株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4880]セルソース

[6966]三井ハイテック 
[1部]業種:電気機器
終値8,580円/前日比+1,500円
▼クリックで株探ページ▼

ICリードフレームで首位級。モーターコア製造も。金型の精密加工技術に強み。 本日大きな窓を空け続急騰し、年初来高値を大幅に更新してストップ高まで買われました。同社は先週末10日引け後に、2022年1月期の連結業績予想について発表。売上高を1,234億円から前期比38.5%高の1,348億円へ、営業利益を80億円から同3.1倍の116億円へ、純利益を56億円から同3.0%増の78億円へ上方修正しています。本日の株価は高寄り直後に急速に押し戻されるも前場10時以降はストップ高近辺での値動きを続けており、新ゾーンに突入しています。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値859円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。先週末10日の日経新聞一面では、ファミリーマートは無人のコンビニエンスストア店舗を2024年度末までに約1000店出すと報じられています。本格的な無人店の大規模展開は日本で初めてとのことで、一連のシステムは無人店技術を開発するTOUCH TO GOのノウハウを使うとのことです。TOUCH TO GOは同社とJR東日本グループ企業との合弁企業でファミリーマートも出資している。ファミリーマートが本格的に無人店舗拡大するとのことで、TOUCH TO GOはいよいよ収益に結びついてくるのではと期待する向きも多く、本日は同社株を見直す買いが殺到しています。今回の材料でどこまで同社株が買われるか、明日以降の動向が注目されます。



[7505]扶桑電通 
[2部]業種:卸売業
終値3,490円/前日比+430円
▼クリックで株探ページ▼

富士通系ディーラー。通信・電子機器の販売と保守の両輪。システム構築なども。 本日寄り前から大量の買いを集め3営業日大幅続伸で年初来高値を更新し、一時ストップ高まで買われています。同社は先週末10日引け後に、2021年9月期の期末配当予想を20円から111円へ増額修正しました。普通配当20円に加えて、業績連動配当として特別配当91円を実施します。なお、年間配当は131円になる予定です。本日の株価は8月16日ザラ場の年初来高値を上回り、ストップ高で寄り付くも大陰線での引けと目先、どのレベルを固められるかが勝負になってきます。



[6258]平田機工 
[1部]業種:機械
終値7,320円/前日比+440円
▼クリックで株探ページ▼

生産設備の製造販売会社。自動車、半導体、家電関連など。産業ロボットも。 本日大幅上昇です。同社は先週末10日に、北米の新興EVメーカーから電気自動車関連設備の大型案件を受注したと発表。受注金額は合計約40億円とのことです。受注した設備は、EV車用ドライブユニットの組立ラインで、既に設計フェーズに入っており、工事進行基準により設備の完成まで順次売上を計上するとのことです。今回の案件の一部は今期業績予想に織り込んでいますが、来期以降の業績にも寄与することを見込んでいるとのことです。相手企業は守秘義務があるとのことで明らかにしていませんが、市場ではテスラとの思惑です。ただ、米国には新興EVメーカーは結構多く、何れにせよ今後も継続的な受注もあり得るのではと期待する向きもいるようです。



[4880]セルソース 
[M]業種:医薬品
終値20,270円/前日比+2,810円
▼クリックで株探ページ▼

脂肪・血液由来の細胞加工など再生医療関連や化粧品の開発・販売。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発し、上場来高値を更新しています。同社は先週末10日に、2020年11月~2021年7月期業績を発表。営業利益が前年同期比2.7倍の6億7,800万円と高水準の伸びを達成しました。また、10月末現在の株主を対象に1株を3株にする株式分割を実施することも併せて発表しています。本日の高寄り後の一段高で株価は完全に居所を変えており、青天井相場が視野に入ってきたと言えそうです。



[7203]トヨタ自動車 
[1部]業種:輸送用機器
終値9,795円/前日比-164円
▼クリックで株探ページ▼

世界首位級の自動車メーカー。国内も高シェア。環境技術で優位。提携を加速。 本日軟調です。同社は先週末10日に、10月も世界生産台数を減産すると発表。9月も追加で7万台減産し、10月は4割減の33万台減産するとのことです。更に年間の生産も930万台から900万台に下方修正しています。8月には9月の世界生産を4割減産すると発表し、同社株は大きく売られたものの、年間生産台数は据え置いたことから、それが安心感に繋がり、株価は戻り基調となっていました。しかし結局、年間生産台数を下方修正してきたことから、改めて失望されています。これを受け三菱UFJモルガン・スタンレー証券ではネガティブサプライズだと指摘しています。11月以降も減産される恐れがあり、明日以降下げ渋りが見られるか注目されます。



[6962]大真空 
[1部]業種:電気機器
終値4,550円/前日比+690円
▼クリックで株探ページ▼

水晶デバイス大手。音叉型など高シェア。人工水晶素材から一貫生産。 本日大幅買い気配スタートから続急伸し、年初来高値を更新しています。同社は先週末10日引け後に、10月31日を基準日として1株を4株に株式分割すると発表しました。投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大と市場流動性の向上を図ることが目的とのことで、効力発生日は11月1日となります。本日の大幅高で株価は6月の年初来高値を更新したものの、同レベルで伸び悩んで終えており、早期に明確に上放れなければ戻り売りに押されることになりそうです。



[3186]ネクステージ 
[1部]業種:小売業
終値2,402円/前日比+158円
▼クリックで株探ページ▼

中古車販売大手。東海から全国展開。車種別専門店や新車販売店も。 本日大幅高となり、上場来高値を更新しています。トヨタ自動車が再び減産を発表したことが刺激になっています。トヨタ自動車でもこれだけの減産を余儀なくされたことから、他社メーカーはもっと減産する可能性も高いとの見方が多く、それにより新車の供給が乏しくなり、中古車の旺盛な需要はまだまだ続くとの見方に繋がっています。それだけに同社株には追い風になっているようです。なお、同社は10月4日に3Q決算発表を予定しており、再び好決算が発表されると期待する向きも多いようです。やはり中古車販売を手掛ける[7599]IDOMも確り買われており、高値を更新しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4662]フォーカスシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,050円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

独立系ソフト開発会社。官公庁などからの受託開発が主力。セキュリティーに強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、三次電池に関して特定の物質を電極に利用することで安定した電圧を繰り返し得ることに成功し、特許を出願したと発表。三次電池を起電力としたIoT機器を稼働させる実証実験などを進め、あらゆるデジタル機器に利用可能なコア技術の開発を目指すとしています。株価は年初来高値を更新し、新値追いが期待されます。



[7078]INCLUSIVE 
[M]業種:サービス業
終値1,451円/前日比+98円
▼クリックで株探ページ▼

メディア企業のネットサービス運営支援。企画、制作から収益化支援まで。 業種 本日久しぶりに派手に物色されており、一時ストップ高を付けています。同社は場中に各界の有識者が書き下ろすコンテンツをサブスクリプション形式で配信するニュースレターサービス「WISS」を7月1日にローンチすると発表。プレローンチとして、6月24日にサービスオープンを行い、堀江貴文氏のニュースレターの先行配信を開始するとのことで好材料視されています。同社株は4月に天井を付けたあとは大きく株価調整していただけに、見直し買いのキッカケになった様子です。これを機に再び上昇基調になってくるのではと期待する声も聞かれましたが、日柄調整がまだ足りず上値は重いと見る向きも多いようです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値936円/前日比+85円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日買い気配スタートから6連騰し、年初来高値を大幅に更新しました。同社は昨日引け後に、複雑なネットワーク上での株主間の影響力を持ち株比率から解析し、支配力の伝搬を把握するための「株主支配ネットワーク解析ソリューション」の提供を開始したと発表。経済安全保障に関わる国策や企業の事業/R&D戦略の策定のキーとなる解析を提供するソリューション群の第2弾として提供するとしています。次なる株価目標は、2020年6月高値1,056円ということになります。



[4880]セルソース 
[M]業種:医薬品
終値16,500円/前日比+3,000円
▼クリックで株探ページ▼

脂肪・血液由来の細胞加工など再生医療関連や化粧品の開発・販売。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年10月期の単独業績予想について発表。売上高を25億3,900万円から前期比51.5%増の28億1,000万円へ、営業利益を5億7,300万円から同82.9%増の7億5,900万円へ、純利益を3億5,600万円から同73.0%増の4億7,400万へ上方修正しています。本日の株価は新値更新後も上値を追っており、青天井相場入りの可能性もありそうです。



[7033]マネジメントソリューションズ 
[1部]業種:サービス業
終値2,281円/前日比+197円
▼クリックで株探ページ▼

企業にプロジェクトマネジメント支援サービス提供。付帯する研修計画やテレワークでも。 業種 本日大幅上昇です。同社は昨日、前年同期比大幅増収で黒字転換となる2Q決算を発表。四半期ベースの2-4月期は前四半期の11-1月期比では大幅増収増益となっています。通期売上計画に対する2Q進捗率はほぼ例年通りですが、サプライズ感が乏しいとのことで、朝高後は売られる動きになっています。ただ、売り一巡後は確りと買われて大きく値を伸ばしています。同社は2Q見通しは出していませんが、決算説明資料によれば2Qまでの売上はほぼ計画通りながら、営業利益は計画を大幅に上回って着地したとのことです。また、この決算を受けいちよし証券が本日付けで強気レポートを出しており、それも追い風になったようです。同証券では、コンサルタントの採用が予想以上に順調と見られ、業績予想とフェアバリューを引き上げています。それにより投資判断は「A」継続でフェアバリューを3,300円まで引き上げました。明日以降上場来高値を取りに行けるか注目されます。



[2370]メディネット 
[M]業種:サービス業
終値88円/前日比+30円
▼クリックで株探ページ▼

東大医科研発のVB。医療機関にがん免疫細胞療法の総合提供サービス展開。 本日ストップ高まで買われました。同社は昨日、ヤンセンファーマと治験製品製造のための細胞調製に関する契約を締結したと発表。それ以外、詳細は一切書かれておらず取引先との契約上、現時点ではこれ以上の開示が出来ないとのことで、問い合わせても回答は出来ないとのことです。ただ、ヤンセンファーマは世界最大のトータルヘルスケアカンパニーで、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門とのことだけに、そことの契約締結だけに好材料視されているようです。低位株ということも短期資金集まり易かった様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。



[3461]パルマ 
[M]業種:不動産業
終値762円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

トランクルームの滞納保証が軸。レンタル施設の開発、運営、仲介も。ディア・ライフ系。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[6178]日本郵政グループの日本郵便輸送と取引開始で合意したと発表。日本郵便輸送の旧綾瀬北営業所跡地の有効活用のため、同社のネットワークを通じ、新しいアウトドアの生活スタイルを提案する拠点「AYASE AR GARAGE」として利用します。なお、2021年9月期業績への影響は軽微としています。株価は一時ストップ高を付けましたが、上昇幅を縮小して終えており、調整入りも想定されます。



[4934]プレミアアンチエイジング 
[M]業種:化学
終値13,640円/前日比-2,260円
▼クリックで株探ページ▼

「DUO」「CANADEL」シリーズなど基礎化粧品の製造・販売を手掛ける。 本日大幅安です。同社は昨日、3Q決算を発表。売上高は前年同期比で+63.1%、営業利益は前年同期比で+433.1%と大幅増収増益になっています。ただ、2-4月期は前四半期(11-1月期)比で4.4%増に留まり伸びが鈍化しており、2Q(11-1月期)決算の売上高伸び率は12.3%で、物足りないとの見方が多い様子です。それに通期業績は据え置かれており、上方修正期待が強かっただけに失望されています。4Qにはカナデルおよび中国子会社への広告投資を予定しているため、通期業績は据え置いたとのことです。株価は高値圏にあったということもあり、本日の下落はやむを得ませんが、更に売られれば中長期資金が買いに来るとの声も聞かれました。目先どこで下げ止まれるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7095]マクビープラネット 
[M]業種:サービス業
終値6,510円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

Webデータを活用したマーケティング分析サービス「ハニカム」展開。成果報酬が主。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末11日引け後に決算を発表。2021年4月期の連結経常利益は前期比2.2倍の7.8億円に急拡大し、従来予想の6.1億円を上回って着地。2022年4月期も前期比27.4%増の10億円に伸びを見込み、6期連続で過去最高益を更新する見通しです。株価は本日25日・75日両移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[6966]三井ハイテック 
[1部]業種:電気機器
終値5,020円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

ICリードフレームで首位級。モーターコア製造も。金型の精密加工技術に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末11日引け後に大幅増収増益の1Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。今期営業利益は従来予想の47億円から80億円に上方修正しており、市場コンセンサス約55億円を大きく上回っています。EV向け駆動・発電用モーターコアなどの受注が好調とのことです。上方修正したものの、1Qの数字からも依然として保守的だと言え、再度の上方修正もあるとの見方も多い様子です。明日以降、年初来高値5,340円を超えてくるか注目されますが、既に時価総額が2,000億円近い銘柄だけに過度な期待は禁物との声も聞かれました。



[3663]アートスパークHD 
[2部]業種:情報・通信業
終値3,465円/前日比+290円
▼クリックで株探ページ▼

ソフト開発会社。車載機器向けソフトや3D動画向け、イラスト制作ソフトが主力。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き、急反騰しました。同社は本日11時30分に5月度月次事業進捗レポートを公表。マンガ・イラスト・アニメーション制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT」の累計出荷本数が前月比48万本増の1302万台となり、出荷本数が順調に積み上がっています。アジア圏を中心に上旬の日本のゴールデンウィークや韓国のこどもの日などに合わせ、各種セールスプロモーション施策を行ったことが奏功したようです。本日の株価急騰で、先月末からの下げが調整であったことを印象付けています。



[4431]スマレジ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,900円/前日比+520円
▼クリックで株探ページ▼

小売店向けクラウド型POSレジ「スマレジ」の開発・販売。中小事業社需要に注力。 本日大幅上昇です。同社は先週末11日に本決算を発表。今期見通しは大幅減益計画で、11日のPTS夜間取引ではマイナス圏での推移となっていました。ただ、本日は朝から買い優勢で始まっており、寄り後は大きく値を伸ばす展開になっています。同社は本決算と一緒に長期ビジョン・中期経営計画の更新を発表しており、その中で中期経営計画のサブスクリプション売上高計画が上方修正されています。前期実績は20.7億円で計画を超過しており、今期は27.0億円計画、2023年4月期は36.7億円、2024年4月期には50.0億円に、それぞれ上方修正されています。また、本決算も見た目の数字程悪くないと見受けられ、前期の平均解約率は過去最低水準の0.66%を達成しており、今期大幅減益計画もマーケティング・広告・採用などの予算を前期比で2.5倍超となる6.92億円に増やすだけに改めて今後の成長期待から買いに来ている向きも多い様子です。



[3038]神戸物産 
[1部]業種:卸売業
終値3,170円/前日比+343円
▼クリックで株探ページ▼

業務用食品スーパー全国展開。個人客も多数。ビュッフェレストラン、総菜店運営も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線で急反発しています。同社は先週末11日引け後に、2021年10月期の連結業績予想について発表。売上高を3,410億円から前期比5.0%増の3,580億円へ、営業利益を248億円から同23.3%増の294億円へ、純利益を160億円から同32.9%増の200億円へ上方修正し、併せて15円を予定していた期末一括配当を20円に引き上げると発表しました。目先の株価は、4月23日の直近高値3,180円を視野に捉えており、この更新の有無が方向性を左右しそうです。



[6787]メイコー 
[JQ]業種:電気機器
終値3,230円/前日比+268円
▼クリックで株探ページ▼

プリント配線板製造大手。車載向け、スマホ向けが主軸。中国、ベトナムに生産工場。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。同社は先週末11日引け後に東証1部への市場変更が承認されたと発表。6月18日付けで東証1部銘柄になります。東証1部銘柄になれば、来月末でTOPIXに組み入れられるため、パッシブファンドなどによる買い需要が期待されます。それだけに素直に好感されています。ただ、同社は既に3月8日に東証本則市場への市場変更申請を行ったと発表しており、申請後およそ3ヵ月経つことから、そろそろ承認されるとの期待も強かったと言えます。それだけに目新しさは無いものの、先月同社は好決算を発表していましたが、買い一巡後は上値の重い展開を続けていたこともあり、見直すキッカケとなった面もあるようです。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[8013]ナイガイ 
[1部]業種:繊維製品
終値385円/前日比+51円
▼クリックで株探ページ▼

靴下老舗。機能性、高級品に強み。百貨店中心からECなど販路多角化。 本日買い先行スタート直後に商いを伴って急伸し、大幅続伸しています。同社は先週末11日引け後に、2022年1月期第1四半期の連結決算を発表。営業損益が前年同期5億9,000万円の赤字から5,500万円の黒字に浮上しました。コロナ禍の生活スタイルの変化に対応した商品の販売に注力した他、購買利便性を向上させる新たな販売手法に着手するなど売り上げ拡大に取り組んだことが功を奏したようです。目先の株価目標は当然、3月18日に記録した399円ということになります。



[3231]野村不動産HD 
[1部]業種:不動産業
終値2,872円/前日比-138円
▼クリックで株探ページ▼

総合不動産大手。「プラウド」ブランドの分譲マンションと不動産投信に強み。 本日後場から売られています。FRIDAYデジタルが、『野村不動産 「超高級タワマン」のトラブルに購入者が大激怒』との記事を公開。総戸数716戸で商業施設直結、ファミリー層に人気の再開発エリアに完成した「億ション」で大トラブルとの記事で、「設計図と違う! 耐火、耐水、防音設備に重大な欠陥があることが次々に判明」と書かれています。施工は清水建設で、両社はマンションの理事会で「施工不良」を認め、購入者に謝罪したとのことです。両社は「設計図通りに変更する」と言い、補償はこれから協議していく予定とのことです。この報道が市場に伝わり、後場から売り材料視された様子です。関連の[1803]清水建設も大幅安で、短期資金による一時的な売りに留まるのか、それとも中長期投資家やファンド勢などの機関投資家売りが出てくるのか、明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2926]篠崎屋 
[2部]業種:食料品
終値136円/前日比7円
▼クリックで株探ページ▼

豆腐の企画・製造・販売。首都圏中心に「三代目茂蔵」を展開。小売に特化。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。非開示だった2021年9月期第2四半期累計の業績予想は経常利益が前年同期比2.5倍の5,600万円に拡大する見通しと発表。同時に従来未定としていた上期配当を見送る方針を示し、通期予想は引き続き非開示としています。120円近辺で揉み合いとなっていた株価の刺激材料となりましたが、過熱感も懸念される水準に達しており、注意が必要です。



[7363]ベビーカレンダー 
[M部]業種:サービス業
終値10,050円/前日比+1,500円
▼クリックで株探ページ▼

出産・育児向けの情報メディアや産婦人科向けの経営支援事業を手掛ける。 本日ストップ高です。直近IPOで上場後は方向感の乏しい展開を続けていましたが、本日一気に引け値ベースでの高値を超えてきています。今朝の日経新聞での『首相「子ども庁」検討指示』との報道が刺激になっている様子です。この報道を受けて、本日は子育て関連株に買われている銘柄が目立っています。同社は妊娠や出産、育児に関する専門サイトおよびアプリ「ベビーカレンダー」を運営しており、追い風になるのではとの思惑に繋がっている模様です。更に同社株は直近IPOということもあって、動意付けば短期資金も集まり易く、派手に物色された格好です。これを機に来週、上場来高値を超えてくるか注目されます。なお、子育て関連として他にも[2749]JP HD、[7358]ポピンズHD、[2152]幼児活動研究会、[7037]テノ.HD、[6557]global bridge HD、[7084]Kids Smile HDも買われました。



[3865]北越コーポレーション 
[1部]業種:パルプ・紙
終値558円/前日比+44円
▼クリックで株探ページ▼

総合製紙中堅。上質紙・白板紙が2本柱。新潟工場は高効率。紙加工に注力。 本日寄り前から大量の買いものを集め5営業日ぶりに急反発し、年初来高値を更新しています。香港の投資ファンドであるオアシス・マネジメントが1日付で関東財務局に大量保有報告書を提出したことが明らかになりました。報告書によると、オアシスの同社株保有比率は5.28%となり、新たに5%を超えたことが判明しています。本日の株価は高寄り直後に急速に押し戻されるも、その後再び上値を追うという流れで終えており、週明け引き継げるか否かが焦点になりそうです。



[6855]日本電子材料 
[1部]業種:電気機器
終値2,149円/前日比+216円
▼クリックで株探ページ▼

半導体検査器具大手。ウエハー検査のプローブカードに強み。海外比率高める。 本日大幅上昇です。久しぶりに動意付いています。本日も[8035]東京エレクトロンなど半導体関連株が朝から買われており、それが刺激となって同社株など中小型の半導体関連株にも見直し買いが入ってきた様子です。主力系半導体関連株は既にかなり買われてきて高値圏にあるものも少なくないだけに手掛け難さも出てきており、比較的出遅れている中小型半導体関連株を見直す動きが強まってきたようです。これを機に来週以降、上昇基調を続けていけるか注目です。本日は他にも[6890]フェローテックHD、[6668]アドテックプラズマテクノロジー、[4369]トリケミカル研究所、[6264]マルマエ、[7717]ブイ・テクノロジー、[6315]TOWA、[6323]ローツェ、[6871]日本マイクロニクス、[8155]三益半導体工業なども買われています。



[4880]セルソース 
[M]業種:医薬品
終値13,690円/前日比+1,420円
▼クリックで株探ページ▼

脂肪・血液由来の細胞加工など再生医療関連や化粧品の開発・販売。 本日買い気配スタートからの一段高で大幅3連騰し、上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、[4554]富士製薬と不妊治療領域で事業提携すると発表しました。同社は2020年に産婦人科領域に参入し、不妊治療を目的とした同サービスの提供を開始。今回の提携を通じ、富士製薬が同社の血液由来加工受託サービスについて販売支援を行うとのことです。本日の株価は高値圏を維持して終えており、青天井圏を駆け上がる可能性も出てきています。



[4052]フィーチャ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,586円/前日比+79円
▼クリックで株探ページ▼

先進運転支援システムなど画像認識ソフトウェアの開発を手掛ける。 業種 本日大幅上昇です。昨晩共同通信が、国交省は1日に自動車後方の状況が確認出来るバックカメラか、センサーの装備を自動車メーカーに義務付ける方針を明らかにしたと報じています。道路運送車両法に基く保安基準を6月に改正し、早ければ来年5月以降に販売する新車へ適用するとのことです。これを受け関連株として買われている模様です。同社の主要販売先である[6632]JVCケンウッドも買われています。他にも[6697]テックポイント、[6629]テクノホライゾンなども関連株として買われているとの見方です。何れも業績への影響は限定的になりそうだとの見方も多く、物色が続くネタにはなり難いとの声も聞かれました。



[6858]小野測器 
[1部]業種:電気機器
終値606円/前日比+57円
▼クリックで株探ページ▼

デジタル計測機器メーカー。回転・振動・騒音計で最大手。自動車業界向け主軸。 本日後場急伸して大幅反発し、一時ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。同社は本日、高分解能・高応答な計測が可能で化石燃料では不要だった耐腐食性能が求められるアルコール混合燃料にも対応した新型流量検出器「FPシリーズ」を開発したと発表しています。本日の株価は大陽線も長い上影を残しており、2月2日からのパターンとなるのか、早期に本日高値奪還に向かうのか、週明け早々の反応が重要になります。



[6036]KeePer技研 
[1部]業種:サービス業
終値2,200円/前日比-239円
▼クリックで株探ページ▼

自動車ボディーのコーティング材料を販売。直営、FC店も展開。施工技術支援も。 本日大幅安です。同社が昨日引け後に発表したキーパーラボ運営事業の月次が嫌気されている模様です。3月の既存店売上高は前年同期比29.5%増となったものの、1月の48%増、2月の44%増から伸び率が鈍化しています。3月は毎週末のように降る春の嵐による大雨の影響が響いたとのことで、リピート客が少し買い控えをして、4月にズレ込んでいるようです。しかし、天候の影響を受けた結果のため、同社は全く心配はしていないとのことで、4月への予約に繋がっているとのことです。ただ、同社の株価は上場来高値水準にあったこともあり、本日は出尽くし的な動きもある様子です。更に下げれば買いも入ってくると見る向きは多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4880]セルソース 
[M]業種: 医薬品
終値27,590円/前日比+5,000円
Yahooの株価リンクはこちら

再生医療のプラットフォームとして、法規対応支援・新治療の開発等を手掛ける。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年10月期第3四半期累計の経常利益は前年同期比12.6%増の2.5億円に伸びました。7月の単月加工受託件数が過去最高となるなど、加工受託件数が増加したことで再生医療関連事業の売り上げが伸長しました。また、10月31日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から引き続き買い優勢との見方が強いようです。



[6535]アイモバイル 
[1部]業種:サービス業
終値1,036円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

インターネット広告サービス事業。国内最大規模のアドネットワーク。ふるさと納税も展開。 本日ストップ高まで買われています。同社が昨日引け後に発表した本決算が好感されています。今期見通しは減収増益計画となっているものの、利益面では四季報予測を大きく上回っており、更に今期配当実施することも発表しています。初配となりますが、四季報では予測されていなかったこともあり、見直し買いに繋がっています。決算好感というよりも初配を好感した面が強いようです。無配株は買うことが出来ないファンドなどの機関投資家も少なくなく、配当を実施することで新たな投資家層が入ってくるとの見方もあるようです。また、同社はふるさと納税事業を手掛けていることから、スガノミクス関連との声も多く、決算発表通過で買い易さが出てきた面もあるようだとの声も聞かれました。来週も買いが続くか注目されます。



[6579]ログリー 
[M]業種:サービス業
終値4,890円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネイティブ広告に特化した配信プラットフォーム提供。記事解析で好みを推測・配信。 本日買い気配スタート後も一段高となり急反発し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、9月30日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しました。投資単位当たりの金額を引き下げることで、より投資し易い環境を整え、株式の流動性の向上と投資家層の拡大を図ることが目的としています。株価はいよいよ2019年1月に付けた上場来高値を視界に捉えた格好です。



[3323]レカム 
[JQ]業種:卸売業
終値123円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス向けの情報機器販売。日系企業進出に力。中国現法が業務受託運営。 本日大幅高です。一時140円まで買われる場面も見られました。前場後半に同社は、ウイルス除去・除菌装置「ReSPR」の在庫切れを発表。ReSPR製品について新型コロナウイルス感染拡大およびその予防対策として世界的に需要が急増しており、製造元や代理店からの供給が追いつかない状況になっているとのことです。同社は安定供給出来るよう在庫を確保していたものの、入荷が遅れているだけに国内では在庫が尽きてしまい顧客にお届け出来ない状況が生じているとのことです。この発表を受け想定以上に売れているとの思惑に繋がり物色材料となっています。ただ、入荷が遅れている状況では、機会損失に繋が るとの警戒もあり、物色も続き難いとの見方もあります。また、このウイルス除去・除菌装置「ReSPR」を販売すると6月に発表した際には、同社株は派手に物色されただけに、最早目新しくもないとの声も聞かれました。



[6533]Orchestra HD 
[1部]業種:サービス業
終値2,062円/前日比+257円
Yahooの株価リンクはこちら

運用型広告・SEOコンサルなどデジタルマーケティング事業やアプリ開発。個人向け進出。 終日右肩上がりの上昇を見せて大幅4連騰にて上場来高値を更新しています。新型コロナウイルス感染拡大を背景とした企業のテレワーク導入加速などデジタルシフトの動きを追い風に、2020年12月期の営業利益は前期比14%増の6億円を見込みますが、上振れる可能性も意識されているようです。本日は週末要因もある中、高値圏で終えており、青天井圏を駆け上がる可能性が出てきています。



[7906]ヨネックス 
[2部]業種:その他製品
終値657円/前日比+39円
Yahooの株価リンクはこちら

スポーツ用品大手。バドミントン、テニス、ゴルフが3本柱。バドミントンで圧倒的シェア。 本日大幅高です。開催中の全米オープンテニスで、大坂なおみ選手が女子シングルス決勝に進出。大坂なおみ選手は2年前にこの全米オープンで優勝しており、その時には同社株など関連株が物色された経緯があります。それだけに今回も優勝出来れば関連株物色が週明け期待出来るとの見方から先回り的に買われている模様です。対戦相手は世界ランキング27位のビクトリア・アザレンカ選手で大坂なおみ選手は世界ランキング9位ということもあって、優勝への期待も強い様子です。ただ、準決勝でアザレンカ選手は世界ランキング元1位(現在8位)のセレナ・ウイリアムズ選手に逆転で勝っての決勝進出であり11連勝中。大坂なおみ選手はアザレンカ選手と過去2勝1敗となっています。全米オープンテニスの放映権を取得しており、決勝も独占生中継する予定の[4839]WOWOWも確り買われています。



[5218]オハラ 
[1部]業種:ガラス・土石
終値1,235円/前日比+182円
Yahooの株価リンクはこちら

光学ガラス生産首位。デジカメ用光学レンズが主力。情報機器向けガラス素材も。 本日ギャップアップスタートから大陽線で急反発しています。同社は昨日引け後に、2020年10月期連結業績予想を発表。営業損益を25億円の赤字から22億円の赤字へ、最終損益を26億円の赤字から22億円の赤字へ上方修正しました。第3四半期の受注減少が想定よりも小幅に留まったことに加え、グループ全体でコストコントロールを徹底したことが寄与する見通しとしています。目先、株価は6月25日の直近高値1,288円近辺の売りものを払うと一段高相場へ向かいます。



[7095]Macbee Planet 
[M]業種:サービス業
終値4,065円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

データを活用したマーケティング分析サービスの提供を手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。昨日引け後に同社は1Q決算と一緒に未定としていた通期業績予想を開示。二桁増収計画ながら増益率は一桁に留まっています。四季報予測を大幅に下回っており、その四季報の業績予想が6月に明らかになってから、同社株は大きく買われてきたと言え期待感も強かった様子だけに、この数字では失望されるのも無理はないでしょう。今期見通しは保守的との見方が少なくないものの、暫くは手出しし難いとの声も多く聞かれました。次の決算を確認するまでは触り難くなったとも言え、目先どの水準で下げ止まれるのか来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3804]システムディ  [JQ]業種:情報・通信業
終値797円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

業務ソフトの開発・販売。学校法人向けとスポーツクラブ向け得意。自治体向けも。 本日大幅買い気配スタートからの大陽線で2営業日続伸し、ストップ高を達成しています。同社は昨日引け後に第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比30.4%増の6億3,700万円、営業利益は前年同期の1億5,000万円の赤字から100万円、最終損益は同1億800万円の赤字から収支均衡と営業損益が黒字転換して着地しました。学園ソリューション事業で「キャンパスプラン.NET Framework」や「キャンパスプランfor Azure」好調に推移。また、ウェルネスソリューション事業でもクラウド売り上げを中心としたストック収入が増加し業績拡大に貢献しました。本日の大幅高で株価は5日線を明確にブレイクしており、次のターゲットは200日移動平均線となりそうです。



[4572]カルナバイオサイエンス  [JQG]業種:医薬品
終値1,309円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

キナーゼタンパク質の製販や解析受託など創薬支援事業が主力。創薬へも展開。本日ストップ高まで買われています。昨日同社は、血液の癌を治療対象として開発中の低分子化合物について、中国企業に中国・台湾での開発・販売権利を供与すると発表。これにより同社は契約一時金を受け取り、今後の成果に応じて最大約2億500万ドル(215億円)を受け取れ、更に上市後の売上高に応じたロイヤルティも発生するとのことです。契約一時金は非開示ですが、業績への寄与が期待出来るだけに見直し買いに繋がっています。足元で売り込まれてきただけに買い易さもあった様子です。この材料で何処まで戻せるか注目されます。



[3665]エニグモ  [1部]業種:情報・通信業
終値654円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

個人輸入代行ソーシャル通販サイト「バイマ」運営。売買参加者の手数料が収益源。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年1月期の経常利益が前期比25.1%増の26.8億円に伸び、従来予想の24.5億円を上回って着地しました。2021年1月期業績予想は未定としていますが、第1四半期のソーシャルコマース事業の総取扱高は引き続き10%増程度で堅調推移すると見込んでいます。現時点で新型コロナウイルス感染症による業績への影響は見らていないようですが、ヨーロッパなどで急速に感染が拡大しているため、動向に注目が集まります。



[9325]ファイズHD  [1部]業種:倉庫・運輸
終値888円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

EC運営企業の物流センターの管理・梱包・配送まで受託。アマゾンが主要顧客。本日大幅上昇となり、ストップ高を付けています。米アマゾン・ドット・コムは16日、米国内の物流拠点や小売店で新たに10万人を雇用すると発表したと朝方に日経新聞電子版が報じています。新型コロナウイルス感染拡大で政府は外出を控えるよう求めており、ネット通販や食料品の宅配サービスの需要が高まっているためだとのことです。これを受け日本でもアマゾン需要が拡大しているとの連想に繋がり、関連株として同社株が買われています。ただ、同社株は既にそれを期待されて底堅い推移を続けており、今月の酷い地合いでも殆ど下げていません。明日以降上抜けてくるのか注目されます。



[4978]リプロセル  [JQG]業種:化学
終値313円/前日比+54円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオベンチャー。iPS細胞関連の研究試薬など東大・京大と研究。製造受託にも。本日売り気配スタート直後に急速に切り返して続急伸しました。同社は昨日引け後に、順天堂大学と進めているNEDO(新エネルギー・産業技術総合研究所)公募事業に関して、助成期間の延長と交付予定額の増額が決定したと発表。助成期間が、2020年3月31日までから2021年2月26日までへ延長された他、助成金額が2,333万5,000円から4,673万7,000円(同社受領額は未定)に増額されたとのことです。なお、助成金の受領額は事業終了後に確定する見込みで、2020年3月期業績への影響は無いとしています。本日の株価は25日移動平均線超の部分を影にしており、目先足場固め水準が注目されます。



[4554]富士製薬工業  [1部]業種:医薬品
終値1,054円/前日比+138円
Yahooの株価リンクはこちら

後発医薬品大手。不妊症治療剤と血管造影剤が主力。新薬・バイオ後発品も。本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、新型コロナウイルスの治療薬候補として膵炎などの治療薬「ナファモスタット」が、患者に試験投与されることが16日分かったと報じています。東京大学医科学研究所が週内にも投与して効果を調べる見通しだとのことです。以前、東大の井上純一郎教授らが「ナファモスタット」が、MERS(中東呼吸器症候群)コロナウイルスの感染を防ぐことを発見したと発表していただけに期待されている模様です。これにより、ナファモスタットを手掛ける同社株や[4541]日医工などが買われています。



[4880]セルソース  [M]業種:医薬品
終値9,310円/前日比+1,650円
Yahooの株価リンクはこちら

再生医療のプラットフォームとして、法規対応支援・新治療の開発等を手掛ける。本日確りした寄り付き直後から積極的な上値追いが見られ大幅連騰で、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、女性患者を対象とした不妊治療に用いられるPFC-FDの加工を医療機関より受託する事業を開始したと発表。また、2020年10月期第1四半期営業利益の1.24億円も併せて発表しています。前年同期比増減率は非公表で、再生医療関連事業で加工受託サービスやコンサルティングサービスの契約を締結した提携医療機関が増加した通期予想は前期比11.9%増の3.65億円で据え置きました。本日の大幅高で株価は、5日高値から13日安値までの急落分半値戻し水準を射程圏に捉えており、その後の一段高に期待が集まります。



[7616]コロワイド  [1部]業種:小売業
終値1,478円/前日比+134円
Yahooの株価リンクはこちら

外食大手。居酒屋「甘太郎」中心に直営展開。傘下にレインズやカッパクリエなど。本日大幅上昇です。今朝の日経新聞で、同社は株主優待を拡充すると報じられています。3月末時点の株主を対象に6月に発行する優待ポイントの発行額を2倍に増やすとのことで、株主優待拡充で集客のテコ入れを狙うとのことです。既に日経新聞電子版では、昨日の朝に報じられていましたが、日経新聞朝刊で報じられた他、朝方に同社が正式発表したことで改めて見直し買いに繋がったようです。優待権利取りも近いだけに押し目買いのキッカケとなった面もある様子です。同様に優待拡充を発表した同社傘下の[7421]カッパ・クリエイトも確りと買われています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ