RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[6198]キャリア 
[M]業種:サービス業
終値415円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

シニア人材活用、派遣・紹介。介護施設等へ看護・介護士の派遣・紹介。 業種 本日ザバラ寄らずのストップ高買い気配比例配分のみとなっています。朝日新聞出版の情報サイト「AERA dot.」が独自ニュースとして、高齢者に対する「新型コロナワクチン1日1万人接種」計画で、担当の自衛隊だけでは人手が足りず人材派遣会社や日本旅行などに約37億円で“丸投げ”していたことが分かったと報じています。記事内には同社がこの受注を落札したと報じており、僅か8日間で200人の看護師人材を集めることが出来るのか、広報担当者を直撃した模様で、「対応することができるから入札に参加した。看護師の派遣は設立してすぐに始めているので、強みがある。採用ノウハウはある。」と回答したとのことです。200人の看護師を短期間で確保する分、金額も通常より高くなっている可能性もあるとのことで、好材料視されている様子です。



[4814]ネクストウェア 
[JQ]業種:情報・通信業
終値227円/前日比+35円
▼クリックで株探ページ▼

DBシステムを軸としたアウトソーシングが主力。顔認証システムやブロックチェーン技術に積極。 本日買い気配スタート後に上げ足が加速して急反発しました。同社は昨日引け後に、非開示だった2021年3月期の業績予想を発表。連結経常損益が前期の1億1,500万円の赤字から4,500万円の黒字に浮上する見通しを示しています。既存客からの継続的な受注の確保と新たなソリューションによる新規客の開拓に努め、ソリューション事業において新規事業である顔認証ソリューション群の受注が好調のようです。本日の強烈な逆風下において、株価は引け間際に売られたものの、高値圏で終えており、戻り相場の継続を示唆しているように思われます。



[6957]芝浦電子 
[JQ]業種:電気機器
終値4,250円/前日比+580円
▼クリックで株探ページ▼

温度センサー部品トップ。エコ給湯器など環境関連に強み。センサーは8割が海外生産。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年3月期の連結経常利益は前期比32.2%増の31.6億円に拡大し、従来予想の26.6億円を上回って着地。2022年3月期も前期比28.1%増の40.5億円に伸びを見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しを示しました。株価は一時ストップ高を付けましたが、ボリンジャーバンドの+3σも上回り、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されます。



[7366]LITALICO 
[1部]業種:サービス業
終値5,140円/前日比+520円
▼クリックで株探ページ▼

障害者向けの支援事業を展開。就労支援、発達障害児支援、家族向けなど。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しました。野村證券では投資判断を新規に「バイ」、目標株価を6,400円としています。障害福祉領域のDXを牽引する仕込みを整え、今後飛躍期を迎えると評価。新規連結子会社の福祉ソフトを介して、全国の福祉事業者への営業が強化される他、同社の経営支援サービス、発達ナビ・仕事ナビなどのクロスセルの機会の増大により、業績の拡大が見込めると判断している模様です。本日の大幅高で株価は株式交換による組織再編以降の高値を大幅に更新してきており、値動きが軽くなることが想定されます。



[7951]ヤマハ 
[1部]業種:その他製品
終値5,910円/前日比-380円
▼クリックで株探ページ▼

楽器メーカー大手。電子ピアノで世界首位。半導体やAV機器も展開。M&A積極化。 同社は昨日引け後に本決算を発表。前期業績は当初計画を上回っての着地となり、市場コンセンサスも上回りました。注目された今期見通しは大幅増益計画となっており、市場コンセンサスもやや上回るもサプライズ感は乏しい様子です。電子楽器の[7944]ローランドが好決算を発表したことから同社業績への期待感も高まっていたと言え、昨日は大幅高となっていました。それだけに今期見通しへのハードルは高まっており、この程度では改めて買い向かう投資家は乏しかった様子です。朝方こそ買われて始まるも寄り後は売り込まれています。地合いの悪さも逆風になった面もあるようで、明日以降下げ渋れるか注目されます。



[6997]日本ケミコン 
[1部]業種:電気機器
終値2,077円/前日比+309円
▼クリックで株探ページ▼

アルミ電解コンデンサー最大手。一貫生産体制で競争力。車載用キャパシタへ注力。 本日大きな窓を空けて4営業日続伸となりました。同社は昨日引け後に、2022年3月期業績予想を発表。営業利益が前期比2.1倍となる62億円を見込んでいます。ICT市場ではリモートワークの普及や巣ごもり需要などを背景にパソコンやゲーム機関連の販売が伸び、同社が手掛けるアルミ電解コンデンサーの需要が喚起される形となりました。直近の株価は、4月21日の年初来安値をターニングポイントに5日線に支えられる格好で戻り相場を形成しており、本日の更なる一段高で1月13日の年初来高値2,134円を視界に入れています。



[6857]アドバンテスト 
[1部]業種:電気機器
終値9,640円/前日比-560円
▼クリックで株探ページ▼

半導体試験装置で世界大手。DRAM用はトップ。電子ビーム露光装置も。 本日大幅安です。久しぶりに大台の10,000円を割り込んでいます。昨晩のNY市場ではハイテク株が大きく売られており、半導体関連株も軒並み安になっています。フィラデルフィア半導体指数のSOX指数は4.66%安と大きく下落しており、世界最大手の半導体製造装置のアプライドマテリアルズは6.21%安に。これを受け東京市場でも半導体関連株が総じて売られています。[8035]東京エレクトロンも大きく下落しており、この2銘柄で日経平均を約114円押し下げています。他にも[7735]スクリーン、[6920]レーザーテック、[3436]SUMCO、[6146]ディスコなども売られています。



[1820]西松建設 
[1部]業種:建設業
終値3,190円/前日比+246円
▼クリックで株探ページ▼

総合建設会社。ダム・トンネルなど土木に強み。戸田建と提携。東南アジア強化。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。同社は本日14時に本決算を発表。今期見通しは最終損益大幅減益計画で市場コンセンサスや四季報予測も下回っています。しかし、同時に中期経営計画を策定しており、株主還元方針として、連結配当性向を継続的に70%以上にするとのことです。それにより今期配当見通しは185円計画で、前期実績105円から大幅増配となります。また、自己株式を今後3年間で200億円以上実施するとのことで、これら株主還元策が好感されて買われています。同社の大株主にはアクティビストで有名な旧村上系のシティインデックスイレブンスがおり、同ファンドが継続的に同社株を買い集めていることから、大胆な株主還元策を打ち出したとの見方です。これを受けアクティビストの今後の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。