株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

[5214]日本電気硝子 
[1部]業種:ガラス・土石
終値2,101円/前日比+148円
Yahooの株価リンクはこちら

FPD用ガラス大手。顧客は韓国・台湾・中国企業。機能材やガラス繊維に注力。 本日大きな窓を空けて急反発しました。同社は昨日引け後に、2020年12月期業績について発表しました。累計営業利益は124億円で前年同期比3.5%減益となっているが、上半期の同17.6%減に対して7-9月期は同35.3%増と大幅増益に転じています。連結経常利益を従来予想の110億円から2.4%減の150億円へ大幅上方修正しています。上半期決算時には160億円から120億円に下方修正されていただけに、上方修正にはインパクトが先行。液晶ガラスの出荷が想定以上に増加し、薄型パネルディスプレイ用ガラスがTVやPC向けの旺盛な需要を背景に出荷が好調のようです。本日の大陽線で株価は、9月14日の直近戻り高値2,169円を視野に捉えたと言えそうで、目先はこの直近高値を奪回出来るかがポイントになるでしょう。



[4483]JMDC 
[M]業種:情報・通信業
終値5,310円/前日比+385円
Yahooの株価リンクはこちら

医療データベースの構築や調剤薬局へのデジタルソリューション提供などを手掛ける。 本日確りと上昇して5,000円台を回復しています。本日は朝から買い優勢で始まっており、寄り後も買われて値を伸ばしています。全体的に寄り後は買い優勢の動きになっていたことも追い風になっていると言えますが、メリルリンチ日本証券が同社株の投資判断を新規買いでカバレッジを開始しており、それが追い風になっている面もあるようです。目標株価は上場来高値をも上回る6,300円に設定しており、本日は見直し買いに繋がっています。
10月29日大引け後に業績修正を発表。21年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益を従来予想の5億円から11億円(前年同期は8.5億円)に2.2倍上方修正し、一転して28.8%増益を見込み、2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。



[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値121円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日反発しました。同社は昨日引け後に、中国で投資事業を手掛ける中企連控股集団有限公司と業務提携契約を締結すると発表。中国でも事業拡大を図る狙いで、日中間での事業展開を希望する企業への進出支援事業の他、企業交流のためのセミナーや講演会、視察旅行の実施。また、日中企業間のビジネスマッチング事業やビジネス情報発信事業などで協業する予定です。ただ、前場こそ大きく値を飛ばしましたが後場からは売りの圧力も高まり、上値を抑えられる格好となっているため、過度な期待は禁物とも取れます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値5,060円/前日比+170円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日確りと続伸して高値を更新しています。今朝、時事通信で[9843]ニトリHDが、同社を完全子会社化する方針を固めたことが分かったと報じられています。29日午後に開く取締役会で、TOBで同社の全株式取得を目指す買収案を正式決定するとのことです。似鳥昭雄会長が記者会見し、詳細を説明する模様です。ニトリHDが設定する価格が焦点となるとのことで、具体的な金額は報じられていませんが、いよいよ本日発表されるとの見方から買われています。市場ではニトリHDが対抗TOBに正式に踏み切れば、DMC HDが更に対抗してTOB価格を引き上げてくるのではとの思惑も出てくるため、ニトリHDが出したTOB価格を上回って推移するとの見方も多い様子です。本日の株価推移からもニトリHDが出してくるTOB価格は5,000円程度になるのではと見る向きも多いようです。



[5702]大紀アルミニウム工業所 
[1部]業種:非鉄金属
終値650円/前日比+53円
Yahooの株価リンクはこちら

再生アルミ地金で首位。ダイカスト・鋳物用が主力。特殊材拡大。東南アジア強化。 本日ギャップアップスタートから3営業日ぶりに急反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期連結業績予想について発表。営業利益を45億1,000万円から前期比15.5%減の65億2,000万円へ、純利益を28億6,000万円から同21.2%減の44億円へ上方修正しました。いち早く回復した中国市場への輸出が増加したことに加えて、海外の製品価格と原料価格の価格差(スプレッド)が順調に推移したことが利益を押し上げる見通し。更に、大手需要先である自動車メーカーが回復傾向にあることも貢献する見込み。で株価もネックラインをブレイクしており、中期目線での先高が見込める状況になってきています。



[3556]リネットジャパン 
[M]業種:小売業
終値617円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットリユース「NET OFF」・ネットリサイクル「ReNet」運営。カンボジアで農業地域金融サービス。 本日買い先行で始まったあとも急速な上値追いが進み大幅反発し、ストップ高まで買われています。一部メディアが「カンボジアで中央銀行が発行するデジタル通貨「バコン」の運用が28日、正式に始まった」と報じました。同社はバコンを開発したスイスのソラミツHDAGとネット銀行参入を目指してカンボジアで合弁会社を設立することで基本合意したと2月13日に開示しています。報道を受けてカンボジアでのネット銀事業が進展するとの期待から買いが膨らんでいるようです。株価は、カンボジアでのネット銀事業が進展するとの期待からどこまで駆け上がれるか注目されます。



[4772]ストリームメディアコーポレーション 
[JQG]業種:情報・通信業
終値388円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホなどに韓流スターのコンテンツを配信。韓流系3チャンネルの放送や物販事業も。 本日大幅高です。同社は昨日、韓国のネイバーを割当先として869万3480株を発行すると発表。ネイバーの持株比率は7.55%となり、第2位株主となります。調達資金の約27億円は、新規事業であるオンライン専用コンサート「Beyond LIVE」への投資などに充当する。ネイバー社は韓国最大の検索ポータル「NAVER」や「LINE」などを手掛けている大手企業だけに好材料視されています。同社は韓国関連事業を手掛けることから、同社事業にも追い風になるとの思惑に繋がっているようです。ただ、今回の第三者割当増資は資金調達を目的として行うもので、ネイバー社と資本業務提携契約締結は行わないとのことです。また、ネイバー社が指定する者を取締役として受け入れることも無いとのことです。それだけに過度な期待は禁物との声も聞かれました。ただ、ネイバー社も妙味が無ければ出資しないと思われ、同社の見直し買いに繋がっている面はあるようです。明日以降も見直し買いが続くか注目されます。



[7353]KIYOラーニング 
[M]業種:サービス業
終値12,890円/前日比+780円
Yahooの株価リンクはこちら

個人向けオンライン資格講座や社員教育クラウドサービスの提供を手掛ける。 本日確りと続伸しています。本日から信用取引規制の増担保規制が解除となっています。昨日まで解除期待の先回り買いも入っていたと思われ、本日は小安く始まったものの、寄り後は確りと買われています。規制解除を好感というよりは、依然として同社株には継続した買いが入っているようだとの見方です。ただ、本日は全体的に朝安後、買い優勢の展開になっているだけに、その地合いも追い風にはなっているのではとの見方も少なくありません。上場来高値も意識される水準だけに明日以降の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7162]アストマックス 
[JQ]業種:証券・商品
終値336円/前日比+56円
Yahooの株価リンクはこちら

商品先物自己売買と金融商品運用。太陽光発電や電力・ガスの卸関連も。 本日買い気配スタートからの一段高で続急伸し、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。世界的に脱炭素社会への取り組みが進む中、米大統領選の大詰めにきて優勢が伝えられるバイデン候補が、環境インフラ関連に4年間で2兆ドルという過去最大規模の投資を行う政策方針を掲げています。クリーンエネルギー関連の中小型株物色ニーズが高まっており、時価総額が小さい割に流動性に富む同社株に買いが集まっている格好です。出来高も復活しており、全員参加型相場に発展する可能性が高まっています。



[4479]マクアケ 
[M]業種:情報・通信業
終値12,210円/前日比+1,740円
Yahooの株価リンクはこちら

クラウドファンディングのプラットフォーム「Makuake」を運営する。アリババグループと提携。 本日大幅上昇となり、上場来高値を更新しています。27日の取引終了後に21年9月期単独業績予想を発表しており、売上高51億7200万円(前期比60.4%増)、営業利益6億2000万円(同21.5%増)、純利益4億5000万円(同21.8%増)と営業利益の過去最高更新を見込んでおり、これが好感されています。また、同時に発表した20年9月期業績は、売上高32億2500万円(前の期比2.4倍)、営業利益5億1000万円(同4.1倍)、純利益3億6900万円(同4.2倍)だった。前期は計画上振れ着地となっていますが、今期業績は大幅増収増益計画ながら増益率は鈍化しています。しかし、嫌気する動きは見られず引き続き認知度向上のため、ブランディング広告投下などの先行投資を積極的に行うとのことで、それにより利益が抑えられている面が強く、実態的には今期も高成長が続く見通しです。株価位置も高いものの、改めて更なる高成長への期待から買われている模様です。明日以降も買いが続くか注目されます。



[3914]JIG-SAW 
[M]業種:情報・通信業
終値8,120円/前日比+970円
Yahooの株価リンクはこちら

企業運営のクラウド・サーバー自動監視や保守業務。IoT組込やAI活用を展開。 本日前場10時台から出来高急増にて一段高し、年初来高値を大幅に更新しました。大口の実需買いが継続して株価の上値指向が鮮明となっていますが、ここにきて米国法人のJIG-SAW USが、スプランクとのIoT分野での提携、米オラクルとのパートナー提携、ベライゾンのオープンデバイスの公式認証の取得など立て続けに材料を発表し、注目度が上がっています。本日の大幅高で株価は昨年7月に付けた7,440円の高値を払拭し、2016年6月以来約4年4ヵ月ぶりの高値圏を回復。目先は値動きが軽くなることが想定されます。



[5486]日立金属 
[1部]業種:鉄鋼
終値1,461円/前日比-71円
Yahooの株価リンクはこちら

高級金属製品や磁性材料等で世界高シェア。日立電線と合併。環境分野開拓。 本日大幅安です。同社は前日に上半期の決算を発表、調整後営業利益は124億円の赤字となり、7-9月期も51億円の赤字を計上する形になっています。会社側期初想定線での着地になったようですが、第1四半期は超過ペースであったとみられる。通期予想は従来の50億円の赤字から140億円の赤字に下方修正、工具鋼などの低迷継続などが業績下振れの主要因に。通期は構造改革費用計上などで最終損益は460億円の過去最大の赤字となる見通しで失望されています。同社を巡っては親会社の[6501]日立製作所が売却を検討しており、今秋にも買い手候補を募る入札を開始する計画が報じられていました。それだけにTOB期待から保有している投資家も多いと見られていますが、今回の業績からも売却価格は安くなるとの懸念も強まっている様子です。折り合いが付かなければ日立製作所は売却を一旦棚上げする可能性もあるのではとの声も聞かれました。同社株は日立製作所が売却するという見方でプレミアムも考慮し、今の株価が維持されているとの見方が多いだけに売却がなくなれば同社株の調整は厳しいものになるでしょう。今後の動向が注目されます。



[3632]グリー 
[1部]業種:情報・通信業
終値564円/前日比+47円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲームSNS「GREE」を運営。広告とアイテム販売が収益源。スマホゲーム開発に注力。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年6月期第1四半期の営業利益は16億円で前年同期比35.6%増益となりました。前四半期は0.6億円の赤字。市場予想は9億円程度でした。連結経常利益は前年同期比66.0%増の17.8億円に拡大しました。バーチャルライブ配信アプリ「REALITY」の機能強化やコンテンツ拡充を進めるなどの施策が奏功し、営業費用などのコスト削減効果も収益増を牽引。想定以上の収益改善を評価する動きが先行していますが、目先筋の参加者も多く、短期の回転売買からボラティリティの大きい動きも想定されますので、注意が必要です。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値4,890円/前日比+145円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日確りと上昇しています。読売新聞が独自ニュースとして、週内にも[9843]ニトリHDがDCM HDに対抗する形で、島忠買収表明と報じています。既にニトリが島忠の買収を検討していることは伝わっており、市場では今週末か来週頭にもニトリHDが正式に表明するとの見方も強まっていただけに目新しさは乏しいものの、具体的な報道が出てきたことで改めてTOB期待の先回り買いが入ってきた様子です。市場ではニトリHDが一体いくらでTOBを表明するのかが注目されており、PBR1倍付近の4,700円を最低ラインとして、キリの良い処で5,000円との見方も多い様子です。また、実際にニトリHDがTOBを表明した場合、DCM HDがTOB価格を引き上げてくるのか撤退するのかも注目されます。



[7309]シマノ 
[1部]業種:輸送用機器
終値23,750円/前日比+3,450円
Yahooの株価リンクはこちら

自転車用部品大手。ブレーキ部品で高シェア。海外高級自転車に強み。釣り具も。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年12月期第3四半期累計の連結経常利益は前年同期比5.7%増の586億円に伸びました。併せて通期の同利益を従来予想の718億円から817億円へと13.8%上方修正し、増益率が3.4%増から17.6%増に拡大する見通しです。欧州における自転車部品の販売好調が業績上振れの主因で、とりわけ下期に入ってからは高額品の売上回復も鮮明化しつつあります。海外勢主体の中長期資金も流入してる模様で先高期待は高いものの、目先は利益確定売りなども多く見られるでしょう。



[8186]大塚家具 
[JQ]業種:小売業
終値201円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

総合家具店大手。中高級家具・輸入品に強み。ヤマダ電機の傘下で再建。 本日後場買われ、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。昼に同社は未定だった中間・通期業績予想を開示。前期比で赤字縮小となっているものの、大幅減収予想となっており、好感出来る数字ではありません。ただ、同時に大塚久美子氏の代表取締役社長および取締役辞任を発表しており、これが好感されているとの見方です。新たな代表取締役社長は現大塚家具会長でヤマダ電機社長でもある三嶋恒夫氏が兼任する予定とのことです。これによりヤマダ電機主導で再建が加速するとの期待から、後場見直し買いに繋がったようです。久美子氏辞任でどこまで見直されるか注目です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6254]野村マイクロ・サイエンス 
[2部]業種:機械
終値2,380円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

超純水装置大手。半導体・製薬向けに強み。韓国、台湾など海外拡大。 ストップ高。前日に業績・配当予想の上方修正を発表している。上半期営業利益は従来の5億円から15.9億円に、通期では18.5億円から31億円にまで上方修正。また、同時に4-9月期の連結経常利益も従来予想の4.9億円から15.6億円へと3.1倍上方修正。なお、業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の35円から55円に大幅増額修正しました。国内及び中国の水処理装置案件が順調に推移したことに加え、韓国の大型水処理装置案件を受注したことが業績上振れの背景。年間配当金計画も35円から55円にまで引き上げている。修正幅の大きさがポジティブなサプライズへとつながっている。株主還元の拡充などを好感する買いがどこまで続くか注目されます。



[6549]DMソリューションズ 
[JQ]業種:サービス業
終値2,849円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

ダイレクトメールや宅配便の発送代行大手。一貫体制に強み。SEOコンサル事業も展開。 寄り付き大口の買い注文が流入、全体相場に逆行してカイ気配で始まる人気となり、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の経常利益を従来予想の1.9億円から4.4億円に2.3倍上方修正。同時に、4-9月期の経常利益も従来予想の1.9億円から4.4億円へと2.3倍上方修正。新型コロナウイルスの感染拡大を背景に巣ごもり消費需要が喚起されるなか、送客数が想定を上回る伸びを示し、SEOコンサル事業なども好調に推移して収益を押し上げている同社は新値街道を快走する展開に期待されますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意も必要です。



[7518]ネットワンシステムズ 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,470円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットワーク構築大手。シスコ製品など海外製通信機器の導入・支援が主体。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。同社は昨日、予定していた決算発表を延期すると発表。19年11月に東京国税局から「架空循環取引」の存在を指摘され、今年3月に「納品実体のない取引に関する調査最終報告書」を開示しましたが、その後外部機関から指摘があり、同社従業員による資金流用の疑義を認識したとしています。これによる同社決算への影響を確認するなど決算確定のための検討に一定の時間を要しているとのことです。新たな発表日は未定となっており、不透明感から売られている模様です。ただ、ストップ安は過剰反応との見方もあり、問題となっている納品実体の無い取引は過去のものであり、今回の決算への影響は限定的との見方も多いようです。それだけに更に売り込まれるなら買い向かう動きも見られるのではとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[9263]ビジョナリーHD 
[JQ]業種:小売業
終値339円/前日比+21円
Yahooの株価リンクはこちら

傘下にメガネスーパー。眼鏡小売り大手。関東地盤に直営店を全国展開。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年4月期第1四半期(20年5-7月)の営業損益を1億6000万円の黒字(前年同期実績9900万円の赤字)連結経常損益は2億8000円の黒字に浮上し、5-10月期計画の3億5000円の赤字を既に上回りました。収益力増強のため、店舗展開を見直した結果、小売事業が伸長。卸売事業やEC事業も順調に推移し、黒字転換に貢献しました。黒字転換に貢献した。通期予想は2000万円の黒字(前期実績は2億1200万円の赤字)で据え置いた。第1四半期の好調なスタートを評価する動きで買いが流入しており、新たなトレンド形成に期待されます。ただ、350円処からは上値の重さが感じられるため、慎重に動きを見たい処です。



[6027]弁護士ドットコム 
[M]業種:サービス業
終値13,960円/前日比+970円
Yahooの株価リンクはこちら

会員向け法律相談と弁護士向け営業支援のサイト運営。税理士向けサイトも。 大幅に5日ぶりに大幅反発です。同社は昨日、第2四半期決算を発表。21年3月期第2四半期累計(20年4-9月)の営業利益を前年同期比58.2%減の1億8000万円と発表しています。朝売られて始まる展開となりました。ただ、寄り後は新興市場の地合い落ち着きも追い風となり、同社株も買われて大幅高になっています。第2四半期累計では大幅減益ながらも四半期ベースで見れば7-9月期は大幅増益となっており、悪くない決算との見方も多く、内容的にも社会的なDXの流れを受け、クラウドサインの売上が大きく増加しており、前年同期比で2.5倍、前四半期比で1.3倍と急拡大中です。業界シェアは80%超とのことで、導入企業数は社会的なテレワーク推進の流れから引き続き増加中とのことです。9月の月間サイト訪問者数や有料会員数が減少したものの、第2四半期末時点の会員登録弁護士数や有料会員登録弁護士数が増加しました。通期の営業利益予想は非開示のままです。これを受け改めて今後の成長期待が意識された様子です。ただ、既に同社の株価は、それらも織り込まれている水準との見方も多く、続く買いにはならないとの声も聞かれました。



[3741]セック 
[1部]業種:情報・通信業
終値3,160円/前日比+255円
Yahooの株価リンクはこちら

システム開発会社。リアルタイムソフトウエア技術に強み。モバイル決済やロボット関連など。 本日小確りで寄り付いた直後から本格的な上値追いが開始し大幅反発しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期の単独業績予想について発表。売上高を64億円から前期比1.7%増の64億5,000万円へ、営業利益を8億5,000万円から同1.1%減の9億2,000万円へ、純利益を6億2,000万円から同2.5%減の6億7,000万円へ上方修正しました。本日の大幅高で株価は今月の下げ分を取り戻し、月足は陽線となっています。明日は一服感が出るかに注目が集まります。



[4385]メルカリ 
[M]業種:情報・通信業
終値4,775円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

フリーマーケットアプリ「メルカリ」を運営。フリマと連携で新規事業積極。海外にも注力。 本日確りと反発しています。朝方は売り優勢で始まったものの、すぐに寄り付くと下げ幅を縮小してプラスに転じてくる動きになっています。マザーズ市場でダントツに時価総額が大きな銘柄だけに指数インパクトも強く、同社株の動向がマザーズ指数に与える影響が大きいだけに、朝方早々に同社株が下げ渋ったことを受けて、新興市場全体がリバウンド的な動きになっています。ある意味、同社株の行方がマザーズ指数の行方になると言え、同社株の動向を睨みながら他の新興銘柄を売買する短期資金も多い様子です。それだけに明日も確りと上昇出来るのか注目されます。



[4011]ヘッドウォータース 
[M]業種:情報・通信業
終値20,120円/前日比+3,120円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の経営課題をAIシステム開発を通して解決するソリューション事業を手掛ける。 本日大幅に上昇しました。昨日まで10営業日連続で下落していましたが、本日は11営業日ぶりに反発しています。初値が高過ぎた反動で物色一巡後は、新興市場の地合い軟化も重しとなって、買いも入らずダラダラと売り込まれてきた格好で本日も朝は安く始まったものの、寄り後は新興市場が全体的にリバウンドしてきたことから、同社株も下げ渋り、後場にはプラスに転じてくると一段高になっています。漸く下げ止まった格好ですが、単なる自律反発の動きで、リバウンド狙いの短期資金による買いが中心との見方が多いだけに、リバウンド一巡後は再度売られる恐れはありそうです。本日は他にも[4059]まぐまぐ、[4058]トヨクモなど足元で売り込まれてきた直近IPOに反発するものが見られています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7608]エスケイジャパン 
[1部]業種:卸売業
終値675円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

ゲームセンター向け景品やキャラクター関連商品が主力。自社オリジナルキャラクター商品化も。 本日大きな窓を空けて4営業日続伸。「鬼滅の刃」関連として人気化が続き、年初来高値を更新して連日でストップ高を達成しました。劇場版「鬼滅の刃」がコロナ禍にあっても爆発的な興行人気を博しており、市場では同関連グッズを手掛ける同社株に販売拡大が思惑視される展開となっています。個人投資家などの短期値幅取りを狙った資金が集中しているようです。株価は19日に急動意し、ストップ高を演じましたが、その後小休止を挟んで一気に上値追い基調を強めてきています。先週初からの株価上昇率はすでに93%にまで達しています。時価総額50億円前後と小型で足が軽い銘柄であり、参加は上級者限定となるでしょう。なお、関連銘柄の一角とされるジーンズメイトなども本日は強い動きとなっている。



[6897]ツインバード工業 
[2部]業種:電気機器
終値715円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

小物家電・健康機器を企画・販売。ライフスタイル家電に強み。生産は中国活用。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末に、FPSC事業における米Global Cooling社のツインバード工業社製フリーザーボックスの初期ロットとして前期販売台数の約2倍に相当する1000台の新規受注を頂いたと発表。バイオ医薬品の保管や輸送など、ワクチンの保管と流通に使用することを目的とした製品としてシステムに組み込まれ引き合いが多いもよう。これ以外にも海外企業を中心に数多くの引き合いが来ているとのことです。今期業績に与える影響は、初期ロットとしては軽微ですが、取引全体としての影響は現在精査中だとのことです。今後も受注拡大が期待されることを考慮すれば、業績への寄与も期待出来るとの思惑に繋がっている様子です。この思惑でどこまで物色が続くのか注目されます。



[2440]ぐるなび 
[1部]業種:サービス業
終値763円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店情報サイトを運営。飲食店からの課金収入が収益源。楽天と提携強化。 本日確りと上昇して、一時50円高となる大幅続伸の場面も見られました。先週末の日経新聞では、飲食店情報サイトぐるなびで、10月1日〜14日のネット予約利用数が前年同期比2.5倍に増えたことが分かったと報じられています。「Go To イート」がスタートしたことで、現金と同等のポイントを得られるネット予約が急増したとのことです。同期間の予約件数はGoToイート開始前の9月と比較して、1日あたり3.6倍に増えた模様です。また、ネット予約に対応しない飲食店はポイント還元対象外のため、ぐるなびにはネット予約対応を希望する店が増えているとも書かれており、中期的な業績拡大にもつながっていくとの見方が優勢です。本日は見直し買いに繋がった様子で、明日以降も見直し買いが継続するか注目されます。



[3765]ガンホー・オンライン・エンターテイメント 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,477円/前日比+49円
Yahooの株価リンクはこちら

本日確りと続伸しています。鬼滅の刃関連としての物色が続いている格好です。同社が手掛けるスマートフォン向けゲーム「パズドラ」は鬼滅の刃とのコラボを明日から開催する予定となっています。鬼滅の刃の映画公開を受けて、今や鬼滅の刃の人気や話題は絶好調状態と言えるだけに、コラボ企画はかなり大盛況になるとの期待が強い様子です。課金急増も期待され、実際に業績へ与える影響は大きくなると期待する向きも多いようです。ただ、既に明日のコラボ開始イベントを前に株価は上げてきたことから、出尽くしとなる恐れもあると警戒する声も聞かれました。明日の動向が注目されます。22日にはみずほ証券が目標株価を中立で2400円から2500円引き上げています。



[6067]インパクトHD 
[M]業種:サービス業
終値3,560円/前日比+180円
Yahooの株価リンクはこちら

小売り、外食の覆面店舗調査や販売支援。電子看板で販促サービス、案内も。 本日大きく反発しました。同社は先週末23日引け後に、[2768]双日社と資本業務提携契約を締結したと発表。第三者割当で双日に普通株15万6000株を割り当て、調達資金の4.92億円はM&Aに伴う株式取得費用に充てます。リアル店舗の新規出店加速やリテール関連事業などでも連携を進めながら互いに海外事業を発展させる予定としています。株価は一時4,035円を付けましたが、4,000円処からは売りの圧力も強く、上値の重さも感じられるため、過度な期待は禁物とも取れます。



[8060]キヤノンマーケティングジャパン 
[1部]業種:卸売業
終値2,218円/前日比+180円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器販社。キヤノンの国内販売が主力。営業力に定評。BPO、ITソリューションに注力。 本日小安く寄り付いた直後に切り返して上昇幅を拡大し、大幅4営業日続伸しています。同社は先週末23日引け後に、2020年12月期連結業績予想を発表。売上高を5,320億円から前期比13.5%減の5,370億円へ、営業利益を210億円から同26.0%減の240億円へ、純利益を146億円から同24.5%減の168億円へ上方修正しました。在宅勤務の増加などで、家庭用インクジェットプリンターやITプロダクトが計画を超過したことが上振れの主因となりました。また、期末配当金を引き上げ、年間配当金を前期比10円増配となる50円に引き上げたこともプラス材料に。本日の大幅高で株価は約4ヵ月半ぶりに200日移動平均線を上回ってきましたが、当時の高値2,351円を捉えるとなると中期上昇トレンドが発生することになります。



[4556]カイノス 
[JQ]業種:医薬品
終値998円/前日比+68円
Yahooの株価リンクはこちら

臨床検査薬中堅。腎機能やアレルギー等が主力。生化学、免疫血清学に重点。 本日後場買い気配スタートから急伸し、大幅続伸となっています。同社は本日正午頃、2021年3月期の単独業績予想について発表。営業利益を4億5,000万円から前期比6.8%増の6億5,000万円(前期実績6億800万円)へ、純利益を3億円から同12.9%増の4億5,000万円へ上方修正し、減益予想から一転して営業増益予想としました。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた営業・学術活動等の制限で販管費が予算以下に縮小し、利益を押し上げる見通しです。本日の株価は、前場は前営業日終値を挟んでもみ合っていたが、減益予想が増益予想に転じるとの発表が好感され、後場高寄り後に多くの商いを熟しながら一段高。引けに掛けては上げ幅を縮めたものの大陽線を引いており、上値慕いの大きさを現しています。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,172円/前日比+63円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。本日大幅続伸です。特に材料は見当たりませんが、同社の創業者である森下氏が、先週22日の大阪講演で新型コロナウイルスのワクチン開発について、次の段階の臨床試験は11月頃から始まる予定だと明らかにしたことが、引き続き好感されている模様です。本日引け後には3Q決算発表を予定していますが、その際にワクチンに関する何らかの発表があるのではとの思惑にも繋がっている様子です。引け後には赤字拡大となる3Q決算を発表していますが、15時時点では他の発表は出ていません。明日の動向が注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3891]ニッポン高度紙工業 
[JQ]業種:パルプ・紙
終値1,624円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

電気絶縁用紙大手。アルミ電解コンデンサ用で世界首位。2次電池用セパレーターに力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期の連結経常利益を従来予想の9億円から19億円へと2.1倍上方修正し、一転して95.9%の増益見通しとなりました。コンデンサ用セパレータで新型コロナウイルスの影響を考慮したセットメーカーによる在庫確保の動きがあったことに加え、データセンターや5G関連が堅調に推移したことや、電池用セパレータも海外向け電気二重層キャパシタ用の好調などが要因という。株価は上昇基調の中、本日年初来高値を更新したことで昨年12月に付けた1,674円突破も意識されます。ただ、ここからは戻り売りも想定されますので、先ずは週明けの動向が注目されます。



[3659]ネクソン 
[1部]業種:情報・通信業
終値2,890円/前日比+425円
Yahooの株価リンクはこちら

PC向けオンラインゲームを日本、韓国、中国等に配信。無料RPGが主力。韓国発祥。 本日大幅高となり、寄り付きからストップ高になっています。日経新聞社が昨日、上場廃止が正式決定した[8028]ファミリーマートを日経平均から除外し、代わり同社株を新規採用すると発表。ファミリーマートの代替え候補として同社株を予測していた向きは殆どおらずサプライズだとの声も多く聞かれました。日経平均には29日から採用されるため、28日の大引けにパッシブファンドなどの特需買いが入ることになります。大和試算で約5100万株、SMBC日興試算で6000万株の買い需要が発生見込みだとのことです。日柄も乏しいことから株価へのインパクトも大きいとの見方で、本日は買い集められている様子です。週明けも確りした展開を続けられるか注目されます。



[8558]東和銀行 
[1部]業種:銀行業
終値739円/前日比+43円
Yahooの株価リンクはこちら

群馬、埼玉中心に店舗展開する第2地銀。財務・顧客基盤を強化中。 本日寄り前から大量の買いを集め大幅反発しています。昨日夕方の日経新聞電子版が「SBIホールディングスは群馬県の東和銀行と資本提携する方針を固めた」と報道しました。仮に資本提携が実現した場合、地銀連合構想でSBIが出資するのは同行で5行目となります。現在のところ、両社は共同店舗の運営などで協業関係にあるが、今回の資本提携によって、SBIがITや金融サービスを提供するほか、群馬県の地元企業の共同支援なども視野に入れた関係強化を図っていく。顧客サービスの充実や信用補完につながるとして、好感材料視される格好に。本日の株価は高寄り後に大陰線示現と勿論、週末要因もあるでしょうが、足の短い資金が多く参入したことが見て取れ、実態は週明けに見られることになります。



[3182]オイシックス・ラ・大地 
[1部]業種:小売業
終値3,300円/前日比-210円
Yahooの株価リンクはこちら

有機野菜・青果物、加工品をネット販売。農薬、添加物に配慮。移動店舗販売も。 本日大幅安です。一時10%超の下落となる場面も見られました。昨日同社は2021年3月期業績の上方修正を発表。大幅な上方修正で買い先行で始まるも寄り後は売り込まれる動きになっています。期待感も強かったことから出尽くし的に売られたようですが、この程度の上方修正では期待外れとの声も聞かれました。修正された数字は市場コンセンサスに近い数字であり、サプライズ感は全く無く、8月に発表した1Q決算の数字からもっと大きな上方修正を期待していた向きも多い様子です。勿論、依然として保守的で今後再度上方修正してくる期待もあるものの、一先ず手仕舞い売りに動いた向きも多かったようです。同社は東証1部銘柄ですが、新興色の強い銘柄だけに新興市場の地合いの悪さも重しとなった面もある模様です。新型コロナウイルス感染症の拡大による緊急事態宣言に伴う外出自粛要請などの影響により、第1四半期を中心に食材宅配サービスの需要が急激に高まり、国内宅配事業の定期会員数およびARPU(月間購買単価)が順調に伸長したことが要因。また、ARPU上昇による物流・配送効率の良化などに伴う利益率の向上も寄与する見通しです。先ずは2Q決算でどのような数字が出てくるか注目です。強い数字なら再度の上方修正期待も強まり易く、改めて見直されそうです。



[7425]初穂商事 
[JQ]業種:卸売業
終値3,795円/前日比+450円
Yahooの株価リンクはこちら

建材商社。軽量鋼製下地材や不燃材が主力。中京地盤から都市部に展開。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、12月31日を基準日として1株を2株に株式分割すると発表。8月7日発表の20年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益は前年同期非連結比2.8倍の3億3300万円に急拡大し、通期計画の7億8000万円に対する進捗率は5年平均の35.1%を上回る42.7%に達し、足元の業績も好調で、11月11日に控えた決算発表も期待される声が出ています。株式流動性の向上と投資家層の拡大から新値追いも期待される処ではありますが、現時点では流動性の乏しい銘柄でもあるため、勢いが止まれば買いは集まり難く注意が必要です。



[3092]ZOZO 
[1部]業種:小売業
終値2,832円/前日比-218円
Yahooの株価リンクはこちら

ZHD傘下。衣料品通販サイト「ZOZOTOWN」を運営。ブランド品を受託販売。 本日大幅安になっています。ファミリーマートの代替えで日経平均採用候補として最有力視されていた銘柄です。それだけに今回採用されなかったことが失望されています。同社株は好業績ということもありますが、日経平均新規採用期待で買われていた面もあると言え、見切り売りも出ている様子です。同様に有力視されていた[2371]カカクコムも大幅安で、[9684]スクウェア・エニックスHD、[3197]すかいらーくHDなども失望されて売られています。次の日経平均入れ替えは、[9437]NTTドコモの上場廃止が決まったらとなりそうですが、NTTドコモは技術セクターだけに代替えも技術セクターから選ばれる可能性が高く、同社やカカクコムが選ばれることはなく、来年10月の定期入れ替えを待つしかない状況です。なお、ドコモの代替候補として期待されているのは[6963]ロームや[6981]村田製作所、[6754]アンリツなどとなっています。



[3914]JIG-SAW 
[M]業種:情報・通信業
終値7,420円/前日比+860円
Yahooの株価リンクはこちら

企業運営のクラウド・サーバー自動監視や保守業務。IoT組込やAI活用を展開。 本日後場大幅ギャップアップスタートから急伸し、年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。本日、同社の米子会社JIG-SAW USが、IoTエンジン搭載「neqto:Bridge LTE-M」エンタープライズレベルのIoTキットが、米ベライゾン・コミュニケーションズのOpen Device(OD)認証を正式に取得したと発表しています。本日の大幅高で株価は2019年7月の戻り高値7,440円をも更新する場面が見られており、上方には節目らしい節目が見当たらない状況です。



[6305]日立建機 
[1部]業種:機械
終値3,050円/前日比-615円
Yahooの株価リンクはこちら

総合建機大手。油圧ショベル世界シェア高、ICT化に強み。鉱山機械も拡大。 本日大幅安です。前引け後に日経新聞電子版が、[6501]日立製作所が上場子会社である同社株の一部を売却する検討に入ったことが23日分かったと報じています。産業革新投資機構などが出資を検討しているとのことで、日立製作所は同社株を約51%保有していますが、その約半数を売却する方向で検討するとのことです。市場ではファンドなどにプレミアムを付けて全株売却するのではとの期待もあったようで失望されている模様です。また、一定の割引をした上で売却する可能性もあるとも書かれており、それも嫌気されているようです。やはり日立が売却を検討している[5486]日立金属もディスカウントして売却するのではとの連想が働いたようで、後場大きく売られています。ただし、日立製作所[6501]は、日立建機[6305]の株式売却に関する報道について「現時点で決定した事実ない」としている。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7175]今村証券 
[JQ]業種:証券・商品
終値1,399円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

富山、石川、福井の北陸3県が地盤の老舗証券会社。仕組み債などに注力。 本日ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に非開示だった業績見通しを発表。2021年3月期第2四半期累計の業績予想は経常利益が前年同期比4.1倍の6.5億円に拡大する見通しとなっています。前年同期に比べて株券や債券、受益証券の受け入れ手数料が増加したことが主因とのことで、10月28日の決算発表を目前に手控え気味にあった株価を大きく刺激していますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[7829]サマンサタバサジャパンリミテッド 
[M]業種:その他製品
終値170円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

ハンドバッグの企画・販売。「サマンサタバサ」で成長。アパレルやジュエリーも。コナカグループ。 本日ストップ高まで買われています。同社が手掛けるブランドの1つ「サマンサタバサプチチョイス」が、スマートフォン向けゲーム「ディズニー ツイステッドワンダーランド」とコラボした財布やバッグなど全79アイテム商品を発表。昨日から受注販売受付をスタートしています。人気のゲームだけに、かなり売れるのではとの思惑から、本日は見直し買いに繋がっているようです。同社株は業績回復の兆しも見られないことから、安値圏で推移していたこともあり、このコラボを機に業績回復のキッカケになればと期待する声も聞かれました。これを受け親会社である[7494]コナカも物色されています。



[4286]レッグス 
[1部]業種:サービス業
終値1,390円/前日比+221円
Yahooの株価リンクはこちら

販促グッズ企画など、マーケティング活動を支援。食品、飲料、流通向けが主体。 本日大きな窓を空けてストップ高で寄り付くなど、4営業日大幅続伸しています。同社は昨日引け後に、2020年12月期連結業績予想の増額修正を発表。売上高は150億円から前期比6.2%減の155億円に見直した他、営業利益は5億円から同38.2%減の7億円、純利益は6億円から同31.2%減の8億円に修正しました。経済活動回復の中で、流通顧客向け物販および流通顧客向けプレミアムが好調に推移しているもよう。なお、今期期末一括配当予想は従来の1株当たり13円を23円とすることも明らかにしています。コロナショック後の株価回復が相対的に遅れていたため、見直しの動きが強まった。本日の株価は高寄り後に陰線を強いられており、早期の仕切り直しが迫られます。


[4393]バンク・オブ・イノベーション 
[M]業種:情報・通信業
終値3,340円/前日比+210円
Yahooの株価リンクはこちら

ロールプレイングゲームを中心にスマホ向けゲームの開発・運営。海外進出に意欲。 本日大幅高となり、一時ストップ高まで買われています。同社はスマートフォン向けゲーム「ミトラスフィア-MITRASPHERE-」を本日11時に中国本土で配信開始したと発表。元々は9月末までの配信開始予定でしたが、8月下旬に10月〜12月に延期すると発表していました。その延期発表を受け同社株は大きく下落して調整していたことから、無事配信開始されたことで見直し買いに繋がった様子です。ただ、物色一巡後は上げ幅を縮小しており、配信開始で出尽くし的な動きになっています。もう1つ、中国本土配信へ向け進めている「幻獣契約クリプトラクト」への期待もあるものの、同社は同タイトルに関しては来年3月までの配信開始見込みだとしており、それに期待して今から買うのは時期尚早との声が多いため、明日以降の動向が注目されます。



[2480]システム・ロケーション 
[JQ]業種:サービス業
終値1,865円/前日比+190円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車金融・販売の支援システムが主力。顧客にリース会社。従量課金が拡大。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の1.9億円から2.5億円に28.2%上方修正し、11.6%増益見込みで14期振りに上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。これを受けて株価は一時ストップ高を付けるなど、大きく買いが流入しましたが、2,000円処からは売り圧力も強く、目先この水準を保てるかどうかがポイントとなりそうです。



[6238]フリュー 
[1部]業種:機械
終値1,350円/前日比-5円
Yahooの株価リンクはこちら

プリントシール機、開発・販売で圧倒的。関連の消耗品や有料アプリ会員が拡大。 本日一時大幅高となり、年初来高値を更新しています。東海東京調査センターが強気レポートを出しており、これが刺激になった様子です。投資判断を新規「アウトパフォーム」とし、目標株価2,000円でカバレッジを開始しています。レポートによれば、プリントシール事業と連動するスマートフォンアプリ「ピクトリンク」は月額課金モデルで10代〜20代の女性から高い支持を獲得しているとのことで、同社のストックビジネスとして収益に安定的に貢献しているとのことです。また、「鬼滅の刃」版権ビジネスが拡大していると指摘しており、鬼滅の刃関連株として改めて意識された面もあるようです。ただ、本日は地合いの悪さもあり、同社株は高値圏ということもあって、買い一巡後は利食い売りに押され、上げ幅を飛ばしています。昨日発表した9月売上高が前年同月比15.8%減となっていたことも重しになっている面もある様子です。



[6486]イーグル工業 
[1部]業種:機械
終値890円/前日比+79円
Yahooの株価リンクはこちら

NOK系のメカニカルシール、特殊バルブ大手。車向け中心に船舶、航空機用も。 本日大幅買い気配スタートから続急伸しています。同社は昨日引け後に、2021年3月期業績予想について発表。売上高を1,234億円から前期比12.7%減の1,241億円へ、営業損益を18億円の赤字から同80.9%減の11億円の黒字へ、最終損益を34億円の赤字から同96.6%減の1億円の黒字へ上方修正しました。自動車・建設機械業界向け事業において減収幅が抑えられる見通しとなったほか、プロダクトミックスや固定費の支出抑制などで、収益性も良化する見通しのもよう。もともと業績予想は保守的とみられていたが、想定以上の収益改善と捉える動きが先行。本日の株価は、場中に一時全体安に連れる場面があったものの、引けに掛けては上値を更新するなど目先上値慕いを漂わせています。



[9326]関通 
[M]業種:倉庫・運輸
終値3,025円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースを展開する顧客企業の配送センター代行業務などを手掛ける。 本日大幅安となり、ストップ安を付けています。同社は昨日、みずほ証券へ新株予約権発行を発表。希薄化は最大12.36%になり、嫌気されています。今後もEコマース市場の成長が持続するものと予想しており、顧客の物流サービスに対するニーズに速やかに対応出来るよう積極的に設備投資を推し進めるために資金調達するとのことで、将来的な成長に繋がる資金調達だけに、これ程嫌気されなくても良いとの見方も多いものの、同社株は足元で高値圏にあったということもあり、手仕舞い売りのキッカケとなった面もあるようです。また、同社は3月に新規上場したばかりで、早くも新たな資金調達に踏み切ったことも意外感があった様子です。なお、本日は新興市場の地合いが悪く、それも重しになっている面もあるようです。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3987]エコモット 
[M]業種:情報・通信業
終値1,124円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

IoTソリューションの企画や端末の製造。クラウドサービスの運用。センサー技術に強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に、5Gの普及を見据えた新世代データ基盤を開発したと発表。応答性や映像品質の向上によるユーザー体験全般の大幅な改善に加え、5Gでの接続を前提とする将来の機能拡張などの特徴を持ちます。株価は10月14日の1,225円を付けた翌日の15日に好決算を発表しましたが、出尽くし感から大きく売り込まれていました。ただ、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値4,805円/前日比+610円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、[9843]ニトリHDが同社の買収を検討していることが分かったと報じています。同社株は既にDCM HDが1株4,200円でTOBを実施している最中で、同社の経営陣はDCM HDの買収提案に賛同しています。この報道を受けニトリHDが更に高い価格でTOBをしてくるとの期待から買われています。場合によってはTOB合戦に発展する可能性もあるのではとの見方です。ただ、実際にニトリHDがTOBに踏み切るかは不透明であり、同社の経営陣が賛同しなければ、ニトリHDは手を引く可能性もあるのではとの声も聞かれました。DCM HDのTOB価格4,200円はPBR1倍割れ水準ということもあって、安過ぎるとの声も多く、ニトリHDがTOBを実施するなら最低でもPBR1倍水準にはなるとの見方です。なお、同社の2020年8月末時点の1株当たり純資産は4,661.36円となっています。



[7045]ツクイスタッフ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,652円/前日比+202円
Yahooの株価リンクはこちら

ツクイ子会社で介護・医療に特化した人材サービス事業。派遣、紹介、研修など。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の2,400万円から7,100万円に3.0倍上方修正。改正労働者派遣法の影響が想定より限定的だった他、派遣スタッフ数や派遣単価が計画を上回って推移しました。これを刺激材料に、2,000円大台乗せが期待される処ではありますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2158]FRONTEO 
[M]業種:サービス業
終値805円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

訴訟支援。AI活用で証拠開示データ収集解析。AIテクノロジー主体の事業へ転換。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、同社は来年初めにも患者が話す言葉からAIで認知症の有無を判定するシステムの臨床試験を始めると報じられています。言語を解析する新たな診断手法を用いることで、5〜10分程度の会話から1分以内に認知症かどうかを判定するとのことで、医療機器として2022年の発売を目指すとのことです。同社はこの診断支援システムについてこの程、日本マイクロソフトと提携したとも書かれており、材料視されています。10時には「日本マイクロソフトと高齢化社会における医療のデジタルトランスフォーメーションを目指し協業を開始」と正式発表すると一段高となり、一時ストップ高まで買われました。明日以降も物色が続くか注目されます。



[9267]Genky DrugStores 
[1部]業種:小売業
終値4,285円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

福井を中心にドラッグストア展開。北陸・東海に集中出店。低価格路線、食品も 本日売り先行で始まるも即切り返して大幅高となり、年初来高値を大幅に更新しています。同社は昨日引け後に、2021年6月期連結業績予想について発表。営業利益を50億円から前期比33.6%増の58億円へ、純利益を35億円から同48.8%増の41億円へ上方修正しました。売上高は従来見通しを据え置いたものの、全社的なコストコントロールにより、販管費抑制に成功していることが要因としています。株価は今まで上限とされていたレベルを一気に上放れており、新展開入りも見込まれます。



[2987]タスキ 
[M]業種:不動産業
終値3,390円/前日比+570円
Yahooの株価リンクはこちら

新築投資用IoTレジデンスの企画、開発、販売やコンサルティングなどを手掛ける。 本日買い気配で寄り付いたあとに商いを伴い急伸し、大幅反発しています。同社は昨日引け後に、オンライン完結型の不動産投資型クラウドファンディングサイト「タスキFunds(ファンズ)」で、会員登録の受付を開始したと発表しました。同社株は10月2日にマザーズ市場に上場し、6日に5,060円で初値を形成。同日にストップ高の6,060円に上昇しましたが、その後は過熱感から売りが優勢となり、19日には3,125円に下落していました。高値から半値近くまで下落したことで調整一巡感が台頭していたことも本日の大幅高に繋がったのでしょう。目先戻りの継続性が試されます。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値2,286円/前日比-204円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日大幅続落となり、時価総額1,000億円割れとなっています。同社は先週末にF351の第2相臨床試験の完了を踏まえた今後の戦略的方向性について発表してから、株価は4,000円近くから2,000円近くまで下落している状況です。次の段階に進むのが来年4月以降になると示されたことで、見切り売りが出ている格好ですが、信用買い残も多い銘柄だけに需給の悪さから下落が止まらない状況になっています。人気株だけに下げ過程で押し目買いやリバウンド狙いの短期資金の買いは入っているものの、下げ止まらないことで、そういった向きの投げも出ている格好です。ここまで来れば2,000円が下値目途になりそうだとの見方も増えています。その水準には200日線も走っており、買いも入り易い処ですが、その辺を狙っている向きも多いことが想定されるだけに、そこまで下がらないとの見方も多い模様です。逆に2,000円でも下げ止まらず更に下げる展開もあるのではとの声も聞かれました。



[7779]CYBERDYNE 
[M]業種:精密機器
終値747円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日大幅高となりストップ高まで買われています。同社は昨日、HAL医療用下肢タイプについて台湾当局より医療機器の承認取得したと発表。同社は日本や米国、EUに加えてアジア太平洋州での展開を進めており、10月15日には豪州当局より医療機器承認を取得したと発表していました。その時は全く材料視されておらず今回も目新しい材料ではないとの声も聞かれましたが、本日は派手に買われています。相次ぐ承認を受けて海外展開が一段と加速するとの見方に繋がり、改めて先行き期待から見直し買いが入ってきた模様です。また、高値を取ってきたことで短期資金も集まってきた様子で、明日以降も物色が続くのか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3796]いい生活 
[2部]業種:情報・通信業
終値1,024円/前日比+97円
Yahooの株価リンクはこちら

不動産業界向けシステムを販売。物件情報のデータベースなどクラウドで提供。 本日買い気配スタート後も上値追いが継続し、大幅反発しています。同社は昨日引け後に、9月度の月次概況速報を発表。クラウドソリューション事業の売上高が前年同月比6.3%増の1億8,500万円と2ヵ月ぶりに前年実績を上回りました。サブスクリプション収益が同4.9%増の1億7,200万円と牽引した他、スポット収益も同30.0%増の1,300万円と高伸長でした。株価は再び1,000円を超え年初来高値に接近してきており、直近レンジ上限となっている1,040円台が目先のポイントになります。



[3923]ラクス 
[M]業種:情報・通信業
終値2,432円/前日比+296円
Yahooの株価リンクはこちら

中小企業向けクラウドで開発・販売・支援。メール管理の大手。経費精算ソフトも。 本日大幅上昇となり、上場来高値を更新しています。昨晩放送のテレビ番組ワールドビジネスサテライトで、同社が手掛ける「楽楽清算」が紹介されて刺激になっているとの見方です。行政のデジタル化で河野大臣が主導する「脱ハンコ」の動きが加速していますが、早くも次のデジタル化として注目が集まっているのが「脱・領収書」だとのことです。「楽楽清算」はクラウド型経費精算システムで、経費精算のペーパーレス化に繋がり、便利な機能で経費精算の負担を大幅に軽減出来るとのことです。脱・領収書の流れにより、楽楽清算の需要が増えるとの思惑に繋がっている模様です。ただ、既に同社の時価総額は4,000億円超となっており、マザーズ市場では[4385]メルカリ、[4478]フリーに次いで3番目に時価総額が大きな企業となっています。過熱感を指摘する向きも少なくありませんが、フリー超えを期待する向きも居るようです。



[1407]ウエストHD 
[JQ]業種:建設業
終値3,245円/前日比+310円
Yahooの株価リンクはこちら

リフォームから太陽光発電設置工事にシフト。保守・管理、売電や省エネ提案事業も。 本日買い気配スタートからの大陽線で急騰し、年初来高値を更新しました。河野規制改革相が一部メディアのインタビューに応じ、「再生可能エネルギーの活用促進に向けて既存の制度を総点検すると表明した」と報じられています。同社は太陽光発電など再生可能エネルギーを手掛けており、規制緩和は利益拡大に繋がるとの期待から本日は買われたようですが、先ずは3,200円台中盤のレベルを固めたい処です。



[6047]Gunosy 
[1部]業種:サービス業
終値800円/前日比-108円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ向け記事配信の「Gunosy」運営。「AbemaTV」とパートナーシップ締結。 本日大幅安です。本日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券の弱気なレポートが伝わっています。それによれば、同証券は同社の今期以降の業績予想を大きく下方修正しており、投資判断を「弱気」に格下げし、目標株価を630円まで引き下げています。2021年5月期の会社予想の売上高と営業利益は下限値の達成も難しいと指摘。営業利益は会社計画10.3億円〜14.14億円に対して、同証券は5.7憶円に留まると予想しています。更に来期は5.3億円予想と減益が続く見通しを出しており、業績回復には時間が掛かるとの見方から本日は見切り売りが強まった様子です。本日の弱さからも7月末に付けている年初来安値を目指す展開になりそうだと見る向きも多いようです。



[4367]広栄化学 
[2部]業種:化学
終値3,425円/前日比+185円
Yahooの株価リンクはこちら

住友化学系の窒素化合物メーカー。医薬中間体等ファイン製品に強み。化成品も。 本日反発しました。本日付の化学工業日報で、熱硬化型ウレタンを80度の低温で硬化出来る触媒とブロックイソシアネートを開発したと報じられました。従来の2分の1の温度で硬化出来るため、低耐熱の樹脂が基材の用途にも適用出来る他、塗装ラインの省エネルギー化や工程短縮化も見込めるとしています。また、この温度領域の実現は世界初ということで、大きく買いが流入していますが、これらの物色が明日以降も続くかどうか同社の動向が注目されます。



[3180]ビューティガレージ 
[1部]業種:卸売業
終値2,758円/前日比-70円
Yahooの株価リンクはこちら

サロン向け美容関連品の専門商社。低価格PB品に強み。翌日配送を拡大。 本日軟調です。一時6%近くの下落となる場面も見られました。今朝の日経新聞では、アマゾンジャパンは19日、シャンプーなどの理美容室向け専用商品を扱う通販サイトを始めると発表したと報じられています。同社はプロ専用の理美容・エステ・ネイルなどの美容商材の卸・通販サイトを手掛けているだけに、アマゾンと競合になるとの懸念から売られている模様です。ただ、アマゾンの理美容室向け商品市場への参入は既に以前から言われていたことであり、目新しさに乏しく、この件に関してアマゾンの参入は「正直、嬉しい」と同社社長が以前ブログでコメントしています。アマゾンの参入により、これまで遅れていたBtoB美容材料市場のEC化も加速してくる可能性があるとの見解も示しています。



[7587]PALTEK 
[2部]業種:卸売業
終値576円/前日比+51円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系半導体商社。特定用途向けに強み。製品開発・設計支援も。 本日後場買い気配スタートから続急伸し、一時ストップ高まで買われています。同社は本日正午に、エッジ端末で生成される情報を高速に処理する米ザイリンクス社のMPSoCを搭載した世界最小組み込みFPGAエッジコンピューティング「So-Oneモジュール」を開発し、販売を開始すると発表しました。本日の株価は、13時25分以降暫く張り付いていた処から、大引けに掛けて大きく上げ幅を縮小しており、明日の反応に注目が集まります。



[2334]イオレ 
[M]業種:サービス業
終値1,997円/前日比-1円
Yahooの株価リンクはこちら

グループコミュニケーション支援「らくらく連絡網」を運営。広告配信事業が収益。 本日一時大幅上昇も買い続かずでした。11時過ぎに共同通信が、文科省は学校と保護者間の連絡について、メール配信システムの活用などデジタル化するよう求める通知を都道府県教育委員会などに出したと報じています。その後、日経新聞電子版でも報じられ、後場には一段高になりました。同社は連絡支援ITサービス「らくらく連絡網」を提供しており、恩恵を受けるとの思惑で買われたようです。ただ、こうしたサービスをおこなっている企業は大手も含め非常に多く、実際に同社が恩恵を受けるかは不透明との声も聞かれました。そのため買いも続かず結局マイナス圏まで垂れてしまっています。とりあえず本日は小型株という理由で短期資金による物色材料にされた格好のようです。他にも[3804]システムディ、[6193]バーチャレクスHDなども物色されました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7068]フィードフォース 
[M]業種:サービス業
終値5,390円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

最適なタイミングで広告を表示するデータフィードサービスなどマーケティングツールを提供。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は先週末16日引け後に、11月末現在の株主を対象に1株を4株にする株式分割の実施を発表。足元の業績も好調且つ株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から、引き続き買い優勢の展開が見込まれます。また、株価は10月15日の戻り高値5,600円を付けたあと調整を入れましたが、目先は売り物も一巡して下げ止まる格好を見せており、新しいトレンド形成が期待されます。



[9602]東宝 
[1部]業種:情報・通信業
終値4,675円/前日比+200円
Yahooの株価リンクはこちら

阪急系の邦画配給最大手。テレビ局との連携に強み。不動産賃貸高収益。 本日確りと買われて年初来高値を更新しています。同社が16日に公開したアニメ映画「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」が、初日の16日だけで興行収入10億円を突破したと報じられ ています。また、2日で興行収入30億円に迫る勢いとのことです。既に同映画への期待から買われていたものの、想定以上の人気との見方で改めて見直されている様子です。また、本日は鬼滅の刃関連株も総じて買われています。Tシャツなどのアイテムを販売している[7448]ジーンズメイトはストップ高まで買われ、自社で運営するECサイトで色々なグッズを販売している[1491]中外鉱業も買われました。他にもやはりグッズ販売を手掛ける[3935]エディア、[7608]エスケイジャパン、[7809]壽屋、[7803]ブシロードなども買われています。



[4386]SIG 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,393円/前日比+55円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系、システム開発やインフラ・セキュリティサービスを提供。官公庁向けが主力。 本日急伸して年初来高値を更新しました。同社は先週末16日引け後に、アクロHDとの資本・業務提携契約締結をしたと発表。同社は業績も好調且つ官公庁向け給与システムなどに強みを有し、クラウド市場トップシェアのAWS向けセキュリティ診断サービスでも実績を重ねており、注目度の高まりが伺えます。新値追いが期待される処ですが、1,500円処からは売り圧力の強まりも感じられます。



[8617]光世証券 
[1部]業種:証券・商品
終値709円/前日比-18円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系証券。大阪、東京に拠点。自己売買に特化。富裕層に営業基盤。 本日大幅高となっていましたが、14時に発表した2Q決算を機に売り込まれています。同社株は1Qの4-6月期決算が非常に良かったことから、2Qの7-9月期業績への期待も強ま っていました。更に先週には[8706]極東証券や[8614]東洋証券、[8613]丸三証券が2Q決算速報値を発表しており、何れも良い数字となっていたことから、同証券も好決算が出てくるとの期待が高まっていた様子です。それにより足元で買われてきており、本日も一時790円まで上昇するなど先回り的に買っていた向きも多いようです。しかし、14時に発表された7-9月期決算は4-6月期比では大幅減収減益となっています。累計では大幅増収増益ですが、足元の決算期待が高まっていただけに出尽くし的な売りも出易かった様子です。



[3916]デジタル・インフォメーション・テクノロジー 
[1部]業種:情報・通信業
終値1,521円/前日比+143円
Yahooの株価リンクはこちら

サイバー攻撃に備えるセキュリティシステムを構築。金融、通信企業などが顧客。 本日大幅買い気配スタートから3営業日ぶりに大幅反発しました。同社は[8023]大興電子通信と協業で中小企業向け電子契約の外部委託サービスをスタートさせており、時流に乗る経営戦略として注目を集めているようです。直近の株価は、菅新政権のデジタル政策を背景にサイバーセキュリティが投資テーマとして再浮上する中、1,500円台を回復してきましたが、年初に付けた年初来高値1,872円には未だ距離があり、出遅れ銘柄としての認識から一段高も考えられます。



[3562]No.1 
[JQ]業種:卸売業
終値4,005円/前日比+510円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器・情報セキュリティ関連機器の販売や保守。中小企業向け定額サービス。 本日前引け間際から動意付き後場は大幅一段高となり、上場来高値を更新しています。同社は本日12時30分頃、11月1日を効力発生日として1株を2株に株式分割するのに伴う配当予想の修正を発表。1株当たりの期末配当金予想は15円を継続するとしており、株式分割前換算での年間配当金は1株あたり30円から45円へと実質的に増配となります。明日、明後日早々に崩れるようなことが無ければ、株価は青天井圏を駆け上がりそうです。



[9878]セキド 
[2部]業種:小売業
終値643円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

輸入ブランド専門店を展開。中古品やネット通販も展開。オークファンと提携。 本日軟調に推移していましたが、後場ストップ高まで買われました。同社は後場にコスメティック事業部において、「BTS」との限定コラボ商品の10月度売上数が、上半期と比較して23倍超のペースで伸びていることを発表。先週には10月9日〜11日までの3日間、イオンモール太田で初めて韓国コスメに特化した催事を開催し、特にBTSとの限定コラボ商品が売れて想定以上の売上になったと発表して買われていました。同じBTS限定コラボ商品ネタですが、改めて業績寄与が期待された様子です。また、同社は16日〜18日にも韓国コスメ催事を行っており、それに関してまた何らかの発表が近くあるのではと期待する声も聞かれました。



[2160]ジーエヌアイグループ 
[M]業種:医薬品
終値3,190円/前日比-700円
Yahooの株価リンクはこちら

バイオ創薬ベンチャー。中国に製造・開発拠点。製薬会社と遺伝子解析も。 本日ザラ場寄らずのストップ安比例配分のみとなっています。先週末同社は、F351の第2相臨床試験完了を踏まえた今後の戦略的方向性について発表。それによれば現在、国家薬品監督管理局および医薬品審査評価センターへの相談に向けて準備を行っており、次の段階に進むのは概ね2021年第2四半期頃になると見通しだとのことです。これを受け承認まで、まだまだ時間が掛かるとの見方に繋がったようで嫌気されている様子です。市場では第3相臨床試験実施は免除され、早期承認に至るとの期待が強かったようで、それが示されなかったことで失望されたようです。同社はF351について、8月17日には戦略的な方向性を9月末から10月上旬を目途に示すと発表しており、更に9月29日には10月16日に発表する予定だと明らかにしていました。その度に同社株は買われてきただけに事前に買っていた向きも多いようで、そういった向きの売りが本日は殺到している様子です。ただ、売り一巡後は改めて買いに来る向きも多いのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[6567]セリオ 
[M]業種:サービス業
終値1,309円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

子育て女性を対象の就労支援や認可保育園の運営。保育施設に積極。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日決算を発表。2021年5月期第1四半期の連結経常利益は前年同期比9.5倍の1.4億円に急拡大。併せて通期の同利益を従来予想の2億円から2.7億円に39.5%上方修正し、増益率が19.8%増から67.1%増に拡大。就労支援事業で新型コロナウイルス感染症の影響で見込んでいた出勤調整や稼働時間の減少が想定を上回るペースで回復しており、引き続き買い優勢が見込まれ新値追いが期待されます。



[3181]買取王国 
[JQ]業種:小売業
終値1,006円/前日比+165円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料、玩具など中古品販売店「買取王国」を愛知地盤にロードサイド展開。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日決算を発表。2021年2月期第2四半期累計の経常利益は前年同期比3.6倍の4300万円に急拡大。新型コロナウイルス感染症の影響などにより、主要商材のファッションは不調だったものの、新規出店効果もあって工具が堅調だった他、メディア、貴金属なども順調に推移しました。これを受けて買いが流入しましたが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2484]出前館 
[JQ]業種:情報・通信業
終値3,725円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。 本日大幅高となり、年初来高値を更新してストップ高まで買われています。同社は昨日、本決算を発表。今期大幅増収計画ながら利益面は大幅赤字計画で前期より赤字幅が拡大する見込みとなりました。これが嫌気されて売り優勢で始まるも寄り後は買われています。売上高予想は前期実績の2.71倍とコンセンサス大幅に上回る予想となっています。利益面は先行投資により、大きく赤字となる計画ですが、売上の伸び率から改めて高成長期待が意識された様子です。中期経営計画も一緒に発表しており、来期も赤字見込みですが、売上高は更に大きく伸ばす計画となっています。また、同社株には空売りが多く入っていることもあり、踏み上げ的な動きも加わった様子です。来週も物色が続くか注目されます。



[4490]ビザスク 
[M]業種:情報・通信業
終値4,270円/前日比+700円
Yahooの株価リンクはこちら

ビジネス分野に特化した「ナレッジシェアリングプラットフォーム」の運営を手掛ける。 本日大きな窓を空けて急反発し、上場来高値を更新してストップ高を達成しています。同社は昨日引け後に、2021年2月期上期の連結決算を発表。売上高が前年同期比59.3%増の6億9,000万円、経常利益は同2.5倍の5,100万円に急拡大しました。スポットコンサル設営サービス「ビザスクinterview」が積極的なマーケティング施策が奏功し、国内事業法人と海外顧客が拡大したようです。上期経常利益は通期計画4,800万円を既に上回っており、業績上振れを期待する買いによる一段高相場がありそうです。



[6966]三井ハイテック 
[1部]業種:電気機器
終値2,098円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら

ICリードフレームで首位級。モーターコア製造も。金型の精密加工技術に強み。 本日確り上昇して年初来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、[7203]トヨタ自動車はHV(ハイブリッド車)の基幹システムを中国自動車大手の広州汽車集団に供給すると報じられています。また、中国民営自動車大手の浙江吉利控股集団傘下の吉利汽車への販売でも大筋合意したとのことです。海外企業へのHV技術外販は初めてとのことで、同社はトヨタ自動車へHV車 の基幹部品であるモーターコアを供給していることから、恩恵を受けるとの見方に繋がり、思惑的に買われているようです。来週も物色続くか注目されます。なお、[7254]ユニバンスもこの報道に刺激を受け買われているとの見方です。



[6199]セラク 
[1部]業種:サービス業
終値2,395円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

ITソリューションを提供、支援サービス。業務請負から派遣、ハードウェアの開発も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線で大幅続伸。9月28日に付けた上場来高値2,207円を奪回し、ストップ高まで買われています。同社は昨日引け後に、2020年8月期決算を発表。システムインテグレーション運用業務などが牽引し営業利益が前の期比56%増の11億3,400万円と急拡大しました。また、2021年8月期についても利益成長に衰えは見えず前期比21%増の13億7,000万円と高水準の伸びを見込んでいます。青天井圏入りにより株価の上値余地が見込まれています。



[3479]ティーケーピー 
[M]業種:不動産業
終値2,788円/前日比+179円
Yahooの株価リンクはこちら

貸会議室大手。機材レンタル・短期オフィス・宿泊サービスなど展開。大塚家具と提携。 本日大幅上昇です。同社は昨日2Q決算を発表。大幅減収で大幅赤字となっています。通期見通しは依然として未定としており、本日は大幅安で始まりました。しかし、寄り後は買われる動きでプラスに転じると前引けに掛けて一段高となり、後場にはストップ高まで買われました。同社が本日11時に公表した決算説明資料によれば上期は新型コロナウイルスの影響を受け減収で、暖簾償却費用などの計上により営業損益以下は赤字となりましたが、最重要指標としているEBITDAは黒字を維持しているとのことです。また、緊急事態宣言解除以降の受注は回復傾向で、下期は営業黒字の見込みだとのことです。これが好感されて一段高になった様子です。ただ、ストップ高まで買われたあとは上げ幅を縮小する動きになっていることから、戻り売り圧力も強い様子です。来週の動向が注目されます。



[3645]メディカルネット 
[M]業種:情報・通信業
終値635円/前日比+6円
Yahooの株価リンクはこちら

自由診療歯科やエステ向けのポータルサイト運営。歯科関連企業のマーケティングに力。 本日後場買われて大幅高となり、一時ストップ高まで買われました。同社は昼に「中期的な株主価値の展望に関する統合的な報告」を開示。それによれば、2025年5月期目標売上高100億円、営業利益率水準10%の達成を目指すとしています。今期見通しは売上高30〜34億円、営業利益1.1〜2億円との会社計画だけに、インパクトも強かった様子です。同社株の時価総額は30億円台で超小型株と言え、実際にそれだけ成長するなら見直し余地は大きいとの見方に繋がっています。ただ、物色一巡後は大きく垂れてしまっており、マイナス圏に沈む場面も見られました。新興市場の地合いが良くなく、重しとなった面もありますが、やはり2025年の目標では遠過ぎて不透明感が強く、今から買う材料では無いとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3541]農業総合研究所 
[M]業種:卸売業
終値1,001円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

全国の生産者、農産物直売所と提携。インショップ形式の直売所で委託販売。 本日寄り前から大量の買いものを集め大幅続伸し、年初来高値を大幅に更新してストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、[9020]JR東日本などと資本業務提携を締結したと発表。同社は、第三者割当増資を実施し、JR東日本に対して1株に付き741円で13万4900株(持ち株比率0.62%)を発行します。更に、福岡ソノリク社とも同日、資本業務提携を締結しています。株価は2019年2月以来の4桁乗せを達成しており、上場来高値が視野に入ってきました。



[3536]アクサスHD 
[JQ]業種:小売業
終値168円/前日比-62円
Yahooの株価リンクはこちら

16年3月、雑貨屋ブルドッグとアクサスが経営統合。化粧品、生活雑貨、酒を販売。 本日大幅安です。前引けに掛けて買われ、一時13%超の上昇となる260円まで買われる場面も見られましたが、同社が14時に発表した本決算を受け派手に売り込まれる動きになっています。今期見通しが大幅減益計画となっており、四季報予測も下回っています。同社は8月12日に前期業績の大幅上方修正を発表し、株価は大きく居場所を変えていました。今期も増収増益になるとの期待も強かったようで、決算期待で買っていた向きも多いだけに大幅減益見通しで失望売りが殺到した格好です。明日以降、下げ渋りが見られるか、更に売りが出てくるのか注目されます。



[3491]GA technologies 
[M]業種:不動産業
終値11,260円/前日比+1,310円
Yahooの株価リンクはこちら

中古不動産流通に特化のポータルサービス「リノシー」の開発・運営。管理システム連携も。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、10月31日を基準日として1株に付き3株の割合で分割すると発表。足元の業績も不動産サイト「RENOSY」の会員数が順調に増加中と好調さが伺える中、YouTubeを活用した新サービスを開始するなど次期業績期待も高まっています。株式流動性の向上と投資家層の拡大期待から、引き続き買い優勢との見方が強いです。



[7599]IDOM 
[1部]業種:卸売業
終値670円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら

「ガリバー」ブランド中古車買取り最大手。新車販売も。個人間カーシェアサービス提供。 本日売り買い交錯です。大幅高で始まるも寄り後は売られてマイナス圏に沈む動きになっています。ただ、その後は買われて結局小幅高で引けています。昨日同社は計画を大きく超過する2Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。市場コンセンサスも大きく上回っていますが、同業の[3186]ネクステージが、10月2日に発表した6-8月期決算からも同社の好業績は既に期待感が高まっていた状況でした。株価も随分前から上げてきており、本日は出尽くし的な売りも出易かった様子です。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、この2Q決算について「ポジティブだがサプライズとまでも言えない」と指摘しています。明日以降改めて買われるか注目されます。



[6544]ジャパンエレベーターサービスHD 
[1部]業種:サービス業
終値4,440円/前日比+385円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系、エレベーターやエスカレーターの保守・保全業務。リニューアルも。高技術・コスト力。 本日大きな窓を空けて4連騰し、上場来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、12月31日現在の株主を対象に1株から2株への株式分割を実施すると発表。また、同業の関西エレベーターと長野エレベーターの全株式をそれぞれ取得して子会社化することも明らかにしています。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待する買いなどが入った訳ですが、8月高値を奪回した処で気迷いが生じており、明日の反応が注目されます。



[4563]アンジェス 
[M]業種:医薬品
終値1,106円/前日比-209円
Yahooの株価リンクはこちら

阪大教授創業の医療ベンチャー。遺伝子医薬品等を開発。難病治療薬販売も。 本日大幅安となり、今年3月以来となる200日移動平均線割れになっています。NHKニュースで「新型コロナ 国産ワクチンの実用化は再来年か」と報じられており、DNAを活用した新しい技術のワクチンで既に臨床試験を行っている大阪のベンチャー企業からは「開発がうまくいったとして、大量生産が可能になるのは2022年の後半になる」と説明があったとのことです。社名は伏せられていますが、同社のことだと思われ、同社期待の新型コロナワクチンの実用化が再来年後半になる恐れがあるとのことで、本日は失望売りに繋がっています。既に早期開発への期待は後退しており、改めて売り込まれる材料でも無いとの声も聞かれましたが、信用買い残が多いことからも依然期待して保有していた個人投資家も多い様子です。テクニカル的な売られ過ぎ感はあるだけに、明日以降は下げ渋りも見られそうですが、見切り売りは継続的に出てくると思われ、戻りの鈍い展開は続きそうです。



[7520]エコス 
[1部]業種:小売業
終値2,494円/前日比+236円
Yahooの株価リンクはこちら

食品スーパー中堅。東京・北関東が地盤。M&Aで規模拡大。傘下に同業社多数。 本日売り先行のスタートから切り返して終日上値追いが継続し、3営業日大幅続伸で年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、第2四半期累計連結決算を発表。売上高が前年同期比7.0%増の674億1,700万円、営業利益は同56.2%増の31億9,600万円、純利益は同62.5%増の21億2,200万円と大幅な営業増益となりました。本日の株価は高値を更新したあとも一段高して終えており、上値余地が残されていそうな流れとなっています。



[7049]識学 
[M]業種:サービス業
終値1,827円/前日比+286円
Yahooの株価リンクはこちら

組織マネジメント理論「識学」を使ったコンサルティングサービスなどを手掛ける。 本日大幅反発となり、1月上旬に付けていた年初来高値を久々に更新しています。同社は昨日後場寄りに中間決算を発表しており、赤字決算となったことで後場売られましたが、本日は早くも反発して高値を更新してきています。この決算を受けて、いちよし証券ではレーティング未付与ながらレポートをリリース。足元の業績は概ね予想の範囲内と考えており、業績予想を継続するとのことです。2Q累計営業損益は同証券のアナリスト予想をやや上回った模様で、同証券は同社の今期営業利益は会社計画並みの大幅減益を予想していますが、来期は新型コロナウイルス感染症流行の影響緩和で前期比3倍を見込んでいます。これを受け本日は見直し買いに繋がっている様子です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[7187]ジェイリース 
[1部]業種:その他金融業
終値895円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

賃貸不動産における家賃債務保証業務。大都市中心に展開。医療費保証も。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年3月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の2,000万円から3億円に15倍上方修正。上期業績の好調に伴い通期の連結経常利益も従来予想の1.5億円から5.4億円に3.6倍上方修正し、増益率が42.9%増からへと拡大。5期振りに過去最高益を更新する見通しとなりました。8月以降、株価は大きく値を上げており、1,000円大台乗せに期待が掛かります。



[7022]サノヤスHD 
[1部]業種:輸送用機器
終値186円/前日比+20円
Yahooの株価リンクはこちら

造船が中核。中型ばら積み船に強み。遊園地機械や工事用昇降機なども。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に、子会社が保有する投資有価証券の一部を売却し、投資有価証券売却益が発生したことを発表しました。また、売却による資金調達により、コミットメントライン契約の借入極度額を30億円から10億円に減額。売却益は36.3億円で第3四半期決算に特別利益に計上の予定とのことです。前期に続く大幅赤字計上が想定されていた中、一転しての最終益黒字計上の可能性が高まり、買いが流入しています。ただ、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、注意が必要です。



[7448]ジーンズメイト 
[1部]業種:小売業
終値260円/前日比+43円
Yahooの株価リンクはこちら

カジュアル専門チェーン。ジーンズ主力。首都圏中心に路面店展開。RIZAPグループ傘下。 本日前場中頃に突如動意付き、一時ストップ高まで買われる動きになっています。特に新たな材料は見当たりませんが、昨日昼に同社はPRで、TVアニメ「鬼滅の刃」アイテムが好評につき展開アイテム大幅拡大と発表しています。10月13日よりジーンズメイト公式ECサイトにて予約販売開始するとのことです。昨日は全く材料視されていなかったものの、本日SNSなどでこの材料が個人投資家に広まり、突如物色材料になった様子です。人気の「鬼滅の刃関連銘柄」として改めて意識された様子です。鬼滅の刃関連銘柄では、昨日[1491]中外鉱業が大きく物色されていました。中外鉱業は運営するECサイトで色々な鬼滅の刃グッズを販売しています。



[7042]アクセスグループHD 
[JQ]業種:サービス業
終値1,038円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

企業向け販促物制作や学生募集に関わる広報業務。就活採用オンラインブースも。 本日大きな窓を空けて続急伸し、ストップ高まで買い進まれました。同社は昨日引け後に、子会社アクセスネクステージがエイトレント社と業務上の提携を行い、新たな事業としてレンタル事業を開始すると発表。これに伴いアクセスネクステージはエイトレントと包括的な卸レンタル契約を締結し、エイトレントが取り扱うレンタル品を借り入れ、クライアントに転貸するとしています。株価は4月以来の4桁乗せを達成しましたが、当時は戻り一杯になっており、数日動向が注目されます。



[7353]KIYOラーニング 
[M]業種:サービス業
終値12,380円/前日比+950円
Yahooの株価リンクはこちら

個人向けオンライン資格講座や社員教育クラウドサービスの提供を手掛ける。 本日大幅高となり、3週間ぶりに上場来高値を更新しています。高値圏での揉み合いを続けていますが、上値放れの格好になっています。本日終値が12,110円以下となれば、信用取引の増担保規制が解除される条件を満たすため、その期待から買われていた面もあるようですが、勢い余って上げ過ぎ、一時13,000円付近まで買われる場面も見られました。そのあとは解除条件付近まで垂れてきたものの、結局解除条件を満たせずに引けています。同社株は10月7日にも解除条件を満たす可能性があったものの、上げ過ぎて解除とはならなかった経緯があります。今回も解除拒否とも言える動きとなっており、この動きからも規制が入ったまま上値追の展開になっていくのではと期待する声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[1418]インターライフHD 
[JQ]業種:建設業
終値312円/前日比+37円
Yahooの株価リンクはこちら

内装工事会社。セガサミーG施設が主力。音響・照明工事に注力。携帯販売も。 本日大幅買い気配スタートから急反騰し、約3ヵ月ぶりに年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2021年2月期上期業績を発表。連結経常利益は前年同期比5.7倍の5億5,400万円に急拡大して着地。主力の工事事業で受注済み案件の完工や新規大型案件の受注があった他、健康増進法の改正に伴う分煙工事や喫煙ブースの受注が進みました。通期計画3億5,000万円を既に大幅に上回っていますが、本日の株価は高寄り後急速に押し戻されており、明日以降先ずは早期に落ち着き処を見つけたい処です。



[3526]芦森工業 
[1部]業種:輸送用機器
終値1,010円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

消防用ホース大手。自動車向けシートベルト・エアバッグを軸に産業資材が主力。 本日大幅上昇となり、後場にはストップ高まで買われる動きになっています。欠陥エアバッグ問題で経営破綻したタカタの主要事業を引き継いだJSSJ社が、法令で定める強度を満たしていないシートベルトを自動車メーカーに供給していたことが分かったと昨晩の日経新聞電子版などが報じています。国交省は自動車メーカーにリコールの準備を始めるよう伝えたとのことで、代替え需要期待からシートベルトを手掛けている同社株に買いが集まった様子です。前場は殆ど買われていませんでしたが、昼頃にはネットニュースなどで報じられ、SNS上で広がったことで後場一段高になった様子です。実際に代替え需要が出てくれば、業績への寄与も期待出来るとの声も聞かれました。



[3562]No.1 
[JQ]業種:卸売業
終値3,455円/前日比+250円
Yahooの株価リンクはこちら

OA機器・情報セキュリティ関連機器の販売や保守。中小企業向け定額サービス。 本日後場買われて大幅高になっています。同社が前引け後に発表した2Q決算が好感されています。累計で増収増益となっており、更に四半期ベースで見れば6-8月期は前年同期比で大幅増収増益になっています。1Q決算は赤字で前年同期比で減収、赤字拡大となっていただけに、2Qで大きく巻き返してきたのはサプライズと見る向きが多い様子です。ただ、同社株は8月26日に通期業績の上方修正を発表してから、既に随分と買われてきており、2Qの巻き返しもある程度想定して買われてきたと言える状況だけに出尽くし的な手仕舞い売りも出ているようで、上げ幅を縮小する場面も見られました。ただ、下値では買い向かう動きも見られ、出尽くし的な利食い売りを熟している格好です。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3779]JエスコムHD 
[JQ]業種:情報・通信業
終値165円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

理美容事業者向けに商材の販売。広告代理や教育コンサル、個人向け通販も。 本日ストップ高を付けました。同社は昨日引け後に、北海道文教大学と包括連携協定を締結すると発表。今回の連携で北海道文教大学が持つ食品・栄養分野、医療分野、美容分野などの専門知識および幅広い人的ネットワークと同社が有する販売網および業界知識などを組み合わせ、アンチエイジングや健康寿命の延伸に繋がる商品・サービスなどを提供する予定です。株価は年初来高値186円ブレイクに期待が掛かります。



[6380]オリエンタルチエン工業 
[2部]業種:機械
終値690円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

小型チェーン主体。農機、事務機械向けに定評。精密機器関連部品も。 本日ギャップアップスタートからの大陽線でストップ高まで買われました。東証が昨日引け後に、同社株を上場廃止に係る猶予期間入り銘柄から解除すると発表。2020年9月30日時点の流通株式の時価総額が5億円以上となり、流通株式時価総額に関する上場廃止基準に該当しなくなったためとしています。本日46万株超の買いものを残して終えており、年初に記録した年初来高値744円を視野に捉えています。



[3482]ロードスターキャピタル 
[M]業種:不動産業
終値1,005円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

都市部の中規模オフィスビル投資。不動産特化型クラウドファンディングサービスも。 本日大幅高です。今朝の日経新聞では、「不動産ファンド、日本で大型投資 グリーンオークが1兆円」と報じられており、不動産投資事業手掛ける同社には追い風との見方に繋がっています。また、国交省は昨日、不動産売買の重要事項説明をテレビ電話などの非対面でも認める方針を明らかにしたとも報じられていることも追い風になっているようです。明日以降、1月に付けている年初来高値1,110円を取りにいくか注目されます。なお、不動産非対面関連としては、[6093]エスクロー・エージェント・ジャパン、[4054]日本情報クリエイト、[3796]いい生活が本日買われています。



[6255]エヌ・ピー・シー 
[M]業種:機械
終値395円/前日比-4円
Yahooの株価リンクはこちら

太陽電池の製造装置大手。太陽電池モジュール受託加工、ラインの一括請負も。 本日小幅安です。同社は昨日引け後に本決算を発表。今期見通しは大幅減収減益計画となっており、大きく売られて始まったものの、寄り後は下げ渋っており、下げ幅縮小の動きになっています。先週末から決算警戒もあって売られてきたことからアク抜けてきな格好になっています。また、同社は米国で太陽光関連事業を手掛けることから、バイデン銘柄という見方も多く、決算発表後の買いを狙っていた向きも多いようです。更に日経新聞電子版で、梶山経産相が太陽光や風力などの再生可能エネルギーを他の電源に比べ上位の主力電源にしていくと表明したと報じられたことも追い風になった様子です。明日以降も買われていく展開になるのか注目されます。



[3021]パシフィックネット 
[2部]業種:小売業
終値2,552円/前日比+341円
Yahooの株価リンクはこちら

中古PC・携帯を販売。自社でデータ消去・修理。テレワーク用レンタルを強化。 10月9日付の弊社朝刊レポートにて推奨した銘柄ですが、本日大幅高で年初来高値を更新しています。同社は昨日、第1四半期連結決算を発表。売上高が前年同期比2.3%増の11億6.500万円、営業利益は同15.9%増の1億5,000万円、純利益は同22.8%増の1億100万円と2桁増益で、売上高・営業利益が第1四半期として過去最高となりました。株価は時間差で急速に上値を追い始めましたが、売り上がりも一手と言った処でしょう。



[3788]GMOグローバルサインHD 
[1部]業種:情報・通信業
終値12,420円/前日比+1,560円
Yahooの株価リンクはこちら

サーバー管理と電子認証提供が2本柱。電子認証の海外展開急ぐ。GMO傘下。 本日大幅上昇となり上場来高値を更新しています。今朝の日経新聞では、「電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後200億円市場に」と報じられています。その記事内で[6027]弁護士ドットコムの1強体制に楔を打ち込もうとする動きも出てきたとのことで、日通系で「ワンサイン」を運営するワンビシアーカイブズと同社は2020年度中を目途に両社の顧客が互いのサービスを利用出来る仕組みを整えると報じられています。これを受け顧客獲得拡大に繋がるとの期待から、見直すキッカケとなったようです。足元で弁護士ドットコムは大きく買われてきており、連日で上場来高値を更新しているだけに、同社株は出遅れているとの声も聞かれました。同社の時価総額は1,000億円台ですが、弁護士ドットコムは3,000億円超となっています。



[3236]プロパスト 
[JQ]業種:不動産業
終値160円/前日比+9円
Yahooの株価リンクはこちら

首都圏でマンション開発、販売代理を展開。土地再開発、中古不動産再生も。 本日急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年5月期第1四半期の経常利益は前年同期比23.7%増の9.9億円に伸びました。首都圏を中心に賃貸開発事業が伸長し、利益が拡大。通期予想は前期比1.2%増の15.55億円で据え置いていますが、進捗率は69.8%に達しており、近く上方修正される可能性があるとの期待が広がっています。7月1日に付けた高値189円を目指す動きにありますが、170円から上は売り圧力も強く、ここを突破出来るかどうかが焦点となりそうです。



[6937]古河電池 
[1部]業種:電気機器
終値1,174円/前日比+85円
Yahooの株価リンクはこちら

古河電工直系の蓄電池メーカー。自動車用に強み。電車、航空機、産業用も。 本日大幅上昇です。14時過ぎに日経新聞電子版が、梶山経産相が日経新聞のインタビューに応じ、太陽光や風力などの再生可能エネルギーを「他の電源に比べ上位の主力電源にしていく」と表明したと報じました。また、普及の基盤となる高性能な蓄電池や洋上風力の整備などに予算を厚く配分する考えも示したとのことです。この記事を受けて、蓄電池を手掛ける同社株などに物色資金が集まりました。他にも蓄電池関連で[6674]ジーエス・ユアサコーポレーション、[5333]日本ガイシ、[6653]正興電機製作所や[6864]エヌエフHD、再生エネルギー関連で[9519]レノバ、[9517]イーレックス、[9514]エフオンなどが動意付いています。政策絡みのネタなだけに明日以降も物色が続くと期待する声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3936]グローバルウェイ 
[M]業種:情報・通信業
終値1,950円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

転職・就職口コミ情報サイト「キャリコネ」展開。有料職業紹介も。クラウド型のアプリ支援。 本日ストップ高を付けました。同社は先週末9日引け後に、スイス子会社TimeTicket GmbHが、プロのesports選手やファン同士でゲームを楽しめる「eSportStars」をリリースしたと発表。また、利用頻度に応じて仮想通貨「タイムコイン」が報酬として付与される「eスポーツマイニング」を実装する予定としています。目先、2,000円大台乗せが期待されますが、ボリンジャーバンドの+3σも上回るなど過熱感も出ており、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、慎重に動きを見たい処です。



[7516]コーナン商事 
[1部]業種:小売業
終値3,775円/前日比-170円
Yahooの株価リンクはこちら

大阪地盤のホームセンター大手。関東に進出、同業買収も。大型店舗展開に注力。 本日大幅安です。先週末同社は中間・通期業績の大幅上方修正を発表。市場コンセンサスも大きく上回っており、本日は買い優勢で始まるも寄り後は出尽くし的に売られる動きになっています。1Q決算が新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要などから、かなりの好決算となっていただけに大幅な上方修正期待は強まっていた様子です。それに下期は上期と比較して大きく伸び悩むことから、来期業績の減益は避けられないとの見方にも繋がっている様子です。ただ、下期は保守的との見方も多く、通期業績は再度上方修正される可能性もあるだけに更に下げれば買いも入るとの声も聞かれました。



[2706]ブロッコリー 
[JQ]業種:その他製品
終値1,875円/前日比+299円
Yahooの株価リンクはこちら

PSP向けゲームソフト「うた☆プリ」シリーズを展開。カードゲーム「Z/X」が拡大。 本日寄り前から大量の買いものを集め、2営業日大幅続伸しています。同社は先週末9日引け後に第2四半期累計単独決算を発表。売上高が前年同期比9.4%増の29億9,100万円、営業利益は同82.0%増の6億2,000万円、純利益は同58.2%増の4億3,800万円と大幅増益でした。株価は7月の戻り高値をクリアしたことで居所を一段上方に移しており、1月に一相場形成した際の年初来高値2,253円を目指すことになりそうです。



[3686]ディー・エル・イー 
[1部]業種:情報・通信業
終値447円/前日比+21円
Yahooの株価リンクはこちら

独自キャラの著作権ビジネス。「秘密結社鷹の爪」が人気。朝日放送GHD傘下。 本日大幅高です。前場引け間際に海外サイトで「TikTokのライバル、Trillerが株式公開を検討中」との報道があり、これが刺激となって動意付き前場引けに掛けて買われています。同社は米Triller社に出資していることから材料視された模様です。記事によれば、Trillerは上場を目指して複数のSPAC(特別買収目的会社)と交渉しているとのことです。また、複数のSPACと交渉を進めるのと並行して未公開株市場での資金調達についても協議しているとのことです。記事の内容から実際に上場するかは、未だ不透明感も強く、何れにせよ先の話になるのではとの見方から買いも続かず。この動きからも同社株は上値のシコリも多いようで戻り売り圧力は強い様子です。



[3671]ソフトマックス 
[M]業種:情報・通信業
終値1,700円/前日比+271円
Yahooの株価リンクはこちら

総合医療情報システムの開発。病院向けウェブ型電子カルテ、会計システムが主力。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き急反発し、年初来高値を更新しています。田村厚労相と河野規制改革相、平井デジタル改革相らが、9日の記者会見で初診を含めたオンライン診療を原則解禁すると発表。オンライン診療は現在、新型コロナウイルス対策として特例的に初診から認められていますが、感染が収束したあとも原則解禁するとのことで、電子カルテ関連の一角として買われたようです。本日は[6095]メドピアなどオンライン診療関連も買われており、横を見ながらとはなりますが、同社株は上場来高値チャレンジ段階にきています。



[3962]チェンジ 
[1部]業種:情報・通信業
終値9,700円/前日比+520円
Yahooの株価リンクはこちら

スマホ、ビッグデータ、クラウドで業務効率化支援。ふるさと納税サイトや遠隔研修も。 本日前場は弱含みの動きとなっていましたが、後場は確りと買われてくる動きになっています。同社は本日昼頃に今月5日の臨時株主総会終了後に行われた「株主様との対話の会」の質疑応答を公表しています。この内容が好感されたようで、後場は見直し買いに繋がったのではとの見方です。かなり細かく質疑応答しており、そのIR姿勢も好感された模様です。未だ上値のシコリも多いと思われ、日柄調整が必要な状況と言えるものの、再度10,000円台に戻す期待はあるのではとの声も聞かれました。ただ、10,000円台に戻しても上値の重さが見られ、大台を維持出来なければ、更に値幅調整してくる恐れもあるとの声もあり、明日以降の動向が注目されます。



[6658]シライ電子工業 
[JQ]業種:電気機器
終値247円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

プリント配線板専業中堅。両面・低多層が主体。開発・供給一貫体制。 本日後場買い気配スタートからストップ高まで買われました。同社は本日11時15分頃、5Gなどに対応した透明アンテナ向けフィルム基板の開発に成功し、販売を開始したとしています。また、同時に3次元立体配線用の透明フレキシブル銅張積層板(FCCL)を開発し、販売を開始したとも発表しています。株価は4月のコロナショック後戻り高値248円にあと1円に迫っており、無難にクリアするとコロナショック前の地相場であった300円処がターゲットになってきます。



[6779]日本電波工業 
[1部]業種:電気機器
終値423円/前日比+27円
Yahooの株価リンクはこちら

水晶関連専業で世界大手。小型デバイス製品に力。国内と中国に生産拠点。 本日一時ストップ高まで買われています。同社は後場場中に「NX1612SD サーミスタ内蔵水晶振動子 76.8MHz 量産開始」と発表。米クアルコムは主に5G向けスマートフォンに搭載されるチップセットを開発していますが、本製品がその要求仕様に最初に合致・合格したため量産を開始したとのことです。5Gでしかも米クアルコム絡みの材料ということもあって材料視されたものの、後場後半にはストップ高が崩れて上げ幅を縮小しています。量産開始したのは6月とのことで、なぜ今頃発表なのかという疑問や7月14日に公表済みの決算説明資料には、76.8MHzの高周波・小型サーミスタ内蔵振動子のクアルコム認定は現状当社のみ取得済との記載もあり、目新しさが乏しいとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3697]SHIFT
[1部]業種:情報・通信業
終値18,000円/前日比+1,930円
Yahooの株価リンクはこちら

ソフトウエアのテスト事業が主力。ソフトの品質保証や関連コンサルも。組織力に強み。 続急騰し、上場来高値を大幅に更新した。8日の取引終了後に発表した20年8月期の連結経常利益は25億3500万円(前の期比64.2%増)に伸びて着地。続く21年8月期も34億円(前期比34.1%増)と4期連続で過去最高益を更新する見通しとなり、好調な業績を評価する買いが入った。前期は製造業・エネルギー業・5G(第5世代移動通信システム)を中心とする通信・製造領域のソフトウエアテストが成長を牽引した。今期はコロナ禍で投資を見送る顧客もいるが、ソフトウエアサービス市場が拡大するなか、テスト業務の受注を伸ばす計画で、売上高は450億円と前期比56.7%増の大幅増収を見込む。株価は既に上場来高値水準だっただけに出尽くしとなっても不思議はないものの、改めて買われていることから先高観に期待する向きも多い様子です。来週も買いが続くか注目されます。



[7453]良品計画
[1部]業種:小売業
終値1,981円/前日比 +188円
Yahooの株価リンクはこちら

衣料、雑貨等「無印良品」ブランドで企画から小売。ローソンと提携、開発も。 大幅高で1800円大台絡みのもみ合いを上放れる動きにある。8日取引終了後に発表した20年8月期決算は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け低迷し、営業利益は8億7200万円(前の期実績は363億8000万円)と急激な落ち込みをみせた。ただ、株価面では今期の業績悪については織り込みが進んでいた。また、足もとは食品などを中心に巣ごもり需要を取り込み、回復色を強めている。売上高の拡大に加えコストコントロールなども寄与して21年8月期営業利益は492億円見通しと前期の落ち込みを大幅に上回る急回復を予想しており、これを手掛かり材料に買いを引き寄せた。



[4187]大阪有機化学工業
[1部]業種:化学
終値2,546円/前日比 +189円
Yahooの株価リンクはこちら

独立系のエステル化成品中堅。塗料用樹脂原料が主力。半導体材料も。本日ギャップアップスタート後も上値追いが見られ大幅続伸しました。同社は8日、自社開発した高分子液晶型光配向材料が、有機ELディスプレーに使われる薄型積層フィルムの原材料として採用され、量産・販売を開始したと発表。これが材料視されたようだ。この材料は、その高い配向力を生かすことで、有機ELフレキシブルディスプレー用薄型積層フィルム用途だけでなく、自動車や建材などに用いられる調光フィルムやAR(拡張現実)・VR(仮想現実)向けホログラフィック光学素子といった、将来拡大が期待される新規分野への展開も可能。同社は引き続き、用途開発及び性能の更なる向上を目指すとしている。株価は今週前半にスピード調整を強いられてきましたが、昨日底打ちを匂わせ本日は大幅高と週明けは今週下げ分の全値戻しの有無が注目されます。



[4970]東洋合成工業
[JQ]業種:化学
終値7,890円/前日比 +570円
Yahooの株価リンクはこちら

感光性材料大手。半導体・液晶用が主力。化成品製造も。化学品物流を併営。5日続伸。同社は半導体関連の次世代露光技術EUV(極端紫外線)用フォトレジスト向け感光性材料を手掛けており、今後の成長期待が膨らんでいる。特に、EUV露光装置を手掛けるオランダのASMLホールディングスが14日に決算発表を予定しており、その内容が良好なら同社を含むEUV関連株に見直し買いが流入することも期待されている。



[2484]出前館
[JQ]業種:情報・通信業
終値3,195円/前日比 +231円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店向けの出前仲介サイト「出前館」運営。酒類のネットスーパーや配達代行も。3日ぶりに反発。同社はきょう、10月末までに日本マクドナルドホールディングス<2702>の約850店舗で「出前館」のサービスが導入されることになったと発表。両社は19年4月から「出前館」のシェアリングデリバリーを活用した出前サービスの連携を開始。首都圏及び関西の一部店舗で展開していたが、10月末までに1都1道2府21県の合計850店舗に本格導入されることになったという。両社は11月以降も「出前館」の拠点拡大とともに、順次対応店舗を増やしていくとしている。



[8203]MrMax
[1部]業種:小売業
終値833円/前日比 +43円
Yahooの株価リンクはこちら

九州地盤の総合ディスカウント店。家電や日用品の他、生鮮食品や薬品なども。急伸。8日の取引終了後、21年2月期の連結業績予想について、売上高を1256億9600万円から1287億3700万円(前期比5.2%増)へ、営業利益を33億8700万円から48億4100万円(同97.6%増)へ、純利益を21億5300万円から28億6000万円(同2.2倍)へ上方修正したことが好感された。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、衛生用品や巣ごもり関連商品の需要が高まったことに加えて、来店客の集中を避けるための販促の見直しやウェブ会議の活用などを継続して実施したことで、経費は計画を下回る見込みであることも寄与する。



[3382]セブン&アイHD
[1部]業種:小売業
終値3,542円/前日比 +156円
Yahooの株価リンクはこちら

総合小売業で国内2位。ヨーカ堂、セブンイレブン核に百貨店、外食など金融が成長。反発。同社は8日取引終了後、21年2月期の連結業績予想の増額修正を発表したことが好感された。売上高に相当する営業収益は5兆6920億円から5兆7590万円(前期比13.3%減)に見直したほか、営業利益は3220億円から3400億円(同19.9%減)、純利益は1200億円から1385億円(同36.5%減)に修正した。海外コンビニエンスストア事業やスーパーストア事業、それに金融関連事業などの利益見通しが予想を上回っていることなどが、業績に寄与する見通しだ。



[8570]イオンFS
[1部]業種:その他金融業
終値1,127円/前日比 +32円
Yahooの株価リンクはこちら

イオン系の金融事業会社。クレジットカードや銀行、保険等を展開。ポイントサービスも。6日続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が8日付で、投資判断を「ニュートラル」から「オーバーウエート」とし、目標株価を980円から1300円へ引き上げたことが好材料視されたようだ。同証券では、第2四半期(6~8月)3カ月の利益が予想を上回ったと指摘。第1四半期にアジアで貸倒引当金を大きく積み増した後、第2四半期には償却率の上昇が始まるとみていたが、償却率が上がらずクレジットコストが低水準だったことがその要因という。これを反映し、第3四半期以降のクレジットコストを従来よりも引き下げるなどしたことで、21年2月期の最終利益予想を69億9100万円から127億6500万円へ引き上げており、下期の配当予想も12円から35円(年46円)に引き上げている。



[2427]アウトソーシング
[1部]業種:サービス業
終値1,136円/前日比 +26円
Yahooの株価リンクはこちら

工場製造ラインへ人材派遣・請負が主体。拠点は全国、海外。外国人実習生も。6日続伸。8日の取引終了後、経営コンサルティングを手掛けるエコシティグループ(横浜市都筑区)及びその完全子会社エコシティサービスの全株式を取得し子会社化したと発表しており、これが好材料視された。今回の子会社化は、中期経営計画で成長戦略の重点施策に位置付けている公共系アウトソーシング事業の拡大に資するシナジーを図るのが狙い。国内における公共関連事業の業容拡大だけではなく、将来的には英国既存グループ会社が有する公的債権回収を効率化する独自開発AIを利活用し、国内の公的債権回収業務のDX化を図る可能性も検討するという。なお、同件による20年12月期業績への影響は軽微としている。



[3657]ポールHD
[1部]業種:情報・通信業
終値1,022円/前日比 +20円
Yahooの株価リンクはこちら

アプリなどのデバッグ・検証事業とネット監視事業が2本柱。海外に複数拠点。3日続伸。8日の取引終了後、子会社キュービストがグラフィック制作事業を行うカラフル(東京都品川区)の株式を取得し、子会社化すると発表しており、これが好材料視された。カラフルのIPに特化したブランド力やレアリティーの技術と、キュービストの外部制作のノウハウ・プロモーション力・営業力を融合させることで、ゲームグラフィック業界における飛躍的なシェア獲得を図るのが狙い。また、ポールHDグループにカラフルのグラフィック制作事業を加えることで、より利便性の高いサービスを開発・提供し、受注の拡大や企業価値の向上を図るとしている。





Bitcoin
含み益(%):48.23%

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3469]デュアルタップ 
[2部]業種:不動産業
終値567円/前日比+80円
Yahooの株価リンクはこちら

都内で投資用マンション開発・販売、賃貸管理、補修。海外不動産事業も展開。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き続急伸し、年初来高値を更新してストップ高まで買われました。同社は昨日引け後に、不動産売買などを営むシーラHDが関東財務局に大量保有報告書(5%ルール報告書)を提出。報告書によると、シーラHDと共同保有者の同社株式保有比率は5.01%となり、新たに5%を超えたことが判明しました。なお、保有目的は純投資としています。需給思惑などが働いたようですが、本日237万株超の買いものを残しており、株価の一段高が見込まれています。



[9101]日本郵船 
[1部]業種:海運業
終値1,925円/前日比+44円
Yahooの株価リンクはこちら

総合海運大手。海運売上高で国内トップ。海・陸・空の物流サービスを連携。 本日確りです。本日は海運業が値上がり率トップとなっています。米国で再び追加経済対策への期待が強まったことから、世界的な景気回復への期待が再燃し、建機敏感株と言える海運株などには追い風になっています。また、本日はUBSがレポートを出しており、同社株に関しては投資判断を「Buy」へ格上げし、目標株価を2,300円まで引き上げており、それも追い風になっています。コンテナ船事業の好転は一過性ではなく構造的な変化だと指摘しています。同様に[9104]商船三井に関しては、「Buy」継続で目標株価を3,100円まで引き上げており、[9107]川崎汽船は従来の「Sell」から「Neutral」へ格上げし、目標株価を500円から一気に1,260円まで引き上げました。大手海運株買いの動きが刺激を与えたのか、[9115]明治海運は一時ストップ高まで買われました。



[6675]サクサHD 
[1部]業種:電気機器
終値1,328円/前日比+234円
Yahooの株価リンクはこちら

ビジネスホンやネットワーク・セキュリティ機器を販売。企業、学校等にITソリューションも展開。 本日大きな窓を空けて急反発しています。同社は昨日引け後に、不適切な会計処理に関する調査報告書を特別調査委員会から受領したと発表。有価証券報告書等の訂正報告書を12日までに提出出来なかった場合、整理銘柄に指定されたあとに上場廃止となることから、これを回避出来る見込みになったことが好感された格好です。ただ、先月末の急落後だけに目先の株価は荒い値動きが続きそうです。



[2929]ファーマフーズ 
[2部]業種:食料品
終値1,858円/前日比-42円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。抗体医薬品の開発も。 本日一時大幅上昇となり、年初来高値を更新しています。同社は前場中に主力4行とコミットメントライン契約を締結し、飛躍的な成長へ向け総額100億円の資金枠を確保したと発表。これにより今後3年間の業績の成長に応じた資金調達が可能になるとのことです。担保は無担保・無保証となっており、金利は公表されていませんが、同社グループの成長性が評価され、好条件での契約締結になったとのことです。これが好感されて物色された格好です。後場には2,100円台まで買われたものの、その後は利食い売りに押される展開で、2,000円すら割り込んで更に1,900円も割り込みマイナス引けとなっています。同社株は足元で随分と上がってきたこともあり、本日2,000円を一時突破したことで達成感が出た面もある様子です。本日の動きから暫く調整となる懸念も否めないでしょう。



[9273]コーア商事HD 
[1部]業種:卸売業
終値2,531円/前日比+206円
Yahooの株価リンクはこちら

ジェネリック医薬品原薬の輸入・販売が主力。医薬品の製造受託も手掛ける。 本日寄り前から大量の買いを集め急反騰し、株式分割を考慮した上場来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、11月5日現在の株主を対象に1株から2株への株式分割を実施すると発表。最低投資金額が現在の2分の1に低下することから、株式流動性の向上と投資家層の拡大を期待するなど買いが向かった格好です。ただ、本日の株価は高寄り後大陰線を強いられており、早期に落ち着き処を見つけることが求められます。



[3914]JIG-SAW 
[M]業種:情報・通信業
終値6,090円/前日比+810円
Yahooの株価リンクはこちら

企業運営のクラウド・サーバー自動監視や保守業務。IoT組込やAI活用を展開。 本日大幅高となり、5月に付けていた年初来高値を更新して一時ストップ高まで買われました。同社は後場寄りに、米国におけるIoTエコシステムでOracleクラウドと提携と発表。米国の農業IoTビッグデータマーケットへ進出するとのことです。「Oracle」「クラウド」「農業IoT」と好感されそうなワードが含まれていることから、後場の物色材料になった格好です。久々に高値を超えてきただけに、明日以降も物色が続くと期待する向きも多いですが、癖の悪い銘柄だけにそう簡単でもないとの声も聞かれました。明日以降の動向が注目されます。



[4427]EduLab 
[M]業種:情報・通信業
終値10,070円/前日比+670円
Yahooの株価リンクはこちら

次世代教育向けにeラーニングやテストの運営・受託事業。学力調査受託など。 本日大きく急伸して年初来高値を更新しました。同社は昨日引け後に、公募増資と売り出しなどの価格は1株に付き8,836円で決まったと発表。同時に19日から変更となる上場市場区分が東証第1部に決定したことも発表しました。このため、指数に連動した運用を目指すパッシブファンドなどの需要が期待出来るとして、先回り買いが入りました。また、アク抜け感も台頭しており、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[4477]BASE 
[M]業種:情報・通信業
終値15,930円/前日比+1,680円
Yahooの株価リンクはこちら

Eコマースプラットフォーム「BASE」や、オンライン決済サービス「PAY.JP」の運営を手掛ける。 本日大幅続伸です。昨日引け後に青森銀行と事業提携を開始し、青森県内企業のインターネットビジネスを支援すると発表。これが好感されている面もありますが、足元で強い動きを続けており、継続的な買いが入っているとの見方です。同社は9月に海外募集で公募増資を発表しており、その受渡日が来週12日となっているだけに、受渡日へ向けて強引に釣り上げている向きでもいるのではとの声も聞かれました。公募株の発行価格は10,810円で、時価を大幅に下回っており、受渡日には早くも利食い売りが出てくるのではとの見方も多い模様です。公募株数は120万株だけであり、多少利食い売り出てきても熟せるとの見方もありますが、その日を境に動きが変わる可能性もあり、注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[9972]アルテック 
[1部]業種:卸売業
終値307円/前日比+32円
Yahooの株価リンクはこちら

特殊産業機械の商社。包装、印刷関連が主力。中国でペットボトル容器の製造。 本日大きな窓を空けて続急騰し、約8ヵ月ぶりに年初来高値を更新しています。同社は昨日引け後に、2020年11月期第3四半期累計業績を発表。連結経常利益が前年同期比24.3%増の4億1,400万円に伸びて着地しました。プリフォーム事業で生産効率の改善が進んだことで採算が大きく向上し、大幅増益を達成しました。併せて発行済み株数の1.29%に相当する20万株・5,000万円を上限に自社株買いを実施することも発表しており、株主還元の拡充を評価する買いも見込まれる状況です。



[7779]CYBERDYNE 
[M]業種:精密機器
終値625円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

装着型のロボットスーツ「HAL」を開発。レンタルで医療・介護、生活支援に活用。 本日ストップ高まで買われています。昨日同社は、米国FDAから装着型ロボット「HAL」の医療用下肢タイプについて、脳卒中と進行性神経・筋難病に対して医療機器承認を取得したと発表。これを好感されて買われているようですが、この発表は昨日の10時で既に脊髄損傷に対してはFDA承認済ということもあって、今回は適応拡大ということから目新しさに乏しいとの見方で、昨日は殆ど材料視されませんでした。ただ、昨夕の日経新聞電子版でこの材料が報じられたことで、本日改めて材料視されたようです。空売り残高報告書によれば、借株で空売りしている向きも居ることから踏み上げ的な動きに繋がったとの声も聞かれました。



[6312]フロイント産業 
[JQ]業種:機械
終値734円/前日比+70円
Yahooの株価リンクはこちら

製薬会社向け造粒・コーティング装置と医薬品添加剤など化成品が柱。受託も。 本日一時ストップ高を付けるなど大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2021年2月期第2四半期累計の連結経常利益は前年同期比45倍の2.7億円に急拡大しました。米国子会社がコロナ対策補助金として約210万ドルを受領。また、造粒・コーティング装置を主力とする機械部門が堅調に推移し、前年同期に赤字だった同部門が黒字に転換したことも利益拡大に寄与しました。一目均衡表では本日雲を抜け、年初来高値819円も視野に捉えたと見られます。



[5614]川金HD 
[2部]業種:鉄鋼
終値439円/前日比+3円
Yahooの株価リンクはこちら

橋梁用支承最大手。素形材や産業機械、土木建築資材も柱。米社DIS買収。 本日確りと続伸して連日で年初来高値を更新しています。一時500円台まで買われる場面も見られました。同社株はMBOにより、1株388円のTOB実施中の銘柄ですが、既にそれを大きく上回って買われています。同社の連結PBRは1倍を大きく割り込んでいる状況であり、1株388円ではMBOは拒否する動きになっている格好です。また、TOB価格引き上げを催促して いるような動きだと言え、TOB価格388円を大きく超えた状況がこのまま続くようですと、TOBは成立せずMBO失敗となるのは必至で、TOB価格引き上げに動くのか、それとも諦めるのか注目されます。



[2932]STIフードHD 
[2部]業種:食料品
終値2,986円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

コンビニエンスストア向けに水産原料素材の調達から製造・販売までを手掛ける。 本日9時半過ぎから出来高を伴い急騰し、上場来高値を大幅に更新してストップ高まで買われました。9月25日に東証2部に新規上場した直近IPO銘柄ですが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を熟し、2020年12月期はトップラインが2桁伸長を見込んでいます。直近IPO銘柄はITソリューション周辺の銘柄が人気化し易い傾向がありますが、同社はその範疇からは外れており、公開価格1,900円に対し初値は2,080円と過熱感なく生まれたこともその後のセカンダリーで追随買いを誘う背景となったのでしょう。目先の株価は新値更新で勢いが続きそうです。



[2440]ぐるなび 
[1部]業種:サービス業
終値875円/前日比+72円
Yahooの株価リンクはこちら

飲食店情報サイトを運営。飲食店からの課金収入が収益源。楽天と提携強化。 本日大幅上昇です。同社は本日前場中に新型コロナウイルス対応の多言語動画制作サービス開始したと発表。これが好感されたのではとの見方ですが、10月から始まった「GoToイート」キャンペーンが、同社事業に追い風になるとの見方から見直し買いが入ってきている模様です。これから同キャンペーンに参加する飲食店も多く、対応サイトは複数あるものの、同社サイトを利用する消費者がやはり多いとの見方から、同キャンペーンにより同社業績へ与える影響も結構大きくなるのではとの思惑にも繋がっているようです。1月に付けている年初来高値1,033円を目指す展開になると期待する声も聞かれました。



[6561]HANATOUR JAPAN 
[M]業種:サービス業
終値778円/前日比+74円
Yahooの株価リンクはこちら

訪日外国人向け旅行業。ツアーの手配や免税店・ホテルなど施設運営。韓国系。 本日終日右肩上がりの展開となり大幅反発しました。茂木外相が6日の閣議後の記者会見で、8日から韓国とビジネス目的の往来再開で合意したと発表。出張などの短期滞在、企業の駐在員をはじめとする長期滞在の何れも相互に認めると伝えられており、関連銘柄として注目されたようです。株価は8月27日の高寄り大陰線後横ばい推移が継続してきましたが、25日線レベルからのリバウンドに期待が集まっています。



[9519]レノバ 
[1部]業種:電気・ガス
終値1,238円/前日比+86円
Yahooの株価リンクはこちら

再生可能エネルギー施設の開発事業。太陽光、風力、バイオマスなど発電を拡大。 本日大幅上昇です。米大統領選を来月に控え、バイデン勝利を見込んで再生可能エネルギー関連株の買いが目立ってきています。バイデン氏は以前からクリーンエネルギー革命を掲げ、環境重視の姿勢を示してきただけに、関連株には追い風になるとの思惑のようです。バイデン大統領が誕生し、米国がクリーンエネルギー推進政策を打ち出せば、世界的にそのような流れが強まり、日本で関連事業を手掛ける企業にも追い風になるでしょう。同関連の[9517]イーレックスも大幅高で、[6255]エヌ・ピー・シーは連日買われており、[1407]ウエストHDも確りとなっています。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[5900]ダイケン 
[JQ]業種:金属製品
終値929円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

住宅建材中堅。ハンガーレール・自転車置き場装置で首位。バリアフリーに注力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日引け後に業績修正を発表。2021年2月期第2四半期累計の経常利益を従来予想の7,000万円から1.4億円に2.0倍上方修正しました。新型コロナウイルス感染防止製品が堅調に推移した他、輸送コストの改善や広告宣伝費などが抑制出来たことも利益を押し上げる見込みです。株価は年初来高値を更新しましたが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[2338]ビットワングループ 
[2部]業種:情報・通信業
終値631円/前日比+100円
Yahooの株価リンクはこちら

まつげサロンが主力。5GとAI融合の関連開発に注力。仮想通貨事業は撤退。 本日寄り付き直後から商いを伴い急伸し、ストップ高まで買われました。同社は昨日、Viettel Business Solutions Corporationと5G技術とAI技術を融合した関連事業の業務提携に向けて、覚書を締結したと発表。今後速やかに業務提携契約の詳細な条件合意に向け協議するとしています。本日の大幅高で株価は8月高値を更新し、7月29日の年初来高値672円を視界に捉えています。このレベルは今後を見る上で非常に重要な節となります。



[8923]トーセイ 
[1部]業種:不動産業
終値1,108円/前日比+124円
Yahooの株価リンクはこちら

マンション開発から不動産流動化にシフト。都心の中小型物件や物流施設で組成。 本日大きく急伸しました。同社は昨日引け後に決算を発表。2020年11月期第3四半期累計の連結税引き前利益は前年同期比62.8%減の41.5億円に大きく落ち込みました。ただ、通期の同利益を従来予想の40.7億円から50.5億円に24.2%上方修正し、更に業績好調に伴い期末一括配当を従来計画の13円から16円へ増額修正しました。目先、6月23日に付けた高値1,179円突破を目指すしたい処ですが、高値近辺では戻り圧力も強く、慎重に動きを見たい処です。



[6541]グレイステクノロジー 
[1部]業種:サービス業
終値5,540円/前日比+490円
Yahooの株価リンクはこちら

産業機械のマニュアル作成・管理・運用システムの提供。企画や翻訳サービスも。 本日大幅上昇です。今朝の日経新聞では、売上高100億円以下の上場企業「NEXT1000」を対象に、3年前と比べ従業員1人当たりの売上高伸び率が大きかった企業をランキングした処、同社が1位になったと報じています。同社の企業紹介記事も掲載されており、それによればコロナ禍で働き方が大きく変わったことで、工場のライン管理など様々なマニュアルの見直し依頼が殺到し、案件が膨大で断る場合も多いとのことです。足元の従業員数は約40人で、需要の増加に追い付いていないとのことで、機会損失しているとも言えますが、今後は新卒や中途採用だけでなく、制作会社やデザイン会社のM&Aなども通じて人員を拡大する予定とのことです。それにより業績が更に拡大する期待があると言え、改めて高成長期待が強まった様子です。



[7317]松屋アールアンドディ 
[M]業種:輸送用機器
終値3,560円/前日比+350円
Yahooの株価リンクはこちら

自動車安全装置縫合システムやレーザー裁断機の開発・販売などを手掛ける。 本日大幅高です。昨晩、日経新聞電子版で同社はドローン用エアバッグを開発したと報じられています。基本的な設計を終えており、今後はドローンメーカーと組んで性能試験などを実施するとのことで、2021年6月に発売し、月1000台の販売を目指すとのことです。価格は20万円程になる見通しとも書かれており、それから算出すれば年間12000台で24億円にもなります。それだけに同社業績への寄与も大きくなるとの見方から見直し買いに繋がっています。ドローン用エアバッグは珍しく、日本と台湾の特許を取得済みで、米国や中国でも申請中とのことです。明日以降も買いが続くのか注目されます。



[5337]ダントーHD 
[1部]業種:ガラス・土石
終値915円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

内外装・床タイルの大手。デザインタイルなど高級化に力。米で住宅開発・不動産も。 本日買い気配スタートからの大陽線で大幅続伸し、連日で年初来高値を更新してストップ高まで買われています。昨日、同社連結子会社のSRE Mortgage Alliance Inc.が、Lodasoft,LLCと資本提携を行うことを決定しました。株価は引き続き本日も好反応を示していますが、現状需給関係の良さから買い進まれていることも否めず業績から見ても割高感を主張する向きも少なくないようです。参加するならロスカット値の明確化が求められます。



[3933]チエル 
[JQ]業種:情報・通信業
終値2,220円/前日比+236円
Yahooの株価リンクはこちら

学校、塾などICT活用の教育用システムの企画・開発・販売。双方向授業に強み。 本日大幅高です。前場から買われていたものの後場には一段高になっています。平井卓也デジタル改革担当相は6日の閣議後記者会見で、小中学校で使う教科書を原則デジタル化すべきとの考えを示したと、後場寄り後に報じられました。これを受け関連株として同社株や[3998]すららネット、[3393]スターティアHD、[2345]クシムなどが買われて値を伸ばしています。政策絡みのネタだけに、スガノミクス関連としてeラーニング関連株が再び見直されてくるとの期待もあるようです。実際に明日以降も物色が続くか注目されます。



[3222]ユナイテッド・スーパーマーケットHD 
[1部]業種:小売業
終値1,194円/前日比-90円
Yahooの株価リンクはこちら

イオン系、食品スーパー最大手。マルエツ、カスミ、MV関東が統合。スマホ会計を取り組み。 本日大幅安です。同社は本日14時に2Q決算と通期業績の大幅上方修正を発表。通期業績は市場コンセンサス上回っており、発表直後少し買われるも買いも続かず直ぐに売り込まれる動きになっています。1Q決算を受け既に大幅上方修正は織り込んでいたと思われ、コンセンサスを上回っていても、この程度の上方修正では物足りないとの見方も多いようです。2Q業績からも下期は伸び大きく鈍化する計画となっている格好で、失望されている面もある様子です。通期業績は依然として保守的との見方もありますが、今期の上期がピークということには変わりなく、新たに買う向きは乏しいのではとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[4012]アクシス 
[M]業種:情報・通信業
終値7,700円/前日比+1,000円
Yahooの株価リンクはこちら

業務アプリの設計開発や運用保守、インフラシステムの設計構築などを手掛ける。 本日寄り前から大量の買いを集めストップ高まで買われました。9月30日に上場したばかりの同社株ですが、他にも29日上場の[4011]ヘッドウォータース、25日上場の[4933]I-neがストップ高するなど、直近IPO銘柄への資金流入が続いているようです。目先、13日上場予定の[4013]日通システムまで新たな上場が無いことも直近IPOへの人気に拍車を掛けている模様です。漸く完全合致で寄り付き株価は一段高となった訳ですが、目先は周りを見ながらの投資となりそうです。



[5724]アサカ理研 
[JQ]業種:非鉄金属
終値1,649円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

電子部品等からの貴金属回収・精錬。独自技術に強み。環境事業に注力。 本日ストップ高まで買われています。先週金曜日の夕方に日経新聞電子版で、同社はEV(電気自動車)などに使われるリチウムイオン電池からリチウムやニッケルなどの金属を回収する事業に参入すると報じられています。リチウムイオン電池はEV普及で生産が増える一方、リサイクルシステムの整備が課題になっており、今後使用済みリチウムイオン電池の発生も大幅に増えると予想されています。同社はこの分野で他社に先行することを目指すとのことで、将来的な収益拡大事業になるとの期待から買われています。今朝の日刊工業新聞でも報じられており、見直し買いが集まってきた格好です。この材料で目先どこまで買われるか注目されます。



[8184]島忠 
[1部]業種:小売業
終値4,190円/前日比+670円
Yahooの株価リンクはこちら

家具店とホームセンターを展開。埼玉地盤に関東・関西に展開。店舗大型化。 本日大幅高です。先週末にDCM HDが同社株を1株4,200円のTOBで完全子会社化すると発表。これを受けTOB価格にサヤ寄せする格好で買われていますが、TOB価格を上回る場面も見られました。TOB価格はPBR1倍割れ水準であり、割安だとの見方も多いようで物言いを付けてくる株主も出てくるのではとの思惑もあるようです。また、同社株主には2020年2月時点で、旧村上ファンド系の南青山不動産もおり、現在も保有しているかは不明ながら、やはりアクティビストとして知られるシルチェスター・インターナショナルも直近提出された大量保有報告書で、未だ保有していることが明らかになっています。物言う株主である彼らが、物言いを付けるために改めて買いに来る可能性もあるのではとの思惑もあり、明日以降もTOB価格を上回る場面が出てくるのか注目されます。



[4388]エーアイ 
[M]業種:情報・通信業
終値3,350円/前日比+404円
Yahooの株価リンクはこちら

音声合成エンジン「AITalk」を開発・販売。言語種類と感情表現も。導入企業多。 本日買い気配スタート後も上値追いが続き大幅続伸し、連日で年初来高値を更新しています。同社は先週末2日引け後に、誰の声でも音声合成が可能な同社オリジナル音声合成辞書作成サービス「AITalk CustomVoice」が、喜び・怒り・悲しみの感情音声合成に対応すると発表。今後はより様々な活用シーンに表情豊かな音声合成を利用することが可能になるとのことです。株価は2018年10月の戻り高値3,645円近辺の売りものを払えれば、上場来高値4,190円が視野に入ってきます。



[6814]古野電気 
[1部]業種:電気機器
終値1,098円/前日比+118円
Yahooの株価リンクはこちら

魚群探知機など船舶用電子機器で世界高シェア。GPSや医療機器も積極展開。 本日大きく急伸しました。同社は先週末2日引け後に業績修正を発表。2021年2月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の8億円から19億円に2.4倍上方修正。比較的利益率の高い商製品の売上が伸長した他、「GIGAスクール構想」に伴って、無線LAN・ハンディターミナル事業の売上が8月末に掛けて増加した模様です。なお、8月19日に業績見通しを公表したばかりで大幅な上振れにサプライズ感が強く、目先この勢いがどこまで続くか注目されます。



[6432]竹内製作所 
[1部]業種:機械
終値2,333円/前日比+296円
Yahooの株価リンクはこちら

建機中堅。ミニショベルなど小型が主力。クローラーローダーを開発。欧米で高シェア。 本日大きく急伸しました。同社は先週末2日引け後に業績修正を発表。2021年2月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の42.8億円から67.5億円に57.9%上方修正し、上期業績の好調に伴い通期の連結経常利益も従来予想の84.5億円から110億円と30.2%上方修正しました。落ち込むと想定していた販売台数が底打ちし、回復に転じた他、対ポンドやユーロでの円安も利益面で追い風になっているようです。株価は本日年初来高値を更新し、一目均衡表でも雲を抜けたことで、新値追いを期待する声が出ています。



[3193]鳥貴族 
[1部]業種:小売業
終値1,603円/前日比+114円
Yahooの株価リンクはこちら

全メニューが低価格の均一料金。焼き鳥チェーン「鳥貴族」を東名阪中心に運営。 本日大幅上昇です。「GoToイート」で恩恵を受けるとの見方で買われています。ネット上では、同社はGoToイート対象店となっており、ぐるなびなどでネット予約すれば、15時以降の夕食時間帯で1人あたり1,000円分のポイントが貰えますが、同社は単価が安く、1人1,000円以下で済ませばポイント分でプラスになると話題になっています。この制度上の不備とも言える方法で、鳥貴族に来店する客が増えるとの思惑のようです。同様の理由で[3547]串カツ田中HDも確り買われています。[2440]ぐるなびも大きく買われており、続く物色になるのか注目されます。



[2929]ファーマフーズ 
[2部]業種:食料品
終値1,863円/前日比+189円
Yahooの株価リンクはこちら

機能性食品素材を販売。ギャバや葉酸卵が主力。抗体医薬品の開発も。 本日大幅高となり、年初来高値を更新しています。同社は本日後場に「定期顧客件数50万件突破 月次売上は過去最高を記録」と発表。8月より、キー局を含めたテレビCMやインターネット広告を過去最大規模で実施しており、定期顧客件数の増加が加速している他、9月は通信販売事業として過去最高の売上を記録したとのことです。先月発表した本決算が好感されて同社株は買われてきており、現状でも株価は高値圏ながら改めて見直す動きが強まった様子です。今期業績も計画を上振れる可能性も高いのではとの見方に繋がったようです。明日以降も物色が続くか注目されます。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

[3396]フェリシモ 
[1部]業種:小売業
終値1,457円/前日比+300円
Yahooの株価リンクはこちら

カタログ通販大手。衣料品・生活関連品などの長期購入予約型システムに強み。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は9月30日引け後にに業績修正を発表。2021年2月期の連結経常利益を従来予想の1.2億円から4.7億円に3.7倍上方修正。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅時間が増加する中、ファッションアイテムや雑貨商品の販売が想定以上に伸びました。年初来高値を更新し、新値追いの期待も掛かりますが目先筋の参加者も多く、ボラティリティの大きい動きも想定されるため、慎重に動きを見たい処です。



[7057]エヌ・シー・エヌ 
[JQ]業種:サービス業
終値1,020円/前日比+150円
Yahooの株価リンクはこちら

木造耐震設計に基づく構造部材の販売。工務店に提供。温熱計算サービスも。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は昨日、同社子会社である木構造デザインが、ゼネコン・設計事務所と木材加工工場を繋ぐ日本初のマッチングプラットフォーム事業を開始したと発表。設計事務所・ゼネコンの求める条件に対応できる木造加工工場とのマッチングを行い、構造設計と加工サポートを行うもので、大規模木造建築における諸課題を解決し、市場の活性化を図るのが狙いとしています。株価は年初来高値更新も視野に入りますが、流動性の乏しい銘柄のため、勢いが止まれば買いは集まり難く、注意が必要です。



[6734]ニューテック 
[JQ]業種:電気機器
終値2,800円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

ストレージ製造販売ファブレス企業。台湾プロミス・テクノロジーと協業。付加価値品に力。 本日ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は9月30日引け後に、業績修正を発表。2021年2月期第2四半期累計の連結経常利益を従来予想の1.3億円から2.2億円に65.4%上方修正し、2期連続で上期の過去最高益を更新する見通しとなりました。上昇基調にあった株価に弾みが付き、目先3,000円大台突破に期待が掛かります。ただ、3,000円から上は戻り売りの圧力も強まることが想定されます。



[9270]バリュエンスHD 
[M]業種:卸売業
終値2,600円/前日比+500円
Yahooの株価リンクはこちら

ブランド品リユース大手。貴金属・骨董品等。店舗は買取特化。非接触型サービス開始。 本日大きな窓を空け続急伸し、ザラ場寄らずのストップ高比例配分のみとなっています。同社は9月30日引け後に、集計中の2020年8月期連結業績について発表。売上高が369億円から前期比0.4%増の379億3,200万円へ、営業利益は2億4,000万円から同71.8%減の6億3,100万へ、純利益は1,000万円から同79.1%減の3億500万円へ上振れて着地したようだとしています。本日25万株超の買いものを残しており、年初来高値2,760円を視界に捉えた格好です。



[7337]ひろぎんHD 
[1部]業種:銀行業
終値650円/前日比+50円
Yahooの株価リンクはこちら

広島地盤の地銀上位。県内シェア首位。岡山、山口、愛媛にも地盤。リテール強化。 同社は広島銀行の持ち株会社で、広島銀行1株に付き同社株1株を割り当てる所謂テクニカル上場となります。昨日は東証のシステム障害で終日売買停止となっていたことから、実質本日が上場初日となります。基準値600円から大幅に上昇して始まり、寄り後にはストップ高まで買われる場面も見られました。昨日同社は配当方針と株主優待制度の導入を発表。株主優待は広島銀行の時から実施していましたが、地元特産品カタログギフトが加わったことから実質的には拡充となります。それが好感されて、本日買いに向かった個人投資家も多い様子です。ただ、優待目当ての買いが一巡したあとは上げ縮小の動きになっています。広島銀行の時の年初来高値は622円で、それを大幅に上回った水準だけに手仕舞い売りが出易いようです。明日以降の動向が注目されます。



[1443]技研HD 
[2部]業種:建設業
終値323円/前日比+25円
Yahooの株価リンクはこちら

消波ブロックの型枠レンタルが主力。特殊土木工事も柱。マンホールなど鋼製型枠も。 本日一時ストップ高目前まで買われる動きとなっています。今朝NHKで、軍事上の重要性が増している電磁波を巡る作戦「電子戦」への対応を強化するため、防衛省は来年度全国6箇所の駐屯地に専門部隊を新設する方針を決めたと報じています。同じネタが一昨日の日経新聞電子版でも報じられており、電磁波シールド関連事業を手掛けている同社に物色資金が集まった格好です。既に連休中の9月21日付の日経新聞で報じられ、連休明け23日に同社株は物色されましたが買いは続きませんでした。本日改めて報じられたことで、再度物色されています。後場はトランプコロナショックの影響もあったとは言え、あっさりと垂れていることから続く物色にはなりそうもないと見る向きが多いようです。



[1431]Lib Work 
[M]業種:建設業
終値1,755円/前日比+400円
Yahooの株価リンクはこちら

ネットで注文住宅の企画・設計から販売、施工、監理を展開。SCモールも出店。 本日後場買い気配スタートからストップ高を付け、上場来高値を大幅に更新しました。同社は本日11時30分に、7-9月の戸建住宅事業の受注速報で棟数が前年同期比270%、金額が同278%と大幅に増加したと発表。コロナ禍で戸建需要が高まり、強みとするデジタル集客が好調だったようで。また、営業体制・サイクルを見直し、見込み客の発生から受注までの期間短縮を図れたことも受注増に繋がったとしています。株価は青天井圏に突入し、値動きの軽い展開が続きそうです。



[4011]ヘッドウォータース 
[M]業種:情報・通信業
終値27,000円/初値比-1,560円
Yahooの株価リンクはこちら

企業の経営課題をAIシステム開発を通して解決するソリューション事業を手掛ける。 9月29日に新規上場した銘柄で本日実質上場後3日目で、初値は公開価格の11.9倍となりました。初値でテンバガーを達成した格好です。同社はAIアプリの企画・開発、導入提案などを行うAIソリューション事業を手掛けています。AI関連で、IT化支援も行っていることからDX関連とも言え、しかも超小型IPOとあって初値が高騰した格好です。ただ、どんなIPOでも初値がこれだけ高くなれば、形成後は厳しい展開になっているだけに改めて買い向かう投資家は限定的との見方が多いようです。また、AI関連企業とは言え、特別な技術力がある訳でも無く、単なるシステム受託開発企業との見方もあり、過度な高成長期待は危険だとの声も聞かれました。




このブログはランキングに参加しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ