株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4384]ラクスル

[3906]ALBERT 
[M]業種:情報・通信業
終値6,270円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

ビッグデータをAI活用したマーケティング支援システムを提供。AIチャットボットに注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、[8473]SBI HDと資本業務提携に関する基本合意書を締結すると発表。SBI HDが同社の主要株主から138万3100株(発行済株式総数の31.29%)を取得し、筆頭株主となります。ビッグデータやAIを活用して既存事業を高度化する他、新規サービスの企画検討や開発などで協業します。ただ、株価は節目付近にも到達し、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値791円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日ストップ高まで買われています。昨日、米国で太陽光発電システム大手の米ファーストソーラーが、3番目の太陽光パネル工場を建設すると発表。米国の太陽光発電のシェア拡大を見越し、生産能力を倍増するとのことです。これが日経新聞電子版でも報じられています。ファーストソーラーは同社の主要顧客であり、受注に繋がり恩恵を受けるとの見方から見直し買いに繋がっています。また、同社株は小型の貸借銘柄だけに空売りが多く入ると踏み上げの思惑も出易いと期待する声も聞かれました。なお、太陽光関連の[3856]Abalanceや[4651]サニックスも刺激を受けて大きく買われています。明日以降も物色が続くか注目です。



[4523]エーザイ 
[1部]業種:医薬品
終値10,000円/前日比-755円
▼クリックで株探ページ▼

製薬大手。神経系と消化器系に強み。がん関連や認知症薬分野に進出。 昨日まで2日続けてザラ場寄らずのストップ高でしたが、本日は小高く寄り付くと買いも続かず売り込まれる動きになりました。大和証券が改めてレポートを出しており、同社株の投資判断を「4」継続として目標株価を従来の5,200円から4,700円にまさかの引き下げとしています。アルツハイマー治療薬アデュカヌマブの検証試験の費用を考慮し、販管費や研究開発費の予想を増額したことなどで、業績予想を下方修正したとのことです。アデュカヌマブの状況が伝わるに伴い過度な期待は後退し、株価は割高との見方が拡がると改めて指摘しています。FDAによる承認を受け強気判断で目標株価の引き上げが相次ぐ中、同証券は一貫して弱気姿勢を貫いています。これを受け先行きに慎重になる投資家が増えたようで、本日は手仕舞い売り優勢の動きになっています。



[4013]勤次郎 
[M]業種:情報・通信業
終値2,266円/前日比+173円
▼クリックで株探ページ▼

働き方改革や健康経営を支援するソリューションサービスの提供などを手掛ける。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に自社株買いを実施すると発表しました。上限を60万株(発行済み株数の5.76%)・10億円としており、取得期間は6月10日から11月30日までで、資本効率の向上および株主還元の強化を図ることが狙いとのことです。本日の大幅高で株価は急速に切り下がる25日移動平均超に浮上し、5日線は既に上向き転換しており、中期目線でのトレンド転換の有無に注目が集まります。



[3565]アセンテック 
[1部]業種:卸売業
終値1,408円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

仮想デスクトップ関連の製品開発、販売。テレワークや在宅勤務に強み。インフラ構築も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2022年1月期第1四半期の経常利益は前年同期比20.2%増の2.1億円に伸び、2-7月期計画の3.5億円に対する進捗率は60.6%に達しました。また、発行済み株式数の1.03%に当たる14万株、2億円を上限とする自社株買い実施も発表。これを受けて本日25日移動平均線をブレイクしましたが、上値では戻り圧力の高まりも感じられますので、注意が必要です。



[6069]トレンダーズ 
[M]業種:サービス業
終値725円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

インフルエンサーをマーケティングに活用した販売促進支援。SNS中心に広告運用も。 業種 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。昨晩ブルームバーグで、バイデン米大統領が中国企業が運営するアプリ「TikTok(ティックトック)」と「微信(ウィーチャット)」に対するトランプ前政権時代の禁止令を取り消すと報じられています。同社はTikTokのBytedance社と広告パートナー契約を締結しており、TikTok関連事業も手掛けていることから思惑的に本日は物色材料となっている様子です。同社も小型の貸借銘柄だけに空売りが多く入ると面白そうですが、明日以降も物色が続かないと空売りもそう増えそうもないとの声も聞かれました。それだけに明日も物色が続くのか注目されます。なお、[4838]スペースシャワーネットワークもTikTok関連株として一時派手に買われましたが、こちらは大きく垂れて引けています。



[4820]イーエムシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値908円/前日比+81円
▼クリックで株探ページ▼

調剤薬局向けデータ管理システムの開発・販売・メンテ。国内シェア首位。電子カルテも。 本日大きな窓を空けて急反発しました。いちよし証券がレーティングを「B」から「A」に格上げし、フェアバリューも850円から1,400円に引き上げました。新システムの「MAPs」が調剤向けに複数の大手薬局チェーンで導入が始まっており、今後の成長拡大が現実味を帯びてきたと評価しています。株価は本日の急騰で4月7日の戻り高値913円をブレイクしてきており、このレベルが固まれば年初来高値への挑戦権を得ることになります。



[4199]ワンダープラネット 
[M]業種:情報・通信業
終値4,815円/初値比+700円
▼クリックで株探ページ▼

x スマートフォン向けにアプリやゲームの企画・開発・運営などを手掛ける。 本日新規上場した銘柄です。公開価格2,560円に対して、1.6倍の4,115円で初値を形成。寄り後は売り買い交錯ながらも確りと上げてストップ高で引けています。市場予測では初値は5,000円以上にはなるとの見方も多かっただけに、想定よりかなり早く初値を付けた格好です。同社の既存株主にはVC(ベンチャーキャピタル)がズラリと並んでおり、ロックアップが掛かるも公開価格1.5倍以上、つまり3,840円以上でロック解除となります。公開株数は込み込みで22万株弱ですが、公開価格1.5倍以上でロック解除となる株数は120万株以上もあるだけに、一部のVC辺りが早々に売ってきたため、初値が想定より安くなったとの見方です。初値形成後に確りと買われながらも度々まとまった売りに押される動きも見せており、VC売りが継続的に出ているとの声も聞かれました。ただ、本日の出来高から、かなりVC売りも熟したと思われ、明日以降上値が軽くなると期待する向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6184]鎌倉新書 
[1部]業種:サービス業
終値1,010円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ネットで葬儀や仏壇、お墓を中心としたサイト運営と出版事業。バイセルと提携。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年1月期の連結経常利益は前期比66.4%減の2.6億円に落ち込みましたが、2022年1月期は前期比2.7倍の7.2億円にV字回復する見通しとなりました。また、従来未定としていた前期の期末一括配当を1円実施。相続事業、新規サービス事業などの新規事業の成長も見込まれ、昨年12月22日に付けた高値1,209円を目指す動きにあります。



[4384]ラクスル 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,490円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

ネットで印刷物を注文できる印刷通販サイト「ラクスル」運営。運送の仲介「ハコベル」も。 業種 本日大幅上昇となり、ストップ高まで買われました。同社は昨日、大幅増収で黒字転換となる2Q決算を発表。四半期ベース(11-1月期)でも黒字転換となっており、営業利益(non-GAAP)は2.66億円で過去最高益を更新、売上高も過去最高額となっています。通期業績は据え置いているものの、営業利益は既に通期予想レンジの上限を大きく超えており、上振れ必至との見方が多いようです。コロナ禍の悪影響が警戒されていたこともあり、決算への期待は乏しかっただけに、思った以上の好決算となったことで、本日は見直し買いに繋がっています。これを機に上昇基調を続ける展開になっていくか注目されます。



[4669]ニッパンレンタル 
[JQ]業種:サービス業
終値1,068円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

建設機械レンタル中堅。保守・補修向け主力。信越地盤から首都圏展開へ強化。 本日寄り前から大量の買いものを集め5営業日大幅続伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、MBOの一環として石塚春彦社長が代表取締役を務める赤城社が同社株に対してTOBを実施すると発表。TOB価格1,050円で買付予定数は190万7191株(下限115万650株、上限設定なし)で、買付期間は3月12日から4月22日までとなります。現値の上方は昨年7月上旬に商いを熟したレベルで、戻り売りをどう捌くかが週明け以降のポイントになってきそうです。



[2901]石垣食品 
[JQ]業種:食料品
終値139円/前日比+21円
▼クリックで株探ページ▼

麦茶とビーフジャーキーの両輪。「ミネラル麦茶」が主力。ネット通販事業買収で拡大。 本日大幅高です。一時ストップ高まで買われました。同社は昨日、第三者割当増資による資金調達を発表。同社は2021年3月末に債務超過を解消出来ないと上場廃止となる見込みだっただけに、今回の資金調達で債務超過解消となる見込みで上場維持となります。大規模な希薄化となりますが、一先ず上場廃止が回避されたことで本日は好材料視されています。また、調達資金の一部でアグリテック・フードテック事業を展開するベジタリア社に出資し、資本業務提携するとも発表しており、それを好感する声も聞かれました。ただ、同社の先行き不透明感は払拭はされておらず積極的に上値を買い向かう投資家は乏しいようで、買い一巡後は上げ幅を縮小する動きになっています。



[8230]はせがわ 
[1部]業種:小売業
終値330円/前日比+35円
▼クリックで株探ページ▼

仏壇仏具専門店最大手。墓石や屋内墓苑販売を強化。葬儀社と提携も。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想について発表。売上高を173億円から前期比1.2%減の177億円へ、営業利益を4億円から8億円(前期は9億5,700万円の赤字)へ上方修正しました。なお、未定としていた期末配当予想は2円方針としており、年間配当は2円と、こちらは前期実績の3円75銭に対して減配となる予定です。本日の株価大幅高で昨年5月以来10ヵ月ぶりに52週移動平均線を上回ってきた訳ですが、350円手前にはシコリが残っており、この価格帯の株価動向に注目が集まります。



[4014]カラダノート 
[M]業種:情報・通信業
終値1,732円/前日比-220円
▼クリックで株探ページ▼

妊娠出産育児に関するメディアの企画やアプリの企画開発などを手掛ける。 本日大幅安です。同社は前引け後には2Q決算と通期業績の修正を発表。2Qの11-1月期業績は8-10月期比で大幅減収減益となっており、通期業績は一応上方修正と言えますが、従来予想を下限としたレンジ幅への修正で、何とも微妙な修正と言えます。12月11日に発表した1Q決算が良かっただけに期待感もあったと思われ、それだけにこの決算を受け後場は売り優勢で始まっています。来週下げ渋りが見られるか注目されます。



[7683]ダブルエー 
[M]業種:小売業
終値3,255円/前日比+371円
▼クリックで株探ページ▼

WA ORiental TRafficブランドの婦人靴の企画・販売。子会社に卑弥呼。 本日大きく急伸しました。同社は今朝、業績修正を発表。2021年1月期の連結経常利益を従来予想の1.8億円から3.1億円へと71.8%上方修正。コロナ禍に対応して客単価を重視する販売戦略に切り替えたことやEC事業が好調に推移していることが上振れの要因になっています。上昇トレンドを形成していた株価に弾みが付いた形となりましたが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[4755]楽天 
[1部]業種:サービス業
終値1,245円/前日比+99円
▼クリックで株探ページ▼

ネット通販大手。金融、旅行、電子書籍など幅広く展開。携帯電話に参入。 本日小幅安水準で推移していましたが、後場13時頃突如動意付き、昨年来高値を更新して一時1,275円まで買われる場面も見られました。NHKニュースにて同社と[6178]日本郵政が、資本提携する方針を固めたことが関係者への取材で明らかになったと報じられたことがキッカケです。同社は去年12月に日本郵政傘下の日本郵便と物流のデジタル改革で戦略的な提携を結んでいるだけに、目新しさは乏しいとの声も聞かれました。今回、資本提携で関係を強化するとのことで、引け後には正式発表しています。日本郵政が同社に出資するとのことで、出資比率は8.32%。これを受け週明けどういう反応を見せるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2375]ギグワークス 
[2部]業種:サービス業
終値2,604円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

IT支援サービス展開。BPO業務支援や人材派遣が主体。コールセンターやPCサポートも。 本日寄り前から大量の買いもの集め大幅続伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は先週末11日引け後に、2021年10月期の連結業績予想を発表。売上高は前期比21.4%増の240億円、経常利益は同19.4%増の12億円になりそうだとし、何れも過去最高を更新する見通しとなりました。併せて今期の年間配当を前期比2円増の24円に増配する方針としています。本日の株価は、前場に時より剥がれる場面が見受けられるも10時21分以降は張り付いたまま終えており、シコリが少ないゾーンを駆け上がる可能性も出てきています。



[5632]三菱製鋼 
[1部]業種:鉄鋼
終値678円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

特殊鋼、ばね大手。アジア、北米など海外に生産拠点。加工組み立てに進出。 本日大幅高となり、ストップ高まで買われています。先週末の日経新聞で同社は2022年3月期の連結営業損益で30億円の黒字を目指すと報じています。今期である2021年3月期営業損益は66億円の赤字の見込みですが、来期はコロナ禍からの一定の回復を見込む他、人員削減や生産拠点集約などコスト改革を進めるとのことです。同社株は安値圏での揉み合い相場続けており、出遅れ感もあったことから見直し買いのキッカケとなった様子です。低PBRの小型株ということもあり、個人投資家の買いも集まり易かったようです。これを機に同社株は何処まで見直されて買われるのか明日以降の動向が注目されます。



[4060]rakumo 
[M]業種:情報・通信業
終値2,380円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

企業向けクラウド型グループウェア製品「rakumo」の開発・販売などを手掛ける。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は先週末11日引け後に、2020年12月期業績予想の上方修正を発表。コスト削減努力などが功を奏して利益率が改善しており、営業利益は従来見通しの9,200万円から前期比5.3倍の1億2,600万円に増額しています。同社は9月28日に東証マザーズ市場に新規上場しましたが、株価は今月10日に上場来安値1,854円をつけるなど大底圏にあった処から先週末に反発し、本日は一気に戻り足を加速させてきているため、未だ戻り余地は残されていそうです。



[6508]明電舎 
[1部]業種:電気機器
終値2,206円/前日比+140円
▼クリックで株探ページ▼

住友系の老舗重電。水処理制御システムや自動車用試験装置に競争力。 本日大幅高です。先週末の日経新聞では、同社は100億円程度を投じて国内外でEVに使うモーターや関連部品を増産すると報じられています。2022年3月期に生産能力を年96万個と3年間で3倍に高めるとのことです。環境規制で世界的にガソリン車から電動車への転換が進む中、高まる部品需要に対応するとのことです。また、同社のEV関連事業売上高は今期約130億円の見通しですが、2028年度を目途に事業売上高1千億円を目指すとも書かれています。足元、EV関連株はテーマ株として色々と動意付いているだけに、EV絡みの材料には市場の反応も良い様子です。明日以降、1月に付けている年初来高値2,408円を取りにいくのか注目されます。



[6573]アジャイルメディア・ネットワーク 
[M]業種:サービス業
終値615円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

ソーシャルメディアの口コミを分析し、販促や商品開発を支援。AIカメラで店舗解析も。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末11日引け後に、マイナビ社がが運営する進学情報サイト「マイナビ進学」と学校法人向けのインスタグラム活用支援で業務提携したと発表。マイナビが保有するマーケティング支援ノウハウと同社が持つSNS運営・分析ノウハウやインスタグラム運営支援ツールを組み合わせ、共同でソリューションを開発して大学・短大・専門学校への導入を推進します。株価は8月以降、底値圏で揉み合いとなっていたことで割安感も強く、目先25日移動平均線ブレイクから75日移動平均線を目指す動きにあります。



[3843]フリービット 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,109円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ネット接続にインフラ提供。集合住宅向けネットサービス、アドテクノロジー事業、医薬向けも。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末11日引け後に決算を発表。2021年4月期第2四半期累計の連結最終損益は14億円の黒字に浮上して着地。併せて通期の同損益を従来予想の2億円の赤字から7.5億円の黒字に上方修正し。また、[6770]アルプスアルパイン社の社有車管理・デジタルキーシステムに同社のデジタルキー「The Key」のコアAPIが採用されたことを発表。MVNO事業者向けに音声通話サービスの提供も開始するなど好材料満載となり、新値追いが期待されます。



[7928]旭化学工業 
[JQ]業種:化学
終値656円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

工業用樹脂の成型・加工中堅。電動工具や自動車部品向けが主力。 本日ストップ高まで買われています。特に材料は見当たりませんが、市場ではEV関連の小型株として買われているとの見方です。直接的にEVに関連する事業は行っていませんが、昨年自動車軽量化関連として物色された経緯があるだけに、遠回しにEV関連と見る向きもいる様子です。SNSなどではEV関連として買い煽る発言も見られており、本日の上昇はそういった煽りが刺激になった面もあるようです。同社株は10月に発表した本決算で示した今期見通しを好感して、見直し相場が続いている格好だけに動意付けば買いも入り易かった面もあるようで、明日以降も買いが続くか注目されます。



[6630]ヤーマン 
[1部]業種:電気機器
終値2,050円/前日比-266円
▼クリックで株探ページ▼

美顔・痩身器具など美容健康機器の製造・販売。量販店と通販が主力。 本日大幅安です。同社は先週末引け後に中間決算を発表。大幅増収増益となっているものの、同社は既に11月17日に中間・通期業績の大幅上方修正を発表しているだけに、目新しさは全くありません。それだけに本日は出尽くし的に売られた格好ですが、そもそも今回の決算は目新しいことは期待されていなかったと言え、それでも売られていることから何かを期待していた向きも多い模様です。もしくは短期資金による空売りの動きも入っているのではとの声も聞かれました。暫くは同社に買い材料は出難いと思われますが、更に売られれば買いに来る中長期資金も出てくるのと見られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4384]ラクスル 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,880円/前日比+282円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで印刷物を注文できる印刷通販サイト「ラクスル」運営。運送の仲介「ハコベル」も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期第3四半期累計の経常損益は5.2億円の赤字に転落しましたが、通期の同損益を従来予想の7.1億円の赤字から5.1億円の赤字に上方修正しました。政府の緊急事態宣言発令後、売上減少も懸念されていましたが、宣言解除後は前年水準まで売上が回復しており、安心感に繋がっています。株価は5月26日の3,320円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[3788]GMOクラウド 
[1部]業種:情報・通信業
終値7,190円/前日比+220円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。本日確りと上昇しています。朝方は地合いの影響から安く始まったものの、寄り後は確りと買われています。昨日同社は連結子会社の電子認証サービスを展開するGMOグローバルサインが、日本国内におけるハンコレスの取り組みを推進すべく、「日本版eシール」対応サービスの設計・開発を決定したと発表しています。同社が手掛ける「GMO電子契約サービスAgree」への需要拡大期待も強いだけに改めて見直し買いが入ってきた様子です。依然として高値圏だけに上値の重さは続きそうですが、下げれば買いも入り易い展開はしばらく続くと見る向きも多いようです。



[8256]プロルート丸光 
[JQ]業種:卸売業
終値474円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料品問屋大手。セルフサービス方式に特色。若者向け強み。中国EC企業と提携。本日プラス転換した前場11時頃から上値追いが本格化し大幅反発しています。本日前引け後に、同社が国外総代理店契約を締結しているマクロブラッドサイエンスの血液検査器具などについて、マレーシアの医療関連ビジネスを行う事業法人から簡易採血キットなどを受注したと発表しました。株価は9日の直近高値から急調整を強いられ、本日寄り直後には下落率が30%に迫りました。一段安も考えられただけに、ここからの急反騰は9日高値を視野に捉えたと言えるでしょう。



[3998]すららネット 
[M]業種:情報・通信業
終値10,590円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

小学生から高校生向けネット学習教材「すらら」を提供。地方塾、学校が導入。 本日大幅高となりストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。同社は場中に6月末を基準として1株を5株に株式分割すると発表。同社株はマイナス圏で推移していましたが、この発表を受けプラスに転じて前場の内からストップ高まで買われました。大型分割により個人投資家の資金が流入し易くなり、同社株の見直し買いも増えるのではとの期待もあるようです。来週以降、上場来高値11,790円を目指す展開になるのか注目されます。



[3604]川本産業 
[2部]業種:繊維製品
終値1,360円/前日比+129円
Yahooの株価リンクはこちら

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しています。同社は昨日引け後に、未定としていた2021年3月期の連結業績予想を発表。売上高が7.6%増の270億円、営業利益は同72.4%増の4億円、純利益は同18.1%増の3億円を見込むとしました。同じく未定としていた配当予想については、期末一括8円にするとしており、前期実績に対して2円増配になる予定です。本日の株価は高寄り後伸び悩んでおり、週明け早々に方向性を見出したい処です。



[3976]シャノン 
[M]業種:情報・通信業
終値2,089円/前日比+221円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドでマーケティング業務自動化、企画・開発・販売。コンサルティングにも強み。 本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年10月期第2四半期累計の連結経常損益は6,200万円の黒字に浮上し、通期計画の2,900万円の赤字を既に上回りました。サブスクリプションの売上が堅調に推移した他、人件費の調整やマーケティング活動の見直しに伴い広告宣伝費の一部を下期に投下することも上期の黒字転換に繋がりました。株価は年初来高値更新も間近となっていますが、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、動きを慎重に見たい処です。



[4587]ペプチドリーム 
[1部]業種:医薬品
終値5,150円/前日比+295円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。特殊ペプチドを使った医薬品候補物質を大手と共同開発 本日大幅高です。同社は昼に米国メルク社と新型コロナウイルス感染症治療薬の共同研究開発を新たに行うことになったと発表。これにより同社は、米国メルク社より契約一時金および研究開発支援金等を受領するとのことです。また、今後米国メルク社における非臨床および臨床試験などの進捗状況に合わせてマイルストーンフィーや製品化後には売上金額に応じたロイヤルティーが同社に支払われるとのことから好感されています。ただ、同社株は時価総額も大きいだけに物色も続き難いのではとの声も聞かれました。来週の動向が注目されます。



[3323]レカム 
[JQ]業種:卸売業
終値127円/前日比+30円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス向けの情報機器販売。日系企業進出に力。中国現法が業務受託運営。 本日大幅高です。11時に日経新聞電子版が、同社はスペインのレスパー社が製造するウイルス除去装置を中国などアジア7ヵ国で販売すると報じています。同社がレスパーと業務提携を結び、営業拠点がある中国やタイなどアジア7ヵ国で独占的に販売するとのことです。2021年度に50億円の売り上げを目指すとのことで、同社社長は「将来的には自社ブランドでの展開も狙っていきたい」と意気込んでおり、これを受け将来的な業績への寄与も期待されたようで、見直し買いに繋がった様子です。また、低位株ということもあり、短期資金も集まり易かったようです。昼には同社は正式発表し、後場はザラ場寄らずのストップ高となっています。来週も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3854]アイル [1部]業種:情報・通信業
終値2,718円/前日比+67円
Yahooの株価リンクはこちら  

岩井コスモ証券は27日付で、投資判断「A」、目標株価3,000円でカバレッジを開始しています。4期連続で10%程度の増収となっていることや今後3年間で大幅な営業利益率の向上を見込んでいること、東証1部に上場したことによって信頼度や認知度が向上し競争力が増していることに期待が出来ることの3点から業績成長に期待が出来ると考えるとしています。




[4384]ラクスル [1部]業種:情報・通信業
終値3,570円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら 

大和証券は27日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は5,700円から6,100円に引き上げています。目標株価は、類似企業の来期平均EV/粗利倍率に1割程度のプレミアムを付与した20倍を適用し算出されています。「ラクスル」「ハコベル」ともに好調であり、来期粗利成長率は49%と参考企業の平均29%を大きく上回ることから、プレミアム付与は妥当と考えたとしています。




[9716]乃村工藝社 [1部]業種:サービス業
終値1,360円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら 

乃村工藝社は本日引け後に業績修正を発表。2020年2月期第2四半期累計の連結経常利益予想を従来の39.5億円から66億円に67.1%上方修正し、増益率は10.1%増から84.0%増に拡大、従来の4期連続での上期の過去最高益予想を更に上乗せしました。期初の想定に対して大きく需要が拡大したことから売上高が当初予想を上回る見込みとなり、利益面においても売上高の増加に加え原価低減への継続した取り組みが寄与したとしています。





このブログはランキングに参加しています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2264]森永乳業 [1部]業種:食料品
終値4,380円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら  

乳業大手。乳飲料、アイス、ヨーグルトなど好採算、高シェア製品に強み。栄養食品も。SMBC日興証券は14日付で、投資判断を「2」から「1」に、目標株価を3,200円から5,300円に、それぞれ引き上げています。投資判断引き上げの理由として、食品各社がトップライン成長に苦戦する中、同社の収益性向上に対する強いコミットメントを再評価すべき局面にあること、その中で海外利益構成比は19年3月期7%から24年3月期14%まで向上すると予想、国内の収益性向上の先にミライ社を中心に海外成長を評価すべき段階になったと考えるためとしています。

【Amazon.co.jp限定】 森永 チルミル 大缶 820g×2缶パック



[3391]ツルハHD [1部]業種:小売業
終値9,060円/前日比+140円
Yahooの株価リンクはこちら 

ドラッグストア大手。北海道からM&Aで全国。傘下にレディ薬局、福太郎、杏林堂。同社は本日引け後に決算を発表。2019年5月期の連結経常利益は前期比4.1%増の433億円になり、2020年5月期も前期比4.4%増の452億円に伸びを見込んでいます。27期連続で過去最高益を更新する見通しで、27期連続増収・増益となります。また、同時に前期の年間配当を146円から148円に増額し、今期も148円を継続する方針としています。
「ドラッグストア」

ダイヤモンド・ドラッグストア2019年3月15日号 特集●ドラッグストア平成史



[4384]ラクスル [M]業種:情報・通信業
以前の記事
終値4,730円/前日比+130円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネットで印刷物を注文できる印刷通販サイト「ラクスル」運営。運送の仲介「ハコベル」も。大和証券は14日付で、投資判断「1」を継続、目標株価は3,900円から5,700円に引き上げています。同証券では業績予想を修正し、単体営業利益について2019年7月期が前期比2.1倍の2億円(従来1億5,000万円、会社側計画は1億2,000万円―1億6,000万円)、2020年7月期は4億円(従来5,000万円の赤字)と試算。主力の「ラクスル」に加え、「ハコベル」も順調に拡大し、大幅増収増益になると予想しています。


仕組みを変え、世界を変えるラクスル社長 松本恭攝のすべて (2019年4月号)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


[4384]ラクスル
終値2,850円/前日比-100円
Yahooの株価リンクはこちら 

本日反落です。同社は昨日引け後に3Q決算を発表。大幅増収増益となっており、通期業績は据え置かれたものの、進捗率は高く、四半期ベースで見ても3Qの3-5月期は、2Qの12-1月期より増収増益となっており、四半期毎に業績拡大してきており、通期の上方修正は必至とも言える状況です。それだけに本日は買われて始まったものの、寄り後は売られてしまいマイナスになっています。好決算は既に織り込まれて買われていた面もあるようで、出尽くし的な動きになったようです。今回上方修正されると期待していた向きも多かったのではとの声も聞かれました。




[3679]じげん
終値982円/前日比+98円
Yahooの株価リンクはこちら 

野村證券は12日付で、投資判断「Buy」、目標株価1,210円でカバレッジを開始しています。DCFで算出した目標株価は、2020年3月期予想連結一株利益で約40倍の水準となっています。中期連結一株利益成長率を24%と予想、人材領域の売上高の好調や人材領域以外の事業拡大、M&Aによる事業領域の拡張とその後のシナジーの3点によって実現されると考えるとしています。




[6376]日機装
終値1,082円/前日比+59円
Yahooの株価リンクはこちら 

みずほ証券は12日付で、投資判断「買い」、目標株価1,400円でカバレッジを開始しています。原油価格の上昇局面でTOPIXをアウトパフォームする銘柄である認識で、ブレント原油価格は2017年6月までの1バレル50ドル水準から、現在は同75ドル水準へ切り上がったものの、これまでの傾向に反して株価は1,200円を挟んだボックス圏の下限近くで留まっており、この結果、2019年12月期同証券予想PERは10倍と割安感が強いとコメントしています。




このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ