株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4488]AI_inside

[2150]ケアネット 
[M]業種:サービス業
終値4,330円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

医療ウェブサイトを運営、医薬品情報で営業支援。サンバイオと資本業務提携。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.7倍の10.3億円に急拡大し、併せて通期の同利益を従来予想の6.1億円から13億円へと2.1倍上方修正し、増益率が3.2%増から2.2倍へと拡大。4期連続での過去最高益予想を更に上乗せしました。大幅な増収増益をする買いなどが流入しており、新値追いが期待されます。



[4335]アイ・ピー・エス 
[JQ]業種:情報・通信業
終値967円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

神戸地盤の情報システム開発会社。企業向け中心でコンサルも。ERP導入を支援。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、2021年6月期上期業績について発表。連結経常利益予想を従来の3,000万円から1億円へ上方修正するとしています。併せて通期の同利益予想を従来の1億5,000万円から2億円へ上方修正し、増益率は前回の3.1倍から4.2倍に拡大、19期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなりました。本日は78万株超の買いものを残しており、週明け先ずは9月30日の直近戻り高値1,079円を目指すことになります。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,784円/前日比+415円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日大幅上昇です。同社は昨日3Q決算を発表。既に先日、通期業績の上方修正を発表しているだけに良くも悪くもサプライズ感は乏しいものの、決算と一緒に中期経営計画策定を発表しており、本日はそれが好感されている面が強いとの見方です。最終年の2022年12月期営業利益は35億円を目指すとのことです。今期の2020年12月期営業利益見通しは9億円だけに、来期・再来期と大幅な増益を続ける計画となっています。また、国内の新型コロナウイルス感染が再拡大してきており、同社事業には追い風との見方が強いことも本日の上昇に繋がっているようです。来週高値を獲りに来るのか注目されます。



[6187]LITALICO 
[1部]業種:サービス業
終値3,580円/前日比+530円
Yahooの株価リンクはこちら

障害者向けの支援事業を展開。就労支援、発達障害児支援、家族向けなど。 本日ギャップアップで始まった直後に商いを伴い急伸し、大幅反発で上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期業績について発表。連結経常利益予想を従来の9億2,000万円から11億5,000万円に引き上げるとしています。従来の5.9%減益予想から一転して17.6%増益を見込み、8期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。本日の株価は新値更新後も上値を追っており、新展開に入った感があります。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,915円/前日比+195円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。 本日大幅上昇です。国内では新型コロナウイルス感染が再拡大しており、一日の感染者数が昨日は過去最大を更新しています。これを受け再び巣ごもり関連企業には追い風になるとの見方で、同社株も見直し買いが入ってきているようです。米ファイザーの新型コロナワクチン開発期待が強まったことで、同社株など巣ごもり関連株は今週大きく売られたものも目立っていますが、本日はそういった銘柄が総じて見直されて買われています。再びウィズコロナの相場展開が続くことになるのか来週の動きが注目されます。



[4308]Jストリーム 
[M]業種:情報・通信業
終値5,480円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット動画ライブ中継やオンデマンド放送を提供。放送機器や映像制作も注力。 本日ストップ高まで買われています。先月下旬にポジティブサプライズ決算を発表し、今月に入っても強く買われてきましたが、ファイザーの新型コロナワクチン開発期待が高まったことから、今週は派手に売られていました。しかし、足元の国内新型コロナウイルス感染拡大を受けて、まだまだ同社事業には追い風との見方から、見直し買いに繋がっています。結果的には今週の下落は良い調整になったとの見方が多い様子で本日は他にもマザーズのウィズコロナ銘柄といえる[4477]BASEや[4448]チャットワーク、[3923]ラクス、[4475]HENNGEなども大きく買われています。なお、ラクスは昨日決算発表していますが、BASEとチャットワーク、HENNGEは本日引け後に決算発表を予定しています。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値93,600/前日比+15,000円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日買い気配スタートから大陽線で上場来高値を大幅に更新し、一時ストップ高まで買われました。岩井コスモ証券は12日付で、投資判断「A」を継続し、目標株価を55,000円から90,000円に引き上げています。菅政権が進めるデジタル化政策も追い風になる同社への中期的な成長期待が、2022年3月期予想PERベースでも同社株の高い評価を支えると考えているようです。推奨日寄り付きから既に50%超上昇しており、売り上がりを始める局面でしょう。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス 
[M]業種:精密機器
終値1,440円/前日比+293円
Yahooの株価リンクはこちら

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。 本日大幅上昇です。同社は13時10分に1Q決算を発表。売上高は前年同期比で2倍超となり、営業利益は2億円近くの黒字になっています。2Qと通期見通しは据え置いていますが、既に1Qの営業利益は2Q見通しをほぼ達成しており、経常利益以下は超過しています。新型コロナウイルスの全自動PCR検査装置などの販売や、それらに付属する試薬・消耗品の販売が好調に推移したとのことです。決算期待感は無かったと言え、サプライズ感から派手に買われた格好です。貸借銘柄で空売りも結構入っていたことや本日は国内の新型コロナウイルス感染拡大を受けて、ウィズコロナ関連株が総じて買われていることも追い風になった様子です。来週も買いが続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値65,900円/前日比+6,600円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 朝方の確りしたスタート後も継続的に買いが入り、日通しで右肩上がりの展開となりました。本日の大幅高で株価は先月21日に付けた上場来高値67,200円に顔合わせしており、中期的な成長が期待出来るとの見方が一般的な銘柄ですので、明確な新値更新となれば、その払い方によっては青天井圏を更に駆け上がる可能性も出てきています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値380円/前日比-15円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日買い優勢で始まり、寄り後も値を伸ばす展開で、一時12%超の上昇となる場面も見られました。米大統領選でバイデン氏勝利を見込み、再生エネルギー関連はバイデン関連との見方から前場は買われていた模様です。しかし、トランプ氏が激戦州でリードしてくると、トランプ氏再選の可能性が意識され、バイデン関連銘柄が後場売られる展開になっています。同社株は後場特売りで始まっており、前場の上昇分を全て吐き出して始まり、後場寄り後も弱含みの展開でマイナスに転じています。同様に[9519]レノバなども後場大きく売られました。



[8101]GSIクレオス 
[1部]業種:卸売業
終値2,158円/前日比+292円
Yahooの株価リンクはこちら

繊維主力の専門商社。繊維原料と婦人服が柱。環境保全型ビジネス拡大へ。 本日大きく急伸しました。同社は2日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.9倍の22.5億円に急拡大しました。新型コロナウイルス感染防止用の医療・衛生消耗品の需要に対応した他、巣ごもり需要および海外市場拡大でホビー関連商材が伸長したことが利益を押し上げました。なお、通期計画の20億円に対する進捗率が112.6%と既に上回っており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[5803]フジクラ 
[1部]業種:非鉄金属
終値362円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

電線3強の一角。フレキシブルプリント基板で世界的。電子電装に力。不動産事業も。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。計画を大幅に上回る2Q決算が好感されています。元々の予想は前年同期比大幅減収減益計画で、純利益は赤字転落との見通しでしたが、実際は減収には変わりないものの、営業利益、経常利益は大幅増益での着地となっており、純利益は黒字で着地。未定だった通期業績見通しも開示しており、営業利益、経常利益は市場コンセンサスを上回っています。ただ、純利益は構造改革費用計上により大幅赤字計画で、それはコンセンサスより悪く、年間配当は無配としています。それでも嫌気する動きは見られず好感されています。SMBC日興証券では、この決算をポジティブと評価しており、超多芯ケーブルの同社への業績貢献の大きさはサプライズであり、好印象だったと指摘しています。空売りも多く入っている銘柄だけに買戻しの動きもあったのではとの声も聞かれました。明日以降も買いが続くか注目されます。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値11,940円/前日比+1,390円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日買い気配スタートからの大陽線で3営業日ぶりに大幅反発しています。同社は本日、同社運営のネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」が、Googleによるデジタルスキルトレーニングプロジェクト「Grow with Google」のパートナーとして、中小企業のオンラインショップ立ち上げを支援するため、「はじめてのオンラインショップ支援プログラム」に参画したち発表しました。本日の急反騰で株価は、直近下落相場前の先月19日以来に5日線を上回って引けており、短期トレンドの転換に期待が集まる処です。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,020円/前日比+760円
Yahooの株価リンクはこちら

製造派遣・請負の中堅。国内外で電機・精密など。ソニー車載関連事業を譲受。 本日大幅上昇となり、久しぶりに25日線を回復しています。日経新聞が売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3月中旬以降に上場来高値を付けた企業をランキングした処、同社株が1位になったと昨日の日経新聞で報じられています。企業紹介記事も掲載されており、見直し買いに繋がっている模様です。同様に2位の[7707]プレシジョン・システム・サイエンス、3位の[3681]ブイキューブも企業紹介記事が掲載されており、何れも本日は確りと買われています。明日以降も見直し買いが継続するか注目されます。



[2162]nms HD 
[JQ]業種:サービス業
終値282円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

本日前場9時台に商いを伴い急伸し後場一段高で大幅続伸となっています。同社は本日9時30分頃に、2021年3月期第2四半期累計の連結業績予想を修正。営業損益見通しを従来の1億円の赤字から1億4,000万円の黒字に上方修正しました。ヒューマンソリューション事業で半導体・電子部品関連など繁忙な業種で人材供給ニーズが続いた他、エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業で固定費削減による利益の確保に努めたことが利益を押し上げる主な要因だとしています。コロナショック以降の戻り局面での株価は300円処がレジスタンスになることが多く、今回もこのレベルがポイントになるでしょう。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,098円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ストップ高まで買われています。同社は14時にJR東日本スタートアップ社との合弁会社TTG(TOUCH TO GO)が、[8028]ファミリーマートとTTGが開発した無人決済システムを活用するコンビニエンスストアの実用化に向けて業務提携したことを発表。本業務提携による1号店を2021年春頃にオープンする予定とのことです。ファミリーマートとの提携により、同社がライセンス給与している無人決済システムが将来的に本格普及していくとの期待が強まり、見直し買いに繋がっています。同社株は決算発表を機に売り込まれてきており、この材料でどこまで戻せるか注目されますが、いちよし証券を割当先とする新株予約権が未だ多く残っているだけに、それが重しになる警戒もあるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6037]ファーストロジック 
[1部]業種:サービス業
終値810円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

投資用不動産のポータルサイト「楽待」を運営。掲載物件数は業界で最多。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末21日引け後に業績修正を発表。2020年7月期の経常利益を従来予想の8億円から8.6億円に6.7%上方修正しました。加えて発行済み株式数の1.75%に当たる20万株、1億円を上限とする自社株買いの実施も発表。業績面での安心感が強まると共に目先の需給改善を期待する動きが優勢で、新値追いの展開が期待されます。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており注意も必要です。



[7172]ジャパンインベストメントアドバイザー 
[M]業種:証券・商品
終値999円/前日比-119円
Yahooの株価リンクはこちら

航空機や海上輸送用コンテナオペレーティングリースが主力。太陽光発リースや保険も。 本日大幅反落です。昨日の日経新聞では、新型コロナウイルス感染拡大で渡航制限が続く中、世界の飛行機の3分の1、8600機は休暇シーズンの8月に入っても地上に留め置かれていると報じられています。需要拡大を前提に投資してきたリース産業や金融商品もリスクに晒され、新造機はキャンセルが相次ぐとのことです。航空機リースは影響が避けられず航空会社は固定費であるリース料の減免を求めているとのことです。これを受け同社事業にも悪影響が出てくるとの警戒が改めて意識されたようで、先週末上げていただけに本日は売られる動きになっています。明日以降も売りが続くか注目されます。



[6659]メディアリンクス 
[JQ]業種:電気機器
終値339円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

放送・通信機器を開発・販売するファブレスメーカー。大規模メディア伝送に強み。 本日前場10時前から出来高を伴い急伸し、一時ストップ高まで買い進まれる場面がありました。次世代映像伝送向けの100Gbpsに対応する新しいIP伝送プラットフォーム製品「MD8000-100G(MD8000 SWCNT9-100G)エディション」を発表。これまでの最大10Gb/sを100Gb/sへ広げ、10倍の帯域幅に対応したとのことです。テレワークの浸透でオンライン会議など映像伝送に絡んだ需要が拡大するとの思惑が向かっている模様で、目先の株価は荒い値動きが続くことも考えられます。



[7593]VT HD 
[1部]業種:小売業
終値371円/前日比+36円
Yahooの株価リンクはこちら

ホンダ・日産系ディーラー。中古車輸出やレンタカーも。M&A積極展開、多角化推進。 本日大きく急伸しました。同社は先週末21日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期の連結税引き前損益は2億円の赤字に転落しました。しかし、併せて4-9月期の同利益を従来予想の1億円から10億円へ10倍上方修正。海外のロックダウン解除などの影響で想定よりも早く最悪期を脱出出来ている他、各種経費の削減効果も顕在化の模様です。また、据え置きの通期計画も上振れの可能性が高いと捉えられています。一目均衡表では本日雲を抜け、2月に付けた469円を目指す動きにあります。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値48,450円/前日比+4,300円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日大幅続伸し上場来高値を更新しました。同社は12日に、2021年3月期予想の営業利益を5億7,600万円から前期比2.4倍の10億3,500万円に増額修正を発表。書類の手書き文字をデジタル化するAI-OCR製品が想定以上に伸びているようです。電子政府の構築などに絡み同社のサービスに対する需要は今後一段と伸びることが予想されており、その成長性を評価する株価一段高に期待が集まる処です。



[3995]SKIYAKI 
[M]業種:情報・通信業
終値832円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

音楽アーティストなどのファンクラブ・ファンサイト制作・運用やチケット・グッズ販売。CCC傘下。 本日大幅続伸となり年初来高値を更新しています。先週末同社は、仮想ライブ空間「SHOWROOM」で8月21日に生配信される指原莉乃ファンクラブ主催のオンラインイベントのチケットを電子チケットアプリ「SKIYAKI TICKET」にて販売すると発表。また、昨日の日経ヴェリタスで同社の紹介記事が掲載されており、同社の会員数は順調に伸びており、2020年6月末時点の総会員数は336万人、有料会員数は82万人に上るとのことです。既に公表していることで目新しくはありませんが、同社はコロナ禍による音楽ライブ中止や延期も追い風に変えたと書かれており、本日は見直し買いに繋がっているようです。小型の貸借銘柄だけに物色が続くと面白いとの声も聞かれました。



[4435]カオナビ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,820円/前日比+690円
Yahooの株価リンクはこちら

人材情報をクラウド上で一元管理するサービス「カオナビ」を提供。リクルートの持分法。 本日後場寄りからの一段高で4営業日ぶりに大幅反発しました。同社は本日正午頃、スタートアップ企業への支援プロジェクト「カオナビ NEXT FUND」で、農業の労働効率の向上を支援するクラウドサービス「agri-board」を提供する、はれると社へ出資を実施したと発表しています。同社の人材マネジメントシステム事業とのシナジーも期待出来、株価は先週18日に付けた上場来高値6,180円の更新を視野に捉えています。



[4055]ティアンドエス 
[M]業種:情報・通信業
終値26,010円/前日比+1,310円
Yahooの株価リンクはこちら

大手企業向けにシステム開発・運用保守や、AI関連のソフトウエア開発を手掛ける。 本日大幅続伸となり上場後、下げ無しの10連騰となっています。場中派手に垂れる場面も見られましたが、買いも入り崩れそうで崩れない動きを続けています。市場ではヘッジファンドの買いが入っているとの見方もあるようで、意図的に相場が作られている可能性があるとの見方もあります。数日中に下げる日も出てくると思われますが、そうなったあとも買いが続くのか、相場が終わるのか注目されます。同社株だけなく特に値嵩新興銘柄に強い銘柄が目立っており、そういった銘柄にもヘッジファンドなど投機筋による資金が入っている可能性があるだけに新興市場の強さは、まだしばらく続くのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9966]藤久 
[1部]業種:小売業
終値2,266円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

手芸用品店「クラフトハートトーカイ」などを全国展開。ネット通販も。構造改革実施。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみで年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年6月期の経常損益は7.4億円の黒字に浮上し、従来予想の3.9億円の黒字を上回って着地しました。同時に従来無配としていた前期の期末一括配当を25円実施し、3期ぶりに復配するとしました。また、「継続企業の前提に関する注記」の記載解消と9月30日を基準日として1株を2株に株式分割も発表。株式流動性の向上と投資家層の拡大期待に加え、株主還元の拡充を好感する買いも向かっており、新値追いが期待されます。



[6531]リファインバース 
[M]業種:サービス業
終値992円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

産業廃棄物の再資源化で合成樹脂を製造販売。業務用カーペット再生に力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。昨日同社は[4188]三菱ケミカルHDと資本業務提携を行うと発表。三菱ケミカルHDを割当先とする第三者割当増資を実施し、リサイクル処理対象となる廃プラスチックの回収業務を受託するとのことです。希薄化が生じるものの、それ以上に大手素材企業との提携は同社に追い風だとの見方が強いようです。本日終値でも同社時価総額は30億円程度しかなく、これを機に同社株の居場所は大きく変わるのではと期待する声も聞かれました。目先どこまで買われるのか注目されます。



[8256]プロルート丸光 
[JQ]業種:卸売業
終値385円/前日比+36円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料品問屋大手。セルフサービス方式に特色。若者向け強み。中国EC企業と提携。 本日大きく急伸しました。同社は本日、総代理店契約を締結しているマイクロブラッドサイエンス社の微量採血器具が、米国内で特許を取得したことを明らかにしました。良質な検査検体を指先から迅速且つ簡単に採取できる器具で、同器具は米国での特許取得のほか、既に日本、韓国、フランス、ドイツ、イギリス、シンガポールの6カ国で取得済みで、合計7カ国目となります。株価は上値を追う展開に期待されますが、400円処からの上値も重く、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6177]AppBank 
[M]業種:サービス業
終値232円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの記事などを掲載「AppBank.net」運営。商品販売事業は売却。 本日後場から物色されて大幅高になっています。昨日同社は機関投資家・アナリスト向けの決算説明会を開催したようで、その決算説明資料が昼に公開されています。それによれば、直近のPVとPV単価が回復基調になっていることが示されており、来期を目処にメディア事業を軸に営業利益の黒字化へ、とも書かれています。あくまでも目指すという目標に過ぎませんが、後場好感されたようで派手に物色される場面も見られました。ただ、物色一巡後は上げ幅を縮小し、後場上げた分を全て吐き出しています。



[6551]ツナググループHD 
[1部]業種:サービス業
終値490円/前日比+59円
Yahooの株価リンクはこちら

アルバイト・パートに特化した採用活動支援サービス。販促支援サービスも。 本日前場11時過ぎから出来高を伴い急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は本日11時頃に、子会社インディバルが運営するデリバリーバイト専門マッチングサービス「ショットワークスデリバリー」の利用店舗数が1000店舗を突破したと発表。ドライバーが応募する場合、「面接なし・履歴書不要」で勤務開始の2時間前まで応募することが可能なことや勤務終了後に現金払いで給与が支払われるケースが多いことなどが受け入れられて利用者を増やしているようです。



[4612]日本ペイントHD 
[1部]業種:化学
終値8,490円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら

総合塗料大手。自動車用や工業用などが主力。アジア、米へ積極展開。 本日乱高下です。13時に日経新聞電子版が、シンガポールの塗料大手ウットラムグループが、同社を買収する方針を固めたと報じています。これを受け株価は急騰するも直ぐに売買停止になっています。報道によれば、同社が実施する第三者割当増資をウットラムグループが引き受け、出資比率を現在の39%から6割弱に引き上げるとのことです。しかし、上場は維持する方針とのことで、希薄化も結構な規模だけに売買再開後は売られる動きになっています。ただ、売り一巡後は買われて大幅高となっており、踏み上げ的な動きもあるようですが、ウットラムグループ傘下入りで将来的な業績拡大を期待する向きもいる様子です。来週の動向が注目されます。なお、この報道を受け業界再編の思惑からか[4613]関西ペイントや[4615]神東塗料などが物色される場面を見せています。また、同社が出資している[7670]オーウエルが思惑的に買われました。



[3031]ラクーンHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,288円/前日比+132円
Yahooの株価リンクはこちら

電子商取引サイト運営。メーカーと小売店を仲介。決済代行、売掛債権保証を拡大。 本日大きな窓を空けて4営業日続伸しました。同社は昨日引け後に、株主還元方針の変更及び中間配当を実施することを発表。ここ数年、概ね30%前後で推移してきた連結配当性向を45~50%を目処に配当を実施します。また、10月31日を基準日に今2021年4月期から中間配当を実施します。株主還元の強化を図ると共に資本の効率化を実現することを目的としています。目先の株価は言うまでもなく8月6日の年初来高値1,310円がポイントになってきます。



[4056]ニューラルポケット 
[M]業種:情報・通信業
最終気配値4,765円
Yahooの株価リンクはこちら

AIアルゴリズムによる画像・動画解析技術などのエンジニアリング事業を手掛ける。 昨日新規上場した銘柄ですが、昨日から連日で初値形成ならずとなっています。本日から即金規制となっているものの、売り物以上の買い注文が入っており、公開価格900円ですが、本日は4,765円まで気配値が切り上がり全株一致出来ていません。同社はAI関連事業を手掛ける企業で、[9434]ソフトバンクが主要顧客ということもあり、人気化し易い様子です。また、同社株の前に新規上場した[4055]ティアンドエスが上場後、一貫して上昇を続けていることも追い風になっているようです。ただ、初値形成後にロックアップ解除となるベンチャーキャピタルもおり、初値形成後に更に上げていけるかは不透明との見方は多いようです。週明けの動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4384]ラクスル 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,880円/前日比+282円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで印刷物を注文できる印刷通販サイト「ラクスル」運営。運送の仲介「ハコベル」も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期第3四半期累計の経常損益は5.2億円の赤字に転落しましたが、通期の同損益を従来予想の7.1億円の赤字から5.1億円の赤字に上方修正しました。政府の緊急事態宣言発令後、売上減少も懸念されていましたが、宣言解除後は前年水準まで売上が回復しており、安心感に繋がっています。株価は5月26日の3,320円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[3788]GMOクラウド 
[1部]業種:情報・通信業
終値7,190円/前日比+220円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。本日確りと上昇しています。朝方は地合いの影響から安く始まったものの、寄り後は確りと買われています。昨日同社は連結子会社の電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインが、日本国内におけるハンコレスの取り組みを推進すべく、「日本版eシール」対応サービスの設計・開発を決定したと発表しています。同社が手掛ける「GMO電子契約サービスAgree」への需要拡大期待も強いだけに改めて見直し買いが入ってきた様子です。依然として高値圏だけに上値の重さは続きそうですが、下げれば買いも入り易い展開はしばらく続くと見る向きも多いようです。



[8256]プロルート丸光 
[JQ]業種:卸売業
終値474円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料品問屋大手。セルフサービス方式に特色。若者向け強み。中国EC企業と提携。本日プラス転換した前場11時頃から上値追いが本格化し大幅反発しています。本日前引け後に、同社が国外総代理店契約を締結しているマクロブラッドサイエンスの血液検査器具などについて、マレーシアの医療関連ビジネスを行う事業法人から簡易採血キットなどを受注したと発表しました。株価は9日の直近高値から急調整を強いられ、本日寄り直後には下落率が30%に迫りました。一段安も考えられただけに、ここからの急反騰は9日高値を視野に捉えたと言えるでしょう。



[3998]すららネット 
[M]業種:情報・通信業
終値10,590円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

小学生から高校生向けネット学習教材「すらら」を提供。地方塾、学校が導入。 本日大幅高となりストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。同社は場中に6月末を基準として1株を5株に株式分割すると発表。同社株はマイナス圏で推移していましたが、この発表を受けプラスに転じて前場の内からストップ高まで買われました。大型分割により個人投資家の資金が流入し易くなり、同社株の見直し買いも増えるのではとの期待もあるようです。来週以降、上場来高値11,790円を目指す展開になるのか注目されます。



[3604]川本産業 
[2部]業種:繊維製品
終値1,360円/前日比+129円
Yahooの株価リンクはこちら

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しています。同社は昨日引け後に、未定としていた2021年3月期の連結業績予想を発表。売上高が7.6%増の270億円、営業利益は同72.4%増の4億円、純利益は同18.1%増の3億円を見込むとしました。同じく未定としていた配当予想については、期末一括8円にするとしており、前期実績に対して2円増配になる予定です。本日の株価は高寄り後伸び悩んでおり、週明け早々に方向性を見出したい処です。



[3976]シャノン 
[M]業種:情報・通信業
終値2,089円/前日比+221円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドでマーケティング業務自動化、企画・開発・販売。コンサルティングにも強み。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年10月期第2四半期累計の連結経常損益は6,200万円の黒字に浮上し、通期計画の2,900万円の赤字を既に上回りました。サブスクリプションの売上が堅調に推移した他、人件費の調整やマーケティング活動の見直しに伴い広告宣伝費の一部を下期に投下することも上期の黒字転換に繋がりました。株価は年初来高値更新も間近となっていますが、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、動きを慎重に見たい処です。



[4587]ペプチドリーム 
[1部]業種:医薬品
終値5,150円/前日比+295円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。特殊ペプチドを使った医薬品候補物質を大手と共同開発 本日大幅高です。同社は昼に米国メルク社と新型コロナウイルス感染症治療薬の共同研究開発を新たに行うことになったと発表。これにより同社は、米国メルク社より契約一時金および研究開発支援金等を受領するとのことです。また、今後米国メルク社における非臨床および臨床試験などの進捗状況に合わせてマイルストーンフィーや製品化後には売上金額に応じたロイヤルティーが同社に支払われるとのことから好感されています。ただ、同社株は時価総額も大きいだけに物色も続き難いのではとの声も聞かれました。来週の動向が注目されます。



[3323]レカム 
[JQ]業種:卸売業
終値127円/前日比+30円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス向けの情報機器販売。日系企業進出に力。中国現法が業務受託運営。 本日大幅高です。11時に日経新聞電子版が、同社はスペインのレスパー社が製造するウイルス除去装置を中国などアジア7ヵ国で販売すると報じています。同社がレスパーと業務提携を結び、営業拠点がある中国やタイなどアジア7ヵ国で独占的に販売するとのことです。2021年度に50億円の売り上げを目指すとのことで、同社社長は「将来的には自社ブランドでの展開も狙っていきたい」と意気込んでおり、これを受け将来的な業績への寄与も期待されたようで、見直し買いに繋がった様子です。また、低位株ということもあり、短期資金も集まり易かったようです。昼には同社は正式発表し、後場はザラ場寄らずのストップ高となっています。来週も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3498]霞ヶ関キャピタル  [M]業種:不動産業
終値4,400円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産コンサル業。太陽光発電施設や投資用不動産の開発・事業投資。本日寄り前から大量の買いを集め続急伸し、ストップ高を達成しました。同社は昨日引け後に、熊本市におけるアパートメントホテル開発プロジェクトに関して、地域創生ソリューション社を無限責任組合員とする「ALL-JAPAN観光立国ファンド」を出資者として招聘し、協働の取り組みを開始したと発表しています。本日の大幅上昇で株価は25日移動平均線を捉えており、この上方は若干シコリが少ないゾーンに入っていきます。



[7085]カーブスHD  [1部]業種:サービス業
終値780円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

女性向けフィットネス施設「カーブス」を運営する。コシダカHDのスピンオフによる上場。本日上場来高値を更新しています。昨日新規上場した銘柄で、昨日は公募割れとなり売り買い交錯で非常に不安定な動きとなっていました。しかし、本日は朝から買い優勢で始まり、大幅高で寄ったあとは直ぐにストップ高に張り付く動きになっています。特に材料は出ていませんが、昨日売りたい向きの売りは出尽くしたようで、早くも中長期資金が買いに来たのではとの声も聞かれました。前引け後には、3月8日〜15日の期間、国内の全店舗を休業すると発表。休業期間に応じた会費については、会員に返金するとのことです。この発表が重石となったのか、後場はストップ高が崩れる動き見せています。しかし、買いも確りと入り結局ストップ高引けとなっており、明日以降の動向が注目されます。



[3452]ビーロット  [1部]業種:不動産業
終値1,603円/前日比+183円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産投資業。中古ビルやマンションを再生し売却。富裕層向け力。ホテル開発も。本日大幅ギャップアップスタートから大陽線で2営業日続伸しました。同社は昨日引け後に、2月21日に発表した140万株の公募による新株発行と20万株の売り出しおよび上限24万株とするオーバーアロットメントによる売り出しを中止すると発表。一株利益の希薄化などへの懸念が後退したとの見方が買い安心感に繋がったようです。本日の株価は長い上影を残して引けましたが、軟調地合いを考えますと早期のリスタートもあり得るでしょう。



[3664]モブキャストHD  [M]業種:情報・通信業
終値293円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

スポーツに特化ソーシャルゲーム主力。野球・サッカーなど強み。レース車会社「トムス」を買収。 本日大幅高となるも上値の重い動きとなっています。昨日、「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」の公式ツイッター上で、明日遂に「エヴァンゲリオン バトルフィールズ」が始動すると発表。重大発表を告知予定とのことで、思惑的に買われています。同社子会社モブキャストゲームスがこのプロジェクトに絡んでおり、思惑買いに繋がっています。ただ、上値では戻り売り圧力も多いようで、ほぼ寄り高状態です。明日以降も買われるかどうかは、本日の発表内容次第となりそうです。具体的な配信開始時期が明らかになるか注目です。



[6387]サムコ  [1部]業種:機械
終値1,750円/前日比+91円
Yahooの株価リンクはこちら

電子部品製造装置を研究開発。LED・レーザーなど化合物半導体用に特化。本日急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年7月期上期の経常利益を従来予想の3.2億円から4.7億円に47.2%上方修正。増益率が22.1%増から79.8%増に拡大し、19期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。寄り付き直後は1月以来となる2,000円台を回復しましたが、日経平均に連れる形で上げ幅を縮小させる展開となりました。明日も日経平均の動きに左右されることも想定されるため、注視したい処です。



[7744]ノーリツ鋼機  [1部]業種:精密機器
終値1,232円/前日比-119円
Yahooの株価リンクはこちら

医療、シニア、ペン先製品にM&Aで事業再構築。創薬、通販など多角展開。 本日大幅安となり、昨年来安値更新しています。昨日同社はDJ機器メーカーのアルファシータ社を350億円で全株取得して買収すると発表。アルファシータ社の2019年12月期業績は連結売上高約253億円、営業利益約33億円、純利益約34億円もあり、同社業績を押し上げるとの見方から今朝は買い優勢で始まりました。しかし、寄り後は売り込まれて大幅安になっています。買収額は350億円ですが、アルファシータ社の有利子負債が300億円あり、買収による財務悪化懸念が意識されたとの見方です。同社の規模からアルファシータ社は大き過ぎる買い物ではとの声も聞かれました。明日以降も売りが続くのか注目されます。



[4488]AI inside  [M]業種:情報・通信業
終値22,160円/前日比+1,960円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供する。本日急伸しました。同社は昨日引け後に、AI-OCRサービス「DX Suite」が1000契約を突破したと発表しました。これは独自のAI技術を導入し、手書き文字を高精度に読み取り、これまで人が手入力で行っていたデータ化業務を自動化することが出来るサービスです。今年、マザーズに新規上場した同社株ですが、先月には上方修正を発表するなど業績も好調に推移しており、新値街道を快走する動きも予想されます。



[3681]ブイキューブ  [1部]業種:情報・通信業
終値790円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。本日大幅高となり、ストップ高まで買われています。読売新聞オンラインが、独自ニュースとして政府はテレワーク導入中小企業に機器や従業員研修費用の助成を行うと今朝報じています。その報道が刺激となり、朝方買われたものの買い一巡後は垂れてしまう動きとなっています。しかし、厚労省が新型コロナウイルス感染拡大防止策の一環として新たに職場でテレワークを導入した中小企業に通信機器購入費などを補助する助成金の募集を追加すると正式に発表。これを受け後場改めて買われる動きになっています。なお、[3691]リアルワールドや[3968]セグエグループなどもテレワーク関連として買われています。明日も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4488]AI inside [M]業種:情報・通信業
終値16,790円/前日比+3,000円
Yahooの株価リンクはこちら  

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供する。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅2連騰で上場来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年3月期業績を修正。非連結経常利益予想を従来の1億9,300万円から3億1,000万円に60.6%上方修正しました。代理店による好調な顧客獲得を背景に主力の「DX Suite」クラウド版の新規契約数が伸び、新製品「AI inside Cube」の導入台数が計画を上回ることも上振れに貢献するとしています。本日は直近IPO銘柄に追い風が吹いていたこともあり、高寄り後も上値を追いましたが、明日以降は新値更新したことで一層動きが荒くなりそうです。



[3962]チェンジ [1部]業種:情報・通信業
終値4,450円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援サービス。ふるさと納税サイト買収。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社が昨日引け後に発表した1Q(10-12月期)決算は売上高が前年同期比2.2倍となり、営業利益は5.9倍、純利益は21倍となる大幅増収増益になりました。既に利益面は通期計画を大幅に上回っています。子会社が手掛けるふるさと納税事業が好調だったとのことです。2019年6月にふるさと納税制度が変更され、混乱が収束したことが追い風になった他、地域創生の趣旨に沿った運営の徹底や取組み推進が寄附者の信認を得たとのことです。通期の着地見通しは、上期決算を目途に精査・発表予定だとのことで、それまでは期待感から確りとした展開が続きそうです。なお、連想的にふるさと納税事業を手掛けている[6535]アイモバイルも大きく買われました。



[2436]共同ピーアール [JQ]業種:サービス業
終値1,395円/前日比+199円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系PR会社。企業パブリシティ活動の支援・コンサルが主力。訪日客の分析も。 本日大きな窓を開けてストップ高で寄り付いています。同社は昨日引け後に、2019年12月期業績を発表。連結経常利益は前の期比12.8%増の5億円で着地し、続く2020年12月期も前期比29.7%増の6.5億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。同時に今期の年間配当は前期比2円増の12円に増配する方針とし、併せて映像・WEB制作会社のアーツエイハンと資本業務提携し、同社を持ち分法適用関連会社化することも明らかにしています。本日の株価は高寄り後に大陰線を強いられており、明日は落ち着き処を探ることになります。



[9273]コーア商HD [2部]業種:卸売業
終値1,007円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

ジェネリック医薬品原薬の輸入・販売が主力。医薬品の製造受託も手掛ける。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。主力の原薬販売事業が好調だった他、医薬品製造販売事業が黒字に転換したことなどが寄与し、2020年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の9.1億円に急拡大しました。なお、通期計画の13.1億円に対する進捗率は69.5%に達し、前年同期の29.6%も上回りました。目先、昨年来高値である1,085円を目指す動きにあります。



[4475]HENNGE [M]業種:情報・通信業
終値2,529円/前日比+439円
Yahooの株価リンクはこちら 

企業向けクラウドセキュリティーサービス「HENNGE One」の提供を手掛ける。本日大幅高となり、上場来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社が昨日発表した1Q決算は赤字となっているものの、決算説明資料によれば売上高は前年同期比20.5%増と大きく伸びており、売上成長のドライバーとなるHENNGE Oneの売上高は同比26.4%増で成長しているとのことです。販売費および一般管理費は、同比36.5%増の7.66億円となっており、これが赤字になった要因です。それだけに内容的には悪くないとの見方から、寄り後は確りと買われている格好です。この決算説明資料から改めて先行き期待に繋がった面もあるようで、新規で買いに動いてきた投資家も多い様子です。明日以降も買い続くか注目されます。



[6131]浜井産業 [2部]業種:機械
終値866円/前日比+126円
Yahooの株価リンクはこちら 

精密工作機械製造。電子部品用材料の研磨機が主力。シリコンウエハー向け強み。本日後場14時過ぎから商いを伴って急伸し、一時ストップ高を達成しています。同社は本日14時に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比33.0%増の2億7,800万円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の1億9,500万円から3億2,000万円に64.1%上方修正し、増益率は2.1%増から67.5%増に拡大する見通しとなっています。ザラ場の決算発表ということもあり、本日は派手に上下した株価ですが、徐々に妥当値に収斂していくでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ