株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2178]トライステージ

[3541]農業総合研究所 
[M]業種:卸売業
終値1,001円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

全国の生産者、農産物直売所と提携。インショップ形式の直売所で委託販売。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅続伸し、年初来高値を大幅に更新してストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、[9020]JR東日本などと資本業務提携を締結したと発表。同社は、第三者割当増資を実施し、JR東日本に対して1株に付き741円で13万4900株(持ち株比率0.62%)を発行します。更に、福岡ソノリク社とも同日、資本業務提携を締結しています。株価は2019年2月以来の4桁乗せを達成しており、上場来高値が視野に入ってきました。



[3536]アクサスHD 
[JQ]業種:小売業
終値168円/前日比-62円
Yahooの株価リンクはこちら

16年3月、雑貨屋ブルドッグとアクサスが経営統合。化粧品、生活雑貨、酒を販売。 本日大幅安です。前引けに掛けて買われ、一時13%超の上昇となる260円まで買われる場面も見られましたが、同社が14時に発表した本決算を受け派手に売り込まれる動きになっています。今期見通しが大幅減益計画となっており、四季報予測も下回っています。同社は8月12日に前期業績の大幅上方修正を発表し、株価は大きく居場所を変えていました。今期も増収増益になるとの期待も強かったようで、決算期待で買っていた向きも多いだけに大幅減益見通しで失望売りが殺到した格好です。明日以降、下げ渋りが見られるか、更に売りが出てくるのか注目されます。



[3491]GA technologies 
[M]業種:不動産業
終値11,260円/前日比+1,310円
Yahooの株価リンクはこちら

中古不動産流通に特化のポータルサービス「リノシー」の開発・運営。管理システム連携も。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、10月31日を基準日として1株に付き3株の割合で分割すると発表。足元の業績も不動産サイト「RENOSY」の会員数が順調に増加中と好調さが伺える中、YouTubeを活用した新サービスを開始するなど次期業績期待も高まっています。株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から、引き続き買い優勢との見方が強いです。



[7599]IDOM 
[1部]業種:卸売業
終値670円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら

「ガリバー」ブランド中古車買取り最大手。新車販売も。個人間カーシェアサービス提供。 本日売り買い交錯です。大幅高で始まるも寄り後は売られてマイナス圏に沈む動きになっています。ただ、その後は買われて結局小幅高で引けています。昨日同社は計画を大きく超過する2Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。市場コンセンサスも大きく上回っていますが、同業の[3186]ネクステージが、10月2日に発表した6-8月期決算からも同社の好業績は既に期待感が高まっていた状況でした。株価も随分前から上げてきており、本日は出尽くし的な売りも出易かった様子です。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、この2Q決算について「ポジティブだがサプライズとまでも言えない」と指摘しています。明日以降改めて買われるか注目されます。



[6544]ジャパンエレベーターサービスHD 
[1部]業種:サービス業
終値4,440円/前日比+385円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系、エレベーターやエスカレーターの保守・保全業務。リニューアルも。高技術・コスト力。 本日大きな窓を空けて4連騰し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、12月31日現在の株主を対象に1株から2株への株式分割を実施すると発表。また、同業の関西エレベーターと長野エレベーターの全株式をそれぞれ取得して子会社化することも明らかにしています。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いなどが入った訳ですが、8月高値を奪回した処で気迷いが生じており、明日の反応が注目されます。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,106円/前日比-209円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日大幅安となり、今年3月以来となる200日移動平均線割れになっています。NHKニュースで「新型コロナ 国産ワクチンの実用化は再来年か」と報じられており、DNAを活用した新しい技術のワクチンで既に臨床試験を行っている大阪のベンチャー企業からは「開発がうまくいったとして、大量生産が可能になるのは2022年の後半になる」と説明があったとのことです。社名は伏せられていますが、同社のことだと思われ、同社期待の新型コロナワクチンの実用化が再来年後半になる恐れがあるとのことで、本日は失望売りに繋がっています。既に早期開発への期待は後退しており、改めて売り込まれる材料でも無いとの声も聞かれましたが、信用買い残が多いことからも依然期待して保有していた個人投資家も多い様子です。テクニカル的な売られ過ぎ感はあるだけに、明日以降は下げ渋りも見られそうですが、見切り売りは継続的に出てくると思われ、戻りの鈍い展開は続きそうです。



[7520]エコス 
[1部]業種:小売業
終値2,494円/前日比+236円
Yahooの株価リンクはこちら

食品スーパー中堅。東京・北関東が地盤。M&Aで規模拡大。傘下に同業社多数。 本日売り先行のスタートから切り返して終日上値追いが継続し、3営業日大幅続伸で年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、第2四半期累計連結決算を発表。売上高が前年同期比7.0%増の674億1,700万円、営業利益は同56.2%増の31億9,600万円、純利益は同62.5%増の21億2,200万円と大幅な営業増益となりました。本日の株価は高値を更新したあとも一段高して終えており、上値余地が残されていそうな流れとなっています。



[7049]識学 
[M]業種:サービス業
終値1,827円/前日比+286円
Yahooの株価リンクはこちら

組織マネジメント理論「識学」を使ったコンサルティングサービスなどを手掛ける。 本日大幅反発となり、1月上旬に付けていた年初来高値を久々に更新しています。同社は昨日後場寄りに中間決算を発表しており、赤字決算となったことで後場売られましたが、本日は早くも反発して高値を更新してきています。この決算を受けて、いちよし証券ではレーティング未付与ながらレポートをリリース。足元の業績は概ね予想の範囲内と考えており、業績予想を継続するとのことです。2Q累計営業損益は同証券のアナリスト予想をやや上回った模様で、同証券は同社の今期営業利益は会社計画並みの大幅減益を予想していますが、来期は新型コロナウイルス感染症流行の影響緩和で前期比3倍を見込んでいます。これを受け本日は見直し買いに繋がっている様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9421]エヌジェイHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,081円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

携帯向けゲーム開発・運営が主力。au携帯電話販社や人材派遣も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。16日に将棋の藤井聡太棋聖が史上最年少でのタイトルを獲得したことを受け、同社子会社が手掛けるニンテンドースイッチ向けソフト「棋士・藤井聡太の将棋トレーニング」が複数のメディアに取り上げられました。これを受けて販売数が増加し、各EC販売サイトを中心に入荷待ちとなっており、業績の押し上げに期待する買いが入っています。ただ、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので注意が必要です。



[6149]小田原エンジニアリング 
[JQ]業種:機械
終値2,300円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

モーター用自動巻線機で国内最大手。世界で2位。自動車・家電向けが柱。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。今朝ブルームバーグで、「テスラも認める技術、神奈川の黒子企業が電動化で海外巨大企業に挑む」と同社を取り上げた記事が報じられています。同社はテスラにも供給しているとのことで、同社の2017年度と2018年度の売上高の10%以上をテスラが占めているとのことです。既に開示されている情報で目新しいことでは無いものの、この記事を機に改めて見直し買いが入ってきた様子です。ただ、目新しい材料でも無いだけに続く物色にはならないとの見方は多いようです。



[4240]クラスターテクノロジー 
[JQG]業種:化学
終値466円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性樹脂複合材料から検査機器までナノテクを一貫開発。精密部品に展開。 本日大きく急伸しました。本日付の日経新聞朝刊で、「人の臓器の機能を模した『ミニ臓器』を新型コロナウイルス感染症の研究に生かす試みが相次いでいる」と報じられました。これにより、インクジェットのバイオ分野での開発が期待されている同社に思惑的な買いが流入しており、これらの物色が明日以降も続くかどうか動向が注目されます。ただ、流動性の乏しい銘柄でもあり勢いが止まれば買いは集まり難いため、動きを慎重に見たい処です。



[7157]ライフネット生命保険 
[M]業種:保険業
終値1,316円/前日比+148円
Yahooの株価リンクはこちら

インターネット専業生保の草分け。簡素化、割安な保険料に特色。KDDIと提携。 本日大幅高となり上場来高値を更新しています。特に材料は見当たりませんが、海外での公募売出しの払込日が本日となっており、明日受渡日となっています。公募株920万株、売出株約420万株が明日から市場で売却可能となる格好で発行・売出価格は1,027円だけに、ある程度の売りが出てくるのではとの警戒もありますが、本日はそういった懸念の動きは見られていません。明日の動向が注目されます。本日の動きからも寄り付きが安くても寄り後は買われるのではとの見方もあるようです。



[2411]ゲンダイエージェンシー 
[JQ]業種:情報・通信業
終値270円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら

パチンコホール向け広告会社。チラシ、DM、ポスター制作。ネット活用も。アジアで電子カジノ。 本日買い気配スタート後も一段高となり大幅反発しています。同社は先週末17日引け後に第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比63.9%減の10億4,600万円、営業損益は3億4,600万円の赤字(前年同期は1億3,700万円の黒字)、最終損益は3億5,500万円の赤字(同4,800万円の黒字)と大幅な赤字に転落しましたが、直近の株価が冴えない展開が続いていただけにアク抜け感から買いが入ったようです。まだまだ直近安値圏にあるだけに、今後の戻り相場の継続に注目が集まります。



[2168]パソナグループ 
[1部]業種:サービス業
終値1,303円/前日比+99円
Yahooの株価リンクはこちら

人材サービス大手。派遣や紹介、再就職支援など。福利厚生代行が収益柱に。 本日買い先行スタート後に商いを伴い急伸し、大幅反発しています。同社は先週末17日引け後に、2020年5月期の決算を発表。営業利益は前期比11.8%増益の106億円と6月30日に小幅下方修正済みの水準での着地になりました。新型コロナウイルスの影響で主力の人材派遣事業が伸び悩む他、オンライン化費用なども膨らみ2021年5月期は100億円で同5.5%減益の見通しとしているものの、大幅な業績悪化への警戒も残っていたと見られ、底堅いガイダンスが株価の悪材料出尽くしに繋がったようです。年初来高値にどこまで近づけるかが焦点になります。



[8946]ASIAN STAR 
[JQ]業種:不動産業
終値113円/前日比+14円
Yahooの株価リンクはこちら

横浜中心に投資用マンションを販売。管理・仲介に注力。中国系企業と提携。 本日大幅高となり一時ストップ高まで買われました。今朝の朝日新聞では、横浜市西部に広がる米軍施設跡地で、東京ディズニーランド並みの規模がある大型テーマパークの構想が持ち上がっていると報じています。同社は横浜で不動産管理・仲介事業展開していることから、恩恵を受けるとの思惑で物色材料になった様子です。低位株だけに短期資金も集まり易かった様子です。なお、記事には[9003]相鉄HDが民間地権者との検討に参画し、市は公共交通機関の新設や区画整理で後押しすると書かれており、相鉄HD株も確りと買われています。ただ、何れも続く物色にはならないとの見方が多いようです。



[4051]GMOフィナンシャルゲート 
[M]業種:情報・通信業
終値6,450円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

GMO-PG系で対面型決済を行う決済端末の提供や決済処理を手掛ける。 本日ストップ高まで買われています。同社は直近IPOで、クレジットカード、デビットカード、電子マネーなどのキャッシュレス決済インフラ提供事業を手掛けいます。政策の手助けもありキャッシュレス決済の普及で業績は足下伸びており、今後も高成長を続ける期待も強い銘柄です。VC(ベンチャーキャピタル)保有が多くロックアップも公開価格1.5倍以上で解除されているため、その売りによる警戒などから初値形成後は弱含みの動き続けていました。それが本日大きく反発してきています。キャッシュレス関連ということもあって個人投資家の買い気は強いようで、本日の動きからもVC売りも熟した可能性もあるのではと期待する声も聞かれました。明日以降、上場来高値を更新して更に上げていけるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6535]アイモバイル 
[1部]業種:サービス業
終値777円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

インターネット広告サービス事業。国内最大規模のアドネットワーク。ふるさと納税も展開。本日ストップ高まで買われました。 東海東京調査センターが強気のレポートをリリースしており、それが見直し買いに繋がった模様です。投資判断を新規「OP」、目標株価970円でカバレッジを開始しています。それによれば、同社は無借金経営による安定した財務基盤とサービス開発に強みを持ち、近年は2014年に開始したふるさと納税事業が急成長しているとのことです。ふるさと納税事業の伸長と収益性改善による成長に期待と評価している。2-4月期のふるさと納税ポータルサイト「ふるなび」の寄附受付件数は、ブランド認知度向上や制度の浸透に伴い前年同期比39%増と大きく拡大。不採算事業整理完了に伴うコスト削減効果も21年7月期の増益転換に寄与すると見込んでいる。今期業績は、前期に発生したふるさと納税の法改正前駆け込み需要剥落などにより、減収減益となるものの、会社計画は大幅に上振れると予想しています。また、来期以降は特需剥落一巡と収益性改善で増収増益が続くと予想しています。足下で下落してきただけに、押し目買いのキッカケとなった面もあるようです。信用取り組みが良いことも追い風になっている様子で来週の動向が注目されます。



[4970]東洋合成工業 
[JQ]業種:化学
終値9,980円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

感光性材料大手。半導体・液晶用が主力。化成品製造も。化学品物流を併営。 本日上場来高値を更新してストップ高まで買われています。いちよし証券が本日付でレポートをリリースしており、それが刺激になっているとの見方です。それによれば、昨日同社のマネジメントを招き、スモールミーティングを開催したとのことです。それによりEUV(極端紫外線)用フォトレジスト向けPAG・ポリマーを中心とする成長見通しを再確認したとのことです。EUV用フォトレジスト向けのPAG・ポリマーは今後2〜3年は特に高成長局面となり、2025年の売上は現状と比べ飛躍的に伸びるとの見方が改めて示された模様です。投資判断などの変更は無いものの、本日は見直し買いのキッカケになったようです。また、今朝の日経新聞では株式市場で[6920]レーザーテックに続くニッチトップを発掘する動きが広がっていると報じられており、その記事中で同社もニッチトップ銘柄として取り上げられており刺激になった面もあるようです。



[4763]クリーク・アンド・リバー社 
[1部]業種:サービス業
終値1,307円/前日比+269円
Yahooの株価リンクはこちら

映像・ゲーム分野の人材派遣と制作が主力。台湾ベンチャーとAI分野に進出。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。営業利益は10.5億円で前年同期比33.2%増益、上半期計画14億円、同10.6%増に対する進捗率は74.9%に達しており、想定以上の好スタートと捉えられている。2021年2月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比34.4%増の10.6億円に拡大。3-8月期計画の14億円に対する進捗率は75.9%に達し、5年平均の56.1%も上回りました。ゲーム会社などエンターテインメント向けも業界内認知度の向上や既存顧客の売上高が増加し、大幅増収を達成しています。国内クリエイティブ分野における人材派遣・紹介等のエージェンシー事業に加え、YouTubeや電子書籍等のライツ事業も堅調に推移。また、韓国社の連結化も売上増加に寄与しました。株価は上値を追う展開が続いていますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており注意も必要です。



[3697]SHIFT 
[1部]業種:情報・通信業
終値12,720円/前日比+1,500円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトウエアのテスト事業が主力。ソフトの品質保証や関連コンサルも。組織力に強み。本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年8月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比2.1倍の17.5億円に急拡大しました。また、累計営業利益は16.3億円で前年同期比92.3%増となっています。通期計画の24億円に対する進捗率は5年平均の60.7%を上回る73.3%に達しています。採用強化によるエンジニア数の増加によって、通信や保険業界などでソフトウエアのテストで受注が増加したようです。コロナ禍での好業績継続を受けて、改めて高い成長性が認識されています。株価は4月以降、上昇トレンドを継続させており、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[2303]ドーン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,399円/前日比+199円
Yahooの株価リンクはこちら

地図情報ソフトの受託開発、ライセンス販売。地理情報配信サービスなど事業展開。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しました。 同社は昨日引け後に、2021年5月期の単独業績予想を発表。売上高が前期比4.8%増の11億円、営業利益は同13.8%増の3億3,000万円、純利益は同13.0%増の2億2,600万円と2桁営業増益を見込み、年間配当は前期比1円増の11円を予定しています。 なお、20年5月期決算は、売上高10億5000万円(前の期比17.6%増)、営業利益2億9000万円(同44.8%増)、純利益2億円(同28.6%増)だった。同時に、兵庫県内の2つの消防で映像通報システム「Live119」の本運用を開始したと発表しており、同サービスの積極的な営業展開を行い、クラウドサービスの利用料収入で既存顧客の定常収入に加えて、新たな契約の獲得に伴う増収を見込む。また、受託開発ではクラウドサービスの新規契約に伴う初期構築や、引き続き電力会社における施設管理用の地理情報システムなどの受注を見込んでいる。今後、全国の消防での本格導入を積極的に推進するとしていることから、これも好材料視されています。本日の株価は、高寄り後に十字線を引き長い上影を残しており、直近の戻り高値であった2,500円レベルが重いようですと調整が長引くことになります。



[7818]トランザクション 
[1部]業種:その他製品
終値1,153円/前日比+73円
Yahooの株価リンクはこちら

デザイン雑貨などを企画・製造・販売。販促用雑貨の受注生産も。ファブレス化。 本日大幅高となり、1月に付けていた年初来高値射程圏まで上げる場面も見られました。特に材料は見当たりませんが、同社は本日引け後に3Q決算発表を予定しています。同社は新型コロナウイルスの国内感染拡大を受けて、3月からマスクを緊急輸入し、事業者や一般向けに販売しており、除菌用品など感染防止対策商品を強化していました。それだけに今回発表される3Qの3-5月期決算は、かなり良い数字が出てくるのではとの期待から先回り買いで買われているようです。引け後に発表された3Q決算は大幅増収増益になっており、通期業績は据え置いていますが、利益面はほぼ3Q決算で達成しているような状況です。好決算と言えますが、先回り的に買われていただけに出尽くし的な動きも出てくる恐れありそうだと警戒する声も聞かれました。週明け改めて買われるのか注目されます。



[9765]オオバ 
[1部]業種:サービス業
終値661円/前日比+49円
Yahooの株価リンクはこちら

建設コンサル会社。調査測量、区画整理など情報技術が主軸。民需の比率大。本日後場一段高で大幅続伸となりました。同社は昨日引け後に、2021年5月期の連結業績予想を発表。売上高が前期比3.3%増の157億円、営業利益は同4.8%増の12億円と増収増益を見込んでいます。国土強靭化、防災減災関連業務などの官庁需要や携帯電話基地局設置、物流施設開発支援業務などの民間需要が共に増加が見込まれるなど引き続き好調な受注環境を享受する見通しとしています。また、土地区画整理事業などにおける業務代行参画などの事業ソリューション業務の増加も見込まれるとしている。本日の大幅高で株価は直近のレンジ上限を上放れており、週明けからの新トレンド発生の有無に注目が集まります。



[9726]KNT-CT HD 
[1部]業種:サービス業
終値1,007円/前日比+82円
Yahooの株価リンクはこちら

近鉄系の旅行業界大手。国内外のパック旅行中心。クラブツーリズムと経営統合。本日前場はマイナス圏での推移となっていましたが、後場買われて大幅高になっています。赤羽一嘉国土交通相は、新型コロナウイルスで打撃を受けている観光業界を支援する「Go Toトラベル」キャンペーンを22日から始めると発表したと昼過ぎに報じられています。当初は8月上旬の開始を見込んでいたが前倒しするとのことで、予約済みの旅行もキャンペーンの補助対象にするとのことです。これを受け後場から同社株など旅行関連株が買われています。足下は東京都を中心に新型コロナウイルス感染者数が国内で増えてきていただけに、「Go To トラベル」は先送りされるのではとの警戒も強かったことから、見直し買いや買戻しのキッカケとなった様子です。ただ、新型コロナウイルスの国内感染者が今後も増えていくようですと、いくらキャンペーンでも旅行を手控える向きも多いのではとの声も聞かれました。週明けも買いが続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2178]トライステージ  [M]業種:サービス業
終値324円/前日比+33円
Yahooの株価リンクはこちら

テレビ通販企業を支援。番組枠の提供、媒体選択やDM、販促企画なども。本日寄り前から大量の買いものを集め大幅反発し、年初来高値を更新しました。同社は通販会社に番組枠を提供する通販支援ビジネスを手掛けており、アフターコロナで商機を掴む可能性があります。2021年2月期は経常利益が前期比2.8倍の11億1,600万円と急拡大予想を示しており、本日の大幅高で株価は290円処での揉み合いを一気に上放れてきましたが、一文新値で陰線引けと明日、明後日の反応が非常に大事になってきます。



[7093]アディッシュ  [M]業種:サービス業
終値3,730円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ソーシャルアプリ向けサポートやソーシャルリスク投稿モニタリングなどを手掛ける。本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、小学校・中学校・高校に向けてICT教育やインターネットリテラシーのオンライン講演の提供を開始することを発表しました。これを材料視する形で投資資金の攻勢が一段と強まり、上げ足を加速させる展開となっています。ただ、直近IPO銘柄でもある同社株には目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[2134]燦キャピタルマネージメント  [JQ]業種:サービス業
終値94円/前日比+8円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産開発、流動化事業を中心に再建。ホテル、投資運用子会社は売却。本日急伸して3連騰となりました。同社は昨日引け後に、臨床検査事業を行うアイルおよび衛生管理機器の開発・製造を行うハセッパー技研と事業提携契約を締結したと発表。今後、同社がハセッパー技研の製品と同じ成分の除菌水をオリジナルブランド製品として製造し、アイルが販売代理店として販売します。また、同社は同事業を行うための100%子会社CONQUERを6月15日付で設立します。本日、一目均衡表では雲上限をブレイクし、ここからの本格上昇相場入りが見込まれます。



[6048]デザインワン・ジャパン  [1部]業種:サービス業
終値269円/前日比+32円
Yahooの株価リンクはこちら

幅広い業種の店情報口コミサイト「エキテン」を運営。低価格で掲載。本日大幅高です。昨日同社はナイトワーク出身の求職者に特化した人材紹介サービスを展開する株式会社昼jobを子会社化すると発表。新型コロナウイルスによりクラブやキャバクラなどは厳しい状況に置かれており、緊急事態宣言が解除になっても先行きは不透明な状況です。それだけにナイトワークから昼間の仕事に転職する人も多いと見られており、昼jobの事業には追い風だとの見方も多いようです。昼jobの業績は2019年7月期は黒字となっており、新型コロナウイルスの追い風で業績拡大すれば、同社への業績寄与も期待出来るとの見方もあります。また、同社株は小型の貸借銘柄だけに物色が続くようですと面白いとの声も聞かれました。



[4974]タカラバイオ  [1部]業種:化学
終値2,873円/前日比+175円
Yahooの株価リンクはこちら

遺伝子研究用試薬と機器販売が主力。IPS細胞を使った再生医療に積極。本日大幅高となり年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、「国産ワクチン開発の黒子」との見出しで同社の紹介的な記事が掲載されており、新型コロナウイルスの感染が拡大する中、同社の存在感が高まっているとのことです。強みとするのは40年間磨いてきた遺伝子の「編集」技術であり、日本国内でワクチンを確保する上で重要な役割を担うことになるとのことです。また、同社は創薬企業へと脱皮を狙っており、注力するのが大塚製薬と共同で開発し、2021年3月期中に承認申請する方針の遺伝子治療薬です。承認されれば薬価が1,000万円を超える高額薬になると業界関係者は口を揃えるとのことです。目新しいことは書かれていませんが、改めて同社の技術力による将来性が意識されたようで、本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。



[3690]イルグルム  [M]業種:情報・通信業
終値1,260円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット広告の効果分析サービスなど運用をサポート。ECサイト構築も。自動化に強み。本日ギャップアップスタートから大幅3営業日続伸しました。岩井コスモ証券は26日付で、投資判断「A」、目標株価1,500円でカバレッジを開始しています。[2389]オプトHDから広告効果測定ツール「ADPLAN」の事業を譲り受けたことで、イルグルムが展開するマーケティング効果測定プラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」のアクティブアカウント数や平均単価が大きく増加しているようです。株価は2週間以上続いたレンジを明確に上放れており、上値余地は残されていそうです。



[3667]enish  [1部]業種:情報・通信業
終値520円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲーム・アプリの企画・開発・運営。シミュレーション型交流ゲームが主力。プラットフォーム多数。本日ストップ高まで買われています。前場中に同社はアニメ「五等分の花嫁」初のゲームアプリ制作を決定し、2020年内に配信予定だと発表。また、本日ティザーサイトを公開してゲームアプリ公式Twitterアカウントでは記念キャンペーンを開始したとのことです。アニメ「五等分の花嫁」は、コミック累計1200万部を突破しており、2021年1月にはアニメ2期放送予定となっている人気アニメということもあり、アプリもヒットするのではとの思惑買いに繋がっている模様です。また、同社株は小型の貸借銘柄だけに思惑相場から踏み上げ相場に発展する期待もありそうだとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[3911]Aiming  [M]業種:情報・通信業
終値706円/前日比-27円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホやPC向けオンラインゲームを開発配信。大手ゲーム会社と共同開発や運営。本日乱高下で、後場には急騰して年初来高値を更新する大幅高となる場面も見られましたが、その後一転して大幅安となる場面も見られました。同社が[9684]スクウェア・エニックスHDと共同開発している新作スマートフォン向けゲーム「ドラゴンクエストタクト」の事前登録を6月10日に開始するとスクウェア・エニックスHDが発表。これが伝わると物色されて大幅高になりました。ただ、4月末の決算説明動画で「ドラゴンクエストタクト」について言及があり、それを受けてリリースが近いとの見方が強まっていました。それにより同社株は4月末からリリース期待から派手に相場を作っており、一時株価は2倍近くになっていただけに物色一巡後は出尽くし的な動きになっています。リリースまでは押し目買いも入りそうですが、今後はリリース待ちで、相場はリリース後のセールスランキング次第になりそうです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2178 トライステージ [M]業種: サービス業
以前の記事
終値358円/前日比+8円
Yahooの株価リンクはこちら  

東南アジア最大のテレビ通販企業はじめASEAN各国における有力なテレビ通販企業をグループに持つ当社は、御社の東南アジア市場開拓の最高のパートナーです。テレビ通販企業を支援。番組枠の提供、媒体選択やDM、販促企画なども。同社は本日引け後に決算を発表。2019年2月期の連結最終損益は前期3.8億円の黒字から9.9億円の赤字に転落しました。12-2月期の同利益は前年同期比73.5%減の1.3億円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同期の1.2%からほぼ横ばいとなりました。ただ、2020年2月期は3.2億円の黒字にV字回復する見通しを示しています。

ASEAN企業地図 第2版



6417 SANKYO [1部]業種:機械
終値4,255円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら 

パチンコ、パチスロ機大手。フィーバー台を開発。財務体質良好。フィールズに出資。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年3月期の連結経常利益予想を従来の130億円から220億円に69.2%上方修正しました。増益率は14.9%増から94.4%増に拡大する見通しとなっています。パチンコ機の販売が堅調に推移し、粗利益率の改善が進んだ機種が堅調に販売を伸ばしましたとしています。

花菱一家~夏祭り編~
花菱プロジェクト(倉科 遼・増田 剛) (著), SANKYO (著)



6809 TOA [1部]業種:電気機器
以前の記事
終値1,212円/前日比+54円
Yahooの株価リンクはこちら 

音響システム大手。構内放送設備と防犯カメラが両輪。海外地域体制を拡充。岡三証券は2日付で、投資判断「A」、目標株価1,500円でカバレッジを開始しています。2020年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年の大阪万博などのイベントが控えている他、防災意識の高まりから防災・減災市場向けの需要拡大が予想され、連結業績は安定成長が続く見通しとコメントしています。目標株価は、過去5年間の連結営業利益の拡大局面のレンジを参考に、2018年12月末実績PBRで約1.2倍に相当する水準から算出されています。

TOA 移動用PAアンプ65Wx2ch ダイバシティチューナーユニット(WTU-1820)2台内蔵 CD付 KZ-65A

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2178 トライステージ [M]業種:サービス業
終値340円/前日比±0円
Yahooの株価リンクはこちら  

テレビ通販企業を支援。番組枠の提供、媒体選択やDM、販促企画なども。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年2月期の連結経常利益予想を従来の1.1億円から2.7億円に2.5倍上方修正し、減益率は87.8%減から70.0%減に縮小する見通しとなりました。テレビ事業において顧客企業のメディア出稿意欲が見通しを上回ったこと、およびDM事業においてダイレクトメール取扱通数が引き続き伸長したこと、WEB事業において顧客企業の開拓が順調に進んだことなどを理由として挙げています。
「テレビ通販企業」関連

90秒にかけた男



2653 イオン九州 [JQ]業種:小売業
終値1,975円/前日比-23円
Yahooの株価リンクはこちら 

イオン系列。九州で大型店中心に総合スーパー、ホームセンター展開。ネットスーパーも。同社は本日引け後に業績修正を発表。2019年2月期の非連結経常利益予想を従来の1億円から2.5億円に2.6倍上方修正し、減益率は92.7%減から81.5%減に縮小する見通しとなりました。食料品・日用品の一部商品の値下げやセールスの見直し、店舗スペースを活用した催事企画の実施など収益の確保に取り組む一方で、デジタル販促の活用や働き方の見直しなど効率的な店舗運営による経費の低減に努めた結果としています。

Make noise (メロディー) [『イオン九州「一の市」』より]



9936 王将フードサービス [1部]業種:小売業
終値7,010円/前日比-110円
Yahooの株価リンクはこちら 

関西地盤で中華料理店をチェーン展開。「餃子の王将」で有名。低価格業態。岩井コスモ証券は28日付で、投資判断「B+」、目標株価8,000円でカバレッジを開始しています。生産性向上や「GYOZA OHSHO」などの新たな取り組みが実を結び始めているとし、業績の踊り場を脱して持続的且つ安定的な成長ステージに入る可能性があるだろうとコメント。また、2019年3月期業績は会社側計画を上振れる可能性があるとしています。

なぜ、人は「餃子の王将」の行列に並ぶのか? (プレジデントムック)


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ