[2427]アウトソーシング 
[1部]業種:サービス業
終値1,325円/前日比+63円
▼クリックで株探ページ▼

工場製造ラインへ人材派遣・請負が主体。拠点は全国、海外。外国人実習生も。 本日買い先行から寄り後も上値追いが進み大幅反発しました。同社は昨日引け後に、製造業向け人材派遣・請負や人材紹介を手掛けるエス・エス産業を子会社化すると発表。株式譲渡実行日は2月1日を予定しています。エス・エス産業の地域密着採用による愛知及び九州エリアでの対応力強化、外国人労働者や習熟作業者の更なる活躍領域の拡大などを期待しているようです。本日は、[6569]日総工産が上方修正発表で急騰しており、目先はこちらの切り口からも見る必要がありそうです。



[7460]ヤギ 
[2部]業種:卸売業
終値1,710円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

繊維専門商社の老舗。糸やテキスタイルから二次製品まで展開。EC部門を強化。 本日10時前からの急伸で2連騰となり、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、洗って繰り返し使うことの出来るアイソレーションガウン(感染予防用隔離ガウン)「EITORE for Medical Reusable Gown(仮)」を3月から販売すると発表。同製品が医療機関などで使われることで、医療用ガウンの安定供給に貢献する他、使い捨てガウンのごみ問題の解決や医療機関のコスト削減にも繋がるとしています。本日の株価は10時13分から張り付いたままでしたが、大引け直前に寄り付いており、先ずは2月に付けた昨年来高値1,729円の更新が注目されます。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値1,023円/前日比-120円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日大幅安です。9時10分過ぎに提出された大量保有報告書によれば、同社社長である伊藤雅文氏が保有比率を7.74%から6.70%まで減らしてきたことが明らかになっています。大量保有報告書によれば、昨年11月16日に2万株、そして今年1月13日に3万株を市場内で売却しています。13日は決算発表翌日で大した株数ではなく株価への影響も限定的と言えるものの、やはり社長が保有株を売却してきたという ことで嫌気されている模様です。ただ、同社社長は継続的に保有株を減らしてきているだけに目新しさは乏しく、今までの売却経緯を見ても短期的にまとまって売ってくる訳でもなく、嫌気する動きも続かないとの見方も多いようです。足元で株価は高値圏にあっただけに、本日は手仕舞い売りのキッカケになった面が強い様子です。



[3848]データ・アプリケーション 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,810円/前日比+170円
▼クリックで株探ページ▼

企業向けEDIソフト開発で首位。大手SIからの受注が主体。流通、製造向け大。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の0.2億円から1.7億円へと7.7倍上方修正しました。また、業績好調に伴い従来未定としていた期末一括配当は43円実施する方針を示しています。株価は本日ストップ高買い気配で始まったものの、寄り付き後は売りに押されて上げ幅を縮小させています。上値の重さも感じられ、厳しい展開を強いられそうです。



[6996]ニチコン 
[1部]業種:電気機器
終値1,470円/前日比+107円
▼クリックで株探ページ▼

世界有数のコンデンサーメーカー。アルミ電解が柱。EVや家庭用蓄電システムなど積極化。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新して2018年1月以来の高値水準となっています。昨晩の日経新聞電子版で、同社は40億円を投じ、2021年末までにフィルムコンデンサーの生産能力を倍増させると報じられています。EV向けの需要が拡大しており、自動車メーカーや系列部品メーカーへの販売に加え、モーター専業メーカーである日本電産への供給も決まったとのことです。日本電産が手掛けるEV駆動用モーターに組み込み、中国などの新興自動車メーカー向けなどに販路を拡大するとのことです。業績への寄与も期待される材料と言え、株価は高値圏ながらも改めて見直されるキッカケとなっている様子です。昨日はJPモルガン証券が新規「Overweight」、目標株価1,850円でカバレッジを開始しているだけに高値圏でも買い安心感はあるとの声も聞かれました。



[2323]fonfun 
[JQ]業種:情報・通信業
終値601円/前日比+32
▼クリックで株探ページ▼

PCメールを携帯で利用できる「リモートメール」が主力。SMS販促ツールなども展開。 本日確りしたスタートから10時台に商いを伴い急伸しました。同社は本日、子会社が医療機関向けにSMS送信サービス「fonfunSMS」をSMS送信費用のみで利用出来る支援措置(スポット配信)を実施すると発表。SMS送信費用は1通に付き10円で、固定費用は掛からないとのことです。実施期間は1~3月としています。本日の株価は今後の業容拡大への期待感に支えられた訳ですが、長い上影を残して終えており、先ずは一段高トレンドの発生確認が必要になります。



[2927]AFC HDアムスライフサイエンス 
[JQ]業種:食料品
終値1,083円/前日比+112円
▼クリックで株探ページ▼

健康食品の受託製造・販売。自社ブランド品を強化。通販や卸にも注力。 本日大幅高となり、昨年来高値を更新しています。同社は前場中に中間・通期業績の大幅上方修正を発表。これが好感されて買われ、一時ストップ高を付けています。ただ、既に同社株は年初に発表した1Q決算を受け大きく買われてきただけに、手仕舞い売りも出ているようで売り買い交錯しています。1Q決算からも上方修正は必至と見られていただけに、この程度の上方修正は既に織り込んでいるとの声も聞かれました。ただ、未だ2Q途中という時期での上方修正は自信の表れと言え、かなり保守的に見積もっている面もあるだけに再度の上方修正期待もあるとの声も聞かれました。それだけに下げれば買いたい向きは多いと見られます。明日以降の動向が注目されます。



[4005]住友化学 
[1部]業種:化学
終値466円/前日比+41円
▼クリックで株探ページ▼

総合化学大手。医農薬、電子材料にも。石化はシンガポール、サウジへも展開。 本日大幅上昇です。日経平均採用銘柄ですが逆行高となっています。本日はジェフリーズ証券が、同社株の投資判断を最上位に格上げし、目標株価を510円まで引き上げたことが材料視されています。情報電子化学事業と石油化学事業が市場の期待に対し上振れする公算が大きいと指摘しています。スマートフォン生産や半導体材料の増加により、来期の情報電子化学材料セグメントの業績を押し上げるとのことです。なお、同社は来週29日に3Q決算発表を予定しています。既に市場の期待は来期ということだけに、足元の決算は材料視もされ難いとの見方もありますが、決算発表通過で改めて来期への期待買いが入ってくるとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。