株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[6027]弁護士ドットコム

[6198]キャリア 
[M]業種:サービス業
終値654円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

シニア人材活用、派遣・紹介。介護施設等へ看護・介護士の派遣・紹介。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末3日引け後に業績修正を発表。2021年9月期の連結経常利益を従来予想の2.5億円から4億円へと上方修正し、増益率が63倍から100倍へと拡大。新型コロナワクチンの接種に関連して従来の想定より上振れる見込みで、8月13日に続く上方修正の発表を好感視する買いが流入しています。株価は目先5月25日に付けた年初来高値728円も意識されます。



[3903]gumi 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,025円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ソーシャルゲームからスマホアプリ開発が主力に。海外に強み。他社ゲームの海外配信も。 本日ストップ高まで買われました。同社が出資するブロックチェーン向けゲーム開発企業double jump.tokyo社が、先週末に[4689]Z HDのコーポレートベンチャーキャピタルを割当先とする第三者割当増資を実施し、LINEとブロックチェーン領域で協業すると発表。更にビットフライヤーにも第三者割当増資を実施し、NFTに関する事業について協業するとも発表しています。また、バンナムHDへも第三者割当増資を実施するとも発表しており、これらが好感されて買われています。相次ぐ主要企業によるdouble jump.tokyo社への出資を受け改めてdouble jump.tokyo社への先行き期待が強まった様子です。同社株はdouble jump.tokyo社の材料で今までも何度か物色された経緯があり、今後も度々同関連で物色されるとの見方は多いようです。



[7317]松屋アールアンドディ 
[M]業種:輸送用機器
終値4,375円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

自動車安全装置縫合システムやレーザー裁断機の開発・販売。縫製品の製造も。 本日大幅ギャップアップスタートから3営業日ぶりに急反騰し、ストップ高まで買われました。同社は先週末3日引け後に、9月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、流動性の向上および投資家層の拡大を図ることが目的としています。なお、効力発生日は10月1日になります。現値上方4,500円処は5月下旬から2ヵ月近くに渡り滞留した価格帯で、このレベルでの戻り売りをどれだけ熟せるかが目先の焦点になります。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値7,130円/前日比+570円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅高です。脱ハンコ関連として見直し買いが入ってきているとの見方です。菅政権で脱ハンコを進めてきた河野太郎氏が自民党総裁選に出馬する意向を固めたことが追い風になっています。河野氏が新首相となれば、一段と脱ハンコの流れが強まるとの見方です。[3788]GMOGSも同関連として大きく買われています。また、河野氏関連では脱炭素関連株も本日は買われている銘柄が目立っています。河野氏が新首相となれば引き続き脱炭素に一段と力を入れると見られており、再生可能エネルギーの一段の普及が期待出来るとの思惑から、[9519]レノバ、[9517]イーレックス、[3856]Abalance、[1407]ウエストHD、[5074]テスHD、[7162]アストマックスなどが再生可能エネルギー関連として買われています。明日以降も河野氏関連銘柄の買いが続くと期待する向きも多いようです。



[9101]日本郵船 
[1部]業種:海運業
終値9,830円/前日比+890円
▼クリックで株探ページ▼

総合海運大手。海運売上高で国内トップ。海・陸・空の物流サービスを連携。 本日買い気配スタートから年初来高値を更新しました。コンテナ船市況の高騰に加え、ばら積み船市況の回復も顕著で、同社株や[9104]商船三井、[9107]川崎汽船など大手海運株が揃って上昇。バルチック海運指数については、8月末を境に調整局面に移行しており、前週末時点では4000ポイントの大台を割り込んだものの、依然として約14年ぶりの高値水準に位置しています。株価は7月末から急騰トレンドに突入し2カ月余りの短期間で4,000円強の上昇を見せていますが、それでも今期配当700円予想から換算した配当利回りは7.3%前後という高さにあり、インカムゲイン狙いの買いを集めています。



[3172]ティーライフ 
[1部]業種:小売業
終値1,644円/前日比+189円
▼クリックで株探ページ▼

自社企画の健康茶、健康食品、化粧品などをカタログ・ネットで通販。M&Aに意欲。 本日反発しました。同社は先週末3日引け後に決算を発表。2021年7月期の連結経常利益は前期比76.0%増の9.2億円に拡大し、2022年7月期も前期比4.8%増の9.6億円に伸びを見込みます。また、今期の年間配当は前期比1円増の52円へと増配する方針を示しました。これを受けて買いが向かいましたが、上値の節目付近にも到達し、調整入りも想定されます。



[4056]ニューラルポケット 
[M]業種:情報・通信業
終値3,250円/前日比+317円
▼クリックで株探ページ▼

AIアルゴリズムで画像・動画解析技術などエンジニアリング事業。AI解析に強み。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。同社は11時に[4343]イオンファンタジーと共同で、店舗内AI解析の検討に関する取り組みを実施したと発表。この取り組みで同社はカメラに映る子ども世代の年齢をより細かく推定出来るAIモデルを開発したとのことです。今後はイオンファンタジーが運営する施設へAIカメラを搭載したデジタルサイネージなどの機器設置を進めていくと同時に、子育て世代を対象とする店舗や商業施設での活用を広げていくとのことです。これが好感されて買われています。同社株は先月に2Q決算発表で大きく売られたあとは戻り基調になっていましたが、本日の上昇で漸く決算発表前の水準に戻した格好です。明日以降も見直し買いが続くのか、それとも戻り売りに押されるのか注目されます。



[7779]CYBERDYNE 
[M]業種:精密機器
終値483円/前日比+37円
▼クリックで株探ページ▼

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日大幅高です。同社は本日13時15分に適時買いで、英国ハンプシャー州議会より同州内の介護施設に対するHAL腰タイプ(世界初の装着型サイボーグ)127台の長期大型契約を受注したと発表。契約期間は5年間レンタルで、契約金額は約5億円。5年間で約5億円は言うほどインパクトは無いものの、ハンプシャー州議会では本契約での使用状況や効果に応じて柔軟に拡張出来るよう5年間で総額1,000万ポンド(約15億円)を上限にHAL腰タイプの調達を行うことを示唆しているとのことです。それだけに追加受注もあり得るとの期待から、好材料視されています。また、空売りの買戻しの動きも加わっているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9919]関西スーパーマーケット 
[1部]業種:小売業
終値1,538円/前日比+218円
▼クリックで株探ページ▼

兵庫・大阪地盤のスーパー中堅。生鮮食品に強み。H2Oと資本業務提携。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は本日、H2Oリテイリング完全子会社であるイズミヤと阪急オアシスの2社との株式交換方式により経営統合すると発表。これに伴いH2Oリテイリングの同社株持ち分は現在の10.66%から58.00%に上昇し、H2Oリテイリングの連結子会社となります。スケールメリットの拡大やH2Oリテイリングとの共同調達や商品開発などでの連携強化などが期待出来る状況です。新値追いも期待されますが、過熱感も感じられる水準に達しており、注意が必要です。



[9479]インプレスHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値269円/前日比+23円
▼クリックで株探ページ▼

ネット関連出版の草分け。ネット広告や電子書籍を展開。デジタルコンテンツを強化。 本日大幅高です。同社は昨日、[3678]メディアドゥとPOD(プリント・オンデマンド)書籍出版市場の拡大を目的とした業務提携について協議・検討を開始することで合意したと発表。両社が持つPOD書籍出版のノウハウを生かし、出版のDXを促進する新しい出版環境を全ての著者・出版者に提供することで、より豊かな出版文化の形成を目指すとのことです。未だ検討段階ですが、同社株は小型低位株で、しかも貸借銘柄ということもあって、短期資金の物色材料になった格好です。物色が続くかどうかは日証金の取り組み次第で、先ずは夕方に発表される日証金速報が注目されます。



[7366]LITALICO 
[1部]業種:サービス業
終値5,550円/前日比+420円
▼クリックで株探ページ▼

障害者向けの支援事業を展開。就労支援、発達障害児支援、家族向けなど。 本日大きな窓を空けて3営業日続伸しています。同社は昨日引け後に、9月30日を基準日として1株を2株へ株式分割すると発表しました。1株あたりの投資金額を引き下げて株式の流動性を図ることが目的とのことです。効力発生日は10月1日で、株価は直近3営業日に連続で大陽線を引き、この間の上昇幅は895円にまでおよびましたが、引け味が悪くない流れを翌日に繋げることが続いており、6月30日高値5,860円や5月17日の年初来高値5,870円を視界に捉えた格好と言えそうです。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,810円/前日比-38円
▼クリックで株探ページ▼

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日軟調です。NY市場引け後に米Zoomが決算を発表し、8-10月期見通しは減収となっており、時間外取引でZoom株は10%超の大幅安となっています。同社はZoom同様にウェブコミュニケーションサービスを手掛け、ウィズコロナ関連として昨年大きな相場を作った銘柄でした。また、昨年には米Zoomが好決算を発表した際に刺激を受け同社株は派手に買われた経緯もあるだけに、米Zoomが決算失望で派手に売られれば、同社株も連想的に売られ易いと言えます。明日以降も弱含みの展開が続くのか注目されます。



[3659]ネクソン 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,010円/前日比-67円
▼クリックで株探ページ▼

PC向けオンラインゲームを日本、韓国、中国等に配信。無料RPGが主力。韓国発祥。 本日大幅安となり、昨年5月以来となる2,000円割れで年初来安値を更新しています。中国当局が昨日、18歳未満によるオンラインゲーム利用を制限する方針を発表。ゲーム提供企業は、18歳未満には週末や休日・祝日に限り、1日1時間しかサービスを提供してはならないとのことです。また、実名で登録しない者には一切サービスを提供してはならず、これらを守らない企業は当局が厳しく取り締まるとのことです。消費者によるゲーム離れに繋がるとの懸念から、中国でオンラインゲームを提供している同社には逆風との見方で売られています。既に8月上旬には中国当局がオンラインゲームに対する規制を検討と報じられていましたが、更なる規制もあり得るとの懸念から改めて売られています。同様に[3635]コーエーテクモHDや[9684]スクウェア・エニックスHDも安くなっています。



[4485]JTOWER 
[M]業種:情報・通信業
終値9,130円/前日比+670円
▼クリックで株探ページ▼

国内外における通信インフラのシェアリングやその関連ソリューションを提供。 本日確りした寄り付き直後に商いを伴い急伸し、大幅高4営業日続伸となりました。同社は昨日、東京都交通局と都営地下鉄大江戸線の都庁前駅構内における5Gの試行整備・検証などに関する協定を締結したと発表。インフラシェアリングを活用した5G電波環境の整備・検証・運用を担い、東京都が推進するデジタル化に貢献するとしています。株価9,000円超レベルは3月~4月に掛けて高値抵抗となったゾーンであり、明確に上放れると新相場が始まります。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値6,950円/前日比+560円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日買い気配スタートから大幅3営業日続伸しました。同社は昨日引け後に、富士キメラ総研が刊行した市場調査レポート「ソフトウェアビジネス新市場2021年版」で、Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」が、有償プランでの導入企業数となる市場占有率(数量)で電子契約ツールのシェア首位を獲得したと発表しています。本日の大幅高で株価は7月8日以来に25日線を回復しており、17日の底入れ確認から本格反騰相場に移行出来るかのタイミングに差し掛かっています。



[6920]レーザーテック 
[1部]業種:電気機器
終値24,070円/前日比+1,200円
▼クリックで株探ページ▼

液晶・半導体検査装置が主力。マスクブランクス検査装置でシェア独占。 本日7連騰となり、上場来高値を更新しています。直近では半導体関連株に弱いものが目立っており、同社株も弱含みの展開で調整気味だったと言えますが、気が付けば早くも上場来高値を更新しています。昨晩のNY市場ではフィラデルフィア半導体株指数のSOX指数が、小幅ながらも続伸し、久しぶりに最高値を更新しています。それに刺激を受け東京市場でも半導体関連株に買いが入っている格好です。それでも半導体関連株には上値の重い銘柄も見られていますが、同社株は相対的にも強い動きとなっています。これを機に他の半導体関連株にも見直し買いが拡がってくると期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4978]リプロセル 
[JQG]業種:化学
終値319円/前日比+19円
▼クリックで株探ページ▼

バイオベンチャー。iPS細胞関連の研究試薬など東大・京大と研究。受託加工も。 本日寄り直後から上げ足が加速し、大幅続伸しました。同社は昨日引け後に、CMP-iPS細胞マスターセルバンク製造における一部のプロセスをフランスの医薬品製造受託機関であるテクセル・グループに委託するための基本契約を締結したと発表。今回の基本契約で、欧州医薬品庁から認証されたテクセル社のGMP(医薬品の製造管理および品質管理の基準)製造施設で、リプロセルが樹立した臨床用iPS細胞からマスターセルバンクの樹立を行うとしています。ここ3ヵ月に渡り下げ続けてきた25日移動平均線が下げ渋りつつあり、中期でのトレンド転換に繋がるか注目されます。



[6190]フェニックスバイオ 
[M]業種:サービス業
終値757円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

広島大発バイオベンチャー。ヒト肝細胞置換率の高いPXBマウス生産や受託試験。 本日ストップ高まで買われています。引き続き同社が先週末13日引け後に発表した1Q決算を見直す動きが継続しています。また、本日は四季報オンラインで業績予想の修正を行っており、それが見直し買いに拍車を掛けたとの見方です。同社は黒字転換となる1Q決算で進捗率も非常に高いものの、中間・通期業績は据え置いていました。しかし、四季報オンラインの業績予想は会社計画を大幅に上回る数字を出してきており、来期業績予想も大幅増収増益となるなど本日の見直し買いに繋がっています。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値6,130円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日急伸して2日続伸です。同社は昨日引け後に、クラウド型不動産管理・業務支援システムを運営するいえらぶGROUPと業務提携し、賃貸借契約の完全電子化サービスを開始すると発表。デジタル改革関連法の施行で不動産業界での押印廃止や書面電子化の範囲が拡大することから、新たなサービス提供で電子契約の準備を進める不動産管理会社の利用を促します。株価は7月以降、大きく値を下げていましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値626円/前日比-61円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日大幅安となり、200日移動平均線を割り込んできています。暗号資産の取引を仲介する米交換所大手コインベース・グローバルの日本法人は19日、国内市場に参入し、取引を開始したと発表。このことが10時頃から複数のメディアサイトで報じられ、同社株は下げ幅を拡大する動きになっています。米大手が日本市場に参入することで、同社傘下のコインチェックとの競争激化が警戒されている模様です。顧客の奪い合いになれば収益悪化に繋がるとの見方もあるようです。ただ、逆に国内での暗号資産取引が活発になり、取引を行う人が増えればコインチェックにも追い風になるとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[2212]山崎製パン 
[1部]業種:食料品
終値1,768円/前日比+132円
▼クリックで株探ページ▼

製パン最大手。和洋菓子なども。コンビニを展開。子会社に不二家、東ハト。 本日大幅ギャップアップスタートから3連騰となりました。同社は昨日、鶏卵や糖類・油脂類などの価格高騰を背景に10月1日出荷分から一部の和菓子・洋菓子を平均7%(和菓子6.5%・洋菓子7.4%)値上げすることを発表。野村證券では、18日付で投資判断を「NEUTRAL(中立)」から「BUY(買い)」に、目標株価を1,800円から2,200円に、それぞれ引き上げています。本日の株価は、値上げにより収益デメリットが相殺されるとの思惑から、投資資金の流入により大幅高しましたが、出来高が急増しており、今後も上げ下げが激しくなる場面がありそうです。



[7735]SCREEN HD 
[1部]業種:電気機器
終値8,900円/前日比-630円
▼クリックで株探ページ▼

半導体・液晶製造装置が主力。ウエハ洗浄装置で世界首位。画像処理機器も。 本日大幅安です。昨晩のNY市場でSOX指数が1.47%の大幅安となっており、日本市場でも半導体関連株には重しとなっています。また、同社株と[8035]東京エレクトロンに関しては、みずほ証券が投資判断を「買い」から「中立」に格下げしていることも嫌気されているようです。DRAM価格が下落する懸念が高まっており、前工程SPE株への強気な投資スタンスを変更しています。加えて、TSMCやインテルなどノンメモリー向けの売り上げは、2023年3月期上期がピークと予想するとのことです。年内は高水準のSPE受注を期待出来そうですが、売上・営業利益のピークアウトが視野に入ってくるため、投資判断を引き下げるとのことです。本日の下落で同社株は200日線まで下げており、明日以降この水準で下げ渋れるか注目されます。



[2459]アウンコンサルティング 
[2部]業種:サービス業
終値284円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

検索エンジンマーケティング。最適化コンサル、検索結果上位表示など。不動産仲介も。 本日前場10時前から上昇が本格化して続急伸し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、人工知能による完全自動マーケティングオートメーションプラットフォーム「nununi(ヌヌニ)」を提供するawoo Japan社と業務提携を締結したと発表。提携により今後はSEOサービスにおいて、台湾をはじめグローバルに強い「nununi」が加わることにより、日本国内のみならずグローバルでのSEOコンサルティングの幅が広がり、より一層SEO効果の高いサービスを提供することが出来るようになるとのことです。目先の株価は年初来高値をどう捉えるかでしょう。



[7203]トヨタ自動車 
[1部]業種:輸送用機器
終値9,295円/前日比-430円
▼クリックで株探ページ▼

世界首位級の自動車メーカー。国内も高シェア。環境技術で優位。提携を加速。 本日大幅安です。本日14時半過ぎに日経新聞電子版が、同社が9月の世界生産を計画比で4割減らすと報じたことをキッカケに大引けまで売り込まれる展開になっています。7月下旬に策定した最新の計画では90万台弱の生産を見込んでいましたが、これを50万台強に引き下げるとのことです。世界的な半導体不足に加え、東南アジアで新型コロナウイルス感染拡大が深刻で、部品調達が停滞していることが響くとのことです。これを受け先行き不透明感が強まり、売り材料視されています。同社株だけでなく、自動車部品株や他の自動車メーカー株も連想的に売られました。その影響で日経平均やTOPIXが下げ幅を拡大し、投資家心理を冷やした格好です。明日以降下げ渋りを見られるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6664]オプトエレクトロニクス 
[JQ]業種:電気機器
終値733円/前日比+49円
▼クリックで株探ページ▼

バーコードリーダー大手。レーザーエンジンで国内首位、世界2位。 本日寄り付きは売られてスタートしましたが、即切り返して急反騰しました。直近では米国はじめ海外でも新型コロナウイルスの感染拡大が警戒される状況にあり、米国で医療機器メーカー向けに同社の2次元ハンディスキャナ「L-22X」が新型コロナウイルス検査装置に採用されるなどの実績を持つ同社株に買いが集まった格好です。本日の大幅高で株価は足元のジリ安傾向から脱した感があり、明日以降の反応に注目が集まります。



[7751]キヤノン 
[1部]業種:電気機器
終値2,708円/前日比+229円
▼クリックで株探ページ▼

OA機器総合メーカー。カメラ、事務機器で世界大手。一眼レフも高シェア。医療機器も。 本日大幅上昇で高値引けとなっています。同社は昨日引け後に、2021年12月期業績の大幅上方修正を発表。営業利益は従来予想の1,980億円から2,830億円に、純利益も1,400億円から2,010億円に大きく上方修正しています。市場コンセンサスは営業利益2,130億円、純利益1,500億円程度であり、それを大きく上回っています。これを受けJPモルガン証券が従来のアンダーウェートからニュートラルに格上げしており、更にマッコーリー証券はニュートラルからアウトパフォームに格上げしています。また、今朝の日経新聞では同社の御手洗CEOの取材記事が報じられており、2022年内を目途に医療・産業機器の材料分野でM&Aを実行する方針を明らかにしたとのことです。この報道も見直し買いに繋がっている面もあるとの声も聞かれました。明日以降、年初来高値2,742円を超えられるか注目されます。



[2735]ワッツ 
[1部]業種:小売業
終値931円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

100円ショップ大手。小規模店で差別化。M&A積極。ディスカウントショップも展開。 本日反発しました。同社は昨日引け後に配当修正を発表。2021年8月期の期末一括配当を従来計画の15円から22円へと大幅増額修正しました。また、200株以上の株主に対して、9月より新たにスタートする同社のオンラインショップで利用可能な株主優待券2,200円分を贈呈します。7月12日の決算発表以降、大きく売られていただけに割安感も強く、買いが流入しました。ただ、売り圧力も強く、ここからの上値は限定的と見る向きも多いようです。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値9,000円/前日比+380円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日確りと上昇しています。本日はゴールドマン・サックス証券が同社株を新規「買い」でカバレッジを開始しており、それが刺激になっています。目標株価は13,800円で時価を大きく上回ります。高成長期待が十分に株価に織り込まれていないと指摘しています。また、昨晩のNY市場でウィズコロナ関連の一角が買われており、電子署名を手掛けるドキュサイン株も上昇。同社はやはり電子署名のクラウドサインを手掛けているだけに、ドキュサイン株の逆行高が追い風になっている面もあるようです。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。なお、同社は7月30日に1Q決算発表を予定しています。



[8518]日本アジア投資 
[1部]業種:証券・商品
終値303円/前日比+23円
▼クリックで株探ページ▼

独立系ベンチャーキャピタル大手。海外投資に強み。再生可能エネルギー投資に注力。 本日売り先行で始まったものの、前場10時台から商いを伴い急伸して大幅反発しています。菅政権では2030年度までに温室効果ガスの排出量を2013年度比で46%削減する目標を掲げていますが、経産省では2030年度で太陽光発電を8760万キロワットまで増強する見通しを開示し、太陽光発電を中心に再生可能エネルギー投資事業に傾注する同社株に注目が集まりました。市場全体が波乱含みに下値を探る中、大口の買い注文を集め、今月に入り初めて300円大台を回復しており、6月17日の年初来高値318円を視野に捉えています。



[4432]ウイングアーク1st 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,023円/前日比-138円
▼クリックで株探ページ▼

企業の情報活用を促進するソフトウェアやクラウドサービスの提供を手掛ける。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に、資本業務提携している[4443]Sansanが保有する同社株の一部を7月19日〜20日に売却すると発表。売却益9.79億円を見込むとのことです。これを受け本日も売却するとの見方から需給悪化懸念で売られています。なお、Sansanは今回一部売却したあとも同社と引き続き資本業務提携を継続する予定としています。それだけに明日以降は反動的に買われるのではとの声も聞かれましたが、同社株を売ってくる可能性がある既存株主はSansanだけではなく、既に90日間のロックアップ解除となっていることから、継続的に売りが出ている恐れがあるとの声も聞かれました。上場数日後に付けている上場来安値1,840円を明日以降試しにいくのか注目されます。



[7747]朝日インテック 
[1部]業種:精密機器
終値2,851円/前日比+76円
▼クリックで株探ページ▼

医療用器具を製造。カテーテル治療用ガイドワイヤなど。産業用ワイヤも。海外生産。 本日静かな寄り付き後に右肩上がりの展開となり、大幅続伸しました。同社は昨日、行使価額修正条項付新株予約権に関する7月12日から19日までの期間の大量行使について発表。発行総数の13.54%に当たる13000個が行使され、累計行使は87.29%となっています。6月以降は行使ペースが加速しており、需給悪化も解消に向かっていることが材料視されたようです。需給悪化を警戒して株価は軟調な動きが長らく続いていたため、今後の水準訂正期待が強まりつつありますが、2,860円台が目先一つのポイントとなりそうです。



[7378]アシロ 
[M]業種:サービス業
終値1,239円/初値比-241円
▼クリックで株探ページ▼

弁護士業界とITを結びつけたリーガルメディアサイトの運営などを手掛ける。 本日新規上場した銘柄で、同社は離婚に関する法律相談サイト「離婚弁護士ナビ」や遺産相続に関する法律相談サイト「相続弁護士ナビ」、交通事故に関する法律相談サイト「交通事故弁護士ナビ」など、法律情報や弁護士情報を提供するリーガルメディアサイトの運営を行っています。公開価格1,160円に対して初値は1,480円となるも、寄り後は大して買われず売り優勢の展開となっています。それでも前場は下げ渋りも見られていましたが、後場は弱含みの展開で長い陰線で引けています。マザーズIPOにしては、公開株数が結構多く荷もたれ感があることに加え、2021年10月期業績予想は微増収で微増益計画に留まっており、積極的には買い難いとの声も聞かれました。更に本日は直近IPOに派手に売られるものが目立っており、上場タイミングも悪かったと模様です。直近IPOには連休前の手仕舞い売りが出ているとの声が聞かれました。明日以降、公開価格1,160円を維持出来るか注目です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[1945]東京エネシス 
[1部]業種:建設業
終値1,052円/前日比+149円
▼クリックで株探ページ▼

発電所の関連設備エンジニアリング。東電関連が中心。再生可能エネ機器設備も。 買い気配スタート後も上値追いが続き昨年来高値を更新し、一時ストップ高まで買われています。同社は太陽光発電システムの設置で、地盤調査にはじまり部材の調達、施工、メンテナンスに至るまで一貫して手掛けるEPC(設計・調達・建設)事業者としての実力を発揮しており、脱炭素関連をテーマに投資資金の攻勢が加速した格好です。株価は一気に1,000円大台に乗せてきており、目先は2019年10月高値1,066円レベルがポイントになるでしょう。



[5724]アサカ理研 
[JQ]業種:非鉄金属
終値4,005円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

電子部品等からの貴金属回収・精錬。独自技術に強み。環境事業に注力。 本日ストップ高まで買われました。先週末の日経新聞では、中国政府は15日にレアアースの統制を強化すると発表したと報じています。これまでは生産分野を管理してきましたが、輸出を含めたサプライチェーン全体に統制の対象を広げるとのことです。同社株は以前、中国によるレアアースの対米輸出規制懸念から派手に買われた経緯があり、今回も思惑的に買われています。同様に[3036]アルコニックスも関連株として大きく買われています。また、同社は先週末にリチウムイオン電池再生事業に係る量産プラント導入に際して工場を増設すると発表したことも好感されています。



[4058]トヨクモ 
[M]業種:情報・通信業
終値2,666円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

安否確認サービスなど法人向けクラウドサービス事業を手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末15日引け後に業績修正を発表。2020年12月期の経常利益を従来予想の1.8億円から2.3億円に27.2%上方修正しました。既存サービスがパンデミックなど非常時の連絡手段や情報共有ツールとしての認知が拡大したことが要因になっています。株価は昨年11月以降、安値圏での推移を強いられていたこともあって割安感も強く、ここからの新たなトレンド形成が期待されます。



[9625]セレスポ 
[JQ]業種:サービス業
終値583円/前日比-64円
▼クリックで株探ページ▼

イベントの企画・運営。建設式典・スポーツイベントに強み。企業の販促支援等も。 本日大幅安です。先週末、NYタイムズが今夏に予定されている東京五輪について、新型コロナウイルスの影響で開催見通しが日々厳しさを増しており、第2次大戦後初の五輪開催中止に追い込まれる可能性があると報じています。日本や欧米での新型コロナウイルス感染拡大が続き、国際オリンピック委員会らの間で、安全な五輪開催は不可能との声が出始めたとのことです。これが嫌気され、同社株などオリンピック関連株が売られています。同社株はオリンピック関連としての市場の位置付けが強く、オリンピック開催期待から仕込んでいた個人投資家も多かった模様です。同様に[4324]電通グループなども安くなっています。



[1934]ユアテック 
[1部]業種:建設業
終値943円/前日比+89円
▼クリックで株探ページ▼

東北電力系総合電気工事会社で依存度4割。風力・太陽光発電で実績。 本日窓を空けて急反発し、昨年来高値を更新しています。同社は洋上風力発電事業に経営資源を投下し、秋田県など日本海側を中心に大手商社やゼネコンとジョイントする形でプロジェクトに取り組んでおり、政府が「グリーン成長戦略」で洋上風力発電に国策的支援を強めるなか、追い風が意識されているようです。また、同社は年20円配当を続けているにも関わらず株価は依然PBR0.5倍台にあり、上値余地は残されていそうです。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値10,790円/前日比+870円
▼クリックで株探ページ▼

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅反発です。またしても大台1万円割れ水準で反発した格好となりました。その水準には200日移動平均線が走っており、先週末には終値でそれを久々に割り込んでいました。本日はJPモルガン証券が強気なレポートを出しており、それが見直し買いに繋がっているとの見方です。同証券は、クラウドサインは今後期待されている政府機関への導入本格化を契機に、ティッピングポイントを迎える可能性があると見ているようで、利食いは尚早だと指摘しています。投資判断は「強気」を継続し、目標株価を従来の12,000円から16,000円まで大きく引き上げています。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[9145]ビーイングHD 
[2部]業種:陸運業
終値1,514円/前日比+131円
▼クリックで株探ページ▼

生活物資に特化した物流事業や物流コンルティング、旅客事業などを展開する。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しました。同社は先週末15日引け後に、2020年12月期通期業績を大幅に上方修正しました。営業利益予想は従来の5億2,000万円から前期比39.1%増の7億5,100万円と減益見通しから一転、4割近い増益となる見込みです。株価は先月の高値水準から大きく調整していただけに、見直しの動きが強まる格好となっており、明日以降は戻りの強さや継続性が試される局面になります。



[6195]ホープ 
[M]業種:サービス業
終値2,764円/前日比-336円
▼クリックで株探ページ▼

自治体広告や官民連携促進、電力供給等、自治体に特化したサービスを展開。 本日大幅安です。同社は先週末、JEPXにおける電力取引価格高騰による影響と今後の対応についてコメントを発表しており、それによれば第2四半期について、12月中旬以降複数の要素に起因する電力取引価格の高騰に対しては予測水準を超えるものであり、リスクヘッジの範囲を超える非常に厳しい水準で現在も推移しているとのことです。そのため、同社業績に与える影響は大きいとのことで、第2四半期業績の修正予想および通期業績予想につきましては現在再度精査中だとのことです。このコメントから結構な下方修正になるのではとの懸念に繋がり、本日は改めて売られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6254]野村マイクロ・サイエンス 
[2部]業種:機械
終値2,380円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

超純水装置大手。半導体・製薬向けに強み。韓国、台湾など海外拡大。 ストップ高。前日に業績・配当予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来の5億円から15.9億円に、通期では18.5億円から31億円にまで上方修正。また、同時に4-9月期の連結経常利益も従来予想の4.9億円から15.6億円へと3.1倍上方修正。なお、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の35円から55円に大幅増額修正しました。国内及び中国の水処理装置案件が順調に推移したことに加え、韓国の大型水処理装置案件を受注したことが業績上振れの背景。年間配当金計画も35円から55円にまで引き上げている。修正幅の大きさがポジティブなサプライズへとつながっている。株主還元の拡充などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[6549]DMソリューションズ 
[JQ]業種:サービス業
終値2,849円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

ダイレクトメールや宅配便の発送代行大手。一貫体制に強み。SEOコンサル事業も展開。 寄り付き大口の買い注文が流入、全体相場に逆行してカイ気配で始まる人気となり、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の経常利益を従来予想の1.9億円から4.4億円に2.3倍上方修正。同時に、4-9月期の経常利益も従来予想の1.9億円から4.4億円へと2.3倍上方修正。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に巣ごもり消費需要が喚起されるなか、送客数が想定を上回る伸びを示し、SEOコンサル事業なども好調に推移して収益を押し上げている同社は新値街道を快走する展開に期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意も必要です。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,470円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は昨日、予定していた決算発表を延期すると発表。19年11月に東京国税局から「架空循環取引」の存在を指摘され、今年3月に「納品実体のない取引に関する調査最終報告書」を開示しましたが、その後外部機関から指摘があり、同社従業員による資金流用の疑義を認識したとしています。これによる同社決算への影響を確認するなど決算確定のための検討に一定の時間を要しているとのことです。新たな発表日は未定となっており、不透明感から売られている模様です。ただ、ストップ安は過剰反応との見方もあり、問題となっている納品実体の無い取引は過去のものであり、今回の決算への影響は限定的との見方も多いようです。それだけに更に売り込まれるなら買い向かう動きも見られるのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9263]ビジョナリーHD 
[JQ]業種:小売業
終値339円/前日比+21円
Yahooの株価リンクはこちら

傘下にメガネスーパー。眼鏡小売り大手。関東地盤に直営店を全国展開。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第1四半期(20年5-7月)の営業損益を1億6000万円の黒字(前年同期実績9900万円の赤字)連結経常損益は2億8000円の黒字に浮上し、5-10月期計画の3億5000円の赤字を既に上回りました。収益力増強のため、店舗展開を見直した結果、小売事業が伸長。卸売事業やEC事業も順調に推移し、黒字転換に貢献しました。黒字転換に貢献した。通期予想は2000万円の黒字(前期実績は2億1200万円の赤字)で据え置いた。第1四半期の好調なスタートを評価する動きで買いが流入しており、新たなトレンド形成に期待されます。ただ、350円処からは上値の重さが感じられるため、慎重に動きを見たい処です。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値13,960円/前日比+970円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 大幅に5日ぶりに大幅反発です。同社は昨日、第2四半期決算を発表。21年3月期第2四半期累計(20年4-9月)の営業利益を前年同期比58.2%減の1億8000万円と発表しています。朝売られて始まる展開となりました。ただ、寄り後は新興市場の地合い落ち着きも追い風となり、同社株も買われて大幅高になっています。第2四半期累計では大幅減益ながらも四半期ベースで見れば7-9月期は大幅増益となっており、悪くない決算との見方も多く、内容的にも社会的なDXの流れを受け、クラウドサインの売上が大きく増加しており、前年同期比で2.5倍、前四半期比で1.3倍と急拡大中です。業界シェアは80%超とのことで、導入企業数は社会的なテレワーク推進の流れから引き続き増加中とのことです。9月の月間サイト訪問者数や有料会員数が減少したものの、第2四半期末時点の会員登録弁護士数や有料会員登録弁護士数が増加しました。通期の営業利益予想は非開示のままです。これを受け改めて今後の成長期待が意識された様子です。ただ、既に同社の株価は、それらも織り込まれている水準との見方も多く、続く買いにはならないとの声も聞かれました。



[3741]セック 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,160円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら

システム開発会社。リアルタイムソフトウエア技術に強み。モバイル決済やロボット関連など。 本日小確りで寄り付いた直後から本格的な上値追いが開始し大幅反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の単独業績予想について発表。売上高を64億円から前期比1.7%増の64億5,000万円へ、営業利益を8億5,000万円から同1.1%減の9億2,000万円へ、純利益を6億2,000万円から同2.5%減の6億7,000万円へ上方修正しました。本日の大幅高で株価は今月の下げ分を取り戻し、月足は陽線となっています。明日は一服感が出るかに注目が集まります。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値4,775円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 本日確りと反発しています。朝方は売り優勢で始まったものの、すぐに寄り付くと下げ幅を縮小してプラスに転じてくる動きになっています。マザーズ市場でダントツに時価総額が大きな銘柄だけに指数インパクトも強く、同社株の動向がマザーズ指数に与える影響が大きいだけに、朝方早々に同社株が下げ渋ったことを受けて、新興市場全体がリバウンド的な動きになっています。ある意味、同社株の行方がマザーズ指数の行方になると言え、同社株の動向を睨みながら他の新興銘柄を売買する短期資金も多い様子です。それだけに明日も確りと上昇出来るのか注目されます。



[4011]ヘッドウォータース 
[M]業種:情報・通信業
終値20,120円/前日比+3,120円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の経営課題をAIシステム開発を通して解決するソリューション事業を手掛ける。 本日大幅に上昇しました。昨日まで10営業日連続で下落していましたが、本日は11営業日ぶりに反発しています。初値が高過ぎた反動で物色一巡後は、新興市場の地合い軟化も重しとなって、買いも入らずダラダラと売り込まれてきた格好で本日も朝は安く始まったものの、寄り後は新興市場が全体的にリバウンドしてきたことから、同社株も下げ渋り、後場にはプラスに転じてくると一段高になっています。漸く下げ止まった格好ですが、単なる自律反発の動きで、リバウンド狙いの短期資金による買いが中心との見方が多いだけに、リバウンド一巡後は再度売られる恐れはありそうです。本日は他にも[4059]まぐまぐ、[4058]トヨクモなど足元で売り込まれてきた直近IPOに反発するものが見られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4568]第一三共 
[1部]業種:医薬品
終値9.557円/前日比+891円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬大手で国内3位。循環器と感染症薬に強み。がん領域の新薬に注力。 本日窓を開けて急伸しました。同社は昨日引け後に英アストラゼネカ社と抗癌剤DS-1062の共同開発・販売で提携したことを発表。契約金額は総額で6.600億円におよび内訳は契約一時金1.100億円、開発マイルストン最大1.100億円、販売マイルストン最大4.400億円となっています。収益上乗せ要因となる他、臨床開発の迅速化、開発費負担の軽減などに繋がるとの期待から買いが流入しています。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、慎重に動きを見たい処です。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値9,670円/前日比-580円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅安で、一時10%超の下落となる場面も見られました。同社が昨日発表した1Q(4-6月期)決算は増収ながらも大幅減益となっており、「クラウドサイン」のテレビCM実施により広告宣伝費が一時的に増加したことが利益を押し下げています。期待されている電子契約サービス「クラウドサイン」は導入企業が、テレビCM効果やテレワーク推進の流れから1-3月期を上回り過去最高の伸びを記録し、業界シェアは80%超となっており、見た目程悪くないとの声も聞かれました。ただ、決算への期待感もあり株価は高値圏にあったこともあり、本日は出尽くし的な売りも出ている様子です。上値は重くなりそうですが、下げれば買われる動きは続きそうだと見る向きは多いようです。



[3635]コーエーテクモHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,880円/前日比+460円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲームソフト開発中堅。コーエーとテクモが統合。歴史題材ソフトに強み。ライセンスビジネスも。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比7.2倍の89.5億円に急拡大。主力のエンタテインメント事業でIP許諾によるロイヤルティ収入が引き続き好調に推移したことが業績を牽引。また、投資有価証券売却益により営業外収益が増加したことも最終利益の押し上げに寄与しました。高い業績変化率にインパクトが強まる展開で新値追いが期待されます。



[8697]日本取引所グループ 
[1部]業種:その他金融業
終値2,751円/前日比-99円
Yahooの株価リンクはこちら

現物は東証、デリバティブは大証に集約。東京商品取引所と2019年秋に統合。 本日軟調です。本日の終値基準で日経平均採用となるため、大引けに掛けてパッシブファンドの特需買いがかなり入ったと思われますが、株価は軟調気味です。同社株は既に日経平均採用が決定する前から採用期待で5月から随分と買われてきており、株価も随分と上げてきていただけに先回り買いがかなり入っていたと思われます。そういった先回り買いの多くが本日引けまでに手仕舞いするため、パッシブファンドの特需買いが相殺されてしまった格好になっています。明日以降は今までの反動から弱含みの展開が続くことになるのではとの見方も多いようです。



[7201]日産自動車 
[1部]業種:輸送用機器
終値410.8円/前日比-18.6円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車大手。仏ルノー傘下、三菱自と連合で開発・販売などグローバル展開。 本日軟調です。同社は本日決算発表を予定しており、警戒感から売られていましたが、後場一段安になっています。後場場中にブルームバーグが、1Q営業損失規模は市場予想下回る見通しで今期の年間配当を見送る見通しだと報じています。この報道を受け一段安になっています。ただ、決算への警戒は既に強まっていたことや前期の期末配当無配だったこともあり、今期の年間配当は無配となる可能性があることは、ある程度想定されていたと言えます。それだけに改めて明日売られるのかは微妙だとの声も聞かれました。逆にアク抜け的に買われる可能性もあるのではとの声もあります。ただ実際、正式に無配が発表されれば売らなくてはならないファンドなどの機関投資家も出てくるだけに結局売られるとの見方も少なくありません。ちなみに昨日引け後の決算発表で今期無配を発表した[7211]三菱自動車は本日大幅安となっています。



[3960]バリューデザイン 
[M]業種:情報・通信業
終値3,730円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理型プリペイドカード・ギフトカードシステムを提供。関連機器、カード等販売も。 本日後場寄りからの一段高で大幅反発しています。同社は本日正午頃に6月度の主要業績指標の状況を発表。主力のハウスプリペイド事業の全社ベース取扱高が621億4,200万円と前月比で13.6%増となりました。累計導入店舗数が8万160店(前月比615店増)と着実に増えていることなどが寄与しているようです。本日58万株超の買いものを残しており、明日空中戦で75日移動平均線を上放れていくと4,500円処の先月高値レベルが視野に入ってきます。



[4248]竹本容器 
[1部]業種:化学
終値781円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら

化粧品や食品などのプラスチック容器を製造。自社開発の金型を多数保有。 本日後場13時過ぎから商いを伴い急伸し、大幅続伸しています。同社は本日13時に業績修正を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の7億円から9.9億円に42.7%上方修正し、一転して16.3%増益を見込み一気に2期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。株価は本日久しぶりに長めの陽線が一本立っており、4月20日の戻り高値815円を早々に捕らえると年初の高値レベルを目指すことになります。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値495円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日後場買われてストップ高を付けています。自民議連が、中国発のアプリ利用を制限するよう政府に提言する方針を固めたと今朝から報じられています。日本で若者を中心に使われている動画共有アプリ「TikTok」などが念頭にあるとのことです。同社はTikTokを猛追する米国アプリ「TRILLER」を運営する米Triller社へ出資しており、更にTrillerJapanの設立についてTriller社と合意しているだけに国内でTikTok利用が規制されれば、TrillerJapanの恩恵がありそうだとの思惑のようです。前場は物色一巡後垂れてしまっていましたが、昼過ぎにはテレビでも報じられたことで、後場改めて物色された格好です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7022]サノヤスHD 
[1部]業種:輸送用機器
終値183円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

造船が中核。中型ばら積み船に強み。遊園地機械や工事用昇降機なども。 本日買い気配スタートからの大陽線で急伸し、年初来高値を更新しました。本日付の読売新聞で「政府は、国内造船業の国際競争力を強化するため、巨額の金融支援を行う新たな枠組みを作る方針を固めた」と報じられました。記事によると1件あたり数百億円規模となる見通しで、年内の実行を目指すとのことです。中韓に対抗し造船業界の活性化を図るのが目的とされ、思惑的な商いが継続しそうです。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値5,760円/前日比-440円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大幅安です。同社が連休前に発表した3Q決算が失望されています。巣ごもり需要により同社のABEMA事業への期待は強かったものの、期待した程有料会員数は増えていないとの見方が多く、同社株は巣ごもり需要への期待で、5月以降随分と上昇してきており、今回発表された決算への期待感も非常に強かった様子です。それだけに市場期待のハードルもかなり高まっていたと思われ、本日は失望売りや出尽くし売りで下落したようです。動画配信事業は競合も多く、実際に巣ごもり需要で4月以降、有料会員数が伸びている部分もあるだけに、4-6月期に有料会員数を大きく伸ばせなかったことは、ABEMA事業への先行き懸念にも繋がったと言えるでしょう。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,105円/前日比+355円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日大きな窓を開けて5連騰し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は連休前22日引け後に、2021年3月期第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.6%増の365億500万円、経常利益は同48.1%増の26億9,100万円と増収増益を達成しました。セキュリティ対策やクラウド基盤などの付加価値ビジネスが好調に推移したようです。本日の株価は、4,000円大台乗せで売りものが目立つも順調に熟しており、上値余地は残されているように映ります。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値10,250円/前日比-70円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日小動きです。同社は本日引け後に1Q決算発表を予定しています。期待の電子契約サービス「クラウドサイン」がコロナ禍で需要拡大しているとの見方から、同社株は先月まで随分と買われてきたと言え、今月も高値圏での揉み合いを続けている格好だけに決算への期待も強いと思われますが、本日は出尽くし警戒感の動きも見られています。ただ、売りも続かず底堅さも見せていることから期待する向きも多い様子です。同社株はマザーズ市場で時価総額も大きいことから指数寄与度も大きく、同社株の明日の動向は新興市場全体に影響を与える可能性もありそうだとの声も聞かれました。それだけに決算と明日以降の動向が注目されます。



[3710]ジョルダン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,260円/前日比+157円
Yahooの株価リンクはこちら

鉄道経路探索ソフトの開発・販売が主体。動画配信や旅行も。移動手配に参入。 本日反落スタートも即切り返して続急伸しました。同社は連休前22日引け後に大阪府とスマートシティ推進に関する協定を21日付で締結したと正式発表。今回締結された協定では、同社の技術を活用した府民の利便性向上を図るための検討および実証実験の実施や交通データの標準化およびオープンデータ化の検討、大阪のスマートシティ推進に向けたMaaS分野における啓発協力などを連携して進めるとしています。株価の目先目標は3月2日の年初来高値1,350円ということになるでしょう。



[9973]小僧寿し 
[JQ]業種:小売業
終値84円/前日比+12円
Yahooの株価リンクはこちら

持ち帰りすし大手。「小僧寿し」「茶月」全国展開。宅配「デリズ」新業態も。 本日大幅上昇です。先週、農水省が新型コロナウイルスで打撃を受けた飲食業界の支援策「Go To イート」で、店内飲食だけでなく宅配やテイクアウトでも新たに発行するプレミアム付き食事券で支払えるようにすることが分かったと報じられています。これを受け持ち帰り寿司を手掛ける同社株に追い風になるとの見方から買われた模様です。他にも[9969]ショクブンも買われました。正式に決まれば改めて買われるとの見方もあります。なお、Go To イートは、8月下旬辺りから始められる見込みとなっています。



[8705]岡藤HD 
[JQ]業種:証券・商品
終値290円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

商品先物大手。金、中心に預かり資産拡大に注力。日産証券と統合推進。 本日アジア市場でNY金先物が、一時1トロイオンス1,940ドル台まで上昇し、2011年9月に付けた史上最高値1,923ドルを約9年ぶりに上回りました。ドル安の進行で代替資産として金が見直されている他、新型コロナウイルス感染拡大による経済悪化、米中対立の深刻化などを警戒した買いが流入しているようです。目先の株価は、[5713]住友金属鉱山、[8747]豊商事、[8740]フジトミなどと連動することが見込まれます。



[3911]Aiming 
[M]業種:情報・通信業
終値899円/前日比-91円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。 本日乱高下です。後場序盤まではストップ高となっていました。同社が開発したスマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」が連休中にセールスランキング1位となる日もあり、好感された様子です。しかし、後場にはセールスランキングが2位から3位に下落したことを受け、ストップ高が崩れてマイナス圏まで売られる荒い動きになっています。この動き見る限り、セールスランキングで短期資金が頻繁に売買しているとの見方が多く、暫くはランキングに振り回される動きになりそうです。なお、同社は7月30日に2Q決算発表を予定しています。ただ、ドラゴンクエストタクトの寄与は3Q以降となるだけに2Q決算期待は乏しいと言えるでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

7238 曙ブレーキ工業(株) [1部]業種:輸送用機器
終値241円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系ブレーキ大手。国内外で高シェア。トヨタ、日産など供給メーカー多。アジア強化。 本日大きな窓を空け急反騰しています。同社は先週末29日引け後に、2020年3月期の連結業績を発表。経常損益は前期28億800万円の赤字から11億2,100万円の黒字に浮上して着地しました。従来予想4億円の黒字を大幅に上回っています。北米や中国向けの大幅な受注減少で売上高は2割減少したものの、日本での固定費削減や北米での人員適正化、経費削減などの構造改革効果で採算は大きく改善したようです。本日の大幅高で株価はコロナショックによる急落分を取り返しており、年初来高値249円処がポイントになってきそうです。



4387 (株)ZUU [M]業種:情報・通信業
終値5,200円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

資産運用支援サイト「ZUU online」運営。金融機関の集客支援や転職紹介も。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末29日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常損益は1.2億円の赤字に転落しましたが、2021年3月期は1億円の黒字に回復する見通しとなりました。買収子会社や金融系プラットフォームの構築などに一定の時間を要するものの、トップラインの成長により黒字化を図るとしています。株価は4月以降、大きく値を上げていますが、流動性の乏しい銘柄でもあるため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



3788GMOクラウド(株) [1部]業種:情報・通信業
終値6,480円/前日比+910円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅高となり一時ストップ高まで買われました。同社が手掛ける「GMO電子契約サービスAgree」への期待から相場を続けているとの見方です。新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛要請を受けて、テレワークを実施する企業が相次ぎ、それにより「脱はんこ」の流れが一段と強まっています。政策の後押しもあり、今後一段と「脱はんこ」の流れ加速するとの見方が多く、同社の電子契約サービス事業などには追い風になると期待されています。同様に電子契約サービスを手掛ける[6027]弁護士ドットコムも強い相場を続けており、そういった動きも刺激になっているとの見方です。



2372(株)アイロムグループ [1部]業種:サービス業
終値2,788円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

本日寄り直後から商いを伴い急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。化学工業日報が29日、「開発中の新型コロナウイルスワクチンについて6月にも非臨床試験を開始する」と報じています。記事によると日本と中国で試験を行い、マウスを用いた中和抗体誘導能試験などを実施するとのことです。その結果を踏まえて早ければ夏にも第1相臨床試験に入るとしています。株価は2018年5月以来2年ぶりの高値水準に上昇しており、当時の高値3,545円にどこまで迫れるか注目されます。



6027 弁護士ドットコム(株) [M]業種:サービス業
終値9,640円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日大幅続伸となり上場来高値を更新しています。大台の10,000円台に乗せる場面も見られました。今朝の日経新聞では、同社はビデオ通話を使いオンライン上で弁護士が相談者と面談出来るサービスを始めると報じています。同社サービスを利用する弁護士が対象で、月10件まで面談が出来るとのことで新型コロナウイルス感染予防のため、対面を避けたい需要に対応するとのことです。当面は無償で提供するとのことですが、今後は利用状況から有償化を検討するとのことで、何れ新たな収益源になるとの期待も強い様子です。朝方には正式発表しています。同社株は電子契約サービス「クラウドサイン」事業の将来性から強い相場が続いていますが、大台到達で達成感が出てくるのか注目されます。



7895 中央化学(株) [JQ]業種:化学
終値714円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

樹脂製食品容器大手。素材開発力に強み。高機能品育成。三菱商事傘下。 本日寄り付きに伴う商い一巡後に急伸し、ストップ高に買われました。同社は先週末29日、環境配慮型素材「タルファー」を開発し、これを用いた新製品を発売すると発表。タルファーは、素材の半分以上がタルク(滑石)で出来ており、プラスチックの使用量を半分にすることが出来る新素材で、タルクは医療・化粧品など様々な用途で使用され、ポリオレフィン等衛生協議会のポジティブリストにも収載されており、これを使用することで、CO2削減効果が石油化学由来プラスチックの使用50%以下になるとしています。株価は2週間程続いた600円処での保ち合いを明確に上放れており、新たな流れが始まった印象です。



7047ポート [M]業種:サービス業
終値959円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

学生向けに会員制の就活サイト「キャリアパーク」を運営。カードローンや医療相談も。 本日大幅上昇となり一時ストップ高となっています。今朝9時に同社はテレメディーズが提供している高血圧オンライン診療支援サービス「テレメディーズBP」の機能を全国300店舗のパチンコホールを運営するマルハンに導入することが決定したと発表。今回の導入にあたっては、高血圧診療に限らず総合内科および内科領域別専門医から診療を受けられるシステムを提供するとのことです。マルハンでは全従業員に対し、 オンライン診療の積極活用を推進して行くとのことで好材料視されています。小型株でオンライン診療関連材料だけに物色材料になった面もあるようです。年初来高値1,028円を明日以降獲りに行けるか注目されます。



7317松屋アールアンドディ [M]業種:輸送用機器
終値2,330円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車安全装置縫合システムやレーザー裁断機の開発・販売などを手掛ける。 本日後場ザラバ寄らずのストップ高となっています。昼頃に同社はアイソレーションガウン(防護服)の大口案件を受注し、子会社が生産開始したと発表。受注金額は非開示ですが、約50万着受注したとのことです。この受注が2021年3月期業績に与える影響としては、売上高および利益に相当程度寄与する見込みだとのことです。それだけに見直し買いに繋がっています。具体的にどの程度業績へ寄与するかは不透明だけに、過度な期待は禁物ながら具体的な業績予想などが出てくるまでは期待は続くとの見方もあります。明日以降、この材料で何処まで見直されるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6315]TOWA  [1部]業種: 機械
終値1,119円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体製造関連装置大手。樹脂封止装置が主力。精密金型製作にも強み。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比31.1%減の6.4億円に落ち込みましたが、2021年3月期は前期比3.1倍の20億円に急拡大する見通しとなりました。5G関連を中心に業績が好調で、今期は半導体製造装置の販売が伸びる他、新事業も拡大する見込みとのこともあって買いが流入しています。引き続き買い優勢との見方も強く、この勢いがどこまで続くか注目されます。



[8938]グロームHD  [JQG]業種: 不動産業
終値708円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

東京西部地盤の不動産サブリース中堅。病院が中心。中国投資会社から資金。 本日大幅買い気配スタートから続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、2021年3月期から5ヵ年に渡る中期経営計画の策定を発表。2025年3月期には営業利益段階で28億1,700万円(前期実績は6億600万円の赤字)を目指すとしており、これがインパクトを与えたようです。本日の株価は、業績回復シナリオを材料視する買いが集中し買い進まれた訳ですが、なおも80万株超の買いを残しており、先高期待に繋がっています。



[4112]保土谷化学工業  [1部]業種:化学
終値4,195円/前日比+360円
Yahooの株価リンクはこちら

化学メーカー中堅。プリンター関連など電子材料が主体。有機EL材料に注力。 本日大幅高です。同社は昨日、本決算を発表しました。今期見通しは非開示ですが、前期実績は小幅減益決算で当初計画を大幅に上回っての着地となっています。更に今後の見通しとして、有機EL材料の用途展開を検討していたところ、PCR診断法に適用可能な診断キット用材料の開発に成功し、複数の診断キットメーカーが採用したことで今回の新型コロナウイルス感染症の診断に適用されることになったことを明らかにしています。これらが好感されて本日は見直し買いに繋がっています。来週は今年2月に付けている年初来高値を目指すと期待する声も聞かれ、来週の動向が注目されます。



[6584]三桜工業  [1部]業種:輸送用機器
終値814円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車用チューブ、集合配管などの独立系メーカー。国内高シェア。技術開発に積極。本日大幅ギャップアップスタートから5営業日続伸しています。同社は昨日引け後に、2020年3月期連結決算を発表。売上高が前期比1.6%増の1,427億700万円、営業利益は同2.6倍の54億5,200万円、最終利益は21億7,700万円(前期85億2,500万円の赤字)と大幅増益となりました。本日の株価は、空中戦で75日移動平均線をクリアしたあと100日移動平均線をもブレイクし、200日移動平均線に頭を抑えられた格好です。週明け早い段階で再度100日線にチャレンジしたい処です。



[9792]ニチイ学館  [1部]業種:サービス業
終値1,635円/前日比+35円
Yahooの株価リンクはこちら

医療事務受託最大手。介護も首位。語学事業、中国事業を育成へ。本日確りと上昇して高値を更新しています。MBO(経営陣買収)実施中の銘柄ですが、発表後からTOB(株式公開買付)価格である1,500円を上回っての推移となっており、本日は更に上放れています。同社株は以前からアクティビストで知られるエフィッシモキャピタルが11.4%保有しており、保有目的は投資及び状況に応じて経営人への助言、重要提案行為等を行うこととしており、TOB には応じないのではとの思惑に繋がっている様子です。TOB発表後の動きからもエフィッシモキャピタルが買い増している可能性すらあるのではとの見方もあります。この分ですとTOBは成立しない可能性があり、TOB価格が引き上げられるのではと期待する向きもいるようです。なお、大量保有報告書に記載された取得資金合計金額から算出しますとエフィッシモキャピタルの平均買いコストは1株1,081円程度となります。



[5704]JMC  [M]業種:非鉄金属
終値917円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

3Dプリンター・砂型鋳造による試作、樹脂・金属部品を生産。CTスキャンの3D化も。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、EOSジャパン社と連携して「樹脂3DプリンターAMサービス」の提供開始することを発表。これを手掛かり材料に物色人気化しています。商いも増勢で戻り高値を払拭したこともあって、目先は2月6日に付けた1,202円を目指す動きにあります。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、注意が必要です。



[6871]日本マイクロニクス  [1部]業種: 電気機器
終値1,033円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体計測器具「プローブカード」やFPD検査装置が主力。新素材開発に積極。 本日ストップ高まで買われています。本日は野村證券が同社株の投資判断を従来の「Neutral」から「Buy」へ格上げし、目標株価を1,500円まで引き上げています。時価を大幅に上回る目標株価となっているだけに見直し買いに繋がっている様子です。同社株は昨日まで25日移動平均線が下支えとなるも75日線が上値抵抗線になっており、チャート的には煮詰まっていました。本日の上昇で上放れてきた格好で、200日線をも上抜いています。また、一目均衡表の雲も突破しており、これを機に上昇トレンドを描いていくと期待する声も聞かれました。



[8563]大東銀行  [1部]業種:銀行業
終値682円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら

福島地盤の第2地銀。中小企業や個人取引が主力。復興支援を強化。 本日後場買われて一時ストップ高になっています。昼過ぎに[8473]SBI HDが、同社株を215万9300株取得すると発表。議決権総数に対する比率は17.14%で、同社既存株主から譲渡の申し出に応じ純投資の目的で取得するとのことです。これが好感されて買われました。SBI HDは多くの地銀に出資し業務提携しており、地銀連合「第4のメガバンク」構想を進めています。昼過ぎの発表では純投資としていますが、今後業務提携も行うと期待されている様子です。ただ、SBI HDと資本業務提携した地銀株は一時的に好感されるも買い続かないことが多く、好材料視もされ難くなっているとの声も多いだけにストップ高まで買われたあとは、上げ幅を縮小し引けています。来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ