株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3962]チェンジ

[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値65,900円/前日比+6,600円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 朝方の確りしたスタート後も継続的に買いが入り、日通しで右肩上がりの展開となりました。本日の大幅高で株価は先月21日に付けた上場来高値67,200円に顔合わせしており、中期的な成長が期待出来るとの見方が一般的な銘柄ですので、明確な新値更新となれば、その払い方によっては青天井圏を更に駆け上がる可能性も出てきています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値380円/前日比-15円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日買い優勢で始まり、寄り後も値を伸ばす展開で、一時12%超の上昇となる場面も見られました。米大統領選でバイデン氏勝利を見込み、再生エネルギー関連はバイデン関連との見方から前場は買われていた模様です。しかし、トランプ氏が激戦州でリードしてくると、トランプ氏再選の可能性が意識され、バイデン関連銘柄が後場売られる展開になっています。同社株は後場特売りで始まっており、前場の上昇分を全て吐き出して始まり、後場寄り後も弱含みの展開でマイナスに転じています。同様に[9519]レノバなども後場大きく売られました。



[8101]GSIクレオス 
[1部]業種:卸売業
終値2,158円/前日比+292円
Yahooの株価リンクはこちら

繊維主力の専門商社。繊維原料と婦人服が柱。環境保全型ビジネス拡大へ。 本日大きく急伸しました。同社は2日引け後に決算を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比3.9倍の22.5億円に急拡大しました。新型コロナウイルス感染防止用の医療・衛生消耗品の需要に対応した他、巣ごもり需要および海外市場拡大でホビー関連商材が伸長したことが利益を押し上げました。なお、通期計画の20億円に対する進捗率が112.6%と既に上回っており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[5803]フジクラ 
[1部]業種:非鉄金属
終値362円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

電線3強の一角。フレキシブルプリント基板で世界的。電子電装に力。不動産事業も。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。計画を大幅に上回る2Q決算が好感されています。元々の予想は前年同期比大幅減収減益計画で、純利益は赤字転落との見通しでしたが、実際は減収には変わりないものの、営業利益、経常利益は大幅増益での着地となっており、純利益は黒字で着地。未定だった通期業績見通しも開示しており、営業利益、経常利益は市場コンセンサスを上回っています。ただ、純利益は構造改革費用計上により大幅赤字計画で、それはコンセンサスより悪く、年間配当は無配としています。それでも嫌気する動きは見られず好感されています。SMBC日興証券では、この決算をポジティブと評価しており、超多芯ケーブルの同社への業績貢献の大きさはサプライズであり、好印象だったと指摘しています。空売りも多く入っている銘柄だけに買戻しの動きもあったのではとの声も聞かれました。明日以降も買いが続くか注目されます。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値11,940円/前日比+1,390円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日買い気配スタートからの大陽線で3営業日ぶりに大幅反発しています。同社は本日、同社運営のネットショップ作成サービス「BASE(ベイス)」が、Googleによるデジタルスキルトレーニングプロジェクト「Grow with Google」のパートナーとして、中小企業のオンラインショップ立ち上げを支援するため、「はじめてのオンラインショップ支援プログラム」に参画したち発表しました。本日の急反騰で株価は、直近下落相場前の先月19日以来に5日線を上回って引けており、短期トレンドの転換に期待が集まる処です。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,020円/前日比+760円
Yahooの株価リンクはこちら

製造派遣・請負の中堅。国内外で電機・精密など。ソニー車載関連事業を譲受。 本日大幅上昇となり、久しぶりに25日線を回復しています。日経新聞が売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3月中旬以降に上場来高値を付けた企業をランキングした処、同社株が1位になったと昨日の日経新聞で報じられています。企業紹介記事も掲載されており、見直し買いに繋がっている模様です。同様に2位の[7707]プレシジョン・システム・サイエンス、3位の[3681]ブイキューブも企業紹介記事が掲載されており、何れも本日は確りと買われています。明日以降も見直し買いが継続するか注目されます。



[2162]nms HD 
[JQ]業種:サービス業
終値282円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

本日前場9時台に商いを伴い急伸し後場一段高で大幅続伸となっています。同社は本日9時30分頃に、2021年3月期第2四半期累計の連結業績予想を修正。営業損益見通しを従来の1億円の赤字から1億4,000万円の黒字に上方修正しました。ヒューマンソリューション事業で半導体・電子部品関連など繁忙な業種で人材供給ニーズが続いた他、エレクトロニクスマニュファクチャリングサービス事業で固定費削減による利益の確保に努めたことが利益を押し上げる主な要因だとしています。コロナショック以降の戻り局面での株価は300円処がレジスタンスになることが多く、今回もこのレベルがポイントになるでしょう。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,098円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ストップ高まで買われています。同社は14時にJR東日本スタートアップ社との合弁会社TTG(TOUCH TO GO)が、[8028]ファミリーマートとTTGが開発した無人決済システムを活用するコンビニエンスストアの実用化に向けて業務提携したことを発表。本業務提携による1号店を2021年春頃にオープンする予定とのことです。ファミリーマートとの提携により、同社がライセンス給与している無人決済システムが将来的に本格普及していくとの期待が強まり、見直し買いに繋がっています。同社株は決算発表を機に売り込まれてきており、この材料でどこまで戻せるか注目されますが、いちよし証券を割当先とする新株予約権が未だ多く残っているだけに、それが重しになる警戒もあるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3936]グローバルウェイ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,950円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

転職・就職口コミ情報サイト「キャリコネ」展開。有料職業紹介も。クラウド型のアプリ支援。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末9日引け後に、スイス子会社TimeTicket GmbHが、プロのesports選手やファン同士でゲームを楽しめる「eSportStars」をリリースしたと発表。また、利用頻度に応じて仮想通貨「タイムコイン」が報酬として付与される「eスポーツマイニング」を実装する予定としています。目先、2,000円大台乗せが期待されますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、慎重に動きを見たい処です。



[7516]コーナン商事 
[1部]業種:小売業
終値3,775円/前日比-170円
Yahooの株価リンクはこちら

大阪地盤のホームセンター大手。関東に進出、同業買収も。大型店舗展開に注力。 本日大幅安です。先週末同社は中間・通期業績の大幅上方修正を発表。市場コンセンサスも大きく上回っており、本日は買い優勢で始まるも寄り後は出尽くし的に売られる動きになっています。1Q決算が新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要などから、かなりの好決算となっていただけに大幅な上方修正期待は強まっていた様子です。それに下期は上期と比較して大きく伸び悩むことから、来期業績の減益は避けられないとの見方にも繋がっている様子です。ただ、下期は保守的との見方も多く、通期業績は再度上方修正される可能性もあるだけに更に下げれば買いも入るとの声も聞かれました。



[2706]ブロッコリー 
[JQ]業種:その他製品
終値1,875円/前日比+299円
Yahooの株価リンクはこちら

PSP向けゲームソフト「うた☆プリ」シリーズを展開。カードゲーム「Z/X」が拡大。 本日寄り前から大量の買いものを集め、2営業日大幅続伸しています。同社は先週末9日引け後に第2四半期累計単独決算を発表。売上高が前年同期比9.4%増の29億9,100万円、営業利益は同82.0%増の6億2,000万円、純利益は同58.2%増の4億3,800万円と大幅増益でした。株価は7月の戻り高値をクリアしたことで居所を一段上方に移しており、1月に一相場形成した際の年初来高値2,253円を目指すことになりそうです。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値447円/前日比+21円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日大幅高です。前場引け間際に海外サイトで「TikTokのライバル、Trillerが株式公開を検討中」との報道があり、これが刺激となって動意付き前場引けに掛けて買われています。同社は米Triller社に出資していることから材料視された模様です。記事によれば、Trillerは上場を目指して複数のSPAC(特別買収目的会社)と交渉しているとのことです。また、複数のSPACと交渉を進めるのと並行して未公開株市場での資金調達についても協議しているとのことです。記事の内容から実際に上場するかは、未だ不透明感も強く、何れにせよ先の話になるのではとの見方から買いも続かず。この動きからも同社株は上値のシコリも多いようで戻り売り圧力は強い様子です。



[3671]ソフトマックス 
[M]業種:情報・通信業
終値1,700円/前日比+271円
Yahooの株価リンクはこちら

総合医療情報システムの開発。病院向けウェブ型電子カルテ、会計システムが主力。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反発し、年初来高値を更新しています。田村厚労相と河野規制改革相、平井デジタル改革相らが、9日の記者会見で初診を含めたオンライン診療を原則解禁すると発表。オンライン診療は現在、新型コロナウイルス対策として特例的に初診から認められていますが、感染が収束したあとも原則解禁するとのことで、電子カルテ関連の一角として買われたようです。本日は[6095]メドピアなどオンライン診療関連も買われており、横を見ながらとはなりますが、同社株は上場来高値チャレンジ段階にきています。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,700円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 本日前場は弱含みの動きとなっていましたが、後場は確りと買われてくる動きになっています。同社は本日昼頃に今月5日の臨時株主総会終了後に行われた「株主様との対話の会」の質疑応答を公表しています。この内容が好感されたようで、後場は見直し買いに繋がったのではとの見方です。かなり細かく質疑応答しており、そのIR姿勢も好感された模様です。未だ上値のシコリも多いと思われ、日柄調整が必要な状況と言えるものの、再度10,000円台に戻す期待はあるのではとの声も聞かれました。ただ、10,000円台に戻しても上値の重さが見られ、大台を維持出来なければ、更に値幅調整してくる恐れもあるとの声もあり、明日以降の動向が注目されます。



[6658]シライ電子工業 
[JQ]業種:電気機器
終値247円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

プリント配線板専業中堅。両面・低多層が主体。開発・供給一貫体制。 本日後場買い気配スタートからストップ高まで買われました。同社は本日11時15分頃、5Gなどに対応した透明アンテナ向けフィルム基板の開発に成功し、販売を開始したとしています。また、同時に3次元立体配線用の透明フレキシブル銅張積層板(FCCL)を開発し、販売を開始したとも発表しています。株価は4月のコロナショック後戻り高値248円にあと1円に迫っており、無難にクリアするとコロナショック前の地相場であった300円処がターゲットになってきます。



[6779]日本電波工業 
[1部]業種:電気機器
終値423円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶関連専業で世界大手。小型デバイス製品に力。国内と中国に生産拠点。 本日一時ストップ高まで買われています。同社は後場場中に「NX1612SD サーミスタ内蔵水晶振動子 76.8MHz 量産開始」と発表。米クアルコムは主に5G向けスマートフォンに搭載されるチップセットを開発していますが、本製品がその要求仕様に最初に合致・合格したため量産を開始したとのことです。5Gでしかも米クアルコム絡みの材料ということもあって材料視されたものの、後場後半にはストップ高が崩れて上げ幅を縮小しています。量産開始したのは6月とのことで、なぜ今頃発表なのかという疑問や7月14日に公表済みの決算説明資料には、76.8MHzの高周波・小型サーミスタ内蔵振動子のクアルコム認定は現状当社のみ取得済との記載もあり、目新しさが乏しいとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7851]カワセコンピュータサプライ 
[2部]業種:その他製品
終値310円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

商業印刷や情報処理事業を展開。データ処理から印刷発送まで一貫に強み。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は経常損益が2,000万円の黒字(前期は1.3円の赤字)に浮上する見通しと発表しました。同時に非開示だった2021年3月期第2四半期累計の業績予想は経常損益が500万円の黒字に浮上する見通しと発表しています。売上高に見合う原価率の低下や経費の削減などが利益を押し上げると見られ、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,370円/前日比-3,000円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 連日の上場来高値更新も本日ストップ安を付けています。足元では強い相場を形成していましたが、本日朝高後に売り込まれる動きになっています。同社は決算期が9月末で、本日権利取り最終売買日です。配当は無い見込みですが、優待はあるため、足元の上昇が優待取りという訳でもありませんが、権利落ちで明日は下げる公算が大きいとの見方から本日は手仕舞い売りが出易かった様子です。同社はふるさと納税事業やDX関連事業を手掛けることから、スガノミクスが追い風になるとの見方で買われていたようですが、足元は勢いだけで買われていた面も強く、本日の大幅安で流れが変わる可能性がありそうだと警戒する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[4845]スカラ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,041円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ASP型サイト内検索サービスで首位。企業の販促や宣伝戦略企画も。M&Aに意欲。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、日本初の官民共創を展開するPublic dots & Company社と業務提携を発表しました。両社は共創による全国の自治体でのデジタル化を支援していく方針で、菅政権下で行政のデジタルシフトが急速に進むと見られる中、ビジネスチャンスの拡大が期待されています。株価は上昇トレンドを形成している中、1,000円大台に乗せたことで新値追いへの期待が高まっていますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[4366]ダイトーケミックス 
[2部]業種:化学
終値1,110円/前日比-267円
Yahooの株価リンクはこちら

感光性材料最大手。半導体、写真材料や医薬関連が主力。産廃処理事業も。 本日大幅安となり、一時ストップ安まで売られる場面も見られました。同社は先週末引け後に中間・通期業績修正を発表。中間業績は上方修正となっていますが、通期業績は売上高と純利益が下方修正となっています。営業利益は上方修正ですが、四季報予測を大きく下回っており、9月18日に発売された四季報「秋号」では、唯一の【絶好調】見出しが付けられた銘柄で、今期業績予想は会社予想大きく上回り、営業利益12.5億円、経常利益14.5億円、純利益13.5億円との予想となっていました。しかし、先週末修正された数字は営業利益8億円(上方修正)、経常利益6億円(据え置き)、純利益4億円(下方修正)となっています。四季報を好感して同社株は足元で買われていただけに売られるのも無理はないでしょう。ただ、会社計画は依然として保守的で再度の上方修正もあるのではとの声も聞かれました。



[9658]ビジネスブレイン太田昭和 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,564円/前日比+201円
Yahooの株価リンクはこちら

経営・ITコンサルとシステム開発受託が主力。会計システムに強み。情報セキュリティなども。 本日大きな窓を空けた急反発で、年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は連結経常利益が前期比2.0%増の23億円を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。「最近の受注状況等現時点において入手可能な情報をもとに一定の前提を置いて業績予想を算定した」としています。本日の株価は大引けに掛けて締まって終えており、今後に繋がるような推移を示しています。



[9603]エイチ・アイ・エス 
[1部]業種:サービス業
終値1,910円/前日比+143円
Yahooの株価リンクはこちら

格安航空券販売の最大手。個人旅行に強み。ハウステンボス、ホテルの運営も。 本日大幅上昇です。同社は先週末引け後に、大幅赤字となる3Q決算と未定としていた通期業績見通しを発表。通期は3Qから更に赤字拡大する見通しで、同社が最終赤字になるのは2002年の上場以来初めてとなります。また、配当に関しては無配転落となっており、これを受け朝方は売られたものの、売り一巡後は下げ渋り前場の内からプラスに転じて後場には一段高になっています。所謂アク抜け的な動きになった格好です。今期が悪いのは想定されていたと言え、赤字も無配転落も想定されていただけに改めて嫌気する動きも限定的のようです。来期は業績急回復が見込まれているだけに、中長期的の買いが入ってきたとの声も聞かれましたが、単なる売り方の買戻しとの見方もあります。明日以降の動向が注目されます。



[3787]テクノマセマティカル 
[2部]業種:情報・通信業
終値1,010円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフト、ハードウエアの開発・販売。画像圧縮ソフトでの独自技術と音声処理に定評。 本日後場買い気配スタートからストップ高まで買われました。同社は本日前引け後に、独自のコンピュータアルゴリズム「DMNA」を用いて開発した低遅延モバイル・モニタリング・システム「Point-One」の販売を開始したと発表しました。伝送路に公衆インターネット回線網を使用し、クラウドサーバ環境が不要なため、安価なシステム構築が可能な点が特徴としています。株価はコロナショック後の高値を上回ってきており、新ステージ入りが期待されているようです。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値945円/前日比+146円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅反発となり、一時ストップ高まで買われました。メキシコのイダルゴ州から新型コロナウイルス感染症治療法に関する薬事承認を取得した件について、本承認が虚偽だとするネット上の投稿があることを日経バイオテクONLINEが紹介したことで、同社株は先週末に向けて連日派手に売り込まれていました。本日はリバウンド的に下げ渋っていましたが、14時半過ぎに同社はこの件についてコメントを発表。本承認は虚偽ではないと正式に否定しました。これを受け同社株は一段高となっています。なぜ直ぐに否定コメントを発表しなかったのかという疑問の声も聞かれますが、本日のコメント発表で安心感が強まったと見る向きは多くはない模様です。ただ、本日の上昇は単に短期資金による物色が中心との見方が多く、続く買いにはなり難いのではと見られています。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9425]日本テレホン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値486円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

携帯販売店を展開。中古販売に軸足移す。全キャリア併売のショップに強み。
本日大幅ギャップアップスタートから続急伸し、連日でストップ高を達成しています。安倍首相辞任に伴う自民党総裁選で菅官房長官が優勢になっていると伝えられており、モバイル通信料金値下げに拍車が掛かるとの見方から、格安・中古スマートフォン関連である同社への思惑買いが継続しています。同関連の[9424]日本通信も続伸しましたが、本日126万株超の買いものを残していることや昨日からの商い急騰を見る限り、簡単に終わる相場ではないでしょう。



[1743]コーアツ工業 
[2部]業種:建設業
終値4,520円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

九州地盤のPC橋梁建設中堅。官公需8割。注文住宅建設や不動産賃貸も。
本日寄り前から大量の買いを集めストップの一本値となりました。同社は昨日引け後に、2020年9月期の連結業績予想について発表。売上高を100億9,400万円から前期比9.2%減の106億6,200万円へ、営業利益を3億600万円から同26.2%減の8億3,500万円へ、純利益を2億4,800万円から同6.2倍の5億8,200万円へ上方修正し、併せて期末一括配当を50円から80円へ引き上げています。株価は空中戦で年初来高値を更新してきた訳ですが、目先どこまで板が入ってくるかがポイントになりそうです。



[3490]アズ企画設計 
[JQ]業種:不動産業
終値1,130円/前日比+137円
Yahooの株価リンクはこちら

埼玉地盤。中古不動産を収益化。マンション・ビジネスホテル・オフィスビルなど。民泊も。
本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、販売用不動産の売却とその取得に際して調達した借入金の返済を発表。東京都目黒区の店舗・事務所売却で売却金額は非開示ですが、2020年2月期の売上高(55億円)の10%相当額以上になります。また、取得に際して調達した借入金4.5億円を返済しました。これを受けて買いが流入しており、目先5月に付けた1,200円を目指す動きにあります。ただ、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[3646]駅探 
[M]業種:情報・通信業
終値610円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

乗り換え案内サービス「駅探」を運営。法人向けライセンス販売も。旅行事業拡大。
本日ストップ高まで買われています。昨日、同社はAIを活用したオンデマンド型配車システムを提供する未来シェア社と国内でのMaaS事業推進で業務提携すると発表。未来シェアは国内のAI研究の第一人者である中島秀之氏および松原仁氏が取締役会長を務めるベンチャー企業であり、AIを活用したリアルタイムオンデマンド型運行システムを提供し、既に40件以上の実証実験に参画している日本版MaaSの主要企業とのことです。それだけに好感されている様子です。同社は社長が代わり筆頭株主である[4320]CE HD主導の経営になっていくことから今後の事業展開へ期待する向きも多いようです。



[6038]イード 
[1部]業種:サービス業
終値776円/前日比+62円
Yahooの株価リンクはこちら

「レスポンス」など専門性の高い多数のサイト運営。M&Aで拡大。車バーチャルキーに進出。
本日前場10時過ぎから商いを伴い急伸し大幅高となりました。本日、同社がジゴワッツ社と共同開発したスマートフォンをクルマの鍵として使える「バーチャルキー」を[7599]IDOMが手掛けるファイナンシングサービス「ガリバースマートローン」に提供すると発表。自動車の鍵の施錠・開錠だけでなく、プッシュスタートボタンの有効化・無効化操作が出来るとしています。本日の株価は200日移動平均線超の部分を上影にしており、この200日線レベルがサポート、レジスタンスどちらになるかの勝負になるでしょう。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値776円/前日比+62円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。
本日大幅続伸となり、連日で上場来高値を更新しています。昨日から分割して最低投資金額が安くなったことから、個人投資家の買いが流入している面もあるようですが、それに加えて菅官房長官関連との見方もあります。同社は子会社がふるさと納税事業を手掛けており、そのふるさと納税は菅官房長官が総務大臣の時に打ち出した政策で、ふるさと納税の生みの親と言えます。それだけに菅官房長官が次期総裁になれば、ふるさと納税事業には追い風になるのではとの思惑のようです。同関連の[6535]アイモバイルも買われています。明日以降も物色が続くのか注目されます。



[3541]農業総合研究所 
[1部]業種:情報・通信業
終値565円/前日比+47円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。
本日大幅続伸です。同社株も菅官房長官関連として買われているとの見方です。菅官房長官は秋田県の農家出身で安倍政権の農政改革を実質的に主導してきたと言える人物です。それだけに菅氏が次期総裁になれば農政改革が一段と進み、同社事業には追い風になるとの見方で買われている模様です。午後には自民党総裁選は党員投票を実施せず両院議員総会で投開票を行うことが総務会で正式決定したと報じられており、これで次期総裁は菅氏で決まりだとの見方も強まった様子です。



[3323]レカム 
[JQ]業種:卸売業
終値127円/前日比+1円
Yahooの株価リンクはこちら

オフィス向けの情報機器販売。日系企業進出に力。中国現法が業務受託運営。
本日前引け後に同社は国内外で販売開始しているウイルス除去・除菌装置「ReSPR」の販売について、[7067]ブランディングテクノロジー社と業務提携をし、歯科医院やクリニックなどの医療機関をはじめとする同社顧客を紹介して頂くことになったと発表。これを受け後場買われるも買いは続かず。このウイルス除去・除菌装置「ReSPR」を販売すると6月に発表した際には、同社株は2日連続ストップ高したものの、最早材料視する向きも乏しいようです。市場では感染防止など新型コロナウイルス絡みのネタには反応が乏しくなっているとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6092]エンバイオHD 
[M]業種:サービス業
終値682円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

土壌汚染の調査・対策工事や関連機器など提供。汚染土地の購入・再販も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期第1四半期連結経常利益は前年同期比37.2%増の3.8億円に拡大。土壌汚染地を浄化して販売するブラウンフィールド活用事業で、取得した大型物件の売却が完了したことが収益を押し上げました。なお、通期計画の1.8億円に対する進捗率が211.5%と既に上回っており、業績上振れを評価する買いがどこまで続くか注目されます。



[4488]AI inside 
[M]業種:情報・通信業
終値34,950円/前日比+5,000円
Yahooの株価リンクはこちら

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社が昨日発表した1Q決算が好感されています。1Q決算は前年との比較が無く判断し難いものの、一緒に通期業績の大幅な上方修正も発表しており、売上高は従来予想の1.4倍近くも上方修正し、営業利益など利益面は1.8倍程度も上方修正しています。主力のAI認識技術活用したクラウド型の文字読み取り装置サービス「DX Suite Lite」の契約数増加が想定を上回るスピードで推移した模様です。改めて同社サービスが今後も需要拡大が見込めるとの見方から、見直し買いに繋がっているようです。6月に付けている上場来高値を目指す展開になるか注目されます。



[3536]アクサスHD 
[JQ]業種:小売業
終値166円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

16年3月、雑貨屋ブルドッグとアクサスが経営統合。化粧品、生活雑貨、酒を販売。 本日買い気配スタート後の大陽線で続急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年8月期業績について発表。連結経常利益予想を従来の2億700万円から前期比3.4倍の3億2,600万円へ上方修正し、従来の3期ぶりの過去最高益予想を更に上乗せました。今期経常利益予想の上方修正は7月に続き2回目となります。本日205万株超の買いものを残しており、2018年高値220円を目指す展開も想定されます。



[6071]IBJ 
[1部]業種:サービス業
終値768円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

婚活サイト、各種婚活サービス展開。結婚相談や新生活支援も。ツヴァイを子会社化。 本日ストップ高です。昨日同社は中間決算を発表。大幅減収減益ながら当初計画を大幅に上回っての着地となっています。ストック型の結婚相談所ビジネスへのニーズが高まったことや緊急事態宣言解除後のパーティー参加者数が想定以上に回復したとのことです。決算と一緒に未定だった通期業績見通しも開示し、これも大幅減収減益計画ながら市場コンセンサスは大幅に上回っています。これにより業績回復が示されたことから、本日は見直し買いに繋がっています。来期は大幅増益になるとの期待も高まったようで明日以降も見直し買いが継続するか注目されます。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値10,400円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 本日ストップ高を付けて上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年9月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比4.8倍の32.9億円に急拡大し、併せて通期の同利益を従来予想の26.2億円から34億円に29.8%上方修正して増益率が2.7倍から3.6倍に拡大。ふるさと納税プラットフォームで、新型コロナウイルス対策のプロジェクトを多数企画・実行した結果、取り扱い寄付額が想定額を上回ったことが寄与。引き続き新値追いの展開に期待されます。



[3655]ブレインパッド 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,900円/前日比-265円
Yahooの株価リンクはこちら

顧客購入履歴データ分析で販促提案。AI・ビッグデータ関連ソフト開発なども。 本日大幅安です。昨日発表した本決算で示した今期見通しは増収計画ながら大幅減益見通しとなっており、それが嫌気されて売られています。ただ、同社は既に5月の3Q決算発表時に2021年6月期も新型コロナウイルス感染症による売上高の伸び悩みは続くことが想定されるものの、優秀な人材の採用および育成などの投資は継続すると告知しており、それにより2021年6月期の売上高は66〜70億円程度に留まる可能性があり、営業利益・経常利益は2〜4億円程度となる見込みを示していました。実際に昨日示された今期見通しは、ほぼそれに沿った数字となっており、サプライズは乏しいものの、やはり実際に大幅減益計画が示されたことで嫌気する向きも多いようです。ただ、更に売られれば中長期資金が買いに来るのとの見方もあります。



[2150]ケアネット 
[M]業種:サービス業
終値2,137円/前日比+399円
Yahooの株価リンクはこちら

医療ウェブサイトを運営、医薬品情報で営業支援。サンバイオと資本業務提携。 本日大きな窓を空けて急反発し、上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年12月期上期業績を発表。連結経常利益は前年同期比2倍の4億5,900万円となり、従来予想1億4,100万円から一転して大幅増益で着地しました。医療情報サイト「ケアネット」を通じた医薬営業支援サービスの受注が増加したようです。通期計画6億1,200万円に対する進捗率が75%にまで達しており、業績上振れを期待した青天井相場となる可能性も出てきました。



[3689]イグニス 
[M]業種:情報・通信業
終値2,379円/前日比+209円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。 本日大幅続伸となり、年初来高値を更新しています。同社が先週末に発表した決算は良くなく、週明けに売られたものの、昨日から早くも買われてきています。同社のVRライブなどのエンターテック事業への期待は強いようで、決算発表を通過したことで、期待買いが入ってきているとの見方です。同社は、バンダイナムコアーツとバンダイナムコライブクリエイティブが参画したライブ特化型仮想空間SNS「INSPIX WORLD」を開発中であり、9月には初音ミクのVRライブが予定されています。また、他社IPのVRライブ開発中ということもあり、今後材料が出てくると期待する声も多いだけに思惑相場が続くと期待する向きも多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6266]タツモ  [1部]業種:機械
終値1,490円/前日比+242円
Yahooの株価リンクはこちら

液晶用塗布装置で世界首位。半導体製造装置に注力。精密金型・成形品も。本日窓を開けて大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比99.0%増の8.1億円に拡大。1-6月期計画の7.1億円に対する進捗率が114.1%と既に上回り、業績上振れを期待する買いなども向かいました。株価は3月以降、日経平均に連れ安を強いられる形で安値圏を推移していましたが反騰局面にあり、本日年初来高値を更新したことで新値追いの動きが見込まれます。



[9514]エフオン  [1部]業種:電気・ガス
終値639円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

省エネ支援とバイオマス発電の両輪。自社発電所も運営。燃料の外販を拡大へ。 本日ストップ高を付ました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年6月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比16.3%増の22億円に伸び、通期計画の25億円に対する進捗率は88.0%に達して、5年平均の73.9%も上回りました。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いています。株価は75日線をブレイクするなど上昇基調にありますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[6027]弁護士ドットコム  [M]業種:サービス業
終値6,700円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 本日一時大幅高となり、上場来高値を更新しています。昨日同社は本決算を発表。前期実績は会社計画大きく下回り、コンセンサスも下回りました。ただ、既に3Q時点で計画未達は濃厚だったと言え、サプライズ感は乏しい模様です。四半期ベースでに見れば1-3月期は確りと増収増益となっており、今期見通しは売上高予想だけ開示しており、前期比で25.8%増収計画となっています。引き続き売上高の成長は続くとのことから買い安心感に繋がっています。また、決算と一緒に同社が提供する電子契約サービス「クラウドサイン」の新サービス「クラウドサインAI」を発表。契約管理業務をAIにより自動化するもので、今夏提供開始するとのことです。これを受け新ためてクラウドサイン事業への先行き期待感が強まった模様です。ただ、ストップ高まで買われたあとは上げ幅縮小の動きとなっており、上場来高値水準では手仕舞い売りも出易い様子です。明日以降の動向が注目されます。



[4784]GMOアドパートナーズ  [JQ]業種:サービス業
終値419円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

代理店向けネット広告を扱う。モバイル広告に力。検索連動型広告に強み。本日大幅ギャップアップスタート後も積極的な上値追いが見られ3連騰し、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年12月期第1四半期業績を発表。連結経常利益は前年同期比2.8倍の3億5,274万円に急拡大して着地しました。第1四半期業績だけで通期計画の3億2,000万円を既に上回りました。主力とするエージェンシー事業で大手顧客向けの一部好調業種の需要を取り込んだことに加え、投資有価証券評価益が急増したことも利益を大きく押し上げたようです。株価の次なる目標は2019年5月高値446円となるでしょう。



[4424]Amazia  [M部]業種:情報・通信業
終値4,310円/前日比-135円
Yahooの株価リンクはこちら

電子コミック。フリーミアム型マンガアプリ「マンガBANG!」などを展開。ユーザー向けを創出。本日朝方買われる場面も見られましたが、買い一巡後は売られています。昨日同社は計画大きく超過する中間決算と通期業績の上方修正を発表。ただ、2月6日に発表した1Q決算が強い数字だっただけに上方修正は想定されていたと言えます。株価も1Q決算発表以降、大きく居場所を変えてきていたこともあり、本日は出尽くし的な動きになっています。同社は電子書籍事業手掛ける企業で、巣ごもり関連ということでも期待感が強まっていました。それだけにこの数字では物足りないとの見方です。ただ、4-6月期は期待も強く通期業績は再度の上方修正もあると期待する向きも多いだけに、更に下げれば買いも入り易いと見られます。



[3150]グリムス  [JQ]業種:卸売業
終値2,554円/前日比+409円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の電力削減コンサルを展開。LED照明や家庭向けスマートハウス設備の販売も。本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比49.7%増の21.6億円に拡大し、5期連続で過去最高益を更新しました。これを受けて寄り付きから大口の買い注文が殺到し、一時はストップ高に迫る勢いとなりました。株価は5月に入ってから上げ足を加速させており、目先は1月に付けた年初来高値の2,699円を目指す動きにあります。



[3962]チェンジ  [1部]業種:情報・通信業
終値4,050円/前日比-210円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。本日大幅安です。同社は昼に2020年9月期業績の大幅な上方修正を発表。ただ、四季報予測は下回っており、2月12日に発表した1Q決算で利益面は既に通期計画を大きく超過していただけに、既に大幅上方修正も織り込まれていた格好です。それだけに後場は出尽くし的に売られています。売り一巡後は押し目買いも見られプラスに転じたものの、買い一巡後は改めて売られて結局下げて引けています。ただ、開示によれば下期である4-9月期は売上43億1,400万円、経常利益0円で極めて保守的に見積もった暫定的な業績予想としているとのことだけに再度の大きな上方修正も必至との見方も強く、明日以降も押し目買いは入りそうだとの声も聞かれました。



[8963]インヴィンシブル投資法人  [東証R]業種:REIT銘柄一覧
終値23,900円/前日比-7,000円
Yahooの株価リンクはこちら

スポンサーはソフトバンクG傘下の外資系FIG。ホテルや住宅を主に投資。本日ストップ安です。昨日、同REITは2020年6月期の分配金を新型コロナウイルスの影響で未定としていましたが、それを1口30円にすると発表。未定とする前は1,812円の予定でした。同REITが保有する国内ホテル83物件の内、主要テナントであるMHMグループが運営する73物件について、3〜6月の固定賃料(合計約35億円)を全額免除するとのことです。このような支援を行わない場合、MHMグループが倒産する可能性があるため、固定賃料を免除するなどのMHMグループの要請を受け入れたとのことです。新型コロナウイルスが収束すれば分配金も大きく増えるとの見方から、寄り後には押し目買いにより下げ幅を縮小する場面も見られましたが、買い一巡後は改めて売られています。ホテルの需要はすぐには従来のようには戻らないとの見方も多く、7月以降も不透明ではとの見方も多いだけに、MHMグループの先行きも不透明との見方もあります。本日は連想的に他のREITにも売られているものが目立っています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9969]ショクブン  [2部]業種:小売業
終値393円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

中京地盤の家庭向け食材宅配大手。夕食材料が主力。介護食材の供給も。本日寄り前から大量の買いものを集め大幅5連騰で年初来高値を大幅に更新し、ストップ高まで買われました。新型コロナウイルス感染拡大に伴い、外出自粛の動きが出る中、需要開拓が期待出来る局面にあり、AI(人工知能)を使った配送ナビゲーションで業務効率化への期待も大きい状況です。同社株は投資資金の攻勢で急速に人気化しており、10日付で日証金から貸株規制が出たことを契機に物色人気を加速させています。株価は新展開入りしています。



[3697]SHIFT  [1部]業種:情報・通信業
終値7,830円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトウエアのテスト事業が主力。ソフトの品質保証や関連コンサルも。組織力に強み。本日ストップ高まで買われています。昨日引け後に発表した2Q決算は計画を大幅に超過しての着地となり、大幅増益決算になりました。売上高は前年同期比で1.5倍超、営業利益は2.5倍超となり、純利益は2.9倍近くにも拡大しています。同社事業は比較的、新型コロナウイルスによる悪影響が乏しいとの見方が改めて意識され、本日は見直し買いに繋がっているようです。本日の上昇で75日移動平均線を上抜いており、来週は底堅い展開を期待する向きも多い様子です。



[7610]テイツー  [JQ]業種:小売業
終値31円/前日比+5円
Yahooの株価リンクはこちら

西日本地盤の古本店チェーン。「古本市場」主力にゲーム販売も。「駿河屋」と提携。本日大きな窓を開けて続急伸しています。同社は昨日引け後に、集計中の2020年2月期単独業績を発表。営業利益が1億2,000万円から前期比28.7%増の2億6,000万円へ、最終利益が4,000万円から同64.8%増の1億7,800万円へ上振れて着地したようだとしました。「古本市場」などの店舗で中古商材に注力したことによる粗利の確保と、全社での経費削減活動による販管費の抑制が奏功したとのことです。本日の株価は高寄りから大陰線を強いられており、年初来高値更新へのリスタートの有無は週明け早々の反応に掛かっています。



[2345]アイスタディ  [2部]業種:情報・通信業
終値1,355円/前日比+92円
Yahooの株価リンクはこちら

IT技術者向け学習ソフトを開発・販売。eラーニングが主力。ブロックチェーンも。カイカ傘下。 本日大幅続伸。前場中頃に日経新聞電子版が、新型コロナウイルス感染拡大を受け政府は、教科書などの著作物を遠隔授業で使えるようにする改正著作権法を28日に施行する政令を閣議決定したと報じています。これを受けマイナス圏で推移していた同社株が動意付き大幅高になっています。それにより他のオンライン教育関連にも物色が波及し、[3998]すららネットや[3933]チエルなども買われる動きになっています。オンライン教育というテーマは暫く意識され続けるテーマと言え、関連株も度々物色される場面は今後も出てきそうです。



[4763]クリーク・アンド・リバー社  [1部]業種:サービス業
終値900円/前日比+128円
Yahooの株価リンクはこちら

映像・ゲーム分野の人材派遣と制作が主力。台湾ベンチャーとAI分野に進出。本日大幅買い気配スタートから6営業日続伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年2月期決算を発表。連結経常利益は前期比32.7%増の21億円に拡大して着地し、続く2021年2月期も前期比23.6%増の26億円に伸び、2期連続で過去最高益を更新する見通しを示しました。同時に今期の年間配当は前期比1円増の16円に増配する方針を示しています。併せて発行済み株式数(自社株を除く)の3.5%にあたる80万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施するとも発表。本日の株価は高値圏を維持して引けており、上値余地を示しているようです。



[4480]メドレー  [M]業種:情報・通信業
終値2,610円/前日比+257円
Yahooの株価リンクはこちら

医療ヘルスケア領域の人材採用システムが主力。ネット診療システムや医療情報サービスも。 本日大幅続伸となり、上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、オンラインや電話で初診患者を診療した医療機関への診療報酬について、厚労省が2,100円程度とする方向で調整に入ったことが分かったと報じられています。患者負担は3割負担の一般患者で640〜650円程度になるとのことで、これは一般的な対面診療初診料の4分の3程度の報酬になるとのことです。これを受けオンライン診療が拡がるとの期待に繋がり、同社などは恩恵を受けるとの見方から改めて買われている様子です。ただ、同社株は既に2月下旬辺りから相場を作ってきており、随分と上げてきた格好です。それだけにここから上値は買い難いとの声も聞かれました。なお、[6034]MRTも派手に買われています。



[3536]アクサスHD  [JQ]業種:小売業
終値99円/前日比+23円
Yahooの株価リンクはこちら

16年3月、雑貨屋ブルドッグとアクサスが経営統合。化粧品、生活雑貨、酒を販売。 本日後場大幅ギャップアップスタートから急伸しています。同社は本日12時に業績修正を発表。2020年8月期の連結最終損益予想を従来の7,700万円の黒字から2億8,800万円の黒字に3.7倍上方修正し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなりました。同時に9-2月期の連結最終利益予想も従来の1,600万円から7,700万円に4.8倍上方修正し、一転して2.3倍増益見通しを示しています。株価は、ザラ場ベースで3月3日以来の3桁乗せを達成しており、一段高相場に期待が集まる処です。



[3962]チェンジ  [1部]業種:情報・通信業
終値3,200円/前日比+380円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援サービス。ふるさと納税サイト買収。本日軟調推移となっていましたが、同社は本日10時に新型コロナウイルスによる事業への影響と今後の展望を発表。それによれば、企業や官公庁におけるリモートワーク環境の整備や在宅でのデジタルラーニングなど、同社が得意とするサービスの需要が膨らみ期初に想定していなかった案件が増えているとのことです。また、国や自治体の新型コロナウイルス対策の取り組みを支援することを通じてパブリテック事業が大きく伸長しているとのことです。更に、一旦の業績上方修正について、中間決算前後での発表を予定しているとも書かれています。これが安心感に繋がり見直し買いに繋がったようです。なお、同社は5月15日に中間決算発表を予定しています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4488]AI inside [M]業種:情報・通信業
終値16,790円/前日比+3,000円
Yahooの株価リンクはこちら  

人工知能技術を用いた光学式文字読み取り装置(OCR)サービスを提供する。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅2連騰で上場来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年3月期業績を修正。非連結経常利益予想を従来の1億9,300万円から3億1,000万円に60.6%上方修正しました。代理店による好調な顧客獲得を背景に主力の「DX Suite」クラウド版の新規契約数が伸び、新製品「AI inside Cube」の導入台数が計画を上回ることも上振れに貢献するとしています。本日は直近IPO銘柄に追い風が吹いていたこともあり、高寄り後も上値を追いましたが、明日以降は新値更新したことで一層動きが荒くなりそうです。



[3962]チェンジ [1部]業種:情報・通信業
終値4,450円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら 

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援サービス。ふるさと納税サイト買収。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社が昨日引け後に発表した1Q(10-12月期)決算は売上高が前年同期比2.2倍となり、営業利益は5.9倍、純利益は21倍となる大幅増収増益になりました。既に利益面は通期計画を大幅に上回っています。子会社が手掛けるふるさと納税事業が好調だったとのことです。2019年6月にふるさと納税制度が変更され、混乱が収束したことが追い風になった他、地域創生の趣旨に沿った運営の徹底や取組み推進が寄附者の信認を得たとのことです。通期の着地見通しは、上期決算を目途に精査・発表予定だとのことで、それまでは期待感から確りとした展開が続きそうです。なお、連想的にふるさと納税事業を手掛けている[6535]アイモバイルも大きく買われました。



[2436]共同ピーアール [JQ]業種:サービス業
終値1,395円/前日比+199円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系PR会社。企業パブリシティ活動の支援・コンサルが主力。訪日客の分析も。 本日大きな窓を開けてストップ高で寄り付いています。同社は昨日引け後に、2019年12月期業績を発表。連結経常利益は前の期比12.8%増の5億円で着地し、続く2020年12月期も前期比29.7%増の6.5億円に伸び、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。同時に今期の年間配当は前期比2円増の12円に増配する方針とし、併せて映像・WEB制作会社のアーツエイハンと資本業務提携し、同社を持ち分法適用関連会社化することも明らかにしています。本日の株価は高寄り後に大陰線を強いられており、明日は落ち着き処を探ることになります。



[9273]コーア商HD [2部]業種:卸売業
終値1,007円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら 

ジェネリック医薬品原薬の輸入・販売が主力。医薬品の製造受託も手掛ける。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。主力の原薬販売事業が好調だった他、医薬品製造販売事業が黒字に転換したことなどが寄与し、2020年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍の9.1億円に急拡大しました。なお、通期計画の13.1億円に対する進捗率は69.5%に達し、前年同期の29.6%も上回りました。目先、昨年来高値である1,085円を目指す動きにあります。



[4475]HENNGE [M]業種:情報・通信業
終値2,529円/前日比+439円
Yahooの株価リンクはこちら 

企業向けクラウドセキュリティーサービス「HENNGE One」の提供を手掛ける。本日大幅高となり、上場来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社が昨日発表した1Q決算は赤字となっているものの、決算説明資料によれば売上高は前年同期比20.5%増と大きく伸びており、売上成長のドライバーとなるHENNGE Oneの売上高は同比26.4%増で成長しているとのことです。販売費および一般管理費は、同比36.5%増の7.66億円となっており、これが赤字になった要因です。それだけに内容的には悪くないとの見方から、寄り後は確りと買われている格好です。この決算説明資料から改めて先行き期待に繋がった面もあるようで、新規で買いに動いてきた投資家も多い様子です。明日以降も買い続くか注目されます。



[6131]浜井産業 [2部]業種:機械
終値866円/前日比+126円
Yahooの株価リンクはこちら 

精密工作機械製造。電子部品用材料の研磨機が主力。シリコンウエハー向け強み。本日後場14時過ぎから商いを伴って急伸し、一時ストップ高を達成しています。同社は本日14時に決算を発表。2020年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比33.0%増の2億7,800万円に拡大しました。併せて通期の同利益予想を従来の1億9,500万円から3億2,000万円に64.1%上方修正し、増益率は2.1%増から67.5%増に拡大する見通しとなっています。ザラ場の決算発表ということもあり、本日は派手に上下した株価ですが、徐々に妥当値に収斂していくでしょう。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

検証用


Yahooの株価リンクはこちら

[3962]チェンジ 東証1部 / 情報・通信業 / 100株単位


当日の株価:4,810円
予想PER:95.6倍
実績PBR:24.0倍
配当利回り: -  % 
利益確定値目安:5,250円
ロスカット値目安:4,420円

同社はスマホ、ビッグデータ、クラウドを活用して、経営課題解決を支援するサービスを提供している企業です。2018年9月期第3四半期累計の非連結経常利益は前年同期比15.8%増の3.6億円で着地しています。株価は時より全体暴落相場につられ調整を強いられるも、概ね中期上昇トレンドを継続しており、この流れは続きそうです。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 326
投資CF : -110
財務CF : 10
現金等 : 978

財務(百万円)
自己資本比率 : 75.2%
利益剰余金 : 920
有利子負債 : 144



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ