株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[3565]アセンテック

[3906]ALBERT 
[M]業種:情報・通信業
終値6,270円/前日比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

ビッグデータをAI活用したマーケティング支援システムを提供。AIチャットボットに注力。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、[8473]SBI HDと資本業務提携に関する基本合意書を締結すると発表。SBI HDが同社の主要株主から138万3100株(発行済株式総数の31.29%)を取得し、筆頭株主となります。ビッグデータやAIを活用して既存事業を高度化する他、新規サービスの企画検討や開発などで協業します。ただ、株価は節目付近にも到達し、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値791円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日ストップ高まで買われています。昨日、米国で太陽光発電システム大手の米ファーストソーラーが、3番目の太陽光パネル工場を建設すると発表。米国の太陽光発電のシェア拡大を見越し、生産能力を倍増するとのことです。これが日経新聞電子版でも報じられています。ファーストソーラーは同社の主要顧客であり、受注に繋がり恩恵を受けるとの見方から見直し買いに繋がっています。また、同社株は小型の貸借銘柄だけに空売りが多く入ると踏み上げの思惑も出易いと期待する声も聞かれました。なお、太陽光関連の[3856]Abalanceや[4651]サニックスも刺激を受けて大きく買われています。明日以降も物色が続くか注目です。



[4523]エーザイ 
[1部]業種:医薬品
終値10,000円/前日比-755円
▼クリックで株探ページ▼

製薬大手。神経系と消化器系に強み。がん関連や認知症薬分野に進出。 昨日まで2日続けてザラ場寄らずのストップ高でしたが、本日は小高く寄り付くと買いも続かず売り込まれる動きになりました。大和証券が改めてレポートを出しており、同社株の投資判断を「4」継続として目標株価を従来の5,200円から4,700円にまさかの引き下げとしています。アルツハイマー治療薬アデュカヌマブの検証試験の費用を考慮し、販管費や研究開発費の予想を増額したことなどで、業績予想を下方修正したとのことです。アデュカヌマブの状況が伝わるに伴い過度な期待は後退し、株価は割高との見方が拡がると改めて指摘しています。FDAによる承認を受け強気判断で目標株価の引き上げが相次ぐ中、同証券は一貫して弱気姿勢を貫いています。これを受け先行きに慎重になる投資家が増えたようで、本日は手仕舞い売り優勢の動きになっています。



[4013]勤次郎 
[M]業種:情報・通信業
終値2,266円/前日比+173円
▼クリックで株探ページ▼

働き方改革や健康経営を支援するソリューションサービスの提供などを手掛ける。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に自社株買いを実施すると発表しました。上限を60万株(発行済み株数の5.76%)・10億円としており、取得期間は6月10日から11月30日までで、資本効率の向上および株主還元の強化を図ることが狙いとのことです。本日の大幅高で株価は急速に切り下がる25日移動平均超に浮上し、5日線は既に上向き転換しており、中期目線でのトレンド転換の有無に注目が集まります。



[3565]アセンテック 
[1部]業種:卸売業
終値1,408円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

仮想デスクトップ関連の製品開発、販売。テレワークや在宅勤務に強み。インフラ構築も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2022年1月期第1四半期の経常利益は前年同期比20.2%増の2.1億円に伸び、2-7月期計画の3.5億円に対する進捗率は60.6%に達しました。また、発行済み株式数の1.03%に当たる14万株、2億円を上限とする自社株買い実施も発表。これを受けて本日25日移動平均線をブレイクしましたが、上値では戻り圧力の高まりも感じられますので、注意が必要です。



[6069]トレンダーズ 
[M]業種:サービス業
終値725円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

インフルエンサーをマーケティングに活用した販売促進支援。SNS中心に広告運用も。 業種 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。昨晩ブルームバーグで、バイデン米大統領が中国企業が運営するアプリ「TikTok(ティックトック)」と「微信(ウィーチャット)」に対するトランプ前政権時代の禁止令を取り消すと報じられています。同社はTikTokのBytedance社と広告パートナー契約を締結しており、TikTok関連事業も手掛けていることから思惑的に本日は物色材料となっている様子です。同社も小型の貸借銘柄だけに空売りが多く入ると面白そうですが、明日以降も物色が続かないと空売りもそう増えそうもないとの声も聞かれました。それだけに明日も物色が続くのか注目されます。なお、[4838]スペースシャワーネットワークもTikTok関連株として一時派手に買われましたが、こちらは大きく垂れて引けています。



[4820]イーエムシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値908円/前日比+81円
▼クリックで株探ページ▼

調剤薬局向けデータ管理システムの開発・販売・メンテ。国内シェア首位。電子カルテも。 本日大きな窓を空けて急反発しました。いちよし証券がレーティングを「B」から「A」に格上げし、フェアバリューも850円から1,400円に引き上げました。新システムの「MAPs」が調剤向けに複数の大手薬局チェーンで導入が始まっており、今後の成長拡大が現実味を帯びてきたと評価しています。株価は本日の急騰で4月7日の戻り高値913円をブレイクしてきており、このレベルが固まれば年初来高値への挑戦権を得ることになります。



[4199]ワンダープラネット 
[M]業種:情報・通信業
終値4,815円/初値比+700円
▼クリックで株探ページ▼

x スマートフォン向けにアプリやゲームの企画・開発・運営などを手掛ける。 本日新規上場した銘柄です。公開価格2,560円に対して、1.6倍の4,115円で初値を形成。寄り後は売り買い交錯ながらも確りと上げてストップ高で引けています。市場予測では初値は5,000円以上にはなるとの見方も多かっただけに、想定よりかなり早く初値を付けた格好です。同社の既存株主にはVC(ベンチャーキャピタル)がズラリと並んでおり、ロックアップが掛かるも公開価格1.5倍以上、つまり3,840円以上でロック解除となります。公開株数は込み込みで22万株弱ですが、公開価格1.5倍以上でロック解除となる株数は120万株以上もあるだけに、一部のVC辺りが早々に売ってきたため、初値が想定より安くなったとの見方です。初値形成後に確りと買われながらも度々まとまった売りに押される動きも見せており、VC売りが継続的に出ているとの声も聞かれました。ただ、本日の出来高から、かなりVC売りも熟したと思われ、明日以降上値が軽くなると期待する向きも多い様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2327]日鉄ソリューションズ [1部]業種:情報・通信業
終値3,555円/前日比-20円
Yahooの株価リンクはこちら  

システム構築大手。製造業向けに強み。ITインフラサービスも。データセンター事業強化。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は20日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は3,900円から4,200円に引き上げています。堅調な受注状況や大型プロジェクトを除く実質的なGPM好転を踏まえ、今後3期間の連結営業利益予想を上方修正し、併せて目標株価を引き上げるとしています。エクイティストーリーは「相対的に高採算なクラウドとサービス収入拡大による収益性向上とIoX事業に対する株式市場の注目度上昇」を挙げ、レーティングを継続するとしています。



[3565]アセンテック [M]業種:卸売業
終値1,949円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら 

仮想デスクトップ関連の製品開発、販売。テレワークや在宅勤務に強み。インフラ構築も。アセンテックは本日引け後に業績修正を発表。2020年1月期第2四半期累計の非連結経常利益予想を従来の2億円から2.6億円に32.0%上方修正し、一転して5.6%増益を見込み、3期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。上期業績の好調に伴い通期の経常利益予想も従来の4億円から4.4億円に10.6%上方修正し、増益率が6.3%増から17.6%増に拡大、従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せています。



[3626]TIS [1部]業種:情報・通信業
終値6,190円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら 

独立系情報サービス大手。金融向けが主力。傘下にTIS、インテックなど多数。岡三証券は20日付で、投資判断「強気」を継続、目標株価は6,500円から7,000円に引き上げています。2020年3月期第1四半期業績は好調な滑り出しで、第2四半期以降も開発標準のグループ各社への浸透などで先行投資負担増を吸収し、業績は会社側計画を上回るペースで推移することを見込んでいます。中期計画で目指すサービス型ビジネスへの構造転換も従業員の意識改革により、今後中期的に進展していくことが期待出来、社内のもう一段の一体化も進み易い状況になってきたと見ているとのことです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ