株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3779]JエスコムHD

[5214]日本電気硝子 
[1部]業種:ガラス・土石
終値2,101円/前日比+148円
Yahooの株価リンクはこちら

FPD用ガラス大手。顧客は韓国・台湾・中国企業。機能材やガラス繊維に注力。 本日大きな窓を空けて急反発しました。同社は昨日引け後に、2020年12月期業績について発表しました。累計営業利益は124億円で前年同期比3.5%減益となっているが、上半期の同17.6%減に対して7-9月期は同35.3%増と大幅増益に転じています。連結経常利益を従来予想の110億円から2.4%減の150億円へ大幅上方修正しています。上半期決算時には160億円から120億円に下方修正されていただけに、上方修正にはインパクトが先行。液晶ガラスの出荷が想定以上に増加し、薄型パネルディスプレイ用ガラスがTVやPC向けの旺盛な需要を背景に出荷が好調のようです。本日の大陽線で株価は、9月14日の直近戻り高値2,169円を視野に捉えたと言えそうで、目先はこの直近高値を奪回出来るかがポイントになるでしょう。



[4483]JMDC 
[M]業種:情報・通信業
終値5,310円/前日比+385円
Yahooの株価リンクはこちら

医療データベースの構築や調剤薬局へのデジタルソリューション提供などを手掛ける。 本日確りと上昇して5,000円台を回復しています。本日は朝から買い優勢で始まっており、寄り後も買われて値を伸ばしています。全体的に寄り後は買い優勢の動きになっていたことも追い風になっていると言えますが、メリルリンチ日本証券が同社株の投資判断を新規買いでカバレッジを開始しており、それが追い風になっている面もあるようです。目標株価は上場来高値をも上回る6,300円に設定しており、本日は見直し買いに繋がっています。
10月29日大引け後に業績修正を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益を従来予想の5億円から11億円(前年同期は8.5億円)に2.2倍上方修正し、一転して28.8%増益を見込み、2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。



[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値121円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日反発しました。同社は昨日引け後に、中国で投資事業を手掛ける中企連控股集団有限公司と業務提携契約を締結すると発表。中国でも事業拡大を図る狙いで、日中間での事業展開を希望する企業への進出支援事業の他、企業交流のためのセミナーや講演会、視察旅行の実施。また、日中企業間のビジネスマッチング事業やビジネス情報発信事業などで協業する予定です。ただ、前場こそ大きく値を飛ばしましたが後場からは売りの圧力も高まり、上値を抑えられる格好となっているため、過度な期待は禁物とも取れます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値5,060円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日確りと続伸して高値を更新しています。今朝、時事通信で[9843]ニトリHDが、同社を完全子会社化する方針を固めたことが分かったと報じられています。29日午後に開く取締役会で、TOBで同社の全株式取得を目指す買収案を正式決定するとのことです。似鳥昭雄会長が記者会見し、詳細を説明する模様です。ニトリHDが設定する価格が焦点となるとのことで、具体的な金額は報じられていませんが、いよいよ本日発表されるとの見方から買われています。市場ではニトリHDが対抗TOBに正式に踏み切れば、DMC HDが更に対抗してTOB価格を引き上げてくるのではとの思惑も出てくるため、ニトリHDが出したTOB価格を上回って推移するとの見方も多い様子です。本日の株価推移からもニトリHDが出してくるTOB価格は5,000円程度になるのではと見る向きも多いようです。



[5702]大紀アルミニウム工業所 
[1部]業種:非鉄金属
終値650円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら

再生アルミ地金で首位。ダイカスト・鋳物用が主力。特殊材拡大。東南アジア強化。 本日ギャップアップスタートから3営業日ぶりに急反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期連結業績予想について発表。営業利益を45億1,000万円から前期比15.5%減の65億2,000万円へ、純利益を28億6,000万円から同21.2%減の44億円へ上方修正しました。いち早く回復した中国市場への輸出が増加したことに加えて、海外の製品価格と原料価格の価格差(スプレッド)が順調に推移したことが利益を押し上げる見通し。更に、大手需要先である自動車メーカーが回復傾向にあることも貢献する見込み。で株価もネックラインをブレイクしており、中期目線での先高が見込める状況になってきています。



[3556]リネットジャパン 
[M]業種:小売業
終値617円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットリユース「NET OFF」・ネットリサイクル「ReNet」運営。カンボジアで農業地域金融サービス。 本日買い先行で始まったあとも急速な上値追いが進み大幅反発し、ストップ高まで買われています。一部メディアが「カンボジアで中央銀行が発行するデジタル通貨「バコン」の運用が28日、正式に始まった」と報じました。同社はバコンを開発したスイスのソラミツHDAGとネット銀行参入を目指してカンボジアで合弁会社を設立することで基本合意したと2月13日に開示しています。報道を受けてカンボジアでのネット銀事業が進展するとの期待から買いが膨らんでいるようです。株価は、カンボジアでのネット銀事業が進展するとの期待からどこまで駆け上がれるか注目されます。



[4772]ストリームメディアコーポレーション 
[JQG]業種:情報・通信業
終値388円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホなどに韓流スターのコンテンツを配信。韓流系3チャンネルの放送や物販事業も。 本日大幅高です。同社は昨日、韓国のネイバーを割当先として869万3480株を発行すると発表。ネイバーの持株比率は7.55%となり、第2位株主となります。調達資金の約27億円は、新規事業であるオンライン専用コンサート「Beyond LIVE」への投資などに充当する。ネイバー社は韓国最大の検索ポータル「NAVER」や「LINE」などを手掛けている大手企業だけに好材料視されています。同社は韓国関連事業を手掛けることから、同社事業にも追い風になるとの思惑に繋がっているようです。ただ、今回の第三者割当増資は資金調達を目的として行うもので、ネイバー社と資本業務提携契約締結は行わないとのことです。また、ネイバー社が指定する者を取締役として受け入れることも無いとのことです。それだけに過度な期待は禁物との声も聞かれました。ただ、ネイバー社も妙味が無ければ出資しないと思われ、同社の見直し買いに繋がっている面はあるようです。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[7353]KIYOラーニング 
[M]業種:サービス業
終値12,890円/前日比+780円
Yahooの株価リンクはこちら

個人向けオンライン資格講座や社員教育クラウドサービスの提供を手掛ける。 本日確りと続伸しています。本日から信用取引規制の増担保規制が解除となっています。昨日まで解除期待の先回り買いも入っていたと思われ、本日は小安く始まったものの、寄り後は確りと買われています。規制解除を好感というよりは、依然として同社株には継続した買いが入っているようだとの見方です。ただ、本日は全体的に朝安後、買い優勢の展開になっているだけに、その地合いも追い風にはなっているのではとの見方も少なくありません。上場来高値も意識される水準だけに明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値165円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、北海道文教大学と包括連携協定を締結すると発表。今回の連携で北海道文教大学が持つ食品・栄養分野、医療分野、美容分野などの専門知識および幅広い人的ネットワークと同社が有する販売網および業界知識などを組み合わせ、アンチエイジングや健康寿命の延伸に繋がる商品・サービスなどを提供する予定です。株価は年初来高値186円ブレイクに期待が掛かります。



[6380]オリエンタルチエン工業 
[2部]業種:機械
終値690円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

小型チェーン主体。農機、事務機械向けに定評。精密機器関連部品も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線でストップ高まで買われました。東証が昨日引け後に、同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2020年9月30日時点の流通株式の時価総額が5億円以上となり、流通株式時価総額に関する上場廃止基準に該当しなくなったためとしています。本日46万株超の買いものを残して終えており、年初に記録した年初来高値744円を視野に捉えています。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値1,005円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、「不動産ファンド、日本で大型投資 グリーンオークが1兆円」と報じられており、不動産投資事業手掛ける同社には追い風との見方に繋がっています。また、国交省は昨日、不動産売買の重要事項説明をテレビ電話などの非対面でも認める方針を明らかにしたとも報じられていることも追い風になっているようです。明日以降、1月に付けている年初来高値1,110円を取りにいくか注目されます。なお、不動産非対面関連としては、[6093]エスクロー・エージェント・ジャパン、[4054]日本情報クリエイト、[3796]いい生活が本日買われています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値395円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日小幅安です。同社は昨日引け後に本決算を発表。今期見通しは大幅減収減益計画となっており、大きく売られて始まったものの、寄り後は下げ渋っており、下げ幅縮小の動きになっています。先週末から決算警戒もあって売られてきたことからアク抜けてきな格好になっています。また、同社は米国で太陽光関連事業を手掛けることから、バイデン銘柄という見方も多く、決算発表後の買いを狙っていた向きも多いようです。更に日経新聞電子版で、梶山経産相が太陽光や風力などの再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明したと報じられたことも追い風になった様子です。明日以降も買われていく展開になるのか注目されます。



[3021]パシフィックネット 
[2部]業種:小売業
終値2,552円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。テレワーク用レンタルを強化。 10月9日付の弊社朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日大幅高で年初来高値を更新しています。同社は昨日、第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.3%増の11億6.500万円、営業利益は同15.9%増の1億5,000万円、純利益は同22.8%増の1億100万円と2桁増益で、売上高・営業利益が第1四半期として過去最高となりました。株価は時間差で急速に上値を追い始めましたが、売り上がりも一手と言った処でしょう。



[3788]GMOグローバルサインHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値12,420円/前日比+1,560円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅上昇となり上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、「電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後200億円市場に」と報じられています。その記事内で[6027]弁護士ドットコムの1強体制に楔を打ち込もうとする動きも出てきたとのことで、日通系で「ワンサイン」を運営するワンビシアーカイブズと同社は2020年度中を目途に両社の顧客が互いのサービスを利用出来る仕組みを整えると報じられています。これを受け顧客獲得拡大に繋がるとの期待から、見直すキッカケとなったようです。足元で弁護士ドットコムは大きく買われてきており、連日で上場来高値を更新しているだけに、同社株は出遅れているとの声も聞かれました。同社の時価総額は1,000億円台ですが、弁護士ドットコムは3,000億円超となっています。



[3236]プロパスト 
[JQ]業種:不動産業
終値160円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏でマンション開発、販売代理を展開。土地再開発、中古不動産再生も。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年5月期第1四半期の経常利益は前年同期比23.7%増の9.9億円に伸びました。首都圏を中心に賃貸開発事業が伸長し、利益が拡大。通期予想は前期比1.2%増の15.55億円で据え置いていますが、進捗率は69.8%に達しており、近く上方修正される可能性があるとの期待が広がっています。7月1日に付けた高値189円を目指す動きにありますが、170円から上は売り圧力も強く、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,174円/前日比+85円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅上昇です。14時過ぎに日経新聞電子版が、梶山経産相が日経新聞のインタビューに応じ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「他の電源に比べ上位の主力電源にしていく」と表明したと報じました。また、普及の基盤となる高性能な蓄電池や洋上風力の整備などに予算を厚く配分する考えも示したとのことです。この記事を受けて、蓄電池を手掛ける同社株などに物色資金が集まりました。他にも蓄電池関連で[6674]ジーエス・ユアサコーポレーション、[5333]日本ガイシ、[6653]正興電機製作所や[6864]エヌエフHD、再生エネルギー関連で[9519]レノバ、[9517]イーレックス、[9514]エフオンなどが動意付いています。政策絡みのネタなだけに明日以降も物色が続くと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ