株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2160]ジーエヌアイグループ

[3987]エコモット 
[M]業種:情報・通信業
終値1,124円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

IoTソリューションの企画や端末の製造。クラウドサービスの運用。センサー技術に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、5Gの普及を見据えた新世代データ基盤を開発したと発表。応答性や映像品質の向上によるユーザー体験全般の大幅な改善に加え、5Gでの接続を前提とする将来の機能拡張などの特徴を持ちます。株価は10月14日の1,225円を付けた翌日の15日に好決算を発表しましたが、出尽くし感から大きく売り込まれていました。ただ、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値4,805円/前日比+610円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、[9843]ニトリHDが同社の買収を検討していることが分かったと報じています。同社株は既にDCM HDが1株4,200円でTOBを実施している最中で、同社の経営陣はDCM HDの買収提案に賛同しています。この報道を受けニトリHDが更に高い価格でTOBをしてくるとの期待から買われています。場合によってはTOB合戦に発展する可能性もあるのではとの見方です。ただ、実際にニトリHDがTOBに踏み切るかは不透明であり、同社の経営陣が賛同しなければ、ニトリHDは手を引く可能性もあるのではとの声も聞かれました。DCM HDのTOB価格4,200円はPBR1倍割れ水準ということもあって、安過ぎるとの声も多く、ニトリHDがTOBを実施するなら最低でもPBR1倍水準にはなるとの見方です。なお、同社の2020年8月末時点の1株当たり純資産は4,661.36円となっています。



[7045]ツクイスタッフ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,652円/前日比+202円
Yahooの株価リンクはこちら

ツクイ子会社で介護・医療に特化した人材サービス事業。派遣、紹介、研修など。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の2,400万円から7,100万円に3.0倍上方修正。改正労働者派遣法の影響が想定より限定的だった他、派遣スタッフ数や派遣単価が計画を上回って推移しました。これを刺激材料に、2,000円大台乗せが期待される処ではありますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値805円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、同社は来年初めにも患者が話す言葉からAIで認知症の有無を判定するシステムの臨床試験を始めると報じられています。言語を解析する新たな診断手法を用いることで、5〜10分程度の会話から1分以内に認知症かどうかを判定するとのことで、医療機器として2022年の発売を目指すとのことです。同社はこの診断支援システムについてこの程、日本マイクロソフトと提携したとも書かれており、材料視されています。10時には「日本マイクロソフトと高齢化社会における医療のデジタルトランスフォーメーションを目指し協業を開始」と正式発表すると一段高となり、一時ストップ高まで買われました。明日以降も物色が続くか注目されます。



[9267]Genky DrugStores 
[1部]業種:小売業
終値4,285円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

福井を中心にドラッグストア展開。北陸・東海に集中出店。低価格路線、食品も 本日売り先行で始まるも即切り返して大幅高となり、年初来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、2021年6月期連結業績予想について発表。営業利益を50億円から前期比33.6%増の58億円へ、純利益を35億円から同48.8%増の41億円へ上方修正しました。売上高は従来見通しを据え置いたものの、全社的なコストコントロールにより、販管費抑制に成功していることが要因としています。株価は今まで上限とされていたレベルを一気に上放れており、新展開入りも見込まれます。



[2987]タスキ 
[M]業種:不動産業
終値3,390円/前日比+570円
Yahooの株価リンクはこちら

新築投資用IoTレジデンスの企画、開発、販売やコンサルティングなどを手掛ける。 本日買い気配で寄り付いたあとに商いを伴い急伸し、大幅反発しています。同社は昨日引け後に、オンライン完結型の不動産投資型クラウドファンディングサイト「タスキFunds(ファンズ)」で、会員登録の受付を開始したと発表しました。同社株は10月2日にマザーズ市場に上場し、6日に5,060円で初値を形成。同日にストップ高の6,060円に上昇しましたが、その後は過熱感から売りが優勢となり、19日には3,125円に下落していました。高値から半値近くまで下落したことで調整一巡感が台頭していたことも本日の大幅高に繋がったのでしょう。目先戻りの継続性が試されます。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値2,286円/前日比-204円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日大幅続落となり、時価総額1,000億円割れとなっています。同社は先週末にF351の第2相臨床試験の完了を踏まえた今後の戦略的方向性について発表してから、株価は4,000円近くから2,000円近くまで下落している状況です。次の段階に進むのが来年4月以降になると示されたことで、見切り売りが出ている格好ですが、信用買い残も多い銘柄だけに需給の悪さから下落が止まらない状況になっています。人気株だけに下げ過程で押し目買いやリバウンド狙いの短期資金の買いは入っているものの、下げ止まらないことで、そういった向きの投げも出ている格好です。ここまで来れば2,000円が下値目途になりそうだとの見方も増えています。その水準には200日線も走っており、買いも入り易い処ですが、その辺を狙っている向きも多いことが想定されるだけに、そこまで下がらないとの見方も多い模様です。逆に2,000円でも下げ止まらず更に下げる展開もあるのではとの声も聞かれました。



[7779]CYBERDYNE 
[M]業種:精密機器
終値747円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日大幅高となりストップ高まで買われています。同社は昨日、HAL医療用下肢タイプについて台湾当局より医療機器の承認取得したと発表。同社は日本や米国、EUに加えてアジア太平洋州での展開を進めており、10月15日には豪州当局より医療機器承認を取得したと発表していました。その時は全く材料視されておらず今回も目新しい材料ではないとの声も聞かれましたが、本日は派手に買われています。相次ぐ承認を受けて海外展開が一段と加速するとの見方に繋がり、改めて先行き期待から見直し買いが入ってきた模様です。また、高値を取ってきたことで短期資金も集まってきた様子で、明日以降も物色が続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7068]フィードフォース 
[M]業種:サービス業
終値5,390円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

最適なタイミングで広告を表示するデータフィードサービスなどマーケティングツールを提供。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末16日引け後に、11月末現在の株主を対象に1株を4株にする株式分割の実施を発表。足元の業績も好調且つ株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。また、株価は10月15日の戻り高値5,600円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[9602]東宝 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,675円/前日比+200円
Yahooの株価リンクはこちら

阪急系の邦画配給最大手。テレビ局との連携に強み。不動産賃貸高収益。 本日確りと買われて年初来高値を更新しています。同社が16日に公開したアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、初日の16日だけで興行収入10億円を突破したと報じられ ています。また、2日で興行収入30億円に迫る勢いとのことです。既に同映画への期待から買われていたものの、想定以上の人気との見方で改めて見直されている様子です。また、本日は鬼滅の刃関連株も総じて買われています。Tシャツなどのアイテムを販売している[7448]ジーンズメイトはストップ高まで買われ、自社で運営するECサイトで色々なグッズを販売している[1491]中外鉱業も買われました。他にもやはりグッズ販売を手掛ける[3935]エディア、[7608]エスケイジャパン、[7809]壽屋、[7803]ブシロードなども買われています。



[4386]SIG 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,393円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系、システム開発やインフラ・セキュリティサービスを提供。官公庁向けが主力。 本日急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末16日引け後に、アクロHDとの資本・業務提携契約締結をしたと発表。同社は業績も好調且つ官公庁向け給与システムなどに強みを有し、クラウド市場トップシェアのAWS向けセキュリティ診断サービスでも実績を重ねており、注目度の高まりが伺えます。新値追いが期待される処ですが、1,500円処からは売り圧力の強まりも感じられます。



[8617]光世証券 
[1部]業種:証券・商品
終値709円/前日比-18円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系証券。大阪、東京に拠点。自己売買に特化。富裕層に営業基盤。 本日大幅高となっていましたが、14時に発表した2Q決算を機に売り込まれています。同社株は1Qの4-6月期決算が非常に良かったことから、2Qの7-9月期業績への期待も強ま っていました。更に先週には[8706]極東証券や[8614]東洋証券、[8613]丸三証券が2Q決算速報値を発表しており、何れも良い数字となっていたことから、同証券も好決算が出てくるとの期待が高まっていた様子です。それにより足元で買われてきており、本日も一時790円まで上昇するなど先回り的に買っていた向きも多いようです。しかし、14時に発表された7-9月期決算は4-6月期比では大幅減収減益となっています。累計では大幅増収増益ですが、足元の決算期待が高まっていただけに出尽くし的な売りも出易かった様子です。



[3916]デジタル・インフォメーション・テクノロジー 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,521円/前日比+143円
Yahooの株価リンクはこちら

サイバー攻撃に備えるセキュリティシステムを構築。金融、通信企業などが顧客。 本日大幅買い気配スタートから3営業日ぶりに大幅反発しました。同社は[8023]大興電子通信と協業で中小企業向け電子契約の外部委託サービスをスタートさせており、時流に乗る経営戦略として注目を集めているようです。直近の株価は、菅新政権のデジタル政策を背景にサイバーセキュリティが投資テーマとして再浮上する中、1,500円台を回復してきましたが、年初に付けた年初来高値1,872円には未だ距離があり、出遅れ銘柄としての認識から一段高も考えられます。



[3562]No.1 
[JQ]業種:卸売業
終値4,005円/前日比+510円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器・情報セキュリティ関連機器の販売や保守。中小企業向け定額サービス。 本日前引け間際から動意付き後場は大幅一段高となり、上場来高値を更新しています。同社は本日12時30分頃、11月1日を効力発生日として1株を2株に株式分割するのに伴う配当予想の修正を発表。1株当たりの期末配当金予想は15円を継続するとしており、株式分割前換算での年間配当金は1株あたり30円から45円へと実質的に増配となります。明日、明後日早々に崩れるようなことが無ければ、株価は青天井圏を駆け上がりそうです。



[9878]セキド 
[2部]業種:小売業
終値643円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

輸入ブランド専門店を展開。中古品やネット通販も展開。オークファンと提携。 本日軟調に推移していましたが、後場ストップ高まで買われました。同社は後場にコスメティック事業部において、「BTS」との限定コラボ商品の10月度売上数が、上半期と比較して23倍超のペースで伸びていることを発表。先週には10月9日〜11日までの3日間、イオンモール太田で初めて韓国コスメに特化した催事を開催し、特にBTSとの限定コラボ商品が売れて想定以上の売上になったと発表して買われていました。同じBTS限定コラボ商品ネタですが、改めて業績寄与が期待された様子です。また、同社は16日〜18日にも韓国コスメ催事を行っており、それに関してまた何らかの発表が近くあるのではと期待する声も聞かれました。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値3,190円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。先週末同社は、F351の第2相臨床試験完了を踏まえた今後の戦略的方向性について発表。それによれば現在、国家薬品監督管理局および医薬品審査評価センターへの相談に向けて準備を行っており、次の段階に進むのは概ね2021年第2四半期頃になると見通しだとのことです。これを受け承認まで、まだまだ時間が掛かるとの見方に繋がったようで嫌気されている様子です。市場では第3相臨床試験実施は免除され、早期承認に至るとの期待が強かったようで、それが示されなかったことで失望されたようです。同社はF351について、8月17日には戦略的な方向性を9月末から10月上旬を目途に示すと発表しており、更に9月29日には10月16日に発表する予定だと明らかにしていました。その度に同社株は買われてきただけに事前に買っていた向きも多いようで、そういった向きの売りが本日は殺到している様子です。ただ、売り一巡後は改めて買いに来る向きも多いのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6063]日本エマージェンシーアシスタンス  [JQ]業種:サービス業
終値789円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

海外旅行先で病院紹介など行う医療アシスタンス事業。クレジットカード向けに強み。本日ストップ高を付けました。同社は先週末引け後に決算を発表。2020年12月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比2.4倍の7000万円に急拡大しました。なお、通期計画の8,000万円に対する進捗率は87.5%に達しており、業績上振れの期待も高まっています。株価は日経平均に連れ安を余儀なくさていたことで割安感も強く、目先は75日移動平均線をブレイクし、強い上昇トレンド形成も見込まれます。



[4477]BASE  [M]業種:情報・通信業
終値2,539円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日ストップ高まで買われて上場来高値を更新しています。同社が先週末発表した1Q決算は赤字ながら小幅な赤字に留まっており、売上高は決算説明資料によれば、前年同四半期比+47.1%、売上総利益は同+44.1%となっています。また、BASE事業で3月下旬以降新規ショップ開設数が急増し、更に4月以降GMV(流通取引総額)が大幅に増加しているとのことです。4月のGMVは、3月比+103.9%、前年同月比+190.0%の成長になっています。新規に開設されたショップだけではなく、過去に開設されたショップのGMVも大きく増加しているとのことで、新型コロナウイルスによる影響で巣ごもり需要拡大が同社BASE事業には追い風になっている格好です。これを受け今後の成長拡大への期待が改めて強まった様子です。



[4390]アイ・ピー・エス  [M]業種:情報・通信業
終値1,570円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

フィリピンの通信ネットワーク提供や在日人派遣が主力。国内でMVNOの通信サービスも。本日ストップ高を付けました。同社は先週末引け後に決算を発表。2020年3月期の連結経常利益は前期比7.4%増の10.7億円に伸び、2021年3月期も前期比53.5%増の16.5億円に拡大を見込みます。なお、今回2桁成長の確保および急拡大を見込んでいることが投機資金を呼び込む形となっております。本日、年初来高値を更新し、新値追いの展開も期待されますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、注意が必要です。



[2160]ジーエヌアイグループ  [M]業種:医薬品
終値1,763円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日高寄り後も積極的な上値追いが見られ続伸し、ストップ高を達成しています。同社は先週末引け後に、2020年12月期第1四半期連結決算(国際会計基準)を発表。税引き前利益が前年同期比46.5%増の3億9,000万円に拡大して着地しました。主力の特発性肺線維症治療薬「アイスーリュイ」の販売が引き続き増勢だったことが寄与。ヘルスケア事業ではマスクなどの販売が大幅に増加した他、米国医療機器事業も収益を確保したことも業績拡大に繋がったようです。本日14万株超の買いものを残していることからも株価は2月の窓埋め完了での達成感は出ないのかも知れません。



[4583]カイオム・バイオサイエンス  [M]業種:医薬品
終値354円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

理研発の創薬ベンチャー。独自の抗体作成技術に強み。ライセンス供与も収益源。 本日大幅高となり一時ストップ高まで買われ、年初来高値を更新しています。同社は先週末に1Q決算を発表しており、赤字ながら前年同期比で大幅増益、赤字縮小となっています。ただ、それを好感して買われたというよりは、決算補足資料で「新型コロナウイルスに対する抗体作製受託案件を実施中」との記載があり、これが好感されて物色されたとの見方です。同社と共同研究契約しているTransChromosomics社が、2月27日に完全ヒト抗体産生動物を用いたCOVID-19(新型コロナウイルス)に対する治療用抗体医薬の開発に着手したと発表していました。その時に同社株は思惑的に買われましたが、今回の決算補足資料で実際に同社も絡んでいることが明らかになり改めて好感された様子です。



[6881]キョウデン  [2部]業種:電気機器
終値291円/前日比+63円
Yahooの株価リンクはこちら

プリント配線基板の試作品が主力。混和材、ガラス繊維原料も展開。本日買い気配スタートからの大陽線で5営業日ぶりに大幅反発しています。同社は先週末引け後に、2021年3月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを前期比37.1増の30億円としました。長年培ってきた無機鉱物に関するノウハウと生産設備を活用した新販路の開拓や新製品の導入、シナジーの期待出来る企業との提携による業容拡大などに取り組むとしています。本日の大幅高で株価は約3カ月ぶりに75日線を捉えてきており、一段高の可能性が高まっています。



[3694]オプティム  [1部]業種:情報・通信業
終値2,811円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

情報端末管理ソフトをクラウドで提供。遠隔操作のソフトに強み。保有特許多数。本日大幅高となり上場来高値を更新してストップ高まで買われています。同社が先週末引け後に発表した本決算が好感されています。前期実績は売上高が計画を超過して着地しており、創業来20期連続となる過去最高売上高を達成。売上の70%程度が既存サービスのストック型ライセンスの売上になっています。なお、研究開発投資は19億円超でした。今期見通しはかなり幅広いレンジでの開示ですが、レンジ下限水準でも大幅増収増益計画となっています。営業利益は前期比で2.7〜5.9倍予想に。純利益は前期比で4.2〜8.7倍予想に。今期は利益回収を行う期と位置付けているとのことで、改めて高成長期待が意識された様子です。



[9984]ソフトバンクグループ  [1部]業種:情報・通信業
終値4,621円/前日比+47円
Yahooの株価リンクはこちら

携帯電話で日米展開。傘下にZHD、英ARM、10兆円ファンド。持分に中国アリババ。本日売り買い交錯ながら確りと上昇しています。同社は今朝、寄り付き前に1億3500万株・5,000億円を上限とする自己株買い枠を設定。最大で発行済み株式数の6.7%にあたり、取得期間は2020年5月18日〜2021年3月31日とのことです。既に3月に公表している最大2兆円の自社株買いの一環であり、目新しさは乏しいものの、3月に5,000億円の自社株買い枠を設定していただけに、早期の追加枠設定はインパクトがあった様子です。先週末公表した自社株取得状況によれば、3月設定の自社株買い枠は4月末時点で2,500億円近く残っている状況で、今回更に5,000億円の自社株買い枠設定したことで、買い余力は大きく売り難さに繋がっています。後場にはウォール・ストリート・ジャーナルが、同社は保有するTモバイルUS株の大部分をドイツテレコムに売却する協議を進めていると報じ、好感する動きが見られました。引け後に決算発表控えているだけに上値の重さも見られていましたが、決算発表受け明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3689]イグニス  [M]業種:情報・通信業
終値1,203円/前日比+195円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。本日前場10時前にプラス圏に浮上するとその後ジリジリと上げ幅を拡げ急反発しています。新型コロナウイルス感染拡大を背景に外出を控える動きが出ており、それに伴い巣ごもり消費で需要を捉えるゲーム関連は、全体リスク回避相場にあっても相対的に優位性を持っている状況で、同社株の他に[3911]Aimingなどゲーム関連の一角に物色の矛先が向きました。小型で足も軽く個人投資家などの短期資金による消去法的な買いが集まり易い側面もあり、株価は今回も75日移動平均線がサポートとして機能した格好となっており、一段高への地均しを進めたい処です。



[6656]インスペック  [2部]業種:電気機器
終値2,510円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

半導体やIT関連デバイスの外観検査装置メーカー。プリント基板のパターン検査など。連日のストップ安になっています。先週末に同社は大幅減収減益となる3Q決算と2020年4月期連結業績の大幅な下方修正を発表しており、それが嫌気した売りが続いています。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、中国企業に納入予定だった物が出荷時期が大きく遅延していることや中国企業との大型商談の進捗が滞るなどの影響が下方修正要因だとのことです。これを受け東海東京調査センターでは、ネガティブと指摘し、投資判断を従来の「OP」から「UP」に二段階引き下げ、目標株価を従来の3,000円から1,400円まで大幅に引き下げています。唯一同社株をカバレッジしている同センターが、手のひらを返した格好となっており、見切り売りに繋がっている面もあるようです。



[3772]ウェルス・マネジメント  [2部]業種:不動産業
終値952円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

アセットマネジメント事業を展開。不動産ファンド活用のホテル運営や媒介業務。 本日急速に買い戻される展開で大幅反発し、ストップ高を達成しました。全体相場の波乱に流されて株価は急落していましたが、ファンダメンタルズを度外視した売りで目先のリバウンドを見込んだ短期資金が流入したようです。業績は好調で、2020年3月期は営業利益段階で前期比3.8倍の28億円を計画しています。また、パナソニックホームズ社と上場REIT組成に向けた基本合意書を締結するなど、今後の展開力に磨きをかけており、PER3倍台と超割安圏にあることからも水準訂正は続く可能性があります。



[4587]ペプチドリーム  [1部]業種:医薬品
終値4,490円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。特殊ペプチドを使った医薬品候補物質を大手と共同開発。本日大幅反発です。今朝の日経新聞では、同社のリード・パトリック社長のインタビューが掲載されており、それによれば収益基盤が安定したことで、「今後は自社での創薬にも力を入れる」と話しています。自社で創薬を手掛ければ、中長期的に成長スピードを落とさずに済むという狙いもあるとのことです。目新しいことではありませんが、この記事を機に本日は見直し買いに繋がっている模様です。ただ、本日は全体的なリバウンドの動きも追い風になっていると言え、物色が続くかどうかは地合い次第との見方が多いようです。



[7039]ブリッジインターナショナル  [M]業種:サービス業
終値1,804円/前日比+222円
Yahooの株価リンクはこちら

電話やメールを活用して企業の営業やマーケティング支援。BPO事業が主力。 本日大幅ギャップアップスタートから急反発しています。政府が本日の閣議で、新型コロナウイルスの更なる感染拡大に備えて「緊急事態宣言」の発令を可能とする新型インフルエンザ等対策特別措置法改正案を決定しました。今後、国会に提出され13日に成立する公算が大きいとされますが、緊急事態宣言が発令されれば企業の営業活動にも支障が出る可能性があることから、電話やメールなど非対面手段で営業活動を行うインサイドセールスのアウトソーシングサービスを展開する同社株に思惑的な買いが向かった格好です。今後も度々人気化する場面がありそうです。



[2929]ファーマフーズ  [2部]業種:食料品
終値802円/前日比-38円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。検査薬の開発も。アジア開拓。 本日前場は連日で寄らずのストップ安売り気配となっていましたが、後場の地合い改善を受けストップ安で寄り付いています。寄り後は急速に下げ幅を縮小する動きに。いくら期待に届かなかったとは言え、上方修正に配当増額修正であり、ストップ安2連続は過剰反応との見方も多い模様です。全体悪地合いの影響で追い証絡みの投げ売りも出ていた様子で後場には全体的に更にリバウンドの地合いになってきたことから、同社株にも買いを入れてきた向きが増えた様子です。乱高下しながらも一時プラス圏まで買われる場面も見られ、目先何処まで戻せるか注目されます。



[2160]ジーエヌアイグループ  [M]業種:医薬品
終値1,235円/前日比+104円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。本日大きく急伸しました。本日、中国子会社の北京コンチネント薬業有限公司が、武漢市同済病院が行っている臨床研究に抗線維化薬のピルフェニドンを提供していると発表。これは新型コロナウイルスに対するピルフェニドンの有効性と安全性を評価するためとなります。これを受けて将来の成長に資する可能性があるとの期待から買いが入りました。一時はストップ高を付ける展開でしたが、後場からは売りの圧力も強まっており、過度な期待は禁物とも取れます。



[7707]プレシジョン・システム・サイエンス  [M]業種:精密機器
終値483円/前日比+78円
Yahooの株価リンクはこちら

独自技術のDNA抽出装置。全自動遺伝子診断システムに強み。関連試薬も。 本日大幅反発となり、後場には一時ストップ高まで買われました。今朝の日刊工業新聞では、同社は遺伝子検査装置を新型コロナウイルス検出装置として拡販すると報じられています。欧州市場の現地販売代理店を通して自社ブランド製品として販売を始めたとのことで、日本では早期に医療機器としての認可取得を目指し、販売を開始する計画だとのことです。認可取得後は営業活動を本格化し、空港や港湾、保健所、病院などへの導入を進めるとのことで後場には正式発表しています。足元で売り込まれていたこともあり、リバウンドのキッカケとなった面もある様子です。明日も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4481]ベース [2部]業種:情報・通信業
終値10,050円/前日比+1,100円
Yahooの株価リンクはこちら

受託開発を中心としたソフトウェアの開発サービスの提供を手掛ける。本日大幅3連騰で10,000円の大台乗せを達成し、連日で上場来高値を更新しています。同社が14日引け後に発表した2020年12月期連結業績予想で、売上高が前期比20.3%増の116億8,800万円、営業利益は同22.7%増の20億5,900万円、純利益は同22.3%増の13億9,300万円と大幅増益を見込み、年間配当を前期比20円増の140円を予定していることが引き続き好感されています。本日の逆風下においても株価は高値圏で終えており、青天井圏を駆け上がる可能性が高まってきています。



[5142]アキレス[1部]業種:化学
終値2,130円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら 

運動靴大手。学童靴「瞬足」に力。自動車内装、建材や産業資材など多角。本日ストップ高です。昨晩放映された経済TV番組「ワールドビジネスサテライト」で、同社が手掛ける抗菌シート「アキレスウイルセーフ」が取り上げられており、新型コロナウイルス関連の出遅れ銘柄として買いを集めたとの見方です。これは付着したウイルス・細菌を99.99%以上低滅し、活動を抑制する軟質フィルムで、ドアノブや手すり、テーブル、カウンターなど人が良く触れる箇所に使用するものとなります。実際に問い合わせも増えているとのことで、特需期待も強い様子です。同社のストップ高買い気配に刺激を受けたのか、似たような製品を手掛けている[4224]ロンシールも物色されています。ロンシールは抗ウイルス性フィルム「ロンエースLP」を手掛けています。ただ、ロンシールは買いが続かず売られて引けています。



[7064]ハウテレビジョン [M]業種:サービス業
終値2,260円/前日比+233円
Yahooの株価リンクはこちら

新卒学生向けリクルーティング・プラットフォーム「外資就活ドットコム」などを手掛ける。本日大きく急伸しました。同社は昨日、業績修正を発表。2020年1月期の経常利益を従来予想の4,000万円から8,000万円に2.0倍上方修正。従来の42.0%減益予想から一転して15.9%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。既存サービスにおいて新規顧客増加傾向と好調な上に広告収入が大きく伸びたことが収益を押し上げました。株価は昨年12月以降、大きく売り込まれていたこともあって割安感も強く、ここからの上昇トレンド形成が期待されます。



[4563]アンジェス [M]業種:医薬品
終値462円/前日比-100円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日ザラバ寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。昨日同社は新株予約権発行を発表。全て行使されれば希薄化は15%程度にもなります。行使価額の下限は292円となっており、本日は見切り売りが殺到した格好です。信用買い残が非常に多い銘柄だけに押し目買いも入り難く、暫く弱含みの展開が続きそうだと見る向きが多いようです。同社株の影響で個人投資家の心理を悪化させた面もあるようで、本日は他のバイオ株や新興銘柄に売られている銘柄が目立っています。



[4287]ジャストプランニング [JQ]業種:情報・通信業
終値499円/前日比+38円
Yahooの株価リンクはこちら

外食店向けソフト開発のASP事業者。店舗管理ソフトなどを提供。サン電子と提携。本日3営業日ぶりに大幅反発しました。同社は昨日、1月末の契約店舗数が5092店舗(2019年12月末時点では4880店舗)になったと発表。また、子会社のプットメニューが同日、モバイルセルフオーダーシステム「Putmenu」の新しい決済手段として「PayPay(オンライン決済)」に対応して支払いが出来るようになったと発表しています。「Putmenu」導入店舗の拡大期待から今後も人気付く場面が出てきそうです。



[7081]コーユーレンティア [JQ]業種:サービス業
終値1,750円/前日比-155円
Yahooの株価リンクはこちら

家具、什器・備品のほか、OA機器のレンタルサービスなどを手掛ける。本日大幅続落となり、連日の上場来安値を更新しています。今年最初のIPOですが、上場後はほぼ一貫して売られている状況です。新型コロナウイルスが国内でも広がってきており、イベントなどが相次ぎ中止の流れになり、同社事業にはマイナスだとの見方です。同社はFF&E(家具、備品および機器)のレンタル事業を手掛けていますが、イベント業界などへの需要も多いだけに業績の先行き懸念が意識されているようです。既に公開価格1,890円も割り込んでしまっており、下値目処が見えない状況です。明日以降どこで下げ止まるか注目されます。[4317]レイや[9625]セレスポなども弱い動きが続いています。



[4541]日医工 [1部]業種:医薬品
終値1,340円/前日比+105円
Yahooの株価リンクはこちら

後発医薬品大手。循環器・呼吸器向け主力。病院などで高い採用実績。本日大きく反発しました。同社は昨日引け後に、グループ会社のエルメッドがジェネリック医薬品11成分21製品の製造販売承認を取得したことを発表。先週末の増収減益決算を受けて、前日は大きく値下がりしていたこともあり、押し目買い妙味なども強く買いが流入しました。目先、直近高値の1,366円をブレイク出来るかどうかが焦点になると見られ、明日の動向が注目されます。



[4120]スガイ化学工業 [2部]業種:化学
終値2,390円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

ファインケミカル専業。医・農薬中間物が主力。界面活性剤や電子材料も展開。本日ストップ高まで買われました。本日は新型コロナウイルス関連株は朝から結構まちまちとなっており、同社株は結構売られていました。しかし、11時過ぎにNHKニュースが、官房長官は新型コロナウイルスの治療法確立に向けて、抗HIV薬の臨床試験の早期開始に向けて準備を進めていると述べたと報じています。これがキッカケとなり、動意付きストップ高まで買われる動きになっています。同社はHIV治療薬の中間物を提供していることから、関連株として意識された様子です。超小型の貸借銘柄だけに物色が続くと面白いとの声も多いですが、新型コロナウイルス関連株自体の物色がそろそろ飽きられているだけに、物色は続き難いとの見方も少なくありません。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ