株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3696]セレス

[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,355円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比3.6倍の18.5億円に急拡大。暗号資産市場の活況を背景にビットバンクによる持分法利益が拡大し、経常増益率が一段と拡大する形です。なお、通期計画の26億円に対する進捗率は71.2%に達しており、業績上振れを期待する買いも流入しています。本日、25日・75日両移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[6640]I-PEX 
[1部]業種:電気機器
終値2,275円/前日比+245円
▼クリックで株探ページ▼

コネクター大手。精密金型に強み。車載用コネクタ、センサーに注力。匂いセンサ技術も。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅6連騰を達成し、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年12月期の連結業績予想について発表。売上高を577億円から前期比14.8%増の626億円へ、営業利益を33億円から同88.9%増の55億円へ、純利益を20億円から同3.3倍の38億5,000万円へいずれも上方修正しました。本日の株価は高寄り後に大きく上げ幅を縮め終えており、目先は以前の年初来高値水準2,400円処がポイントとなるでしょう。



[9984]ソフトバンクグループ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,180円/前日比-328円
▼クリックで株探ページ▼

投資持ち株会社。傘下で10兆円ファンド、携帯電話、ZHD。持分に中国アリババ。 本日続落です。今朝の日経新聞では、同社の2021年3月期の純利益が4兆9000億円強になったことが分かったと報じられています。国内企業では過去最高の利益水準を達成したとのことで、これが好感されて買い優勢で始まるも寄り後は売られる動きになっています。既に先月には読売新聞が最終利益が4兆円台後半になる見通しだと報じていたこともあり、目新しさは乏しく、ビジョンファンド事業による利益だけに相場環境次第で利益は大きく振れることから、今期以降もこの規模の利益を続けるのは難しいとの見方も多いようです。足元は米ナスダック指数が軟調気味なだけに、ビジョンファンド事業の先行き不安も意識されている様子です。



[2784]アルフレッサHD 
[1部]業種:卸売業
終値1,736円/前日比-279円
▼クリックで株探ページ▼

医薬品卸最大手。福神とアズウェルが統合。医薬品・受託製造や医療器販売も。 本日大幅安です。MSCIスタンダードインデックスの定期入れ替え銘柄が、日本時間朝方に発表されています。5月の定期入れ替えは比較的大幅な入れ替えになり易く、市場での関心も高くなっています。今回、日本株の新規採用は無く、29銘柄が除外されることが決まりました。同社株はその1つで、既にSMBC日興証券や大和証券などではMSCI入れ替え銘柄予想を出していましたが、予想されていなかった同社株などの下落がきつくなっています。他にも[3405]クラレ、[4088]エア・ウォーター、[6113]アマダ、[8252]丸井グループ、[8369]京都銀行、[9045]京阪HD、[9048]名古屋鉄道、[9504]中国電力、[9508]九州電力、[9706]日本空港ビルデング、[9987]スズケン、[9989]サンドラッグなどもMSCI除外で大きく売られました。実際の入れ替えは27日大引けで行われます。



[2352]エイジア 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,125円/前日比+281円
▼クリックで株探ページ▼

ソフトの開発・販売。メール活用の販売支援パッケージが主力。自動メッセージ配信も。 本日買い気配スタートから急反発し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2022年3月期連結業績予想を発表。売上高が前期比33.7%増の31億5,000円、営業利益は同45.8%増の6億円、純利益は同52.3%増の3億3,900万円と大幅増益を見込み、年間配当予想を前期比5円増の30円としています。また、同時に中期経営計画の目標値についても上方修正しており、中期目線での資金も巻き込んでの相場展開となりそうです。



[7187]ジェイリース 
[1部]業種:その他金融業
終値973円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

賃貸不動産における家賃債務保証業務。大都市中心に展開。医療費保証も。 本日大幅ギャップアップスタートから急伸し、ストップ高まで買われて年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期決算を発表。営業利益段階で前期比6倍の9億4,300万円と急拡大しました。更に、2022年3月期の営業利益見通しについても前期比27%増益の12億円と大幅な伸びを見込んでいます。PER12倍台と株価指標面からの割高感は無く、発行株数880万株余りの小型株が本日は320万株超の商いを熟しており、高値圏での追随買いを見込める状況ではあります。



[6198]キャリア 
[M]業種:サービス業
終値495円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

シニア人材活用、派遣・紹介。介護施設等へ看護・介護士の派遣・紹介。 連日のストップ高です。引き続き新型コロナワクチン接種を巡り、200人の看護師派遣事業を担当の自衛隊から受注したことが材料視されています。10時には同社は正式に発表しています。受注金額は明らかにしていませんが、今朝の日経新聞では、7.6億円で契約したと報じられています。同社の売り上げ規模から大した金額では無いとの見方もありますが、今後大規模接種会場が全国的に設けられるとの期待もあり、そうなれば追加受注もあり得るとの声も聞かれました。しかしながら、医療人材不足の中、同社が更に看護師などの人材を確保出来るのか不透明感もあるとの声も聞かれました。



[1720]東急建設 
[1部]業種:建設業
終値671円/前日比+89円
▼クリックで株探ページ▼

総合建設中堅。約2割がグループからの受注。渋谷駅前再開発、公共事業も。 本日一時ストップ高まで買われました。同社は本日13時半に本決算を発表。前期業績は計画下振れ着地となり、今期見通し大幅増収増益計画も四季報予測は下回っています。ただ、一緒に長期経営計画を策定したと発表しており、かなり強気な長期見通しとなっています。また、株主還元方針の見直しも発表しており、従来の連結配当性向20%以上を目標とした配当と自己株式の取得を含む還元方針から、ROE10%以上と連結配当性向40%以上とが均衡したDOE4.0%以上を目標とした配当を実施する方針に変更するとのことです。更に、自社株買いについては機動的に実施を検討するとのことで、今期配当見通しは1株40円と前期10円から大幅な増配となります。これが好感されて買われた模様です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値5,110円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日高寄り後も上値追いが続き急反発して上場来高値を更新し、ストップ高まで買われました。米FOMCを受けた金融緩和姿勢の長期化観測の高まりなどもあり、足元でビットコイン価格が再度上値追いの勢いを強めており、同社株や[8698]マネックスグループなど暗号資産関連銘柄の強い動きが目立っています。モルガン・スタンレーが大手米銀で初めて富裕層顧客向けにビットコインで資金運用するファンドを提供すると伝わっていることもあり、暗号資産の先高期待に連れる更なる上値追いも考えられます。



[2437]Shinwa Wise HD 
[JQ]業種:サービス業
終値603円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

高級絵画や陶磁器などオークション企画開催で最大手。再生可能エネルギー関連も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に同社グループが取り扱うブロックチェーン登録アート作品を元にしたNFT(代替不可能トークン)の生成・販売の新規事業の開始すると発表。具体的には、アート作品は本来代替不可能資産ですが、コピー作品・贋作が横行しており、同社グループが販売するアート作品をNFT化することによって、限りなく代替不可能な新たなる資産を作るとのことです。ちょうどNFTが、市場で話題になって注目度浴びてきたタイミングだけに、ストップ高でもザラ場寄らずの買いを集めています。NFT関連株物色がどの程度続くのか注目です。



[3927]フーバーブレイン 
[M]業種:情報・通信業
終値1,241円/前日比+187円
▼クリックで株探ページ▼

情報セキュリティ製品の開発・販売・保守。中小企業向けの業務システムに注力。 本日大幅続伸です。同社は15日にシンガポールのブロックチェーンエンターテイメントプラットフォームを開発・運営するDEA社と資本業務提携を行うと発表。これを受け16日多少買われるも買いは続きませんでした。しかし、昨日から改めて見直されています。昨日には、テスラのイーロンマスク氏がアート作品をNFTで販売したことが報じられており、NFTの注目度が一気に高まった様子です。DEA社はNFTプラットフォームを手掛けていることから、昨日からNFT関連株として見直されている様子です。本日はNFT関連と思われるような銘柄が思惑的に色々と物色されています。[4777]ガーラ、[3121]マーチャント・バンカーズ、[3624]アクセルマーク、[2345]クシム、[3912]モバイルファクトリー辺りも関連ではとの見方で買われている様子です。



[3903]gumi 
[1部]業種:情報・通信業
終値823円/前日比+24円
▼クリックで株探ページ▼

ソーシャルゲームからスマホアプリ開発が主力に。海外に強み。他社ゲームの海外配信も。 本日一時865円まで買われるも買い一巡後は上げ幅を縮小する動きになっています。昨日引け後に、[9684]スクウェア・エニックスHDが、double jump.tokyo社との共同開発によるブロックチェ ーン技術を活用したNFTデジタルシールを2021年夏に販売すると発表。スクウェア・エニックスHD初となるNFTデジタルシールは、「ミリオンアーサー」シリーズで展開予定だとのことです。同社は2018年にdouble jump.tokyo社に出資し、ブロックチェーンゲーム事業で資本業務提携をしていることから、一気にNFT関連企業に躍り出た格好となり、本日は派手に買われた模様です。ただ、買い一巡後は戻り売りに押されて上げ幅を縮小する動きになっています。同社株は決算発表後、派手に売られた直後ということもあって戻り売りも出易い様子です。明日以降改めて買われるか注目されます。



[8013]ナイガイ 
[1部]業種:繊維製品
終値376円/前日比+43円
▼クリックで株探ページ▼

靴下老舗。機能性、高級品に強み。百貨店中心からECなど販路多角化。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年1月期の連結最終損益は18.3億円の赤字に赤字幅が拡大しましたが、2022年1月期は0.8億円の黒字に浮上する見通しを示しました。新しい生活様式に対応した新商品展開や新ブランドの投入、ネット通販の強化などを通じ、収益力の回復を目指します。これを受けて大きく買いが流入していますが、ボリンジャーバンドの+3σ付近からの上値は重く、過度な期待は禁物とも取れます。



[3665]エニグモ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,457円/前日比+199円
▼クリックで株探ページ▼

個人輸入代行ソーシャル通販サイト「バイマ」運営。売買参加者の手数料が収益源。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年1月期の経常利益は前期比13.0%増の30.3億円になり、2022年1月期も前期比8.6%増の32.9億円を見込みます。BUYMA事業の取扱高や会員数が順調に増加しており、今期は増収増益を確保しつつ規律を持って成長投資に積極的に資金を投下していきます。上昇トレンドを形成している株価に弾みが付き、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[7081]コーユーレンティア 
[JQ]業種:サービス業
終値1,785円/前日比+138円
▼クリックで株探ページ▼

家具、什器・備品のほか、OA機器のレンタルサービスなどを手掛ける。 業種 本日後場13時過ぎから商いを伴い急伸し、大幅続伸となりました。本日13時に同社関係会社のコーユーイノテックスがeスポーツ分野に本格参入したことを明らかにしています。コーユーイノテックスは今年1月にeスポーツ専任部署を立ち上げ、2月から国内最大級のeスポーツイベント「RAGE」を支援。運営備品から競技用備品、インフラ環境構築を提供する「技術パートナー」となっています。材料発表が後場ザラ場中だっただけに、株価は明日も織り込みに行く動きとなりそうです。



[7254]ユニバンス 
[2部]業種:輸送用機器
終値465円/前日比+55円
▼クリックで株探ページ▼

自動車部品メーカー。ミッション・アクスルが主力。産機向け変減速機も。米・アジアに拠点。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。明日発売される会社四季報「春号」への期待から先回り的に買われているとの見方です。四季報オンラインでは、2月24日付で業績予想が更新されており、それによれば今期業績は会社計画通りながら来期である2022年3月期業績予想は大幅増収で黒字転換見込みとなっています。前号の四季報予想の数字から大きく上方修正されており、これを受け同社株は2月下旬から買われていました。四季報発売を控えて改めて先回り的な買いが入ってきたようです。ただ、これだけ派手に買われれば四季報発売で出尽くしになるのではとの声も聞かれており、明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3825]リミックスポイント 
[2部]業種:情報・通信業
終値168円/前日比+16円
▼クリックで株探ページ▼

暗号資産交換所「ビットポイント」運営。中古車売買やホテル、売電事業を展開。 本日大きく急伸しました。同社株は直近のビットコイン価格急落により、それに引き摺られる形で株価を下げていましたが、前日の取引ではビットコイン価格が再び48,000ドル台を回復。また、米大手金融会社が暗号資産のトレーディングに前向きな姿勢を見せていることで、東京市場でもビットコイン関連銘柄に短期筋の攻勢が再び活発化しています。ただ、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、慎重に動きを見たい処です。



[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,215円/前日比+490円
▼クリックで株探ページ▼

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、ブロックチェーン技術のコンサルティングを手掛けるHashPort社との資本・業務提携を発表。今回の提携で、暗号資産の新規取扱いコンサルティングから、ウォレット管理システムを含む暗号資産取引所システムまで一気通貫で提供する国内唯一の会社になりました。業容拡大に対する思惑が株価を強く刺激しており、2月22日に付けた高値4,455円を目指す動きにあります。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,480円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 今朝の日経新聞で、同社は中国のネット通販最大手アリババ集団と組んで越境販売を始めると発表したと報じられています。日本のフリマアプリ「メルカリ」に出品された商品を中国の利用者が購入出来るようにし、越境ECを強化するとのことです。これが好感され大幅高で始まるも寄り後は上げ幅を縮小してくる動きになっています。昨日、[4689]Z HDとLINEが正式に経営統合し、決済サービス「PayPay」に「LINEペイ」を統合すると発表。想定されていたことですが、改めて競合する同社決済サービス「メルペイ」事業への先行き不透明感が重しになっているとの見方です。明日以降の動向が注目されます。



[3328]BEENOS 
[1部]業種:小売業
終値2,597円/前日比+249円
▼クリックで株探ページ▼

越境eコマース事業が主力。ネット宅配買い取り、海外発送代行等。投資事業も。 本日大幅高です。メルカリがアリババと組んで越境販売を始めると発表しましたが、越境販売では同社と協業し、注文が入ると同社が商品を代理購入し、中国の注文者に届ける仕組みだとのことです。2年前からメルカリは同社子会社と越境EC事業で提携していました。今回メルカリがアリババと提携し、越境EC事業を強化するとのことだけに同社も恩恵を大きく受けるとの期待から買われています。地合いの影響もあって株価はほぼ寄り高状態となっていますが、明日以降改めて買われる動きになるのか注目されます。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,976円/前日比+246円
▼クリックで株探ページ▼

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。 本日大幅上昇です。昨日、Z HDとLINEが正式に経営統合したことから改めて思惑が再燃し、本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。同社はLINE傘下だけに新たな事業展開などの何らかの動きが出てくるのではとの期待も強い様子です。以前、同社と[9984]ソフトバンクグループが出資しているUberEatsは、互いに買収提案を行ったとの報道が出たこともあり、その動きが再び動き出すのではと思惑にも繋がっているようです。明日以降も買いが続くか注目されます。



[9709]NCS&A 
[2部]業種:情報・通信業
終値513円/前日比+30円
▼クリックで株探ページ▼

独立系ソフト開発老舗。総合情報サービスを展開。NECと緊密。機器販売も。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想について発表。営業利益を6億5,000万円から前期比16.3%減の7億5,000万円へ、純利益を6億円から同35.6%減の7億3,000万円へ上方修正し、併せて期末一括配当予想を12円から15円へ引き上げました。直近の株価は先月24日以降スピード調整を余儀なくされてきましたが、本日の大幅高で一気にその下げ分を取り戻しており、目先は24日ザラ場高値522円が意識されそうです。



[3464]プロパティエージェント 
[1部]業種:不動産業
終値1,920円/前日比+197円
▼クリックで株探ページ▼

東京23区や横浜地区で資産運用型不動産の開発・販売・管理を手掛ける。 本日3営業日ぶりに急反発し、昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、東京都新宿区と文京区にある販売用不動産2件を売却したと発表。売却先は都内の法人で売却価格は非開示としていますが、2件合わせて2020年3月期売上高226億7,400万円の10%以上に相当する額としています。本日の株価は逆風下高値圏を維持して終えており、目先1,900円処が固まれば、2018年6月の上場来高値2,092円奪回への態勢が整うことになります。



[7944]ローランド 
[1部]業種:その他製品
終値3,775円/前日比+245円
▼クリックで株探ページ▼

電子ピアノやシンセサイザーなどの電子楽器や音響機器の開発・製造を手掛ける。 本日寄り高ながらも大幅高となっています。本日はSMBC日興証券が同社株の投資判断を新規「1」でカバレッジを開始しています。目標株価は5,800円と時価を大幅に上回り、上場来高値も大きく上回る水準です。同社は楽器業界の中でも電子楽器比率100%の専業メーカーと特徴あるポートフォリオを有することで同業他社を超えた成長を実現出来る潜在力を有していると指摘しています。これを受け本日は見直し買いに繋がっているものの、上値の重さも見られています。同証券は同社の主幹事だけに多少盛っている面もあるのではとの警戒もある様子です。明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4304]Eストアー 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,859円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

電子商取引支援会社。Webショップ運営・販促支援が主力。電子認証事業も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末12日引け後に決算を発表。2021年3月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.1倍の9.2億円に急拡大。併せて通期の同利益を従来予想の4.5億円から10億円へと2.2倍上方修正。減益予想から一転して増益予想になったことがサプライズとなり資金が流入しました。ただ、節目水準に達しつつあり、ここをブレイク出来るか否かで方向性が決まりそうです。



[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,285円/前日比+503円
▼クリックで株探ページ▼

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日ストップ高まで買われて上場来高値更新しています。先週末引け後に発表した本決算が好感されています。今期業績見通しは大幅増収増益計画で、更に増配計画となっています。また、決算説明資料によれば、前期業績にはビットバンクの持分法利益と暗号資産評価益が貢献したとのことで改めて暗号通貨関連株として見直されている面もある様子です。週末から昨日に掛けてビットコインが一段高となっており、本日は朝から暗号通貨関連株が買われていたことも追い風になっている様子です。ただ、ビットコインは動きがかなり荒くなっていることから、暫くはビットコイン動向に刺激を受ける可能性もありそうです。明日以降の動向が注目されます。



[3688]CARTA HD 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,668円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

広告配信プラットフォーム運営や販促支援サイトを展開。電通子会社CCIと統合。 本日大幅買い気配スタートから続急伸し、昨年来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は先週末12日引け後に決算を発表。2020年12月期の連結経常利益は33.3億円になり、2021年12月期も前期比10.9%増の37億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。同時に前期の年間配当を16円から48円に増額し、今期も前期比2円増の50円に増配する方針としています。差し引き11万株超の買いものを残しており、株価の一段高が期待される状況です。



[4165]プレイド 
[M]業種:情報・通信業
終値4,200円/前日比+485円
▼クリックで株探ページ▼

クラウド型CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の提供を手掛ける。 本日大幅上昇です。同社は先週末引け後に1Q決算を発表し、営業利益は1,200万円の黒字転換となっています。既に開示済みの通期業績予想も営業利益黒字転換予想でしたが、1Qから黒字になったことが好感されている模様です。通期業績は上振れる期待もあるとの見方に繋がっているようです。昨年12月に上場した銘柄ですが、高成長期待から買われていた銘柄だけに足元の業績より先行き期待で買っている向きは多く、足元決算で売られれば買いたい向きも多い模様です。しかし、本日は寄りから買い先行となっており、明日以降上場来高値を取りに行けるか注目されます。



[4056]ニューラルポケット 
[M]業種:情報・通信業
終値6,200円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

AIアルゴリズムによる画像・動画解析技術などのエンジニアリング事業を手掛ける。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末12日引け後に決算を発表。2020年12月期の経常損益は1.4億円の黒字に浮上し、2021年12月期の同利益は前期比2.5倍の3.7億円に急拡大を見込みます。また、同社は今年から国土交通省が進める3D都市モデルプロジェクトに参画し、今月末には進捗状況が公開予定で、更なる業容拡大に期待されています。本日25日移動平均線をブレイクし、1月25日に付けた6,980円へと向けた動きにあります。



[6613]QDレーザ 
[M]業種:電気機器
終値1,480円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアなどの開発・製造・販売を手掛ける。 本日大幅高で上場来高値を更新し、ストップ高まで買われました。直近IPOですが、同社は先週末に3Q決算を発表しています。赤字決算となっており、好感する決算ではありませんが、本日は朝から買われており、嫌気する動きは殆ど見られていません。やはり足元の業績より、同社の先行きに期待する向きが多く、決算リスクで買い控えていた向きも多いようで、そういった向きが本日買いに来ているとの見方です。また、決算発表を通過したことで短期資金も入り易いようで、そういった資金も多く入っているとの声も聞かれました。ただ、今週は週末に掛けて2社IPOがあるだけに短期資金はそれらに流れる可能性も高いと警戒する向きも多いようです。



[6533]Orchestra HD 
[1部]業種:サービス業
終値2,784円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

運用型広告・SEOコンサルなどデジタルマーケティング事業やアプリ開発。個人向け進出。 本日大きな窓を空けて急反発し、ストップ高まで買われました。同社は先週末12日引け後に、2021年12月期連結業績予想を発表。売上高が前期比20.1%増の142億円、営業利益は同26.8%増の8億7,000万円、純利益は同24.0%増の5億4,000万円と大幅増益を見込み、年間配当を前期比1円増の8円を予定しています。本日の大幅高で株価は昨年12月の上場来高値2,939円を視野に捉えており、新値更新の有無が目先の株価動向に大きく影響してくることになります。



[4167]ココペリ 
[M]業種:情報・通信業
終値7,840円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向け経営支援プラットフォーム「Big Advance」などの開発を手掛ける。 本日ストップ高まで買われました。昨年12月に新規上場した銘柄で、同社は本日12時半に3Q決算と通期業績の上方修正を発表しました。同社が手掛けるBigAdvanceの導入金融機関と会員企業数が、当初計画以上に増加する見込みとなったことが上方修正要因です。大幅な上方修正となっており、売上高は大台の10億円台乗せの見通しになっています。主幹事の大和証券が上場時に出していたレポートでは、今期見通し会社計画通りと予測していました。2Q実績からも上方修正期待は強かったものの、出尽くしとならず改めて買われた格好です。来期も大幅増収増益という見方が多いだけに、この決算を機に再び強い相場になってくると期待する向きも多い様子です。先ずは上場来高値を取りに行けるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,175円/前日比+165円
Yahooの株価リンクはこちら

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日買い気配スタートから急反発し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、ライブ配信拡張ツール「Doneru(どねる)」などの運営を行うZEROUM社と資本・業務提携したと発表。今回の提携により、同社が運営するポイントサイト「モッピー」とのポイント連携準備が進行中で、Doneruでモッピーポイントを使った投げ銭(ドネる)が、来年以降可能になる予定とのことです。本日の大幅高で株価はここ数日の保ち合いレンジを上放れており、一段高となれば更に値動きは軽くなります。



[7726]黒田精工 
[2部]業種:機械
終値2,265円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体装置向け直動関連機器や精密金型が主力。工作機械、計測システムも。 本日もEV関連株が色々と派手に物色されており、同社株もその流れが続いている格好です。本日はストップ高まで買われて2018年6月以来の高値水準になっています。先月中旬以降から確りとした展開となっており、先月末から物色が加速している格好です。同社の金型内接着積層技術「グルー・ファステック」は、EVなど駆動用モーターに採用されていることから、EV関連株との位置付けが強く、更に小型の貸借銘柄ということも物色加速に繋がっているようです。同社株はこのグルー・ファステックネタで、ちょうど4年前の2016年11月末から12月に掛けて大相場を作った経緯があり、その記憶がまだ残っている個人投資家も多いだけに思惑買いも入り易いようです。来週の動向が注目されます。



[6962]大真空 
[1部]業種:電気機器
終値2,537円/前日比+226円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶デバイス大手。音叉型など高シェア。人工水晶素材から一貫生産。 本日大きな窓を空けての大陽線で10連騰し、年初来高値を更新しました。高速通信規格5Gの商用サービス普及の過程で基地局投資が今後一段と加速する状況にある中、同社は水晶デバイス専業大手で技術力の高さを売り物としており、水晶発振器ではこれまでのTCXO(温度補償水晶発振器)よりも小型で低消費電力のOCXO(恒温槽付水晶発振器)を開発しています。株価は、7月以降レジスタンスとなっていた2,400円台を上抜けてきましたが、目先はこのレベルを固められるかが焦点になりそうです。



[4755]楽天 
[1部]業種:サービス業
終値1,040円/前日比-82円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販大手。金融、旅行、電子書籍など幅広く展開。携帯電話に参入。 本日大幅安です。昨日、[9437]NTTドコモが正式に新プランの料金を発表。月額2,980円でデータ利用量20ギガ、1回5分間までの国内通話無料、5Gにも対応し、データ通信は海外でも追加料金無しで利用可能です。楽天モバイルは月額2,980円でデータ利用量無制限のため、NTTドコモより安いと言えますが、20ギガ以内しか使わない楽天ユーザーは、NTTドコモの新プランへ移行する人もかなり出てくるとの懸念も強いようです。それに同社の通信網は未だ整備途上で、やはりNTTドコモの通信網を直で利用出来るのは大きいだけに同社はNTTドコモの新プランに対抗して値下げしてくる可能性もあるのではとの見方もあります。何れにせよ同社の携帯電話事業への不透明感は強まったと言え、本日は見切り売りに繋がっています。



[6902]デンソー 
[1部]業種:輸送用機器
終値5,733円/前日比+413円
Yahooの株価リンクはこちら

トヨタ系の自動車部品国内首位、世界2位。カーエアコンで高シェア。技術力に強み。 本日大幅続伸となり、年初来高値を更新しています。EV関連で買われているとの見方もありますが、足元でアナリストによる強気なレポートが相次いでおり、見直し買いが加速しているような格好です。先月末には三菱UFJモルガン・スタンレー証券が「強気」継続で目標株価を6,300円まで引き上げ、今月に入ってはUBS証券が2日付で「Buy」継続、目標株価を6,700円まで引き上げ、更にゴールドマン・サックス証券は3日付で投資判断を「買い」へ格上げし、目標株価を6,500円まで引き上げています。ゴールドマン・サックス証券は同社を電動化の恩恵を受ける筆頭銘柄だと指摘しています。また、4日付でみずほ証券が「買い」継続で目標株価を6,200円まで引き上げたことが本日伝わっています。来週も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値496円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、第4四半期に受取保険金1,000万円を営業外収益として計上すると発表。10月頃より加入していたマネジメントリスクプロテクション保険に基く保険金を11月30日に受け取ったことが要因です。なお、同営業外収益は来年2月中旬に発表する2020年12月期決算において織り込む予定としています。足元の株価は底値水準に達していたため、目先は5日移動平均線ブレイクに期待が掛かります。



[9424]日本通信 
[1部]業種:情報・通信業
終値194円/前日比+4円
Yahooの株価リンクはこちら

仮想移動体通信事業のパイオニア。MVNOの付加サービス提供。デジタルID構築強化。 本日前場は軟調推移でしたが、後場から買われています。同社は12時半にNTTドコモの新料金対抗プラン投入を発表。「MVNO潰し」ではないかと言われているNTTドコモの新料金に対してMVNOの代表として対抗プランを1,980円で投入するとのことです。これが好感されて買われましたが、上値は重く、現状でも赤字企業だけに値下げによりかなり収益悪化に繋がるとの懸念も強い様子です。値下げによりユーザーが増えれば良いですが、値下げ分を補える程の増加は見込めないとの見方も多く、同社が言うようにNTTドコモの新プランは本当にMVNO業者を潰すことなりそうです。MVNO首位級の[3774]インターネットイニシアティブは本日大幅安となっています。



[5955]ヤマシナ 
[2部]業種:金属製品
終値79円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

ねじを生産。十字穴ねじが主力、自動車・家電向け中心。試験・分析サービスも。 本日後場14時過ぎから出来高を伴い急伸し、年初来高値を更新しました。同社は本日、インドIT大手のテックマヒンドラとインフラなどを管理するシステムの研究開発と提案を行うことで合意したと発表。テックマヒンドラが持つ5Gなどのネットワーク技術やITシステムの構築、センサーなどの開発力とヤマシナの部品開発力を融合させ、クルマやインフラ、工場などに提案出来る部品も含めた革新的な管理システムを研究開発するとしています。本日の株価はザラ場高値から大きく上げ幅を縮めており、週明けの落ち着き処が重要になります。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3904]カヤック  [M]業種:情報・通信業
終値645円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告制作、ソーシャルゲームが主力。ゲームコミュニティ「Lobi」も運営。開発力に強み。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社の2020年12月期第1四半期の連結経常損益は1.2億円の黒字に浮上し、通期計画の1.5億円に対する進捗率は80.0%に達しました。主力のゲーム事業「Park Master」のダウンロード数が全世界で3200万を超えるなど好調に推移。また、新型コロナウイルスよる影響でオンライン上でのゲームイベントが拡大しており、ゲームコミュニティー事業も好調となっています。引き続き需要拡大も見込まれ、株価は上昇相場に弾みが付いて1月に付けた高値811円を目指す動きにあります。



[3696]セレス  [1部]業種:情報・通信業
終値959円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ポイントサイト「モッピー」「モバトク」などスマホ向けサイト運営。コミック、不動産投資サイトも。本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社が昨日引け後に発表した1Q決算が好感されています。1Qの1-3月期は売上高が過去最高となり前年同期比13.4増、営業利益は127.3%増(約2.7倍)、通期計画据え置きながら進捗率が高く上振れ必至との見方から見直し買いが集まっています。巣ごもりによりモバイルサービス事業が好調でした。業績への期待感は殆ど無かったと思われ、サプライズ感が強い様子です。今回の決算を見る限り、新型コロナウイルスの影響は追い風になっていると言え、2Q決算も期待出来るのではとの声も聞かれました。それだけに次の2Q決算発表まで確りとした展開が続くことが想定されます。



[3668]コロプラ  [1部]業種:情報・通信業
終値1,952円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホゲームで急成長。ゲームアプリの課金収入が収益源。VR分野や海外に展開。本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年9月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比151倍の74億円に急拡大しました。直近3ヵ月の実績である1-3月期の連結経常利益は前年同期比7.7倍の36億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.1%から31.9%に急改善しました。「ドラクエウォーク」が引き続き牽引役になった他、主力タイトルも好調に推移している模様です。高い業績変化率に関心が向かっており、引き続き買い優勢の動きが見込まれます。



[4483]JMDC  [M]業種:情報・通信業
終値6,610円/前日比+880円
Yahooの株価リンクはこちら

医療データベースの構築や調剤薬局へのデジタルソリューション提供などを手掛ける。本日大幅高となり上場来高値を更新しています。昨日発表した本決算が好感されています。前期業績は大幅増収増益となっており会社計画超過しての着地になっています。また、今期見通しも2桁増収増益予想となっており好感されています。決算説明資料によれば、新型コロナウイルスの影響について、マイナスサイドのみを織り込んでおり、プラスサイドの影響は織り込んでいないとのことです。ただ、事業的に新型コロナウイルスは追い風になる面もあると言え、プラスの影響も出てくるとの見方は多い様子です。そう考えれば今期の見通しは大幅増収増益ながら保守的と言え、上振れ余地がありそうだとの声も聞かれました。なお、この決算発表を受け、野村證券が「Buy」継続で目標株価を引き上げています。ただ、その目標株価を既に本日達成してしまっています。



[3858]ユビキタス AIコーポレーション  [JQ]業種:情報・通信業
終値661円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

組込みソフトの開発会社。海外製品の組込みも。IoT関連ソリューションに注力。 本日買い気配スタートからの大陽線で3営業日ぶりに大幅反発し、ストップ高を達成しています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年3月期の連結最終利益予想を従来の800万円から7,700万円に9.6倍上方修正し、一転して20.3%増益見通しとなりました。ソフトウェアプロダクト事業でロイヤルティが予想を上回る見込みとなったことなどを理由として挙げています。株価は13日に直近高値669円を付けた後急調整を強いられていましたが、週明け先ずはこの数値をクリア出来るかが焦点になります。



[6560]エル・ティー・エス  [M]業種:サービス業
終値1,713円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の効率化コンサル。企業変革と働き方改革を促進。長期の契約が特徴。 本日後場13時過ぎから出来高を伴って急伸して大幅反発し、ストップ高まで買われています。同社は本日13時に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比33.0%増の1.5億円に拡大し、通期計画の3.5億円に対する進捗率は43.7%にまで達しました。前年同期の38.6%も上回っています。本日の大幅高で株価はコロナショック後の戻り高値を更新し、更に52万株超の買いものを残しています。来週は年初来高値にどこまで迫れるかがポイントになりそうです。



[3195]ジェネレーションパス  [M]業種:小売業
終値569円/前日比-6円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販サイト「リコメン堂」を運営。通販モールに店舗。製造子会社をベトナムに設立。 本日後場買われ一時ストップ高まで買われました。同社が本日昼に発表した2020年4月度月次売上高が好感されています。前年同月比で69.2%増となっており、3月から伸び率が急拡大しています。単月では過去最高の売上高で巣ごもり消費の恩恵を受けている模様です。5月も期待出来るとの見方から、見直し買いに繋がっています。ただ、今後緊急事態宣言解除により、巣ごもり消費も減ってくるとの懸念もあり、好調も続かない可能性があり、更に同社は売上好調でも今までの業績から期待した程利益に結びつかないとの見方も多いだけに物色一巡後は上げ幅を縮小し、マイナス圏まで垂れてしまっています。



[7705]ジーエルサイエンス  [2部]業種:精密機器
終値1,302円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

分析機器・消耗品メーカー。クロマトグラフが収益源。自動認識機器を育成。 同社は本日14時半に本決算を発表。前期実績は減益着地となっていますが、会社計画は上回っています。更に今期見通しは増収計画で、利益面は2桁増益計画に。コンセンサスはありませんが、四季報予測は大幅に上回っています。これを受け買いが集まり、すぐに特買いになっており、そのままストップ高まで買われています。株価位置も高くないことから、決算への期待は殆ど無かったと思われ、見直し買いに繋がっています。来週以降、何処まで見直されて買われるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ