蓄電池関連で[6674]ジーエス・ユアサコーポレーション、[5333]日本ガイシ、[6653]正興電機製作所や[6864]エヌエフHD、再生エネルギー関連で[9519]レノバ、[9517]イーレックス、[9514]エフオンなどが動意付いています。政策絡みのネタなだけに明日以降も物色が続くと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2698]キャンドゥ 
[1部]業種:小売業
終値2,392円/前日比+229円
Yahooの株価リンクはこちら

100円ショップ大手。食品や日用雑貨まで商品多様で、主婦の支持が高い。 本日ギャップアップスタート後も上値追いが継続して大幅4営業日続伸し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年11月期の連結業績予想を発表。売上高を737億5,000万円から前期比4.2%増の743億円へ、営業利益を12億円から同22.4%増の14億6,000万円へ、純利益を2億3,000万円から同29.2%増の4億2,000万円へ上方修正しました。本日の株価は軟調地合いの中、本日高値圏で引けており、上値期待の大きさを示しています。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値5,660円/前日比-800円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日大幅安です。特に悪材料は見当たりませんが、足元で強い動きを続けていた銘柄で、本日は手仕舞い売りが強まっている様子です。他にも足元で強い動き見せていた新興系銘柄に大きく売られているものが本日は目立っています。この動きからも資金の流れに変化が出てきたとの声も聞かれました。グロース株からバリュー株への資金シフトか、もしくは単純に足元で買われてきた銘柄に換金売りが出ている様子です。新興系銘柄だけでなく、主力系株にも足元で買われてきた銘柄の売りが見られていることから、やはり換金売り強まってきたとの見方が多いようです。決算発表シーズンが近いことから、買い手控える向きが増える一方で、手仕舞う向きが増えているのではとの声も聞かれました。



[3080]ジェーソン 
[JQ]業種:小売業
終値787円/前日比+63円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏でディスカウントストアを直営。食料品・日用品を低価格で提供。低コスト運営。 本日寄り前から大量の買いものを集め3営業日大幅続伸し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年2月期の連結業績予想を発表。売上高を245億円から前期比4.6%増の255億円へ、営業利益を6億9,000万円から同33.9%増の10億円へ、純利益を4億4,000万円から同27.9%増の6億3,000万円へ上方修正しました。本日の株価は高寄り後陰線を強いられており、明日の反応次第で早期の更なる上値追いの有無が見えてくるでしょう。



[6093]エスクロー・エージェント・ジャパン 
[1部]業種:サービス業
終値333円/前日比+46円
Yahooの株価リンクはこちら

金融機関から業務受託や不動産業の事務代行が主。不動産取引をシステム化。 本日大幅続伸となり年初来高値を連日で更新しています。同社が7月9日に発表した1Q決算が大幅増益となり、それ以降強い買いが続いている格好です。決算を好感した買いですが、足元の上昇で空売りが結構入ってきたようで、昨日日証金が同社株を貸株注意喚起しています。これを受け踏み上げの思惑が強まり本日の物色に繋がっている様子です。同社株は小型の貸借銘柄だけに更に空売りが増えるようですと、逆日歩跳ね上がっての踏み上げ相場発展という思惑にも繋がり易く、売り禁となる前にどれ程空売りが増えるか注目されます。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値378円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年8月期第3四半期累計の売上高が前年同期比14%増の38.6億円。連結経常利益は前年同期比34.9%増の3.6億円に拡大と何れも高水準の伸びを示し、これを評価する買いが流入しました。ただ、期計画の7.8億円に対する進捗率は46.9%に留まり、5年平均の83.9%を下回る結果となりました。また、400円処からは上値も重く短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、慎重に動きを見たい処です。



[4644]イマジニア 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,196円/前日比+98円
Yahooの株価リンクはこちら

携帯コンテンツの企画・配信。パッケージソフトの開発やキャラクターのライセンス商品販売も。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では中堅上場企業「NETX1000」を対象とした直近決算までの3年間の純現金収支(フリーキャッシュフロー)平均ランキングが掲載されています。そのランキングで同社が1位となっており、企業紹介記事も掲載されています。それによれば、新型コロナウイルス感染拡大で外出自粛を迫られた今春、同社が手掛けたニンテンドースイッチ向けの「FitBoxing」は売り上げを大きく伸ばしたと書かれています。発売から1年以上経っていますが、自宅で体を動かしてストレス発散出来るとあって売り上げが一気に拡大。累計販売本数は90万本に達したとのことです。これが刺激となり本日は買い材料視されている様子です。業績にどの程度表れるのか、7月31日に発表予定の1Q決算が注目されます。



[3536]アクサスHD 
[JQ]業種:小売業
終値114円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

16年3月、雑貨屋ブルドッグとアクサスが経営統合。化粧品、生活雑貨、酒を販売。 本日後場13時台から商いを伴って急騰し、年初来高値を更新しています。同社は本日13時30分頃、2020年8月期の連結業績予想について発表。営業利益を前期比68.3%増の3億600万円へ、最終利益を3億5,800万円(前期は4,200万円の赤字)へ上方修正しました。新型コロナウイルス感染予防対策需要による衛生用品やステイホーム下においてライフスタイルを豊かにする雑貨、インテリア、DIY、ガーデニング用品などの販売が増加しているようです。ザラ場発表ということで本日の株価は乱高下しており、目先筋が降りた明日以降に真価が問われることになります。



[4829]日本エンタープライズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値308円/前日比+42円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けゲーム・音楽配信と企業向けソリューションが主力。新技術での事業に積極。 本日大幅反発です。特に材料は見当たりませんが、改めて先週末に発表した本決算が好感されているのではとの見方です。先週末同社は本決算を発表しており、今期業績は11.5%増収、24.6%営業増益計画となっています。それを好感して昨日買われて始まりましたが、買いも続かず売られて引けていました。しかし、本日早くも大きく反発しており、後場は大きくギャップアップして始まっています。小型の貸借銘柄だけに空売りを誘い込んでの踏み上げ相場発展を狙っている短期筋がいるのではとの声も聞かれました。なお、14時には日経新聞電子版で、同社はビデオ会議もチャットも1つの画面で出来るウェブ会議システム「NEEDS」を開発したと報じられています。しかし、既に10日に発表済みの材料で目新しさは無く、明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3054]ハイパー  [1部]業種:卸売業
終値602円/前日比+84円
Yahooの株価リンクはこちら

法人向けのパソコン、事務用品販売。設置・保守やアスクル代理店も兼営。本日寄り前から買いものを集め大幅続伸し、一時ストップ高まで買われました。同社は法人向けPC販売を展開しており、「テレワーク推進パッケージ」の販売などテレワーク関連株としての位置付けや学校向けオンライン教育の普及でもビジネスチャンス獲得が期待されています。本日は[3681]ブイキューブや[3968]セグエグループなど他のテレワーク関連株も買われており、値動きの軽い同社株は一層物色の流れに乗っていきそうです。



[4563]アンジェス  [M]業種:医薬品
終値908円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日大商いでストップ高まで変われており、年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、同社は新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を前倒しする方針を固めたと報じています。当初9月の開始を予定していましたが、動物試験の進捗が順調なことなどから厚労省と協議し、1カ月程度早めるようです。2021年の早い時期にも医療現場で使える可能性が出てきたとのことで好感されています。また、今朝このワクチン共同開発にペプチド研究所が参画すると発表していることも追い風になった様子です。多くの企業などが、このワクチン開発に参画していることからも期待感は強いようで、改めて期待する買いが入ってきた様子です。



[4440]ヴィッツ  [M]業種:情報・通信業
終値1,401円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車や工作機械に組み込むソフトウェアの開発・販売を手掛ける。本日大きな窓を開けて急反騰し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、第2四半期累計連結決算を発表。売上高こそ前年同期比8.9%減の10億5,800万円と減収を強いられたものの、営業利益は同25.3%増の1億3,900万円、純利益は同25.4%増の9,000万円と大幅増益でした。CASE対応の自動運転・先進安全シミュレータ開発や組み込みセキュリティサービスの積極的な提案を進めたことなどを理由として挙げています。株価は9時25分以降張り付いたままで上値慕いを示しています。



[3906]ALBERT  [M]業種:情報・通信業
終値4,495円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ビッグデータをAI活用したマーケティング支援システムを提供。ユニシスと資本業務提携。本日ストップ高まで買われています。同社は今朝8時半に厚労省クラスター対策班との協働による新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたビッグデータ分析、AIアルゴリズム開発支援を開始したと発表。同社が持つ知見を提供し、政府および自治体における感染防止対策を全面的に支援するとのことです。業績への寄与は無いと言えますが、改めて同社のAI技術の高さが意識されたようで、好感されています。同社は[7203]トヨタ自動車や[9433]KDDI、東京海上日動火災と資本提携するなど以前から技術力の高さには定評がありましたが、2月以降同社の株価は大きく下落していました。それだけに今朝の材料は見直し買いのキッカケとなった面もあるようです。



[7928]旭化学工業  [JQ]業種:化学
終値408円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

工業用樹脂の成型・加工中堅。電動工具や自動車部品向けが主力。 本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年8月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比14.5%増の9,500万円に伸び、通期計画の1億円に対する進捗率は95.0%に達し、5年平均の49.6%も上回りました。自動車部品の受注増加が大きく寄与した模様です。株価は3月23日に安値を付けたあと安値圏で推移していたこともあって割安感も強く、目先75日移動平均線突破の動きにあります。



[6255]エヌ・ピー・シー  [M]業種:機械
終値345円/前日比+45円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、第2四半期累計連結決算を発表。売上高が前年同期比7.6%増の21億9,400万円、営業利益は同31.6%減の1億6,400万円、純利益は同38.7%減の1億4,000万円となり、営業利益は従来予想7,000万円に対し大幅に上振れて着地しました。本日の株価は高寄り後伸び悩んだものの陽線で引けており、明日の反応次第では早期の一段高相場形成もあり得るでしょう。



[3996]サインポスト  [1部]業種:情報・通信業
終値1,190円/前日比-127円
Yahooの株価リンクはこちら

CT技術を活用した地銀向けシステムコンサルティング、ソリューション、AI事業を手掛ける。 本日大幅安です。昨日発表した本決算が嫌気されています。前期業績は計画より赤字幅縮小となりましたが、今期見通しは増収計画ながらも赤字幅拡大する見通しとなっています。しかも新型コロナウイルスの感染拡大が、コンサルティング事業とソリューション事業の得意先に与える影響が不透明とのことで、その影響は織り込んでいないとのことです。ただ、一方で期待されているイノベーション事業では、ワンダーレジの新規受注獲得は見込んでいないとのことですが、今後無人AI決済店舗が増えていく期待は、新型コロナウイルスの影響でより高まっており、同社のワンダーレジ需要拡大への期待は根強いだけに下値も限定的と見る向きも多い様子です。



[9984]ソフトバンクグループ  [1部]業種:情報・通信業
終値4,420円/前日比+220円
Yahooの株価リンクはこちら

携帯電話で日米展開。傘下にZHD、英ARM、10兆円ファンド。持分に中国アリババ。 本日確りと上昇しています。同社は昨晩、2020年3月期業績予想を発表。連結営業利益は1兆3,500億円の赤字となり、最終損益は7,500億円の赤字になるとのことです。ソフトバンクビジョンファンドで、約1.8兆円の投資損失を計上するためで、これにより2017年のファンド設立以来の累積投資損益は僅かにマイナスに転じた模様です。2号ファンドは凍結し、当面は投資を見送り自社株買いを優先するとのことです。これを受け本日は安く始まったものの、寄り後は下げ渋り、早々にプラスに転じてくる動きになっています。既にコロナショックによる世界的な株安を受け、同社株も随分と売り込まれてきており、赤字転落も想定されていたことからアク抜け的な動きになっています。なお、UBSは開示された損失規模は寧ろ軽微な印象と指摘し、目標株価を引き上げています。市場では実施中の自社株買いが本日入ってきたのではとの声も聞かれました。明日以降も買いが続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

5857 アサヒHD [1部]業種:非鉄金属
以前の記事
終値2,059円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら  

貴金属リサイクルと廃棄物処理が2本柱。都市鉱山からの回収も注力。岩井コスモ証券は9日付で、アサヒHDの投資判断「A」、目標株価2,500円でカバレッジを開始しています。猛暑の影響でマッサージチェアの売れ行きが落ち込んだものの2020年3月期は回復が見込まれるとコメント。また、主力の歯科分野ではシェアの拡大が見込めること、配当性向として50%以上を目途とするなど高く、また成長も見込めることから現在の水準は割安であると考えています。
アサヒHDグループ会社のフジ医療器

フジ医療器 シートマッサージャー(ブラック)my relax(マイリラ) MRL-1100BK



6255 エヌ・ピー・シー [M]業種:機械
終値293円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら 

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。エヌ・ピー・シーは本日引け後に決算を発表。2019年8月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比36.8%減の2億4,000万円に落ち込みましたが、従来の4,600万円の赤字予想から一転黒字で着地しました。また、併せて通期の同利益予想を従来の4億9,100万円から5億9,200万円に20.6%上方修正。増益率は7.2%増から29.3%増に拡大する見通しとなっています。
「太陽電池モジュール」関連

ソーラーパネル XINPUGUANG DIY モジュール



7513 コジマ [1部]業種:小売業
終値569円/前日比-16円
Yahooの株価リンクはこちら 

ビックカメラ傘下の家電量販店中堅。関東地盤に全国展開。店舗改革を推進。コジマは本日引け後に決算を発表。2019年8月期第2四半期累計の非連結経常利益は前年同期比77.8%増の26.9億円に拡大し、従来予想の15.2億円を上回って着地しました。併せて通期の同利益予想を従来の50億円から68億円に36.0%上方修正し、増益率は11.7%増から52.0%増に拡大する見通しとなっています。更に、業績好調に伴い従来未定としていた期末一括配当を10円実施し、5期ぶりに復配する方針を示しています。

【ビックカメラ専用】洗濯機リサイクル A (本体同時購入時、処分する洗濯機のリサイクルをご希望のお客様用)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ