株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[4005]住友化学

[9478]SE HD・アンド・インキュベーションズ 
[JQ]業種:情報・通信業
終値223円/前日比+21円
▼クリックで株探ページ▼

情報技術専門書の出版が主力。スマホコンテンツ作成やマーケティング、技術者派遣も。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅反発しました。同社は先週末23日引け後に、2021年3月期連結業績について発表。売上高が60億円から前の期比4.6%増の63億1,700万円へ、営業利益は7億1,000万円から同2.1倍の9億2,400万円へ、純利益は4億3,500万円から同2.8倍の5億7,300万円へ上振れて着地したようだとしています。本日の株価は高寄り後上下に長い影を引いており、明日の反応がその後の動向を左右しそうです。



[2413]エムスリー 
[M]業種:サービス業
終値7,589円/前日比-469円
▼クリックで株探ページ▼

ソニー系。製薬会社のマーケ支援。医師向けサイトで情報提供。訪問介護も。 本日大幅安です。同社は先週末引け後に本決算を発表。前期業績は大幅増収増益での着地となり、市場コンセンサスも上回っています。しかし、好感する動きは見られず売り優勢で始まり、寄り後は売り込まれる展開になっています。注目された今期見通しは、新型コロナウイルスの世界的な拡大により、同社グループの国内外の事業環境への影響について、合理的に算定することが困難であることから開示は見送っています。今期見通し非開示もある程度は想定されていたものの、やはり不透明感に繋がっている面もあるようです。ただ、開示していても市場コンセンサスを大きく上回る見通しを期初から出してくるとは思えず結局は売られていたのではとの見方も多く、明日以降下げ渋りを見られるか注目されます。



[3891]ニッポン高度紙工業 
[JQ]業種:パルプ・紙
終値3,470円/前日比+504円
▼クリックで株探ページ▼

電気絶縁用紙大手。アルミ電解コンデンサ用で世界首位。2次電池用セパレーターに力。 本日買い気配スタート後に上値追いが加速してストップ高まで買われています。同社は先週末23日引け後に、2021年3月期決算を発表。営業利益が前期比2.8倍の27億6,100万円と大幅な伸びで過去最高利益を更新しました。電池用セパレータが風力発電やスマートメーター向けに高水準の需要を取り込んだ他、車載用リチウム電池向けで拡大顕著となり業績に反映されたようです。本日は33万株超の買いものを残しており、3月2日の年初来高値3,570円を視界に捉えた格好です。



[2667]イメージワン 
[JQ]業種:卸売業
終値896円/前日比-300円
▼クリックで株探ページ▼

衛星画像販売、自社で開発の医療画像システムが主体。ドローンや医薬販売も。 本日ストップ安です。先週末、東証は同社株の信用取引による増担保規制の三次措置を実施すると発表しており、これが重しになっているとの見方です。ただ、先週末のPTSで派手に買われる場面も見られていました。日証金が、同社株について4月26日申込分から貸借取引品貸し申込みにおける品貸料の最高料率を10倍とする臨時措置を発表したことから、焦った売り方が繋ぎ的にPTSで買い向かったようです。PTSで一時1,495円まで付ける場面も見られたものの、買い一巡後は結局売られていました。本日も朝から売られて始まっており、寄り後も積極的な買いも入らずストップ安まで売られています。そもそも同社株の相場が始まったキッカケは、トリチウム分離・濃縮実証実験結果に関する記者会見を23日に実施すると発表したことがキッカケです。その記者会見が先週末終わったことで出尽くした格好だけに本日の動きからも相場は完全に終わったと見る向きは多いようです。



[6769]ザインエレクトロニクス 
[JQ]業種:電気機器
終値934円/前日比+105円
▼クリックで株探ページ▼

ファブレス半導体企業。特定用途向け標準品を開発。顔認証・体温検知など。 本日大きな窓を空けて急反発し、年初来高値を更新しています。半導体の需給が逼迫する中、世界的にサービスが本格離陸している高速通信規格5Gや脱炭素をテーマに普及が進む電気自動車などに焦点を合わせた中期戦略で成長期待が強い状況にある中、先週末のNY市場で半導体関連が総じて買われ、同社株の買いにも勢いが付きました。本日の大幅高で株価は昨年7月以来の900円台回復を遂げましたが、1,000円手前まではシコリが少ない価格帯となります。



[6166]中村超硬 
[M]業種:機械
終値865円/前日比+56円
▼クリックで株探ページ▼

電子材料スライス、特殊精密機器、化繊紡糸ノズル事業。新型ダイヤモンドワイヤ期待。 本日大幅高です。同社は先週末引け後に、2021年3月期業績の上方修正を発表。市場コンセンサスは無いものの、四季報予測は上回っています。更に「継続企業の前提に関する注記」の記載解消に向けた進捗状況も発表しており、それによれば構造改革の成果が表れていることに加え、2021年3月期末時点の有利子負債は31.33億円まで減少し、資金面における当面の不安も解消されている状況にあることから、2021年3月期末において継続企業の前提に関する注記の記載を解消出来る状況に至ったと考えているとのことです。これらが買い安心感に繋がった様子です。ただ、買い一巡後は上値の重さ見られており、先行き不透明感はまだ多いとの見方もある様子です。なお、同社は5月14日に本決算発表を予定しています。



[5284]ヤマウHD 
[JQ]業種:ガラス・土石
終値630円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

土木向けが主力のコンクリート2次製品メーカー。官公需主体。景観製品も。九州地盤。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末23日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の13億円から18.5億円へと42.3%上方修正しました。好採算製品が想定を上回った他、グループ全体で取り組んでいるコスト削減や生産性向上などが主因です。株価は本日25日線をブレイクし、新値追いに期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[5212]不二硝子 
[JQ]業種:ガラス・土石
終値1,570円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

医療用ガラス専業。アンプルや試験管など。健康食品・化粧品容器向けに注力。 本日後場後半に突如動意付きストップ高まで買われています。NHKが新型コロナワクチンを巡り自民党は、今年秋までに希望する国民全員への接種の完了を念頭に24時間体制で接種出来る環境を整備するなど、あらゆる手段を尽くすよう求める提言をまとめたと報じたことがキッカケになっているとの見方です。同社は医療用ガラスを手掛けていることから今まで何度かワクチン関連として物色された経緯があります。同様に[6776]天昇電気工業、[6400]不二精機などのワクチン関連が久しぶりに物色されています。続く物色にはなり難いとの見方多いですが、明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6797]名古屋電機工業 
[名証2]業種:電気機器
終値1,630円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

道路情報LED表示システム大手。基盤検査装置とLED照明にも強み。 本日寄り前から大量の買いものを集めストップ高の一本値で昨年来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期連結業績予想について発表。売上高を209億400万円から前期比12.0%増の213億円へ、営業利益を15億8,900万円から同2.4倍の41億円へ、純利益を13億3,500万円から同2.1倍の30億円へ上方修正し、併せて期末配当予想を25円から50円へ増額しました。株価は2000年以来の高値水準に達しており、目先の値動きが軽くなりそうです。



[8186]大塚家具 
[JQ]業種:小売業
終値231円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

総合家具店大手。中高級家具・輸入品に強み。ヤマダ電機の傘下で再建。 本日ストップ高まで買われています。今朝の日経新聞では、家電量販店最大手の[9831]ヤマダHDが1,000億円を投じて郊外や地方で家電や家具を扱う大型店を大量出店すると報じています。ヤマダHDは2016年3月期に約60店舗の大量閉店に踏み切って以降、過当競争を避けるため直営店の店舗数は横這いで推移していましたが、コロナ禍で家電量販店を巡る事業環境が一変したことで攻めの出店戦略に転換するとのことです。新規郊外店は家電に加え同社の家具や住宅設備機器、日用品なども展開する総合店とするとのことから、恩恵を受けるとの見方で見直し買いが集まった様子です。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[4282]EPS HD 
[1部]業種:サービス業
終値1,224円/前日比+187円
▼クリックで株探ページ▼

製薬会社向け中心に臨床試験受託と医薬品販売支援を展開。中国に注力。 本日窓を空けて急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年9月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比91.6%増の17億円に拡大し、通期計画の50億円に対する進捗率は34.2%に達しました。医薬向け事業が順調に進捗していることが寄与しましたが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ていることから1,200円処からの上値は重く、売り圧力の高まりも想定されます。



[4722]フューチャー 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,049円/前日比+269円
▼クリックで株探ページ▼

ITコンサル会社。情報システム設計・構築に定評。パッケージ、スマホアプリなど。AI注力。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、同社の2021年12月期連結営業利益は前期比4割増の70億円強となりそうだと報じています。2年ぶりに過去最高を更新するとのことです。同社株を強気でカバレッジしている東海東京調査センターの予想でも60億円となっているだけに、コンセンサスを大きく上回る水準となります。同社株は昨年10月下旬に前期業績の下方修正を発表したことで大きく売られましたが、売り一巡後は下げ渋っての揉み合い 相場を続けていました。今朝の好業績観測報道を機に上放れてきただけに、見直し買いが続きそうだと期待する声も聞かれました。なお、同社は4日に本決算発表を予定しています。



[6629]テクノホライゾン 
[JQ]業種:電気機器
終値1,123円/前日比+146円
▼クリックで株探ページ▼

情報通信機器や光学機器の開発、販売。監視カメラ・ドラレコのクラウド化に強み。 本日買い気配スタート後も一段高となり、大幅4連騰で昨年来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、子会社タイテックITANZIが、画像処理業界向け産業用カメラ大手の韓国ビューワークス社と正規代理店契約を締結したと発表。今回の正規代理店契約締結により、タイテックは新たな取り扱い製品を加え、ラインアップを拡張することになるとしています。株価は目先1,100円が気にならなくなれば新展開入りです。



[4080]田中化学研究所 
[JQ]業種:化学
終値1,295円/前日比-173円
▼クリックで株探ページ▼

住友化学系。二次電池材大手。ニッケル、リチウムイオン電池の正極材料が主力。 本日大幅反落です。同社の親会社である[4005]住友化学が先月29日に開催した決算説明の質疑応答で、3Q期間に同社でライセンス収益計上が数十億円あったことを明らかにしています。それが伝わったことで昨日は同社株が大きく買われていました。それについて同社は昨日引け後にコメントを発表。既に開示しているように、2Q期間にノースボルト社との前駆体製造技術支援契約に基くラインセンスおよび技術支援の進捗に応じた売上高として10億円を計上していますが、3Q期間においては技術支援料の計上は無いとのことです。会計基準の違いから計上時期に同社と住友化学ではズレがある様子です。わざわざ、このようなコメントを発表したということは、個人投資家からかなり問い合わせがあったのではと見られています。



[3064]MonotaRO 
[1部]業種:小売業
終値6,180円/前日比+660円
▼クリックで株探ページ▼

米系、作業場向け間接資材をネット通販。中小企業に低価格と品揃えが強み。 本日大きな窓を空け急伸しました。同社は昨日引け後に、2020年12月期決算を発表。売上高が前期比20%増の1,573億3,700万円、営業利益が同24%増の196億700万円と大幅増収増益を達成し、更に2021年12月期見通しについても売上高が前期比23%増の1,942億2,000万円、営業利益は同26%増の246億7,800万円とトップライン、利益共に前期を上回る大幅な伸びを見込んでいます。株価は昨年12月1日に付けた昨年来高値6,520円に一時急接近しており、目先はこのレベルの熟し方がポイントになるでしょう。



[4436]ミンカブ・ジ・インフォノイド 
[M]業種:情報・通信業
終値4,225円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

「みんなの株式」「株探」など株式メディア運営や金融機関向け情報を提供。 本日ストップ高まで買われて上場来高値を更新しています。同社が昨日発表した3Q決算は大幅増収増益になっています。ただ、10-12月期の利益面はインパクトの乏しい数字で前四半期比では減収となっており、期待感もあったことを考慮すれば失望されても不思議はありません。ただ、内容的にユニークユーザー数や訪問ユーザー数とも大きく伸びており、今年6月には「Kabutan(株探)米国株」の提供を開始することも明らかにしています。また、それに伴い有料サービスの価格改定を行うことも発表。現状のサービス価格は実質値上げとなり、収益性が高まることへの期待も意識された様子です。足元業績の数字より先行き期待に繋がる決算だとの見方で、本日は改めて買いが入ってきたとの見方です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2427]アウトソーシング 
[1部]業種:サービス業
終値1,325円/前日比+63円
▼クリックで株探ページ▼

工場製造ラインへ人材派遣・請負が主体。拠点は全国、海外。外国人実習生も。 本日買い先行から寄り後も上値追いが進み大幅反発しました。同社は昨日引け後に、製造業向け人材派遣・請負や人材紹介を手掛けるエス・エス産業を子会社化すると発表。株式譲渡実行日は2月1日を予定しています。エス・エス産業の地域密着採用による愛知及び九州エリアでの対応力強化、外国人労働者や習熟作業者の更なる活躍領域の拡大などを期待しているようです。本日は、[6569]日総工産が上方修正発表で急騰しており、目先はこちらの切り口からも見る必要がありそうです。



[7460]ヤギ 
[2部]業種:卸売業
終値1,710円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

繊維専門商社の老舗。糸やテキスタイルから二次製品まで展開。EC部門を強化。 本日10時前からの急伸で2連騰となり、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、洗って繰り返し使うことの出来るアイソレーションガウン(感染予防用隔離ガウン)「EITORE for Medical Reusable Gown(仮)」を3月から販売すると発表。同製品が医療機関などで使われることで、医療用ガウンの安定供給に貢献する他、使い捨てガウンのごみ問題の解決や医療機関のコスト削減にも繋がるとしています。本日の株価は10時13分から張り付いたままでしたが、大引け直前に寄り付いており、先ずは2月に付けた昨年来高値1,729円の更新が注目されます。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値1,023円/前日比-120円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日大幅安です。9時10分過ぎに提出された大量保有報告書によれば、同社社長である伊藤雅文氏が保有比率を7.74%から6.70%まで減らしてきたことが明らかになっています。大量保有報告書によれば、昨年11月16日に2万株、そして今年1月13日に3万株を市場内で売却しています。13日は決算発表翌日で大した株数ではなく株価への影響も限定的と言えるものの、やはり社長が保有株を売却してきたという ことで嫌気されている模様です。ただ、同社社長は継続的に保有株を減らしてきているだけに目新しさは乏しく、今までの売却経緯を見ても短期的にまとまって売ってくる訳でもなく、嫌気する動きも続かないとの見方も多いようです。足元で株価は高値圏にあっただけに、本日は手仕舞い売りのキッカケになった面が強い様子です。



[3848]データ・アプリケーション 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,810円/前日比+170円
▼クリックで株探ページ▼

企業向けEDIソフト開発で首位。大手SIからの受注が主体。流通、製造向け大。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の0.2億円から1.7億円へと7.7倍上方修正しました。また、業績好調に伴い従来未定としていた期末一括配当は43円実施する方針を示しています。株価は本日ストップ高買い気配で始まったものの、寄り付き後は売りに押されて上げ幅を縮小させています。上値の重さも感じられ、厳しい展開を強いられそうです。



[6996]ニチコン 
[1部]業種:電気機器
終値1,470円/前日比+107円
▼クリックで株探ページ▼

世界有数のコンデンサーメーカー。アルミ電解が柱。EVや家庭用蓄電システムなど積極化。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新して2018年1月以来の高値水準となっています。昨晩の日経新聞電子版で、同社は40億円を投じ、2021年末までにフィルムコンデンサーの生産能力を倍増させると報じられています。EV向けの需要が拡大しており、自動車メーカーや系列部品メーカーへの販売に加え、モーター専業メーカーである日本電産への供給も決まったとのことです。日本電産が手掛けるEV駆動用モーターに組み込み、中国などの新興自動車メーカー向けなどに販路を拡大するとのことです。業績への寄与も期待される材料と言え、株価は高値圏ながらも改めて見直されるキッカケとなっている様子です。昨日はJPモルガン証券が新規「Overweight」、目標株価1,850円でカバレッジを開始しているだけに高値圏でも買い安心感はあるとの声も聞かれました。



[2323]fonfun 
[JQ]業種:情報・通信業
終値601円/前日比+32
▼クリックで株探ページ▼

PCメールを携帯で利用できる「リモートメール」が主力。SMS販促ツールなども展開。 本日確りしたスタートから10時台に商いを伴い急伸しました。同社は本日、子会社が医療機関向けにSMS送信サービス「fonfunSMS」をSMS送信費用のみで利用出来る支援措置(スポット配信)を実施すると発表。SMS送信費用は1通に付き10円で、固定費用は掛からないとのことです。実施期間は1~3月としています。本日の株価は今後の業容拡大への期待感に支えられた訳ですが、長い上影を残して終えており、先ずは一段高トレンドの発生確認が必要になります。



[2927]AFC HDアムスライフサイエンス 
[JQ]業種:食料品
終値1,083円/前日比+112円
▼クリックで株探ページ▼

健康食品の受託製造・販売。自社ブランド品を強化。通販や卸にも注力。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。同社は前場中に中間・通期業績の大幅上方修正を発表。これが好感されて買われ、一時ストップ高を付けています。ただ、既に同社株は年初に発表した1Q決算を受け大きく買われてきただけに、手仕舞い売りも出ているようで売り買い交錯しています。1Q決算からも上方修正は必至と見られていただけに、この程度の上方修正は既に織り込んでいるとの声も聞かれました。ただ、未だ2Q途中という時期での上方修正は自信の表れと言え、かなり保守的に見積もっている面もあるだけに再度の上方修正期待もあるとの声も聞かれました。それだけに下げれば買いたい向きは多いと見られます。明日以降の動向が注目されます。



[4005]住友化学 
[1部]業種:化学
終値466円/前日比+41円
▼クリックで株探ページ▼

総合化学大手。医農薬、電子材料にも。石化はシンガポール、サウジへも展開。 本日大幅上昇です。日経平均採用銘柄ですが逆行高となっています。本日はジェフリーズ証券が、同社株の投資判断を最上位に格上げし、目標株価を510円まで引き上げたことが材料視されています。情報電子化学事業と石油化学事業が市場の期待に対し上振れする公算が大きいと指摘しています。スマートフォン生産や半導体材料の増加により、来期の情報電子化学材料セグメントの業績を押し上げるとのことです。なお、同社は来週29日に3Q決算発表を予定しています。既に市場の期待は来期ということだけに、足元の決算は材料視もされ難いとの見方もありますが、決算発表通過で改めて来期への期待買いが入ってくるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ