[3807]フィスコ 
[JQG]業種:情報・通信業
終値236円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

金融情報提供が主軸。仮想通貨取引所も展開。ネクスGと株式持ち合い。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年12月期の連結最終利益を従来予想の8.7億円から56.8億円へと6.5倍上方修正しました。同社の持ち分法適用会社であるZaif HDに対して[3215]CAICAが行う株式交付に申し込んだことに伴い、48.5億円の特別利益が発生する見込みとなったことが要因です。上昇基調にあった株価に弾みが付き、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[8103]明和産業 
[1部]業種:卸売業
終値547円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

三菱系商社中堅。化学品・樹脂主力。炭素製品などで高シェア。中国に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、通期業績の上方修正と配当大幅増額修正を発表。特に配当増額修正が好感されています。年間配当は従来1株22円の予想でしたが、それを115円に引き上げました。配当利回りは本日のストップ高水準でも21%にもなります。東証の新市場区分でプライム市場への上場維持基準が流通株式時価総額だけ満たしていないことも明らかにしており、それを満たすため大幅な配当増額に踏み切った模様です。この配当なら流通株式時価総額は上場維持基準を上回る公算が高く、プライム市場への上場基準を満たすことになりそうです。今回の材料でどこまで株価を上げられるか注目されます。



[4238]ミライアル 
[1部]業種:化学
終値1,403円/前日比+110円
▼クリックで株探ページ▼

半導体シリコンウエハー容器を製造。300ミリ容器でシェア首位。加工技術に強み。 本日大きな窓を空けて急反発しました。同社は昨日引け後に、集計中の第2四半期累計連結業績について発表。売上高が51億円から前年同期比11.4%増の52億7,000万円へ、営業利益を5億7,000万円から同58.6%増の6億9,000万へ、純利益を4億2,000万円から同20.7%減の5億5,000万円へ上振れて着地したようです。同時に従来10円を予定していた中間配当を20円に引き上げるとしています。本日の株価急騰で、5日・25日両移動平均線に継ぎ75日線も上向いており、トレンド転換に注目が集まります。



[6301]コマツ 
[1部]業種:機械
終値2,806.5円/前日比+144円
▼クリックで株探ページ▼

建機最大手、世界2位。現地生産大。産業機械や鉱山機械も。IT活用に強み。 本日大幅高です。昨日、ブルームバーグで、キャシー・ウッド氏のアーク・インベストメント・マネジメントが8月半ばから、日本の建設機械メーカーコマツの株式をほぼ毎日買い増していると報じられています。ブルームバーグがまとめたアーク・インベストメントの取引データから分かったとのことで、ウッド氏は女性版ウォーレン・バフェットとも称される人物であり、彼女が運用するアーク・インベストメントは昨年素晴らしい成績を上げていることから見直し買いに繋がっています。明日以降も見直し買いが続くのか注目されます。



[2776]新都HD 
[JQ]業種:卸売業
終値82円/前日比+9円
▼クリックで株探ページ▼

カジュアル衣料卸から日中貿易に転換。ブランド品、雑貨の輸出入。ユニフォームも。 本日買い気配スタートから続急伸しました。同社は昨日引け後に、ナンセイスチール社と日本五金鉱産社との間で廃金属の貿易取り引きに関する3社間パートナーシップ契約を提携したと発表。ナンセイスチールと日本五金鉱産の強みと特徴を発揮出来るよう繋ぎ調整することにより、シナジーに基いた安定的なグローバルビジネスの展開が可能であることに注目し、今回の契約締結に至ったとしています。本日の株価はザラ場に上げ幅を大きく削る場面があるも長い下影で終えており、明日に繋がっています。



[6951]日本電子 
[1部]業種:電気機器
終値7,630円/前日比-500円
▼クリックで株探ページ▼

電子顕微鏡世界最大手。分析機器・半導体関連・医療機器等も。ニコンと提携。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に公募増資を発表。希薄は最大でも5%程度で、言う程懸念する規模でもありませんが、一時9.6%程下落する場面も見られました。足元で同社株は上昇トレンドを描いており、昨日上場来高値を更新しています。そのタイミングだけに手仕舞い売りのキッカケになった面もあるようです。また、同社と資本業務提携しているニコンが保有する同社株の一部を売却するとも発表。資本業務提携関係は継続とのことですが、公募増資株と売出株を合わせれば結構な規模となり、短期的な需給悪化懸念は避けられないため、それが嫌気されているとの見方です。ただ、アナリスト評価も非常に高い銘柄だけに、公募売出イベント中の安い場面を買いで狙っている向きは多そうだとの声も聞かれました。



[7091]リビングプラットフォーム 
[1部]業種:サービス業
終値5,490円/前日比+705円
▼クリックで株探ページ▼

北海道や関東で介護付き老人ホームの運営や障がい者支援事業を手掛ける。 本日寄り前から大量の買いを集め急伸し、連日で上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、北海道で5施設の介護施設を運営するブルー・ケア社の全株式を10月1日付で取得し子会社化すると発表。ブルー・ケアの子会社化により売り上げ向上やドミナント戦略の強化など、グループの成長に大きく寄与すると判断したとのことです。今期業績への影響は現在精査中でしょうが、株価は新ゾーンに突入しており、青天井相場が始まる可能性が出てきています。



[4571]ナノキャリア 
[M]業種:医薬品
終値325円/前日比+33円
▼クリックで株探ページ▼

抗がん剤に特化の創薬ベンチャー。ミセル化ナノ粒子技術による医薬品の開発。 本日共同開発の中耳炎薬「ENT103」について国内で実施した第III相臨床試験のトップラインデータを受領し、主要評価項目を達成したと発表。本結果を踏まえ、2022年春頃の製造販売承認申請に向けた準備を引き続き進めるとのことです。今期業績への影響はありませんが、承認取得が予想される2023年度以降には本製品の販売収入を見込んでいるとのことです。未だ先ですが、実際に収益に結び付くとのことから見直し買いに繋がっています。ただ、同社の株価の居場所が大きく変わる程の収益にはならないとの見方も少なくなく、売り買い交錯で荒い動きとなっています。




このブログはランキングに参加しています。