RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[9270]バリュエンスHD 
[M]業種:卸売業
終値3,445円/前日比+320円
▼クリックで株探ページ▼

ブランド品リユース大手。貴金属・骨董品等。店舗は買取特化。非接触型サービス開始。 本日寄り付きに伴う商いの一巡後に出来高を伴い急伸し、大幅連騰しています。同社は昨日引け後に、2022年8月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを前期比54.0%増の18億円としました。オークションの開催数を増加する他、海外出店はパートナーとの協業店舗を中心に20~30店舗の出店を予定しています。直近の株価は3,200円を超えると跳ね返されることが続き日足上影が目立っていましたが、本日は一気にブレイクして新展開入りしています。



[3387]クリエイト・レストランツHD 
[1部]業種:小売業
終値973円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

外食チェーンを展開。駅ビル、SCなど立地特性に応じ業態を開発。M&A積極。 本日大幅高となり、一時大台となる1,000円台まで買われる場面も見られました。同社は昨日引け後に黒字転換となる2Q決算を発表。更に通期業績の大幅上方修正を発表しています。市場コンセンサスも大きく上回っており、更に復配も発表。今期の最終利益は過去最高益となる見通しで、これが好感されて見直されています。ただ、「雇用調整助成金」の支給を申請した他、各自治体からの「営業時間短縮の要請等に係る協力金」の支給を申請したことにより、助成金などの合計金額103億5,100万円を「その他の営業収益」として4-6月期に計上しているとのことで、特需的な利益であり、続く買いにはなり難いとの声も聞かれました。また、同社は7月に200億円を上限とする新株発行登録を行っており、エクイティファイナンスによる増資懸念が今後重しになるとの見方もあります。7月時点では具体的な調達計画は無いとのことですが、いつ実施されるか分からない状況だと積極的には買い難いとの声も聞かれました。



[7599]IDOM 
[1部]業種:卸売業
終値781円/前日比-101円
▼クリックで株探ページ▼

「ガリバー」ブランド中古車買取り最大手。新車販売も。個人間カーシェアサービス提供。 本日大幅安です。同社は昨日、計画超過となる大幅増収増益の2Q決算を発表。ただ、通期業績は純利益だけ多少上方修正しただけで、売上高や営業利益、経常利益は据え置いています。通期純利益の修正は保守的に見積もっていた法人税などの税負担率見直しによるもので、同社は7月の1Q決算発表時に通期業績を上方修正していますが、更なる上方修正を期待していた向きも多いだけに、本日は失望的に売られているとの見方です。半導体不足などによる生産調整で、各自動車メーカーの新車納期がかなり遅れている状況が依然として続いているだけに、中古車需要の高まりは、未だ暫く続くとの見方は多いですが、何れにせよ今期業績がピークになるとの見方が多いようです。今後、通期業績が上方修正される可能性は残っているものの、好材料視する動きは先になればなるほど乏しくなりそうです。



[3415]TOKYO BASE 
[1部]業種:小売業
終値785円/前日比+98円
▼クリックで株探ページ▼

衣料品セレクトショップ「STUDIOUS」、ブランド店「UNITED TOKYO」展開。EC店も拡大。 本日大幅ギャップアップスタートから大陽線で急反発しています。同社は昨日引け後に、2022年1月期第2四半期累計の連結決算を発表。営業損益が前年同期の1億8,500万円の赤字から3億5,700万円の黒字に浮上して着地しました。前期より臨時休業期間および対象地域が少なかったことから実店舗の売り上げが増加したようです。株価はシコリの多いとされる価格帯をクリアしてきており、年初来高値840円が見えてきたと言えそうです。



[2782]セリア 
[JQ]業種:小売業
終値3,785円/前日比-190円
▼クリックで株探ページ▼

100円ショップ大手。中部地方軸に全国展開。POS活用と商品開発に注力。 本日大幅安です。昨日、[8267]イオンが100円ショップを手掛ける[2698]キャンドゥをTOBで子会社化すると発表。それにより今後キャンドゥはイオングループの店舗への出店を増やす他、物流網を活用してコスト削減などを進めるとのことです。キャンドゥは100円ショップ業界3位ですが、業界2位の同社には逆風になるとの見方が多い模様です。同社はイオングループの商業施設にも多く出店しており、今後イオングループへの出店は見込めないとの見方が多く、現在のイオン系列内のセリアが、キャンドゥに替えられるという懸念もあります。しかし、SMBC日興証券では、同社への影響は軽微と現時点では考えるとコメントしています。中長期的にはイオン系列内の同社がキャンドゥに入れ替えられるというリスクはあるものの、同社とキャンドゥでは平米あたり売上の差が大きく、客数効果も考慮すると入れ替えはイオンに取っても得策では無いと指摘しています。一方、キャンドゥがイオン系列になることで他商業施設でのキャンドゥ店舗の切り替えが同社にプラスになる可能性もあるとしています。ただ、直営店主義の同社を取り巻く環境が変化している点は注視したいとも指摘しています。



[4429]リックソフト 
[M]業種:情報・通信業
終値2,123円/前日比+318円
▼クリックで株探ページ▼

豪アトラシアン社製プロジェクト管理ツールなどのライセンス販売や顧客の導入支援。 本日大幅買い気配スタートから続急伸しました。同社は昨日引け後に、第2四半期累計の連結決算を発表。売上高が前年同期比16.3%増の19億5,200万円、営業利益は同22.8%増の1億6,000万円、純利益は同18.9%増の1億2,000万円と大幅増益となりました。ライセンスおよび自社ソフト開発売り上げが好調だったようです。株価はこの1年程26週線に頭を抑えられてきており、今回は明確に上放れることが出来るか注目されます。



[1407]ウエストHD 
[JQ]業種:建設業
終値5,480円/前日比+460円
▼クリックで株探ページ▼

太陽光発電設置工事、保守・管理、売電。発電所売買や省エネ提案事業も。 本日安寄りから即切り返して大幅高となりました。同社は本日9時に決算を発表。2021年8月期の連結経常利益は前期比45.9%増の96.4億円に拡大し、2022年8月期も前期比13.7%増の109億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなりました。5期連続増益になります。同時に今期の年間配当は前期比5円増の55円に増配する方針としています。株価は今月入り以降蓋をされていた5,100円台を一気にブレイクしており、年初来高値を目指す流れとなっています。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値687円/前日比+40円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日前場引け前辺りから動意付き、前場引けに掛けて一段高となり、後場には更に上昇する動きとなっています。米ブルームバーグが、ビットコイン先物ETFが来週取引開始することを米証券取引委員会は妨げない可能性が高いと事情に詳しい関係者が明らかにしたと報じており、その報道を受けビットコインが急騰しています。ビットコインの上昇に合わせるように同社株も買われた格好で、この報道で今晩の海外市場では更にビットコインが上昇するとの期待も強いようで、更に土日も確りとした展開を続ける可能性もありそうです。そうなれば週明け暗号資産関連株の同社株が更に買われるとの見方です。同様に[3696]セレスと[3825]リミックスポイントも買われました。週末から週明けまでのビットコインの動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。