RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング


[6550]Fringe81 
[M]業種:サービス業
終値401円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告配信プラットホーム(アドネットワーク)の開発やコンサルティング。収益化支援に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に[4443]Sansanと資本業務提携契約を再締結すると発表。コラボレーション改善クラウドのUniposで中長期的にSansanとプロダクト連携する他、広告配信システムの開発を受託します。調達資金の約38億円はUniposの開発投資などに充てるとしています。株価は本日、25日・75日両移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[2480]システム・ロケーション 
[JQ]業種:サービス業
終値1,615円/前日比+145円
▼クリックで株探ページ▼

自動車金融・販売の支援システムが主力。顧客にリース会社。従量課金が拡大。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、2026年3月期の営業利益目標を12億円(2021年3月期実績は4.3億円)とする中期経営計画を発表。自動車販売会社向けの販売支援システムであるCA Doctorの導入店舗数1500店を目指す他、派生ソリューションのCrocoシリーズのラインナップ完成でCA群各種ツールの延べ導入店舗数5000店を目指します。株価は75日移動平均線をブレイクしましたが、この水準を保てるか否かで今後の方向性が決まりそうです。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値1,993円/前日比-337円
▼クリックで株探ページ▼

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 昨日まで決算が好感されて連日派手に買われていましたが、本日は大きく売られています。同社は昨日引け後に決算概要資料を公開。それによればF351について、第3相臨床試験は間もなく開始予定だと書かれています。想定されていたことですが、F351の第3相臨床試験は免除されて早期承認されると期待していた向きが未だに多かった様子です。F351を巡り同社株は昨年強い相場を作ったものの、昨年10月に早期承認期待後退で既に派手に売り込まれていました。それだけにF351の第3相臨床試験実施シナリオは想定通りで、改めて売り込まれることではないとの声も聞かれました。ただ、足元は好決算で派手に上げていただけにその反動から売りも出易かった様子です。何れにせよ下落は続かないとの見方が多いようです。



[9202]ANA HD 
[1部]業種:空運業
終値2,455円/前日比-114円
▼クリックで株探ページ▼

国内線、国際線で首位。アジア近距離路線に強み。傘下にエアJ、ピーチ、ウイングス。 本日大幅安です。同社は昨日引け後に定款の一部変更を発表。資金調達手段の選択肢を広げ且つ機動的な資本政策が行えるよう、現行定款第6条に定める同社の発行可能株式総数を5億1000万株から10億2000万株に倍増させるとのことです。定款変更の効力発生日は6月29日を予定しているとのことで、それ以降は公募増資が警戒されそうだとの声も聞かれました。同社は昨年12月に約3,000億円の公募増資を実施しましたが、2021年3月期決算では4,000億円超の最終赤字となっています。今期黒字見通しですが、赤字継続となる恐れも否めず更なる資本増強が必要になるとの見方も多く、今回の発行可能株式総数の変更で再度の公募増資実施の可能性は一段と高まったと言えるでしょう。



[7315]IJTT 
[2部]業種:輸送用機器
終値666円/前日比+56円
▼クリックで株探ページ▼

いすゞ系部品3社が統合。商用車部品に強み。鋳造、鍛造、組み立てを展開。 本日買い気配スタートからの一段高で急反発し、年初来高値を大幅に更新しました。同社は、[7202]いすゞ自動車系列の自動車部品会社3社が経営統合して発足した企業で、2022年3月期に業績急回復を見込むいすゞ自動車の傘下企業として好調な収益環境を享受する見通しです。同社の2022年3月期業績は、営業利益段階で前期比5.7倍の73億円を見込んでいます。本日の株価は上放れてきた訳ですが、予想PERは5.5倍前後と超割安で1株あたり純資産は前期実績ベースで1,579円あり、一段高があっても不思議ではない状況にあります。



[5401]日本製鉄 
[1部]業種:鉄鋼
終値2,108.5円/前日比-107円
▼クリックで株探ページ▼

粗鋼生産世界大手・国内首位。高級鋼板に強み。韓国ポスコ、神鋼と提携。 本日大幅安です。本日は鉄鋼株や非鉄金属株に売られている銘柄が目立っています。昨晩、海外市場では銅やニッケル相場などが下落しており、NY市場ではUSスチールは5%超、アルコアは9%超の大幅安となっていました。その流れを受け東京市場でも同社などの鉄鋼株や[5713]住友金属鉱山などの非鉄金属株に売りが出てきています。これらが足元強かったこともあり、利食い売りのキッカケとなった様子です。ただ、素材株の相場が終わるとの見方は乏しいようで、良い調整局面だとの見方も多く、更に下げれば押し目買いも入り易いとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[3569]セーレン 
[1部]業種:繊維製品
終値2,150円/前日比+164円
▼クリックで株探ページ▼

総合繊維会社。染色技術に強み。車用シート・エアバッグ材が主力。化粧品育成。 本日小高く寄り付いたあとから上値追いが本格化し、大幅反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期業績を発表。連結経常利益は前期比16.0%減の94億5,100万円と2桁減益になったものの、従来予想の80億円を上回って着地しました。続く2022年3月期の同利益予想は前期比6.9%増の101億円に伸びる計画としています。本日の株価は終日右肩上がりで大陽線を引いており、3月22日に記録した年初来高値2,172円を視界に捉えた格好です。



[6613]QDレーザ 
[M]業種:電気機器
終値1,620円/前日比+85円
▼クリックで株探ページ▼

半導体レーザ、網膜走査型レーザアイウェアなどの開発・製造・販売を手掛ける。 本日確りと続伸しています。同社は昨日、決算説明会を実施。今期にレーザアイウェアを800〜1000台弱販売する計画を示しており、それが好感されて買われているとの見方です。同社のレーザアイウェア事業への将来性を期待している向きは多く、今期の販売計画が大幅な拡大になることから、改めて期待感が強まった様子です。ただ、レーザアイウェア事業の黒字化には数千台の販売が必要だと示していることからも上値を買い上がるには時期早々との声も聞かれました。この説明会を受けて同社株を強気でカバレッジしているSMBC日興証券が投資判断や目標株価を修正してくるのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。