RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[8256]プロルート丸光 
[JQ]業種:卸売業
終値383円/前日比+11円
▼クリックで株探ページ▼

衣料品問屋大手。セルフサービス方式に特色。日用雑貨も。中国EC企業と提携。 本日急伸しました。同社は連休前21日引け後に、子会社のマイクロブラッドサイエンスと中国のバイオ企業ヴァゼム社が、新型コロナウイルス治療薬の元となるモノクローナル抗体産生細胞株で報酬体系を含めた個別契約締結協議を開始したと発表しました。また、簡易株式交付の結果、マイクロブラッドサイエンス株の保有株数が1万800株となりました。引けに掛けて大きく売られて上げ幅を縮小しましたが、依然として力強さも感じられ、引き続き上値追いが期待されます。



[8698]マネックスグループ 
[1部]業種:証券・商品
終値683円/前日比+31円
▼クリックで株探ページ▼

ネット証券大手。米や香港、豪にもネット証券。子会社にコインチェック。 本日大幅高です。日本時間朝方に米アマゾンがビットコインを決済通貨として受け入れる準備をしていることを関係者の証言として、英紙が報道と伝わっています。これを受けビットコイン相場が大きく上昇し、その影響で本日はビットコイン関連株が総じて買われています。最近はビットコインなど仮想通貨は総じて弱含みの展開となっていただけに、これを機に再び強含みの相場になっていくとの期待も強い様子です。アマゾンがビットコイン決済を導入するのが事実かどうかは現状では不透明ですが、事実ならビットコインはまだ高くなると見る向きは多く、[3696]セレスや[3825]リミックスポイントも買われています。



[7283]愛三工業 
[1部]業種:輸送用機器
終値969円/前日比+68円
▼クリックで株探ページ▼

トヨタ系自動車部品メーカー。電子式燃料噴射装置部品やポンプなどが主力。 本日ギャップアップスタートから続急伸し、今月14日に付けた年初来高値946円を一気にクリアしました。電動車制御システム分野に積極的に取り組んでおり、トヨタグループの電動車戦略でも鍵を握っています。業績面も2022年3月期営業利益が前期比倍増の100億円を見込むなど絶好調で、依然としてPERは10倍を下回っている状況です。株価は2019年11月の戻り高値972円を一時更新しており、2018年10月以来となる1,000円大台乗せも視界に捉えています。



[7792]コラントッテ 
[M]業種:その他製品
終値1,628円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

家庭用磁気治療器などの医療機器やヘルスケア商品の製造・販売を手掛ける。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高まで買われました。同社と契約している卓球の伊藤美誠選手が、昨日東京五輪の卓球混合ダブルスで準決勝を勝利し、銀メダル以上が確定。今晩、中国との決勝戦に挑むことや連休前に上場来安値を更新していたことなどから、リバウンドのキッカケとなった面が大きいとの声も聞かれました。明日は今晩の決勝戦の結果に関わらず出尽くし的に売られるのではと警戒する見方も少なくありませんが、明日の動向が注目されます。なお、伊藤選手が所属する[8850]スターツコーポレーションも本日買われています。



[5191]住友理工 
[1部]業種:ゴム製品
終値800円/前日比+68円
▼クリックで株探ページ▼

住友電工系で自動車用防振ゴム世界首位。トヨタ比率高い。非自動車も展開。 本日買い気配スタートから大陽線で年初来高値を更新しています。東海東京調査センターは21日付で、同社株の投資判断「1」を継続、目標株価は900円から1,040円に引き上げました。海外における買収した複数の企業や自社拠点への収益改善に注力してきたものの、工場再配置や固定費削減策などの一連の構造改革が漸く実を結びつつあると見ているとコメントしています。本日の大幅高で株価は6月以降レジスタンスとなってきた750円処を明確に上放れており、一段高相場も視野に入ってきました。



[8135]ゼット 
[2部]業種:卸売業
終値380円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

スポーツ用品卸大手。野球用品に定評。バスケ用品「コンバース」に注力。ウエア等も。 本日ストップ高まで買われています。東京五輪のソフトボールで日本は銀メダル以上が確定となったことが刺激になっている様子です。本日は1次リーグで米国と対戦し、サヨナラ負けとなったものの、明日再び米国と決勝で対戦する予定となっており、金メダルへの期待も強い様子です。また、今週から始まる東京五輪の野球でも日本は金メダルが期待されていることから、その期待買いも入ってきているようです。更には、オールスター以降調子を落としていたメジャーリーガーの大谷翔平選手が、一昨日に二塁打2本、昨日には35号となるホームランを打ち、調子を取り戻してきたことも追い風になっているとの声も聞かれました。



[6335]東京機械製作所 
[1部]業種:機械
終値901円/前日比+101円
▼クリックで株探ページ▼

新聞向け中心の輪転機大手。デジタル印刷機など新分野に構造転換中。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。連休前となる21日引け後に提出された大量保有報告書で、アジアインベストメントファンドが更に同社株を買い増し、保有比率を8.08%から15.01%まで引き上げたことが刺激になっています。更に保有目的が「純投資」から「支配権の取得」に変更されています。これが思惑に繋がっている様子です。また、本日前場に空売りが結構入ったようで、後場からは売り禁になっています。それを受け踏み上げの思惑も手伝って後場には一段高となっています。アジアインベストメントファンドが更に買い増すとの期待もあるようです。なお、本日引け後に提出された大量保有報告書では21.16%まで買い増したことが明らかになっています。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[4556]カイノス 
[JQ]業種:医薬品
終値1,194円/前日比+79円
▼クリックで株探ページ▼

臨床検査薬中堅。腎機能やアレルギー等が主力。生化学、免疫血清学に重点。 本日後場13時台から出来高を伴い急伸しています。同社は本日13時15分頃、2022年3月期第1四半期の単独決算を発表。営業利益は前年同期比73.1%増の2億7,900万円となり、上半期計画3億円に対する進捗率は93.0%に達しました。生化学および免疫血清学的検査用試薬の売り上げが伸長したことなどが寄与したようです。本日の株価は高値から大きく上げ幅を縮めて終えましたが、直近安値圏保ち合いレンジをブレイクしており、明日以降は地均しからのリスタートを目指すことになります。




このブログはランキングに参加しています。