株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2191]テラ

[7851]カワセコンピュータサプライ 
[2部]業種:その他製品
終値310円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

商業印刷や情報処理事業を展開。データ処理から印刷発送まで一貫に強み。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は経常損益が2,000万円の黒字(前期は1.3円の赤字)に浮上する見通しと発表しました。同時に非開示だった2021年3月期第2四半期累計の業績予想は経常損益が500万円の黒字に浮上する見通しと発表しています。売上高に見合う原価率の低下や経費の削減などが利益を押し上げると見られ、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,370円/前日比-3,000円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 連日の上場来高値更新も本日ストップ安を付けています。足元では強い相場を形成していましたが、本日朝高後に売り込まれる動きになっています。同社は決算期が9月末で、本日権利取り最終売買日です。配当は無い見込みですが、優待はあるため、足元の上昇が優待取りという訳でもありませんが、権利落ちで明日は下げる公算が大きいとの見方から本日は手仕舞い売りが出易かった様子です。同社はふるさと納税事業やDX関連事業を手掛けることから、スガノミクスが追い風になるとの見方で買われていたようですが、足元は勢いだけで買われていた面も強く、本日の大幅安で流れが変わる可能性がありそうだと警戒する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[4845]スカラ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,041円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ASP型サイト内検索サービスで首位。企業の販促や宣伝戦略企画も。M&Aに意欲。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、日本初の官民共創を展開するPublic dots & Company社と業務提携を発表しました。両社は共創による全国の自治体でのデジタル化を支援していく方針で、菅政権下で行政のデジタルシフトが急速に進むと見られる中、ビジネスチャンスの拡大が期待されています。株価は上昇トレンドを形成している中、1,000円大台に乗せたことで新値追いへの期待が高まっていますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[4366]ダイトーケミックス 
[2部]業種:化学
終値1,110円/前日比-267円
Yahooの株価リンクはこちら

感光性材料最大手。半導体、写真材料や医薬関連が主力。産廃処理事業も。 本日大幅安となり、一時ストップ安まで売られる場面も見られました。同社は先週末引け後に中間・通期業績修正を発表。中間業績は上方修正となっていますが、通期業績は売上高と純利益が下方修正となっています。営業利益は上方修正ですが、四季報予測を大きく下回っており、9月18日に発売された四季報「秋号」では、唯一の【絶好調】見出しが付けられた銘柄で、今期業績予想は会社予想大きく上回り、営業利益12.5億円、経常利益14.5億円、純利益13.5億円との予想となっていました。しかし、先週末修正された数字は営業利益8億円(上方修正)、経常利益6億円(据え置き)、純利益4億円(下方修正)となっています。四季報を好感して同社株は足元で買われていただけに売られるのも無理はないでしょう。ただ、会社計画は依然として保守的で再度の上方修正もあるのではとの声も聞かれました。



[9658]ビジネスブレイン太田昭和 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,564円/前日比+201円
Yahooの株価リンクはこちら

経営・ITコンサルとシステム開発受託が主力。会計システムに強み。情報セキュリティなども。 本日大きな窓を空けた急反発で、年初来高値を更新しました。同社は先週末25日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は連結経常利益が前期比2.0%増の23億円を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。「最近の受注状況等現時点において入手可能な情報をもとに一定の前提を置いて業績予想を算定した」としています。本日の株価は大引けに掛けて締まって終えており、今後に繋がるような推移を示しています。



[9603]エイチ・アイ・エス 
[1部]業種:サービス業
終値1,910円/前日比+143円
Yahooの株価リンクはこちら

格安航空券販売の最大手。個人旅行に強み。ハウステンボス、ホテルの運営も。 本日大幅上昇です。同社は先週末引け後に、大幅赤字となる3Q決算と未定としていた通期業績見通しを発表。通期は3Qから更に赤字拡大する見通しで、同社が最終赤字になるのは2002年の上場以来初めてとなります。また、配当に関しては無配転落となっており、これを受け朝方は売られたものの、売り一巡後は下げ渋り前場の内からプラスに転じて後場には一段高になっています。所謂アク抜け的な動きになった格好です。今期が悪いのは想定されていたと言え、赤字も無配転落も想定されていただけに改めて嫌気する動きも限定的のようです。来期は業績急回復が見込まれているだけに、中長期的の買いが入ってきたとの声も聞かれましたが、単なる売り方の買戻しとの見方もあります。明日以降の動向が注目されます。



[3787]テクノマセマティカル 
[2部]業種:情報・通信業
終値1,010円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフト、ハードウエアの開発・販売。画像圧縮ソフトでの独自技術と音声処理に定評。 本日後場買い気配スタートからストップ高まで買われました。同社は本日前引け後に、独自のコンピュータアルゴリズム「DMNA」を用いて開発した低遅延モバイル・モニタリング・システム「Point-One」の販売を開始したと発表しました。伝送路に公衆インターネット回線網を使用し、クラウドサーバ環境が不要なため、安価なシステム構築が可能な点が特徴としています。株価はコロナショック後の高値を上回ってきており、新ステージ入りが期待されているようです。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値945円/前日比+146円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅反発となり、一時ストップ高まで買われました。メキシコのイダルゴ州から新型コロナウイルス感染症治療法に関する薬事承認を取得した件について、本承認が虚偽だとするネット上の投稿があることを日経バイオテクONLINEが紹介したことで、同社株は先週末に向けて連日派手に売り込まれていました。本日はリバウンド的に下げ渋っていましたが、14時半過ぎに同社はこの件についてコメントを発表。本承認は虚偽ではないと正式に否定しました。これを受け同社株は一段高となっています。なぜ直ぐに否定コメントを発表しなかったのかという疑問の声も聞かれますが、本日のコメント発表で安心感が強まったと見る向きは多くはない模様です。ただ、本日の上昇は単に短期資金による物色が中心との見方が多く、続く買いにはなり難いのではと見られています。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4764]SAMURAI&J PARTNERS 
[JQG]業種:情報・通信業
終値162円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[8508]Jトラスト傘下のJトラストカードを株式交換で完全子会社化することを発表。Jトラストカードの子会社である韓国金融機関を傘下に収め、フィンテック技術の構築を加速させることが狙いです。これが株価を強く刺激し、一時ストップ高を付ける勢いでしたが、利益確定売りも多く、上げ幅を縮小させました。また、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[4776]サイボウズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,615円/前日比+105円
Yahooの株価リンクはこちら

グループウエアのソフト開発が主力。企業の部門向け中心。クラウド、小規模が得意。 本日確りと続伸して、7月14日以来の年初来高値を更新しています。同社の元子会社で今でも10%程度出資して業務提携している[4058]トヨクモが本日新規上場しています。今朝の気配からも大きく買い越しとなっており、本日の初値形成は難しい状況となっていることで、同社株に追い風になっているとの見方です。同社株は本日で5連騰となっており、トヨクモ上場へ向けて先回り買いも入っていた様子です。それでも本日改めて買われています。ただ、トヨクモが初値を形成すれば、出尽くし的な売りも出てくると警戒する声も聞かれた一方で、初値形成後もトヨクモが強い動きとなれば、同社株も刺激を受けて買われるとの見方もあります。明日以降の動向が注目されます。



[7552]ハピネット 
[1部]業種:卸売業
終値1,481円/前日比+164円
Yahooの株価リンクはこちら

バンダイナムコ系の玩具・ゲーム卸最大手。カプセル玩具自販機も。映像事業強化。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は連結経常利益が前期比45.0%増の35億円に拡大。巣ごもり需要により「Nintendo Switch」関連商品を中心に好調に推移している他、模型玩具卸売事業への新規参入効果なども寄与。また、外出自粛やインバウンド需要の減少により低調だったアミューズメント事業が今後段階的に回復すると予想しており、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4564]オンコセラピー・サイエンス 
[M]業種:医薬品
終値187円/前日比+46円
Yahooの株価リンクはこちら

東大医科研発の創薬ベンチャー。がん遺伝子の解析、治療薬の開発が主柱。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高を付けています。昨日、米情報会社クラリベイト・アナリティクスは、ノーベル賞を受賞する可能性が高い24人の研究者を発表しており、日本人では癌治療の個別化に関して先駆的な研究をした中村祐輔東京大名誉教授など2人が選ばれたと報じられています。ここで選ばれた研究者の多くが過去ノーベル賞を受賞しているため、ノーベル賞の登竜門と言われています。それだけに、中村氏のノーベル賞獲得期待が高まり、本日は同社株など関連株買いに繋がった様子です。同氏は同社創業者の一人で現在でも筆頭株主となっています。他には過去に同氏と癌個別化医療AIシステムの開発を行うと発表していた[2158]FRONTEOも少し買われています。同氏が受賞期待されているノーベル医学生理学賞は10月5日に発表予定で、それまでは底堅い展開を続けそうだと見る向きは多いようです。



[6067]インパクトHD 
[M]業種:サービス業
終値3,360円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら

小売り、外食の覆面店舗調査や販売支援。電子看板で販促サービス、案内も。 本日前場に積極的な上値追いが見られて3営業日大幅続伸となり、年初来高値を更新しています。同社は昨日、同社子会社でICT・IoT製品の企画・開発などを手掛けるimpactTVが、渋谷本社オフィスで開催中の「iTV Private Show 2020」について、9月30日で終了予定だったところ好評のため、10月30日まで延長すると発表しています。本日の大幅高で株価は今月入りからの高値抵抗レベル3,100円台後半を明確に上放れており、一段高への意思表示のようにも取れそうです。



[3622]ネットイヤーグループ 
[M]業種:情報・通信業
終値801円/前日比+56円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット活用のマーケティング支援。経営コンサルやサイト企画・構築。NTTデータ子会社に。 本日前場11時頃から出来高を伴い急伸し、4営業日ぶりの急反発で年初来高値を更新しています。同社は本日午前中に、ABEJA社とCX・UX・EXとAIを掛け合わせ、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するDXスキーム「DXアクセラレータ」を共同で開発すると発表しました。本日の株価は長い上影を残しましたが、相場全体が急速に冷え込んだ14時頃に掛けて売りものを浴びており、その後は戻して大引けを迎えています。明日以降は5日移動平均線を意識した展開が想定されます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値877円/前日比-132円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅安となり、節目の1,000円を割り込んでいます。同社株の1,000円割れは6月上旬以来となります。朝方に日経バイオテクが、業界こぼれ話として同社に関する記事を掲載。記事は細胞医薬を開発中の同社が揺れている、との内容で、同社が新型コロナウイルス感染症向けに開発していた細胞医薬がメキシコのイダルゴ州で承認されたと最近発表しましたが、この情報が虚偽ではないかとの疑念が燻っているとのことです。真偽は不明ながら同社が開発している治療薬を巡っては、以前から疑念は一部言われていましたが、改めて報じられたことで嫌気されている様子です。明日以降も売りが続くのか注目されます。



[9086]日立物流 
[1部]業種:陸運業
終値3,570円/前日比-175円
Yahooの株価リンクはこちら

日立系。企業物流の一括請負で首位。国内の大半がグループ外。SGHDと提携。 本日後場から売られて一時10%超の大幅安になっています。昼にダイヤモンドオンラインが、「佐川と日立物流が資本業務提携解消へ、統合構想は4年で白紙に」と報じています。両社は資本・業務提携を解消する方針を固めたと、ダイヤモンド編集部の取材で分かったとのことです。3年以内の経営統合を目指すとしていましたが、白紙に戻る格好だとのことで失望視されている様子です。両社の経営統合期待はそれなりにあったと言え、それが白紙に戻ることはネガティブだとの見方です。資本提携解消となれば、SG HDが保有する同社株の行方が気掛かりだとの声も多くなっており、日立が買い戻すとは思えずSG HDは他社に売るか、市場で売るか、同社が自社株取得で対応するかなど、今後の動向が注目です。当然、[9143]SG HDもこの報道を受けて後場売られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2929]ファーマフーズ 
[2部]業種:食料品
終値1,435円/前日比+291円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。抗体医薬品の開発も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年7月期の連結経常利益は前期比23.9%増の7.8億円に伸び、2021年7月期も前期比54.7%増の12.1億円に拡大。また、4期連続で過去最高益を更新する見通しです。同時に今期の年間配当は前期比1.5円増の10円に増配する方針としました。想定以上の大幅増益見通しを評価する動きが優勢で、年初来高値の1,478円ブレイクも視野に捉えたと見られます。



[6659]メディアリンクス 
[JQ]業種:電気機器
終値646円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

放送・通信機器を開発・販売するファブレスメーカー。大規模メディア伝送に強み。 本日ストップ高まで買われています。9月3日場中に中国国内の放送ネットワークに同社製品が採用されたとの発表を受けストップ高を続けている格好です。本日は、その件に関しては既に業績予想に織り込まれているとの憶測がネット上で広がり、朝方は結構売られる場面も見られていました。しかし、同社株は小型の貸借銘柄で踏み上げの思惑も出てきたようで、前場後半は買い優勢の動きになり、ストップ高まで買われています。後場からは売り禁となっており、寄らずのストップ高となっています。物色が続くかどうかは日証金の取り組み次第だと言えるでしょう。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,302円/前日比+132円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しています。同社は昨日23時40分に、同社のメキシコ現地子会社が薬事申請していた新型コロナウイルス感染症の治療法に関してメキシコイダルゴ州から承認を取得したことを発表しました。これを材料視する格好で本日の株価は値幅取りを狙った投資資金が流入する格好となりましたが、会社側はこの承認が2020年12月期業績に与える影響は現在精査中としており、動向を見守りたい処です。



[6340]澁谷工業 
[1部]業種:機械
終値3,445円/前日比+235円
Yahooの株価リンクはこちら

飲料用充填装置の最大手。無菌充填機に定評。メカトロシステム製販も。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、鹿児島大学認定ベンチャーのスディックスバイオテック社と新型コロナウイルスとインフルエンザウイルスA型およびB型を1つの唾液検体から同時に検査診断を行える高速PCR検査装置の開発を目指し、共同開発契約を締結したことを発表しました。インフルエンザ流行期を迎えるにあたり、需要拡大への期待感が先行していますが、3,500円処からの上値は重く、過度な期待は禁物と言えます。



[6400]不二精機 
[JQ]業種:機械
終値333円/前日比+34円
Yahooの株価リンクはこちら

金型は自動車、医療機器向けが主力。成形システム、成形品製造にも展開。 本日一時ストップ高まで買われました。新型コロナウイルスのワクチン関連として買われているとの見方です。昨晩の海外市場で同ワクチン絡みの材料がいくつか出ており、豪政府が英アストラゼネカとオックスフォード大学が共同開発中のワクチンについて、2021年1月に初回分を受け取る見通しだと明らかにした他、米国ではトランプ米大統領が10月中にもワクチン実用化の準備が整う可能性を示唆したと報じられています。これらを受け想定より早くワクチンが出来るのではとの期待に繋がり、関連株の物色材料になっている様子です。以前、厚労相はワクチンの注射器確保を企業に要請と報じられたこともあり、同社は注射器の金型を手掛けていることから、ワクチン関連と位置付けられています。同様に[5212]不二硝子も一部物色されました。また、ワクチン輸送専用の保冷庫を手掛けている[6897]ツインバード工業も物色されています。



[3926]オープンドア 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,494円/前日比+128円
Yahooの株価リンクはこちら

旅行比較サイト「トラベルコ」運営。比較システムの提供や伝統工芸品の紹介サイトも。 本日大幅高です。本日は旅行関連株の一角が買われています。有識者らによる新型コロナウイルス感染症対策分科会を11日に開き、イベントやプロスポーツの人数制限を19日にも緩和する方向で検討し最終判断する方針と共同通信などが報じています。また、同日の分科会では観光支援事業「GoToトラベル」の対象に東京都発着の旅行を追加するかどうかも検討する可能性があるとのことです。追加の場合は9月下旬を想定しているとのことで、足元は東京都の新規感染者数も減少気味だけに、GoToトラベルに東京都も追加される公算が高いと見る向きが多いようです。そうなれば旅行関連企業には追い風になるとの見方から先回り的な買いが入ってきたようです。



[5609]日本鋳造 
[2部]業種:鉄鋼
終値680円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

JFE系の鋳造専業。産業機械向け素形材が主力。インフラ向けエンジニアリング強化。 本日後場買い気配スタートからストップ高を達成しました。同社は本日11時30分に3Dプリンターを活用することで、コバルト含有率を極限まで低減させたゼロ熱膨張率合金「LEX-3DP」の開発に成功し、特許権を取得したと発表しました。従来の低熱膨張材料はマイナス30度程度で低熱膨張性が消失しますが、今回の開発合金は室温からマイナス196度まで熱膨張率ゼロで、航空宇宙分野などへの活用も期待出来るとのことです。株価は3月に空けた窓を埋めており、次は2月の窓埋めがターゲットになるでしょう。



[4554]富士製薬工業 
[1部]業種:医薬品
終値1,347円/前日比+268円
Yahooの株価リンクはこちら

後発医薬品大手。不妊症治療剤と血管造影剤が主力。新薬・バイオ後発品も。 本日大幅上昇です。本日午後に行われた自民党総裁選の立会演説会で、菅官房長官が少子化対策として出産を希望する世帯を広く支援するため、不妊治療への保険適用を実現すると表明。自民党新総裁の最有力候補である菅官房長官の政策は幾つか既に報じられていましたが、不妊治療保険適用というのは目新しく関連株物色に繋がった様子です。同社は女性医療に強い後発薬メーカーであり、不妊治療ホルモン剤やホルモン診断キットなどを手掛けています。他にも同関連として[4514]あすか製薬、[4880]セルソース、[4571]ナノキャリア、[4595]ミズホメディー、[8091]ニチモウなどが買われました。また、[9438]エムティーアイは妊活アプリ「ルナルナ」を手掛けていることから、やはり同関連として物色されています。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2705]大戸屋HD 
[JQ]業種: 小売業
終値2,613円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏中心に定食屋をチェーン展開。店舗調理に特色。女性客多い。弁当も。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値で年初来高値を更新しました。[7616]コロワイドが同社株をTOB(株式公開買付)で取得すると発表しています。TOB価格は1株3,081円で、買付期間は明日10日から8月25日までとなります。同社の経営体制を刷新し、協業によるシナジーなどで業績改善を図ることが目的で買付予定数の上限(233万株)を取得した場合、コロワイドの所有割合は19.16%から51.32%に上昇します。同社株の上場は維持されます。明日の株価はTOB価格から逆算しての商い・板になります。



[2651]ローソン 
[1部]業種:小売業
終値5,790円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

三菱商事傘下のコンビニ大手。高級スーパー「成城石井」も運営。省人化に積極。 本日大幅上昇です。[8001]伊藤忠商事が傘下の[8028]ファミリーマートをTOBにより完全子会社化を目指すと発表したことで、連想的に買われている様子です。同社は三菱商事傘下で同じように何れ三菱商事が完全子会社化するのではとの思惑も出易いようです。また、ファミリーマートの日経平均代替え候補として取り上げる向きもいる様子です。更に本日はメリルリンチ証券が同社株の投資判断を従来のアンダーパフォームから買いへ2段階引き上げ、目標株価も5300円から6200円に引き上げており、支援材料につながっているとみられ、追い風になっている様子です。ただ、本日引け後に同社は決算発表を控えていることもあり、買い一巡後は上値の重さも見られています。明日以降の動向が注目されます。



[2587]サントリー食品インターナショナル 
[1部]業種:食料品
終値4,405円/前日比+195円
Yahooの株価リンクはこちら

サントリー子会社で清涼飲料大手。缶コーヒーや茶飲料に強み。海外へ積極展開。本日確りです。ファミリーマートの日経平均代替銘柄として大和証券では同社株を筆頭候補に挙げています。他にも[2267]ヤクルト本社も候補として挙げています。銘柄入替えが実施された場合には2600万株程度の買い需要が見込まれると試算しており、同社株の場合の買入インパクトは54.95日になるとのことです。ヤクルト本社の場合は45.20日になります。他の証券会社では両銘柄共に候補として取り上げられてはいないものの、もし採用となればインパクトが大きいとの見方も多いようです。多くの証券会社で候補として取り上げているのは、[2371]カカクコム、次いで[3092]ZOZOとなっています。両銘柄共に同証券でも候補銘柄として取り上げていますが、参考に留めています。他にも[9684]スクウェア・エニックスHDや[3197]すかいらーくHDなども候補銘柄として本日買われています。



[3690]イルグルム 
[M]業種:情報・通信業
終値1,363円/前日比+164円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告の効果測定サービス提供。国内で圧倒的。ECサイト構築や自動化に強み。 本日確りです。同社は昨日引け後に、6月の月次売上高を発表。前年同月比41.6%増の2.56億円と4月、5月に続き6月も2桁大幅増収となりました。主力のマーケティングプラットフォーム事業が同21.7%増と好調さを持続した他、商流プラットフォーム事業が同3.2倍となりました。株価は6月8日の1,495円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[6183]ベル24HD 
[1部]業種:サービス業
終値1,655円/前日比+246円
Yahooの株価リンクはこちら

コールセンターのCRM事業を中心にBPO事業も。伊藤忠が資本参加。凸版と提携。本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年2月期第1四半期の連結税引き前利益は前年同期比5.2%増の29億円に伸びました。併せて非開示だった通期の業績予想は連結税引き前利益が前期比4.9%増の110億円に伸びる見通しを示しました。また、従来未定としていた年間配当は42円実施すると発表。今後は新型コロナウイルスによる影響の軽減も見込め、底堅い決算や株主還元の拡充などを好感する動きで年初来高値1,731円を視野に捉えたと言えるでしょう。



[3639]ボルテージ 
[1部]業種:情報・通信業
終値559円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

女性向け恋愛シミュレーションゲームの先駆。サスペンスゲームなども。海外にも展開。 本日前場途中から商いを伴い急伸し、5営業日大幅続伸でストップ高まで買われました。同社は本日、中国簡体字版「ダウト~嘘つきオトコは誰?~」の登録ユーザー数が10万人を突破したと発表。今後もテンセント社による動画配信サイトなどでのプロモーション展開やアプリ内イベントの実施、ストーリーの追加などを継続的に行う予定だとしています。本日は差し引き179万株超の買いものを残しており、一段高期待が膨らんでいます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,315円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日乱高下です。一時ストップ高まで買われる場面も見られました。場中に同社と共同で新型コロナウィルス感染症治療薬の治験を行っているセネジェニックスジャパンが運営事務局を務める国際新型コロナウイルス細胞治療研究会が、メキシコ時間の7月22日に第2回国際新型コロナウィルス細胞治療研究会が開催されると発表。総会では治験結果の報告などが協議されるとのことで思惑的に買われた様子です。ただ、既に一相場終わっているとの見方は多く、物色も続き難く後場には垂れています。しかし、22日に向けて思惑は続くだけに、イベントドリブン的な物色がそれまで再度見られる期待もあるのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値917円/前日比-106円
Yahooの株価リンクはこちら

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日大幅安です。前場は確りと上昇していましたが、同社が13時に発表した1Q決算を機に売られる動きになっています。同社株は、同社のFPSC(フリーピストン・スターリングクーラー)という特殊な冷却装置を搭載したワクチン輸送専用の保冷庫が、海外からの受注急拡大していると日経新聞が先月報じたことを機に随分と派手な相場を作っていました。相場は既に終わっているような格好ですが、決算への期待も強かったようで、1Q決算は引き続き赤字決算となっており失望されています。ただ、FPSC事業について、海外から追加受注を頂いているとのことで、1Qで業績に与える影響は限定的とのことだけに寄与は2Q以降になるようですが、決算説明資料によればFPSC事業の売上比率はかなり小さく、今後大きく伸びるにしても全体の売上高に対するインパクトは大きくないと思われ、過度な期待が後退した様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,721円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大きな窓を空けて続急伸しました。同社は先週末19日引け後に、メキシコで実施中の新型コロナウイルス感染症治療の臨床試験について、同国イダルゴ州知事がその成果を見極めた上で、近々に薬事申請に向けて共同作業に着手すると共同会見で発言したことを発表しています。株価は、今月9日に2,175円の高値を付けましたが、新型コロナウイルス治験を巡る週刊誌記事などが嫌気され、その後は1,000円処まで調整を強いられました。ただ、先週末に続く本日の連日ストップ高と、ここにきて出直り基調にあり、直近高値を意識した展開が想定されます。



[3622]ネットイヤーグループ 
[M]業種:情報・通信業
終値644円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット活用のマーケティング支援。経営コンサルやサイト企画・構築。NTTデータ子会社に。 本日ストップ高まで買われています。同社は朝方にNTTデータが東急ハンズの協力の基で実施した、アバター遠隔接客によるデジタルストアの実証実験にUXデザインのノウハウを活かした顧客体験の導線、コンテンツ企画、サイネージ動画の制作、VMDのデザイン制作などで参画したと発表。これが刺激となり買われている模様です。ただ、既にNTTデータは先週18日に発表済みで同社が参画していることも発表されていましたが、その時は無反応でした。今回、同社が発表したことで市場に知れ渡ったようで、改めて材料視された格好です。超小型株だけに動意付けば値幅妙味もあることから、短期資金も集まり易かった様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。



[7068]フィードフォース 
[M]業種:サービス業
終値3,225円/前日比+503円
Yahooの株価リンクはこちら

最適なタイミングで広告を表示するデータフィードサービスなどを手掛ける。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。同社は先週末19日引け後に、発行済み株数の50.1%を所有する子会社アナグラムを株式交換により完全子会社化すると発表しました。今回の完全子会社化は、グループ経営の機動性と柔軟性を高め、より効率的な連結経営体制を構築することが目的としています。なお、株式交換の効力発生日は9月1日予定で引き続き買い優勢との見方も強く、新値追いへの期待が高まっています。



[6535]アイモバイル 
[1部]業種:サービス業
終値824円/前日比+87円
Yahooの株価リンクはこちら

インターネット広告サービス事業。国内最大規模のアドネットワーク。ふるさと納税も展開。 本日大幅高です。先週土曜日の日経新聞夕刊で、「ふるさと納税急増」との記事が報じられています。新型コロナウイルス感染拡大により販売機会を減らした地域の特産品が返礼品となり、人気を集めているとのことです。外出自粛で苦境に陥った店舗などを支援したいという消費者ニーズも取り込んでいる模様です。同社が手掛ける「さとふる」では、4月の寄付額が前年同月比8割増になったとも報じられており、本日はその記事が刺激となって見直し買いに繋がっている様子です。



[4712]KeyHolder 
[JQ]業種:サービス業
終値175円/前日比+10円
Yahooの株価リンクはこちら

リノベーションなど不動産が主力。ライブなど総合エンタメ業に進出。Jトラスト傘下。本日は寄り前から大量の買いものを集め続急伸し、年初来高値を更新しています。同社は先週末19日引け後に、株主優待制度の基準日と内容の一部変更を発表。2020年12月期から基準日を毎年12月末(従来は毎年6月末)に変更し、未定としていた優待内容を「株主限定コミュニティ(仮)」とします。本日の株価は空中戦で年初来高値を更新した後に戻り売りに押されましたが、今相場の初動から乗った向きの回転が利いており、次なるステージの方向性決定を待つ局面になります。



[6502]東芝 
[2部]業種:電気機器
終値3,425円/前日比+160円
Yahooの株価リンクはこちら

総合電機大手。米原発事業巨額損失で撤退。メモリ売却、インフラ軸に再建へ。 本日大幅上昇です。先週末の日経新聞では、同社は約40%保有している半導体メモリー大手キオクシアHDの株式を段階的に売却する方針を固めたと報じています。キオクシアHDは10月を目処に上場を目指しており、上場後に売却するもようだとのことです。また、売却益の半分以上は株主還元の原資に充てるとのことから、本日は朝から好感されています。買い一巡後は上げ幅を縮小しての揉み合いとなっていましたが、9時45分に正式発表すると上げ幅を拡大しています。続く買いになるかは微妙ながら当面売り難くなったとの声も聞かれました。



[6034]MRT 
[M]業種:サービス業
終値1,536円/前日比+126円
Yahooの株価リンクはこちら

非常勤医師紹介サイトを運営。スマホで可能な遠隔診療・健康相談サービスも提供。 本日大きく急伸しました。同社は先週末19日引け後に、新型コロナウイルス感染症に対応する医療人材の確保について、国からの要請を受けた日本人材紹介事業協会と連携すると発表。同社の持つ全国の医療人材および医療機関のネットワークに対し、人材協を通じて厚生労働省開設・管轄のWebサイト「医療のお仕事Key-Net」に掲載されている募集案件情報を取得して提供するとしています。ただ、1,600円からの上値は重く、後場からは売りの圧力も強まっているため、過度な期待は禁物とも取れます。



[6092]エンバイオHD 
[M]業種:サービス業
終値721円/前日比+18円
Yahooの株価リンクはこちら

土壌汚染の調査・対策工事や関連機器など提供。汚染土地の購入・再販も。 本日同社は11時頃に7月よりヨルダンでの太陽光発電を用いた水資源開発事業開始すると発表。リンクされた資料によれば、プロジェクト金額は「800,000万米ドル」と記載されていたことから、すごい額だとのことでストップ高まで買われる動きになっています。しかしその後、その資料のリンクが消されており、前引け後にプロジェクト金額は「800,000米ドル」だったことを発表。これが失望されて後場は売り気配スタートとなり上げ幅を縮小する動きになっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3804]システムディ  [JQ]業種:情報・通信業
終値1,426円/前日比+246円
Yahooの株価リンクはこちら

業務ソフトの開発・販売。学校法人向けとスポーツクラブ向け得意。自治体向けも。 本日寄り前から大量の買いを集め続急伸し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、集計中の第2四半期累計連結業績について発表。売上高が18億3,700万円から前年同期比21.2%増の21億3,400万円へ、営業利益が3億6,500万円から同60.7%増の5億6,900万円へ、純利益が2億5,400万円から同64.2%増の3億9,400万円へ上振れて着地したようだとしています。本日の株価は高寄り後に上げ幅を縮めましたが、相場全体に一服感がある中、下影を引いており、明日の反応が重要になるでしょう。



[7831]ウイルコHD  [2部]業種:その他製品
終値179円/前日比+41円
Yahooの株価リンクはこちら

印刷中堅。個人情報保護ハガキが主力。シール・ポップなど印刷技術に定評。 本日一時ストップ高まで買われました。今朝の日経新聞では、調剤薬局大手のクオールが、新型コロナウイルス感染者が滞在した部屋を消毒するオゾン発生器を医療機関向けに発売したと報じています。一定濃度のオゾンにウイルスを約1時間晒すと感染力がほぼ無くなるという実験結果を受け販売を決めたとのことです。これを受け[3034]クオールHDは大幅高となっています。同社はオゾン除菌機手掛けているようで、思惑的に物色されているとの見方です。1Q決算短信には引き合いが増加しているオゾン除菌機など売れ筋商品の営業を進めていくとのコメントが記載されており、低位株ということもあって短期物色材料となったようですが、続く買いにはなり難いとの見方も多いようです。



[9419]ワイヤレスゲート  [1部]業種:情報・通信業
終値736円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

通信会社から回線を借りて無線LAN「WiMAX」を展開。ヨドバシ等で販売。 本日ギャップアップスタートからの大陽線で続急騰し、ストップ高まで買われました。ネット接続ニーズが急拡大傾向にある中、複数の通信会社から回線を借りて公衆無線LANやWiMAXサービスを提供する同社株に物色対象として投資マネーの流入が加速したようです。本日の大幅高で株価は、26週移動平均線を足場に上放れ、コロナショック前の2月13日に付けた年初来高値827円を目指す動きにあります。



[2191]テラ  [JQ]業種:サービス業
終値1,749円/前日比-79円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日乱高下です。昨日発表した1Q決算は赤字ながら前年同期より赤字幅は縮小しており、これを好感したのか朝方から大きく買われて高値を更新しました。同社と共同で新型コロナウイルス感染症治療薬の治験を行っているセネジェニックスジャパンが運営事務局となっている国際新型コロナウイルス細胞治療研究会が本日にもプロジェクト発表とのことから期待買いで買われている面もある様子です。その国際新型コロナウイルス細胞治療研究会はオフィシャルサイト上で治験を実施している新型コロナウイルス感染症治療薬について、新たにアメリカおよびメキシコでの薬事承認申請を実施すると発表。これがプロジェクトなのか不明ですが、この発表を受け同社株は出尽くし的に売り込まれる動きになっています。一時大きく下落する場面も見られましたが、その後は押し目買いも見られ大幅高水準まで戻すなど荒い動きとなっています。ただ、結局下げて引けており、明日の動向が注目されます。



[2163]アルトナー  [1部]業種:サービス業
終値944円/前日比+34円
Yahooの株価リンクはこちら

技術者派遣の老舗。機械設計、ソフト開発などが主力。外国人活用に積極。本日急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年1月期第1四半期の経常利益は前年同期比50.0%増の2.7億円に拡大し、通期計画の9.7億円に対する進捗率は27.6%となりました。企業の設計開発部門の人材ニーズが活発化する中、同社はIT関連の高水準の求人需要を取り込み、収益成長余地の大きさが高く評価されています。大引けに掛けて利益確定売りなどから上げ幅を縮めましたが、引き続き強い上昇が見込まれます。その他、[2186]ソーバルや[2362]夢真ホールディングスなども買われました。



[3564]LIXILビバ  [1部]業種:小売業
終値2,587円/前日比+81円
Yahooの株価リンクはこちら

LIXILグループでホームセンター「ビバホーム」など運営。業界向け強み。デベロッパーも。本日上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、LIXILグループは上場子会社の同社を売却する方針を固めたと報じられています。ホームセンター大手の[9842]アークランドサカモトが同社に実施するTOB(株式公開買付)に応じ、53%を保有する同社株を全て売却するとのことです。TOBは月内にも開始する見込みで買い付け価格は1株2,600円前後になる模様とも報じており、その2,600円にサヤ寄せする格好で本日は買われています。今年2月7日には日経ビジネスが、LIXILグループは同社を売却する検討に入ったと既に報じていました。その後、コロナショックにより株価は大きく下げていましたが、足元は下げた分を全て戻し、なぜか本日報じられたTOB価格付近での揉み合いとなっていました。この動きからも一部に情報が流れていたのではとの見方も多いようです。



[9842]アークランドサカモト  [1部]業種:小売業
終値1,393円/前日比+183円
Yahooの株価リンクはこちら

新潟のホームセンター中堅。DIY中心の巨艦店「ムサシ」を展開。外食店「かつや」も。 本日大幅高です。今朝の日経新聞で、同社はTOBで[3564]LIXILビバを子会社化するとの報道が好感されています。同社は主に新潟でホームセンター事業を手掛けているだけにLIXILビバ買収によって本格的に関東進出となり、事業急拡大となることが好感されています。同社よりLIXILビバは店舗数もかなり多く、売上高や時価総額もLIXILビバの方が大きく、かなり勝負を賭けた買収だと言えます。ただ、同社に取っては大型買収となるだけに、財務体質悪化は警戒され、何れエクイティファイナンスを実施するか、もしくはかつ丼専門店「かつや」運営している上場子会社の[3085]アークランドサービスHDを売却する可能性もあるのではとの声も聞かれました。



[6635]大日光・エンジニアリング  [JQ]業種:電気機器
終値1,416円/前日比+130円
Yahooの株価リンクはこちら

電子基板実装、カメラ用レンズ組み立てが主軸。キヤノン向け中心。NCネットワークと提携。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に配当修正を発表。6月30日を基準日として1株から2株の株式分割を発表しました。また、2020年12月期の期末配当を従来予想の10円から5円に変更しますが、株式分割に伴うもので実質的には同額となります。投資単位当たりの金額を引き下げ、投資家層の拡大と株式の流動性向上を図ることが目的としています。株価は5月27日に付けた戻り高値1,670円を目指す動きにあります。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[1400]ルーデンHD  [JQG]業種:建設業
終値237円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

マンションの室内コーティングなどハウスケアが主力。ビル総合管理や不動産開発も。本日はギャップアップスタートからの大陽線で、ストップ高まで買い進まれています。朝刊レポートでも指摘していた通り、日足ボリンジャーバンドの雲をブレイクしたことで一気に上昇が加速した格好ですが、160円台から仕込んでいた向きは明日から少しづつ外し始めるでしょうから完全合致直後にポイントを迎えそうです。



[6619]ダブル・スコープ  [1部]業種:電気機器
終値567円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

リチウムイオン電池セパレーターの専業メーカー。韓国で生産。EV車向け拡大、世界販売。 本日ストップ高です。今朝の化学工業日報では、同社のLiB(車載用リチウムイオン電池)向けセパレーターが好調だとの記事が報じられています。韓国LiBメーカー向けの拡大で、韓国顧客向けの売上高は2.6倍の40億円にまで達しており、同社はこの旺盛な需要に対応するため、韓国の製造拠点で2つの成膜ラインを増設中で、コーティングラインも新たに4本の追加を計画しているとのことです。新型コロナウイルスの影響が業績にどのように影響をおよぼすかは不明瞭とするものの、4月から実施した生産調整について6月には回復基調になるとの見通しを示しており、このため車載用新モデルの量産実験を続けるなど車載向けの提案に注力する考えを示している模様です。



[6067]インパクトHD  [M]業種:サービス業
終値2,048円/前日比+262円
Yahooの株価リンクはこちら

小売り、外食の覆面店舗調査や販売支援。新商品などの推奨販促サービスも。 本日買い気配スタートから大幅4連騰を達成しています。本日付の日経新聞朝刊で、新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ取り組みで、同社が攻勢を掛けていると報じられました。「デジタルサイネージ(電子看板)を使い、無人で商品を紹介できたり店内の混雑状況を予測したりする事業の引き合いが急増。小売店の密集を避けるニューノーマルに対応した販売促進手法として普及しそうだ」としています。本日の株価は3月5日の戻り高値2,078円に顔合わせした処で一服となっており、目先はこのレベルが鍵を握りそうです。



[2191]テラ  [JQ]業種: サービス業
終値1,214円/前日比+201円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅高で前場途中から突如物色される動きになっています。セネジェニックス・ジャパンが運営事務局となっている国際新型コロナウイルス細胞治療研究会が、「6月8日、重大プロジェクト発表」とHP上で明らかにしています。セネジェニックス・ジャパンは、同社と業務提携しており、共同で新型コロナウイルス感染症に対する間葉系幹細胞を用いた治療法の開発を行っているだけに思惑的に物色された様子です。重大プロジェクトが何なのかは不透明ながら、明らかになる8日までは思惑が続くとの見方で、短期資金中心に買いに来た様子です。しかし、午後に「重大」の文言が外され「プロジェクト発表」と修正されたことが明らかになると上げ幅を縮小する動きも見られました。ただ、売りも続かず大幅高で引けています。なお、日本時間では発表は9日になる模様です。明日以降も思惑物色が続くか注目されます。



[7771]日本精密  [JQ]業種:精密機器
終値105円/前日比+13円
Yahooの株価リンクはこちら

時計バンドで国内首位級。カシオ向け中心。眼鏡フレームも柱。クロスフォーと提携。 本日大きな窓を空け続急伸し、一時ストップ高を達成しました。同社は昨日引け後に、韓国キュローを割当先とする第三者割当を実施し、約2億円の資金を調達すると発表。キュローは同社筆頭株主のジエンコが約10%出資しているKOSPI上場会社で、同社取締役がキュローの取締役を兼務しています。本日の株価は、財務体質の改善や手元資金の拡充を好感する買いが向かい急騰した訳ですが、昨年末から年初に掛けて横這ったレベルに到達した処で跳ね返されており、レンジブレイクには早期の切り返しが求められます。



[4558]中京医薬品  [JQ]業種: 医薬品
終値555円/前日比+76円
Yahooの株価リンクはこちら

配置医薬品大手。中部地盤から全国FC展開。飲料水宅配事業を育成。 本日大幅続伸です。昨日14時過ぎから動意付いています。東京都内で2日、新たな新型コロナウイルス感染者が30人以上に上ることが分かったと報じられたことがキッカケです。都内で一日の感染者が30人を超えるのは、5月14日以来とのことで再び感染拡大してくるとの警戒から、感染対策関連銘柄の物色に繋がった様子です。本日はそれら感染対策関連銘柄は軟調気味での推移となっていたもの多かったものの、後場に入ると再び動意付くものも目立ってきています。本日の東京都の感染者発表へ向けて思惑的に買われたとの見方です。更にプロ野球の巨人の選手に新型コロナウイルス感染の疑いがあることが分かったと報じられると一段高となり、同社株はストップ高まで買われました。しかし、大引け間際に本日の東京都感染者数が12人と一部で報じられましたが、同社株は大きくは崩れず明日の動向が注目されます。



[3486]グローバル・リンク・マネジメント  [1部]業種:不動産業
終値698円/前日比+97円
Yahooの株価リンクはこちら

東京23区の駅近に投資用マンション「アルテシモ」の企画・開発・販売。投資セミナー販売。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、不動産ファンド事業とアセットマネジメント事業に参入すると発表しました。国内の不動産関連資産を主な投資対象とするスターアジアグループと合弁アセットマネジメント会社「SAGLアドバイザーズ」を9月に設立し、ファンドを組成する予定としています。これが好感視される形で買いが流入していますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[9681]東京ドーム  [1部]業種:サービス業
終値911円/前日比-10円
Yahooの株価リンクはこちら

ドーム球場主力に遊園地やホテルも展開。「東京ドームシティ」に経営資源集中。 本日後場13時過ぎに朝日新聞デジタルが、「巨人が練習試合を中止 選手1人が新型コロナ陽性か」と報じています。その後、共同通信も「巨人に新型コロナ感染の疑い」と関係者の話として報じています。プロ野球は19日に開幕を控えているだけに、1軍選手の感染なら巨人の主要選手の多くが暫く試合に出られなくなり、開幕の更なる延期もあり得るとの見方もあります。そうなれば同社には逆風との見方で売られています。足元で戻り基調を続けていただけに手仕舞い売りのキッカケとなった面もあるようです。なお、巨人は午後に球団事務所で取材対応する予定とのことで、詳細が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2158]FRONTEO  [M]業種:サービス業
終値656円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日前場10時過ぎから出来高を伴って急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は10時に、日本マイクロソフト社と連携し、日本マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」上で同社が独自開発した自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」製品の販売・提供を開始することを発表しています。直近の株価は週初高値から調整を強いられてきましたが、5日移動平均線タッチで切り返し且つ新値更新しており、良い流れになっています。



[3686]ディー・エル・イー  [1部]業種:情報・通信業
終値188円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日ザラバ寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、アプリ「Triller」を運営する米Triller社への投資を目的とした海外子会社およびファンド設立を発表しています。「Triller」はインスタグラムで流行ってるミュージックビデオ風の動画を撮影することが出来る無料動画編集アプリで、米国で大流行しています。Snapchatとパートナーシップ契約締結していることもあり、現在ユーザー数が急増し全世界で8000万ダウンロードを達成しています。また、同社はTriller社への投資を通じて、Triller Japanの設立についてもTriller社と合意しているとのことです。これらが好材料視され物色されています。低位・小型株で貸借銘柄だけに一相場作りそうだと期待する声も聞かれました。



[6177]AppBank  [M]業種:サービス業
終値291円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの記事などを掲載「AppBank.net」運営。商品販売事業は売却。 本日買い気配スタートからの大陽線で急伸し、ストップ高まで買われています。同社は東京渋谷区の3bitter社の株主との間で株式譲渡契約を締結し、完全子会社化することを決定しました。本件M&Aにより、同社はメディア事業の集客および広告単価の増加を図ります。また、グループにおいて経営幹部人材の採用と組織の強化を図ると共に更なる成長を目指すことになります。本日の大幅高で株価は、昨夏から昨年末に掛けて滞留した価格帯に接近しており、戻り売りとの勝負になってきます。



[5726]大阪チタニウムテクノロジーズ  [1部]業種:非鉄金属
終値1,081円/前日比+72円
Yahooの株価リンクはこちら

日本製鉄・神鋼系。高品質金属チタンで世界首位。航空機向けに強み。 本日大幅高です。日本時間朝方に米ボーイング社が2度の墜落事故で運航が停止している小型機「737MAX」の生産を5ヵ月ぶりに再開したと発表。これが日経新聞電子版などで報じられています。時間外取引ではボーイング株が大きく上昇しており、本日の東京市場でもボーイング関連株に買われているものが目立っています。同社株は最近の全体的な戻り相場でも戻り鈍かった銘柄だけに、これを機に見直し買いに繋がっている面もある様子です。他にもボーイング関連として[5727]東邦チタニウム、[3402]東レ、[7011]三菱重工業、[7013]IHI、それに[7408]ジャムコも一時大きく買われました。



[7044]ピアラ  [M]業種:サービス業
終値1,602円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

美容・医療・食品業界向け特化のEC事業支援。成功報酬型。越境EC支援も。本日ストップ高買い気配で始まるなど急伸しました。同社は昨日引け後に、アイドルグループのHKT48とNGT48を傘下に持つSproot社と資本・業務提携することを発表しました。今後、HKT48とNGT48のネットや動画広告での収益化などを協業体制で進めていくことになります。なお、5月13日の決算発表においては連結経常利益が22%増益で着地。26日もイングリウッド社との資本業務提携を発表するなど、売上高・利益共に成長局面にあります。先高期待は高いものの、前場途中からは売りの圧力も強く慎重に動きを見極めたい処です。



[7261]マツダ  [1部]業種:輸送用機器
終値745円/前日比+60円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車メーカー中堅。輸出比率高い。独自技術に特徴。トヨタと資本提携。本日大幅続伸です。昨晩、欧州委員会が7,500億ユーロ規模の景気刺激策を提案。7,500億ユーロの内、5,000億ユーロは加盟各国に助成金の形で配布され、2,500億ユーロは融資になるとのことです。欧州景気回復に追い風になるとの期待から欧州での販売比率が大きい同社には追い風になるとの見方です。日経平均が足元で上昇加速してきていることも追い風になっており、同社株含め自動車株は出遅れていた面もあり、本日は自動車株が総じて買われています。また、同社株は信用取組も良い銘柄だけに買戻しの動きが出ている面もある様子です。明日以降も買われていく展開が続くのか注目されます。



[3161]アゼアス  [2部]業種:卸売業
終値1,014円/前日比+52円
Yahooの株価リンクはこちら

防護服専門商社。米デュポン社、自社開発品も。畳などアパレル資材も扱う。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年4月期の連結経常利益を従来予想の3.3億円から4.8億円に45.0%上方修正し、増益率が5.8%増から53.4%増に拡大する見通しとなりました。タイベック防護服のシェア拡大と新規防護服分野の市場創造に注力したことに加え、新型コロナウイルスへの対応に伴う需要が奏功しました。寄り付き直後はストップ高を付けるなど好調な展開でしたが、後場からは売りに押されました。ただ、本日引け値で5日線と25日移動平均線がゴールデンクロスし、目先75日移動平均線を突破出来るかが焦点となりそうです。



[2191]テラ  [JQ]業種:サービス業
終値1,073円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。本日前場はマイナス圏での推移でしたが、後場から買われてストップ高を付けています。同社は12時半に先端医療支援事業を手掛けるセネジェニックス・ジャパン社と共同で、5月14日から開始した新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療法開発に向けたメキシコでの臨床研究において、感染患者1人の症状回復を確認し、国内企業として初めて新型コロナウイルス感染症に対する幹細胞治療の臨床試験に成功したと発表。これが好感され買われました。ただ、同社株は4月27日にセネジェニックス・ジャパン社と共同研究契約締結し、新型コロナウイルスに有効な新薬の開発に係る事業を新たに開始すると発表したのを機に大相場を作っており、5月14日には臨床試験開始を発表し、更に買われてきた格好だけに改めて上値は買い難いとの声も聞かれました。ただ、研究成果は7月に発表予定とのことで、それまで期待は燻りそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ