RSS

投資ギャンブル ブログサイトランキング

[4764]SAMURAI&J PARTNERS 
[JQG]業種:情報・通信業
終値162円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、[8508]Jトラスト傘下のJトラストカードを株式交換で完全子会社化することを発表。Jトラストカードの子会社である韓国金融機関を傘下に収め、フィンテック技術の構築を加速させることが狙いです。これが株価を強く刺激し、一時ストップ高を付ける勢いでしたが、利益確定売りも多く、上げ幅を縮小させました。また、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[4776]サイボウズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,615円/前日比+105円
Yahooの株価リンクはこちら

グループウエアのソフト開発が主力。企業の部門向け中心。クラウド、小規模が得意。 本日確りと続伸して、7月14日以来の年初来高値を更新しています。同社の元子会社で今でも10%程度出資して業務提携している[4058]トヨクモが本日新規上場しています。今朝の気配からも大きく買い越しとなっており、本日の初値形成は難しい状況となっていることで、同社株に追い風になっているとの見方です。同社株は本日で5連騰となっており、トヨクモ上場へ向けて先回り買いも入っていた様子です。それでも本日改めて買われています。ただ、トヨクモが初値を形成すれば、出尽くし的な売りも出てくると警戒する声も聞かれた一方で、初値形成後もトヨクモが強い動きとなれば、同社株も刺激を受けて買われるとの見方もあります。明日以降の動向が注目されます。



[7552]ハピネット 
[1部]業種:卸売業
終値1,481円/前日比+164円
Yahooの株価リンクはこちら

バンダイナムコ系の玩具・ゲーム卸最大手。カプセル玩具自販機も。映像事業強化。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期の業績予想は連結経常利益が前期比45.0%増の35億円に拡大。巣ごもり需要により「Nintendo Switch」関連商品を中心に好調に推移している他、模型玩具卸売事業への新規参入効果なども寄与。また、外出自粛やインバウンド需要の減少により低調だったアミューズメント事業が今後段階的に回復すると予想しており、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4564]オンコセラピー・サイエンス 
[M]業種:医薬品
終値187円/前日比+46円
Yahooの株価リンクはこちら

東大医科研発の創薬ベンチャー。がん遺伝子の解析、治療薬の開発が主柱。 本日大幅上昇となり、一時ストップ高を付けています。昨日、米情報会社クラリベイト・アナリティクスは、ノーベル賞を受賞する可能性が高い24人の研究者を発表しており、日本人では癌治療の個別化に関して先駆的な研究をした中村祐輔東京大名誉教授など2人が選ばれたと報じられています。ここで選ばれた研究者の多くが過去ノーベル賞を受賞しているため、ノーベル賞の登竜門と言われています。それだけに、中村氏のノーベル賞獲得期待が高まり、本日は同社株など関連株買いに繋がった様子です。同氏は同社創業者の一人で現在でも筆頭株主となっています。他には過去に同氏と癌個別化医療AIシステムの開発を行うと発表していた[2158]FRONTEOも少し買われています。同氏が受賞期待されているノーベル医学生理学賞は10月5日に発表予定で、それまでは底堅い展開を続けそうだと見る向きは多いようです。



[6067]インパクトHD 
[M]業種:サービス業
終値3,360円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら

小売り、外食の覆面店舗調査や販売支援。電子看板で販促サービス、案内も。 本日前場に積極的な上値追いが見られて3営業日大幅続伸となり、年初来高値を更新しています。同社は昨日、同社子会社でICT・IoT製品の企画・開発などを手掛けるimpactTVが、渋谷本社オフィスで開催中の「iTV Private Show 2020」について、9月30日で終了予定だったところ好評のため、10月30日まで延長すると発表しています。本日の大幅高で株価は今月入りからの高値抵抗レベル3,100円台後半を明確に上放れており、一段高への意思表示のようにも取れそうです。



[3622]ネットイヤーグループ 
[M]業種:情報・通信業
終値801円/前日比+56円
Yahooの株価リンクはこちら

ネット活用のマーケティング支援。経営コンサルやサイト企画・構築。NTTデータ子会社に。 本日前場11時頃から出来高を伴い急伸し、4営業日ぶりの急反発で年初来高値を更新しています。同社は本日午前中に、ABEJA社とCX・UX・EXとAIを掛け合わせ、企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するDXスキーム「DXアクセラレータ」を共同で開発すると発表しました。本日の株価は長い上影を残しましたが、相場全体が急速に冷え込んだ14時頃に掛けて売りものを浴びており、その後は戻して大引けを迎えています。明日以降は5日移動平均線を意識した展開が想定されます。



[2191]テラ 
[JQ]業種:サービス業
終値877円/前日比-132円
Yahooの株価リンクはこちら

大学発バイオベンチャー。がん免疫療法のノウハウ提供。樹状細胞ワクチン療法が主力。 本日大幅安となり、節目の1,000円を割り込んでいます。同社株の1,000円割れは6月上旬以来となります。朝方に日経バイオテクが、業界こぼれ話として同社に関する記事を掲載。記事は細胞医薬を開発中の同社が揺れている、との内容で、同社が新型コロナウイルス感染症向けに開発していた細胞医薬がメキシコのイダルゴ州で承認されたと最近発表しましたが、この情報が虚偽ではないかとの疑念が燻っているとのことです。真偽は不明ながら同社が開発している治療薬を巡っては、以前から疑念は一部言われていましたが、改めて報じられたことで嫌気されている様子です。明日以降も売りが続くのか注目されます。



[9086]日立物流 
[1部]業種:陸運業
終値3,570円/前日比-175円
Yahooの株価リンクはこちら

日立系。企業物流の一括請負で首位。国内の大半がグループ外。SGHDと提携。 本日後場から売られて一時10%超の大幅安になっています。昼にダイヤモンドオンラインが、「佐川と日立物流が資本業務提携解消へ、統合構想は4年で白紙に」と報じています。両社は資本・業務提携を解消する方針を固めたと、ダイヤモンド編集部の取材で分かったとのことです。3年以内の経営統合を目指すとしていましたが、白紙に戻る格好だとのことで失望視されている様子です。両社の経営統合期待はそれなりにあったと言え、それが白紙に戻ることはネガティブだとの見方です。資本提携解消となれば、SG HDが保有する同社株の行方が気掛かりだとの声も多くなっており、日立が買い戻すとは思えずSG HDは他社に売るか、市場で売るか、同社が自社株取得で対応するかなど、今後の動向が注目です。当然、[9143]SG HDもこの報道を受けて後場売られています。




このブログはランキングに参加しています。