株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[5301]東海カーボン

[4299]ハイマックス 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,500円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系SI。金融機関向けに強み。保険やクレジット等も。流通分野開拓に力。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。非開示だった2021年3月期第2四半期累計の業績予想は連結経常利益が前年同期比76.5%増の5.4億円に拡大する見通しとなりました。また、9月30日を基準日として1対2の株式分割を行うことも発表。株主優待制度も変更し、優待対象が広がるなど実質拡充となります。株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から引き続き買い優勢との見方が強いです。



[3111]オーミケンシ 
[2部]業種:繊維製品
終値457円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

紡績名門。セルロース、機能性レーヨンに強み。生活創造事業や不動産事業も。 本日ストップ高です。今朝の日経新聞地方版や昨晩の日経新聞電子版で、同社はパンクしても一定距離走行可能な「ランフラットタイヤ」向けの新素材を開発したと報じています。EV向けなどの需要を見込み、2021年度中の実用化を目指すとのことです。赤字体質の改善に向けた事業転換の柱に育てたい考えだとのことです。今冬にもタイヤメーカーへのサンプル出荷を始めるとのことで好材料視されています。超小型株ということもあって、実際に実用化出来れば見直し余地も大きいとの見方から買いを集めています。この材料でどこまで買われるのか明日以降の動向が注目されます。



[6199]セラク 
[1部]業種:サービス業
終値1,450円/前日比+103円
Yahooの株価リンクはこちら

ITソリューションを提供、支援サービス。業務請負から派遣、ハードウェアの開発も。 本日寄り直後からの商いを伴う急伸で大幅続伸し、1ヵ月ぶりに年初来高値を更新しました。2020年3-5月期はトップラインが2割近い伸びを確保し、本業の儲けを示す営業利益も前年同期比25%増の3億100万円と大幅に拡大。2020年8月期決算期末が迫っていますが、同社が計画する営業利益7億7,000万円は上振れする公算が大きいと見られています。全体軟調相場の中、大口買いを交え上値を追っており、上昇余地は残されていそうです。



[3915]テラスカイ 
[1部]業種:情報・通信業
終値5,300円/前日比+665円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドシステムの導入支援や開発。セールスフォースと提携。LINEがカスタマーサポートに採用。 本日大幅高となり上場来高値を更新し、一時ストップ高まで買われました。引き続き米セールスフォースの好決算が刺激になっています。日本時間で昨日の朝方にセールスフォースが好決算を発表しており、昨日も同社株は買われましたが、昨晩のNY市場でセールスフォース株が26%も急騰したことで、改めて刺激になったようです。同社はセールスフォースのクラウドシステム導入支援を手掛けており、関連株として見直されています。同社の業績も好調で、株価も7月の決算発表以降、随分と買われてきていましたが、セールスフォースの決算を受け今後の業績への期待も改めて意識された様子です。明日以降も強い動きを続けられるか注目されます。



[3671]ソフトマックス 
[M]業種:情報・通信業
終値938円/前日比+85円
Yahooの株価リンクはこちら

総合医療情報システムの開発。病院向けウェブ型電子カルテ、会計システムが主力。 本日付の朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、買い先行スタートから大幅続伸しました。電子カルテ導入が遅れる中規模病院向けで拡販を進め、今後の市場開拓余地も大きいと見られており、出遅れ修正狙いの買いが流入、事情通筋の買いも相俟って急騰に繋がっています。株価は朝刊レポートでも指摘していましたように、75日移動平均線ブレイクで一気に加速、日足一目均衡表の雲も突き抜けており、新たな中期トレンドが発生する可能性も出てきています。



[6920]レーザーテック 
[1部]業種:電気機器
終値8,110円/前日比-400円
Yahooの株価リンクはこちら

液晶・半導体検査装置が主力。マスクブランクス検査装置でシェア独占。 本日大幅安です。クレディスイス証券のレポートが売り材料に繋がっている模様です。それによれば、同社の顧客であるオランダの露光装置大手ASMLが、EUVマスクブランクス欠陥検査装置のサプライヤーとして、同社と競合の米KLA社の2社をイベント資料に記載していることを確認したと指摘しています。詳細は不明ながらKLA社の欠陥装置開発が進展している可能性があると分析している模様です。実際にKLA社が欠陥装置開発となれば、独占だった同社のシェアが低下することになり、過度な高成長期待が後退するとの見方から売られているようです。ただ、後場は下げ渋り押し目買いも見られています。今後の動向が注目されます。



[6779]日本電波工業 
[1部]業種:電気機器
終値401円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶関連専業で世界大手。小型製品に力。国内と中国に生産拠点。 本日後場買い気配スタートから急伸し、ストップ高まで買われました。同社は本日午後に新型コロナウイルス抗原検査用センサーおよび機器の開発を進めると発表。埼玉医科大学と研究契約を締結し、「QCM法によるSARS-CoV2抗原検出法の有用性の検証」として実証試験を実施するもので、今後は実験結果を活用して製品化を目指し、早急に開発を進めるとしています。本日の株価は月初3日の戻り高値378円を更新したあとも高値を伸ばし、シコリの多いゾーンをクリアしてきています。



[4100]戸田工業 
[1部]業種:化学
終値2,496円/前日比+256円
Yahooの株価リンクはこちら

磁性粉末材料で首位。リチウムイオン電池正極材に注力。酸化鉄ベース素材開発。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、「次のテスラ、日本では 部品や素材に物色の兆し」との記事が掲載されており、その中で日本でもテスラなどとの取引で恩恵を受ける銘柄への注目が高まりつつあるとのことで、EVに搭載するリチウムイオン電池向け素材を扱う同社の株価も堅調だと紹介されています。この記事を受けテスラ関連という見方に繋がったようで、本日は改めて見直し買いに繋がったようです。小型の貸借銘柄ということも買いが集まり易い要因になっているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[5218]オハラ
終値2,979円/前日比+67円
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に決算を発表。2018年10月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比74.8%増の27億円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の29億円から38億円に31.0%上方修正し、増益率は29.3%増から69.5%増に拡大する見通しとなりました。また、5-7月期の連結経常利益も前年同期比37.7%増の12.2億円に拡大し、売上営業利益率は前年同期の11.5%から15.0%に大幅上昇しています。
以前の記事





[6049]イトクロ
終値6,810円/前日比+370円
Yahooの株価リンクはこちら 

SMBC日興証券は13日付で、投資判断「2」を継続、目標株価は5,430円から6,100円に引き上げています。引き続き塾関連事業が堅調であることに加え、2019年10月期からの学校関連事業収益化に向けた準備が着々と進んでいることから、今後は学校関連事業においても塾関連事業並みに1件当たり送客手数料が収受出来るか否かがバリュエーションの決定要因となってくるだろうとコメントしています。




[5301]東海カーボン 
終値2,033円/前日比+66円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は13日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は2,790円から2,880円に引き上げています。黒鉛電極の中国勢増産懸念が株価のディスカウント要因と見るものの同証券では、中国環境規制強化に伴う黒鉛電極の需給タイト感は根強く値崩れリスクは小さいと見ているとしています。
以前の記事


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[5301]東海カーボン 
終値2,008円/前日比+98円
Yahooの株価リンクはこちら 

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は5日付で、レーティング「オーバーウエート」、目標株価は2,790円でカバレッジを開始しています。中国勢による黒鉛電極の増産懸念が株価のディスカウント要因となっているものの、中国環境規制強化に伴う黒鉛電極の需給タイト感は根強く値崩れリスクは小さいとしています。






[4673]川崎地質
終値---円/前日比---円【2,233円 (18/07/05)】
Yahooの株価リンクはこちら 

同社は本日引け後に業績修正を発表。2018年11月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の1.7億円から2.2億円に31.8%上方修正し、増益率は9.0%増から43.6%増に拡大する見通しとなりました。前期からの繰越受注業務の完成促進に加え、積極的な技術提案を行った結果としています。






[4208]宇部興産
終値2,856円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は5日付で、投資判断「3」を継続、目標株価は3,200円から3,230円に引き上げています。化学事業の定修が連結利益に与える影響度が比較的大きいものの連結営業利益の成長率を2019年3月期、2020年3月期予想の2期間で見ても年率2%弱であり、特に高いとは言えないとコメントしています。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ