株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[5609]日本鋳造

[7187]ジェイリース 
[1部]業種:その他金融業
終値1,874円/前日比+168円
▼クリックで株探ページ▼

賃貸不動産における家賃債務保証業務。外国人や医療機関向け保証も。 本日大幅買い気配スタートから急反発し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2022年3月期の連結業績予想について発表。売上高を87億5,000万円から前期比18.4%増の90億円へ、営業利益を14億5,000万円から同76.0%増の16億6,000万円へ、純利益を9億円から同92.0%増の10億6,000万円へ上方修正しました。本日の株価は高寄り後押し戻されるも長い下影を引いており、一段高相場は十分あり得るでしょう。



[7091]リビングプラットフォーム 
[M]業種:サービス業
終値6,110円/前日比+600円
▼クリックで株探ページ▼

北海道や関東で介護付き老人ホームの運営や障がい者支援事業を手掛ける。 本日寄り前から大量の買いを集め3営業日ぶりに急反発し、上場来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、9月30日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表。投資単位あたりの金額を引き下げることで、より投資し易い環境を整え、投資家層の拡大を図ることが目的とのことです。本日株価の高寄り後の伸び悩みは相場付きの影響とも取れ、新値街道を突き進む可能性は残されていそうです。



[9101]日本郵船 
[1部]業種:海運業
終値10,060円/前日比-290円
▼クリックで株探ページ▼

総合海運大手。海運売上高で国内トップ。海・陸・空の物流サービスを連携。 本日乱高下です。朝方には高値を更新して一時10,700円台まで上昇する場面も見られました。しかし、その後に地合いが悪化してきたこともあり、手仕舞い売り優勢の展開になっています。前場からマイナスに転じて、後場には一段安となり、節目の10,000円割れとなる場面も見られました。ただ、その水準では下げ渋っており、押し目買いも見られています。海運株は本日も相対的には強い展開と言え、手仕舞う向きもいるようですが、逆に下げれば買いたい向きはまだまだ多いようです。コンテナ市況の状況からも更なる上方修正必至との見方が多く、それに伴い配当の増額修正もあると期待している向きは多いようです。同社の配当利回りは現状でも7%近くもある状況です。



[3979]うるる 
[M]業種:情報・通信業
終値4,440円/前日比+265円
▼クリックで株探ページ▼

ワーカーとクライアントの仕事をマッチングさせるサイト運営。BPOや自治体の入札情報も。 本日大幅ギャップアップスタートから続伸し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、9月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表。1株あたりの投資金額を引き下げ、株式の流動性の向上および投資家層の拡大を図ることが目的ということで、効力発生日は10月1日になります。本日の株価は逆風下にも関わらず寄り値レベルを維持して終えており、5,000円を意識した瞬間からは上場来高値を目指すことになります。



[6620]宮越HD 
[1部]業種:電気機器
終値1,403円/前日比-233円
▼クリックで株探ページ▼

中国での不動産賃貸が主力。家電事業から撤退。深センの再開発に期待。 本日大幅安となり、25日移動平均線割れとなっています。中国の恒大集団の破綻懸念が足元で強まっていますが、その影響で連鎖的に破綻する不動産企業が相次ぐとの警戒も意識されています。そうならずとも中国の不動産市況は悪化する恐れがあり、中国で不動産事業を手掛けている同社への悪影響が出てくるのではとの懸念から売られています。昨日までは下げ渋りも見られていましたが、25日線を割り込んできたことで耐えていた向きも投げてきた様子です。中国深センの再開発事業への期待から同社株は足元で大きな相場を作っている状況だけに、その再開発事業の不透明感が出てきた以上、売られるのも無理はないでしょう。なお、同社は14時半過ぎに恒大集団と同社とは深セン再開発プロジェクトを含め業務面などで何ら関係が無く、同集団の今後の経営状況などによっても影響を受けることは想定していないとコメントを発表しています。これを受け下げ幅を縮小する動きを見せたものの、買いも続かず懸念は深まっています。



[5609]日本鋳造 
[2部]業種:鉄鋼
終値1,056円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

JFE系の鋳造専業。産業機械向け素形材が主力。インフラ向けエンジニアリング強化。 本日ストップ高まで買われました。日刊産業新聞が、同社は独自の低熱膨張合金「LEX」の輸出を開始したと報じています。LEXの引き合いは増えており、将来的に輸出増加を図る計画とのことです。LEXの輸出という同社の需要家向け直接輸出は初めてとのことで、先行き期待に繋がっているようです。同社株は過去にも、このLEX絡みの材料で派手に物色された経緯があり、LEXに絡んだ新たな材料ということもあり、飛び付いた個人投資家も多い様子です。ただ、この材料を報じたのが、かなりマイナーな鉄鋼・非鉄金属業界専門紙の日刊産業新聞ということもあって、材料が知れ渡るまで時間が掛かった様子です。



[6662]ユビテック 
[JQ]業種:電気機器
終値269円/前日比+18円
▼クリックで株探ページ▼

オリックス系。ATM紙幣鑑別センサーとカーリース車載機器、工場管理など、IoTに集中。 本日前場中頃から商いを伴い急伸し、5営業日ぶりに大幅反発しました。同社は昨日引け後に、2025年6月期を最終年度とする中期経営計画「ユビテック4.0」を発表。最終年度に売上高30億円(2021年6月期は12億9,100万円)、営業損益は3億円の黒字(同1億3,800万円の赤字)を目指すとしています。本日の株価は前場高値から大きく上げ幅を削って終えましたが、軟調地合いの中で商いを急増させており、早期のリスタートとなれば6月28日の年初来高値340円が視野に入ってきます。



[3987]エコモット 
[M]業種:情報・通信業
終値674円/前日比+9円
▼クリックで株探ページ▼

IoT・AIソリューションの企画や端末の製造。クラウドサービスの運用。センサー技術に強み。 本日後場13時から突如物色されて大幅高になっています。同社は本日13時に、2021年3月より提供を開始している新型コロナワクチン保管用フリーザー対応型IoT無停電電源装置が、北海道、茨城県、東京都、神奈川県、山梨県に続き今月、福岡県でも複数台の導入が決定し、順調な売れ行きを見せていると発表。これが好感されて短期資金による物色材料になった様子です。一時760円まで買われたものの、物色一巡後は垂れてしまう動きになっています。本日は急な地合いの悪化で、短期資金も限られたようで、明日以降短期資金では無い資金による見直し買いが入ってくるのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3458]シーアールイー 
[1部]業種:不動産業
終値2,450円/前日比+375円
▼クリックで株探ページ▼

物流施設で事業用不動産の総合サービスを手がける。賃貸面積はトップクラス。 本日大幅ギャップアップスタートから6営業日続伸し、上場来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、2021年7月期決算を発表。売上高は前期比15.4%増の475億5,600万円、営業利益は同36.5%増の57億7,200万円で着地しました。続く2022年7月期の連結業績予想も売上高が前期比29.5%増の616億円、営業利益は同49.0%増の86億円と大幅増収増益の見通しになっています。併せて、2026年7月期を最終年度とする第二次中期経営計画を発表しています。本日の株価は前場に大きく上げ幅を縮める場面があるも後場戻して終えており、青天井相場は続くかも知れません。



[3925]ダブルスタンダード 
[1部]業種:情報・通信業
終値8,750円/前日比+860円
▼クリックで株探ページ▼

企業向けビッグデータを活用、業務改善支援。ネット上のデータ加工技術に強み。 本日大幅上昇となり、上場来高値を更新しています。SBIグループが同社の第2位株主となっており、同社はSBIグループと地域金融機関の業務効率化などで業務提携しています。SBIグループ企業やSBI傘下の地銀との取引も多く、[8473]SBI HDが新生銀行を傘下に収めれば、新たな受注が期待出来るとの思惑から買われているようです。同社は先月の1Q決算発表を機に大きく買われており、最近は高値圏揉み合いとなっていましたが、今回SBI HDが新生銀行へTOBを実施すると発表したことがキッカケとなり、上放れてきた格好です。ここまでくれば次回の決算発表までに同社株は大台である10,000円を獲りに行く場面も出てくると期待する声も聞かれました。なお、やはりSBI HDと資本業務提携している[4284]ソルクシーズも思惑で買われています。



[3814]アルファクス・フード・システム 
[JQG]業種:情報・通信業
終値749円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

注文システム、配膳ロボットなど外食向けASPサービス提供。セルフレジを推進。 本日前場10時過ぎから出来高を伴い急伸し、ストップ高まで買われました。本日10時頃、[7581]サイゼリヤが同社製配膳AIロボット「サービスショットα2号機」の実証実験を開始したと発表。「サービスショットα2号機」は1号機の運用ノウハウをベースに改良を加えた価格的にもリーズナブルな配膳AIロボットで、配膳、下げ膳、案内の3モードの運用が出来、更にAIによる完全自律歩行型で、高精度な地図を読み取ることも可能とのことです。本日は26万株超の買いを残しており、一段高相場を匂わせています。



[9519]レノバ 
[1部]業種:電気・ガス
終値6,110円/前日比+440円
▼クリックで株探ページ▼

再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。 本日大幅続伸となり、連日で最高値を更新しています。河野太郎規制改革担当相が自民党総裁選に出馬する意向を固めたことから、脱炭素関連として連日買われてきている格好です。本日にも河野氏は正式に出馬表明すると報じられており、同社株など再生可能エネルギー関連株には買われている銘柄が目立っています。ただ、同社株などは連日買われてきており、河野氏出馬表明で出尽くしになるのではとの声も聞かれました。その一方で、実際に河野氏が新総裁になる期待も強いことから、総裁選までは確りとした展開を続けると期待する向きも少なくありません。何れにせよ出馬表明で一旦売られたとしても河野新首相への期待がある以上、そう大きくは崩れないでしょう。



[8946]ASIAN STAR 
[JQ]業種:不動産業
終値99円/前日比+12円
▼クリックで株探ページ▼

横浜中心に投資用マンションを販売。管理・仲介に注力。中国系企業と連携。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、中国で健康コンサルティングを行う広東泛華藍十字健康管理有限公司と医療健康サービス分野で戦略提携覚書を締結したと発表しました。訪日健康診断・先進医療治療・医療ツーリズムなどのコーディネートサービスを提供するとのことで、これを受けて大きく買いが向かいましたが、ボリンジャーバンドの+3σに達するなど過熱感も感じられ、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[6335]東京機械製作所 
[1部]業種:機械
終値3,335円/前日比-25円
▼クリックで株探ページ▼

新聞向け中心の輪転機大手。デジタル印刷機など新分野に構造転換中。 本日荒い動きながら連日で高値を更新しています。買収防衛策の発動を巡って10月下旬に臨時株主総会を開くと発表してから上昇基調続けています。同社株は既にかなり前から売り禁ですが、先日大量の現引きが行われたと思われ、それに伴い株不足が増加。それを受け逆日歩10倍措置となったことも足元の上昇に拍車を掛けています。また、本日は臨時株主総会の議決権を行使出来る権利取り最終売買日であり、この議決権を巡り思惑的に買われてきた面もあるようです。それだけに週明けは権利落ちとなり、反動安を警戒する声も聞かれました。何れにせよ過熱感が強いだけに、更にリスキーな動きになるとの見方は多いようです。



[5609]日本鋳造 
[2部]業種:鉄鋼
終値1,000円/前日比+137円
▼クリックで株探ページ▼

JFE系の鋳造専業。産業機械向け素形材が主力。インフラ向けエンジニアリング強化。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、宇宙での地球・天文観測衛星の軽量化を目的に進めてきたJAXAとの3Dプリンターによる低熱膨張合金の軽量化研究で、基礎段階が完了したことを発表。また、機械的特性や熱膨張率に関する傾斜機能材の開発にも着手します。株価は年初来高値を更新しましたが、流動性の乏しい銘柄でもあるため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値1,382円/前日比+261円
▼クリックで株探ページ▼

個人・小規模企業向けECプラットフォーム「BASE」、オンライン決済サービス「PAY.JP」運営。 本日大幅上昇です。みずほ証券が同社株を新規「買い」でカバレッジを開始し、目標株価を1,830円としたことが見直し買いに繋がっています。競争激化懸念で同社株の直近パフォーマンスは低調となっていますが、過度な競争激化懸念は投資機会と指摘。同社は決済とEC独自ショップ開設を一体運営する希少なサービスとして優位性があり、審査ノウハウや良質な購買履歴データの蓄積も進むとのことです。今後は過度な競争激化懸念の後退が株価の再評価に繋がる展開を期待しているとのことです。また、本日午前中に提出された大量保有報告書では、英投資会社のベイリー・ギフォードが同社株の保有比率を更に引き上げていることが明らかになっています。これが追い風になった様子で、本日の上昇を機にトレンドが明確に変わってくるか来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2929]ファーマフーズ 
[2部]業種:食料品
終値1,435円/前日比+291円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。抗体医薬品の開発も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期の連結経常利益は前期比23.9%増の7.8億円に伸び、2021年7月期も前期比54.7%増の12.1億円に拡大。また、4期連続で過去最高益を更新する見通しです。同時に今期の年間配当は前期比1.5円増の10円に増配する方針としました。想定以上の大幅増益見通しを評価する動きが優勢で、年初来高値の1,478円ブレイクも視野に捉えたと見られます。



[6659]メディアリンクス 
[JQ]業種:電気機器
終値646円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

放送・通信機器を開発・販売するファブレスメーカー。大規模メディア伝送に強み。 本日ストップ高まで買われています。9月3日場中に中国国内の放送ネットワークに同社製品が採用されたとの発表を受けストップ高を続けている格好です。本日は、その件に関しては既に業績予想に織り込まれているとの憶測がネット上で広がり、朝方は結構売られる場面も見られていました。しかし、同社株は小型の貸借銘柄で踏み上げの思惑も出てきたようで、前場後半は買い優勢の動きになり、ストップ高まで買われています。後場からは売り禁となっており、寄らずのストップ高となっています。物色が続くかどうかは日証金の取り組み次第だと言えるでしょう。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,302円/前日比+132円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しています。同社は昨日23時40分に、同社のメキシコ現地子会社が薬事申請していた新型コロナウイルス感染症の治療法に関してメキシコイダルゴ州から承認を取得したことを発表しました。これを材料視する格好で本日の株価は値幅取りを狙った投資資金が流入する格好となりましたが、会社側はこの承認が2020年12月期業績に与える影響は現在精査中としており、動向を見守りたい処です。



[6340]澁谷工業 
[1部]業種:機械
終値3,445円/前日比+235円
Yahooの株価リンクはこちら

飲料用充填装置の最大手。無菌充填機に定評。メカトロシステム製販も。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、鹿児島大学認定ベンチャーのスディックスバイオテック社と新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA型およびB型を1つの唾液検体から同時に検査診断を行える高速PCR検査装置の開発を目指し、共同開発契約を締結したことを発表しました。インフルエンザ流行期を迎えるにあたり、需要拡大への期待感が先行していますが、3,500円処からの上値は重く、過度な期待は禁物と言えます。



[6400]不二精機 
[JQ]業種:機械
終値333円/前日比+34円
Yahooの株価リンクはこちら

金型は自動車、医療機器向けが主力。成形システム、成形品製造にも展開。 本日一時ストップ高まで買われました。新型コロナウイルスのワクチン関連として買われているとの見方です。昨晩の海外市場で同ワクチン絡みの材料がいくつか出ており、豪政府が英アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発中のワクチンについて、2021年1月に初回分を受け取る見通しだと明らかにした他、米国ではトランプ米大統領が10月中にもワクチン実用化の準備が整う可能性を示唆したと報じられています。これらを受け想定より早くワクチンが出来るのではとの期待に繋がり、関連株の物色材料になっている様子です。以前、厚労相はワクチンの注射器確保を企業に要請と報じられたこともあり、同社は注射器の金型を手掛けていることから、ワクチン関連と位置付けられています。同様に[5212]不二硝子も一部物色されました。また、ワクチン輸送専用の保冷庫を手掛けている[6897]ツインバード工業も物色されています。



[3926]オープンドア 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,494円/前日比+128円
Yahooの株価リンクはこちら

旅行比較サイト「トラベルコ」運営。比較システムの提供や伝統工芸品の紹介サイトも。 本日大幅高です。本日は旅行関連株の一角が買われています。有識者らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会を11日に開き、イベントやプロスポーツの人数制限を19日にも緩和する方向で検討し最終判断する方針と共同通信などが報じています。また、同日の分科会では観光支援事業「GoToトラベル」の対象に東京都発着の旅行を追加するかどうかも検討する可能性があるとのことです。追加の場合は9月下旬を想定しているとのことで、足元は東京都の新規感染者数も減少気味だけに、GoToトラベルに東京都も追加される公算が高いと見る向きが多いようです。そうなれば旅行関連企業には追い風になるとの見方から先回り的な買いが入ってきたようです。



[5609]日本鋳造 
[2部]業種:鉄鋼
終値680円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

JFE系の鋳造専業。産業機械向け素形材が主力。インフラ向けエンジニアリング強化。 本日後場買い気配スタートからストップ高を達成しました。同社は本日11時30分に3Dプリンターを活用することで、コバルト含有率を極限まで低減させたゼロ熱膨張率合金「LEX-3DP」の開発に成功し、特許権を取得したと発表しました。従来の低熱膨張材料はマイナス30度程度で低熱膨張性が消失しますが、今回の開発合金は室温からマイナス196度まで熱膨張率ゼロで、航空宇宙分野などへの活用も期待出来るとのことです。株価は3月に空けた窓を埋めており、次は2月の窓埋めがターゲットになるでしょう。



[4554]富士製薬工業 
[1部]業種:医薬品
終値1,347円/前日比+268円
Yahooの株価リンクはこちら

後発医薬品大手。不妊症治療剤と血管造影剤が主力。新薬・バイオ後発品も。 本日大幅上昇です。本日午後に行われた自民党総裁選の立会演説会で、菅官房長官が少子化対策として出産を希望する世帯を広く支援するため、不妊治療への保険適用を実現すると表明。自民党新総裁の最有力候補である菅官房長官の政策は幾つか既に報じられていましたが、不妊治療保険適用というのは目新しく関連株物色に繋がった様子です。同社は女性医療に強い後発薬メーカーであり、不妊治療ホルモン剤やホルモン診断キットなどを手掛けています。他にも同関連として[4514]あすか製薬、[4880]セルソース、[4571]ナノキャリア、[4595]ミズホメディー、[8091]ニチモウなどが買われました。また、[9438]エムティーアイは妊活アプリ「ルナルナ」を手掛けていることから、やはり同関連として物色されています。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2492]インフォマート  [1部]業種:サービス業
終値646円/前日比+81円
Yahooの株価リンクはこちら

食材の企業間電子取引市場を運営。商談システム、企画書、請求書サービスも。本日買い気配スタートから大陽線で大幅4営業日続伸し、一時ストップ高まで買われました。新型コロナウイルス感染拡大を受けた逆風が強く意識されてきましたが、株価は2月中旬以降の急落で目先突っ込み警戒感からの買戻しが入りました。信用取組は売り長で直近信用倍率0.69倍、日証金でも貸株が融資を上回る売り長の状態にあります。16日に[9831]ヤマダ電機に対して「BtoBプラットフォーム請求書」の提供を開始したことを発表しており、これが株価反転の契機となった模様です。目先の株価は25日移動平均線が意識されそうです。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー  [M]業種:証券・商品
終値685円/前日比-150円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。本日で11営業日続落となっており、ストップ安まで売り込まれています。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受けて、世界中の航空会社は大規模な減便を余儀な くされています。それだけに航空機需要も大きく縮小しており、同社の主力事業である航空機リース事業への先行き不透明感から売られています。業績へのかなりの悪影 響は避けらいとの見方から見切り売りが相次いでいます。同様の理由で航空機リースも手掛ける[8591]オリックスや[7148]FPGも大きく売られ、何れも昨年来安値を更 新しています。



[9090]丸和運輸機関  [1部]業種:陸運業
終値2,430円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

小売・物流業務の一括受託。低温物流に強み。宅配は「桃太郎便」。本日買い気配スタートから大幅4連騰しました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い巣ごもり消費が注目されている現在、一段と追い風が強まることが予想される状況にあります。交通面で利便性の高い首都圏エリアを中心とした大規模物流施設の建設が相次いでいることも物流アウトソーシングを手掛ける3PL(サードパーティ・ロジスティクス)の象徴株として注目が集まり易い環境で、株価はこの処の連続大陽線で2月の戻り高値を更新しており、このレベルの売りを払えると更なる加速も考えられます。



[4901]富士フイルムHD  [1部]業種:化学
終値4,794円/前日比-444円
Yahooの株価リンクはこちら

写真フィルムから医療機器や医薬、液晶材料などに転換。傘下に富士ゼロックス。 本日大幅反落です。新型コロナウイルス感染患者の治療薬として、同社子会社が手掛けるインフル薬「アビガン」の後発薬について、中国政府が新型コロナウイルスの治療に有効と発表したことから、同社株は昨日ストップ高まで買われていました。しかし、本日は朝から売り込まれています。今朝の日経新聞では、業績への貢献は限定的と見られると報じられており、それが嫌気されている模様です。中国でアビガンの特許は切れており、中国企業が後発薬を増産したとしても同社にライセンス収入は入らないとのことです。それに例え国内で増産したとしても売上高の押し上げ効果は限定的です。



[4549]栄研化学  [1部]業種:医薬品
終値1,827円/前日比+172円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床検査薬大手。便潜血試薬で高シェア。免疫、微生物、遺伝子技術なども。本日大きく急伸しました。同社は昨日、独自の遺伝子増幅技術「LAMP法」を活用した新型コロナウイルス検出試薬キットを発売したと発表。35分でウイルス感染を検出出来、現在主流のPCR法に比べ検査時間が大幅に短縮出来るとしています。従来から開発を表明していましたが、正式な発売発表を受けて改めて関心が高まっています。ただ、後場からは売り圧力が強まるなど、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも考えられ、注意が必要です。



[7774]ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング  [JQG]業種:精密機器
終値550円/前日比+58円
Yahooの株価リンクはこちら

再生医療ベンチャー。自家培養表皮や軟骨などを開発。富士フイルムHD傘下。 本日後場商いを伴い急伸し、大陽線で一時ストップ高まで買われています。同社は本日前引け後に、本日付けで自家培養角膜上皮「ネピック」の製造販売承認を取得したと発表。「ネピック」は、患者自身の角膜輪部組織から角膜上皮幹細胞を採取してシート状に培養したもので、同品を移植することで角膜上皮を再建させる角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした眼科領域では国内初の再生医療等製品となります。直近で下げ続けてきた5日線が漸く下げ渋り、反転に向けての一段階をクリアした格好です。



[9326]関通  [M]業種:倉庫・運輸
終値1,165円/初値比+133円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースを展開する顧客企業の配送センター代行業務などを手掛ける。本日一時ストップ高です。本日新規上場した銘柄ですが、新型コロナウイルスによる世界的株安状態の中、IPOも全滅状態となっており、公開価格割れで初値形成後も更に売られるIPOが目立っていました。しかし、同社株は公開価格を大きく上回っての初値形成となり、初値形成後も買われて一時ストップ高まで買われています。同社は通販業者の配送センター業務代行事業を手掛けていることから、新型コロナウイルスは追い風との見方も多く、新型コロナウイルス感染懸念から通販需要が拡大しており、同社にも特需が見込めるとの期待も強い様子です。同社株は小型IPOでロックアップも掛かっているだけに買い安心感もあるようです。来週も物色が続くか注目されます。



[8951]日本ビルファンド投資法人  [東証R]業種:REIT
終値555,000円/前日比-100,000円
Yahooの株価リンクはこちら

三井不動産系の不動産投資法人。東京23区内中心に大型オフィスビルへ投資。 本日ストップ安まで売られました。同REITだけでなく、本日はストップ安まで売り込まれたREITが続出しています。東証REIT指数は18%超の下落で大幅続落しており、2013年1月以来の安値水準となっています。東証REIT指数はアベノミクス相場で上昇した分をほぼ吐き出した格好で、新型コロナウイルスのパンデミックにより、海外投資家による換金売りがJ-REITにも続いていますが、ここに来て金融機関など国内機関投資家の売りも出てきているとの見方です。ある意味、セリングクライマックスとの見方もあり、売りが尽きれば全体的に見直されるとの期待が強いものの、落ちるナイフは拾えないとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[3990]UUUM
終値5,880円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

岩井コスモ証券は19日付で、同社株の投資判断を「A」、目標株価6,500円でカバレッジを開始しています。同社に所属する人気ユーチューバーによる投稿動画の視聴数増加や企業とタイアップした動画広告で得る収入の増加によって高い成長を続けているとコメント。「ユーチューバー」は若い世代が憧れる職業の一つになるなど、新たに成長する分野になっており、動画広告市場の中期的な拡大やエンターテイメントやイーコマースなどの動画広告以外への収益基盤の強化によって中期的に成長が期待出来る企業として注目したいとしています。




[5609]日本鋳造
終値1,125円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2019年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比2.9倍の1億7,400万円に急拡大しました。併せて上期の同利益予想を従来の5,000万円から2億5,000万円に5.0倍上方修正しており、減益率は85.0%減から25.1%減に縮小する見通しとなりました。更に、上期業績の好調に伴い通期の同利益予想を従来の5億円から7億円に40.0%上方修正しています。




[6981]村田製作所
終値19,565円/前日比-180円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は19日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は18,500円から25,000に引き上げています。株価はMLCCの値上げ観測などにより上昇したものの2020年3月期同証券予想PERは15~16倍と割高感は無いとコメント。MLCC市場のダウンサイジング化加速ポテンシャルや2020年に向けた5G需要の取り込みを考慮すれば、未だ同証券予想を作成していない2021年3月期に向けての業績モメンタムも良好であろうとしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ