株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[5337]ダントーHD

[5900]ダイケン 
[JQ]業種:金属製品
終値929円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

住宅建材中堅。ハンガーレール・自転車置き場装置で首位。バリアフリーに注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年2月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の7,000万円から1.4億円に2.0倍上方修正しました。新型コロナウイルス感染防止製品が堅調に推移した他、輸送コストの改善や広告宣伝費などが抑制出来たことも利益を押し上げる見込みです。株価は年初来高値を更新しましたが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2338]ビットワングループ 
[2部]業種:情報・通信業
終値631円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

まつげサロンが主力。5GとAI融合の関連開発に注力。仮想通貨事業は撤退。 本日寄り付き直後から商いを伴い急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日、Viettel Business Solutions Corporationと5G技術とAI技術を融合した関連事業の業務提携に向けて、覚書を締結したと発表。今後速やかに業務提携契約の詳細な条件合意に向け協議するとしています。本日の大幅高で株価は8月高値を更新し、7月29日の年初来高値672円を視界に捉えています。このレベルは今後を見る上で非常に重要な節となります。



[8923]トーセイ 
[1部]業種:不動産業
終値1,108円/前日比+124円
Yahooの株価リンクはこちら

マンション開発から不動産流動化にシフト。都心の中小型物件や物流施設で組成。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年11月期第3四半期累計の連結税引き前利益は前年同期比62.8%減の41.5億円に大きく落ち込みました。ただ、通期の同利益を従来予想の40.7億円から50.5億円に24.2%上方修正し、更に業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の13円から16円へ増額修正しました。目先、6月23日に付けた高値1,179円突破を目指すしたい処ですが、高値近辺では戻り圧力も強く、慎重に動きを見たい処です。



[6541]グレイステクノロジー 
[1部]業種:サービス業
終値5,540円/前日比+490円
Yahooの株価リンクはこちら

産業機械のマニュアル作成・管理・運用システムの提供。企画や翻訳サービスも。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3年前と比べ従業員1人当たりの売上高伸び率が大きかった企業をランキングした処、同社が1位になったと報じています。同社の企業紹介記事も掲載されており、それによればコロナ禍で働き方が大きく変わったことで、工場のライン管理など様々なマニュアルの見直し依頼が殺到し、案件が膨大で断る場合も多いとのことです。足元の従業員数は約40人で、需要の増加に追い付いていないとのことで、機会損失しているとも言えますが、今後は新卒や中途採用だけでなく、制作会社やデザイン会社のM&Aなども通じて人員を拡大する予定とのことです。それにより業績が更に拡大する期待があると言え、改めて高成長期待が強まった様子です。



[7317]松屋アールアンドディ 
[M]業種:輸送用機器
終値3,560円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車安全装置縫合システムやレーザー裁断機の開発・販売などを手掛ける。 本日大幅高です。昨晩、日経新聞電子版で同社はドローン用エアバッグを開発したと報じられています。基本的な設計を終えており、今後はドローンメーカーと組んで性能試験などを実施するとのことで、2021年6月に発売し、月1000台の販売を目指すとのことです。価格は20万円程になる見通しとも書かれており、それから算出すれば年間12000台で24億円にもなります。それだけに同社業績への寄与も大きくなるとの見方から見直し買いに繋がっています。ドローン用エアバッグは珍しく、日本と台湾の特許を取得済みで、米国や中国でも申請中とのことです。明日以降も買いが続くのか注目されます。



[5337]ダントーHD 
[1部]業種:ガラス・土石
終値915円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

内外装・床タイルの大手。デザインタイルなど高級化に力。米で住宅開発・不動産も。 本日買い気配スタートからの大陽線で大幅続伸し、連日で年初来高値を更新してストップ高まで買われています。昨日、同社連結子会社のSRE Mortgage Alliance Inc.が、Lodasoft,LLCと資本提携を行うことを決定しました。株価は引き続き本日も好反応を示していますが、現状需給関係の良さから買い進まれていることも否めず業績から見ても割高感を主張する向きも少なくないようです。参加するならロスカット値の明確化が求められます。



[3933]チエル 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,220円/前日比+236円
Yahooの株価リンクはこちら

学校、塾などICT活用の教育用システムの企画・開発・販売。双方向授業に強み。 本日大幅高です。前場から買われていたものの後場には一段高になっています。平井卓也デジタル改革担当相は6日の閣議後記者会見で、小中学校で使う教科書を原則デジタル化すべきとの考えを示したと、後場寄り後に報じられました。これを受け関連株として同社株や[3998]すららネット、[3393]スターティアHD、[2345]クシムなどが買われて値を伸ばしています。政策絡みのネタだけに、スガノミクス関連としてeラーニング関連株が再び見直されてくるとの期待もあるようです。実際に明日以降も物色が続くか注目されます。



[3222]ユナイテッド・スーパーマーケットHD 
[1部]業種:小売業
終値1,194円/前日比-90円
Yahooの株価リンクはこちら

イオン系、食品スーパー最大手。マルエツ、カスミ、MV関東が統合。スマホ会計を取り組み。 本日大幅安です。同社は本日14時に2Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。通期業績は市場コンセンサス上回っており、発表直後少し買われるも買いも続かず直ぐに売り込まれる動きになっています。1Q決算を受け既に大幅上方修正は織り込んでいたと思われ、コンセンサスを上回っていても、この程度の上方修正では物足りないとの見方も多いようです。2Q業績からも下期は伸び大きく鈍化する計画となっている格好で、失望されている面もある様子です。通期業績は依然として保守的との見方もありますが、今期の上期がピークということには変わりなく、新たに買う向きは乏しいのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[1447]ITbook HD 
[M]業種:建設業
終値915円/前日比+102円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。ITbookとサムシングが経営統合。官公庁に強み。 本日大きく急伸しました。菅首相はデジタル行政の加速を政策として掲げ、来年秋までに「デジタル庁」を新設する予定としています。また、行政デジタル化のカギを握るのはマイナンバーカードとの認識を示し、マイナンバーカード活用に関するコンサルティングで実績の高い同社に資金が流入しています。連休前9月18日付の朝刊レポート(本日の無料特選銘柄)にて推奨した銘柄ですが、引き続き上昇トレンドを形成中で、6月24日の上場来高値949円を目指す勢いにあります。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値3,380円/前日比+502円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値で年初来高値を更新しています。ホームセンター大手[3050]DCM HDが、同社に対してTOB(株式公開買付)の検討を始めたとNHKや日経新聞など複数のメディアが報じています。18日に報じたNHKによると、DCM HDは同社の50.1%を超える株式を取得して傘下に収める方向で最終調整を進めているとのことです。今後の株価は、勿論詳細情報に左右されることになります。



[5337]ダントーHD 
[1部]業種:ガラス・土石
終値473円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

内外装・床タイルの大手。デザインタイルなど高級化に力。米で住宅開発・不動産も。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反発し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は本日寄り前に、米住宅金融子会社SREモーゲージ・アライアンス社が17日、米アクソス銀行と月間1億ドルのクレジットライン契約を締結したと発表。住宅ローン供給の総取扱金額の増加が可能となることを好感した買いが入った格好です。本日の株価は連休前の急調整分を寄り付き早々に取り返して更に上昇しており、上値慕いの大きさを現しています。



[6196]ストライク 
[1部]業種:サービス業
終値5,460円/前日比+450円
Yahooの株価リンクはこちら

公認会計士、税理士主体のM&A仲介業務。ネット活用のマッチングシステムに強み。 本日大幅上昇です。先週末同社は2020年9月期業績の上方修正を発表。3Q決算時点で進捗率が高かっただけに上方修正期待は強まったものの、市場コンセンサスも上回っており、想定以上の上方修正だったとの見方も多い様子です。配当も増額修正しており、権利取りも近いことから見直し買いに繋がっています。また、連休中に菅政権は中小企業基本法の見直しに向けた検討に着手すると報じられていたことも追い風になっているとの見方もあります。税制上の優遇措置や補助金を受けられる中小企業の定義を変え、再編や経営統合を促すとのことで、M&A仲介事業を手掛ける同社には追い風になると見られています。その影響か、[2127]日本M&Aセンターも大きく買われています。明日以降、1月に付けている年初来高値を取りに行く展開になるのか注目されます。



[3981]ビーグリー 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,027円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

コミック配信サービス「まんが王国」運営。豊富なコンテンツに強み。自社企画に注力。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末18日引け後に、漫画雑誌や漫画単行本ならびにその電子書籍を主力商品とする総合出版社ぶんか社およびその複数のグループ会社の持株会社の全株式を取得し、完全子会社化することを決議したと発表しました。なお、今回のM&Aを目的に70億円のシンジケートローンの締結も発表。業容の大幅拡大ならびにシナジー効果などを期待する動きが優勢で、8月11日に付けた2,392円へ向けた動きに期待されます。



[6538]キャリアインデックス 
[1部]業種:サービス業
終値580円/前日比+67円
Yahooの株価リンクはこちら

転職、専門学校などの情報を一括検索できるサイト運営。不動産賃貸情報も。 本日大幅高となり、7月15日に付けていた年初来高値を久しぶりに更新しています。昨日の日経新聞では、中堅上場企業「NEXT1000」を対象としたソフトウエアなど無形資産の占める割合が高いことを示す無形固定資産倍率ランキングが掲載されています。そのランキングで同社が断トツ1位となっており、企業紹介的な記事も掲載されています。それによれば、コロナ禍で転職希望者が減ると見ていたものの、同社を通じた登録人数は計画通りとのことで、求職者を集める柱になっているとのことです。また、同社は転職サイトで培ったノウハウを不動産分野に横展開しており、不動産分野はコロナ禍でオフィス賃貸需要が落ち込んでいますが、賃貸住宅は安定しており、市場規模も大きいとのことで今後は引っ越しや物件の売却査定など関連サービスを展開する考えとのことです。



[5631]日本製鋼所 
[1部]業種:機械
終値1,784円/前日比+242円
Yahooの株価リンクはこちら

大型鋳鍛鋼、樹脂成形機で世界有数。射出成形機にも強み。防衛関連も。 本日大幅上昇です。先週末同社は、電話会議により事業概況および業績予想説明会を実施しています。そこで受注に関してポジティブなコメントがあったとのことで、本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。特にEVセパレータ用のフィルムシート装置については、前期比20〜30%の受注増加を計画しているとのことです。6月後半から状況が変わりつつある模様で、これを受けSMBC日興証券では、ポジティブだと指摘しており、本日の買い材料になっているようです。同社株はここ数ヵ月間、方向感の乏しい揉み合い相場を続けていましたが、これを機に相場付きが変わってくるか注目されます。



[4901]富士フイルムHD 
[1部]業種:化学
終値5,283円/前日比+246円
Yahooの株価リンクはこちら

写真フィルムから医療機器や医薬、液晶材料などに転換。傘下に富士ゼロックス。 本日確りです。連休中に新型コロナウイルスの治療薬候補アビガンについて、富士フイルム傘下の富山化学が近く政府に製造販売の承認を申請することが分かったと報じられています。9月中旬まで実施した臨床試験で一定の有効性が確認出来た模様だとのことです。同社は本日正式に10月中に承認申請を行うと発表。これが12時半に共同通信で報じられると後場一段高となっています。アビガンの原薬を手掛ける[8285]三谷産業や原材料生産している[4367]広栄化学、中間体を製造・供給している[4366]ダイトーケミックスなど他のアビガン関連株も買われています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3663]アートスパークHD 
[2部]業種:情報・通信業
終値965円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフト開発会社。車載機器向けソフトや3D動画向け、イラスト制作ソフトが主力。 本日ストップ高を付けました。同社は連休前7日引け後に決算を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比58.9%増の3.4億円に拡大し、従来の99.5%減益予想から一転して増益で着地。子会社セルシスが提供するコンテンツ制作から閲覧までを支援する製品・ソリューションへの需要が高まりました。なお、通期計画の2.7億円に対する進捗率が128.4%と既に上回っており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[7806]MTG 
[M]業種:その他製品
終値904円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

美容ローラー「ReFa」・健康機器「SIXPAD」・化粧品などの企画開発や販売。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末同社は四半期ベースで黒字転換となる3Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。新型コロナウイルスにより自宅におけるトレーニングや美容習慣の需要増加など、巣ごもり消費でEC・通販事業が好調に推移し、新たに立ち上げた健康・衛生ブランド商品の販売も開始され、売上の増加に寄与したとのことです。上場してから下方修正を繰り返してきただけに上方修正はインパクトも強かった様子です。株価は上場以降、随分と売り込まれてきただけに業績底打ち感から見直し買いが暫く続くと期待する向きも多い様子です。ただ、今回の決算は特需的な要因もあることから、これを機に同社業績が拡大基調になっていくのかは不透明であり、戻り余地も知れているとの声も聞かれました。



[5337]ダントーHD 
[1部]業種:ガラス・土石
終値184円/前日比+41円
Yahooの株価リンクはこちら

内外装・床タイルの大手。デザインタイルなど高級化に力。ハワイで住宅開発も。 本日買い先行スタート後も上値追い進み、4営業日ぶりに大幅反発しました。同社は連休前7日引け後に決算を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結最終損益は3,900万円の赤字(前年同期は1億7,900万円の赤字)に赤字幅が縮小し、従来の1億8,000万円の赤字予想からも赤字幅を縮小して着地しました。併せて通期の同損益予想を従来の2億7,000万円の赤字から1億円の黒字に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなっており、株価の上値余地は残されていそうです。



[3291]飯田グループHD 
[1部]業種:不動産業
終値1,992円/前日比+312円
Yahooの株価リンクはこちら

低価格の戸建分譲住宅やマンションなど手掛ける6社が経営統合。全国シェア3割。 本日大幅上昇となり、1月22日に付けていた年初来高値を更新しています。先週末に同社は1Q決算を発表。大幅減益決算となっていますが、市場コンセンサスは上回りました。それが好感されているようですが、決算を好感して買われているというより、本日は地合いの影響も強いのではとの見方も多いようです。本日の日本市場では不動産株が総じて高く、見直しや買戻しの動きが目立っています。昨晩のNY市場でも見られたようにグロース株が売られてバリュー株が買われる動きや新型コロナウイルス追い風株が売られ、逆風株が買われる動きが、本日の日本市場でも見られています。同社株もその流れで買われている面が強い模様です。明日以降もこの流れが続くのか注目です。



[9797]大日本コンサルタント 
[2部]業種:サービス業
終値811円/前日比+101円
Yahooの株価リンクはこちら

建設コンサル中堅。橋梁で首位級、道路にも強み。官公庁向け比率高い。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は連休前7日引け後に、2020年6月期通期の連結決算を発表。売上高が前の期比4.9%増の165億300万円、営業利益は同31.5%増の16億2,400万円と従来予想を上回っての着地となりました。また、期末一括配当を従来計画比12円増額の30円にすると発表しています。併せて[5711]三菱マテリアル系列の建設コンサルタントであるダイヤコンサルタントと経営統合に向けた協議を開始することも明らかにしており、株価の一段高が期待されます。



[1450]田中建設工業 
[JQ]業種:建設業
終値4,555円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産会社からの元請け方式を主体に、解体工事の全工程を請け負う。 本日買い気配スタートからの大陽線上場来高値を更新し、ストップ高まで買い進まれました。同社は連休前7日引け後に第1四半期単独決算を発表。売上高が前年同期比1.9%増の15億8,200万円、営業利益は同3.2倍の2億9,600万円、純利益は同3.2倍の1億8,800万円と大幅増益となりました。同時に9月30日を基準日とした1対2株の株式分割も発表しています。本日後場の大半の時間を張り付いたまま終えており、青天井圏を駆け上がる可能性が出てきています。



[4523]エーザイ 
[1部]業種:医薬品
終値9,811円/前日比+1,185円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬大手。神経系と消化器系に強み。がん関連や認知症薬分野に進出。 本日大幅高となり今年2月上旬に付けていた年初来高値を更新しています。先週末に同社は米バイオジェンと開発しているアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」について、FDA(米食品医薬品局)から優先審査の指定を受けたと発表。これによりFDAの新薬承認の審査は短縮されて来年3月までに承認の可否が判断されることになります。アルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」は同社株のカタリストになっているだけに素直に好感されています。これを受けモルガン・スタンレー証券では、同社株の投資判断を格上げして目標株価を引き上げています。アデュカヌマブの成功確率を50%~65%に引き上げ、来年3月に見込まれる米国での認可に向け株価上昇が始まると指摘しています。



[7094]NexTone 
[M]業種:サービス業
終値8,920円/前日比+1,490円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大幅高です。先週末に発表した1Q決算は順調な決算との見方から見直されている模様です。決算短信には前期比が記載されていないものの、決算説明資料によれば1Q売上高は、前年同期比51.3%増、営業利益は105.1%増になっており、想定に対しては超過達成したとのことです。それだけに好感されています。ただ、見通しに対する進捗率は想定を上回るものの、通期は予想通りの着地を見込むとのことで新型コロナウイルス感染拡大による影響は、プラス影響とマイナス影響が混在しており、1Q決算ではややプラス影響の方が強くなりましたが、今期見通しでは影響はプラスマイナスほぼ相殺と想定されるとのことです。これにより通期業績の大きな上振れ期待は乏しい印象で、買いも続き難いのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ