株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

[3936]グローバルウェイ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,748円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

転職・就職口コミ情報サイト「キャリコネ」展開。有料職業紹介も。クラウド型のアプリ支援。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結最終損益を従来予想の1.6億円の赤字から1.55億円の赤字に上方修正し、赤字幅が縮小しました。また、個人の時間を取引出来るタイムチケットを暗号資産交換所のBitmartで売買する基本契約を締結したと発表。これを受けて株価は本日75日移動平均線をブレイクし、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[3996]サインポスト 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,108円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

ICT技術活用の金融、公共向けシステムコンサル、ソリューション事業。AI決済システムに注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、JR東日本スタートアップとの合弁会社TTGがファミリーマートと2月26日に資本業務提携契約を締結したと発表。併せてTTGが開発した無人決済システムを活用した実用化店舗「ファミマ!!サピアタワー/S店」を3月31日にオープンすることも発表しています。今後の業容拡大を期待する買いが流入しており、引き続き買い優勢との見方が強いようです。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値641円/前日比+65円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 本日大幅上昇です。SMBC日興証券が同社株を新規「1」でカバレッジを開始しています。今後6〜12ヵ月の目標株価は970円に設定。2015年に受注した米国エチレンプラントのEPC案件で追加費用が重なり、業績が低迷してきましたが、この案件は2020年3月期に完工し追加費用リスクはピークアウトしたため、中長期で業績回復に転じると予想するとのことです。更に2050年CO2ネットゼロに向け2兆円の受注ポテンシャルを持つと指摘しており、その超長期ポテンシャルを織り込めば、株価のアップサイド余地は大きいと見るとのことです。これを受け見直し買いに繋がっています。目標株価への時価との乖離も大きいことから、明日以降も確りとした展開が続くのではと見る向きが多いようです。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,065円/前日比+125円
▼クリックで株探ページ▼

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日寄り後に上値追いが加速して急反発しています。同社は本日寄り前に、開発中の新型コロナDNAワクチンの第2/3相臨床試験において関西および関東の8施設で500症例の接種を完了したことを発表しました。株価は2月下旬に下放れ、先週後半から終値で4桁大台をも下回った処から本日満を持して切り返しましたが、未だ直近安値圏にあるとも考えられ、上値余地は残されていると見る向きが多そうです。



[6182]ロゼッタ 
[M]業種:サービス業
終値2,491円/前日比-269円
▼クリックで株探ページ▼

人工知能型機械翻訳のソフト提供。研究・開発や産業企業向け専門に翻訳。 本日大幅安です。昨日、「言語フリーの世界」プレス発表会が行われましたが、特に話題とならずマスコミなどでも目立って取り上げられていません。それだけに本日は出尽くし的に売られている模様です。同社は先月24日に子会社MATRIXが、VR上にリアルタイムの通訳システムを組み込み言語フリーの世界を実現したと発表し、3月9日にプレス発表会を行うことを明らかにしていました。それを受け同社株は買われてきただけに本日は出尽くし的に売られるのも無理はないとの声も聞かれました。11時にはVR・ARを含むXR市場の創造に取り組むSynamon社が、同社と「リアルタイム多言語翻訳システム装備のVRオフィス」を共同開発すると発表しましたが、好感する動きは殆ど見られず明日以降、下げ渋りが見られるか注目されます。



[6239]ナガオカ 
[JQ]業種:機械
終値797円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

石油プラント内部装置大手。取水設備スクリーンに強み。海水淡水化などに注力。 本日ギャップアップスタートから急反発しました。同社は昨日引け後に、中国子会社の那賀設備がスクリーン・インターナルの大口受注を獲得したと発表。中国で建設が決定した新規プロピレン・プラントにスクリーン・インターナルが採用されました。受注金額は約6億円、契約納期は2022年2月としています。本日の株価は高寄り後も上値追いが見られたものの、長い上影を残しており、先ずは昨年11月と先月2月と二度に渡り戻り高値を形成した770円台超を固めたい処です。



[2413]エムスリー 
[1部]業種:サービス業
終値7,264円/前日比-479円
▼クリックで株探ページ▼

ソニー系。製薬会社のマーケ支援。医師向けサイトで情報提供。訪問介護も。 昨晩のNY市場ではハイテク株などのグロース株が大きく買われたことから、足元で弱い動きを続けている同社株も買い先行で始まりました。しかし、寄り後は買いも続かずあっさりとマイナスに転じると下げ幅を拡大する動きになっています。この動きからも継続的に売っている向きが結構いるとの見方です。同社株は昨年随分と大きく上昇した銘柄だけに、時期的にもファンド勢の手仕舞い売りが継続的に出ているとの見方が多いものの、そういった換金売りはせいぜい3月中旬までだとの見方も多く、7,000円付近を200日移動平均線が走っていることもあり、その辺では下げ止まると期待する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[7412]アトム 
[2部]業種:小売業
終値786円/前日比-54円
▼クリックで株探ページ▼

回転ずし、居酒屋、ステーキの外食中堅。名古屋から東に展開。コロワイド傘下。 本日大幅安となり、本日の安値で引けています。同社の親会社コロワイドが、保有する同社株の一部を売り出すと発表してから弱い動きを続けています。本日から売出価格決定期間入りとなることから思惑的に売られています。売出価格が決まれば、それが意識されて買い向かう個人投資家も多いと見られており、本日にも売出価格が決まるなら明日以降は下げ渋ると期待する向きも多いようです。本日、売出価格が決まれば受渡日は17日となり、それまで売出価格を維持出来るか注目されます。先ずは売出価格が幾らになるのか注目です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7946]光陽社 
[2部]業種:その他製品
終値866円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

オフセット印刷用写真製版大手。製版・印刷の一体受注促進。電子ブック作成も。 本日寄り前から大量の買いを集めてストップ高の一本値で急伸しました。同社は昨日引け後に、MBOの一環として犬養岬太社長が代表取締役を務めるKK社が同社株に対してTOBを実施すると発表。TOB価格935円で買付予定数は82万2918株(下限47万7412株、上限設定なし)、買付期間は3月9日から4月19日までとしています。株価は順調に行けば明日完全合致し、その後はTOB価格を意識した小動きとなっていきます。



[4696]ワタベウェディング 
[1部]業種:サービス業
終値396円/前日比+80円
▼クリックで株探ページ▼

海外挙式サービスの草分けでシェア過半。雅叙園、メルパルク運営。婚礼衣装販売も。 本日ストップ高まで買われています。昨年12月末時点で、ZOZO創業者の前澤友作氏が同社株の0.94%にあたる9万3200株保有していることが、第57期定時株主総会招集通知で明らかになっています。これがSNSなどネット上で伝わると、同社株は急騰してストップ高まで駆け上がっています。更に買い増す可能性もあるのではとの思惑などにも繋がっている様子です。前澤氏は昨年8月に[7606]ユナイテッドアローズ、[2685]アダストリアを大量保有したことが、大量保有報告書で明らかになり、それにより両銘柄共に大きく買われた経緯もあります。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[2438]アスカネット 
[M]業種:サービス業
終値1,088円/前日比+143円
▼クリックで株探ページ▼

ネットで個人写真集を制作。遺影写真加工で高シェア。空中結像の3Dプレート開発。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第3四半期累計の経常利益は前年同期比70.7%減の1,9億円に大きく落ち込みましたが、第2四半期累計時点の5,600万円の赤字から黒字に浮上しました。また、空中結像を可能にする樹脂製ASKA3Dプレートの新サイズを開発し、4月1日から販売受付を開始すると発表。株価は頭を押さえられていた75日移動平均線をブレイクし、この水準を保てるか否かで今後の方向が決まりそうです。



[3141]ウエルシアHD 
[1部]業種:小売業
終値3,585円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

イオン子会社・ドラッグストア最大手。調剤薬局併設店に強み。化粧品専門店買収。 本日大幅上昇です。本日はJPモルガンが新規「Overweight」でカバレッジを開始し、目標株価を4,400円としている他、モルガン・スタンレーMUFG証券は従来の「アンダーウェート」から「オーバーウェート」へ2段階格上げし、目標株価を4,100円としたことが材料視されています。JPモルガンは、市場の注目がアフターコロナ銘柄からポストコロナ新常態下での成長銘柄の選別になったあと、本格的に見直される契機を迎えると予想しており、中長期で新規投資の好機と指摘しています。モルガン・スタンレーMUFG証券は同社株は足元で大幅な出遅れ感があると指摘しています。明日以降も見直し買いが続くか注目されますが、戻り売り圧力も強そうで暫く上値は重そうだとの声も聞かれました。



[7271]安永 
[1部]業種:輸送用機器
終値1,377円/前日比+188円
▼クリックで株探ページ▼

エンジン部品コンロッド製造。ハイブリッドカーに強み。太陽電池用ワイヤソーを育成。 本日大きく急伸しました。本日付の日刊工業新聞で、[7203]トヨタ自動車と共同で燃料電池車用セルの電極接合シート検査ユニットを開発したと報じられました。独自のアルゴリズムで画像を解析して精度を向上させる他、検査速度も7倍となる模様です。自動車の電動化進展による先行きのビジネスチャンス拡大が一段と期待される展開となっていますが、ボリンジャーバンドの+3σを超える場面からは過熱警戒感も感じられますので、慎重に動きを見たい処です。



[4331]テイクアンドギヴ・ニーズ 
[1部]業種:サービス業
終値936円/前日比+59円
▼クリックで株探ページ▼

ハウスウエディングで先駆。邸宅風の直営店を全国展開。ホテルや保育園も展開。 本日大幅高です。本日はアフターコロナ関連株に買われている銘柄が目立っており、その流れで買われていると言えますが、ワタベウェディングのストップ高も刺激になっているとの見方です。ワタベウェディングは前澤氏が保有していることが明らかになり好感されていますが、同業に近い同社株も買ってくる期待もあるのではとの声も聞かれました。昨年、前澤氏はユナイテッドアローズとアダストリアを取得した経緯があるだけに、ワタベウェディングを買ってきたなら同社株も買ってくる可能性があるのではとの思惑です。同社株は2月にいちよし証券が「強気」継続でフェアバリューを2,000円まで引き上げて大きく買われたあとは、底堅い揉み合い相場を続けていました。本日の上昇を機に上放れるか明日以降の動向が注目されます。



[4425]Kudan 
[M]業種:情報・通信業
終値3,870円/前日比+390円
▼クリックで株探ページ▼

人工知覚技術の研究開発やライセンスの提供。国内外の先端技術企業と提携。 本日寄り付きに伴う商いが一巡したあとから上値追いがスタートして大幅反発しました。同社は昨日引け後に組み込みシステムや画像処理などを手掛ける台湾ベコー社と共同で開発を進めている自律移動ロボットについて、プロトタイプである「VBoT」の一部を発表しています。「KdVisual」の実装により、ロボットの自己位置推定の精度とパフォーマンスが大幅に向上すると共に、様々な環境下において優れたロバスト性が期待出来るとしています。目先の株価は4,000円付近に横這う200日移動平均線が意識されそうです。



[4543]テルモ 
[1部]業種:精密機器
終値4,201円/前日比+155円
▼クリックで株探ページ▼

医療器具大手。心臓・血管分野に強み。カテーテルや人工心肺装置で世界高シェア。 本日確りと上昇しています。同社は1瓶で7回接種出来る特殊な注射器を開発し、今月末にも量産体制が整い生産を始める見通しだと昨晩のテレビ東京のワールドビジネスサテライトを皮切りに、色々なところで報じられています。5日に厚労省が製造・販売を承認したとのことです。大型株だけに買いを手控える向きも多いと言えるものの、今朝から日中にも続々と色々なニュースメディアで相次ぎ報じられたことで、終日堅調な展開となっています。今晩も色々なニュースメディアで報じられる可能性があり、明日の朝も高くなるのではと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3689]イグニス 
[M]業種:情報・通信業
終値2,242円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

スマホ向けアプリの企画・制作、ソーシャルゲーム・無料アプリを運営。VR、婚活サイトに注力。 本日寄り前から大量の買いものを集め、ストップ高の一本値で大幅続伸しました。同社は先週末5日引け後に、MBOの一環として普通株式と新株予約権についてTOBを実施すると発表しています。銭錕社長や代表取締役CTOの鈴木貴明氏、米投資ファンドのベインキャピタルが出資するi3社が同社の非公開化を目指して行うもので、TOB価格は3,000円、買付予定数は876万1149株(下限・上限設定なし)、買付期間は3月8日から4月19日までとしています。明日の株価もサヤ寄せする格好でストップ高が見込まれます。



[8090]昭光通商 
[1部]業種:卸売業
終値808円/前日比+6円
▼クリックで株探ページ▼

昭和電工グループの中核商社。化学品を主力に合成樹脂、金属、電子材料も。 先週4日引け後に、丸紅系投資ファンドが同社株に対してTOBを実施すると発表。同社の親会社である[4004]昭和電工は、同社株を44%保有していますが、29%分を応募するとのことです。TOB価格は796円となっており、TOB発表後からTOB価格を上回る水準で売買されています。このTOBに関して昭和通商は賛同の意見を表明しているものの、TOB価格である796円は少数株主に対してTOB応募を積極的に推奨出来る水準の価格に達しているとまでは認められないことから、TOBに応募するか否かについては、株主の判断に委ねる旨を決議したとのことです。このコメントが思惑に繋がっている模様です。TOB価格引き上げを目論むアクティビストによる買いが入ってくると期待する声も聞かれました。



[3854]アイル 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,758円/前日比+191円
▼クリックで株探ページ▼

独立系システム開発会社。中小向け中心。ネットショップと在庫の総合管理システム展開。 本日大きく急伸しました。同社は先週末5日引け後に決算を発表。2021年7月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比21.2%減の9.7億円に減りましたが、通期の同利益を従来予想の12.2億円から16.2億円へと32.7%上方修正。業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の12円から15円へと増額修正しました。また、複数ネットショップ一元管理クラウドサービスのJR東日本グループやマルイとの連携も発表しており、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[6620]宮越HD 
[1部]業種:電気機器
終値1,109円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

中国での不動産賃貸が主力。家電事業から撤退。深センの再開発に期待。 本日ストップ高まで買われています。同社サイトのトップメッセージページが本日更新されており、「2030年に時価総額1兆円」と大々的に謳っています。同社は今、経営の舳先を総合投資会社へと大きく転換している処で、先ず5年後の2026年に時価総額5,000億円、そして2030年には1兆円というアジアでも指折りの優良な投資会社を目指すとのことです。その長期戦略の1丁目1番地とも言える第1号の大型投資案件が中国・深セン市に計画しているWIC(ワールド・イノベーション・センター)という都市開発プロジェクトだとのことです。WICの都市開発プロジェクト絡みで同社株は期待感から既に大きく買われてきましたが、足元は大きく下落していただけに本日はこのメッセージが刺激となって、改めて見直す動きが強まった様子です。



[7980]重松製作所 
[JQ]業種:その他製品
終値1,042円/前日比+73円
▼クリックで株探ページ▼

産業用防毒マスクで首位。米3MへOEM供給。官公庁向けで実績。防塵用も。 本日大きく急伸しました。同社は先週末5日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の経常利益を従来予想の5.8億円から7.6億円に31.0%上方修正しました。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の10円から12.5円へと増額修正しました。新型コロナウイルス感染拡大による感染症対策用保護具の受注が好調を維持しております。株価は底値圏で揉み合いとなっていましたが、これをキッカケに新たなトレンド形成が期待されます。



[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド 
[M]業種:その他製品
終値180円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも。コナカグループ。 本日大幅上昇となり、ストップ高まで買われました。特に材料は見当たりませんが、エヴァンゲリオン関連として買われているとの見方が多いようです。映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」が本日から全国で公開開始となっています。同社はエヴァンゲリオンとのコラボ製品を手掛けていることから思惑的に物色されているとの見方です。映画が本日から公開されることは既に分かっていたことですが、都心部の映画館では、1ヵ所の映画館で複数スクリーン同時公開をしており、満席に近いスクリーンも続出しています。正に劇場版「鬼滅の刃」のように、大ヒットするとの見方が強まっている様子です。そうなれば同社も恩恵を受けるとの期待が改めて強まった様子です。明日以降も物色が続くか注目されます。なお、エヴァンゲリオンのパーカーやトレーナーを販売している[9876]コックスも関連株として終盤少し動意付いています。



[3802]エコミック 
[JQ]業種:情報・通信業
終値1,130円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

企業の給与計算代行などBPOが主体。北海道地盤で札幌と中国現法で処理。 本日後場13時半過ぎから急伸し、大幅反発してストップ高まで買われました。同社は本日13時30分頃、3月31日を基準日に1株を2株に株式分割すると発表。同時に2021年3月期の期末一括配当予想を10円から12円に引き上げるともしています。4月28日にジャスダック市場に上場したのを記念して、2円の記念配当を行うとのことです。足元の大幅2連騰で株価は今月入りからの急落分を一気に取り戻しており、次なる目標は2月12日の直近高値1,219円ということになりそうです。



[6239]ナガオカ 
[JQ]業種:機械
終値735円/前日比+56円
▼クリックで株探ページ▼

石油プラント内部装置大手。取水設備スクリーンに強み。海水淡水化などに注力。 本日大幅高です。同社は14時半に適時開示で、中国子会社がスクリーン・インターナルを大口受注したと発表。受注額は約4億円とのことです。同社は1月にもスクリーン・インターナルの大口受注を発表していましたが、その時は今期業績予想には織り込み済みとなっていました。ただ、今回は本件受注により、他の案件も含めた生産計画の見直しを行うとのことで、これに伴い2021年6月期の通期業績予想に修正の必要が生じた場合は、速やかに開示するとのことです。このコメントを受け業績予想の上振れ要因になるのではとの見方に繋がり、素直に買われています。明日以降も買いが続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3913]sMedio 
[M]業種:情報・通信業
終値1,105円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

デジタル家電向けネット接続ソフトの開発・販売。ライセンス収入、インテルAI開発に注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に子会社タオソフトウエアが、高解像度画像を表示する処理速度を向上させる特許を取得したと発表。超解像ディープラーニングを用いた低解像度画像を高解像度画像へ変換する処理の高速化や必要メモリの改善技術に関するもので、5G普及に伴い需要の高まりが見込まれます。株価は底値圏で推移していたこともあって割安感も強く、新たなトレンド形成が期待されます。



[4699]ウチダエスコ 
[JQ]業種:サービス業
終値2,975円/前日比-215円
▼クリックで株探ページ▼

パソコンネットワーク保守サービスが主力。OA消耗品とソフト運用も。内田洋行子会社。 本日大幅安です。同社は昨日、2Q決算と通期業績の上方修正を発表。2Qは累計で減収減益ながら四半期ベースで見れば11-1月期は大幅増収増益となっています。ただ、好感する動きは限定的で朝方少し買われる場面が見られたものの、売り込まれる動きになっています。特に足元、先回り的に上げていた訳でもないものの、決算期待で保有を続けていた向きも多い様子です。それだけに本日は出尽くし的な動きになっています。また、政策のGIGAスクール構想に絡んだ受注による面も大きく、特需的な見方もあるだけに来期以降は業績も減速するという懸念も強い様子です。



[6246]テクノスマート 
[2部]業種:機械
終値1,277円/前日比+130円
▼クリックで株探ページ▼

紙フィルム加工機主体。コーター・塗工機・乾燥機など。中国、韓国、台湾向け大。 本日寄り直後の急伸で大幅反発し、昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、旧村上ファンド関係者が運営する投資会社エフィッシモキャピタルマネージメントが、財務省に大量保有報告書を提出し、同社株の保有割合が6.09%と新たに5%を超えたことが判明しています。保有目的は純投資としており、本日の株価は需給思惑的な買いを集めた訳ですが、商い急増などから今後も荒い値動きが続きそうです。



[3923]ラクス 
[M]業種:情報・通信業
終値1,888円/前日比+50円
▼クリックで株探ページ▼

中小企業向けクラウドで開発・販売・支援。メール管理の大手。経費精算ソフトも。 本日確りと買われて高値引けとなっています。本日はゴールドマン・サックス証券が同社株の投資判断を「中立」から「買い」に格上げし、コンビクションリストに追加。目標株価を2,150円から2,500円まで引き上げています。それによれば、SaaS企業にとって売上高の高成長率を想定しているとのことで、更に長期では利益も高成長を予想するとのことです。また、直近の株価下落で良い買い場が訪れたことを格上げの理由としています。新興市場の地合いは足元弱含みとなっており、同社株も買われ難い状況が続いていましたが、最近は下げ渋っており、下値では確りと拾われているとの見方も多い様子です。来週の動向が注目されます。



[2315]CAICA 
[JQ]業種:情報・通信業
終値58円/前日比+3円
▼クリックで株探ページ▼

金融向け中心のSI。フィンテック関連に注力。教育関連事業も。フィスコと親密。 本日寄り付き直後に急伸し、大幅反発となりました。昨日引け後に、同社が発行する暗号資産「CAICAコイン」が、上海・台北を拠点とする暗号資産交換所であるHotbitに、2021年3月10日に上場することを発表。IT金融の更なる深化に向けてCAICAコインの海外投資家への認知度向上や利用範囲の拡大、更なる可能性を追求し、革新的な金融サービスを創出していくとしています。株価は直近の三角保ち合いが大分煮詰まってきており、そろそろ方向性が決定しそうです。



[6161]エスティック 
[2部]業種:機械
終値4,350円/前日比+285円
▼クリックで株探ページ▼

ねじ締め工具・装置で国内首位級。自動車工場向けが主力。海外に注力。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績・配当修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の7.6億円から10.1億円に33.0%上方修正。また、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の42円から57円に大幅増額修正しました。米国や中国市場における売り上げが想定を上回っていることが要因としています。株価は一時75日移動平均線をブレイクしましたが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[6502]東芝 
[1部]業種:電気機器
終値3,765円/前日比+215円
▼クリックで株探ページ▼

総合電機大手。米原発事業巨額損失で撤退。メモリ売却、インフラ軸に再建へ。 本日確りと買われて続伸しています。足元で機関投資家による買いが継続しているとの見方です。昨夕提出された大量保有報告書では、ブラックロックジャパンが同社株を大量保有していることが明らかになり、本日午前中に提出された大量保有報告書では、みずほ銀行、みずほ証券、アセットマネジメントOneが共同保有で大量保有していることが明らかになっています。同社株は1月29日から東証1部に復帰していることから、改めて買ってきている機関投資家も多い模様です。また、昨年上場を延期した同社が依然として大株主となっているキオクシアの上場再承認が近いのではとの思惑もある様子です。



[6778]アルチザネットワークス 
[2部]業種:電気機器
終値1,848円/前日比+218円
▼クリックで株探ページ▼

通信計測器メーカー。IP電話や携帯の基地局・交換機向け強み。5G向けも受注。 本日大幅上昇です。同社は昨日、2Q決算を発表。通期業績は既に先日上方修正済みですが、昨日発表された2Q決算は累計でも四半期ベースでも大幅増収増益となっており、通期計画への進捗率が非常に高くなっています。それだけに再度の上方修正も必至との見方に繋がり、本日は見直されています。同社株は今月1日に上方修正を発表し、翌2日は買われたものの、寄り高のあと昨日まで下落基調となっていました。それだけに押し目買いのキッカケとなった面もあるようです。また、同社は決算と同時にドコモが2030年に向けて技術開発を進めている5Gevolutionと6Gの分野における3GPP標準化業務において協力することになったとも発表しており、それを好感する向きもいる様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4627]ナトコ 
[JQ]業種:化学
終値1,463円/前日比+153円
▼クリックで株探ページ▼

塗料中堅。高機能品に強み。スマホ向け樹脂用も展開。ファインケミカルが拡大。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年10月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比70.3%増の5.6億円に拡大。併せて、11-4月期の同利益を従来予想の6.1億円から9.4億円へと52.8%上方修正し、増益率が0.2%増から53.1%増に拡大、14期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しを示しました。これを好感視する買いが流入していますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[7752]リコー 
[1部]業種:電気機器
終値1,117円/前日比+150円
▼クリックで株探ページ▼

複写機で首位級。商用・産業印刷に注力。車載カメラに画像処理技術も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、1億4500万株・1,000億円を上限とする自己株取得を発表。取得株は全て消却する予定とのことです。1億4500万株は発行済み株式数の20.02%にもなりますが、実際1,000億円でそれだけの株数を買い付けるには、平均1株690円程度で買い付ける必要があります。現状の株価から実際は1,000億円で買い付けられる株数は買えても9000万株程度だとの見方が多いですが、それでも大規模だけに、インパクトは強いとの見方です。取得期間は1年間と長いものの、株価の下支え要因にはなりそうです。目先この材料でどこまで上げられるか注目されます。



[4425]Kudan 
[M]業種:情報・通信業
終値3,850円/前日比+525円
▼クリックで株探ページ▼

人工知覚技術の研究開発やライセンスの提供。国内外の先端技術企業と提携。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反騰しました。同社は昨日、公式ツイッターで「embedded award 2021」のスタートアップ部門で最優秀賞を受賞したと発表。同社は26日に「embedded award 2021」スタートアップ部門の最優秀賞候補3社の内、1社としてノミネートされたことを明らかにしていましたが、アワードの最優秀賞候補にノミネートされることは日本企業としてここ10年で初めてとのことです。本日の株価は大台4,000円を前に跳ね返されており、先ずは直近高値レベルであった3,700円処を固めたい処です。



[9715]トランスコスモス 
[1部]業種:サービス業
終値2,870円/前日比+110円
▼クリックで株探ページ▼

アウトソーシングビジネス大手。BPOサービス、コールセンターに強み。電話自動受付サービスも。 本日寄り後確りと買われて逆行高になっています。本日後場に日経平均は一段安となり、全体的に下落する局面でも大して売られず本日は高値圏での揉み合いを続けていました。本日は東海東京調査センターが、同社株の投資判断を最上位の「OP」を継続しており、目標株価を時価の2倍以上となる6,200円まで引き上げたことが支えになっているとの見方です。元々、同センターは同社株の目標株価を高く設定していたものの、今回それを更に引き上げたことで、見直しの動きに繋がった様子です。ただ、リスク要因は東京オリンピック開催動向だと指摘しており、開催中止になると来期の増益ビジビリティが定まらなくなる可能性が高いとのことです。



[9517]イーレックス 
[1部]業種:電気・ガス
終値1,787円/前日比+124円
▼クリックで株探ページ▼

電力買取り、工場・家庭に販売。ガス小売りも。自社でバイオマス発電。海外進出。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の84.6億円から140億円へと65.4%上方修正し、一転して59.7%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しを示しました。販売電力量の順調な増加により電力小売事業の売り上げが伸長したことや卸販売の増加などが寄与。ただ、ボリンジャーバンドの+3σ付近からの上値は重く、慎重に動きを見たい処です。



[7774]ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 
[JQG]業種:精密機器
終値802円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

再生医療ベンチャー。自家培養表皮や軟骨などを開発。富士フイルムHD傘下。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しました。[3401]帝人による同社株のTOBが終了し、帝人が議決権所有割合57.72%を取得して親会社になると発表しています。[4901]富士フイルムHD傘下の富士フイルムはTOBに応募し、保有株全てを売却することから親会社から外れ、同社との資本業務提携も解消します。株価はTOB発表後に急騰し、2月は790円前後で推移していましたが、今週に入り大きな下げが見受けられました。本日はTOB成立が好感されて大きく動きましたが、結局2月水準で終えており、新材料が確認されない限りこのレベルが地相場なのかも知れません。



[6632]JVCケンウッド 
[1部]業種:電気機器
終値228円/前日比+26円
▼クリックで株探ページ▼

ビクターとケンウッドが統合。AV機器、車載、業務用に注力。ドラレコ関連事業を強化。 本日逆行高となっており、大幅上昇しています。本日は野村證券の強気なレポートが刺激になっているとの見方です。同證券は同社株の投資判断「Buy」を継続し、目標株価を従来の350円から400円まで引き上げています。昨日の終値水準の2倍近くの目標株価ということもあり、本日は見直し買いが集まった様子です。低位株ということも買い易さに繋がっている様子です。地合いが悪くなければ、もっと上げていたのではとの声も聞かれました。明日以降、昨年来高値279円を目指す展開になるか注目されます。



[3469]デュアルタップ 
[2部]業種:不動産業
終値663円/前日比+100円
▼クリックで株探ページ▼

都内で投資用マンション開発・販売、賃貸管理、補修。海外不動産事業も展開。 本日後場から買われてストップ高になっています。本日12時半に提出された大量保有報告書で、不動産事業手掛けるシーラHDが同社株を買い増したことが明らかになっています。これを受け思惑的に物色されたとの見方です。昨年10月に最初にシーラHDが同社株を大量取得したことが明らかになった時は、連日ストップ高で株価が一時2倍強になった経緯があります。それだけにシーラHDの買い増しで、昨年の相場を覚えていた個人投資家が、思惑が再び強まるとの期待で買いに来た様子です。なお、シーラHDの創業者で取締役会長の杉本宏之氏は、2005年〜2009年まで名証セントレックスに上場していたエスグラントコーポレーションの代表取締役社長でもあります。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[8301]日本銀行 
[JQ]業種:銀行業
終値47,000円/前日比+7,000円
▼クリックで株探ページ▼

日銀法に基づく認可法人。中央銀行。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅5営業日続伸で、3日連続ストップ高にて昨年来高値を更新しました。特段材料は無いものの、同社株は1980年代後半のバブル期に投機対象になった経緯があり、投資資金が溢れている株式市場の熱狂を象徴しているという見方です。株価は4万円乗せを達成したあとも騰勢を強めており、2018年5月以来の47,000円台となっていますが、商いは薄く短期的な需給要因で動いていると見られ、ババ抜き状況に入っていると思われます。



[9603]エイチ・アイ・エス 
[1部]業種:サービス業
終値2,375円/前日比+143円
▼クリックで株探ページ▼

格安航空券販売の最大手。個人旅行に強み。ハウステンボス、ホテルの運営も。 本日大幅高です。本日は旅行関連株などアフターコロナ株に買われている銘柄が目立っています。一都三県は緊急事態宣言を延長するよう政府に要請する方向で検討に入ったと報じられていますが、嫌気する動きは見られず逆にアク抜け的に買われているような格好です。今週は旅行関連などアフターコロナ株に売られているものが目立っていましたが、東京都などの緊急事態宣言延長懸念もあったのではと見られています。実際に一都三県の緊急事態宣言延長が正式に決まれば、これらの銘柄がどういう動きを見せるのか注目されます。何れにせよアフターコロナ株は押し目を作りながらも買われていく展開が続くと見る向きも多いようです。



[2764]ひらまつ 
[1部]業種:小売業
終値206円/前日比+23円
▼クリックで株探ページ▼

高級レストランを展開。創業者の平松氏がシェフを兼任。ホテル事業も手掛ける。 本日前場寄り後の急伸で大幅反発しました。同社創業者で元代表取締役社長の平松氏が設立・運営するひらまつ総合研究所から提起されていた損害賠償等請求訴訟について、同社は3月1日に和解が成立し、円満に全ての紛争が解決したと発表。総額12.4億円の請求を内容とする訴訟が提起されていましたが、1.7億円の支払いなどで和解した模様です。株価はリスク要因払拭により、買い安心感が強まる格好で上昇しましたが、妥当値が見出し難い案件で需給勝負になっているため、回転メインの対象になりそうです。



[4028]石原産業 
[1部]業種:化学
終値907円/前日比+64円
▼クリックで株探ページ▼

酸化チタンの最大手。機能材や環境商品など。自社開発農薬も世界展開 本日大幅高です。いちよし証券が同社株の投資判断を「A」継続とし、フェアバリューを1,800円まで引き上げたことが追い風になっているとの見方です。10-12月期は営業赤字に転落 しましたが、1-3月期は農薬の需要期になるため、40億円の黒字になると指摘。また、足元で酸化チタンのアジア市況が底打ちしており、同社も値上げを打ち出して来期は4期ぶりのスプレッド改善の公算が高まっているとのことです。来期には工場もフル稼働となり、業績の大幅な改善が期待されるとのことです。フェアバリュー1,800円は時価を大きく上回る水準だけに見直し買いにキッカケとなった様子です。明日以降、昨年来高値1,066円を目指す展開になるか注目されます。



[6330]東洋エンジニアリング 
[1部]業種:建設業
終値639円/前日比+73円
▼クリックで株探ページ▼

三井化系、プラント大手。化学肥料、石油・石化に強み。米プラント損失で再建中。 本日小確りで寄り付いたあとから上値追いが本格化して続急伸しました。世界的に脱炭素への取り組みが加速する中、火力発電用燃料としてアンモニアが注目されており、肥料の原料であるアンモニアの知見で同社の存在感が高まっているようです。業績面でも通期見通しの大幅な上振れが期待出来る状況にあると言えるでしょう。本日の大幅高で株価は昨年2月以来の600円台乗せを達成しており、昨年来高値700円を視界に捉えた格好です。



[7412]アトム 
[2部]業種:小売業
終値905円/前日比-53円
▼クリックで株探ページ▼

回転ずし、居酒屋、ステーキの外食中堅。名古屋から東に展開。コロワイド傘下。 本日大幅安です。同社は昨日、親会社のコロワイドが保有する同社株の一部を売り出すと発表。最大で2300万株、発行済み株式数の12%近くにもおよびます。これにより、浮動株が増えることになり、需給悪化に繋がることから本日は大きく売られて始まっています。ただ、寄り後は下げ渋りも見られており、押し目買いも入っているようで高値引けとなりました。優待人気も高い銘柄であり、今月末は権利取りだけにチャンスとばかりに優待目当てで買いを入れる個人投資家も多い様子です。ただ、コロワイドの一部売り出しにより、優待目的で保有する個人投資家増がえることになり、同社の優待コストが大きく増加するのは必至で、優待改悪に踏み切らざるを得なくなると警戒する声も聞かれました。



[2670]エービーシー・マート 
[1部]業種:小売業
終値6,230円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

靴小売店「ABCマート」を全国展開。スポーツ、カジュアルが軸。海外出店を強化。 本日確りした寄り付き後に右肩上がりの展開となり、反発しています。同社は昨日引け後に、2021年2月期2月度の売上高を発表。既存店が前年同月比9.8%減で、全店が同8.5%減と共に減収でしたが、それぞれ1月度から勢いが回復しました。2月度は前年に比べ営業日が1日少ない曜日並びで、緊急事態宣言の影響もありましたが、中旬以降客数が伸び、全国的に回復傾向となったようです。本日の大幅高で株価は直近上値を放れており、先月からの下降トレンドが転換するか注目されます。



[7004]日立造船 
[1部]業種:機械
終値770円/前日比+57円
▼クリックで株探ページ▼

ゴミ焼却発電設備を主柱に船舶用機器、シールド掘進機など。造船を分離。 本日大幅上昇となり、昨年来高値を更新しています。昨夕提出された大量保有報告書によれば、米投資ファンドのラザード・アセットが同社株を大量保有していることが明らかになっています。2月26日時点で発行済み株式数の5.12%にあたる871万400株を保有しています。これが追い風になっているとの見方に加え、本日は景気敏感株などのバリュー株に買われている銘柄が目立っており、その流れも同社株には追い風になっているとの見方もあります。同社株は脱炭素関連として以前から見直し買いが継続的に入っており、ラザード・アセット以外にも買ってきているファンド勢が多いとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3825]リミックスポイント 
[2部]業種:情報・通信業
終値168円/前日比+16円
▼クリックで株探ページ▼

暗号資産交換所「ビットポイント」運営。中古車売買やホテル、売電事業を展開。 本日大きく急伸しました。同社株は直近のビットコイン価格急落により、それに引き摺られる形で株価を下げていましたが、前日の取引ではビットコイン価格が再び48,000ドル台を回復。また、米大手金融会社が暗号資産のトレーディングに前向きな姿勢を見せていることで、東京市場でもビットコイン関連銘柄に短期筋の攻勢が再び活発化しています。ただ、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、慎重に動きを見たい処です。



[3696]セレス 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,215円/前日比+490円
▼クリックで株探ページ▼

ポイントサイト「モッピー」などスマホ向けサイト運営。仮想通貨、ブロックチェーン、投資事業も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に、ブロックチェーン技術のコンサルティングを手掛けるHashPort社との資本・業務提携を発表。今回の提携で、暗号資産の新規取扱いコンサルティングから、ウォレット管理システムを含む暗号資産取引所システムまで一気通貫で提供する国内唯一の会社になりました。業容拡大に対する思惑が株価を強く刺激しており、2月22日に付けた高値4,455円を目指す動きにあります。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値5,480円/前日比+220円
▼クリックで株探ページ▼

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 今朝の日経新聞で、同社は中国のネット通販最大手アリババ集団と組んで越境販売を始めると発表したと報じられています。日本のフリマアプリ「メルカリ」に出品された商品を中国の利用者が購入出来るようにし、越境ECを強化するとのことです。これが好感され大幅高で始まるも寄り後は上げ幅を縮小してくる動きになっています。昨日、[4689]Z HDとLINEが正式に経営統合し、決済サービス「PayPay」に「LINEペイ」を統合すると発表。想定されていたことですが、改めて競合する同社決済サービス「メルペイ」事業への先行き不透明感が重しになっているとの見方です。明日以降の動向が注目されます。



[3328]BEENOS 
[1部]業種:小売業
終値2,597円/前日比+249円
▼クリックで株探ページ▼

越境eコマース事業が主力。ネット宅配買い取り、海外発送代行等。投資事業も。 本日大幅高です。メルカリがアリババと組んで越境販売を始めると発表しましたが、越境販売では同社と協業し、注文が入ると同社が商品を代理購入し、中国の注文者に届ける仕組みだとのことです。2年前からメルカリは同社子会社と越境EC事業で提携していました。今回メルカリがアリババと提携し、越境EC事業を強化するとのことだけに同社も恩恵を大きく受けるとの期待から買われています。地合いの影響もあって株価はほぼ寄り高状態となっていますが、明日以降改めて買われる動きになるのか注目されます。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,976円/前日比+246円
▼クリックで株探ページ▼

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。 本日大幅上昇です。昨日、Z HDとLINEが正式に経営統合したことから改めて思惑が再燃し、本日は見直し買いに繋がっているとの見方です。同社はLINE傘下だけに新たな事業展開などの何らかの動きが出てくるのではとの期待も強い様子です。以前、同社と[9984]ソフトバンクグループが出資しているUberEatsは、互いに買収提案を行ったとの報道が出たこともあり、その動きが再び動き出すのではと思惑にも繋がっているようです。明日以降も買いが続くか注目されます。



[9709]NCS&A 
[2部]業種:情報・通信業
終値513円/前日比+30円
▼クリックで株探ページ▼

独立系ソフト開発老舗。総合情報サービスを展開。NECと緊密。機器販売も。 本日大幅ギャップアップスタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の連結業績予想について発表。営業利益を6億5,000万円から前期比16.3%減の7億5,000万円へ、純利益を6億円から同35.6%減の7億3,000万円へ上方修正し、併せて期末一括配当予想を12円から15円へ引き上げました。直近の株価は先月24日以降スピード調整を余儀なくされてきましたが、本日の大幅高で一気にその下げ分を取り戻しており、目先は24日ザラ場高値522円が意識されそうです。



[3464]プロパティエージェント 
[1部]業種:不動産業
終値1,920円/前日比+197円
▼クリックで株探ページ▼

東京23区や横浜地区で資産運用型不動産の開発・販売・管理を手掛ける。 本日3営業日ぶりに急反発し、昨年来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、東京都新宿区と文京区にある販売用不動産2件を売却したと発表。売却先は都内の法人で売却価格は非開示としていますが、2件合わせて2020年3月期売上高226億7,400万円の10%以上に相当する額としています。本日の株価は逆風下高値圏を維持して終えており、目先1,900円処が固まれば、2018年6月の上場来高値2,092円奪回への態勢が整うことになります。



[7944]ローランド 
[1部]業種:その他製品
終値3,775円/前日比+245円
▼クリックで株探ページ▼

電子ピアノやシンセサイザーなどの電子楽器や音響機器の開発・製造を手掛ける。 本日寄り高ながらも大幅高となっています。本日はSMBC日興証券が同社株の投資判断を新規「1」でカバレッジを開始しています。目標株価は5,800円と時価を大幅に上回り、上場来高値も大きく上回る水準です。同社は楽器業界の中でも電子楽器比率100%の専業メーカーと特徴あるポートフォリオを有することで同業他社を超えた成長を実現出来る潜在力を有していると指摘しています。これを受け本日は見直し買いに繋がっているものの、上値の重さも見られています。同証券は同社の主幹事だけに多少盛っている面もあるのではとの警戒もある様子です。明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7608]エスケイジャパン 
[1部]業種:卸売業
終値476円/前日比+36円
▼クリックで株探ページ▼

ゲームセンター向け景品やキャラクター関連商品が主力。自社オリジナルキャラクター商品化も。 本日大幅ギャップアップスタートから急反騰しています。同社は先週末2月26日引け後に、2021年2月期の連結業績予想について発表。売上高を52億円から前期比18.2%減の54億円へ、営業利益を1億5,000万円からどう63.9%減の2億2,000万円へ、純利益を1億5,000万円から同47.8%減の2億7,500万円へ上方修正しました。本日の株価は高寄り後に大きく上値を伸ばすも長い上影を形成しており、明日以降仕切り直しとなります。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値1,472円/前日比+72円
▼クリックで株探ページ▼

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日急伸しました。同社は先週末2月26日引け後に業績修正を発表。2021年2月期の連結経常利益を従来予想の2.4億円から4.8億円へと2.0倍上方修正し、増益率が3.6倍から7.4倍に拡大する見通しとなりました。モデルナ社製の新型コロナワクチン用ディープフリーザーについて、厚生労働省向け追加受注が発生したことが寄与。1月高値からの調整が進んでいたこともあって、押し目買いの手掛かり材料に繋がっていますが、75日移動平均線付近からの上値は重く、慎重に動きを見たい処です。



[4751]サイバーエージェント 
[1部]業種:サービス業
終値6,730円/前日比+310円
▼クリックで株探ページ▼

ネット広告事業とゲーム事業が2本柱。ネットテレビ局「AbemaTV」に注力。投資事業も。 本日確りと上昇しています。同社子会社のCygamesが開発し提供しているスマートフォン向けゲーム「ウマ娘プリティーダービー」が話題となっており、刺激を受けているとの見方です。美少女化した名馬を育成し大レースでの勝利を目指すシミュレーションゲームで配信早々、AppStoreトップセールスランキングで1位を獲り、更にGooglePlayトップセールスランキングでも1位を獲得しています。先週末からは全国地上波などで新CMも配信されており、ネット上でも話題になっている模様です。話題性だけの人気に留まるのか、長期的なヒット作になるのか見方が分かれるものの、期待する向きも多いようです。



[9613]NTTデータ 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,757円/前日比+132円
▼クリックで株探ページ▼

情報サービス最大手。官公庁、金融機関向け大型システム受託に強み。海外拡大。 買い気配スタート後も積極的な上値追いが見られ急反発して昨年来高値を更新しました。先週末26日の株価は高寄り後に地合い悪もあり、伸び悩み下落したものの、下げた場面では確信犯とも思われるような押し目買いが散見されていました。本日、2月5日高値を上放れたことで目先値動きが軽くなるか注目されます。なお、思惑が飛び交っているタイプですので、保有継続には明確なロスカット値の設定が条件となるでしょう。



[3088]マツモトキヨシHD 
[1部]業種:小売業
終値4,770円/前日比+590円
▼クリックで株探ページ▼

都市型ドラッグストアの代表格。化粧品に強み。PB注力。ココカラファインと経営統合へ。 本日大幅上昇です。同社は先週末、[3098]ココカラファインとの経営統合の最終合意を結んだと発表。今年10月に共同持ち株会社を設立し、両社が傘下に入る格好となり、その株式交換比率も発表しています。本日は、その後交換比率にサヤ寄せする格好となっていますが、両銘柄共に大きく上昇しており、漸く正式に決まった経営統合を好感する動きも加わっているようで、統合によるシナジー効果を本格的に織り込み始めたのではとの声も聞かれました。明日以降も確りとした展開を続けられるか注目されます。



[8001]伊藤忠商事 
[1部]業種:卸売業
終値3,292円/前日比+124円
▼クリックで株探ページ▼

総合商社大手。非資源事業が主力。中国ビジネスに強み。傘下にファミマなど。 本日大幅高となり、上場来高値を更新しています。米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる米バークシャー・ハザウェイが27日に年次書簡、所謂「株主への手紙」を公表。日本株として初めて同社株が上場株の保有額上位15銘柄に入っています。バークシャー・ハザウェイによる同社株の保有額は時価で23億3,600万ドル(約2,490億円)と記載されています。バークシャー・ハザウェイは昨年8月に同社株や三菱商事、住友商事、三井物産、丸紅の商社大手5社をそれぞれ5%超取得したことを明らかにしていました。その時より保有額は株価の上昇により増えていますが、保有株数自体はほぼ変わっていないことから目新しさは乏しいとの声も聞かれました。ただ、本日は改めて見直す動きに繋がっている様子です。



[4390]アイ・ピー・エス 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,255円/前日比+336円
▼クリックで株探ページ▼

フィリピンの通信ネットワーク提供や在日人派遣が主力。国内はMVNOの通信サービス。 本日買い気配スタートからの大陽線で急反発し、昨年来高値を更新しました。同社は本日寄り前に子会社のInfiniVANが、フィリピン国家通信委員会から1.5ギガヘルツ帯の周波数帯(20メガヘルツ×2)を新たに割り当てる通知書を受領したと発表。5Gがその技術的能力を最大限に発揮するまでには今後数年間を要すると見られており、それまでの間は従来の4G技術と新規の5G技術が併用されていく見込みだとのことです。目先の株価は早期の一段高が見られれば新展開に入っていきそうです。



[9973]小僧寿し 
[1部]業種:小売業
終値69円/前日比+18円
▼クリックで株探ページ▼

持ち帰りすし大手。「小僧寿し」「茶月」全国展開。宅配「デリズ」新業態も。 本日大幅上昇です。同社は本日14時20分に未定としていた2021年12月期業績予想を発表。前期比大幅増収増益計画となっており、四季報予測も利益面はやや上回っています。これが好感されて大きく値を伸ばす展開になっています。ここまで買われる程のサプライズ感は乏しいと言えるものの、物色難というタイミングだったことや低位株ということもあって短期資金による物色材料になった面もあるようです。ネット証券で一般信用売りで空売りした短期資金が踏まされているとの声も聞かれました。続く物色にはならないとの見方が多いものの、最近は低位株に物色が続くものが目立っているだけに、意外と続く期待もあるのではとの声も聞かれました。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[2315]CAICA 
[JQ]業種:情報・通信業
終値59円/前日比+2円
▼クリックで株探ページ▼

金融向け中心のSI。フィンテック関連に注力。教育関連事業も。フィスコと親密。 本日買い気配スタートから続伸しました。同社は昨日引け後に、持分法適用関連会社のZaif Holdingsの株式を取得し、連結子会社化すると発表。同社は暗号資産の取引所運営会社を傘下に持ちます。取得価額は約37億円で、異動後の議決権所有割合は40.72%です。また、[3807]フィスコとの資本業務提携を強化し、同社株41万9500株を約1億円で取得する他、ネクス社の保有株全てを[6634]ネクスグループに5.89億円で譲渡します。本日の株価は安値引けとなりましたが、週明け早々に地均しが進めばもう一相場あっても不思議ではありません。



[3662]エイチーム 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,515円/前日比+300円
▼クリックで株探ページ▼

スマホゲーム、日常生活情報サイト運営が主力。自転車など大型商材ECサイト運営も。 本日ストップ高まで買われました。同社は朝方に[9684]スクウェア・エニックスHDとの共同開発によるグローバル市場を対象にしたスマートフォン向けゲームアプリ「ファイナルファンタジーVII ザ ファーストソルジャー」が、本日発表されたと発表しています。「ファイナルファンタジーVII」の世界を舞台にしたバトルロイヤル・アクションゲームで、アイテム課金型となっており、2021年内配信予定とのことです。これが好感されて寄り付きからストップ高となっています。ただ、配信予定が今年中と結構曖昧であり、いつになるか不透明感も強いことから積極的な買いは続かないとの見方が多い様子です。同社は3月12日に2Q決算発表を予定していることから、そこでこれに関する追加情報も出てくるのではと期待する声も聞かれました。



[6912]菊水電子工業 
[JQ]業種:電気機器
終値901円/前日比+43円
▼クリックで株探ページ▼

電子計測・電源機器メーカー。据置型直流安定化電源、耐電圧試験器で首位。 本日ギャップアップスタートから大幅反発しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期の営業利益予想を従来の1.00億円から4.40億円に上方修正しています。重点市場の航空宇宙、電池、自動車のCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)に加え、サーバー・ICT(情報通信技術)関連市場、半導体関連市場などで回復基調が見られたことから、需要が想定を上回って増加したことが背景とのことです。本日の株価は、15日の高寄り大陰線と被るような格好で長い上影を残しており、落ち着き処のレベルで次なる展開が分かれそうです。



[2375]ギグワークス 
[2部]業種:サービス業
終値2,946円/前日比+188円
▼クリックで株探ページ▼

IT支援サービス展開。BPO業務支援や人材派遣が主体。コールセンターやPCサポートも。 本日買い気配スタートから大幅続伸しています。同社は昨日引け後に、3月31日を基準日として1株を3株に株式分割すると発表しました。効力発生日は4月1日で投資単位当たりの金額を引き下げることで投資し易い環境を整え、株式の流動性の向上と一層の投資家層の拡大を図ることを目的としています。本日の株価は高寄り直後に一段高となるも長い上影を残しました。これが全体相場の影響なのか否か、週明け早々試されることになります。



[2489]アドウェイズ 
[1部]業種:サービス業
終値833円/前日比-79円
▼クリックで株探ページ▼

PC・スマホ向けアフィリエイト広告で国内大手。SNS各社と提携。海外広告配信に注力。 本日前場下げ渋りを見せていたものの、後場大幅安になっています。同社は本日前引け後に、自社株買い上限の約30億円分取得が完了し、終了したと発表。同社は2月16日に、750万株・30億円を上限とする自社株買いを発表していました。750万株買えば発行済み株式数の18%程度にもなりますが、同社の株価からも30億円では750万株も買えないことから、実際買っても発行済み株式数の7〜9%程度に留まるとの見方は多く、それでも十分な規模ですが、同社は過去自社株買いを発表しても予定数を買い付けずに終了したこともあるだけに、今回も上限30億円も買わない恐れもあるとの声も聞かれていました。ただ、実際買っていたことが明らかになり、自社株買い終了で後場は売られたものの、実際に買い付けたことは好感出来るとの見方もあり、足元の業績が良いこともあって買い場になると期待する声も聞かれました。



[4748]構造計画研究所 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,720円/前日比+139円
▼クリックで株探ページ▼

独立系SI会社。製造業・建築業向けシステム開発が主力。解析シミュレーションに強み。 本日大幅買い気配スタートから続伸しました。同社は昨日引け後に、2021年6月期単独業績予想について発表。売上高を127億円から前期比0.5%増の135億円へ、営業利益を15億円から同8.4%減の17億円へ、純利益を10億円から同0.3%減の12億円へ上方修正しました。上期業績とその後の状況を踏まえて見通しを精査したことが要因としています。株価は2月15日高値以降スピード調整を強いられてきましたが、本日の大幅高で下げ分を一気に取り戻しており、目先は2,700円処を固められるかどうかになりそうです。



[4174]アピリッツ 
[JQ]業種:情報・通信業
終値6,600円/初値比+1,000円
▼クリックで株探ページ▼

ECサイト構築やWebシステム開発、オンラインゲームの企画・開発などを手掛ける。 昨日新規上場した銘柄ですが、初値付かずとなっていましたが、本日後場に初値を形成しています。同社はWebソリューションやオンラインゲームを手掛けており、業績は順調に拡大していて、[4751]サイバーエージェントの藤田晋氏や[3328]BEENOS創業者の佐藤輝英氏が出資していることから、話題性もあるIPOとなります。ベンチャーキャピタル保有もあり、既にロックアップ解除状態ながら超小型IPOということから需給は逼迫しており、公開価格1,180円で初値は約4.7倍の5,600円になっています。初値形成後は売られたものの、売り一巡後は売りも枯れたかのように上げていく動きとなっており、結局ストップ高まで買われています。暫くIPOも無いことから、直近IPOを牽引していく存在になるのではと期待する声も聞かれました。週明けの動向が注目されます。



[4175]coly 
[M]業種:情報・通信業
終値8,140円/初値比-310円
▼クリックで株探ページ▼

スマホゲームの企画や開発、運営を手掛ける。ゲームキャラクターのグッズ販売も。 本日新規上場した銘柄で、女性向けモバイルオンラインゲームの開発・運営を手掛けています。女性向けシナリオとパズルゲームを組み合わせた「スタンドマイヒーローズ」が代表作で、足元は魔法使いと心を繋ぐ育成ゲーム「魔法使いの約束」が好調です。先日には「魔法使いの約束」の初の舞台化が発表されました。公開価格は4,130円で初値は2倍超となる8,450円で形成しています。初値形成後は急騰し、一時ストップ高近くまで上げる場面も見られました。ただ、その後は大きく失速して陰線で引けています。既存株主は経営陣3人だけで180日間のロックアップが掛かっており、株価上昇により解除もありません。ただし、公募売り出し株数が150万株超あり、マザーズIPOにしては荷もたれ感あるレベルと言えます。前期の2021年1月期業績予想は、大幅増収増益計画だけに買いを集めたものの、コロナ禍による巣ごもり需要の影響も大きいとの見方もあり、今期業績は伸び悩むとの警戒も強いようです。ただ、話題性はあるIPOだけに、このまま埋もれることは無いと期待する声も聞かれました。来週の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6281]前田製作所 
[JQ]業種:機械
終値555円/前日比+75円
▼クリックで株探ページ▼

前田建設系の建設機械販売会社。コマツ総代理店大手。自社機械製造も。 本日寄り前から大量の買いものを集め急伸しました。同社は昨日引け後に、[1824]前田建設工業と[1883]前田道路との3社が共同持ち株会社を設立し、10月1日に経営統合することで合意したと発表。株式移転比率は、共同持ち株会社1株に対して同社0.58株、前田建設工業1株、前田道路2.28株を割り当てます。24日引け値を基にした前田道路の理論株価が2,257.20円、同社株は574.20円となり、本日の株価はこれにサヤ寄せする動きになった格好です。今後も比率を確認しながらの推移となります。



[6502]東芝 
[1部]業種:電気機器
終値3,480円/前日比+25円
▼クリックで株探ページ▼

総合電機大手。米原発事業巨額損失で撤退。メモリ売却、インフラ軸に再建へ。 本日大商いです。同社は1月29日付で東証1部に指定替えとなっており、それに伴い本日終値ベースでTOPIXに組み入れられるため、それに絡んだパッシブファンドなどの買いにより大商いとなっています。一部の試算によれば、同社株には約1,300億円の買い需要が発生する見通しだけに先回り的な買いもかなり入っていた様子です。東証1部への指定替えが承認されてから同社株は随分と買われていただけに、本日は手仕舞い売りも多く出たようですが、それでもプラス圏で引けています。TOPIX組み入れという一つの大きなイベントを通過しただけに、明日以降手掛け難いとの声も聞かれましたが、次は昨年上場を直前で中止したキオクシアの上場というイベントが期待されているだけに、下げれば買い入れる向きも多いと考えられます。なお、[4443]Sansanも先月から東証1部になっているだけに、本日引けでTOPIX組み入れに伴う特需買いが入り、確り上げています。ただ、やはり本日引けでTOPIXに組み入れられた[9055]アルプス物流、[4434]サーバーワークス、[6556]ウェルビー、[2804]ブルドックソースは何れも下げて引けています。



[5928]アルメタックス 
[2部]業種:金属製品
終値284円/前日比+31円
▼クリックで株探ページ▼

住宅向けアルミサッシメーカー。積水ハウス向け主体。住宅新改築の廃材再生受託も。 本日大幅買い気配スタートから3営業日続伸しました。同社は昨日引け後に、2021年3月期業績について発表。非連結経常損益を従来予想の8,500万円の赤字から一転して6,000万円の黒字に浮上する見通しとなったと発表しています。主力製品である新設戸建用住宅建材の受注が想定より伸びることに加え、総費用削減の取り組みが寄与するようです。株価は一時、昨年2月以来の高値を付けた訳ですが、高寄り後は上下に長い影を残しており、暫く荒い値動きとなるかも知れません。



[6182]ロゼッタ 
[M]業種:サービス業
終値2,399円/前日比+400円
▼クリックで株探ページ▼

人工知能型機械翻訳のソフト提供。研究・開発や産業企業向け専門に翻訳。 本日ストップ高まで買われました。昨日引け後に同社子会社MATRIXが、VR上にリアルタイム通訳システムを組み込み言語フリーの世界を実現したと発表。その空間の中に入れば自由に英語と中国語を話す人とコミュニケーションが可能になるとのことで、言語フリーで商談出来る会議室を貸し会議室サービスとして提供を始めるとのことです。なお、3月9日には、この「言語フリーの世界」についてプレス発表会を行うとのことです。その後はマスコミなどでも取り上げられると思われ、それまでは思惑的に確りとした展開が続くのではと期待する声も聞かれました。



[2468]フュートレック 
[2部]業種:サービス業
終値408円/前日比+38円
▼クリックで株探ページ▼

情報端末・家電向け音声認識アプリが主力。グローリーと発話検知技術を開発。 本日ギャップアップスタートから急反発しています。同社は昨日引け後に、自社の統合型CRM(顧客管理)ソリューション「Visionary」が、JR東日本リテールネット社が運営する駅ナカコンビニ「NewDays」の会員向け新サービス「NewDaysアプリ」に採用されたと発表しました。本日の大幅高で株価は、5日・100日・200日の各主要移動平均線を一気にブレイクしましたが、ザラ場高値から大きく上昇幅を縮めており、先ずは400円処を固めたい処です。



[6533]Orchestra HD 
[1部]業種:サービス業
終値3,180円/前日比+403円
▼クリックで株探ページ▼

運用型広告・SEOコンサルなどデジタルマーケティング事業やアプリ開発。個人向け進出。 本日大幅高となり、上場来高値を更新しています。特に新たな材料は見当たりませんが、引き続き主要子会社Sharing Innovationsのマザーズ上場承認を好感されているとの見方です。9割近くにもなる366万株を保有する筆頭株主ですが、上場時に98万5000株を売り出し、上場後も7割超保有する筆頭株主に変わらず親子上場になります。想定価格は2,670円となっており、上場時に売り出す株数だけで26億円超となる計算です。譲渡益がいくらになるかは不明ながらも業績インパクトは大きいとの見方から見直し買いが続いている様子です。なお、Sharing Innovationsの上場日は3月24日となっており、それまでは確りとした推移が続きそうだとの声も多いようです。



[4445]リビン・テクノロジーズ 
[M]業種:情報・通信業
終値3,100円/前日比+502円
▼クリックで株探ページ▼

不動産会社比較バーティカルメディア「リビンマッチ」の企画・開発・運営を手掛ける。 本日後場買い気配スタート後も一段高となり、急反発してストップ高まで買われました。同社は本日正午に、[8591]オリックス傘下のオリックス銀行との間で顧客紹介に関する業務提携をしたと発表。今回の業務提携の内容は、オリックス銀行が取引先に同社のサービスであるSMSハンターを紹介し、不動産販売の促進を図るものとしています。株価は1月26日に付けた直近高値2,880円をブレイクしてきており、上昇トレンドの形成に期待が集まります。



[6779]日本電波工業 
[1部]業種:電気機器
終値781円/前日比+61円
▼クリックで株探ページ▼

水晶関連専業で世界大手。小型デバイス製品に力。国内と中国に生産拠点。 本日大幅続伸となり、25日移動平均線を上抜き引けています。特に新たな材料は見当たりませんが、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の強気レポートを引き続き好感しているとの見方です。同証券が同社株の投資判断を「強気」継続として、目標株価を900円まで引き上げており、それで昨日は買われていました。ただ、昨日は地合いが良くなかったこともあり、上値は追えず本日改めて見直し買いが入ってきた格好です。同証券は同社の来期以降の業績予想を水晶デバイスの収益性改善を考慮して上方修正しています。エクイティストーリーは構造改革に伴う業績改善とのことです。構造改革の進捗状況から昨年6月に発表した中期経営計画の達成確度が高まったと判断するとしており、明日以降、昨年来高値目指す展開になるか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ