株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4293]セプテーニHD

[6753]シャープ 
[1部]業種:電気機器
終値1,290円/前日比+93円
Yahooの株価リンクはこちら

台湾鴻海の傘下。液晶パネルが主力。テレビ、LED、白物家電に注力。 本日大幅ギャップアップスタートから4営業日続伸しています。日経新聞社は昨日、日経平均構成銘柄から[9437]NTTドコモを除外し、同社を採用すると発表。親会社の[9432]NTTによる完全子会社化を目指したTOBで、将来NTTドコモは上場廃止となる可能性が極めて高いと判断しました。12月2日に入れ替えとなり、日経平均への組み入れに伴い同指数をベンチマークとするパッシブファンドによる買い需要が見込まれる訳ですが、大手証券はインパクトを1日当たり出来高(25日平均)換算で11日分程度としています。



[6400]不二精機 
[JQ]業種:機械
終値425円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら

金型は自動車、医療機器向けが主力。成形システム、成形品製造にも展開。 本日一時ストップ高まで買われました。米ファイザーや米モデルナが相次いで、新型コロナワクチンの最終治験で有効性を示したことから、ワクチン期待が高まっていますが、関連株の出遅れとして本日は物色されたとの見方です。同社は注射器の金型を手掛けていることから、ワクチン関連として見る向きが多い様子です。同様にワクチン関連として[5212]不二硝子や[6897]ツインバード工業が足元で派手に相場を作っていましたが、同社株は殆ど物色されていませんでした。不二硝子やツインバード工業から同社株など他の関連株に資金シフトしてきているとの声も聞かれ、同じく注射器を手掛ける[7702]JMSも大幅高となっており、注射器のゴムを手掛ける[5162]朝日ラバーや注射針を手掛ける[5491]日本金属も買われました。



[7094]NexTone 
[M]業種:サービス業
終値7,870円/前日比+460円
Yahooの株価リンクはこちら

音楽の著作権管理と利用促進を目的とした様々なサービスを展開する。 本日反発しました。同社は昨日引け後に、自社が管理する作品の海外利用について、欧州の著作権管理事業者と著作権使用料の徴収代行契約を締結すると発表。仏SACEMと放送利用などを含む演奏権、仏SDRMと録音権、英IMPELとデジタルでそれぞれ契約します。海外での使用料の徴収分配のためのフレームワーク構築が狙いで、2021年4月1日から海外での使用料の徴収が可能になる予定です。前場こそ大きく値を上げましたが、後場からは売りの圧力も強まっており、慎重に動きを見たい処です。



[4395]アクリート 
[M]業種:情報・通信業
終値1,417円/前日比+105円
Yahooの株価リンクはこちら

企業から個人向けのSMS(ショートメッセージ)の配信代行サービス。プロバーダーを視野。 本日大幅上昇となり、年初来高値を更新しています。SMS(ショートメッセージサービス)関連として買われている模様です。昨日、観光庁が観光支援事業「Go Toトラベル」で発行する旅先の買い物や飲食に使える「地域共通クーポン」に関して、電子クーポンの受け取りにSMS認証を求めると発表。本人特定をし易くし、不正利用を防止する狙いだとのことです。同社はSMS配信代行サービス手掛けることから、恩恵があるのではとの思惑で買われている模様です。同様にSMS関連として[2323]fonfunも買いを集めており、上方修正を発表したこともあってストップ高となっています。明日以降も物色が続くか注目されますが、続く物色にはなり難いとの見方は多いようです。



[4293]セプテーニHD 
[JQ]業種:サービス業
終値422円/前日比+31円
Yahooの株価リンクはこちら

電通系。ネット広告代理店。傘下に販促支援、コンテンツ配信、まんがアプリなど。 本日安寄り直後に切り返して大幅続伸で年初来高値を更新しています。国内でも新型コロナウイルス新規感染者数が過去最多を記録するなど警戒感が強まっており、巣ごもり化が再び促されるとの思惑が、電子書籍関連株を買い直す動きに反映された模様です。本日の株価は昨年8月以来に400円台で引け一段高が期待されますが、目先は本日動意付いた[3658]イーブックイニシアティブジャパンや[3678]メディアドゥ、[4446]Link-Uなどと一緒に見る必要がありそうです。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,700円/前日比+230円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日大幅続伸です。引き続きウィズコロナ関連として見直し買いが継続している格好です。米ファイザーや米モデルナの新型コロナワクチン開発期待で、最近は売られる場面も見られていましたが、結局は好業績のウィズコロナ関連には買いが入る様子です。前引け後には、日経新聞電子版で政府は企業の株主総会について完全なオンラインでの開催を認める検討に入ったと報じられており、後場には関連株として一段高となっています。同社はバーチャル株主総会用配信プラットフォームを手掛けており、追い風になるとの見方です。ライブ配信サービスを手掛ける[4308]Jストリームも後場買われています。



[3604]川本産業 
[2部]業種:繊維製品
終値2,286円/前日比+267円
Yahooの株価リンクはこちら

医家用衛生材料最大手。ガーゼ、脱脂綿など。西松屋向け育児用品も。 本日買い気配スタートから続急伸しました。世界的に新型コロナウイルス感染が再拡大する中、国内でも前日に全国の感染者数が2000人を超えるなど過去最多を更新。警戒感が急速に高まる中、株式市場でも今年春先の感染第1波の際に株価を大きく上昇させた銘柄群に短期資金が集中しています。同社株の他、[4574]大幸薬品や[4990]昭和化学工業など新型コロナウイルス感染対策関連銘柄が賑わいましたが、思惑先行で値動きも荒く、相場付きを確認しながらの投資になります。



[7494]コナカ 
[1部]業種:小売業
終値244円/前日比+22円
Yahooの株価リンクはこちら

紳士服チェーン大手。関東中心に全国展開。「スーツセレクト」を育成。傘下にフタタ。 本日後場買われています。同社は昼に本決算を発表。前期業績は計画大きく下振れての着地となりましたが、今期見通しは黒字転換計画となっています。更に今期配当見通しは年間で1株20円と前期の10円から増配予想になっています。実際20円の配当となれば配当利回りはかなり高水準となるだけに、後場の見直し買いに繋がっています。ただ、前期同様に結局赤字となれば、配当減額修正もあり得るとの見方も多く、過度な期待は禁物との声も聞かれました。国内では再び新型コロナウイルス感染が拡大しているだけに、同社事業の逆風はまだまだ続くとの見方も少なくありません。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3496]アズーム 
[M]業種:不動産業
終値6,950円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

月極駐車場ポータルサイト「CarParking」の運営や駐車場のサブリースを手掛ける。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年9月期の連結経常利益は前期非連結比2.4倍の2.2億円に伸び、従来予想の1.8億円を上回って着地。2021年9月期も前期比2.0倍の4.5億円に急拡大を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。大幅増益を見込んでいることが好感され、買いが流入しています。9月29日に付けた年初来高値7,130円ブレイクも視野に捉えたと見られます。



[9625]セレスポ 
[JQ]業種:サービス業
終値742円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

イベントの企画・運営。建設式典・スポーツイベントに強み。企業の販促支援等も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。米ファイザーのワクチン開発期待が高まったことで、来年予定されている東京オリンピック開催期待が強まった様子です。同社はスポーツイベント関連事業を手掛けていることから、オリンピック開催となれば追い風になるとの見方です。同様に[4317]レイや[9716]乃村工藝社など他のイベント関連株も買われています。また、[4324]電通グループや[2433]博報堂DY HDなど大手広告代理店株も高くなっており、これを機にこれらオリンピック関連株が何処まで見直し買いが続くのか注目されます。なお、同社は今週末13日に2Q決算発表を予定しています。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値1,018円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。米ファイザーでは、開発中の新型コロナワクチンの臨床試験について、「90%を超える予防効果がある」とする暫定的な結果を発表。今後のワクチン供給本格化への期待が一気に高まる状況ともなっており、同社が展開するワクチン輸送・保管用の保冷庫の販売急拡大なども顕在化するタイミングが近付いたとの見方に繋がった模様です。目先の株価は10月28日の戻り高値1,183円がポイントとなります。



[9416]ビジョン 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,139円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

旅行者向けWiFiレンタル事業と企業向けWEBマーケティング支援。テレワーク電話代行も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比94.5%減の1.6億円に大きく落ち込みました。ただ、併せて通期の同損益を従来予想の2.1億円の赤字から1.6億円の黒字へと上方修正し、一転して黒字浮上する見通しとなりました。また、ファイザーの新型コロナワクチン進展を受け、海外観光客の入国制限早期解除への期待が膨らみ、Wi-Fiレンタル事業を手掛ける同社への物色が強まりました。引き続き買い優勢の展開が期待されます。



[9201]日本航空 
[1部]業種:空運業
終値1,989円/前日比+348円
Yahooの株価リンクはこちら

国際線、国内線2位。公的資金の更生終結。豪カンタス航空と合弁で格安航空。 本日大幅に反発しています。昨日のNY市場ではワクチン開発への可能性が高まったことで経済正常化への期待が高まり、航空株が軒並み高となっていました。東京市場でも同社株や[9202]ANA HDに見直し買いが集まっています。同社株は公募増資中ですが、昨日派手に売り込まれただけに調達資金がかなり少なくなるとの懸念もありました。しかし、タイミング良く経済正常化への期待高まったことで、調達資金が増える期待も強まっています。また、昨日は希薄化により更なる株価下落を見込んだ向きや繋ぎ売りのための空売りが多く入っており、同社株は本日から売り禁となっています。それだけに本日は売り方の買戻しの動きにも繋がった様子です。公募増資イベントを通過すれば更に買い安心感が強まりそうだとの声も聞かれました。



[7751]キヤノン 
[1部]業種:電気機器
終値1,932円/前日比+142円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器総合メーカー。カメラ、事務機器で世界大手。一眼レフも高シェア。医療機器も。 本日大幅高です。コロナ禍で業績に大きな悪影響を被った企業であり、ワクチン開発による経済正常化で恩恵を受けるとの見方から、本日は見直し買いや買戻しの動きに繋がっています。同社は事務機器手掛けており、テレワークの流れから需要が激減。ただ、コロナが収束してもテレワーク化の流れは止まらないのとの見方は多く、現状よりは需要は回復するものの、元の需要には戻らないとの見方が多いだけに買い一巡後は上値も重くなりそうです。同様に[7752]リコー、[4902]コニカミノルタも本日は大幅高となっています。



[7272]ヤマハ発動機 
[1部]業種:輸送用機器
終値1,895円/前日比+334円
Yahooの株価リンクはこちら

ヤマハ直系の2輪車世界大手。船舶などに多角化、船外機で首位。ロボットも。 本日大幅ギャップアップスタートから3営業日続伸しています。同社は昨日引け後に、2020年12月期業績について発表。連結経常利益予想を従来の240億円から前期比40.6%減の710億円に上方修正しており、減益幅が縮小する見通しとなりました。また、業績上振れを踏まえ、期末一括配当を従来計画の15円から45円に大幅増額修正しています。本日の大幅高で株価はコロナショック後の高値を更新しており、現値レベルの戻り売りを熟せば2,000円台相場に移行しそうです。



[3681]ブイキューブ 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,183円/前日比-469円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット会議システムなどコミュニケーションツールを提供。遠隔集中治療やセミナー配信に注力。 本日大幅安です。同社は昨日、通期業績の上方修正を発表。6月と8月に次いで今期3度目の上方修正となります。コロナ禍で同社のウェブ会議サービスやオンライン配信サービスの需要が拡大している状況で、この上方修正を受け昨晩のPTSでは大きく上昇する場面も見られていました。ただ、ファイザーのワクチン期待が高まったことから、一転して売られる動きとなり、昨晩のPTSはマイナスで引けており、本日は大幅安で始まり寄り後も弱含みの動きとなっています。ワクチンにより経済正常化となれば、同社への追い風も止まるとの見方から手仕舞い売りに繋がっています。やはり、コロナ禍で業績が飛躍している[4308]Jストリームはストップ安まで売られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6727]ワコム 
[1部]業種:電気機器
終値784円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ペンタブレットの世界シェア首位。PCやスマホ向け電子ペンシステムのOEMも展開。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末引け後に決算を発表し、2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.3倍の84.6億円に急拡大。併せて通期の同利益を従来予想の60.5億円から88億円へと45.5%上方修正し、増益率が16.5%増から69.4%増に拡大しました。コロナ禍でIoTによる情報ネットワーク需要が拡大しており、同社のディスプレイ製品およびペンタブレット製品が想定以上に伸びています。一目均衡表では本日雲を抜け、引き続き買い優勢の展開が期待されます。



[3691]リアルワールド 
[M]業種:情報・通信業
終値605円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドソーシング大手。ネットで個人に仕事を仲介。AIマーケ支援や動画制作も。 本日ストップ高まで買われています。同社は今朝寄り前にプルチーノ社からプルチーノが運営するWebメディア事業の一部である「漫画大陸」を譲り受けることについて決議したと発表。漫画大陸は漫画・電子書籍などを提供する提携先へと多くのアクセス送客を実施しており、月間約600万PV、毎月約240万人のアクセスを有するメディアです。漫画大陸の2020年10月期売上高予測は1.15億円で、営業利益は1.03億円とのことで、譲り受けることにより同社業績への寄与が期待出来るとの見方で好感されています。ただ、同社は赤字を続けている企業であり、先行き懸念は拭えないとの見方も多く、それだけに買いも続かないと見られています。



[8589]アプラスフィナンシャル 
[1部]業種:その他金融業
終値84円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

新生銀系でリテール事業の中核。クレジットカード、信販に強み。ローンビジネス強化。 本日大きな窓を空けて急反発しました。同社は先週末引け後に、新生銀行が完全子会社化することを発表。新生銀行は議決権の約95%を握る「特別支配株主」となっており、TOBを行なわずに売渡請求を実施することになります。売渡対価は85円。同社株は11月26日を最終売買日とし、11月27日に上場廃止となります。本日の株価は、売渡対価とされる85円にサヤ寄せした訳ですが、84カイ85ヤリが繰り返されており、この状況が続きそうです。



[2148]アイティメディア 
[1部]業種:サービス業
終値2,640円/前日比+227円
Yahooの株価リンクはこちら

ITニュースサイトを運営。広告が収益の柱。リードジェン事業に注力。ソフトバンクG子会社。 本日大きく急伸しました。同社は先週末引け後に決算を発表し、2021年3月期第2四半期累計の連結最終利益は前年同期比74.5%増の5.5億円に拡大。併せて通期の同利益を従来予想の9.5億円から11.2億円へと17.9%上方修正し、増益率が21.8%増から43.6%増に拡大。株価は75日移動平均線を足場に一気に戻り足を強めており、10月14日に付けた高値3,070円を目指す動きに期待されますが、2,800円処からは上値の重さも感じられます。



[2914]JT 
[1部]業種:食料品
終値2,089円/前日比+119円
Yahooの株価リンクはこちら

たばこ製造を独占。M&Aで海外たばこ。加熱式も注力。医薬・食品なども。 本日大幅上昇です。先週末同社は3Q決算と通期業績の上方修正を発表。市場コンセンサスも上回っており、本日は見直し買いに繋がっています。上方修正となったことから、配当の減額修正は無いとの見方にも繋がり、買い安心感に繋がった面もあるようです。高配当銘柄として同社株を買っている向きも多いようで、もし配当減額修正して減配になれば、手仕舞いしてくる向きも多いと警戒されていました。ただ、たばこ事業の先行きは依然として懸念が強く、何れは減配に踏み切ることになるとの見方も多いようです。同社は前期まで16期連続で増配を続けてきましたが、今期は据え置きとなっています。今後、もし減配に踏み切れば減配基調になっていく恐れもあるとの懸念も強い様子です。



[6817]スミダコーポレーション 
[1部]業種:電気機器
終値965円/前日比+149円
Yahooの株価リンクはこちら

コイル専業大手。自動車用が軸。全生産を海外に移管。ドル建て調達。 本日買い気配スタートから5営業日ぶりに急反発しています。同社は先週末引け後に、2020年12月期の税引き前損益を従来の14億円〜6億2,000万円の赤字予想から収支トントンに大幅上方修正しました。経済活動再開後、各国が打ち出した政策が下支えとなり、車載関連の需要の回復など持ち直しの動きが見られることなどを理由として挙げています。株価は先々週、先週と頭を抑えられた52週移動平均線の上方に頭を出しており、新展開入りが期待される局面にあります。



[3932]アカツキ 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,970円/前日比+335円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホゲームの企画・開発・運営。「ドラゴンボールZ」など海外40カ国以上で展開。 本日大幅反発となり、5,000円台を回復して一時ストップ高まで買われる場面も見られました。同社が先週末に発表した2Q決算が好感されています。1Qの4-6月期業績は大幅減益で良くなかったものの、2Qの7-9月期が四半期ベースで大幅増収増益となり、2Q累計で増収増益になっています。市場コンセンサスも上回っており、本日は見直し買いに繋がった様子です。ゲーム事業が新型コロナウイルスの悪影響は見受けられず好調となり、ゲーム事業全体として過去最高の四半期売上高を達成したとのことで、この決算から3Qも期待出来るとの見方にも繋がっている模様です。明後日以降も確りとした動きが継続するのか注目されます。



[3542]ベガコーポレーション 
[M]業種:小売業
終値1,906円/前日比-327円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット専売家具「ロウヤ」展開。20・30代女性向け企画・低価格商品を展開。越境も。 本日大幅安となり、7月31日以来となる2,000円割れになっています。同社が先週末に発表した2Q決算が失望されています。大幅増収増益ながらも四半期ベースで見れば7-9月期は4-6月期比で大幅減収減益となっています。7月31日に発表した1Qの4-6月期が非常に強い数字だっただけに同社株は2,000円以下水準から4,000円超まで買われました。しかし、4-6月期の業績が良かったのは一過性のもので特需的な要因も大きかったとの見方も少なくなく、9月以降は弱含みの展開を続けてきました。本日の下落で1Q決算発表で上げた分を全て吐き出した格好になっています。ある意味買い場になる可能性もありますが、需給面を考慮すると更に下値模索となる懸念も否めないとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4308]Jストリーム 
[M]業種:情報・通信業
終値4,440円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット動画ライブ中継やオンデマンド放送を提供。放送機器や映像制作も注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比6.1倍の9.4億円に急拡大。併せて通期の同利益を従来予想の9億円から18億円へと2.0倍上方修正し、2期連続での過去最高益予想を上乗せしました。新型コロナウイルス感染症の拡大以降、同社のネット動画配信サービスの利用用途が急増していることが要因で、引き続き需要の高まりが期待されています。株価は9月2日に付けた年初来高値4,620円突破に期待が掛かります。



[9468]KADOKAWA 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,160円/前日比+263円
Yahooの株価リンクはこちら

出版・動画配信大手。14年10月にカドカワとドワンゴが経営統合。 本日大幅高となり、上場来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は昨日、大幅営業増益となる2Q決算と未定だった通期業績予想を開示しています。通期業績予想は市場コンセンサスを大きく上回っており、改めて見直し買いが入ってきているようです。先日、みずほ証券が同社株を新規「買い」、目標株価3,700円でカバレッジを開始したばかりで、同証券は同社を「不易流行」を経営理念に書籍・アニメ業界のDXで利益成長し得る総合エンタメ企業と評価しています。昨日発表された今期業績の会社計画は、同証券の業績予想をも大幅に上回っており、更に今期業績だけでなく、同証券の来期業績予想すら今期会社計画は上回っています。それだけに、同証券は近い内に目標株価を引き上げてくる可能性もあるのではとの思惑にも繋がっているようです。



[7057]エヌ・シー・エヌ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,096円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

木造耐震設計に基づく構造部材の販売。工務店に提供。温熱計算サービスも。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の1.9億円から2.7億円に42.4%上方修正し、一転して5.4%増益見通しとなりました。住宅分野が6月以降順調に推移し、想定を上回ったことが主な要因です。引き続き上値を追う展開が期待される処ですが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるために注意が必要です。



[6707]サンケン電気 
[1部]業種:電気機器
終値3,325円/前日比+405円
Yahooの株価リンクはこちら

パワー半導体が主力。通信・民生用電源を展開。自動車と家電向けを拡大。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。昨晩のNY市場で、同社の米半導体子会社アレグロ・マイクロシステムズが米ナスダックに上場し、時価総額は一時、日本円で約3,900億円を超え、同社の時価総額約730億円の5倍に達したと朝方に日経新聞電子版で報じられています。EVや自動運転システム向けの需要拡大が見込まれており、投資家の買いが集まったとのことです。アレグロ・マイクロシステムズの会長を兼務する同社の鈴木善博取締役は、アレグロ・マイクロシステムズの価値が上場することによりハッキリ見える形になったことから、同社株の再評価に期待感を示したとも書かれています。また、同社の上位株主にはアクティビストが並ぶとも書かれており、本日は改めて見直し買いに繋がったようです。



[4120]スガイ化学工業 
[2部]業種:化学
終値1,435円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら

ファインケミカル専業。医・農薬中間物が主力。界面活性剤や電子材料も展開。 本日大きな窓を空けて9営業ぶりに反発しました。同社は昨日引け後に、2020年4-9月期業績予想の修正を発表。営業利益は従来予想の1億円から倍増となる2億円に上方修正しています。欧米向け医薬・農薬用中間物が大幅に伸長して増収効果を齎しており、売上原価率の改善なども背景に足元の利益は会社側想定を大きく上回っています。本日の株価は、決算発表を手掛かり材料に投資資金が攻勢をかけたと思われ、高寄り後上下に振れており、週明け先ずは落ち着き処を探ることから始まります。



[7994]オカムラ 
[1部]業種:その他製品
終値796円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス家具大手。首都圏に強み。商品開発力に定評。陳列棚、店舗什器も。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期上期業績を発表。連結経常利益予想を従来の11億円から前年同期比33.0%減の35億円へ3.2倍上方修正しました。新型コロナウイルス禍での働き方に対応したオフィス改装が本格化し、オフィス家具の販売が伸びたことが寄与したようです。本日の大幅高で株価は今月に入ってからの一貫したジリ安による下げ分を取り戻しており、更なる上値追いに期待が集まります。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値5,530円/前日比+470円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日大幅上昇です。昨日、[9843]ニトリHDが報道通り同社へのTOBを表明しました。TOB開始では無く、あくまでTOB予定という発表ですが、TOB価格は5,500円と想定以上の高い値段となったことで早くもTOB価格を上回って推移しています。一時5,650円まで上昇する場面も見られました。1株4,200円でTOB実施中のDCM HDがTOB価格を引き上げて対抗してくるとの思惑のようですが、5,500円以上にTOB価格を引き上げてくる可能性は低いとの見方も多く、一部報道ではDCM HD側の話として、TOB価格引き上げやTOB期間延長は行わない方針とも昨晩から報じられています。昼頃には別の報道で、DCM HDはTOB価格を維持する方針と報じられると後場には上げ幅縮小の動きになっています。何れにせよニトリHD側はDCM HDが対抗してこないよう、出し惜しみせず大胆なTOB価格を最初から提示してきたと思われ、一気に勝負を付けるつもりだとの見方です。今後は同社経営陣がニトリHDのTOBに賛同するか注目されます。



[4293]セプテーニHD 
[JQ]業種:サービス業
終値384円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

電通系。ネット広告代理店。傘下に販促支援、コンテンツ配信、まんがアプリなど。 本日ストップ高まで買われています。同社が昨日引け後に発表した本決算が好感されています。前期実績はコンセンサスを大きく上回っており、今期見通しもコンセンサスを上回っています。4Qの7-9月期は前年同期比で、売上高20.8%増収、営業利益2.4倍となっており、SMBC日興証券では広告市場低迷の中、4Qの大幅増収増益はポジティブサプライズと指摘しています。注力してきたEC関連業種の広告主からの出稿増が、市場を上回る成長の要因となっている模様で、このアドバンテージは当面持続する可能性が高そうだとのことです。なお、同証券は同社株の投資判断「1」、目標株価410円は据え置いていますが、近い内に目標株価を引き上げてくるのではとの思惑にも繋がっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7081]コーユーレンティア 
[JQ]業種:サービス業
終値1,130円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

家具、什器・備品のほか、OA機器のレンタルサービスなどを手掛ける。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅反発し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、2020年12月期業績について発表。営業利益予想を12.00億円(前期実績14.76億円)と発表しています。新型コロナウイルス感染防止でイベント向け市場が減収となるものの、ICT関連機器のレンタルサービスが増加する他、商品仕入の管理や販管費の削減などで利益を確保するとしています。本日の株価は、空中戦で5日・75日・25日の主要移動平均線を上回っており、一段高相場に期待が掛かる処です。



[3658]イーブックイニシアティブジャパン 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,025円/前日比+550円
Yahooの株価リンクはこちら

電子書籍配信が主力。漫画の作品数は業界随一。ヤフー子会社・連携に強み。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期の経常利益は前年同期比2.2倍の4.1億円に急拡大し、通期計画の8.8億円に対する進捗率は46.6%に達しました。新型コロナウイルス感染拡大が外出自粛の動きを促しており、巣ごもり消費需要を取り込んでいます。株価は7月15日以降、大きく値を上げていますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており注意が必要です。



[2440]ぐるなび 
[1部]業種:サービス業
終値482円/前日比-99円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店情報サイトを運営。飲食店からの課金収入が収益源。楽天と提携強化。 本日一時ストップ安です。同社が昨日発表した1Q決算が失望されています。1Qの4-6月期決算は売上高が前年同期比76.4%減、利益面は38億円程度の赤字転落となっています。業種的に新型コロナウイルスの影響を受けるのは必至だけに決算への警戒感も強かったものの、想定以上に厳しい決算となり失望されています。また、決算説明会資料によれば有料加盟店舗数が4-6月に激減しており、この分だと回復にはかなり時間が掛かるとの見方に繋がっています。足元、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大してきていることも先行き懸念に繋がっているようで、明日以降4月に付けている年初来安値456円を目指す展開になるか注目されます。連想的に「食べログ」を手掛ける[2371]カカクコムも売られています。なお、カカクコムは8月4日に決算発表を予定しています。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値522円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日買い先行スタートからの大陽線で大幅反発し、ストップ高を達成しています。株価は28日にストップ高まで買われる人気となりましたが、昨日は地合い悪の中、目先筋の売りで急反落を余儀なくされました。ただ、短期資金の回転売買が中心で上値にシコリは少なく、本日は改めて買い直される格好となりました。株価は上値指向が鮮明になってきており、昨日高値506円の捕らえ方によっては上値追い相場が継続しそうです。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,593円/前日比+96円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。 本日大幅高です。昼過ぎに日経新聞電子版にて東京都が新型コロナウイルス感染防止策として都内全域の飲食店とカラオケ店に再び営業時間短縮を要請する方向で検討していることが分かったと報じられています。営業時間を午後10時までとして対象期間は8月3日〜31日とのことです。これを受け出前需要が増えるのではと思惑から後場一段高となっています。また、政府が来月末辺りから予定している「Go To Eatキャンペーン」では、出前やテイクアウトも対象になるとの報道も出ていただけに、同社事業に追い風になるとの期待が強いようです。新型コロナウイルス感染拡大でも「Go To Eatキャンペーン」は強行するとの見方は強く、同社株は確りとした推移が続きそうだと期待する向きも多いようです。



[3547]串カツ田中HD 
[1部]業種:小売業
終値1,310円/前日比-161円
Yahooの株価リンクはこちら

串カツ居酒屋「串カツ田中」の直営・FC。関東中心に展開。ロードサイドに進出。 本日大幅続落です。引き続き全国で新型コロナウイルス感染拡大が顕著になっていることや大阪府は5人以上の飲み会の自粛要請をするなど先行き不透明感から売られています。本日は昼過ぎに東京都が飲食店やカラオケ店の営業時間短縮要請が報じられた他、千葉知事が多人数での会食を自粛するよう県民に要請したと報じられ、これらの報道を受けて後場一段安となっています。同社が手掛ける飲食店は多人数での来店も多く、遅い時間の来店客も少なくないだけに、これらの要請は同社には悪影響が大きいとの見方が多いようです。他の外食関連株も後場軒並み安となっています。



[4362]日本精化 
[1部]業種:化学
終値1,573円/前日比+162円
Yahooの株価リンクはこちら

樟脳・脂肪酸誘導体で高シェア。化粧品原料、医薬中間体、防臭消毒剤が成長。 本日大きな窓を空けて3営業日ぶりに急反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期第1四半期の連結決算を発表。営業利益は前年同期比22.9%増の10億3,100万円となり、上半期計画13億5,000万円に対する進捗率は76.4%となりました。新型コロナウイルス感染症対策製品への需要増加で環境衛生分野の販売が増加したことなどが寄与したとしています。目先の株価は、4月の戻り高値1,604円をクリアすると1月の年初来高値1,715円を目指すことになります。



[7616]コロワイド 
[1部]業種:小売業
終値1,201円/前日比-87円
Yahooの株価リンクはこちら

外食大手。居酒屋「甘太郎」中心に直営展開。傘下にレインズやカッパクリエなど。 本日大幅続落です。本日朝方に福島・郡山の飲食店で爆発事故が発生。多数のけが人が出ているとのことです。その飲食店が同社子会社が手掛ける「しゃぶしゃぶ温野菜」と伝わると売られる動きになっています。前場終盤には死者も出たと伝わると一段安になり、後場には更に下落したものの、売り一巡後は下げ渋っています。昼に同社はコメントを発表しており、爆発事故があったのはフランチャイズ店舗の「温野菜 郡山新さくら通り店」とのことで、この店舗は今月21日から改装工事で休業しており、この日も工事が予定されていたとのことだけに今回の事故は、同社やこの店舗の過失は無いのではとの見方に繋がっています。ただ、今回の事故などは関係なく、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大している状況では、飲食店業多く手掛ける同社株は買い難いとの見方も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

3242 アーバネットコーポレーション [JQ]業種:不動産業
終値349円/前日比+2円
Yahooの株価リンクはこちら  

投資用ワンルームマンションを開発。デザイン製重視。コンパクトマンションやファミリーにも展開。アーバネットコーポレーションは本日引け後に決算を発表。2019年6月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比37.8%増の21.1億円に拡大し、通期計画17.4億円に対する進捗率が121.6%と既に大幅超過達成しました。1-3月期の連結経常利益も前年同期比88.1%増の8億円に拡大し、売上営業利益率も前年同期の10.7%から13.3%に上昇しています。
「投資用ワンルームマンション」関連

投資ワンルームマンションをはじめて売却する方に必ず読んでほしい成功法則



4293 セプテーニHD [JQ]業種:サービス業
以前の記事
終値388円/前日比-1円
Yahooの株価リンクはこちら 

ネット広告代理店。傘下に販促支援、コンテンツ配信など。電通がTOBで系列化。東海東京調査センターは8日付で、投資判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を310円から510円に、それぞれ引き上げています。2019年9月期Non-GAAP営業利益予想を20億円に修正、第2四半期までの進捗を反映し、ネットマーケティング事業の国内収益の見通しを引き上げるとしています。

経営も人生も「ひねらんかい」 (セプテーニ70のルール)
七村 守(ななむら・まもる) / 株式会社セプテーニ・ホールディングス 名誉会長&ファウンダー10歳の時に父と、26歳の時に母と死別。その短命家系から生まれた死生観がその後の人生を形づくる。



9682 DTS [1部]業種:情報・通信業
終値4,450円/前日比+210円
Yahooの株価リンクはこちら 

情報サービス業大手。ソフト開発は金融・通信向けに強み。技術力を強化。大和証券は8日付で、投資判断を「2」から「1」に、目標株価を4,700円から5,700円に、それぞれ引き上げています。同証券では、受注の先行きの明るさと採算改善を反映し、業績予想を上方修正。順調なリソース確保やビジネスモデルの知財利用型への転換が成果を見せているとコメントしており、営業利益率が2019年3月期の11.3%から低下する要因は限定的で同証券では12%に上昇するとしています。
「ソフト開発」関連

ソフトウェア開発入門: シミュレーションソフト設計理論からプロジェクト管理まで

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[4293]セプテーニHD 東証JQS / サービス業 / 100株単位


当日の株価:220円
予想PER:21.4倍
実績PBR:1.77倍
配当利回り: -%
利益確定値目安:240円
ロスカット値目安:195円

同社は、独立系のネット広告代理店で傘下に販促支援・コンテンツ配信などの子会社を抱えています。2018年9月期の連結最終利益は前期比61.7%減の8.4億円に落ち込んだものの、従来予想の7.2億円を上回って着地。2019年9月期は前期比53.5%増の13億円に回復する見通しを示し、3期連続増収です。また、[4324]電通がTOBを実施して持分法適用関連会社化を目指すと発表済みで、TOB価格は1株260円となります。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : -808
投資CF : -1,705
財務CF : 2,457
現金等 : 15,519

財務(百万円)
自己資本比率 : 49.0%
利益剰余金 : 11,413
有利子負債 : ‥



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ