株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4565]そーせいグループ

[9519]レノバ 
[1部]業種:電気・ガス
終値4,400円/前日比+420円
▼クリックで株探ページ▼

再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。 本日買い気配スタート後も一段高となり、大幅反発で上場来高値を更新しています。米ジョージア州上院決選投票で民主党候補が2議席を確保し、大統領・上院・下院を民主党が占めるトリプルブルー実現が確実となり、同社株の他、[1407]ウエストHDも9%強の上昇で初の5,000円大台乗せと太陽光発電関連のシンボルストックに位置付けられる2銘柄が何れも最高値を更新しました。株価は新値追いが続いていますが、目先はテーマ株動向を気にしながらの流れになりそうです。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[1部]業種:機械
終値790円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日寄り前から大量の買いを集めて急反発しています。米ジョージア州の上院決選投票は接戦の末、2議席共に民主党候補が制し、トリプルブルーを実現。これを受けてバイデン氏が掲げる政策が現実味を帯びたことで、米国で積極展開する同社に取っての追い風が改めて意識されている状況です。本日の株価は大幅ギャップアップスタート直後にストップ高にあと10円に迫る場面があったものの、結局大陰線引けとなりました。目先先ずは800円処を固めたい処です。



[3440]日創プロニティ 
[2部]業種:金属製品
終値1,180円/前日比+172円
▼クリックで株探ページ▼

金属加工メーカー。一貫オーダー加工に強み。メガソーラー用架台が牽引。建築パネルも。 本日一時ストップ高まで買われています。同社はメガソーラー用架台等建設資材の金属加工などを手掛けていることから、再生エネルギー関連株として物色されています。海外事業は行っておらずバイデン米政権で恩恵を受けることは無いものの、国内でも脱炭素の流れから同社事業に追い風との見方から買われています。また、同社株はPBR1倍割れ銘柄であり、キャッシュリッチで財務体質も悪くなく、企業価値的に割安感があった銘柄ということから、再生エネルギー関連株物色の流れを機に見直されているとの見方もあります。所謂是正相場になっている面もある模様でどこまで見直されるか注目されます。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値934円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日確りと上昇しています。昨晩、SBI証券が『「テンバガー」候補の新興銘柄を探せ〜現時点で条件を満たす銘柄は?』と題したレポートを公開しており、その1つとして同社株が取り上げられており、刺激になっているとの見方です。他にも[4053]Sun Asterisk、[4424]Amazia、[4482]ウィルズ、[7079]WDBココ、[7320]日本リビング保証が紹介されており、何れも本日買われています。テンバガーというワードで取り上げられた銘柄は物色されることが非常に多く、個人投資家の食い付きが非常に良いワードのため、明日以降も買いが続くのか注目されます。



[7004]日立造船 
[1部]業種:機械
終値665円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

ゴミ焼却発電設備を主柱に船舶用機器、シールド掘進機など。造船を分離。 本日大きく急伸して昨年来高値を更新しました。昨日引け後に、SMBC日興証券が同社株を投資判断「1」、目標株価800円で新規にカバレッジを開始しました。追加費用が相次いだ同社子会社Inovaや継続的事業の安定成長などを通じ、2025年3月期に25年振りとなる営業利益200億円達成を予想。なお、米上院選決選投票を受けて再生エネルギー関連銘柄に物色が向かってることも支援材料となっており、引き続き買い優勢の展開が期待されます。



[1431]Lib Work 
[M]業種:建設業
終値1,943円/前日比-64円
▼クリックで株探ページ▼

ネットで注文住宅の企画・設計から販売、施工、監理を展開。SCモールも出店。 本日軟調です。同社は本日前引け後に戸建住宅事業の受注速報を発表。それによれば10-12月累計で受注棟数は前年同期比234%、受注金額は208%となっており、その数字が好感されて後場特買いで始まる展開となりました。ただ、寄り後は2,230円まで付けたあと寄り天で上げ幅縮小の動きとなり、マイナス圏まで沈んで一段安になっています。7-9月累計が受注棟数270%、受注金額278%だっただけに、それと比べれば伸び率が鈍化していると言え、インパクトは乏しいとの見方も多いようです。同社株は2,000円付近で揉み合いを続けていましたが、本日の下落で下抜けの様相になっており、75日移動平均線も割り込んで引けたことから下落基調になってくるのではと警戒する声も聞かれました。



[3914]JIG-SAW 
[M]業種:情報・通信業
終値11,460円/前日比+970円
▼クリックで株探ページ▼

企業運営のクラウド・サーバー自動監視や保守業務。IoT組込やAI活用を展開。 本日前場11時前から商いを伴い急伸し、3営業日ぶりに大幅反発しています。同社は昨日、JIG-SAW USのエンタープライズ・レベルIoT「neqto: Bridge Wi-Fi Module」が、AWS(Amazon Web Services)デバイス認定プログラムを取得したことを発表。AWSのIoTマーケットプレイスにも掲載され、他のAWS IoTサービスとの簡単な統合利用が可能となりました。本日の大幅高で株価は、年初からの調整分を一気に取り戻しており、11月17日の昨年来高値11,900円ブレイクが目先最大の焦点となります。



[6195]ホープ 
[M]業種:サービス業
終値3,470円/前日比-580円
▼クリックで株探ページ▼

自治体広告や官民連携促進、電力供給等、自治体に特化したサービスを展開。 本日大幅続落となり、一時ストップ安まで売られました。足元で電力卸価格が大きく上昇してきており、調達コスト上昇による業績への悪影響が嫌気されて売り込まれています。それに加えて本日後場に北海道開発局が同社に対し、落札決定後に契約締結を辞退したことから指名停止3ヵ月の措置を行ったと伝わり嫌気されています。昨年12月17日に同社が落札した案件を入札金額に誤りがあっ たことを理由に契約を辞退した模様です。これを受け不正または不誠実な行為として、同社に対して指名停止措置を行ったとのことです。同社の信用問題に繋がることであり、今後電力販売事業に悪影響になるとの見方から失望されています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2927]AFC-HDアムスライフサイエンス 
[JQ]業種:食料品
終値798円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

健康食品の受託製造・販売。自社ブランド品を強化。通販や卸にも注力。 寄り前から大量の買いを集め、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなり、昨年来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年8月期第1四半期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比2.1倍の5億5,800万円となり、上半期計画5億7,000万円に対する進捗率は97.9%となりました。売上高は同20.3%増の46億3,700万円で着地しています。本日は差し引き600万株超の買い物を残しており、上値余地は残されていそうです。



[4565]そーせいグループ 
[M]業種:医薬品
終値1,764円/前日比+53円
▼クリックで株探ページ▼

創薬ベンチャー。がん治療薬など研究開発。M&Aで技術力強化。英国に展開。 本日確りと上昇しています。同社は昨日、開発品のアルツハイマー型認知症治療薬の研究開発権・販売権が、ライセンスアウト先のAbbVieから返還されたと発表。これが嫌気されて朝方は売られたものの、売り一巡後は切り返して買われる動きになっています。これを受けSMBC日興証券は、AbbVieが元々の導出先であるAllerganを買収したことで、開発方針が変わる可能性があったと言え、返還リスクは株価に織り込まれていると考えることが出来ると指摘。それだけにニュース自体はネガティブですが、同社株を評価する上では悪材料出尽くしとして捉えられるとコメントしています。実際、本日の同社株はそのような動きになった格好です。なお、野村證券が同社株を格下げしたことも伝わっていますが、嫌気する動きは限定的となっています。



[6366]千代田化工建設 
[2部]業種:建設業
終値303円/前日比+19円
▼クリックで株探ページ▼

三菱系の総合エンジニアリング大手。LNGプラント世界首位級。米LNGプロジェクト合意。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に、パプアニューギニアの国営石油会社クムール・ペトロリアムHD社から、浮体式LNG貯蔵再ガス化発電設備の基本設計業務を受注したと発表。なお、[9101]日本郵船とノルウェーのモス・マリタイム社との共同で設計業務を行うとしています。これを好感視する形で買いが流入し、目先は昨年6月に付けた322円を目指す動きにあります。



[3440]日創プロニティ 
[2部]業種:金属製品
終値1,008円/前日比+90円
▼クリックで株探ページ▼

金属加工メーカー。一貫オーダー加工に強み。メガソーラー用架台が牽引。建築パネルも。 本日10時台から商いを伴って急伸し、昨年来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は太陽電池アレイ支持架台やソーラーネオポートなど太陽光発電関連の製品を主力展開していることで注目されており、再生可能エネルギーの中でも主役の座を占める太陽光発電関連の一角として投資資金の攻勢が勢いを増しているようです。株価は2019年8月2日以来約1年5ヵ月ぶりの高値水準に浮上しており、ここまでくると上場来高値1,215円が強く意識されます。



[2932]STIフードHD 
[2部]業種:食料品
終値5,040円/前日比+375円
▼クリックで株探ページ▼

コンビニエンスストア向けに水産原料素材の調達から製造・販売までを手掛ける。 本日大幅上昇となり、上場来高値を更新しています。明日にも一都三県に緊急事態宣言が発令されると見られており、同社事業には追い風になるとの見方です。全ての飲食店は営業時間を20時まで短縮要請されると見られており、コンビニ需要は拡大するとの見方です。同社は主にセブン向けにおにぎり具材や水産食品など中食事業を手掛けていることから、業績には追い風になると期待されている様子です。コンビニはテレワークの増加が、都心部中心に利用客減に繋がるために逆風になりますが、それ以上に飲食店の時短営業は追い風になるとの見方が多いようです。明日以降も買いが続くか注目されます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値337円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、慶応義塾大学医学部から「子宮頸がんを対象とした腫瘍浸潤Tリンパ球(TIL)療法」のためのTIL製品製造にかかる業務を受託したと発表。今回の受託により、慶応大学から委託料などを受けることになります。会社側は同件が2021年12月期業績に与える影響は現在精査中としていますが、株価位置は低く、需給や相場付きが噛み合えば一段高もあるでしょう。



[6612]バルミューダ 
[M]業種:電気機器
終値5,480円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

スチームトースターやワイヤレススピーカーなど家電製品の企画・製造・販売を手掛ける。 本日ストップ高まで買われています。昨年12月のIPOラッシュ序盤組の銘柄で、上場後同社株は4連続ストップ高し、派手に急騰したものの、年末に掛けては調整していました。しかし、実質新年相場入りとなってから下げ渋っており、昨日辺りから再び物色資金が入ってきている格好です。一都三県に緊急事態宣言が発令されるとのことで、巣ごもり需要拡大は同社に追い風になるとの見方もあり、改めて見直す動きが出てきたとの見方です。ただ、足元で直近IPOは循環物色的になっており、上場後派手に物色された同社株は動意付けば短期資金も集まり易いだけに短期資金中心の物色との見方も少なくありません。明日以降も物色が続くか注目されます。



[4170]Kaizen Platform 
[M]業種:情報・通信業
終値1,725円/前日比+296円
▼クリックで株探ページ▼

ウェブサイトのUI/UX改善サービスの提供や、広告や販促動画の制作支援を行う。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われて上場来高値を更新しています。午前中に提出された大量保有報告書によれば、英国のロンドンを拠点とする資産運用会社のクープランド・カーディフが、同社株を大量保有していることが明らかになっています。クープランド・カーディフは以前から中小型の日本株に色々と投資しており、現在も[4435]カオナビや[3900]クラウドワークス、[4449]ギフティなどの新興銘柄 を大量保有しています。大量保有報告書によれば、公募売出で55万6500株(3.61%)取得し、上場初日の12月22日にも市場内で買付け、更に同23日と24日にも市場内で買い付けています。大量保有報告書から算出した平均取得価格は1,656円となっていることから、買い安心感に繋がった様子です。ただ、1,725円以上ではベンチャーキャピタルの売りが待ち構えているだけに、それを大きく越えていくのは短期的には難しいとの見方も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6635]大日光・エンジニアリング 
[JQ]業種:電気機器
終値640円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

電子基板実装、カメラ用レンズ組み立てが主軸。キヤノン向け中心。NCネットワークと提携。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、デンソーテン社の生産ラインを自社工場内に構築し、2021年から生産・供給を開始する契約を締結したと発表。また、栃木県那須烏山市に土地・建物を取得し、受託しているエレクトロニクス製品の生産を開始したことも明らかにしました。目先、12月10日に付けた715円を目指す動きに期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[6045]レントラックス 
[M]業種:サービス業
終値580円/前日比+33円
▼クリックで株探ページ▼

ネットの成果報酬型広告サービスや検索連動型広告代行。健康産業、不動産が多。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、11月の売上高が前年同月比57.8%増の10.44億円になったと発表。10月の同40.6%増から加速しており、高い伸び率を維持したことが好感されています。なお、4-11月の累計では79.06億円で、2021年3月期の売上高予想に対する進捗率は78.3%に達し、業績上振れを期待する買いも向かいました。ただ、後場からは売りに押されて上げ幅を縮小しており、慎重に動きを見たい処です。



[4565]そーせいグループ 
[M]業種:医薬品
終値1,745円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

創薬ベンチャー。がん治療薬など研究開発。M&Aで技術力強化。英国に展開。 本日確りと続伸しています。日経新聞電子版「記者の目」で同社が取り上げられ、企業紹介的な記事が書かれており、それが刺激になっているとの見方です。同社による新薬の共同開発戦略が、コロナ禍でも着実に進展していると書かれています。一般的なバイオベンチャーを大きく上回る12候補を世界の製薬大手などと開発中とのことで、それぞれの開発段階などに応じて得る収入が収益安定に繋がり、その資金を投じて更に開発を進める好循環を生み出しているとのことです。昨日朝発表の英GSK社との世界での研究開発提携やライセンス契約についても書かれており、目新しい内容は無いものの、この記事により同社の見直し買いに繋がっている様子です。明日以降も買いが続くのか注目されます。



[4570]免疫生物研究所 
[JQG]業種:医薬品
終値546円/前日比+46円
▼クリックで株探ページ▼

研究用試薬の製造販売・受託。抗体作製技術に定評。化粧品事業に参入。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に、抗体医薬品や診断薬候補の抗体作製などを手掛ける韓国のアブコンテック社と合弁会社を設立する事を発表。新型コロナウイルス治療薬について、中和活性の高い治療用抗体医薬品候補の実用化を目指して共同研究を開始する予定で、医薬品開発のスピードを加速させる事を目的としています。株価は一時600円までの上昇も見られましたが、75日移動平均線付近の上値は重く、25日線近辺での推移が見込まれます。



[1757]クレアHD 
[2部]業種:建設業
終値73円/前日比+6円
▼クリックで株探ページ▼

木造住宅建設やリフォーム等を手掛ける。給排水管が柱。太陽光事業に参入。 本日大幅高で、一時20円高の87円まで買われる場面も見られました。午前中に提出された大量保有保有報告書で、西山由之氏が同社株を5.02%保有していることが明らかになり、それが刺激になっているとの見方です。保有目的は純投資ですが、同氏は[9788]ナックの創業者で名誉会長、経団連理事でもある人物です。そのような人物が、同社株を買ってきたことから思惑に繋がっているようです。平均取得額は58.6円となっています。ただ、取得資金の大半が野村證券の信用取引であり、単なる短期投資ではとの見方も少なくありません。今後の同社株や同氏の動向が注目されます。



[9698]クレオ 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,400円/前日比+57円
▼クリックで株探ページ▼

アマノ、ZHD系、ソフト開発。受託開発とERP販売が柱。法人向けRPAサービスに注力。 本日全体下げ相場の中、続伸しました。同社が強みとするクラウドサービスでは人事部門のDX推進フレームワーク「ジームクラウド」を今月から販売開始しており、需要獲得が期待される状況にあります。業績も好調で、2018年3月期以降は利益高成長トレンドに乗っています。株価は16日の大陽線で75日移動平均線を上放れ、その後も継続的な買いを呼び込み揉み合い離脱を鮮明としています。目先は7月の戻り高値1,470円処がポイントになりそうです。



[4168]ヤプリ 
[M]業種:情報・通信業
終値4,500円/初値比-740円
▼クリックで株探ページ▼

プログラミング不要でスマートフォンアプリの開発などをする「Yappli」を運営。 本日新規上場したIPOです。同社はプログラミング不要でネイティブアプリを開発出来るクラウド型アプリ運営プラットフォーム「Yappli」の企画・開発・販売を行っています。目新しい事業で、SaaS関連、DX関連と言え、成長期待も抱かれ易いだけに人気化しやすいIPOのため、吸収金額170億円超もあり、VC(ベンチャーキャピタル)保有が多いにも関わらず初値は公開価格1.66倍の5,240円になりました。ただ、寄り後は値も保てずに売りに押される動きになっています。VCは上場時に多くを売り出したものの、保有株も残っており、ロックアップも公開価格1.5倍以上で解除されるだけにVC売りが継続的に出ていた模様です。既にロックアップ解除ラインは割り込んで引けているだけに、明日下げ渋れるか注目されます。



[7342]ウェルスナビ 
[M]業種:証券・商品
終値1,937円/初値比+212円
▼クリックで株探ページ▼

資産運用を全自動化したロボアドバイザーの開発や提供を行う。 本日新規上場したIPOです。同社は資産運用を全自動化したロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」を提供しています。12月7日時点で預かり資産3,200億円、口座数35万口座を突破しています。収入源は顧客の運用資産に掛かる手数料(年率1%)で、預かり資産に連動して増えていきます。顧客の大半が長期投資前提であり、老後2,000万円問題も追い風になって今後も預かり資産は右肩上がりで増えていくとの期待も強い様子です。それだけに同社の将来性に期待する向きも多く、強い買いが入っている様子です。同社の既存株主にはVCがズラリと並んでおり、多くのVCが上場 時に一部を売り出すも残りの保有株も多く、ロックアップは公開価格1.5倍以上で解除されます。その解除ライン1,725円で同社は初値を形成しています。上場後のVC保有株は約2650万株もあり、公開株数を大きく上回ります。その売りも1,725円以上では出ていると思われますが、それを確り熟す買いも入っている格好です。明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7715]長野計器 
[1部]業種:精密機器
終値1,004円/前日比+94円
▼クリックで株探ページ▼

圧力計・圧力センサー大手。機械式圧力計で世界シェア首位。車載向け主力。 本日は買い気配スタートからの一段高で大幅続伸しました。半導体生産ライン向け構造圧力センサーやデジタル圧力計などでも実績が高く、世界的な半導体市場の拡大が追い風となっており、株価は本日の大幅高で一気に水準を切り上げ、4桁の大台復帰を達成しています。同社株は年初より1,000円超水準が抵抗レベルとなっていることから、目先数日の値動きが今後の方向性を決めそうです。



[6307]サンセイ 
[2部]業種:機械
終値556円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

ビル用ゴンドラ、舞台装置の草分け。船舶修理や漁礁など海洋関連も展開。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅反発し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は先週末に独立委員会から大規模買付行為に関する勧告書を受領しました。これに伴い、[9453]光通信による大規模買付行為が、同社およびグループの企業価値や株主共同の利益を著しく毀損するものであると認められないとして、大規模買付行為に対する対抗措置を不発動とすることを決定と発表しています。株価は需給改善が意識される展開となりそうです。



[1450]田中建設工業 
[JQ]業種:建設業
終値2,279円/前日比+219円
▼クリックで株探ページ▼

不動産会社からの元請け方式を主体に、解体工事の全工程を請け負う。 本日大きな窓を空けて大幅4営業日続伸しています。同社は先週末18日引け後に、2021年3月期の連結業績予想について、売上高を73億円から前期比29.1%増の86億円へ、営業利益を8億7,200万円から同73.4%増の13億8,000万円へ、純利益を5億9,100万円から同57.9%増の8億7,000万円へ上方修正しました。本日の株価は、値ごろ感からの買いも巻き込み急騰劇を演じた訳ですが、高寄り後大きく跳ね返されており、明日以降どのレベルで落ち着くかが焦点となるでしょう。



[4565]そーせいグループ 
[M]業種:医薬品
終値1,645円/前日比+97円
▼クリックで株探ページ▼

創薬ベンチャー。がん治療薬など研究開発。M&Aで技術力強化。英国に展開。 本日大幅上昇です。同社は今朝寄り前に英製薬大手GSK社と消化器免疫疾患をターゲットとするグローバルな研究開発提携とライセンス契約締結を発表。これにより、同社は最大3,400万ポンド(約47億6,100万円)の契約一時金と潜在的な初期開発マイルストンおよび研究開発資金を受領するとのことです。また、開発から申請・承認、商業化に伴い、総額で最大3億3,600万ポンド(約470億円)のマイルストンを受領する権利を有しているとのことです。更に本提携から生み出された製品が上市されれば製品売上高に応じた段階的ロイヤリティを受領する権利も有しているとのことです。業績に与える影響も期待されて好感されていますが、上値の重さも見られています。信用買い残の多い銘柄だけに、上げてくれば戻り売りも出易い様子です。明日以降、改めて好感する動き見られるか注目されます。



[4082]第一稀元素化学工業 
[1部]業種:化学
終値844円/前日比+65円
▼クリックで株探ページ▼

自動車排ガス浄化用ジルコニウム化合物製造の国内最大手。燃料電池向け開発。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、菅首相が2050年に温暖化ガス排出を「実質ゼロ」にする目標を表明し、次世代の太陽電池「PSC(ペロブスカイト太陽電池)」への注目が高まっていると報じられています。低コストで薄く作れる利点があり、エネルギー変換効率などの向上が進んでいるとのことです。この記事を受け同社株など関連株が物色されています。同社はPSC系材料を製品化しているとのことで、過去にもPSC関連株として物色された経緯があります。同様に[4237]フジプレアムも関連株として買われました。フジプレアムは、京都大学が主導するフィルム型のPSC開発プログラムに参加していることから、やはり過去に関連株として物色された経緯があります。今後もPSC関連として物色される場面は出てきそうだと見る向きは多いようです。



[7782]シンシア 
[1部]業種:精密機器
終値461円/前日比+61円
▼クリックで株探ページ▼

使い捨てコンタクトレンズ大手。ネットやドラッグストアなどで販売。カラコンに注力。 本日大きく急伸しました。同社は先週末18日引け後に配当修正を発表。2020年12月期の期末一括配当を従来計画の4円から10円へと大幅増額修正。12月18日までに実施予定の自己株式の取得が出来なかったため、自己株式の取得総額の内の一部を原資として特別配当を実施するとしています。株主還元の拡充を好感する買いから、一時はストップ高を付けましたが、上値では戻り売りの圧力も強く、同社株の物色もそうは続かないと見る向きは多いようです。



[7577]HAPiNS 
[JQ]業種:小売業
終値266円/前日比+28円
▼クリックで株探ページ▼

インテリア・生活雑貨小売り。首都圏地盤に直営・FCで全国展開。RIZAP傘下。 本日大幅上昇です。先週末、[2928]RIZAPグループが、傘下の同社や[7448]ジーンズメイト、[3344]ワンダーコーポレーションの3社を経営統合すると発表。株式移転により、新たに共同持ち株会社を設立するとのことです。その株式移転比率にサヤ寄せする格好で買われています。ワンダーコーポレーションの先週末終値を基準とすると同社の理論株価は294円となり、先週末終値238円を大きく上回ります。同様にジーンズメイトは347円で、先週末終値304円をやはり大きく上回っているだけに本日は、同社とジーンズメイトが何れも大きく買われ、ワンダーコーポレーションは売られています。また、連想的に他のRIZAPグループ傘下の[8105]堀田丸正もグループ再編の思惑から買われました。



[4167]ココペリ 
[M]業種:情報・通信業
終値4,310円/初値比+700円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向け経営支援プラットフォーム「Big Advance」などの開発を手掛ける。 本日ストップ高まで買われています。先週末上場した銘柄ですが、初日は初値付かずで本日に持ち越しとなりました。本日は一転して売り気配で始まるも寄り後は確りと買われてストップ高を付けています。同社は中小企業向け経営支援プラットフォーム「BigAdvance」を金融機関を通じて金融機関の取引先である中小企業へSaaS形式で提供しています。売上が急激に拡大しており、今期は黒字転換計画で高成長期待も強いIPOとの見方から買いを集めています。既存株主にはVC(ベンチャーキャピタル)も多く、上場時に一部売り出されるも上場後も多数残っており、5社で110万株程度あります。ロックアップが掛かるも公開価格1.5倍以上で解除となるため、この株価水準なら売れる状況です。それだけにVC売りが警戒されますが、ストップ高で引けていることからVCも売り急いではいないとの見方もあります。ただ、更に上げれば売ってくるという懸念はあり、明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4381]ビープラッツ 
[M]業種:情報・通信業
終値3,200円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

継続従量課金のプラットフォームシステム「ビープラッツ」の開発・提供を手掛ける。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日の引け後に、サブスクリプション統合プラットフォーム「Bplats」が、経済産業省「IT導入補助金2020」の対象ツールに認定されたと発表。昨日はクラウドサービス「サブかん」の提供を開始すると発表したことが好感され、ストップ高まで買われましたが、本日も連日のストップ高を達成しており、新たなトレンドが発生しています。



[4284]ソルクシーズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,008円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

SBI系SI。金融向けシステム開発が主力。フィンテックやクラウド、IoT、自動運転に注力。 本日ストップ高まで買われています。今朝の日経新聞では、[8473]SBI HDの北尾社長の取材記事が掲載されており、同氏は次世代金融のハブとなる国際金融センターを大阪・神戸地区に置く構想の実現に向け、大阪府や政府との連携に動き始めたことを明らかにし、ブロックチェーン技術を基盤としたデジタル証券取引所を同地区に設立し、フィンテック企業誘致も進める考えを示したとのことです。これを受けSBI HDが筆頭株主で金融業界に強みを持つSI企業の同社には商機になるとの思惑で、本日の物色材料になっているとの見方です。



[7093]アディッシュ 
[M]業種:サービス業
終値3,395円/前日比+250円
Yahooの株価リンクはこちら

ソーシャルアプリのサポート代行やソーシャルリスク投稿モニタリングを展開。オンライン講演提供も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、VTuberグループ「にじさんじ」を運営する、いちから社に投稿動画の監視サービスの提供を開始したと発表。同サービスはYouTuberガイドライン違反や社会通念上問題のある投稿かを監視するサービスで、個人クリエイターの発信が増加する中、今後の提供先拡大などが期待されています。本日の株価は上下に影を残しており、直近高値ブレイクに向かうのか75日移動平均線レベルに戻るのか明日の値動きが重要になってきます。



[8562]福島銀行 
[1部]業種:銀行業
終値186円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

福島地盤の第2地銀。仙台や北関東にも進出。復興再生支援を強化。 本日大幅上昇です。菅官房長官が総裁選出馬表明の記者会見で、全国に103ある地方銀行に関し、「数が多すぎる」と発言。人口減少や高齢化で地銀の経営環境が厳しくなる中、再編が必要との認識を示したと言え、本日は地銀株の再編思惑が強まり、時価総額が最も低い低位の同社株に物色資金が集まった様子です。同社の株価は直近の安値圏ということも物色し易かった面もある様子です。他にも[8338]筑波銀行、[7150]島根銀行、[8337]千葉興業銀行、[8563]大東銀行など買われた地銀株が目立っています。



[6555]MS&Consulting 
[1部]業種:サービス業
終値724円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

覆面調査の大手。外食・小売りなどサービス向け顧客満足度調査。モニター人多。 本日前場10時台から商い急増にて上値追いが積極化し、ストップ高まで買われています。昨日引け後に、[9435]光通信が関東財務局に提出した大量保有報告書(5%ルール報告書)で、光通信の同社株保有比率は5.15%となり、新たに5%を超えたことが判明しました。保有目的は「長期保有を目的とした純投資」としており、報告義務発生日は8月26日。本日の株価は需給思惑などが働いたようですが、暫く注目は続きそうです。



[3542]ベガコーポレーション 
[M]業種:小売業
終値3,835円/前日比+510円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット専売家具「ロウヤ」展開。20・30代女性向け企画・低価格商品を展開。越境も。 本日大幅上昇です。本日から信用取引の増担保規制が解除となっており、それが刺激となって買いを集めている模様です。7月末に発表した1Q決算と通期業績の大幅上方修正を機に連日ストップ高で居場所を大きく変えてきた同社株。最近は3,000円台前半での揉み合いを続けていましたが、増担保規制解除を機に調整終了になるのではとの期待も高まり、買いに動いた向きも多いようです。9月10日には8月の月次発表も控えており、それへ向けて高値を取ってくる可能性もあるのではと期待する向きも多い様子です。明日以降の動向が注目されます。



[3556]リネットジャパン 
[M]業種:小売業
終値489円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットリユース「NET OFF」・ネットリサイクル「ReNet」運営。カンボジアで農業地域金融サービス。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、3月9日に発行した第18回新株予約権について、一定量の資金確保が出来たことから割当先のSBI証券に行使停止指定の通知を行うと発表。行使停止で希薄化懸念が後退するとの見方から買い優先の動きとなりました。また、一部メディアが同社の小型家電リサイクル事業について「新たに4自治体と連携」などと紹介したことも株価を刺激する格好になっています。株価は4月~6月に保ち合ったゾーンに入っていきます。



[4565]そーせいグループ 
[M]業種:医薬品
終値1,367円/前日比+73円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。がん治療薬など研究開発。M&Aで技術力強化。英国に展開。 本日確りです。同社は本日、トップランクアナリスト野村広之進氏が、同社のインベスターリレーションズ・コーポレートストラテジーシニア・ヴァイス・プレジデントに就任したと発表。今後は日本でのIRチーム責任者として、最高財務責任者CFOの直属になるとのことです。同氏はみずほ証券でバイオテクノロジーセクター担当のシニアアナリストを務めており、アナリストランキングなどで常にトップランクの評価を得てきた人物です。みずほ証券では、同社株を以前からカバレッジしており、現在投資判断「買い」、目標株価3,800円としているだけに思惑も出易いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ