RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[7896]セブン工業 
[2部]業種:その他製品
終値666円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

集成材のパイオニア。ゴムノキの戸建て用階段で高シェア。集合住宅向けを強化。 本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に中間業績の大幅上方修正を発表。それが好感されて買われています。更にこの上方修正を受け他の木材関連株にも物色が波及。[7815]東京ボード工業がストップ高まで買われた他、[7426]山大が大幅高で更には既に上方修正発表済みの[7897]ホクシンまで買われています。しかも先日赤字転落の1Q決算発表して派手に売られた[9812]テーオーHDも買われています。ちなみに同社とホクシンは既に修正済みですが、10月29日に中間決算発表予定となっており、東京ボード工業と山大は11月11日に中間決算発表予定となっています。



[4056]ニューラルポケット 
[M]業種:情報・通信業
終値2,911円/前日比+105円
▼クリックで株探ページ▼

AIアルゴリズムで画像・動画解析技術などエンジニアリング事業。AI解析に強み。 業種 本日反発しました。同社は昨日引け後に、オフィスビル向けエレベーターサイネージ事業を展開する東京都新宿区と業務提携すると発表。また、サイネージ広告事業のフォーカスチャネルの株式を取得し、完全子会社化します。なお、2021年12月期の連結業績に与える影響は現在精査中としています。株価は割安感があるものの、25日移動平均線付近からの売り圧力も強く、再浮上には未だ時間を要すと見られます。



[1518]三井松島HD 
[1部]業種:鉱業
終値1,599円/前日比+120円
▼クリックで株探ページ▼

石炭商社。海外炭も輸入販売。施設運営、飲料ストローも展開。傘下に明光商会。 本日大幅上昇です。昨夕提出された大量保有報告書によれば、著名個人投資家の井村俊哉氏が大量保有していることが明らかになっています。8月頃から市場内で買い始めており、コツコツと保有比率を引き上げ、今月に入ってからも買い続けています。報告義務が発生した10月14日時点で68万2000株保有しており、平均買いコストは1,366円となっています。これが刺激となり本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。ただ、同社株は石炭価格に連動するように買われてきたと言え、本日こそ石炭価格に逆行して買われているものの、今後の動向はやはり石炭価格に刺激を受け易いとの見方も多いようです。なお、同社は11月5日に2Q決算発表を予定しています。



[7735]SCREEN HD 
[1部]業種:電気機器
終値9,480円/前日比+450円
▼クリックで株探ページ▼

半導体・液晶製造装置が主力。ウエハ洗浄装置で世界首位。画像処理機器も。 本日買い気配スタートから急反発しています。昨晩のNY市場ではインテルやエヌビディア、ザイリンクス、アドバンストマイクロデバイシズ、マイクロンテクノロジーなど半導体関連株が軒並み高く、半導体銘柄で構成されるフィラデルフィア半導体株指数も反発。本日の東京市場でも[6920]レーザーテック、[8035]東京エレクトロン、[6146]ディスコなど半導体製造装置関連株が一斉に切り返しに転じました。全体にも大きく影響するセクターですので、全体として買いの継続性に注目が集まります。



[6522]アスタリスク 
[M]業種:電気機器
終値10,040円/前日比+1,500円
▼クリックで株探ページ▼

モバイル機器に装着して使用するバーコードリーダーなどの開発・販売を手掛ける。 本日上場来高値を更新して大台乗せとなり、ストップ高まで買われています。特に新たな材料は見当たりませんが、本決算を発表してから強い動きが続いている格好です。昨日午前中に提出された大量保有報告書によれば、上場前から同社株の大株主だったベンチャーキャピタルの保有比率が、10月18日時点で5%を割り込んだことが明らかになっています。これにより確り売り物熟している格好であり、現時点では更に減っている可能性もあり、買い安心感に繋がっている面もあるようです。また、週明け月曜日には日経CNBCの昼エクスプレスに同社社長が出演する予定で、その期待感も本日の上昇に繋がっている面もあるとの声も聞かれました。週明けは大台達成の達成感が見られるのか、社長出演で出尽くしとなるのか注目されます。



[5464]モリ工業 
[1部]業種:鉄鋼
終値2,719円/前日比+303円
▼クリックで株探ページ▼

ステンレス管最大手。自動車・手すり向けなど主力。ステンレス条鋼加工品も。 本日後場から出来高を伴って急伸し、4営業日ぶりに大幅反発しています。同社は本日13時頃に2022年3月期の連結業績予想について発表。売上高を365億円から前期比16.5%増の409億円へ、営業利益を32億円から同84.4%増の54億円へ、純利益を25億円から同49.4%増の37億円へ上方修正しました。上期において材料価格の上昇により、販売価格の引き上げを実施したことに加え、在庫の評価益が発生したことなどが要因としています。株価は3月の年初来高値2,852円を視界に捉えています。



[6507]シンフォニアテクノロジー 
[1部]業種:電気機器
終値1,354円/前日比+174円
▼クリックで株探ページ▼

重電から電子精密へ転換。搬送装置や制御機器を展開。エンジニアリングも。 本日後場から商いを伴い急伸して大幅反発しました。同社は本日13時40分に2022年3月期業績について発表。連結売上高が870億円から前期比7.7%増の940億円へ、営業利益が35億円から同20.6%増の59億円へ、純利益が24億円から同8.8%増の40億円へ、年間配当が25円から35円へ、当初の見通しを上回りそうだと発表しています。株価は5月の急落以降1,340円台がレジスタンスになってきましたが、本日の大幅高で明確に上放れてきており、新ステージに入った感があります。



[8595]ジャフコグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値7,900円/前日比+490円
▼クリックで株探ページ▼

ベンチャーキャピタル最大手。バイアウト投資を積極展開。アジアなど海外拠点多数。 本日後場買われて大幅高になっています。同社は本日12時に2Q決算を発表。決算は7-9月期大幅減収減益となっているものの、一緒に大規模な自社株買いを発表しています。同社は今年2月に最大350億円もの自社株買いを発表し、今年6月に買付け終えています。今回は最大150億円の自己株取得ですが、過去例からも短期間で買い付けるとの期待も強く、取得株の多くは消却する予定とのことから見直し買いに繋がっています。来週から取得期間入りとなるため、買付終了するまでは底堅い確りとした展開になると期待する向きも多いようです。




このブログはランキングに参加しています。