株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:[2158]FRONTEO

[3825]リミックスポイント 
[2部]業種:情報・通信業
終値201円/前日比+12円
▼クリックで株探ページ▼

暗号資産交換所「ビットポイント」運営。中古車売買やホテル、売電事業を展開。 ビットコイン価格が今週に入り50,000ドルを突破するなど上昇基調を強める中、本日11時30分頃、子会社ビットポイントジャパンが、新たに暗号資産「ADA(エイダコイン)」の取り扱いを開始したと発表しています。中古車売買も行っていることで、[7203]トヨタ自動車の大幅な生産調整で、中古車需要が一段と高まるとの思惑が物色人気の背景にあることも注目されます。



[1840]土屋HD 
[2部]業種:建設業
終値189円/前日比+23円
▼クリックで株探ページ▼

北海道地盤の住宅会社。在来工法でトップ。高断熱・高気密住宅に強み。 本日大幅高です。特に個別の材料は見当たりませんが、今朝の日経新聞で国交省は住宅の省エネルギー化を交付金で支援すると報じられており、戸建てやマンションの改修工事で断熱材などを活用する場合、費用の一部を自治体を通じて補助するとのことです。同社は断熱に優れた住宅を開発するなど関連事業も手掛けていることから、補助金による恩恵があるとの見方です。小型低位株ということも物色し易さに繋がっているようです。他には断熱材手掛ける[1429]日本アクアも報道に刺激を受け物色されています。明日も物色が続くか注目されます。



[6862]ミナトHD 
[JQ]業種:電気機器
終値451円/前日比+22円
▼クリックで株探ページ▼

産業用メモリ、ATM用タッチパネル、プログラム移植装置が主力。液晶検査装置も。 本日大きな窓を空けて3営業日続伸しました。同社は昨日引け後に自社株買いの実施を発表。上限を15万株(発行済み株数の1.93%)、または1億円としており、取得期間は8月24日から12月30日まで、株主への利益還元やM&Aにおける活用、取締役に対して交付する譲渡制限付株式への充当、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とすることなどを目的としています。本日の株価は寄り天で陰線を強いられており、75日移動平均線レベルを固められるかがポイントとなりそうです。



[2980]SRE HD 
[1部]業種:不動産業
終値6,840円/前日比+410円
▼クリックで株探ページ▼

ITテクノロジーとAI技術を基盤とした不動産事業。金融機関向けソリューション事業。 本日買い先行スタート後も上値追いが進み大幅続伸となりました。24日付の株式新聞Webで、見直しの流れが進むグロース株の有力銘柄の1つに挙げられています。PERが一見高い同社株ですが、「不動産テック」という成長性の大きい分野の有力企業であるだけに、寧ろ過小評価されていると同紙は指摘しました。同社株の他、ITインフラの構築や運用、保守を手掛ける[6199]セラク、中小企業向け助成金診断システム[6580]ライトアップを取り上げており、今回材料の相場についてはこれら動向を見ながらの投資になりそうです。



[7616]コロワイド 
[1部]業種:小売業
終値1,886円/前日比-212円
▼クリックで株探ページ▼

外食大手。居酒屋「甘太郎」中心に直営展開。傘下にレインズやカッパクリエなど。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に公募売出を発表。新株発行の公募は1000万株で、希薄化は13%超にもなります。需給悪化も警戒され、本日は大きく売られています。長引く緊急事態宣言を受け同社などは資金調達による財務強化は止むを得ないとも言え、何れはエクイティファイナンスを実施するとの見方も多かっただけにサプライズ感は乏しく、逆に買い場到来との声も聞かれました。同社株は優待人気が高い銘柄で、来月末の優待権利取りへ向け、狙っていた向きも多い様子です。公募イベントが終われば徐々に戻していくとの期待も強く、公募イベント中の安い場面は買い場になるとの見方もあります。公募イベントは最短で、9月1日に公募売出価格が決まれば、同9日が受渡日となります。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値1,490円/前日比+77円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日寄り付きに伴う商いが一巡したあとに商いを伴い急伸し、7営業日大幅続伸で連日の年初来高値更新となりました。同社は昨日引け後に、戦略アドバイザーである慶応義塾大学環境情報学部・手塚悟教授と共同で、機密情報の取り扱い・共有に関するセキュリティーガイドライン策定に向けた研究を開始したと発表。デジタル安全保障の推進に寄与することを目指すとしています。足元の上昇劇で日足ボリンジャーバンドがエクスパンションしており、バンドウォークに入れるかが目先の株価の焦点になります。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,628円/前日比+152円
▼クリックで株探ページ▼

飲食店出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。ZHD傘下。 本日大幅上昇です。同社は先週、株主優待制度の廃止を発表し、同社株は大きく売られましたが、その時の下落分を全て取り戻して更に上げている格好となっています。同社は昨日、大人気アニメ「進撃の巨人」とのコラボを発表しており、それが刺激になっているとの見方もありますが、ここまで買われる材料でもなく、そもそも「進撃の巨人」とのコラボは昨日の前場中に発表されていたことで、昨日の動きを見ても材料視した買いが入っている様子は見られていません。それだけに材料関係無く、強い買いが継続的に入っているとの声も聞かれました。株主優待廃止で個人投資家の資金が抜けた代わりに機関投資家の買いが入ってきたのではとの見方もあり、明日以降も強い動きを続けられるか注目されます。



[6495]宮入バルブ製作所 
[2部]業種:機械
終値139円/前日比+29円
▼クリックで株探ページ▼

LPG容器用バルブ大手。船舶用やLNG用も。燃料電池車・水素充填バルブも。 本日大幅高です。特に材料見当たりませんが、新型コロナウイルス感染者の在宅療養や酸素ステーション絡みで物色されているとの見方です。連日、医療用酸素などを手掛ける[4093]東邦アセチレンや[9818]大丸エナウィンが物色されており、同社株にも物色が波及してきたようです。酸素ボンベにもバルブは付いていることから、バルブ需要拡大との思惑のようです。実際的には特需があるとは思えませんが、小型低位株ということもあって、個人投資家の短期資金中心に物色資金が集まってきた様子です。やはり、バルブを手掛けている[6497]ハマイはストップ高まで買われました。何れも続く物色にはなり難いとの見方が多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値1,103円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2022年3月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比15倍の6.1億円に急拡大。併せて通期の同利益を従来予想の4.5億円から10.5億円へと2.3倍上方修正しました。また、期末一括配当を従来計画の3円から5円へと大幅増額修正しています。株価は7月以降、下値模索を強いられていたことで割安感も強く、目先は7月7日に付けた1,380円奪還へと向けた動きにあります。



[9127]玉井商船 
[2部]業種:海運業
終値2,829円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

日軽金のアルミニウム原料船が主体。全農向け穀物輸送にも強み。自社船運航。 本日4営業日連続のストップ高です。好決算を発表してからストップ高を続けている格好です。超小型株だけに物色に勢いが付いている状況ですが、同社株の強さを受け本日は他の海運株にも刺激を与えており、特に中小型海運株が軒並み派手に買われています。海運株だけでなく、造船株や倉庫株にも買われている銘柄が目立っています。先週金曜日場中に下方修正を発表した[9171]栗林商船まで買われており、ストップ高となっています。大手海運3社も確りと買われており、何れも年初来高値を更新しています。大手海運はともかく、海運株なら理屈抜きで買われており、さすがに物色が拡がり過ぎているとの声も聞かれました。同社株の上昇が止まれば、他の中小型海運株の物色も止まると警戒する声も聞かれています。



[7082]ジモティー 
[M]業種:サービス業
終値1,883円/前日比+130円
▼クリックで株探ページ▼

無料広告掲示板「ジモティー」の企画開発・運営。家具など個人間取引を仲介。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しています。同社は昨日引け後に第2四半期累計単独決算を発表。売上高が前年同期比14.9%増の8億200万円、営業利益は同76.9%増の2億9,200万円、純利益は同74.9%増の2億4,100万円と大幅増益となりました。前期第3四半期に開始したネット決済・配送代行の手数料売り上げのシェアが拡大していることに加え、広告単価が回復傾向にあることが貢献したようです。本日の株価は高寄り後に上影を残し大陰線を強いられており、目先は直近で切り返しをみせている5日移動平均線をサポートに出来るかが注目されます。



[6538]キャリアインデックス 
[1部]業種:サービス業
終値830円/前日比-150円
▼クリックで株探ページ▼

転職、専門学校などの情報を一括検索できるサイト運営。不動産賃貸情報も。 本日大幅安となり、ストップ安まで売られました。同社は先週末引け後に大幅増収増益の1Q決算を発表。更に通期業績は上方修正しています。これを受け昨日は一時大きく買われたものの、昨日ザラ場途中から突如売り圧力強まり、上げ幅を大きく縮小して引けていました。本日は大人しく始まるも寄り後は継続的に売りが出て下げていく展開となり、一時ストップ安まで売られています。その後は下げ渋るも戻りの鈍さも見られていました。出尽くし的な動きとの見方ですが、出尽くしにしては売り圧力が強いとの声も多いようです。誰かが売り急いでいるような動きとも言え、悪材料が隠れているのではとの懸念の声も聞かれました。明日の動向が注目されます。



[4399]くふうカンパニー 
[M]業種:情報・通信業
終値710円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

オウチーノとみんなのWが経営統合。住宅・結婚情報サイトや家計簿Zaimも運営。 本日大きく急伸して2連騰です。同社は先週末13日引け後に決算を発表。2021年9月期第3四半期累計の連結営業利益は前年同期比44.4%減の1億円に落ち込みましたが、通期の同利益を従来予想の3億円から3.04億円へと1.3%上方修正。上昇基調にあった株価に弾みが付き、本日も強い動きを継続して75日移動平均線をブレイクしました。引き続き買い優勢の展開に期待されますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、一旦調整入りも想定されます。



[4849]エン・ジャパン 
[1部]業種:サービス業
終値3,515円/前日比-310円
▼クリックで株探ページ▼

ネット求人大手でサイトを運営。転職情報に強み。広告が収入源。人材紹介育成。 本日大幅安です。同社は昨日大幅増益となる1Q決算を発表。市場コンセンサスはやや上回っています。SMBC日興証券では想定線ではありますが、順調なスタートと指摘しており、三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、国内の求人需要の強さが確認出来る好決算でポジティブだと指摘しています。ただ、本日好感する動きは見られず朝方から売られている格好です。出尽くし的に売られた格好ですが、中間・通期業績予想は据え置かれており、それが嫌気された面もあるようです。ただ、本日は3,400円処を走っている200日移動平均線では確りと下げ渋っており、押し目買いも入っています。この動きからも下値では買いたい向きも多い様子です。明日以降も底堅い推移を続けられるか注目されます。



[7072]インティメート・マージャー 
[M]業種:サービス業
終値1,059円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

フリークHDの子会社でデータマネジメントプラットフォームの提供やコンサルティングを手掛ける。 本日後場商いを伴って急伸し、ストップ高まで買われました。同社は本日、日本国内でサービス展開を検討している海外のマーケティングテクノロジー企業に向けたサービス、事例データ収集プラットフォーム「タメセル」の提供を開始したと発表。自社が保有する国内最大級の3rd Party DataやポストCookieソリューションである「IM-UID」と、自社が支援中の1000を超えるサービス導入企業に向けたサービス導入作業や導入後の定量分析など、日本国内への導入作業から検証までを一括サポートします。株価の中期目線での転換に注目が集まります。



[6034]MRT 
[M]業種:サービス業
終値1,617円/前日比+156円
▼クリックで株探ページ▼

非常勤医師紹介サイトを運営。スマホで可能な遠隔診療・健康相談サービスも提供。 本日大幅反発です。昨日は先週末に発表した決算が好感されて買われる場面も見られましたが、結局は出尽くし的に売られています。ウィズコロナ関連だけに業績ピーク感も強い様子です。しかし、本日は朝から反発しています。同社は昨日引け後に、TBC(Team Beat COVID-19)との往診サービスにおける業務連携を締結したと発表。両社が連携して今後増加が見込まれる新型コロナウイルス感染症陽性の自宅療養者に対し、安心して自宅で診療が受けられる環境を整備するとのことです。旬なネタだけに好材料視された様子です。また、今朝の日経新聞で、厚労省は新型コロナウイルスの自宅療養者らを電話やオンラインで診療した場合の診療報酬を2倍超に引き上げると自治体に通知したと報じられており、それも追い風になっているとの見方です。明日以降、高値を取ってくる動きになるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6067]インパクトHD 
[M]業種:サービス業
終値3,420円/前日比+504円
▼クリックで株探ページ▼

小売り、外食の覆面店舗調査や販売支援。電子看板で販促サービス、案内も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年12月期の業績予想は連結経常利益が前期比63倍の14.5億円を見込み、3期振りに過去最高益を更新する見通しを示しました。また、2021年12月期第2四半期累計の業績予想は連結経常利益が前年同期比3.9倍の5.5億円を見込みます。上昇基調にあった株価の刺激材料となり、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[7959]オリバー 
[1部]業種:その他製品
終値3,220円/前日比+500円
▼クリックで株探ページ▼

業務用インテリア大手。商業・公共施設向けなど。企画・納入・施工まで展開。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高の一本値となり、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、投資会社インテグラル傘下のNEXT-Oが、同社株の非公開化を目指して公開買い付けを行うと発表しました。買い付け価格は3,781円で、この公開買い付けはMBOの一環として同社取締役会の賛同の元、友好的に同社株の全てを取得するために実施されます。買い付け予定数は1020万7016株(下限618万6900株、上限設定なし)で、買い付け期間は6月23日から8月5日までとなり、株価は明日の完全合致が見込まれます。



[6882]三社電機製作所 
[2部]業種:電気機器
終値1,048円/前日比+83円
▼クリックで株探ページ▼

パナソニック系電源機器メーカー。金属表面処理用で首位。パワー半導体の需要に力。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。特に材料は出ていませんが、パワー半導体関連株の出遅れとして見直されてきたとの見方です。[6768]タムラ製作所が出資するノベルクリスタルテクノロジーが次世代パワー半導体材料の量産に世界で初めて成功したことを機に同関連株が足元で色々と買われており、相場を作っている銘柄も出てきています。それだけに関連株とも言える同社株にも遅れながらも見直し買いが入ってきたようです。続く物色にはなり難いとの見方も多いですが、次世代パワー半導体は今後も息の長いテーマとなる可能性があるだけに、何れまたテーマ株物色の流れで買われる場面は出てきそうです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値1,120円/前日比+94円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日買い先行スタート後に上値追いが本格化して急反発し、年初来高値を大幅に更新しました。同社は昨日引け後に、創薬支援AI「Cascade Eye」に関する国内特許査定を取得したことを発表しています。足元の株価は、週初21日まで10連騰と異彩の上昇パフォーマンスを発揮してきましたが、大台1,000円台乗せから更に上値指向を強め、ポイントとなる昨年6月高値1,056円を上抜けたことで一層上値が軽くなった印象を植え付けています。



[3842]ネクストジェン 
[JQG]業種:情報・通信業
終値1,470円/前日比+249円
▼クリックで株探ページ▼

次世代通信網の制御システム開発。保守やサポートも。5Gで協和エクシオと提携。 本日同社のソフトウェアSBC「NX-B5000 for Enterprise」が、米Zoomが提供するZoomPhoneと固定、携帯、IP電話サービスを接続するSBCとして認定されたことを発表。日本製SBCとして初の認定とのことで好材料視されました。一時ストップ高まで買われたものの、その後は上げ幅を縮小しています。米Zoom絡みの材料には今更感があるとの声も聞かれ、1年前なら物色が続く材料になった可能性もあったでしょう。ただ、好材料だと見る向きも多いようで、明日の動向が注目されます。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値341円/前日比+26円
▼クリックで株探ページ▼

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日大幅上昇です。ショート動画配信アプリ「Triller」を手掛ける米Trillerが7月にIPO申請をする準備を進めていると詳しい情報筋が述べていると、一部米紙で報じられており、刺激になっているとの見方です。同社は昨年、米Trillerへ出資していることから、IPOにより含み益拡大が期待されている様子です。実際にIPOを申請して承認され上場に至るのか不透明ながら、暫くは思惑的にイベントドリブンで買われ易い展開が続くのではと期待する声も聞かれました。明日以降も確りとした推移を続けられるか注目されます。



[3628]データホライゾン 
[M]業種:情報・通信業
終値4,760円/前日比+700円
▼クリックで株探ページ▼

医療情報サービスを展開。ジェネリック通知サービスが主力。保健事業支援も。 本日大幅ギャップアップスタート後も上値慕いとなり続急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、9月30日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表。投資単位当たりの投資金額を引き下げ、株式の流動性の向上および投資家層の拡大を図ることが目的とのことです。効力発生日は10月1日。本日の株価は後場寄り直後からストップ高に張り付き、14万株超の買いものを残して引けています。5月21日の戻り高値4,790円ブレイクからは加速も考えられる状況です。



[6305]日立建機 
[1部]業種:機械
終値3,510円/前日比+155円
▼クリックで株探ページ▼

総合建機大手。油圧ショベル世界シェア高、ICT化に強み。鉱山機械も拡大。 本日後場突如動意付き大幅高になっています。日経新聞電子版で、[6501]日立製作所は23日に都内で定時株主総会を開き、上場子会社の同社に関して、グループ内に取り込むか売却するかについて2021年度中に結論を出す方針を明らかにした、と報じられたのがキッカケの模様です。グループ内に取り込むなら完全子会社化することになり、プレミアムを付けてのTOBという期待で買われた模様です。売却する場合でも今までの流れから買い手がTOBにより全株取得しての上場廃止というシナリオが濃厚で、何れにせよプレミアムを付けてのTOBになるとの見方から買われたようです。ただ、未だ先の話になりそうなだけに思惑買いも続き難いとの見方が多いようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4662]フォーカスシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,050円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

独立系ソフト開発会社。官公庁などからの受託開発が主力。セキュリティーに強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、三次電池に関して特定の物質を電極に利用することで安定した電圧を繰り返し得ることに成功し、特許を出願したと発表。三次電池を起電力としたIoT機器を稼働させる実証実験などを進め、あらゆるデジタル機器に利用可能なコア技術の開発を目指すとしています。株価は年初来高値を更新し、新値追いが期待されます。



[7078]INCLUSIVE 
[M]業種:サービス業
終値1,451円/前日比+98円
▼クリックで株探ページ▼

メディア企業のネットサービス運営支援。企画、制作から収益化支援まで。 業種 本日久しぶりに派手に物色されており、一時ストップ高を付けています。同社は場中に各界の有識者が書き下ろすコンテンツをサブスクリプション形式で配信するニュースレターサービス「WISS」を7月1日にローンチすると発表。プレローンチとして、6月24日にサービスオープンを行い、堀江貴文氏のニュースレターの先行配信を開始するとのことで好材料視されています。同社株は4月に天井を付けたあとは大きく株価調整していただけに、見直し買いのキッカケになった様子です。これを機に再び上昇基調になってくるのではと期待する声も聞かれましたが、日柄調整がまだ足りず上値は重いと見る向きも多いようです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値936円/前日比+85円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日買い気配スタートから6連騰し、年初来高値を大幅に更新しました。同社は昨日引け後に、複雑なネットワーク上での株主間の影響力を持ち株比率から解析し、支配力の伝搬を把握するための「株主支配ネットワーク解析ソリューション」の提供を開始したと発表。経済安全保障に関わる国策や企業の事業/R&D戦略の策定のキーとなる解析を提供するソリューション群の第2弾として提供するとしています。次なる株価目標は、2020年6月高値1,056円ということになります。



[4880]セルソース 
[M]業種:医薬品
終値16,500円/前日比+3,000円
▼クリックで株探ページ▼

脂肪・血液由来の細胞加工など再生医療関連や化粧品の開発・販売。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、2021年10月期の単独業績予想について発表。売上高を25億3,900万円から前期比51.5%増の28億1,000万円へ、営業利益を5億7,300万円から同82.9%増の7億5,900万円へ、純利益を3億5,600万円から同73.0%増の4億7,400万へ上方修正しています。本日の株価は新値更新後も上値を追っており、青天井相場入りの可能性もありそうです。



[7033]マネジメントソリューションズ 
[1部]業種:サービス業
終値2,281円/前日比+197円
▼クリックで株探ページ▼

企業にプロジェクトマネジメント支援サービス提供。付帯する研修計画やテレワークでも。 業種 本日大幅上昇です。同社は昨日、前年同期比大幅増収で黒字転換となる2Q決算を発表。四半期ベースの2-4月期は前四半期の11-1月期比では大幅増収増益となっています。通期売上計画に対する2Q進捗率はほぼ例年通りですが、サプライズ感が乏しいとのことで、朝高後は売られる動きになっています。ただ、売り一巡後は確りと買われて大きく値を伸ばしています。同社は2Q見通しは出していませんが、決算説明資料によれば2Qまでの売上はほぼ計画通りながら、営業利益は計画を大幅に上回って着地したとのことです。また、この決算を受けいちよし証券が本日付けで強気レポートを出しており、それも追い風になったようです。同証券では、コンサルタントの採用が予想以上に順調と見られ、業績予想とフェアバリューを引き上げています。それにより投資判断は「A」継続でフェアバリューを3,300円まで引き上げました。明日以降上場来高値を取りに行けるか注目されます。



[2370]メディネット 
[M]業種:サービス業
終値88円/前日比+30円
▼クリックで株探ページ▼

東大医科研発のVB。医療機関にがん免疫細胞療法の総合提供サービス展開。 本日ストップ高まで買われました。同社は昨日、ヤンセンファーマと治験製品製造のための細胞調製に関する契約を締結したと発表。それ以外、詳細は一切書かれておらず取引先との契約上、現時点ではこれ以上の開示が出来ないとのことで、問い合わせても回答は出来ないとのことです。ただ、ヤンセンファーマは世界最大のトータルヘルスケアカンパニーで、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門とのことだけに、そことの契約締結だけに好材料視されているようです。低位株ということも短期資金集まり易かった様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。



[3461]パルマ 
[M]業種:不動産業
終値762円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

トランクルームの滞納保証が軸。レンタル施設の開発、運営、仲介も。ディア・ライフ系。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[6178]日本郵政グループの日本郵便輸送と取引開始で合意したと発表。日本郵便輸送の旧綾瀬北営業所跡地の有効活用のため、同社のネットワークを通じ、新しいアウトドアの生活スタイルを提案する拠点「AYASE AR GARAGE」として利用します。なお、2021年9月期業績への影響は軽微としています。株価は一時ストップ高を付けましたが、上昇幅を縮小して終えており、調整入りも想定されます。



[4934]プレミアアンチエイジング 
[M]業種:化学
終値13,640円/前日比-2,260円
▼クリックで株探ページ▼

「DUO」「CANADEL」シリーズなど基礎化粧品の製造・販売を手掛ける。 本日大幅安です。同社は昨日、3Q決算を発表。売上高は前年同期比で+63.1%、営業利益は前年同期比で+433.1%と大幅増収増益になっています。ただ、2-4月期は前四半期(11-1月期)比で4.4%増に留まり伸びが鈍化しており、2Q(11-1月期)決算の売上高伸び率は12.3%で、物足りないとの見方が多い様子です。それに通期業績は据え置かれており、上方修正期待が強かっただけに失望されています。4Qにはカナデルおよび中国子会社への広告投資を予定しているため、通期業績は据え置いたとのことです。株価は高値圏にあったということもあり、本日の下落はやむを得ませんが、更に売られれば中長期資金が買いに来るとの声も聞かれました。目先どこで下げ止まれるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値797円/前日比+65円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反騰しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期決算を発表。売上高は前期比微減となる103億7,000万円だったものの、営業損益は前期の8億4,400万円の赤字から5億700万円の黒字と急改善しました。更に、2022年3月期の営業利益は前期比18%増の6億円と2桁成長を予想し、年間配当も3期ぶりに3円復配を見込んでいます。本日の株価は、25日・75日両主要移動平均線を明確にブレイクしており、中長期目線でも重要な局面を迎えています。



[4180]Appier Group 
[M]業種:情報・通信業
終値1,681円/前日比+63円
▼クリックで株探ページ▼

企業の経営課題の解決を支援するAI搭載のプラットフォームを提供する。 本日続伸です。直近IPOで足元は公開価格1,600円を割り込んでいたものの、昨日公開価格を回復していました。本日はSMBC日興証券が同社株を新規「1」、目標株価2,100円でカバレッジを開始したことが好感され買われています。ただ、上値の重さも見られており、同証券は同社の主幹事ということもあり、少なからず忖度もあるのではとの見方もある様子です。それに目標株価2,100円という水準も上場後に付けていた水準だけに、魅力もそれ程感じられず微妙との声も聞かれました。しかし、本日提出された大量保有報告書によれば、キャピタルリサーチが同社株を6.04%保有していることが明らかになっており、下げれば買いたい向きは多いのではとの声も聞かれました。



[2152]幼児活動研究会 
[JQ]業種:サービス業
終値1,344円/前日比+276円
▼クリックで株探ページ▼

幼稚園・保育園で幼児体育指導。独自教育プログラムを普及へ。園経営コンサルも。 本日前場10時過ぎから商いを伴い急伸し、大幅反発しました。子どもに関する政策を一元化する「こども庁」の創設について、「主務大臣を置いて強い権限を与えるとともに、関連予算を一元化し、GDPの3%台半ばの規模に倍増させる」との提言案を自民党の勉強会がまとめたと報道されています。本日の大幅高で株価は、直近レンジを上放れ先週の急落分までも取り戻しましたが、目先は引き続き戻り売りとの鬩ぎ合いになります。



[6998]日本タングステン 
[2部]業種:電気機器
終値2,019円/前日比+192円
▼クリックで株探ページ▼

タングステンとモリブデンの加工業。粉末冶金で電極・半導体部品の製造販売。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比4.2%減の6.4億円になりましたが、2022年3月期は前期比33.7%増の8.6億円に拡大する見通しです。また、今期の年間配当は前期比40円増の80円に大幅増配する方針を示しました。これを受けて株価は2,000円大台乗せとなりましたが、戻り圧力の高まりも感じられ、慎重に動きを見たい処です。



[6575]ヒューマン・アソシエイツHD 
[M]業種:サービス業
終値705円/前日比+45円
▼クリックで株探ページ▼

ミドルマネジメント層の人材紹介や従業員のメンタルヘルスケアや人材育成を手掛ける。 本日買い気配スタート後も上値追いが進み続急伸し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、3ヵ年の中期経営計画を発表。最終年度となる2024年3月期の連結営業損益目標を5億円の黒字(2021年3月期実績は5,900万円の赤字)としています。既存事業の拡充や新たな事業の確立を図り、戦略人事の総合サポーターとして更なる成長を目指すとしています。本日の株価は高寄り後上下に影を引くも陽線で終えており、1月から2月に上値抵抗となった705円処が固まれば新展開入りとなります。



[6620]宮越HD 
[1部]業種:電気機器
終値1,015円/前日比+78円
▼クリックで株探ページ▼

中国での不動産賃貸が主力。家電事業から撤退。深センの再開発に期待。 本日一時ストップ高を付けました。同社は本日11時15分に本日開催の取締役会において、中国・深セン市で進めている「ワールドイノベーションセンター」プロジェクトについて開発意向の申請書を同市福田区の現地当局に提出することを決議し、本日提出して申請書は同日午前受理されたと発表。この発表を受け深セン再開発プロジェクトへの期待が再燃した格好です。同社株はこのプロジェクトへの期待から今年に入って3月まで思惑的に相場を作っていたものの、東洋経済オンラインが、『「深セン再開発」への疑問』と題した記事を掲載したことを機に疑心暗鬼から思惑相場が終わっていました。今回実際に申請書を提出し受理されたと発表したことで、改めて期待感が出てきた様子です。再び思惑相場を作ってくるか来週の動向が注目されますが、一度抱かれた疑心暗鬼は早々には消えないとの声も聞かれました。



[4502]武田薬品工業 
[1部]業種:医薬品
終値3,815円/前日比+54円
▼クリックで株探ページ▼

製薬トップ。シャイアー買収で世界大手。医療用医薬品に力。がん新薬開発強化。 本日確りで、後場中頃から動意付いています。日経新聞電子版で、米バイオ製薬モデルナが、21日に日本で承認された同社製の新型コロナワクチンについて、日本国内での生産を検討していることが分かったと報じられたことがキッカケです。日本国内での生産については、日本企業との委託契約やライセンス契約をする可能性があるとのことで、モデルナ製ワクチンの国内供給を担う同社と契約する公算が大きいとの見方に繋がっています。なお、同社へ新型コロナワクチンを保管・運搬する超低温冷凍庫「ディープフリーザー」を納入している[6897]ツインバード工業も恩恵を受けるのではとの思惑で、少し遅れて動意付いたものの、買いも続かず上値も限定的で結局往って来いとなっています。



[6198]キャリア 
[M]業種:サービス業
終値609円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

シニア人材活用、派遣・紹介。介護施設等へ看護・介護士の派遣・紹介。 本日大幅上昇となり、ストップ高を付けています。本日から信用取引の増担保規制が入っており、それが重しとなって前場は軟調気味でした。しかし、後場から物色される展開になっています。昼過ぎに日経新聞電子版で、東京都の小池百合子知事は21日、新型コロナウイルスのワクチン接種で、都独自の大規模会場を設置する方針を示したと報じたことが刺激になっているとの見方です。同社は来週24日から東京と大阪で開設される大規模ワクチン接種センターに看護師200人派遣することから、更なる受注が期待出来るとの思惑から後場買われた様子です。それに加え24日の大規模ワクチン接種センター開設へ向けたイベントドリブン的な動きもあるのではと見られています。週明けは出尽く し警戒もあるものの、本日の報道から都独自の大規模会場設置への期待も出てきたことから、思惑相場は来週も続くと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6694]ズーム 
[JQ]業種:電気機器
終値2,328円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

ハンディレコーダー、マルチエフェクターなど音響機器の開発・販売。ファブレスメーカー。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期の連結経常利益は前期比40.6%増の4.4億円に伸び、減益予想から一転して増益で着地しました。また、前期の年間配当を40円から62円に増額し、今期も前期比5円増の67円に増配する方針を示しました。これを受けて大きく買いが向かっていますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[2986]LA HD 
[JQG]業種:不動産業
終値967円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

中古マンションの改装・販売や不動産管理が収益柱。ラ・アトレが株式移転で設立。 本日ストップ高を付けて上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期の連結経常利益は前期比51.9%減の9.7億円に落ち込みましたが、2021年12月期は前期比94.3%増の19億円にV字回復する見通しとなりました。また、従来未定としていた前期の期末一括配当を43円実施することも示しました。株価は1,000円大台乗せ目前ですが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、慎重に動きを見たい処です。



[8254]さいか屋 
[2部]業種:小売業
終値325円/前日比+63円
▼クリックで株探ページ▼

神奈川地盤の百貨店老舗。藤沢店が主力。横須賀も閉店へ。町田はテナント店。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われる場面も見られました。昨晩の日経新聞電子版では、神奈川県横須賀市は新型コロナワクチンの接種体制を発表したと報じられており、個別接種を中心に横須賀アリーナと同社に集団接種会場を設けるとのことです。また、接種済みの証明書で市内店舗の割引サービスなど何らかの特典を受けられるようにするとのことで、これを受け同社には追い風になるとの見方に繋がり、本日は買い材料視されています。値動きの軽い超小型株ということもあって短期資金による物色材料にされた面もある様子です。それだけにストップ高まで買われたあとは、上げ幅を縮小する動きになっています。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値782円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日大幅買い気配スタートからの一段高で急反発し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年4-12月期決算を発表。営業損益が前年同期9億700万円の赤字から6,500万円と黒字に転換しました。同社独自開発のAIエンジン「KIBIT」を活用したレビューの受注が着実に積み上がり収益に反映されています。株価は2月入りより5日移動平均線をサポートラインにジリ高歩調を続けてきましたが、本日は更に上げ足を一気に加速させ、1月20日の直近高値730円をもクリアしてきました。過去に商いを熟した800円処の売りを払えれば新展開に入ります。



[4449]ギフティ 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,410円/前日比+335円
▼クリックで株探ページ▼

電子チケット・クーポン、各種eギフトサービスの企画・開発。発券・流通管理まで一貫。 本日大幅続伸となり、昨年9月以来となる上場来高値を更新しています。引き続き先週末に発表された本決算を好感した動きとなっています。今期見通しは大幅増収ながらも利益面は前期からほぼ横這いとなっているものの、足元で流通額が急増していることが好感されています。10-12月期の四半期ベースでは前年同期比+61.2%と急増しており、今期は流通額約50%成長を目指すとのことです。利益面は人件費・採用費、広告宣伝費の増加に加え、完全子会社化による暖簾償却費などが圧迫するものの、流通額の急拡大が続いている以上、期待は続くとの見方が多いようです。なお、この決算を受け大和証券が同社の業績予想を見直して目標株価を引き上げており、本日はそれも追い風になっている面もある様子です。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値978円/前日比+30円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日一時1,000円の大台に乗せる場面も見られました。ビットコインの上昇を受けて強い相場を作っていますが、同社株は昨日まで10連騰している状況だけに本日は売られて朝方は安くなっていたものの、前場中頃にはプラスに転じて後場には一段高になっています。ビットコインが更に上昇してきたことが刺激になった面もありますが、継続的な強い買いが同社株には入っているとの声も聞かれました。ただ、大台乗せ後は達成感からか利食い売り優勢の動きとなっており、上げ幅を縮小する動きになっています。しかし、売り一巡後は再び大台まで戻す場面も見られるなど買い意欲は強いだけに単に短期資金による買いだけではないとの見方もあります。明日以降も強い動きが続くのか注目されます。



[6172]メタップス 
[M]業種:サービス業
終値1,157円/前日比+131円
▼クリックで株探ページ▼

アプリの収益化支援やネット決済代行が軸。仮想通貨・ブロックチェーン関連に注力。 本日買い先行スタートからの一段高で3営業日ぶりに大幅反発しました。15日付の変更報告書で、[8473]SBI HD傘下のSBI証券が同社株の保有割合を従来の7.56%から12.40%に増やしたことが明らかになっています。共同保有するレオス・キャピタルワークスは1.66%の保有割合を維持しており、両社合計で14.06%となります。昨日までの続落を受けて押し目買いが入り易かった処からの急反発で、目先の株価は昨年来高値1,209円を目指すことになります。



[8086]ニプロ 
[1部]業種:精密機器
終値1,419円/前日比+118円
▼クリックで株探ページ▼

使い捨て医療器具大手。人工腎臓に強み。後発医薬品、受託を強化。 本日大幅高となり、昨年3月末に付けていた昨年来高値を久々に更新しています。昨晩、NHKニュースがファイザーの新型コロナワクチン向けに厚労省は国内の医療機器メーカーに、6回採取出来る特殊な注射器の増産を要請しており、同社は要請を受けてタイにある工場で増産すると報じられています。ただ、体制が整うには早くても4~5ヵ月掛かる見通しとのことです。これが好感されて買われているようですが、既に日曜日の日経新聞が報じており、昨日も同社株は買われていました。ただ、本日は昨日以上に買われており、小型株でもないだけに続く物色にはなり難いとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2342]トランスジェニック 
[M]業種:サービス業
終値549円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

熊本大発のVB。マウス使った遺伝子解析に強み。研究用マウス作製技術で優位性。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の4億円から7.5億円に87.5%上方修正しました。PCR検査の受託件数が想定より大きく伸長した他、創薬支援事業も順調に受注を伸ばしたことが主因です。株価は12月28日の594円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,320円/前日比-300円
▼クリックで株探ページ▼

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 本日大幅安です。今朝の日経新聞では、同社が成長の3本柱に掲げる米国事業で思わぬ逆風に見舞われていると報じられています。新型コロナウイルス感染拡大当初は買い手と売り手のマッチングに配送も加えた利便性の高さで支持を集めて流通総額が拡大し、悲願の黒字化が見え始めた矢先でしたが、ライバルも相次ぎ配送サービスを強化し、競争の激しい「レッドオーシャン」が広がってしまったとのことです。例年、特に年末商戦の10-12月期は流通総額が拡大し易いものの、アプリの利用データから分析した処、流通総額が伸び悩んでいる可能性が浮かび上がっているとのことです。アプリの利用データとの相関関係は絶対ではありませんが、米国事業への期待が強かっただけに、本日は失望された模様です。同社は2月4日に10-12月期決算発表を予定していますが、実際に米国での流通総額が伸び悩んでいるか注目されます。



[6662]ユビテック 
[JQ]業種:電気機器
終値350円/前日比+75円
▼クリックで株探ページ▼

オリックス系。ATM紙幣鑑別センサーとカーリース車載機器、工場管理など、IoTに集中。 本日買い気配スタート後に本格的な上値追いが見られ急反騰し、一時ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、工場設備リアルタイム監視システム「D-COLLECT」に、AI解析により製品不良要因を特定する機能を追加し、製品不良改善サービスへ刷新したと発表。また、工場や工事現場などで働く作業者の安全を見守る安全衛生支援サービス「Work Mate」に、新たに熱中症予兆検知機能を追加することも示しています。1年前の昨年来高値312円に急接近しており、明日は更新したあとの反応が注目されます。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値665円/前日比+56円
▼クリックで株探ページ▼

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、東京都から第一種医療機器製造販売業許可を取得したと発表。国内初の言語系AI医療機器のワンストップモデルが構築出来るとしています。世界初の会話型認知症診断支援AIシステムの臨床試験開始を目指し、医療機器とした同システムの製造販売に向けて本格始動するとしています。これを好感視する形で買いが流入してますが、75日移動平均線をブレイク出来るかどうかで今後の方向性が決まりそうです。



[4165]プレイド 
[M]業種:情報・通信業
終値4,355円/前日比+640円
▼クリックで株探ページ▼

クラウド型CX(顧客体験)プラットフォーム「KARTE」の提供を手掛ける。 本日大幅続伸となり、上場来高値を更新して一時ストップ高を付けています。日経新聞電子版では、「新興、海外マネーで育つ 上場前から投資家と関係構築」との記事で海外調達比率8割の同社が市場関係者の注目を集めたと報じられています。同社は資金の大半を米国を含む海外市場で調達しており、上場時の想定時価総額が500億円程度の企業では異例の割合だとのことです。この記事が刺激となり、本日は見直すキッカケになったとの見方です。また、同社は上場して1ヵ月経過したことから、幹事証券による強気レポートが出てくるのではとの期待も強く、本日早速、主幹事証券の1社であるメリルリンチ証券がカバレッジを開始しています。ただ、新規「中立」で目標株価は3,900円と時価は既に上回っています。先ずはもう1社の主幹事であるみずほ証券がカバレッジを開始するか注目されます。



[7003]三井E&S HD 
[1部]業種:輸送用機器
終値437円/前日比+53円
▼クリックで株探ページ▼

造船、重機大手。船舶ディーゼルで首位。傘下に三井海洋開発、加地テック。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き大幅反発しました。同社は千葉工場で建造していたシンガポールのオーシャン・ジェイド社向け87000重量トン型ばら積み貨物運搬船「オーシャン ジェイド」が完成し、引き渡しを行なったと発表しました。また、南鳥島周辺の海底に埋蔵されるレアメタルについて、政府が採掘の商業化を進める方針と前日に伝わっています。株価は昨年7月以降中期でなべ底を形成してきましたが、本日の株価大幅高で26週移動平均線を明確に上放れてきており、中期での反発トレンド入りが期待される局面です。



[4443]Sansan 
[M]業種:情報・通信業
終値9,580円/前日比+570円
▼クリックで株探ページ▼

名刺管理サービス最大手。個人向けアプリ「Eight」、法人向けクラウド「Sansan」。 本日大幅続伸となり、連日で上場来高値を更新しています。先週14日に発表した中間決算と東証1部への市場変更承認をキッカケに、連日買われている格好です。本日はアナリストから強気なレポートが相次いでおり、改めて見直されている模様です。野村證券はその決算を受けて業績予想を上方修正し、投資判断「Buy」継続で目標株価を従来の8,400円から10,800円まで大きく引き上げています。更に岩井コスモ証券が、やはり決算を受けて投資判断「A」継続で、目標株価を9,000円から11,000円まで引き上げています。何れの目標株価も大台越えとなっていることから、一先ずは大台が意識されそうです。明日にも大台を達成してくるか注目されます。



[1447]ITbook HD 
[M]業種:建設業
終値522円/前日比+21円
▼クリックで株探ページ▼

地盤調査改良とITコンサルが主力。ITbookとサムシングが経営統合。官公庁に強み。 本日後場13時頃から動意付き、一時550円台まで派手に物色される場面も見られました。本日13時に日経新聞電子版で、平井卓也デジタル改革相は19日の閣議後の記者会見で、新型コロナワクチンの接種管理にマイナンバーを活用すべきだと主張したと報じたことがキッカケとなっています。同社株はマイナンバー関連材料で、いつも動意付くことから短期資金による物色材料になった格好です。ただ、同社は300万株分の新株予約権発行したばかりで、上げた処では新株予約権行使による売りが重しとなり易く、行使が進むことにはなるものの、上値の重しにもなり易く、結局上げ幅を縮小しています。その他、[6888]アクモス、[3910]エムケイシステム、[3753]フライトHDなども関連株として買われた模様です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3987]エコモット 
[M]業種:情報・通信業
終値1,124円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

IoTソリューションの企画や端末の製造。クラウドサービスの運用。センサー技術に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、5Gの普及を見据えた新世代データ基盤を開発したと発表。応答性や映像品質の向上によるユーザー体験全般の大幅な改善に加え、5Gでの接続を前提とする将来の機能拡張などの特徴を持ちます。株価は10月14日の1,225円を付けた翌日の15日に好決算を発表しましたが、出尽くし感から大きく売り込まれていました。ただ、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値4,805円/前日比+610円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、[9843]ニトリHDが同社の買収を検討していることが分かったと報じています。同社株は既にDCM HDが1株4,200円でTOBを実施している最中で、同社の経営陣はDCM HDの買収提案に賛同しています。この報道を受けニトリHDが更に高い価格でTOBをしてくるとの期待から買われています。場合によってはTOB合戦に発展する可能性もあるのではとの見方です。ただ、実際にニトリHDがTOBに踏み切るかは不透明であり、同社の経営陣が賛同しなければ、ニトリHDは手を引く可能性もあるのではとの声も聞かれました。DCM HDのTOB価格4,200円はPBR1倍割れ水準ということもあって、安過ぎるとの声も多く、ニトリHDがTOBを実施するなら最低でもPBR1倍水準にはなるとの見方です。なお、同社の2020年8月末時点の1株当たり純資産は4,661.36円となっています。



[7045]ツクイスタッフ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,652円/前日比+202円
Yahooの株価リンクはこちら

ツクイ子会社で介護・医療に特化した人材サービス事業。派遣、紹介、研修など。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の2,400万円から7,100万円に3.0倍上方修正。改正労働者派遣法の影響が想定より限定的だった他、派遣スタッフ数や派遣単価が計画を上回って推移しました。これを刺激材料に、2,000円大台乗せが期待される処ではありますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値805円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、同社は来年初めにも患者が話す言葉からAIで認知症の有無を判定するシステムの臨床試験を始めると報じられています。言語を解析する新たな診断手法を用いることで、5〜10分程度の会話から1分以内に認知症かどうかを判定するとのことで、医療機器として2022年の発売を目指すとのことです。同社はこの診断支援システムについてこの程、日本マイクロソフトと提携したとも書かれており、材料視されています。10時には「日本マイクロソフトと高齢化社会における医療のデジタルトランスフォーメーションを目指し協業を開始」と正式発表すると一段高となり、一時ストップ高まで買われました。明日以降も物色が続くか注目されます。



[9267]Genky DrugStores 
[1部]業種:小売業
終値4,285円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

福井を中心にドラッグストア展開。北陸・東海に集中出店。低価格路線、食品も 本日売り先行で始まるも即切り返して大幅高となり、年初来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、2021年6月期連結業績予想について発表。営業利益を50億円から前期比33.6%増の58億円へ、純利益を35億円から同48.8%増の41億円へ上方修正しました。売上高は従来見通しを据え置いたものの、全社的なコストコントロールにより、販管費抑制に成功していることが要因としています。株価は今まで上限とされていたレベルを一気に上放れており、新展開入りも見込まれます。



[2987]タスキ 
[M]業種:不動産業
終値3,390円/前日比+570円
Yahooの株価リンクはこちら

新築投資用IoTレジデンスの企画、開発、販売やコンサルティングなどを手掛ける。 本日買い気配で寄り付いたあとに商いを伴い急伸し、大幅反発しています。同社は昨日引け後に、オンライン完結型の不動産投資型クラウドファンディングサイト「タスキFunds(ファンズ)」で、会員登録の受付を開始したと発表しました。同社株は10月2日にマザーズ市場に上場し、6日に5,060円で初値を形成。同日にストップ高の6,060円に上昇しましたが、その後は過熱感から売りが優勢となり、19日には3,125円に下落していました。高値から半値近くまで下落したことで調整一巡感が台頭していたことも本日の大幅高に繋がったのでしょう。目先戻りの継続性が試されます。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値2,286円/前日比-204円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日大幅続落となり、時価総額1,000億円割れとなっています。同社は先週末にF351の第2相臨床試験の完了を踏まえた今後の戦略的方向性について発表してから、株価は4,000円近くから2,000円近くまで下落している状況です。次の段階に進むのが来年4月以降になると示されたことで、見切り売りが出ている格好ですが、信用買い残も多い銘柄だけに需給の悪さから下落が止まらない状況になっています。人気株だけに下げ過程で押し目買いやリバウンド狙いの短期資金の買いは入っているものの、下げ止まらないことで、そういった向きの投げも出ている格好です。ここまで来れば2,000円が下値目途になりそうだとの見方も増えています。その水準には200日線も走っており、買いも入り易い処ですが、その辺を狙っている向きも多いことが想定されるだけに、そこまで下がらないとの見方も多い模様です。逆に2,000円でも下げ止まらず更に下げる展開もあるのではとの声も聞かれました。



[7779]CYBERDYNE 
[M]業種:精密機器
終値747円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日大幅高となりストップ高まで買われています。同社は昨日、HAL医療用下肢タイプについて台湾当局より医療機器の承認取得したと発表。同社は日本や米国、EUに加えてアジア太平洋州での展開を進めており、10月15日には豪州当局より医療機器承認を取得したと発表していました。その時は全く材料視されておらず今回も目新しい材料ではないとの声も聞かれましたが、本日は派手に買われています。相次ぐ承認を受けて海外展開が一段と加速するとの見方に繋がり、改めて先行き期待から見直し買いが入ってきた模様です。また、高値を取ってきたことで短期資金も集まってきた様子で、明日以降も物色が続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6166]中村超硬 
[M]業種:機械
終値1,061円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽光パネル、ウエハなど切断用ダイヤモンドワイヤ大手。ゼオライトナノ粒子の事業化へ。 本日大きな窓を空けて6営業日大幅続伸で、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、東京証券取引所が同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2019年3月期に債務超過となったことで猶予期間入り銘柄となっていましたが、2020年3月期に債務超過を解消したことで解除したとしています。本日の大幅高で株価は5月19日の年初来高値1,199円を視界に捉えており、明日寄り後の動向に注目が集まります。



[3189]ANAP 
[JQ]業種:小売業
終値1,033円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

10-20歳代の女性向けカジュアル衣料・雑貨を製造販売。ネット通販の比率高い。 本日ストップ高の一本値で年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、子会社ANAPラボが人工知能を活用して解析し、自動的に人物画像/動画を切り抜くシステム「Lab pick(ラボピック)」を開発したと発表。雑誌、新聞紙面の作成時やECサイトで使用する画像背景の変更などで必須となる画像編集の際のトリミング作業をAIで自動化できるようになり、作業効率を大幅に向上させるとしています。差し引き134万株超の買いものを残しており、株価はシコリの少ないゾーンを駆け上がりそうです。



[7545]西松屋チェーン 
[1部]業種:小売業
終値1,216円/前日比+96円
Yahooの株価リンクはこちら

ベビー・子供用品専門店を全国展開。低価格戦略で、PB商品も充実。 本日大幅上昇となり、連日で年初来高値を更新しています。足下は大幅増益の1Q決算と中間・通期業績の上方修正を好感して買われていました。昨日は、6月度の月次売上高を発表しており、既存店売上高は前年同月比33.8%増と前月より大きく伸び、今期最大の伸び率になっています。夏物衣料が極めて好調で、ベビー・マタニティや育児・服飾雑貨の売上高も前年を大きく上回ったとのことです。既に先日発表の上方修正にある程度織り込まれている面もありますが、本日は改めて買われています。1Qの数字からも中間・通期業績予想は保守的と言え、更なる上方修正必至との見方が昨日の月次で一段と強まった様子です。



[1419]タマホーム 
[1部]業種:建設業
終値1,361円/前日比+94円
Yahooの株価リンクはこちら

注文住宅会社。低価格で建築請負。積極営業、マンション事業やリホーム事業も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2020年5月期の連結経常利益を従来予想の90億円から97億円に7.8%上方修正し、増益率が29.4%増から39.5%増に拡大と従来の2期連続での過去最高益予想を更に上乗せしました。コロナ禍で、2月に続く上方修正が好感視される形で買いが流入しています。引き続き買い優勢との見方が強く、5月26日に付けた1,498円を目指す動きにあります。



[1447]ITbook HD 
[M]業種:建設業
終値799円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

地盤調査改良とITコンサルが主力。ITbookとサムシングが経営統合。官公庁に強み。 本日ストップ高を付けています。足下では、同社も参加するコンソーシアムが水陸両用車の自動運転実験を行うことが報じられ、その後同社がその無人運航船実証実験プロジェクトの内容に関して、7月3日に共同記者会見すると発表したことで、思惑的に買われていました。本日は反落していたものの、11時前に日経新聞電子版が、政府は運転免許証など国家資格証のデジタル化やマイナンバーカードとの一体化を検討すると報じたことを機に物色され、ストップ高まで買われました。マイナンバー関連として今まで何度も物色された経緯がある銘柄だけに、マイナンバー絡みの材料が出てくれば物色され易い銘柄と言えます。同社のストップ高に刺激を受け、やはりマイナンバー関連として[9758]ジャパンシステムも後場に一段高となっています。



[3782]ディー・ディー・エス 
[M]業種:情報・通信業
終値308円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら

指紋認証ソフト・機器の開発会社。独自の技術に強み。認証標準化を推進。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、指紋認証などに対応した「万能認証基盤Themis」で教育機関の教職員や児童生徒を対象とした「Themisスクールパック」を商品化し、提供開始すると発表しました。これを材料視する買いを呼び込む格好となっており、年初来高値の348円突破も意識される展開です。ただ、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されますので注意が必要です。



[6597]HPCシステムズ 
[M]業種:電気機器
終値2,882円/前日比+252円
Yahooの株価リンクはこちら

科学・工学向け高性能コンピュータのソリューション提供。科学機器のアズワンと提携。 本日大幅上昇です。スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキングが昨日公表され、理化学研究所と富士通が開発した「富岳」が首位を獲得したと今朝の日経新聞などで報じられています。同社は「富岳」のクラウド的利用プロジェクトの共同研究パートナーの1社だけに関連株として物色された様子です。また、「富岳」の研究グループの一社である[3687]フィックスターズも買われました。ただ、何れも業績への直接的な影響は無いと思われ買いも続かないとの見方も多いようです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値880円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大幅上昇です。同社は11時に慶大医学部と共同で研究している認知症診断支援AIシステムに関する特許査定通知を日本特許庁より受領したと発表。このAIシステムは、これまで専門医でなければ難しいとされていた認知症の診断を自然な日常会話から短時間で行うことが出来る日本初のシステムだとのことです。このシステムの実用化により、医師と直接面会出来ないような状況下での認知症診断支援が可能になるだけでなく、時間・場所などに制限されないという特性から、今後超高齢化社会を迎える日本において遠隔医療や医療の効率化など、より幅広い用途への応用も考えられます。これが好感され買われました。同社株は本日、信用取引の増担保規制解除条件を満たす見込みでしたが、大幅高してしまったため、条件満たさずとなりました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3195]ジェネレーションパス 
[M]業種:小売業
終値654円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット通販サイト「リコメン堂」を運営。通販モールに店舗。製造子会社をベトナムに設立。 本日寄り前から大量の買いものを集め急反騰し、ストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に5月度月次を発表。売上高は前年同月比53.1%増の12億3,100万円と高成長が続き、単月として過去最高の売上高となったことが好感されています。同社は、インテリアや家具、生活雑貨などを販売するインターネット通販サイト「リコメン堂」を展開しています。明日、無難に5月15日と一昨日に天井となった675円レベルを更新すれば、いよいよ年初の758円が見えてきます。



[4588]オンコリスバイオファーマ 
[M]業種:医薬品
終値2,317円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

創薬ベンチャー。希少がんや重症感染症などに主眼。独自のウイルス技術を活用。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、核酸系逆転写酵素阻害剤OBP-601に関して、米Transposon社と主に神経領域の開発に対して総額3億ドル(約330億円)以上の全世界における再許諾権付き独占的ライセンス契約を締結したと発表。本契約の契約一時金は、Transposon社が2021年春を目途に完了させる資金調達後に受領するとのことで、上市後の売上高に応じたロイヤリティ収入も別途受領するとのことです。金額のインパクトが大きいだけに好感されたものの、米Transposon社は昨年12月に設立された資本金10万円の企業だけに、そんな多額の資金調達が出来るのか疑問との声も聞かれました。ただ、暫くは期待は消えないため、これを機に一相場作りそうだと期待する向きも多いようです。



[2176]イナリサーチ 
[JQ]業種:サービス業
終値788円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

医薬品非臨床試験受託が主力。猿での試験に強み。国内外から受託。 本日ストップ高を付けました。今朝、国内代理店となっているSR(米サウザン・リサーチ・インスティテュー)社が日本でも新型コロナウイルスのワクチンおよび治療薬開発を支援する受託試験サービスを行うと発表したことで、資金が流入ました。世界的にも数少ない感染症分野の試験を得意とするSR社の積極的な活用を推奨するとしています。株価はパンデミック相場以前の水準まで戻りを見せたあと横這いの展開が続いていましたが、新たなトレンド形成が期待されます。



[3856]Abalance 
[2部]業種:電気機器
終値722円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

創業のソフト開発から主力を太陽光発電事業にシフト。建機販売も。海外進出。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、グループ企業の日本光触媒センターが、感染症対策事業「光触媒ライフ」を展開すると共にFCフランチャイズ加盟、代理店募集を合わせて開始すると発表。新型コロナウイルス感染症第2波が懸念される中、今後の量産や販路拡大を見据えて立ち上げるとしており、投資マネーの食指を動かしています。株価は直近高値の732円をブレイクし、3月に付けた890円を目指す動きにあります。



[6192]ハイアス・アンド・カンパニー 
[M]業種:サービス業
終値240円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

工務店へコンサル。住宅施工ノウハウやビジネスモデルを提案。デザイナーズ注文住宅も。本日大幅上昇となりストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に中期経営計画策定を発表。2023年4月には営業利益10億円超を目指すとのことです。2020年4月期実績は1.9憶円だっただけに、3年で5倍超にする計算となります。同社は先週末に本決算を発表しており、今期である2021年4月期見通し大幅増益計画ですが、四季報予測には全く届かず昨日は失望されて売られていました。それだけに強気な中期経営計画策定で本日は見直し買いに繋がっています。ただ、同社は前期期初計画から2度も下方修正した経緯があるだけに過度な期待は禁物との声も聞かれました。



[4764]SAMURAI&J PARTNERS 
[GQG]業種:情報・通信業
終値124円/前日比+15円
Yahooの株価リンクはこちら

情報システム設計が主力。画像・動画処理も。金融・投資事業に注力。本日大きな窓を空けて4営業日ぶりに大幅反発し、年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、クラウドファンディングの新サービスを開始することを発表。「SAMURAI FUND Lite」というサービスサイトを立ち上げ、投資の体験版という位置付けの基で投資未経験の人でも気軽に参加可能な形態であることが特長とのことです。株価は100円近辺と低位に位置していたこともあり、25日線タッチを合図に値幅取りを狙った資金が集中しましたが、本日は長い上影を残して陰線を引いており、目先荒い値動きになりそうです。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値779円/前日比+81円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。本日大幅上昇です。同社は14時に弁護士やリーガルテック分野の専門家・有識者による情報発信サイトを開設したと発表。日本国内の法律事務所は元より、これまでの国際訴訟支援で培った海外の法律事務所とのネットワークを活かし、国内外で広く活躍する弁護士やリーガルテック分野の専門家および有識者による動画を中心とした情報発信を行っていくとのことです。新たな事業で将来的に収益に繋がる事業になっていくのではとの期待もあるようで、発表後は大きく買われました。ただ、買いも続かず明日以降改めて好感する買いが入ってくるのか注目されます。



[6240]ヤマシンフィルタ 
[1部]業種:機械
終値1,099円/前日比+110円
Yahooの株価リンクはこちら

建設機械向け油圧フィルターで世界トップシェア。産業用フィルターなど開発力に強み。 本日大幅高となり年初来高値を更新しました。前引け後にブルームバーグが、トランプ米政権は景気梃入れ策の一環として1兆ドル(約107兆円)に近いインフラ計画の提案を準備していると報じています。この計画に詳しい複数の関係者が明らかにしたとのことです。この報道を受け恩恵を受けるとの思惑から後場一段高となっています。米キャタピラーは同社の主要顧客で他にも[6301]コマツや[6305]日立建機、[6302]住友重機械工業も後場買われました。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ