株得

株式投資でみんなで得して一緒に損する。 基本的に、長期投資はファンダメンタルズ重視です。 だた、短期だったり話題になってるものも手を出しています。

タグ:緑化関連



6744能美防災
能美防災(6744) 東証1部 / 電気機器 / 100株単位
火災報知設備、消火設備などの防災機器メーカー最大手。メンテ事業拡大に注力中。セコム系列

当日の株価:2,377円/前日比:+29
予想PER:15.8
実績PBR:1.85
配当利回り: 1.05%
優待制度:なし
信用倍率:0.29倍

①.【能美防災、前期経常を25%上方修正・2期ぶり最高益更新へ】能美防災 <6744> が4月26日大引け後(15:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の104億円→130億円(前の期は104億円)に24.9%上方修正し、増益率が0.2%増→25.2%増に拡大し、2期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。(18/4/26) 
②.会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の73億円→99億円(前年同期は67.9億円)に35.6%増額し、増益率が7.6%増→45.8%増に拡大する計算になる。(18/4/26)  
③.市場環境が堅調に推移するなか、大型物件の寄与などにより、売上高は前回発表予想を上回る見通しとなりました。 利益につきましては、売上高の増加に加え、業務効率化等による継続的な原価低減の取り組みが奏功したことなどにより、前回発表予想を上回る見通しとなりました。(18/4/26)  
④.【能美防災<6744>3ヶ月後予想株価:2,500円】国内最大手の総合防災設備メーカー。火災報知設備の製造開発等を手掛ける。横浜ランドマークタワーで納入実績。16年12月で創立100年。首都圏再開発が追い風。固定資産売却益計上。18.3期3Qは2桁増収増益。セグメント別では火災報知設備、消火設備、保守点検等が堅調。投資有価証券売却益は増加。18.3期通期業績予想には上振れ余地。株価は26週線がサポートとして機能。割高感はなく、当面の株価は上昇基調継続か。(18/4/14) 
⑤.【続伸】火災報知、消火設備、保守点検いずれも受注堅調。例年以上に下期に工事集中。営業利益好転。増配継続。19年3月期は期初受注残5%増、新規受注も需要好調で伸長へ。埼玉新工場が通年寄与化。人件費、外注費増などこなし営業益続伸。 
⑥.【拡販】病院、診療所、小規模物流倉庫向けなどに低価格の消火剤噴霧自動消火システム拡販。火災予兆センサーも並行提案。  

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 12,532
投資CF : -4,209
財務CF : -1,569
現金等 : 35,212

財務(百万円)
自己資本比率 : 68.2%
利益剰余金 : 51,231
有利子負債 : 544

Yahooの株価リンクはこちら




1890 東洋建設
東洋建設(1890) 東証1部 / 建設業 / 100株単位
海上土木大手。陸上・建築へ展開。フィリピン、ベトナムに強み。前田建設工業との協業推進

当日の株価:519円/前日比:+1 
予想PER:8.7
実績PBR:1.08
配当利回り: 2.31%
優待制度:なし

①.東洋建設 <1890> が2月7日大引け後(15:00)に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は前年同期比46.7%増の72.5億円に拡大し、通期計画の84億円に対する進捗率は86.4%に達し、5年平均の68.0%も上回った。(18/2/7) 
②.会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比17.2%減の11.4億円に減る計算になる。直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比0.7%減の22.5億円となったが、売上営業利益率は前年同期の4.6%→5.7%に改善した。(18/2/7) 
③.【増 額】単体受注は大型案件が相次ぎ好調。大型土木工事の採算が想定以上に上向く。建築も好採算工事の進捗相次ぐ。会社増額の営業益なお慎重。19年3月期も大型土木工事が完工に寄与。工事採算は高原。  
④.【前途洋々】那覇空港の滑走路増設・埋立工事や国土交通省発注の港湾工事など、大型海上土木の手持ち工事豊富。鳥取市新本庁舎新築工事を約50億円でJV受注。

キャッシュフロー(百万円)
営業CF : 12,354
投資CF : -3,017
財務CF : -6,264
現金等 : 21,796

財務(百万円)
自己資本比率 : 31.0%
利益剰余金 : 21,508
有利子負債 : 11,341

Yahooの株価リンクはこちら
ほかblogリンクはこちら
株得記事をスクロールで表示





↑このページのトップヘ