RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[6946]日本アビオニクス 
[2部]業種:電気機器
終値3,525円/前日比+460円
▼クリックで株探ページ▼

防衛向け表示電子機器大手。赤外線サーモやレーザー溶接も。ファンドの傘下。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅続伸し、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、遅延していた2021年3月期の決算を発表。営業利益は13.6億円で前期の0.8億円から急拡大し、従来予想の8億円を大幅に上回る着地になりました。5G関連や新型コロナウイルス感染症対策関連の需要が堅調に推移し、電子機器事業の収益が大きく改善しています。本日の株価は高寄り後、以前の年初来高値だったレベルまで押し戻されて終えており、目先は3,600円割れ水準がポイントになりそうです。



[5384]フジミインコーポレーテッド 
[1部]業種:ガラス・土石
終値4,950円/前日比+350円
▼クリックで株探ページ▼

半導体ウエハー用研磨材で世界首位。ハイテク分野などに強み。CMP製品が成長。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。本日付けでゴールドマン・サックス証券が同社株の投資判断を新規「買い」でカバレッジを開始したことで買い優勢で始まっており、寄り後も確りとした推移となっています。レポートによれば、市場は同社の競争力や成長性を完全に織り込んでおらず他の半導体材料企業と比較して同社株は割安感が強いと指摘しています。目標株価を時価を大きく上回る6,600円としたことから、本日は見直し買いに繋がっています。明日以降、節目の5,000円を超えていけるか注目されます。



[9425]日本テレホン 
[JQ]業種:情報・通信業
終値486円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

携帯販売店を展開。中古販売に軸足移す。全キャリア併売のショップに強み。 本日ストップ高を付けて年初来高値を更新しました。本日付の日経新聞で「総務省は格安スマートフォン事業者が携帯電話大手に支払う通話回線の利用料に付いて、大手に情報開示を求める制度を検討する」と報じられ、同社業績へ大きくプラスに作用すると見られています。また、需給面においても直近でサイブリッジが同社株の保有割合を増加させるなど大口介入による思惑も台頭しており、株価は新値追いが期待されます。



[6890]フェローテックHD 
[JQ]業種:電気機器
終値2,530円/前日比+224円
▼クリックで株探ページ▼

半導体製造装置部品会社。真空シールで世界高シェア。磁性流体技術も。 本日大幅上昇です。同社は昨日、精密再生洗浄事業における中国子会社の設立ならびに新工場建設を発表していますが、既に公表済みのことで目新しさはありません。同社の中国子会社FTSAが、深セン証券取引所創業板市場への上場を予定していることから、投資判断に与える影響を鑑み既往開示と平仄を併せ任意開示として事後開示しただけです。ただ、同社は明日18時に新中期経営計画を発表するとも明らかにしています。その期待で本日は買われているとの見方が多く、明日も新中期経営計画への期待買いが続くのか注目されます。



[6254]野村マイクロ・サイエンス 
[2部]業種:機械
終値4,005円/前日比+335円
▼クリックで株探ページ▼

超純水装置大手。半導体・製薬向けに強み。韓国、台湾など海外拡大。 本日大きな窓を空けて大幅続伸しました。同社は昨日引け後に、東証の承認を受けて6月2日付けで東証2部から東証1部へ指定されることになったと発表しています。業績面は、2022年3月期連結業績予想で売上高が前期比3.8%増の315億円、経常利益は同1.1%減の35億9,700万円を見込んでいます。本日の株価はTOPIX連動ファンドなどによる買い需要を先取りする形で買いが入りましたが、先々週の急落時に空けた窓を埋めており、一服感が出るのかが焦点になります。



[4192]スパイダープラス 
[M]業種:情報・通信業
終値2,347円/前日比+266円
▼クリックで株探ページ▼

建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・販売を手掛ける。 本日大幅上昇となり、上場来高値を更新しています。同社は昨日、5月19日に行われた1Q決算アナリスト向け説明会の書き起こしを公開しています。既に今朝説明資料は12日に公開済みで内容的には目新しさはありません。ただ、質疑応答も公開されており、その内容を受け改めて同社の将来性に期待する向きも出てきているとの見方もあります。しかし、それを好感して買われているというよりは、上場来高値を更新してきたことで短期資金が集まり大きく上げた面もあるのではとの声も聞かれました。19日に提出された大量保有報告書では、英国のロンドンを拠点とする資産運用会社のクープランド・カーディフが、同社株を大量保有していることが明らかになってから、同社株の見直し買いは継続している格好です。



[6047]Gunosy 
[1部]業種:サービス業
終値1,002円/前日比+74円
▼クリックで株探ページ▼

スマホ向け記事配信の「Gunosy」運営。情報キュレーションサービスに最適広告が強み。 本日買い先行スタート後に急速に上げ幅を拡げて大幅反発しました。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は同社株の投資判断を「アンダーウェイト」から「ニュートラル」に格上げし、目標株価も630円から900円に引き上げています。4月から運営を開始した「au サービスToday」の寄与を見込んで業績予想を増額修正し、2021年5月期営業利益は会社計画5億円を上回る7.7億円を予想しています。本日の逆風下、株価は大陽線を形成しており、5月10日の年初来高値1,059円にどこまで迫れるかが注目されます。



[8783]GFA 
[JQ]業種:その他金融業
終値204円/前日比+14円
▼クリックで株探ページ▼

不動産仲介アドバイザリーから不動産投資事業にシフト。eスポーツ事業でゲーム開発。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に開発中のスマートフォン向けゲームアプリ「ザ・峠〜DRIFT KING 1980〜」の配信時期を5月中から6月末迄に延期すると発表。それが嫌気されたのか、本日は売り優勢で始まったものの、寄り後は確りと買われています。配信時期の変更理由は事前登録数が想定以上となっており、配信後より多くのゲームプレイヤーを予想して、より良い安定した環境を提供するため、サーバー環境の安定性向上などの検証および増強を実施する必要があると判断したとのことです。更に一層のクオリティ向上に上げて行くためとのことで、改めて期待感が強まったようです。取りあえず配信開始までイベントドリブン的に確りとした展開が続く可能性もありそうだとの見方も多いようです。




このブログはランキングに参加しています。