株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6254]野村マイクロ・サイエンス

[6254]野村マイクロ・サイエンス 
[2部]業種:機械
終値2,380円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

超純水装置大手。半導体・製薬向けに強み。韓国、台湾など海外拡大。 ストップ高。前日に業績・配当予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来の5億円から15.9億円に、通期では18.5億円から31億円にまで上方修正。また、同時に4-9月期の連結経常利益も従来予想の4.9億円から15.6億円へと3.1倍上方修正。なお、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の35円から55円に大幅増額修正しました。国内及び中国の水処理装置案件が順調に推移したことに加え、韓国の大型水処理装置案件を受注したことが業績上振れの背景。年間配当金計画も35円から55円にまで引き上げている。修正幅の大きさがポジティブなサプライズへとつながっている。株主還元の拡充などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[6549]DMソリューションズ 
[JQ]業種:サービス業
終値2,849円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

ダイレクトメールや宅配便の発送代行大手。一貫体制に強み。SEOコンサル事業も展開。 寄り付き大口の買い注文が流入、全体相場に逆行してカイ気配で始まる人気となり、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の経常利益を従来予想の1.9億円から4.4億円に2.3倍上方修正。同時に、4-9月期の経常利益も従来予想の1.9億円から4.4億円へと2.3倍上方修正。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に巣ごもり消費需要が喚起されるなか、送客数が想定を上回る伸びを示し、SEOコンサル事業なども好調に推移して収益を押し上げている同社は新値街道を快走する展開に期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意も必要です。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,470円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は昨日、予定していた決算発表を延期すると発表。19年11月に東京国税局から「架空循環取引」の存在を指摘され、今年3月に「納品実体のない取引に関する調査最終報告書」を開示しましたが、その後外部機関から指摘があり、同社従業員による資金流用の疑義を認識したとしています。これによる同社決算への影響を確認するなど決算確定のための検討に一定の時間を要しているとのことです。新たな発表日は未定となっており、不透明感から売られている模様です。ただ、ストップ安は過剰反応との見方もあり、問題となっている納品実体の無い取引は過去のものであり、今回の決算への影響は限定的との見方も多いようです。それだけに更に売り込まれるなら買い向かう動きも見られるのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9263]ビジョナリーHD 
[JQ]業種:小売業
終値339円/前日比+21円
Yahooの株価リンクはこちら

傘下にメガネスーパー。眼鏡小売り大手。関東地盤に直営店を全国展開。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第1四半期(20年5-7月)の営業損益を1億6000万円の黒字(前年同期実績9900万円の赤字)連結経常損益は2億8000円の黒字に浮上し、5-10月期計画の3億5000円の赤字を既に上回りました。収益力増強のため、店舗展開を見直した結果、小売事業が伸長。卸売事業やEC事業も順調に推移し、黒字転換に貢献しました。黒字転換に貢献した。通期予想は2000万円の黒字(前期実績は2億1200万円の赤字)で据え置いた。第1四半期の好調なスタートを評価する動きで買いが流入しており、新たなトレンド形成に期待されます。ただ、350円処からは上値の重さが感じられるため、慎重に動きを見たい処です。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値13,960円/前日比+970円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 大幅に5日ぶりに大幅反発です。同社は昨日、第2四半期決算を発表。21年3月期第2四半期累計(20年4-9月)の営業利益を前年同期比58.2%減の1億8000万円と発表しています。朝売られて始まる展開となりました。ただ、寄り後は新興市場の地合い落ち着きも追い風となり、同社株も買われて大幅高になっています。第2四半期累計では大幅減益ながらも四半期ベースで見れば7-9月期は大幅増益となっており、悪くない決算との見方も多く、内容的にも社会的なDXの流れを受け、クラウドサインの売上が大きく増加しており、前年同期比で2.5倍、前四半期比で1.3倍と急拡大中です。業界シェアは80%超とのことで、導入企業数は社会的なテレワーク推進の流れから引き続き増加中とのことです。9月の月間サイト訪問者数や有料会員数が減少したものの、第2四半期末時点の会員登録弁護士数や有料会員登録弁護士数が増加しました。通期の営業利益予想は非開示のままです。これを受け改めて今後の成長期待が意識された様子です。ただ、既に同社の株価は、それらも織り込まれている水準との見方も多く、続く買いにはならないとの声も聞かれました。



[3741]セック 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,160円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら

システム開発会社。リアルタイムソフトウエア技術に強み。モバイル決済やロボット関連など。 本日小確りで寄り付いた直後から本格的な上値追いが開始し大幅反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の単独業績予想について発表。売上高を64億円から前期比1.7%増の64億5,000万円へ、営業利益を8億5,000万円から同1.1%減の9億2,000万円へ、純利益を6億2,000万円から同2.5%減の6億7,000万円へ上方修正しました。本日の大幅高で株価は今月の下げ分を取り戻し、月足は陽線となっています。明日は一服感が出るかに注目が集まります。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値4,775円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 本日確りと反発しています。朝方は売り優勢で始まったものの、すぐに寄り付くと下げ幅を縮小してプラスに転じてくる動きになっています。マザーズ市場でダントツに時価総額が大きな銘柄だけに指数インパクトも強く、同社株の動向がマザーズ指数に与える影響が大きいだけに、朝方早々に同社株が下げ渋ったことを受けて、新興市場全体がリバウンド的な動きになっています。ある意味、同社株の行方がマザーズ指数の行方になると言え、同社株の動向を睨みながら他の新興銘柄を売買する短期資金も多い様子です。それだけに明日も確りと上昇出来るのか注目されます。



[4011]ヘッドウォータース 
[M]業種:情報・通信業
終値20,120円/前日比+3,120円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の経営課題をAIシステム開発を通して解決するソリューション事業を手掛ける。 本日大幅に上昇しました。昨日まで10営業日連続で下落していましたが、本日は11営業日ぶりに反発しています。初値が高過ぎた反動で物色一巡後は、新興市場の地合い軟化も重しとなって、買いも入らずダラダラと売り込まれてきた格好で本日も朝は安く始まったものの、寄り後は新興市場が全体的にリバウンドしてきたことから、同社株も下げ渋り、後場にはプラスに転じてくると一段高になっています。漸く下げ止まった格好ですが、単なる自律反発の動きで、リバウンド狙いの短期資金による買いが中心との見方が多いだけに、リバウンド一巡後は再度売られる恐れはありそうです。本日は他にも[4059]まぐまぐ、[4058]トヨクモなど足元で売り込まれてきた直近IPOに反発するものが見られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4671]ファルコHD [1部]業種:サービス業
終値2,009円/前日比+224円
Yahooの株価リンクはこちら 

臨床検査受託大手。調剤薬局も展開。ドラッグストア撤退。体外診断薬に参入 本日大きく急伸して昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の連結最終利益を従来予想の5億円から15億円に3.0倍上方修正。従来の23.4%減益予想から一転して2.3倍増益見通しとなりました。MSI検査キットの販売が順調に推移した他、調剤薬局事業における収支の改善なども寄与し、業績上振れを好感視されています。本日はゴールデンクロスを形成しており、新値街道をを快走する動きも予想されます。



[6177]AppBank [M]業種:サービス業
終値349円/前日比+38円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホ向けアプリの記事などを掲載「AppBank.net」を運営。スマホ向け商品販売も。 本日大幅高となり、25・75・200日の各移動平均線を一気に上抜き、一目均衡表の雲も一時上抜く場面が見られました。昨日同社は代表取締役の異動を発表しており、現取締役CCOのマックス村井こと村井氏が代表取締役社長CEOに就任するとのことです。村井氏は人気ユーチューバーで同社創業者でもあり、以前代表取締役社長CEOでした。再度、村井氏が代表取締役社長CEOになることで、同社業績回復への期待が強まったようです。ただ、実際に業績回復させられるかは不透明なだけに買いも続き難いとの見方も多いようです。明日以降の動向が注目されます。



[4430]東海ソフト [2部]業種:情報・通信業
終値1,718円/前日比+141円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系で幅広い事業を対象にソフトウエアの受託開発を手掛ける。 本日静かな寄り付き後に急速な上値追いが進み大幅反発しました。同社は自動運転ソフトに強く、組み込み関連事業では農業用特殊車両などに搭載されるECUのソフト開発も手掛けており、スマート農業関連の一角としても注目されています。業績も絶好調で、2019年6-11月期業績は営業利益が前年同期比32%増の2億7,400万円と大幅な伸びを示しており、株価は対通期進捗率60%を織り込む格好で推移するでしょう。目先の目標は当然、20日の上場来高値1,840円ということになります。



[7963]興研 [JQ]業種:その他製品
終値2,006円/前日比-140円
Yahooの株価リンクはこちら 

防塵・防毒マスク大手。防衛省向け独占。環境改善機器や医療・精密機器等も。本日反落です。本日はマスク関連に反落している銘柄が目立っています。新型コロナウイルスの感染が拡大しているものの、足元派手に買われてきただけに過熱感も意識されている様子です。同社株は朝方物色されたあとは、手仕舞い売りに押される動きとなり、一時1,951円まで売り込まれる場面も見られました。しかし、その後急速に切り返して下げ幅を縮小する動きに。一部報道では「中国からマスク発注128倍に 日本の業者大忙し」と報じられており、その動画に同社のマスク「ハイラックneo」が映っていたことで買いが入った様子です。同じく動画に映っていた「使い捨て式防じんマスクN95マスク ラムダライン」を手掛ける[7980]重松製作所も下げ幅を縮小する場面が見られました。ただ、買いも続かず明日反発出来るのか注目されます。



[2678]アスクル [1部]業種:小売業
終値3,490円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

オフィス用品宅配サービスで先駆。家具なども販売。ヤフーと個人向けECで連携。オフィス用品宅配サービスで先駆。家具なども販売。ヤフーと個人向けECで連携。本日窓を開けての上値追いで昨年来高値を更新しました。クレディ・スイス証券では小売セクターのカバレッジを開始、同社株の投資判断は新規に「アウトパフォーム」、目標株価は4,500円としています。主力のBtoB事業の安定利益とLOHACOの営業赤字の縮小と黒字転換に注目としている模様です。なお、同証券では同社株の他、[7606]ユナイテッドアローズや[7532]パン・パシフィック・インターナショナルHD、[7453]良品計画なども買い推奨でカバレッジ開始としており、横を見ながらの値動きになりそうです。



[4480]メドレー [M]業種:情報・通信業
終値1,345円/前日比+124円
Yahooの株価リンクはこちら 

人材採用システムや医療ヘルスケア領域のインターネットサービスを手掛ける。 本日大幅高となり、上場来高値を更新しました。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規「Buy」としてカバレッジを開始しており、好感されています。目標株価は1,800円としています。主力事業である人材プラットフォーム事業の医療・介護系求人サイト「ジョブメドレー」の年平均4割超の売上高成長を予想しています。業績面は今期である2020年12月期は純利益6.1億円(EPS22.7円)と黒字転換すると予想しており、来期である2021年12月期は純利益13.9億円(EPS127.9円)に急拡大すると予想しています。この強気なレポートを受けて、改めて高成長期待が意識されたようで、本日は見直し買いに繋がっています。ただ、同証券は主幹事の一社だけに、やや色付けているのではとの声も聞かれました。明日以降も物色が続くか注目されます。



[6254]野村マイクロ・サイエンス [JQ]業種:機械
終値1,266円/前日比+67円
Yahooの株価リンクはこちら 

超純水装置大手。半導体・製薬向けなどが主体。韓国、台湾など海外拡大。本日急伸しました。半導体受託生産世界最大手TSMCの好決算発表によって、半導体関連銘柄に注目が集まる中、サムスン電子を始めとする韓国でも半導体業界の回復色が鮮明となっています。同社の主要顧客でもあるサムスン電子の投資増強の動きから株価に浮揚力を与える展開となりました。株価は昨年8月に504円の大底を確認してからは強力な戻り波動を形成しており、実質青空圏への突入を意識する動きが見られます。



[3604]川本産業 [2部]業種:繊維製品
終値1,091円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。本日4連続ストップ高となっています。本日はマスク関連など感染防止関連株に売られている銘柄が目立ちましたが、同社株の強さは継続しています。小型で浮動株が少ない銘柄ですが、更に浮動株が吸収されている感じであり、過熱感は強いものの売り圧力が乏しくなっています。逆に買い気の強さは続いていることから、仕掛け的に買ってきている投機筋がいるのではとの声も聞かれました。株価は大台に乗せたことから、明日は値幅が上下300円になります。それだけに明日がピークとなる可能性もあり、明日は乱高下必至となりそうだとの声が多く、明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ