株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4393]バンク・オブ・イノベーション

[4169]ENECHANGE 
[M]業種:情報・通信業
終値6,420円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

消費者向けに電力・ガスの切り替えを行う「エネチェンジ」などの運営を行う。 業種 本日大幅買い気配スタートからストップ高の一本値で急反発しました。同社は先週末12日引け後に、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表しました。また、東証が15日売買分から同社株の信用取引に関する臨時措置を解除するとし、日証金も15日分から増担保金徴収措置を解除すると発表しています。株価の目先ターゲットは当然のことながら上場来高値6,570円で、勢いよく新値を更新すると一段高相場が見えてきます。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値1,904円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。子会社でマッチングアプリ。 本日ストップ高まで買われています。同社は先週末12日引け後に本決算を発表。前期業績は赤字拡大での着地となり、今期見通しは未定としています。しかし、今期は新作大型RPG「メメントモリ」の配信開始および「恋庭」の拡大に伴い、下半期には黒字に転換し、通期で連結営業利益を計上することを見込んでいるとのことです。更に決算説明資料では、メタバースプロジェクトを組織化したと明らかにしています。未だ試作段階で本開発には入っていませんが、最近話題のメタバース関連の材料ということから、見直し買いに繋がっている模様です。同社株は足元で弱含みの展開を続けており、安値圏にあったことも見直し買いが入り易かった様子です。



[7803]ブシロード 
[M]業種:その他製品
終値1,990円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

トレーディングカードゲームが主力。スマホゲームやライブIP事業に注力。傘下でプロレスも。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を大幅に更新して一時ストップ高まで買われました。同社は先週末12日の引け後に、2022年6月期連結業績予想について発表。売上高を367億円から387億円へ、営業利益を13億円から22億円へ、純利益を7億円から22億円へ上方修正するとしています。利益率の高いTCG部門及びMD部門が好調に推移し、それぞれ四半期として過去最高の売上高となったようです。株価は2019年11月の上場来高値2,140を視界に捉えています。



[3993]PKSHA Technology 
[M]業種:情報・通信業
終値2,179円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

AIベンチャー。画像認識・自動対話などディープラーニング技術開発が軸。トヨタと連携。 業種 本日寄り前から大量の買いを集めて2営業日続伸し、ストップ高を達成しました。同社は先週末12日引け後に決算を発表。2021年9月期営業利益が前期比12%増の7億1,300万円と2桁成長を確保、続く2022年9月期は前期比40%増の10億円を予想しています。営業利益は3期ぶりに過去最高利益を大幅更新する見通しにあります。本日は差し引き11万株超の買いを残しており、株価は9月17日の戻り高値2,211円ブレイクから本格化する可能性も秘めています。



[3661]エムアップHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,785円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

コンテンツ配信が主力のITベンチャー。アーティストの有料ファンサイト運営。双方向に強み。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末12日引け後に決算を発表。2022年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比43.7%増の8.3億円に拡大しました。また、12月末現在の株主を対象に1株から4株へと株式分割すると発表。今期年間配当は7円とし、従来計画の23円から実質増額修正となります。株価を強く刺激する格好となっていますが、過熱感も感じられる水準に達しており、慎重に動きを見たい処です。



[6030]アドベンチャー 
[M]業種:サービス業
終値10,500円/前日比+1,500円
▼クリックで株探ページ▼

格安航空券の予約サイト「スカイチケット」運営。ツアーやレンタカー、金券ショップ、投資事業も。 本日ストップ高まで買われ、年初来高値を更新しています。同社が先週末12日引け後に発表した1Q決算は大幅増収増益となっており、好感されています。同社は航空券予約サイト「スカイチケット」を手掛けており、旅行関連事業と言えますが、7-9月期の多くは緊急事態宣言中にも関わらず大幅増収増益となっています。説明資料によれば、9月末の緊急事態宣言解除以降は予約数が急増しているとのことです。経済正常化に伴い同社事業には追い風になると言え、先行き期待が強まった様子です。明日以降、上場来高値を目指す展開を期待する声も聞かれました。



[6613]QDレーザ 
[M]業種:電気機器
終値1,064円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアなどの開発・製造・販売を手掛ける。 本日大幅高となり、ストップ高まで買われました。同社が先週末12日引け後に発表した2Q決算は赤字縮小となり、レーザデバイス事業は黒字化しています。1Q時点では赤字だったこともあり好感されている模様です。ただ、同社への期待はやはりレーザアイウェア事業ですが、その事業に関しては1Qから横這い状況となっています。しかし、レーザアイウェア事業への将来的な期待感は強いと言え、決算発表を無事通過したことで改めて先行き期待から見直し買いが入っている面もあるようです。先日には上場来安値射程圏まで売られたこともあり、ダブルボトムとの期待もあるため、明日以降も買いが続くのか注目されます。



[3185]夢展望 
[M]業種:小売業
終値383円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

若い女性向け衣料品のネット通販を展開。自主企画に強み。RIZAP傘下。 本日ストップ高です。同社は本日12時30分に2Q決算を発表。引き続き赤字決算となっていますが、嫌気する動きは見られていません。同社は決算と同日に「DearMyLove」の派生ブランドとして、新たにキッズ向けブランド「LittleDearMyLove」のリリースを発表。「DearMyLove」は、リアルでもバーチャルでもファッションを楽しめるのもで、所謂メタバース関連事業だけに物色材料となったようです。ただ、メタバースで着用出来る「DearMyLove」のバーチャルファッションは、既に昨年11月に指導している事業であり、目新しさは乏しいため、買いも続かないとの見方も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7072]インティメート・マージャー 
[M]業種:サービス業
終値1,690円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

フリークHDの子会社でデータマネジメントプラットフォームの提供やコンサルティングを手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は今月17日に、3Q決算発表以降に株主や投資家、アナリストや機関投資家からの主な質問をまとめた質疑応答集を公表。そこで「ポストCookie」ソリューションの進捗についての質問で、4Qまでに導入検証の段階を終え、今期中に販促フェーズに移行することを明らかにしています。ポストCookieソリューションは、同社が早期に取り組みをはじめ、同社以外での代替ソリューションが多くないことから、既に多くの引き合いを頂いているとのことです。これが好感されて17日から買われている格好です。昨日辺りから物色に勢いが付いており、本日はザラ場寄らずとなっています。この質疑応答の中身が、SNSなどで拡散され市場に知れ渡ったことで、買いが集まってきた様子です。



[3923]ラクス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,575円/前日比+145円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向けクラウドで開発・販売・支援。メール管理の大手。経費精算ソフトも。 本日買い先行スタートから確りした値動きが続き大幅3営業日続伸し、上場来高値を更新しました。同社は本日午前中に、クラウド型販売管理システム「楽楽販売」が[4733]オービックビジネスコンサルタントの財務会計システム「勘定奉行クラウド」製品とのシステム連携を開始したと発表。今回のシステム連携により、楽楽販売から勘定奉行クラウド用の仕訳データを出力することが出来るようになり、見積・受注管理、売上・請求管理、会計連携までを一気通貫で行うことが可能となったとのことです。株価は3,500円処が固まると青天井相場が始まります。



[3964]オークネット 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,870円/前日比+71円
▼クリックで株探ページ▼

ネット・オークション運営「車・バイク・フラワー・ブランド品・PC・医療機器」小売店向け展開。 本日寄り前から買いを集め急反発し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、医療従事者の教育における産学連携として、人工知能を活用して撮影しながらリアルタイムで動画内の特定の人物以外へ顔モザイクをかけるリアルタイムモザイク「LiveMasq(ライブマスク)」を日本医療大学に導入したと発表しています。本日の株価は高値を更新した後跳ね返され上影を引いた格好ですが、逆風下において戻り売り一巡後は底堅さを示しており、週明け以降正しい株価判断が成されると思われます。r />


[6960]フクダ電子 
[JQ]業種:電気機器
終値11,530円/前日比+940円
▼クリックで株探ページ▼

医療用電子機器メーカー。心電計で首位。循環器系に強み。フィリップス等と提携。 本日ギャップアップスタートからの大陽線で続急伸し、年初来高値を大幅に更新しています。昨日のNHKニュースで「都内で自宅療養者急増 在宅酸素吸入装置の需要高まる」と報じられ、同社グループのフクダライフテック東京が取り上げられていました。報道によると今月に入って在宅で酸素吸入を行える「酸素濃縮装置」を求める要請が都や保健所から相次いでいるとのことです。本日の株価は長い上影を残した訳ですが、この問題は今後も取り上げられることが考えられ、週明け早々のリスタートも考えられる状況です。



[7203]トヨタ自動車 
[1部]業種:輸送用機器
終値8,915円/前日比-380円
▼クリックで株探ページ▼

世界首位級の自動車メーカー。国内も高シェア。環境技術で優位。提携を加速。 本日続落です。昨日場中に同社の9月世界生産を計画比で4割減らすと報じられたことで大きく下落。引け後には同社が正式発表しており、説明会も実施しています。それによれば、今期の生産計画930万台には変更は無いとのことで、公表済みの今期業績予想に変更は無いとのことです。今回の減産も織り込んでいるとのことで、予め、このようなリスクも想定して計画を策定していた模様だけに過度な懸念は後退し、朝方は買われる場面も見られましたが、買いも続かず元々今期の生産計画や業績予想も上振れる期待が強かっただけに、その上振れ期待が後退したことになり、失望されていることには変わりはない模様です。減産が9月に留まるのかも不透明で、最悪10月以降も正常化出来るかは分からないとの見方からポジションを減らす機関投資家も多いようです。他の自動車メーカー株や部品関連株も引き続き売られているものが目立っています。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値2,091円/前日比+141円
▼クリックで株探ページ▼

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。子会社でマッチングアプリ。 本日買い気配スタート後に上値追いが本格化し、急反発しました。同社は本日朝方、スマートフォン向け新作RPG「メメントモリ」の事前登録を開始したと発表。併せて、2021年9月期下期中の配信開始を予定していた王道ファンタジーRPG「幻獣契約クリプトラクト」の中国本土向け配信に関し、配信開始時期を未定に変更することを明らかにしています。本日の株価は前引けに掛けて大きく上値を追ったものの、地合いもあり、後場は急速に押し戻されています。週明けから仕切り直しとなります。



[6137]小池酸素工業 
[2部]業種:機械
終値3,465円/前日比+385円
▼クリックで株探ページ▼

厚板切断機、高圧ガスに特化。プラズマ・レーザー・ガス切断機で首位。溶接装置も。 本日大幅高となり、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。今朝の日刊工業新聞で、「血中酸素計が不足 20倍増産も追いつかず」との記事が報じられています。新型コロナウイルス感染拡大による自宅療養患者の急増に伴いパルスオキシメーターの供給が追いつかない事態となっているとのことです。コニカミノルタ、小池メディカル、日本精密測器などは増産や拡販に対応するものの、前例の無い需要急増がいつまで続くか読み切れず更なる設備投資や増員には二の足を踏んでいる状況とのことです。小池メディカルは同社子会社だけに、この記事が刺激になっている模様です。また、同社は医療用酸素も手掛けているだけに「酸素ステーション」への期待も根強いものの、何れも特需と言え、業績寄与しても一時的ながら改めて特需期待が物色材料になっている格好です。同社株は小型の貸借銘ということもあり、踏み上げの思惑もあるようです。なお、日証金は後場から同社株を売り禁としています。



[9241]フューチャーリンクネットワーク 
[M]業種:サービス業
終値3,615円/初値比-700円
▼クリックで株探ページ▼

本日新規上場した銘柄です。公開価格2,470円に対して初値は4,315円となりました。初値形成後は少し買われたものの、すぐに売られて特売りになっています。そのまま前場寄らず後場はザラ場寄らずのストップ安売り気配となっています。初値もしくは初値形成直後買いに行った向きの逃げ場はほぼ無いような動きとなっており、稀に見る酷い動きと言えます。超小型IPOで今期業績も大幅増収増益計画ということもあって、人気化必至との見方も多く、初値は5,000円以上になるとの見方も多かったIPOですが、このような動きになっていることからIPOに対する買い意欲がかなり衰えている様子です。なお、もう1つのIPOである[4076]シイエヌエスもストップ安まで売られています。このIPOの動きからも個人投資家の心理はかなり悪化している恐れもありそうだとの声も聞かれました。来週見直されるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6938]双信電機 
[1部]業種:電気機器
終値529円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

日本ガイシ系電子部品メーカー。産業用ノイズ除去フィルターなど柱。情報機器向けも。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常損益は4,300万円の黒字に浮上し、従来予想の2,000万円の黒字を上回って着地。2022年3月期の同利益は前期比14倍の6億円に急拡大する見通しを示しました。ただ、ボリンジャーバンドの+3σを超えるなど過熱警戒感も懸念される水準に達しており、調整入りも想定されます。



[5486]日立金属 
[1部]業種:鉄鋼
終値2,120円/前日比+225円
▼クリックで株探ページ▼

高級金属製品や磁性材料等で世界高シェア。日立電線と合併。環境分野開拓。 本日大幅高です。一昨日28日に、[6501]日立製作所が正式に米投資ファンドのベインキャピタルなどの日米ファンド連合に同社株の売却を発表。それに伴い、ベインキャピタルは同社株を一般株主から1株2,181円でTOBを実施するとのことです。事前報道で買収額は8,000億円超と報じられていただけにTOB価格は1,900円台になるとの見方が多かったものの、実際の買収額は8,100億円超で、ほぼ事前報道通りでした。ただ、日立製作所が保有する同社株は1株1,674円で取得し、残りの株主からは1株2,181円のTOBで取得するとのことで、本日はそれにサヤ寄せする格好で始まるもTOB価格2,181円からは結構乖離しています。TOBは11月下旬を目途に実施とのことで、未だ日柄が多いだけにTOB価格からの乖 離が大きいのは止むを得ないと言えます。日柄と共に徐々にサヤ寄せしていくのではと見られています。



[9696]ウィザス 
[JQ]業種:サービス業
終値575円/前日比+69円
▼クリックで株探ページ▼

学習塾「第一ゼミナール」主力。ICT教育。通信制高校生サポートや個別指導塾も。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反発し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が160億円から前の期比7.5%減の162億7,000万円へ、営業利益は5億円から同23.2%減の10億8,000万円へ、最終損益は1億5,000万円の赤字から同90.8%増の6億2,000万円の黒字へ上振れて着地したようだとしています。株価は昨年6月の戻り高値を更新した処で上げ一服となりましたが、目先はこの600円レベルがポイントとなりそうです。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値2,775円/前日比-225円
▼クリックで株探ページ▼

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 本日大幅安です。同社は一昨日28日に子会社が手掛けるスマートフォン向けの新マッチングアプリ「恋庭」の配信を開始したと発表。ただ、好感する動きは見られず本日は朝から売られています。既に4月12日には「恋庭」配信日が4月28日に決定したと発表していただけに目新しさは乏しく、4月12日以降配信開始へ向けてイベントドリブン的に同社株を買っていた向きも多いと思われ、配信開始で出尽くし的に売られた格好です。セールスランキングが圏外になっているとのことが嫌気されているとの見方もありますが、ゲームの性質上セールスランキング上位になるような可能性は低いとの声も少なくありません。それだけに市場では過剰に期待され過ぎていたのではと見られています。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値2,248円/前日比+298円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日大きな窓を空けて続急伸し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年9月期の連結業績予想について発表。売上高を5,000億円から前期比25.4%増の6,000億円へ、営業利益を300億~350億円から同69.7~84.5%増の575億~625億円へ上方修正し、併せて期末一括配当予想を9.25円(株式分割考慮)から10円へ引き上げています。本日の株価は大幅ギャップアップスタート後も上げ幅を広げており、新しいステージ入りを匂わせています。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,864円/前日比-251円
▼クリックで株探ページ▼

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日大幅安です。同社は一昨日28日に、大幅増収増益の1Q決算と中間・通期業績の上方修正を発表。市場コンセンサスは無いものの、四季報予測は大きく上回っています。それが好感されて買い優勢で始まるも寄り後は売られてしまう動きになっています。そのままマイナス圏まで売られ、下げ幅を拡大する動きとなって出尽くし的な格好になっています。新型コロナウイルスの影響が追い風になっており、所謂ウィズコロナ銘柄だけに今期業績がピークとの見方が多いようで、買い手より手仕舞う向きが多い様子です。ただ、コロナ収束後も同社サービスの需要はなくならず、緩やかながらも業績拡大は続くとの見方も少なくありません。それだけに更に下げれば買いも入る期待があるとの声も聞かれました。



[6378]木村化工機 
[1部]業種:機械
終値801円/前日比+96円
▼クリックで株探ページ▼

化学プラント主力。原発関連の容器、濃縮機器に強み。公害防止用機器も。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反発し、年初来高値を更新しました。同社は一昨日28日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が203億円から前の期比3.9%増の215億1,000万円へ、営業利益は10億2,000万円から同8.6%増の19億円へ、最終損益は7億2,000万円から同9.5%増の13億3,000万円へ上振れ、減益予想から一転して営業増益で着地したようだとしています。株価は直近レンジを上放れてきており、次なる目標は2019年12月高値839円になります。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値30,300円/前日比-7,000円
▼クリックで株探ページ▼

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は一昨日28日引け後に、OEMパートナーであるNTT西日本から、AI-OCRサービスのライセンスの内、未使用分について期間満了日をもって更新を行わない旨の通知を受けたと発表。NTT西日本が販売した多くのユーザーが、AI-OCRサービスのライセンスを1年間の最低利用期間を待たずに解約しているとのことです。その数は9284件中、8割超となる7636件が5月から6月に不更新が見込まれるとのことです。もし、NTT西日本が全てのライセンスを更新しない場合、今期売上高へ与える影響は17.63億円にもなるとのことだけに業績へのインパクトは多大だと見られています。また、連想的にNTT西日本だけでなく、他の販売先の不更新も警戒されている模様で、何れにせよ高成長をかなり織り込んで同社株は買われてきただけに、成長期待も剥落した格好で下値は深いと見る向きも多いようです。先ずは5月12日に予定している本決算で示す今期見通しが注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7175]今村証券 
[JQ]業種:証券・商品
終値1,399円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

富山、石川、福井の北陸3県が地盤の老舗証券会社。仕組み債などに注力。 本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期第2四半期累計の業績予想は経常利益が前年同期比4.1倍の6.5億円に拡大する見通しとなっています。前年同期に比べて株券や債券、受益証券の受け入れ手数料が増加したことが主因とのことで、10月28日の決算発表を目前に手控え気味にあった株価を大きく刺激していますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド 
[M]業種:その他製品
終値170円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも。コナカグループ。 本日ストップ高まで買われています。同社が手掛けるブランドの1つ「サマンサタバサプチチョイス」が、スマートフォン向けゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」とコラボした財布やバッグなど全79アイテム商品を発表。昨日から受注販売受付をスタートしています。人気のゲームだけに、かなり売れるのではとの思惑から、本日は見直し買いに繋がっているようです。同社株は業績回復の兆しも見られないことから、安値圏で推移していたこともあり、このコラボを機に業績回復のキッカケになればと期待する声も聞かれました。これを受け親会社である[7494]コナカも物色されています。



[4286]レッグス 
[1部]業種:サービス業
終値1,390円/前日比+221円
Yahooの株価リンクはこちら

販促グッズ企画など、マーケティング活動を支援。食品、飲料、流通向けが主体。 本日大きな窓を空けてストップ高で寄り付くなど、4営業日大幅続伸しています。同社は昨日引け後に、2020年12月期連結業績予想の増額修正を発表。売上高は150億円から前期比6.2%減の155億円に見直した他、営業利益は5億円から同38.2%減の7億円、純利益は6億円から同31.2%減の8億円に修正しました。経済活動回復の中で、流通顧客向け物販および流通顧客向けプレミアムが好調に推移しているもよう。なお、今期期末一括配当予想は従来の1株当たり13円を23円とすることも明らかにしています。コロナショック後の株価回復が相対的に遅れていたため、見直しの動きが強まった。本日の株価は高寄り後に陰線を強いられており、早期の仕切り直しが迫られます。


[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値3,340円/前日比+210円
Yahooの株価リンクはこちら

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われています。同社はスマートフォン向けゲーム「ミトラスフィア-MITRASPHERE-」を本日11時に中国本土で配信開始したと発表。元々は9月末までの配信開始予定でしたが、8月下旬に10月〜12月に延期すると発表していました。その延期発表を受け同社株は大きく下落して調整していたことから、無事配信開始されたことで見直し買いに繋がった様子です。ただ、物色一巡後は上げ幅を縮小しており、配信開始で出尽くし的な動きになっています。もう1つ、中国本土配信へ向け進めている「幻獣契約クリプトラクト」への期待もあるものの、同社は同タイトルに関しては来年3月までの配信開始見込みだとしており、それに期待して今から買うのは時期尚早との声が多いため、明日以降の動向が注目されます。



[2480]システム・ロケーション 
[JQ]業種:サービス業
終値1,865円/前日比+190円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車金融・販売の支援システムが主力。顧客にリース会社。従量課金が拡大。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の1.9億円から2.5億円に28.2%上方修正し、11.6%増益見込みで14期振りに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。これを受けて株価は一時ストップ高を付けるなど、大きく買いが流入しましたが、2,000円処からは売り圧力も強く、目先この水準を保てるかどうかがポイントとなりそうです。



[6238]フリュー 
[1部]業種:機械
終値1,350円/前日比-5円
Yahooの株価リンクはこちら

プリントシール機、開発・販売で圧倒的。関連の消耗品や有料アプリ会員が拡大。 本日一時大幅高となり、年初来高値を更新しています。東海東京調査センターが強気レポートを出しており、これが刺激になった様子です。投資判断を新規「アウトパフォーム」とし、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。レポートによれば、プリントシール事業と連動するスマートフォンアプリ「ピクトリンク」は月額課金モデルで10代〜20代の女性から高い支持を獲得しているとのことで、同社のストックビジネスとして収益に安定的に貢献しているとのことです。また、「鬼滅の刃」版権ビジネスが拡大していると指摘しており、鬼滅の刃関連株として改めて意識された面もあるようです。ただ、本日は地合いの悪さもあり、同社株は高値圏ということもあって、買い一巡後は利食い売りに押され、上げ幅を飛ばしています。昨日発表した9月売上高が前年同月比15.8%減となっていたことも重しになっている面もある様子です。



[6486]イーグル工業 
[1部]業種:機械
終値890円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

NOK系のメカニカルシール、特殊バルブ大手。車向け中心に船舶、航空機用も。 本日大幅買い気配スタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期業績予想について発表。売上高を1,234億円から前期比12.7%減の1,241億円へ、営業損益を18億円の赤字から同80.9%減の11億円の黒字へ、最終損益を34億円の赤字から同96.6%減の1億円の黒字へ上方修正しました。自動車・建設機械業界向け事業において減収幅が抑えられる見通しとなったほか、プロダクトミックスや固定費の支出抑制などで、収益性も良化する見通しのもよう。もともと業績予想は保守的とみられていたが、想定以上の収益改善と捉える動きが先行。本日の株価は、場中に一時全体安に連れる場面があったものの、引けに掛けては上値を更新するなど目先上値慕いを漂わせています。



[9326]関通 
[M]業種:倉庫・運輸
終値3,025円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースを展開する顧客企業の配送センター代行業務などを手掛ける。 本日大幅安となり、ストップ安を付けています。同社は昨日、みずほ証券へ新株予約権発行を発表。希薄化は最大12.36%になり、嫌気されています。今後もEコマース市場の成長が持続するものと予想しており、顧客の物流サービスに対するニーズに速やかに対応出来るよう積極的に設備投資を推し進めるために資金調達するとのことで、将来的な成長に繋がる資金調達だけに、これ程嫌気されなくても良いとの見方も多いものの、同社株は足元で高値圏にあったということもあり、手仕舞い売りのキッカケとなった面もあるようです。また、同社は3月に新規上場したばかりで、早くも新たな資金調達に踏み切ったことも意外感があった様子です。なお、本日は新興市場の地合いが悪く、それも重しになっている面もあるようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3851]日本一ソフトウェア 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,057円/前日比+61円
Yahooの株価リンクはこちら

ソニーのPS4・PSV用を主力とするゲームソフトメーカー。スマホ向けゲームアプリにも注力。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に「魔界戦記ディスガイア6」のティザーサイトを公開。ニンテンドースイッチ向けに2021年1月28日発売予定であることを発表しました。人気シリーズの最新タイトル発表で、業績寄与を期待する動きが先行し、買いが流入しています。ただ、前場こそストップ高を付けましたが後場からは大きく売り込まれるなど目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定され、慎重に動きを見たい処です。



[4366]ダイトーケミックス 
[2部]業種:化学
終値1,321円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

感光性材料最大手。半導体、写真材料や医薬関連が主力。産廃処理事業も。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。本日発売の会社四季報「秋号」にて【絶好調】との見出しで紹介されていることで、本日は改めて見直し買いが入ってきているとの見方です。四季報の【絶好調】は、業績に一点の曇りも無い時にだけに許される最高級の見出し、と四季報は位置付けています。今回の「秋号」でこの【絶好調】の見出しが付けられたのは、同社株だけとなっています。2021年3月期業績は会社計画を大幅に上回ると四季報では予想しています。同社株は既に高値圏にあったものの、この四季報を受けて改めて見直し買いが強まったようです。来週以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[9360]鈴与シンワート 
[2部]業種:情報・通信業
終値1,610円/前日比+299円
Yahooの株価リンクはこちら

鈴与グループのIT中堅。システム開発でNTTデータと協力。物流も柱でセメントに強み。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日、印鑑Bot「Biz-Oin」の提供を開始すると発表。社内承認の捺印処理業務をオンライン上で完結する定額制サービスで、在宅勤務でも押印が可能な他、ワークフロー処理の時間を大幅に短縮出来ることが特徴です。リモート勤務が定着する中、捺印処理業務のオンライン化への需要取り込みが見込まれ、新値追いに期待されます。ただ、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[9434]ソフトバンク 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,242.5円/前日比-66円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトバンクグループの中核。携帯・固定通信やICTソリューションを提供する。 本日反落です。連休明けは大規模な売出株の受渡日であり、ある程度は繋ぎ売りも入っていると言えるものの、それなりの売りが出てくることは警戒されています。それが重しとなっていることに加え、菅首相が総務相に携帯電話料金の引き下げなどについて結論を出すよう指示を出したと報じられたことも重しとなっています。携帯電話料金引き下げに関しては既に警戒感から売り込まれてきたと言え、ある程度は織り込み済みとの見方も多いようです。実際に引き下げが決まればアク抜けになるとの見方も多く、更に突っ込めば買い場になると見られています。一先ず同社株に関しては連休明けの売出株受渡日を無事通過出来るか注目です。来週、売出価格1204.5円を割らなければ、安心感に繋がり、買いに来る向きも増えそうです。



[6069]トレンダーズ 
[M]業種:サービス業
終値779円/前日比+57円
Yahooの株価リンクはこちら

インフルエンサーをマーケティングに活用した販売促進支援。SNS中心に広告運用も。 本日前場に急上昇を見せて大幅続伸しました。同社は昨日引け後に、保有する営業投資有価証券の売却に伴い、2021年3月期上期に売却益1億円を営業利益に計上することを発表しています。直近の株価は5日線を絡めた上値指向の強い展開を続けてきましたが、本日は一気に上値追いが進んでおり、8月19日に上影で記録した戻り高値785円を奪回してきました。次なるターゲットは、2月20日の年初来高値875円ということになります。



[3776]ブロードバンドタワー 
[JQ]業種:情報・通信業
終値505円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

都市型データセンター運用が主力。ビッグデータ、AIも。5G対応センター、テレワークに注力。 本日大幅続伸となり、ストップ高まで買われています。特に材料は見当たりませんが、今月に入ってから強い相場を続けています。同社は5Gデータセンター手掛けていることから今後の需要拡大期待が強いようで、菅首相がデジタル庁を新設することを掲げていることから関連株との見方もありますが、何れにせよ仕手化している状況であり、一日信用売りなどで空売りしている短期資金が踏まされているとの声も聞かれました。ただ、本日ストップ高まで買われたことで、ピーク感も強いとの声も聞かれました。同社株の派手な上昇の刺激を受けて、やはりデータセンターを手掛ける[3778]さくらインターネットも買われています。また、同社と5Gデータセンターの活用で協業している[6038]イードも買われ、[6327]北川精機は5G通信インフラ整備関連として、やはり刺激受けたとの見方です。



[2183]リニカル 
[1部]業種:サービス業
終値890円/前日比+88円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬品の開発業務を受託。臨床試験の2・3相に特化。医薬品販売支援も。 本日後場買い気配スタートから急伸し、一時ストップ高まで買われました。同社は本日11時30分に北里研究所とイベルメクチンの新型コロナウイルス感染症に対する適応追加を目指した医師主導治験についての治験業務委託契約を締結したと発表。イベルメクチンは、2015年のノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智北里大学特別栄誉教授が発見したマクロライド系抗生物質です。本日の急動意は商いを伴っており、暫く注目は続くでしょう。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値3,910円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 本日前場は確りと買われていましたが、昼に未定としていた2020年9月期業績見通しを開示。大幅減収計画で利益面はレンジで開示。営業赤字の可能性も示され、純利益に関しては赤字確定的な見通しとなっています。本日発売した新四季報では、黒字予想となっており、赤字予想はネガティブサプライズとなります。これを受け後場はザラ場寄らずのストップ安となっています。ただ、今期は今月までであり、来月から来期になるため、来期業績は大幅増収増益になるとの期待は強いだけに更に下げれば押し目買いも入るとの声も聞かれました。なお、同社は本決算発表を11月上旬に予定しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2721]ジェイHD 
[JQ]業種:卸売業
終値367円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産管理Web事業に注力で経営再建中。フットサル施設運営やITコンサル事業も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第2四半期累計の連結最終損益は1.6億円の黒字に浮上して着地しました。不動産売買に関する大型案件が決済されたことで不動産事業が伸長し売上高を牽引。また、子会社株式の譲渡に伴い特別利益として子会社株式売却益および貸倒引当金繰入額を計上したことも最終損益の黒字転換に寄与しました。本日、強い動きを見せましたが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ているため、注意が必要です。



[3038]神戸物産 
[1部]業種:卸売業
終値6,260円/前日比-520円
Yahooの株価リンクはこちら

業務用食品スーパーを全国展開。個人客も多数。外食店、そう菜店運営も。 本日大幅安です。昨日同社は7月の月次を発表。7月売上高は前年同月比14.0%増となり、6月の20.6%増より伸び率が鈍化しています。同社の売上高の月次は4月をピークに伸び率が鈍化してきており、更に経常利益は前年同期比11.2%減となり、今期初めての前年割れとなっています。同社の株価は上場来高値圏にある状況だけに利食い売りのキッカケとなったようです。この月次を機に同社株は本格的な調整入りとなる可能性もあるのではと警戒する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[3172]ティーライフ 
[1部]業種:小売業
終値1,337円/前日比+61円
Yahooの株価リンクはこちら

自社企画の健康茶、健康食品、化粧品などをカタログ・ネットで通販。M&Aに意欲。 本日買い気配スタートから急反発し、年初来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、集計中の2020年7月期連結業績について発表。売上高が93億7,300万円から前期比13.9%増の105億7,700万円へ、営業利益が3億6,800万円から同45.9%増の4億9,600万円へ、純利益が2億6,500万円から同73.1%増の4億1,900万円へ上振れて着地したようだとしました。本日の株価は悪地合いもあり上影陰線を強いられましたが、週明け早々の地均しが重要になってきそうです。



[8750]第一生命HD 
[1部]業種:保険業
終値1,585.5円/前日比+67円
Yahooの株価リンクはこちら

国内生保大手。株主数は国内最多。契約者数約800万人。海外急拡大。 本日大幅上昇です。本日は保険や銀行株が総じて買われています。昨晩のNY市場では、パウエルFRB議長が低インフレリスクに言及し、将来的にインフレ率が目標である2%を一時的に越えることを容認する方針を示し、現状のゼロ金利がそれまで続くとの見方に繋がりました。それを受け米国債が売られ、長期金利が上昇。米10年物国債利回りは約2ヵ月半ぶりの水準まで上昇しました。それにより昨日のNY市場では金融株が買われており、東京市場でもその流れで金融株買いに繋がっているようです。ただ、このまま米長期金利の上昇が続くと見る向きは乏しく、金融株買いも続き難いとの声も聞かれました。来週の動向が注目されます。



[3965]キャピタル・アセット・プランニング 
[2部]業種:情報・通信業
終値973円/前日比+39円
Yahooの株価リンクはこちら

生保向け資産管理プラットフォームの提供。運用・コンサル事業。個人相続税対策も。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しましています。同社は昨日引け後に、2020年9月期業績予想の修正を発表。営業利益は従来予想の7,000万円から1億6,000万円に2倍強上方修正しました。新型コロナウイルスの影響もあって遠隔コンサルティングシステムなどの受注獲得が寄与している他、プロジェクト利益率の改善や販管費の削減努力などが反映される見通しとのことです。目先の株価は本日レジスタンスとなった200日移動平均線がポイントになるでしょう。



[3569]セーレン 
[1部]業種:繊維製品
終値1,406円/前日比+140円
Yahooの株価リンクはこちら

総合繊維会社。染色技術に強み。車用シート・エアバッグ材が主力。化粧品育成。 本日大幅上昇です。昨夕、SBI証券が同社のレポートをリリースしており、投資判断「買い」と目標株価2,000円は継続で変更は無いものの、内容的に好感されているとの見方です。それによれば、同社は「隠れた米EV車最大手・携帯タブレット最大手関連銘柄」と指摘。社名は書いていませんが、テスラとアップルだと思われます。同社は足元急成長中の米EV車最大手の上海新工場向けに初めて同社製品の納入が開始された模様だとのことです。また、エレクトロニクス分野では米携帯・タブレット大手向けが伸長と指摘しており、米EV車最大手向け・米携帯タブレット最大手向け、この双方を新規顧客に持つ点を評価しています。このレポートを受け本日は見直し買いに繋がっているようです。



[1730]麻生フオームクリート 
[JQ]業種:建設業
終値713円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

気泡コンクリート最大手。地盤改良工事等に注力。中国で合弁も。麻生グループ。 本日後場14時過ぎから商いを伴い急伸し、ストップ高まで買い進まれました。複数のメディアが「安倍首相が辞任の意向を固めた」と伝えたことを受け、麻生副総理の親族が代表を務める麻生グループの1社である同社に思惑的な買いが入った格好です。株価は週明け以降もニュースに振り回される場面があるでしょうが、投機的な色彩も濃く、場に張り付ける投資家のみ参加可ということになるでしょう。



[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値4,030円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 連日でザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。明日は下限だけ値幅制限4倍になるため、明日のストップ安は2,800円安の1,230円となります。同社は2020年9月期中に中国本土で配信開始予定としていたスマートフォン向けゲーム「ミトラスフィア」と「クリプトラクト」の配信開始時期を延期すると発表。新たな配信開始時期は2021年9月期の1Q〜2Q中とのことです。この2つのタイトルの中国配信が2020年9月期中だと8月上旬に発表しており、それ以降同社株は期待感から随分と買われてきていました。それだけに配信延期で派手に売られるのも無理はないと言えるでしょう。ただ、配信が無くなった訳ではないため、週明けに買いを狙う向きも多そうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ