株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[5933]アルインコ

[5933]アルインコ 
[1部]業種:金属製品
終値1,055円/前日比+66円
▼クリックで株探ページ▼

建設用仮設材の販売・レンタル。フィットネス器具なども展開。無線機器を拡充。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の23.4億円から28.2億円へと20.5%上方修正し、建設機材やレンタル関連事業、電子機器関連事業の業績が回復した他、巣ごもり需要を背景に住宅機器関連事業などが高水準に推移しました。株価は本日25日移動平均線をブレイクし、直近高値1,105円に向けた上昇が期待されます。



[6502]東芝 
[1部]業種:電気機器
終値4,530円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

総合電機大手。米原発事業巨額損失で撤退。メモリ売却、インフラ軸に再建へ。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。今朝の日経新聞で英投資ファンドのCVCキャピタルなどが買収提案することが分かったと報じられています。CVCは買収額の目安として足元の株価の3割程度のプレミアムを提示した模様だとも報じられており、昨日の終値を基準にすれば3割増しで5,000円近くとなります。それに期待してストップ高の4,530円でも多くの買いが集まった格好です。ただ、防衛関連や原子力事業なども手掛けることから、国と合意するのは難しいとの見方も少なくないようです。それだけに現在同社株を大量保有するアクティビストには、今回の株価上昇局面で売却に動く向きが出てくる可能性もあるのではとの声も聞かれました。目先どこまで買われるか注目されます。



[6469]放電精密加工研究所 
[JQ]業種:機械
終値827円/前日比+77円
▼クリックで株探ページ▼

金属放電加工とアルミ押出用金型で国内首位。航空宇宙分野を開拓。 本日大きな窓を空けて続急騰し、連日で年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2022年2月期の連結最終損益は8億7,600万円の黒字(前期は28億3,200万円の赤字)になりそうだと発表。3期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなります。併せて年間配当は20円と2期ぶりに復配する方針も示し、更に2024年2月期に売上高137億1,900万円(21年2月期は109億2,700万円)、営業損益7億6,000万円の黒字(同5億5,600万円の赤字)を目標とする中期経営計画も発表しています。本日の株価は長めの上影を引きましたが、昨年末12月14日高値915円が目先の節になることは間違いなさそうです。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス 
[M]業種:精密機器
終値1,064円/前日比+84円
▼クリックで株探ページ▼

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。 本日大幅上昇です。同社は本日11時に東洋紡と協力し、新型コロナウイルスに対する迅速プール検査法の開発・実用化に成功したと発表。同社の全自動核酸抽出装置と東洋紡の全自動遺伝子解析装置を連携し、最適化させたプログラムを開発することで、唾液検体に対して人の手を殆ど用いることなく、検体到着から結果報告まで最短約1時間の迅速プール検査を実現したとのことです。設置幅が約1mと省スペースで、1時間に120件程度の処理を行うことが出来るとのことです。今後、東京オリンピックに絡んで短時間で多くの検査が可能な装置の需要は多いと見られているだけに、好材料視されています。明日以降も買い続くか注目されます。



[8285]三谷産業 
[1部]業種:卸売業
終値471円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

北陸地盤の総合商社。化学品や空調設備が主力。住設機器、石油も展開。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の25億円から33億円へと32.0%上方修正しました。また、次世代型経営管理クラウド「Loglass」を開発・提供するログラス社との業務提携も発表しました。株価は本日、25日・75日両移動平均線をブレイクしましたが、節目水準に達しており、慎重に動きを見たい処です。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,830円/前日比+205円
▼クリックで株探ページ▼

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 本日後場一段高となっています。同社は本日昼に、エムスリーグループと連携して新型コロナワクチン接種における体制構築支援サービスを全国の自治体へ展開すると発表。これが好感されて後場買われています。業績への寄与も期待される他、エムスリーグループと繋がりを持つことは、今後の事業展開にプラスになると期待する向きも多い様子です。同社株は2月15日の1Q決算発表を機に出尽くし的に売られ、弱含みの展開となって株価は下げてましたが、足元は戻り基調となってきており、本日の上昇で1Q決算発表前の水準まで戻した格好です。2Q決算は5月13日を予定していますが、それに向けて期待感から買われていくと見る向きも多いようです。



[3566]ユニフォームネクスト 
[M]業種:小売業
終値2,064円/前日比+184円
▼クリックで株探ページ▼

業務用ユニホームのネット販売大手。医療や飲食など作業・事務服を最短で納品。 本日買い先行スタート後の急速な一段高で、3営業日ぶりに大幅反発して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に3月度の月次業績速報を発表。売上高が前年同月比24.0%増の4億8,600万円に伸び、今期に入り3ヵ月連続で前年実績を上回りました。全国的に気温が高い日が続いたことで、春夏物の作業服やポロシャツなどの販売が好調だったようです。足元の株価は1,900円台前半がレジスタンスとなる中、高値圏保ち合いが続いてきましたが、本日の大幅高で明確にレンジを上放れており、新ステージが始まったと捉えられそうです。



[7368]表示灯 
[2部]業種:サービス業
終値3,175円/初値比+503円
▼クリックで株探ページ▼

本日新規上場した銘柄です。公開価格2,000円に対して初値は2,672円となりました。初値形成後は弱い動きとなる直近IPO多い中、同社株は確りとした推移で、後場にはストップ高まで買われています。駅や自治体、病院、運転免許センターなどにナビタ(周辺案内地図付広告)を設置し、企業や店舗の情報を掲載して広告料を受け取るナビタ事業が主力で、それ程人気化はし難い事業ながら、ナビタ事業は競合が少なく、ほぼ独占とも言えるような事業で安定した業績を続けられるということで買い安心感もあるようです。前期業績は新型コロナウイルスの影響で営業活動に影響があったとのことで減益見通しながら、一般の広告代理店会社と比べ減益率も小さく、今期は反動から増益濃厚で割安感もあるとの声も聞かれました。明日以降も確りとした推移を続けられるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2736]フェスタリアHD 
[JQ]業種:小売業
終値1,720円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

宝飾品を製造販売。眼鏡や時計も。百貨店中心にSCなどにも全国展開。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年8月期第2四半期累計の連結経常損益を従来予想の1.1億円の黒字から2.5億円の黒字に2.2倍上方修正し、17期振りに上期の過去最高益を更新する見通しを示しました。株価は新値追いに期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[2338]ビットワングループ 
[2部]業種:情報・通信業
終値870円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

まつげサロンが主力。5GとAI融合の関連開発に注力。仮想通貨事業は撤退。 本日高寄り直後の一段高で急反発し、年初来高値を更新して早々にストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、香港子会社が医療用品の卸売りや貿易を手掛けるシンガポール企業と医療・ヘルスケア事業に関する資本業務提携に向けた覚書を締結したと発表。両社は今後、180日以内に資本・業務提携契約の詳細な条件について合意に達するよう独占的に交渉・協議を行うとのことです。本日11万株超の買いを残しており、完全合致からが勝負になります。



[6172]メタップス 
[M]業種:サービス業
終値1,375円/前日比+108円
▼クリックで株探ページ▼

オンライン決済代行などのファイナンス関連を主軸にマーケティング関連事業に注力。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、政府の規制改革推進会議の作業部会が、解禁が議論されている給与のデジタル払いについて関係団体へのヒアリングを実施し、厚労省は近く具体的な制度案を示し、2021年度の出来る限り早期に実現する方針を説明したとのことです。これを受け給与のデジタル払い解禁期待が一段と強まり、恩恵を受けるとの期待がある同社株の買い材料になっている様子です。同社グループ企業であるpringが、法人から個人のスマートフォンに簡単送金出来るサービスなどを手掛けています。今年1月にも給与のデジタル払い解禁期待で同社株は物色された経緯がありますが、翌日にはあっさり売られていたことから今回も買いは続き難いとの見方も多い模様です。明日以降の動向が注目されます。



[7363]ベビーカレンダー 
[M]業種:サービス業
終値10,050円/前日比-3,000円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日大幅反落となり、ストップ安まで売られています。昨日は「こども庁」関連として連日ストップ高となっており、上場来高値を更新していました。しかし、引け後には東証が同社株を6日から増担保規制を実施すると発表。それを受け本日は朝から売られており、水を差された格好になっています。先日も直近IPOの[6614]シキノハイテックが強い物色を続けていたものの、増担保規制をキッカケに下落基調に転じています。3月1日から規制ガイドラインが改正されており、それにより直近IPOでも早期に増担保規制が入り易くなっています。最近直近IPOが弱いのは、この影響もあるのではとの声も聞かれました。上場後に強い相場を作っていても増担保規制で水を差されるという警戒がある以上、買いも続き難くなり、早めに利食いする向きも増えることになっています。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値1,083円/前日比+86円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日確りしたスタート後も上値追いが進み大幅反発しました。同社株の株高の背景にあるのはビットコイン価格の上昇で、過剰流動性を背景にここ最近は再び上昇傾向が強くなっており、ビットフライヤーによると今朝8時時点のビットコイン価格は前日比で約45,000円値上がりし、648,000円台まで上昇しています。株価は、実質新値度入り相場となった3月30日から本日までの6営業日を5勝1敗で200円近く切り上げましたが、3月19日高値をブレイクした意味は大きく一段高相場が期待されます。



[2927]AFC-HDアムスライフサイエンス 
[JQ]業種:食料品
終値1,009円/前日比-176円
▼クリックで株探ページ▼

健康食品の受託製造・販売。自社ブランド品を強化。通販や卸にも注力。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に大幅増収増益となる2Q決算と通期業績の上方修正を発表。通期業績の上方修正は今年1月に次いで早くも2度目となります。それでも本日は朝から売られています。1Qの数字からも更なる上方修正期待も強かったと言え、1Q決算発表以降同社株は大きく上げてきていただけに、本日は出尽くし的に売られています。足元の業績好調要因は巣ごもり需要による恩恵も強いことから業績ピーク感も警戒されている面もあるようです。更に売られれば買いも入りそうですが、次の決算を確認するまで上値は買い難いとの声も多く、明日以降節目の1,000円辺りで下げ渋れるか注目されます。



[5817]JMACS 
[2部]業種:非鉄金属
終値559円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

電線中堅。計装・制御用主力で警報用に強み。画像処理やFA表示システムも。 本日買い気配スタートから3営業日大幅続伸で年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、自社が提供している介護現場サポートシステム「JSEEQ-Care(ジェイシークケア)」が、かんでんジョイライフ社が展開する有料老人ホーム5箇所に採用されたと発表。[9503]関西電力子会社に採用されたことで、更なる需要拡大が期待されているようです。本日の大幅高で株価は52週MAに急接近しており、同ラインをサポートに変えられれば新展開入りとなります。



[2656]ベクター 
[JQ]業種:小売業
終値425円/前日比+60円
▼クリックで株探ページ▼

ソフト販売。ゲーム開発は撤退。スマホ向けが主力。ソフトバンク傘下で販売力を拡大。 本日後場14時過ぎから突如動意付き一時ストップ高まで買われました。14時過ぎに日経新聞電子版が、衆議院は6日の本会議で行政手続きの押印廃止を盛ったデジタル社会形成関係整備法案を可決したと報じたことがキッカケです。政府は押印が必要なおよそ15000の手続きの内、99%超を廃止する方針とのことです。これを受け電子署名サービスを手掛ける同社株に追い風になるとの見方から物色された様子です。やはり関連サービスを手掛ける[4736]日本ラッドも物色されてストップ高まで買われています。[6027]弁護士ドットコムや[3788]GMOグローバルサインも買われているが限定的で、小型で値動き期待のある同社株や日本ラッドに資金は集中した格好です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3289]東急不動産HD [1部]業種:不動産業
終値752円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら  

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は5日付で、レーティングを「ニュートラル」から「オーバーウエート」に、目標株価を680円から850円にそれぞれ引き上げています。連結営業利益について、2020年3月期は前期比3.5%増の830億円(従来830億円、会社側計画は820億円)、2021年3月期950億円(従来935億円)、2022年3月期1,005億円(同990億円)と試算。B2C系IT企業が集積する渋谷地区の再開発などに依るNAVと利益の成長が同社のエクイティストーリーと指摘しています。




[3854]アイル [1部]業種:情報・通信業
終値1,647円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系システム開発会社。中小向け中心。ネットショップと在庫の総合管理システム展開。同社は本日引け後に決算を発表。2020年7月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比5.6倍の8.5億円に急拡大しました。併せて8-1月期の同利益予想を従来の7.6億円から11.5億円に51.0%上方修正し、増益率は2.0倍から3.0倍に拡大。従来の4期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せしています。加えて、上期業績の好調に伴い通期の同利益予想も従来の12.2億円から15.3億円に25.3%上方修正、増益率は26.1%増から58.0%増に拡大し、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せました。




[5933]アルインコ [1部]業種:金属製品
終値1,273円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら 

建設用仮設材の販売・レンタル。フィットネス器具なども展開。無線機器を拡充。 東海東京調査センターは5日付で、投資判断を新規に「アウトパフォーム」、目標株価1,400円でカバレッジを開始しました。同センターに依れば新型足場「アルバトロス」が大手ゼネコンなどから高く評価されており、建築工事の販売・レンタルの伸びに加え、今後は土木工事への市場拡大も期待出来るとのことです。また、2020年3月期の営業利益予想を会社予想の35億9,000万円を上回る37億5,000万円と予想。2021年3月期も同11%増を見込んでいます。





このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ