RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[9519]レノバ 
[1部]業種:電気・ガス
終値4,400円/前日比+420円
▼クリックで株探ページ▼

再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。 本日買い気配スタート後も一段高となり、大幅反発で上場来高値を更新しています。米ジョージア州上院決選投票で民主党候補が2議席を確保し、大統領・上院・下院を民主党が占めるトリプルブルー実現が確実となり、同社株の他、[1407]ウエストHDも9%強の上昇で初の5,000円大台乗せと太陽光発電関連のシンボルストックに位置付けられる2銘柄が何れも最高値を更新しました。株価は新値追いが続いていますが、目先はテーマ株動向を気にしながらの流れになりそうです。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[1部]業種:機械
終値790円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日寄り前から大量の買いを集めて急反発しています。米ジョージア州の上院決選投票は接戦の末、2議席共に民主党候補が制し、トリプルブルーを実現。これを受けてバイデン氏が掲げる政策が現実味を帯びたことで、米国で積極展開する同社に取っての追い風が改めて意識されている状況です。本日の株価は大幅ギャップアップスタート直後にストップ高にあと10円に迫る場面があったものの、結局大陰線引けとなりました。目先先ずは800円処を固めたい処です。



[3440]日創プロニティ 
[2部]業種:金属製品
終値1,180円/前日比+172円
▼クリックで株探ページ▼

金属加工メーカー。一貫オーダー加工に強み。メガソーラー用架台が牽引。建築パネルも。 本日一時ストップ高まで買われています。同社はメガソーラー用架台等建設資材の金属加工などを手掛けていることから、再生エネルギー関連株として物色されています。海外事業は行っておらずバイデン米政権で恩恵を受けることは無いものの、国内でも脱炭素の流れから同社事業に追い風との見方から買われています。また、同社株はPBR1倍割れ銘柄であり、キャッシュリッチで財務体質も悪くなく、企業価値的に割安感があった銘柄ということから、再生エネルギー関連株物色の流れを機に見直されているとの見方もあります。所謂是正相場になっている面もある模様でどこまで見直されるか注目されます。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値934円/前日比+47円
▼クリックで株探ページ▼

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日確りと上昇しています。昨晩、SBI証券が『「テンバガー」候補の新興銘柄を探せ〜現時点で条件を満たす銘柄は?』と題したレポートを公開しており、その1つとして同社株が取り上げられており、刺激になっているとの見方です。他にも[4053]Sun Asterisk、[4424]Amazia、[4482]ウィルズ、[7079]WDBココ、[7320]日本リビング保証が紹介されており、何れも本日買われています。テンバガーというワードで取り上げられた銘柄は物色されることが非常に多く、個人投資家の食い付きが非常に良いワードのため、明日以降も買いが続くのか注目されます。



[7004]日立造船 
[1部]業種:機械
終値665円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

ゴミ焼却発電設備を主柱に船舶用機器、シールド掘進機など。造船を分離。 本日大きく急伸して昨年来高値を更新しました。昨日引け後に、SMBC日興証券が同社株を投資判断「1」、目標株価800円で新規にカバレッジを開始しました。追加費用が相次いだ同社子会社Inovaや継続的事業の安定成長などを通じ、2025年3月期に25年振りとなる営業利益200億円達成を予想。なお、米上院選決選投票を受けて再生エネルギー関連銘柄に物色が向かってることも支援材料となっており、引き続き買い優勢の展開が期待されます。



[1431]Lib Work 
[M]業種:建設業
終値1,943円/前日比-64円
▼クリックで株探ページ▼

ネットで注文住宅の企画・設計から販売、施工、監理を展開。SCモールも出店。 本日軟調です。同社は本日前引け後に戸建住宅事業の受注速報を発表。それによれば10-12月累計で受注棟数は前年同期比234%、受注金額は208%となっており、その数字が好感されて後場特買いで始まる展開となりました。ただ、寄り後は2,230円まで付けたあと寄り天で上げ幅縮小の動きとなり、マイナス圏まで沈んで一段安になっています。7-9月累計が受注棟数270%、受注金額278%だっただけに、それと比べれば伸び率が鈍化していると言え、インパクトは乏しいとの見方も多いようです。同社株は2,000円付近で揉み合いを続けていましたが、本日の下落で下抜けの様相になっており、75日移動平均線も割り込んで引けたことから下落基調になってくるのではと警戒する声も聞かれました。



[3914]JIG-SAW 
[M]業種:情報・通信業
終値11,460円/前日比+970円
▼クリックで株探ページ▼

企業運営のクラウド・サーバー自動監視や保守業務。IoT組込やAI活用を展開。 本日前場11時前から商いを伴い急伸し、3営業日ぶりに大幅反発しています。同社は昨日、JIG-SAW USのエンタープライズ・レベルIoT「neqto: Bridge Wi-Fi Module」が、AWS(Amazon Web Services)デバイス認定プログラムを取得したことを発表。AWSのIoTマーケットプレイスにも掲載され、他のAWS IoTサービスとの簡単な統合利用が可能となりました。本日の大幅高で株価は、年初からの調整分を一気に取り戻しており、11月17日の昨年来高値11,900円ブレイクが目先最大の焦点となります。



[6195]ホープ 
[M]業種:サービス業
終値3,470円/前日比-580円
▼クリックで株探ページ▼

自治体広告や官民連携促進、電力供給等、自治体に特化したサービスを展開。 本日大幅続落となり、一時ストップ安まで売られました。足元で電力卸価格が大きく上昇してきており、調達コスト上昇による業績への悪影響が嫌気されて売り込まれています。それに加えて本日後場に北海道開発局が同社に対し、落札決定後に契約締結を辞退したことから指名停止3ヵ月の措置を行ったと伝わり嫌気されています。昨年12月17日に同社が落札した案件を入札金額に誤りがあっ たことを理由に契約を辞退した模様です。これを受け不正または不誠実な行為として、同社に対して指名停止措置を行ったとのことです。同社の信用問題に繋がることであり、今後電力販売事業に悪影響になるとの見方から失望されています。




このブログはランキングに参加しています。