株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4497]ロコガイド

[6899]ASTI 
[2部]業種:電気機器
終値2,301円/前日比+320円
▼クリックで株探ページ▼

車載・家電用電装品が主力。ワイヤハーネスや電子制御基盤を生産。 本日大幅ギャップアップスタートから5営業日ぶりの急反発で、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は先週末14日引け後に、2022年3月期通期の連結業績予想を発表。営業利益見通しを前期比93.8%増の19億円としています。また、併せて2026年3月期を最終年度とする中期経営計画も発表しており、数値目標は売上高700億円、営業利益30億円を掲げています。多くの上昇銘柄同様、本日の株価は高値から大きく跳ね返され終えましたが、先ずは3月高値2,310円レベルを固めたい処です。



[3856]Abalance 
[2部]業種:電気機器
終値5,460円/前日比-1,000円
▼クリックで株探ページ▼

創業のソフト開発から主力を太陽光発電事業にシフト。建機販売も。海外進出。 本日ストップ安まで売られています。同社は先週末14日引け後に3Q決算を発表。大幅増収増益決算となっているものの、好感する動きは見られていません。既に2Q決算を好感して同社株は確りと買われてきており、株価は高値圏を維持していました。3Q決算発表時に通期業績は大きく上方修正されるとの期待も強かった様子で、3Q決算で既に利益面は通期計画を超過しているものの、上方修正されずに据え置かれたことで失望されている模様です。ただ、期待感も強かったことから、例え上方修正されても出尽くし的に売られていたのではとの見方も多いようです。目先は節目の5,000円で下げ止まれるか注目されます。



[3465]ケイアイスター不動産 
[1部]業種:不動産業
終値4,335円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

首都圏で1次取得者向け分譲住宅。注文住宅やリフォームなど多角的な展開。 本日寄り前から大量の買いを集めて続急伸し、ストップ高を達成しています。同社は先週末14日引け後に、2021年3月期業績を発表。連結経常利益は前の期比2.0倍の127億8,100万円に急拡大して着地し、続く2022年3月期も前期比18.9%増の152億円に伸び、7期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。更に業績好調に伴い今期の年間配当は前期比61円増の200円に増配する方針としています。本日の逆風下、同社株は12時39分以降張り付いたまま終えており、3月9日の年初来高値4,510円を視界に捉えた格好です。



[3674]オークファン 
[M]業種:情報・通信業
終値1,208円/前日比-376円
▼クリックで株探ページ▼

ネットオークションの商品の比較サイトを運営。価格検索や分析サービス。蓄積データ膨大。 本日一時ストップ安まで売られて年初来安値を大きく更新しています。同社は先週末14日に2Q決算を発表。大幅増収増益となっているものの、四半期ベースでは1-3月期は赤字転落となっています。1-3月期に営業投資有価証券の評価損を計上した他、ソフトウェア資産の減損も計上したとのことです。また、商品流通プラットフォーム事業への先行投資を実施したとのことで、赤字転落になった様子です。それが嫌気されて売り込まれています。ただ、BtoB卸モール「NETSEA」では、1-3月期にコロナ禍特需である感染症対策グッズを除く流通額が前期比140%超の成長となっており、過去最高流通額を更新しています。流動化支援サービス「ReValue」の流通額も1-3月期は過去最高を更新しているだけに、これ程の下落は過剰反応との見方もあります。本日は決算発表で派手に売り込まれている新興銘柄が非常に多く、そういった地合いも逆風になっているとの声も聞かれました。それだけに地合いが落ち着けば見直されると期待する向きも少なくありません。



[6835]アライドテレシスHD 
[2部]業種:電気機器
終値120円/前日比+18円
▼クリックで株探ページ▼

ネットワーク機器専業。日米欧で開発推進。自治体、医療機関、製造業向け軸。 業種 本日大きな窓を空けて続急伸しています。同社は先週末14日引け後に、2021年12月期第1四半期の連結決算を発表。営業損益が前年同期の5億2,400万円の赤字から15億8,000万円の黒字に浮上しました。国内で文教市場向けの売り上げが大幅に増加した他、海外でロックダウンの影響による前期の落ち込みから持ち直しの兆しが見えはじめたことなどが好業績に繋がったようです。本日の株価は全体軟調地合いの中、高寄り後大陰線を強いられており、明日以降早期の本日高値更新が一段高への条件となりそうです。



[4497]ロコガイド 
[M]業種:情報・通信業
終値2,933円/前日比+55円
▼クリックで株探ページ▼

チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営を手掛ける。 本日一時ストップ高となるも上げ幅を縮小しています。同社は先週末14日に、[4399]くふうカンパニーと共同持ち株会社を設立して経営統合すると発表。同社は昨年6月に新規上場した銘柄ですが、早くも上場廃止になる格好となっています。くふうカンパニーは穐田誉輝氏が会長を務める企業で、同社は穐田氏が代表取締役となっており、両企業共に穐田氏が筆頭株主になっています。シナジー効果などへの期待もあると言えますが、経営統合を好感して買われているというより、単に割当比率にサヤ寄せする格好で買われたとの見方です。同社の普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式4.1株を割当て、くふうカンパニーの普通株式1株に対して共同持株会社の普通株式1株を割当てるとのことで、くふうカンパニーが後場一段安になったことから、同社はストップ高が崩れて上げ幅を縮小する動きになっています。ただ、同社は理論株価以上に垂れており、くふうカンパニーが今後更に売られると懸念する向きも多いようです。



[2970]グッドライフカンパニー 
[JQ]業種:不動産業
終値1,140円/前日比+119円
▼クリックで株探ページ▼

福岡・熊本を拠点に投資用マンションの企画・運営や賃貸仲介を手掛ける。 本日本日大きく急伸しました。同社は先週末14日引け後に決算を発表。2021年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比48倍の2.4億円に急拡大しました。主力のアセットマネジメント事業が大幅な増収となったことなどが寄与しており、通期計画の2.4億円に対する進捗率は100.8%と既に上回っています。ただ、前場こそストップ高を付けたものの、引けに掛けて売り込まれる展開となりました。また、ボリンジャーバンドの+3σも上回り、過熱感も感じられるため、注意が必要です。



[7092]Fast Fitness Japan 
[M]業種:サービス業
終値5,370円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

24時間型フィットネスクラブ「エニタイムフィットネス」の運営事業を手掛ける。 本日上場来高値を更新しました。一時10%超の下落となるも寄り安で寄り後は押し目買い優勢の展開となっています。同社が先週末14日引け後に発表した本決算では、前期業績は計画を上振れての着地となっており、今期見通しは2桁増収増益計画となっています。ただ、市場コンセンサスや四季報予測を下回っており、それが失望されて売られている格好です。既に今期の大幅増収増益への期待が強かった面もあり、出尽くし的に売られた面もある様子です。ただ、下げた処では買い気も強く、後場にはプラスに転じて確りと値を伸ばす展開となり、ストップ高まで買われました。アフターコロナ関連企業と言え、今後更なる業績拡大が期待出来るとの見方は強く、中長期的な資金も入っているとの声も聞かれました。明日以降も強い動きを続けられるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2910]ロック・フィールド 
[1部]業種:食料品
終値1,620円/前日比+157円
Yahooの株価リンクはこちら

総菜大手。デパ地下などの高級総菜「RF1」が主力、「神戸コロッケ」など多業態。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比56.7%減の3.3億円に落ち込みましたが、従来の9,500万円の赤字予想から一転黒字で着地し、併せて通期の同利益を従来予想の3.3億円から7.6億円へと2.3倍上方修正しました。想定以上の収益回復が買いインパクトに繋がっていますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、この1,600円代をキープ出来るか否かが焦点となりそうです。



[7545]西松屋チェーン 
[1部]業種:小売業
終値1,535円/前日比-43円
Yahooの株価リンクはこちら

ベビー・子供用品専門店を全国展開。低価格戦略で、PB商品も充実。 同社は昨日引け後に今期業績の上方修正を発表。市場コンセンサスも上回っており、今期3度目の上方修正ということもあり、買い先行で始まるも寄り後は売られています。既に月次からも再度の上方修正は期待されていたと言え、出尽くし的に売られた様子です。それに加え、昨日は[9983]ファーストリテイリング傘下のGUが、ベビー服参入を発表しており、競合になるとの見方から先行き不透明感が意識されて売られている面もある様子です。明日以降売りが止まり下げ渋れるのか、それとも更に売られるのか注目されます。



[7577]HAPiNS 
[JQ]業種:小売業
終値313円/前日比+36円
Yahooの株価リンクはこちら

インテリア・生活雑貨小売り。首都圏地盤に直営・FCで全国展開。RIZAP傘下。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は経常損益が3.3億円の黒字(前期は2,500万円の赤字)に浮上する見通しと発表。PB商品の拡充や売価変更の抑制などによる採算改善に加え、販管費の減少が寄与し、経常黒字に浮上。営業利益が前期比33倍はサプライズ感も強く、大きく買いが流入しています。目先、11月18日に付けた439円に向けた上昇も期待されますが、ここからは上値の重さも意識されるでしょう。



[4497]ロコガイド 
[M]業種:情報・通信業
終値3,680円/前日比+530円
Yahooの株価リンクはこちら

チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」の運営を手掛ける。 本日大幅高です。東京都は昨日、飲食店などの混雑データの企業間取引を促すため、データ配信を手掛ける企業など4社と連携協定を結んだと日経新聞電子版などで報じられています。その4社に同社も入っており、本日は材料視されている様子です。大した材料でもないものの、同社株は先月まで大きく売られており、安値圏にあったということから、見直すキッカケになった面もあるようです。ただ、同社株が先月派手に売られた要因は決算失望だけに決算発表で生じた今期業績下方修正懸念は、この材料では拭えないため、買いも続かないとの見方が多いようです。



[4058]トヨクモ 
[M]業種:情報・通信業
終値6,520円/前日比+680円
Yahooの株価リンクはこちら

安否確認サービスなど法人向けクラウドサービス事業を手掛ける。 本日は買い先行スタート後も積極的な上値追いが続き大幅続伸しました。安否確認サービスなど法人向けクラウドサービス事業を手掛ける同社は、11月13日の取引終了後に2020年12月期第3四半期累計の非連結経常利益は1.5億円となり、通期計画1.8億円に対する進捗率は82.6%にまで達しています。前四半期末と比較して有償契約数は、安否確認サービスが132件増加して1921件、kintone連携サービスが394件増加して3842件、合計で526件増加の5763件と順調に増加し、計画通りに進捗したようです。調査系筋の評価が非常に高い銘柄でジワリと動き出した印象で徐々に買いが拡がっていくような流れになるか注目です。現値の上方はシコリが少ない価格帯になります。



[6779]日本電波工業 
[1部]業種:電気機器
終値522円/前日比+40円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶関連専業で世界大手。小型デバイス製品に力。国内と中国に生産拠点。 本日大幅高です。本日13時半に日経新聞電子版が、「水晶振動子、平均価格15%高 4〜9月期」と報じています。次世代通信規格「5G」向けスマートフォンの普及で小型化して付加価値を高めた部品の需要が伸びているとのことです。世界シェアの5割を握る日本メーカーの業績改善にも繋がりそうで、同社は水晶振動子を手掛けており、この報道を受け見直し買いや短期資金が入ってきて派手に物色されています。同様に[6666]リバーエレテックも、この記事を受けて物色されています。明日も物色が続くか注目されます。



[4588]オンコリスバイオファーマ 
[M]業種:医薬品
終値1,875円/前日比+113円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。希少がんや重症感染症などに主眼。独自のウイルス技術を活用。 本日後場、買い気配スタートから急上昇して3営業日ぶりに大幅反発しました。同社は本日正午頃、ライセンス先である[4519]中外製薬と共に国内外で臨床試験を進めている主力パイプラインのテロメライシン(OBP-301)について、開発進展状況を発表。更に、肝細胞癌を対象とした抗PD-L1抗体アテゾリズマブおよびベバシズマブを併用する初めての臨床試験では、安全性評価を主眼とした第1相臨床試験を新たに開始する予定としており、株価は順調な進捗状況を評価する流れとなりそうです。



[9681]東京ドーム 
[1部]業種:サービス業
終値1,440円/前日比+90円
Yahooの株価リンクはこちら

ドーム球場主力に遊園地やホテルも展開。「東京ドームシティ」に経営資源集中。 本日確り上昇しています。三井不動産が同社をTOBで子会社化を目指すと正式発表してから、一度も三井不動産が提示しているTOB価格1,300円を割り込まず、それ処かTOB価格から更に上に乖離してくる動きになっています。アクティビストのオアシスが、同社株を大量保有していることから思惑に繋がっている様子です。オアシスが今年2月に公表している同社についての86ページにもおよぶレポートによれば、同社は追い風となる外部環境下であったものの、収益化の機会を逸していたと指摘しており、色々な提案を示しています。オアシスの提案を実行することで同社の今期純利益を71億円増加させることが出来るとのことです。また、提案全ての実行により算出される同社株の株価は2,235円とも書かれています。このことから、オアシスが1,300円というTOB価格に応じる訳がないとの見方が多く、三井不動産のTOBを阻止するため、対抗的なTOBなど何らかの行動を起こしてくるとの思惑が強まっています。今後の展開が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ